ベイ速 なんj。 DeNAベイスターズまとめアンテナ

【艦これ】運営はなんでベイに真冬こんなカッコさせたんだろ

ベイ速 なんj

セ界大戦日誌【秋の特別編】 Sunday, October 6, 2019 ティーガー軍団の奇襲により灰燼に帰したヨコハマ=ベイ。 兵士たちは瓦礫と化した街で、息をひそめて絶望的なレジスタンスに身を投じようとしていた。 戦艦大和は湾内の浮き砲台として月の光を浴びている。 神里少尉は悲壮な思いを消し去るべく酒をあおる。 軍用犬の柴犬は水たまりの泥水をすすっている。 夜が明けたら、ティーガー軍団は総攻撃を開始するだろう。 その時が、ベイ軍の最期の時なのだろうか。 長く短い夜が明け、最後の決戦に向けて立ち上がる兵士たち。 見渡す限りの黄色い軍勢が、彼らを包囲している。 兵士たちは絶望の色を隠そうともせず、うつむいていた。 --------- 「おい、アレを見ろ!」 叫んだのはベイ軍の誇るイケメンアイドルのユキヤだった。 彼は焼肉をつまんだ菜箸で、はるか遠くの地平線を示した。 そこには、青い暖簾がたしかに靡いている。 将軍だ、将軍が帰ってくるのだ。 一度は消えかかった闘志の炎が、ベイ軍の兵士たちの胸を焦がす。 --------- セ界大戦日誌 Wednesday, July 24, 2019 パットン戦車団はティーガー軍団の包囲戦術に屈したものの、 筒号戦車が放った砲弾が敵のバーに命中。 コーシェン要塞の勝者なき戦闘は深夜まで続いた。 一夜明け、ティーガー軍団は陣容を整えてベイ軍に迫る。 対するベイ軍は濱口少尉を出撃させて迎撃態勢を取った。 ティーガー軍団はウルトラ作戦を展開、黄色い軍服に身を包んだ兵士たちがベイ軍に迫る。 だが濱口少尉も戦艦大和や民兵の石川さんの支援のもと砲撃を支援、敵を食い止める。 第4戦線にベイ軍はロペス中将による長距離砲撃作戦を成功させ、敵陣の突破を試みる。 だが第5戦線には敵の武将・北條氏の放った反撃の砲弾が炸裂し、作戦は一進一退が続いた。 そのような息詰まる戦場にあって、濱口少尉は第7戦線までを制圧、 疲労困憊の友軍にとって、これ以上ない心強さを見せつけた。 濱口少尉が役目を果たして退却した後の第8戦線、 戦場にはパットン将軍が姿を現す。 昨日の借りを返すべく、戦車隊前進、撃ち方はじめ! セ界大戦日誌 Tuesday, July 23, 2019 タージマハル帝国軍を撃退したベイ軍、だがパットン将軍の表情は晴れなかった。 二日間の戦いで大損害を喫し、味方の救援によって辛うじて戦場を逃げ出す日々が続いた。 一方、勝利に沸くベイ軍は大遠征を敢行、コーシェン要塞に籠るティーガー軍団への侵略を開始した。 敵はこの侵攻を阻止すべく、誠意大将軍フクドメ宣教師や聖域トリタニアの精霊らを総動員して対抗する。 これにベイ軍の新兵、上茶谷少尉は揺るがない。 これらの百鬼夜行に対し精密な砲撃を続け、戦線を広げてゆく。 だが敵のガルシア少将率いる部隊もまたベイ軍の侵攻を阻む機銃掃射を展開。 戦線は膠着したまま第5戦線を迎える。 しかしロペス中将が突如内通!フクドメ宣教師を陣地へと案内してしまう。 その後聖域トリタニアの加護によりフクドメ宣教師は進撃し、たちどころにベイ軍の司令部へ攻め込んだ。 さらに第6戦線にも宇宙人による攻撃を受けたベイ軍。 上茶谷少尉は余力を残したまま退却を命じられることとなった。 若武者の奮闘に応えたのは第7戦線だ。 宮﨑豆戦車はハチミツ色の軍服に身を包んだ敵に対し躍動! 戦場を駆け回りガルシア少将を追い詰めると、陣地から躍り出た神里少尉もしぶとい射撃を敢行する。 さらには戦艦大和の砲弾がコーシェン要塞の奥深くを食い破り、戦況はベイ軍優勢に転じた。 だが直後、軍用カピバラのミシマ号が敵にいじめられ、ベイ軍も戦線縮小を余儀なくされる。 さらにS子さんのバーも大混乱!店内を激しく走り回るお客様に動揺し、緊急閉店となってしまう。 そんな中白羽の矢が立ったのはパットン将軍だ。 助けられた日々に応えるべく、男はただ戦場へ駆ける。 セ界大戦日誌 Friday, July 19, 2019 広島の赤鯉軍を撃破し勢いに乗るベイ軍のもとへ、恐るべき敵が攻めてくる。 お上品なヨーダー提督率いるタージマハル帝国だ。 ヨーダー提督はその肩幅でドアを破壊しながらヨコハマ・ベイへ侵入!満を持してベイ軍への攻撃を開始した。 戦闘初日、アルモンテはそのたくましい髭を伸ばして今永少佐を拘束! 今永少佐はあられもない姿を晒して退却した。 恐るべしタージマハル帝国、ヨーダー提督はその肩幅で数々の要塞のドアを破壊し、快進撃を続けているのだ。 明けて今日、敵は柳の木々に隠れて進撃を開始した。 迎え撃つのは大読売帝国から召喚したタイラー少佐だ。 タイラー少佐は珍しい名前の虫に襲われつつも第一戦線を制圧、するとベイ軍の砲撃部隊がいきなり威力を発揮! ロペス中将の放った砲弾はスピンしながら敵陣へ命中!ベイ軍がまず戦線を拡大する。 だが敵もさるもの、風にゆれる柳は変幻自在、ベイ軍の攻撃をかわしていく。 対するタイラー少佐もテンポの良い射撃で敵の反撃を許さず、作戦は第7戦線を迎える。 ベイ軍の将兵は持ち味を存分に発揮していた。 そして迎えた第8戦線、あの男の出番が訪れる。 「将軍」、スペンサー・パットン。 進め、戦車団。 "お前"の力を見せてみろ。 セ界大戦日誌 Wednesday, July 3, 2019 難敵ティーガー軍団の第一波攻勢を撃退することに成功したベイ軍。 次なる敵はガルシア少将である。 赤い髪に青い血の猛者だ。 これを迎え撃つベイ軍は濱口少尉が出撃。 ふらふらと飛行するUFOに奇襲攻撃を受けたものの、その後は緩急自在の軍略を発揮し、第五戦線までを制圧した。 一方のベイ軍は海軍による攻撃を実施。 海賊王キャプテン・ソトが切り込めば、戦艦大和も砲撃で援護! ガルシア少将は赤い髪を逆立てて悔しがった。 第5戦線、濱口少尉が何も無いところで負傷!退却を余儀なくされてしまう。 だがすかさず飛び出した高速戦闘機K-65がすぐさま制空権を奪うと、筒号戦車が対空射撃でUFOを制圧! この間にキャプテン・ソトが敵司令部に上陸!さらに戦線を拡大した。 第7戦線は軍用カピバラのミシマ号がその鋭利な歯でティーガー軍団の装甲を貫通!みごとな防御を繰り広げる。 そして迎えた第8戦線、開店させろと暴れるS子さんを制し、あの男が出撃する。 「将軍」スペンサー・パットン。 己のフィールドは、誰にも譲らない。 セ界大戦日誌(不適切な言葉を含まない) Tuesday, July 2, 2019 ベイ軍はお上品な戦いを魅せますのよ。 ---------- 広島赤鯉軍の皆様との戦いは熾烈を極めましたが、ベイ軍は見事な戦いぶりで、ヨコハマ・ベイに勝利をかざりましたわ。 ですが余韻に浸る兵士の皆様に、恐るべき知らせが舞い込みます。 宿敵・ティーガー軍団の皆様が攻めてきたというのです。 お敵は国税庁の西様。 広島赤鯉軍から荒稼ぎしたシロボシの差し押さえを目論んでいましたの。 ラミレス元帥様はこれを迎え撃つべく、新兵・上茶谷様に出撃を命じられましたの。 西様は激しい差し押さえを続けましたが、ベイ軍は第3戦線、佐野様が会心の砲撃! クッソでけえ弾道を描いて、砲弾を右翼陣地の奥深くにズッポリとブチ込みましたの。 たまりませんわ! 佐野様はさらに第5戦線にもご活躍ですわ。 近本様と高山様が守る陣地を狙い撃ち!すかさず神里少尉様はとんでもねえ速さで進撃! 一気に戦線を拡大いたしましたわ! ですが筒号戦車の砲撃がお上品な大山伯爵に防がれてしまうと流れが変わってしまいましたの。 トドメを差し損ねた隙を突かれ、宇宙人様や大山伯爵の攻撃を正面から受けてしまいましたの。 やはりティーガー軍団様はお強い…誰もが目を覆ったその時、石田大佐様は現れましたわ!宇宙船アポロの脱出船で上茶谷様を救出!ベイ国民のお嬢様の心臓はもう停止寸前でしたわ。 げっ歯類様の活躍で戦線を維持したベイ軍にはいよいよ勝利が見えてきましたの。 迎えた第8戦線、品のあるエンジン音を響かせながら、わたくしたちのパットン将軍が出撃しましたわ! セ界大戦日誌 Saturday, June 29, 2019 兵器工場「赤デミー」で過酷な労働を強いられる、 技能実習生のメヒアさんとバティスタさん。 --------------------- 赤鯉軍に対し猛烈な反撃を加え、みごとに撃退したベイ軍。 危機に陥った赤鯉軍は次なる攻撃として、技能実習生のアドゥワさんを送り込んできた! 対するベイ軍は大読売帝国から掻っ攫ってきたタイラー少佐を戦場へと送り込む。 かくして第2戦の幕は切って落とされた。 昨夜の熱狂とは対照的に、戦場は静謐な緊張感に包まれる。 ベイ軍は伊藤参謀の砲撃を命中させ、謎のサッカー選手サーニョも活躍したものの 赤鯉軍は駆逐艦磯村の放った魚雷が宮﨑豆戦車を貫通し炸裂! 戦況は均衡を保ったまま第7戦線へと突入した。 タイラー少佐に代わり戦地に立つのは軍用げっ歯類のミシマ号である。 この恐るべきカピバラに対し、襲い掛かったのは「赤デミー」の労働者、メヒアさんとバティスタさんだ。 「赤タオル」や「赤傘」づくりで鍛えられた腕を振り回しカピバラを追い立てる! ベイ軍は絶対絶命の状況に立たされてしまった。 だが敵の駆逐艦磯村をミシマ号の眼から放たれる光線で撃沈! ベイ軍はからくもこの危機を脱した。 そして迎えた第9戦線、2夜連続の出撃を敢行するのはご存知、パットン戦車団である。 戦いがどんなに過酷であろうと、勝利の美酒は全てを忘れさせてくれる。 ここにいる誰もが、それを知っている。 セ界大戦日誌 Sunday, June 23, 2019 寄せては返す岸波に翻弄され、ベイ軍は背水の陣を敷く --------------------- 金鷲共和国との戦いは熾烈を極めていた。 ノーガードの砲撃の応酬の末、軍用カピバラのミシマ号が斃れ、ベイ軍は退却を余儀なくされる。 共和国軍に追い立てられ、ベイ軍はついに一歩も後退できない岸へと追い詰められてしまう。 背後の岸からは絶え間なく波が打ちつけ、筒号戦車にダメージが蓄積される。 前方の共和国軍はデッキブラシで殴りかかってきたり、芋を投げつけてきたりと激しい攻撃を続けている。 新兵の上茶谷少尉は懸命に攻撃を凌ぎながら、反撃を待っていた。 だが攻撃部隊は背後の岸に膝までつかり、寄せては返す波とたわむれるばかりで一向に反撃をしない。 業を煮やした上茶谷少尉は自ら砲撃!これが命中し、作戦はベイ軍有利に展開する。 第7戦線、疲弊した共和国軍はベイ軍陣地に立つS子さんのバーを訪れる。 だがお笑い芸人にトラウマがあるS子さんは太田光の入店を拒否!続けてやってきたゴリラの入店も阻止! さらに肩を落として引き返す敵兵の背後からキャプテン・ソトが特大の砲弾をぶつける!戦況はいよいよベイ軍優勢に展開した。 そして迎えた第8戦線、バーのS子さんが店内に客の島内さんを残したまま退勤。 S子さんに代わって出勤したのは、将軍、スペンサー・パットン。 カクテルのショットではなく、砲弾のショットが、最高のおもてなしを提供する。 セ界大戦日誌 Friday, June 14, 2019 柴犬が吠えている。 そこにある気配は「お化け」か、それとも。 ---------- マクハリ=ビーチでの戦いを優勢のうちに終えたベイ軍は海路を進む。 目指すは西の彼方、ソフトバンク連邦である。 かつて隆盛を誇った「ダイエー帝国」を革命によって覆した孫首席率いる巨大戦力である。 ベイ軍の先遣隊は今永少佐。 故郷に錦を飾るべく、満を持しての進撃である。 しかし今永少佐を援護すべき神里少尉やニコラス少佐は恐るべき脅威に直面する。 敵の姿が見えないのだ!現れたと思ったらたちまち消える「お化け」のような敵に対し、兵士たちはおびえることしかできない。 そんな中で迎えた第3戦線、軍用犬の柴犬が何もない空間にとびかかる! 動物の本能か、人ならざる敵が見えているのか。 迎えた第5戦線、それまで順調な戦いを見せていた今永少佐に危機が襲う。 「アツオ…アツオ…」と叫ぶ歌舞伎役者の亡霊が襲い掛かってきたのだ。 これに動揺した若武者は戦線後退を余儀なくされてしまう。 だが第7戦線、漂うハチミツの香りが乱れている空間を見つけた宮﨑豆戦車が砲撃! 徐々に輪郭を現す「お化け」に対し、筒号戦車も砲撃!動揺する「お化け」はロペス中将に石を投げつける! この石が飛んできた方角を、キャプテン・ソトは見逃さなかった。 海賊船が全砲門から一斉射撃!ベイ軍を苦しめ続けたお化けはついに成仏! これに気をよくした今永少佐が貝を拾って食べお腹を壊すなどのハプニングはあったものの、作戦はベイ軍有利に展開する。 第7戦線、なおも勢いに乗るベイ軍であったが、敵将のキミャス・クドー元帥の采配が流れを変える。 宿敵・ティーガー軍団からの刺客、松田騎馬隊が現れたのだ!戦況は余談を許さない。 その直後にはまたしても歌舞伎役者の亡霊が「アツオ!アツオ!アツオ!」と絶叫! 火だるまになりながら今永少佐もろとも灰になってしまう。 戦況はいよいよ混沌の様相を呈してくる。 作戦は第8戦線へ突入。 ブルペン要塞のベルが鳴り、戦場へ駆けるパットン戦車団。 砲身は鈍く輝き、エンジンは軽快なリズムを刻む。 ハッチから身を乗り出した将軍は、ただ一言呟いた。 「これから奴らをお化けに変えるのさ」 セ界大戦日誌 Wednesday, June 12, 2019 陽気な寿司職人は、決して食い逃げを許さない。 -------------- 恐るべき巨大ロボ「マジワラン」を撃破したベイ軍は悠然とマクハリ=ビーチを突き進む。 その行く手を遮るのは生姜農家の岩下さんだ。 香り高い新生姜を武器にベイ軍を追い詰める強敵である。 一方、新鮮な「ガリ」の援軍により俄然やる気を取り戻すのは寿司職人のレアードさんだ。 陽気な職人は、包丁を研ぎながら精神を研ぎ澄ましてゆく。 第2戦線、レアードさんが戦線に立つも提供されたのは寿司でなく揚げ物! 寿司を期待していたベイ軍はこれに激怒し岩下さんを包囲!筒号戦車やキャプテン・ソト、ニコラス少佐、戦艦大和がガリを奪って食べ、さっぱりとした味に舌鼓を打つ! ガリばかりたべるベイ軍に対しレアードさんが再び出現、渾身の寿司を提供! 久々に寿司を握ったレアードさんは「なんのネタかよくわからない、久しぶりだからね」とコメント。 だがその味はブランクを感じさせない一級品であった。 お財布に持ち合わせがないベイ軍は食い逃げを決行。 キャプテン・ソトの砲撃による混乱に乗じて脱走を図る! だがカモメ海兵隊の水泳選手、鈴木大地がバサロ泳法により泳いで第三拠点を陥れると、すかさずプロレスラーの攻撃により追いつかれてしまう。 戦いは混沌の異種格闘技戦の様相を呈していた。 迎えた第8戦線、なお追いすがるカモメ海兵隊に対し戦艦大和が砲撃!ベイ軍は作戦を有利に展開する! その直後、地面を揺らして突き進むのはパットン戦車団。 食事は終わった。 ここは戦場になる。 セ界大戦日誌 Tuesday, June 11, 2019 星ロボ(AI搭載)のエンジンは炎を吹き出して、超音速で飛び回る。 ------------- 楠本軍曹やニコラス少佐の活躍により山賊の襲撃を退けたベイ軍。 次なる敵はカモメ海兵隊である。 兵士たちは敵地マクハリ=ビーチへと赴いた。 やっとのことで敵地にたどり着いた兵士たちは目を疑う。 巨大なロボット兵器「マジワラン」がベイ軍を待ち構えていたのだ。 この兵器を生み出したのは「ワクワクさん」こと涌井博士だ。 ヨコハマ士官学校が生んだマッドサイエンティストは表情を変えず、ロボットの操縦を続ける。 一方のベイ軍は超音速兵器「星ロボ(AI搭載)」を急ピッチで建造しこれに挑む!操るのは濱口中尉だ。 先に戦闘の主導権を握ったのはベイ軍であった。 海賊王キャプテン・ソトと神里少尉の砲弾が相次いで敵のロボに命中! しかし第4戦線、軽快な飛行を続けていた星ロボ(AI搭載)がプルーンの木にぶつかり大ダメージ!炎に包まれてしまう! だが燃え盛る星ロボ(AI搭載)は墜落と同時に涌井博士が操縦する巨大ロボ「マジワラン」に激突! すかさず戦艦大和が砲撃!混乱に乗じて民兵の石川さん、ロペス中将、メキシコらがコックピットに殴り込む!涌井博士はヒゲを爆発させて戦場を後にした。 燃えさかる炎は濱口中尉にも燃え移る。 包囲を受けて絶体絶命の第5戦線。 だがその炎で壊れかけの星ロボ(AI搭載)のエンジンが再点火!すかさず寿司職人のレアードさん、少年兵の中村君(小5)らを撃退し窮地を脱する。 第7戦線、荒れ果てた戦場でバーを開店するS子さん。 だが甘党揃いのカモメ海兵隊は誰一人来店せず即閉店。 ------------- そして迎えた第8戦線。 ロボットの残骸が転がる戦場をじりじりと前進するのは、パットン将軍率いる大戦車軍団だ。

次の

なんJにこの高級マウス使ってない雑魚はおらんよな?

ベイ速 なんj

Amazon Link• Samsung SSD 500GB 860EVO 2. 5インチ内蔵型• サイズ オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II• Samsung SSD 1TB 860QVO 2. 5インチ内蔵型• Crucial SSD 500GB MX500 内蔵2. 5インチ 7mm 9. 5mmアダプター付 5年保証• INTEL インテル CPU Corei9-9900K INTEL300シリーズChipsetマザーボード対応• Thermal Grizzly社製 オーバークロック用特別設計高性能熱伝導グリス Kryonaut 1g• EVICIV 13. AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3. Salcar【2019最新版】USB3. 0 2. 5インチ 9. TEAM DDR4 2666Mhz PC4-21300 8GBx2枚• Seagate BarraCuda 3. 5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD 2年保証• AMD Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler 3. AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS [4Kパススルー対応 ゲームキャプチャーボックス• INTEL インテル CPU Corei7-9700K INTEL300シリーズ Chipsetマザーボード対応.

次の

【朗報】滝沢カレンさん、天然でも天才わざとでも天才だった

ベイ速 なんj

セ界大戦日誌【秋の特別編】 Sunday, October 6, 2019 ティーガー軍団の奇襲により灰燼に帰したヨコハマ=ベイ。 兵士たちは瓦礫と化した街で、息をひそめて絶望的なレジスタンスに身を投じようとしていた。 戦艦大和は湾内の浮き砲台として月の光を浴びている。 神里少尉は悲壮な思いを消し去るべく酒をあおる。 軍用犬の柴犬は水たまりの泥水をすすっている。 夜が明けたら、ティーガー軍団は総攻撃を開始するだろう。 その時が、ベイ軍の最期の時なのだろうか。 長く短い夜が明け、最後の決戦に向けて立ち上がる兵士たち。 見渡す限りの黄色い軍勢が、彼らを包囲している。 兵士たちは絶望の色を隠そうともせず、うつむいていた。 --------- 「おい、アレを見ろ!」 叫んだのはベイ軍の誇るイケメンアイドルのユキヤだった。 彼は焼肉をつまんだ菜箸で、はるか遠くの地平線を示した。 そこには、青い暖簾がたしかに靡いている。 将軍だ、将軍が帰ってくるのだ。 一度は消えかかった闘志の炎が、ベイ軍の兵士たちの胸を焦がす。 --------- セ界大戦日誌 Wednesday, July 24, 2019 パットン戦車団はティーガー軍団の包囲戦術に屈したものの、 筒号戦車が放った砲弾が敵のバーに命中。 コーシェン要塞の勝者なき戦闘は深夜まで続いた。 一夜明け、ティーガー軍団は陣容を整えてベイ軍に迫る。 対するベイ軍は濱口少尉を出撃させて迎撃態勢を取った。 ティーガー軍団はウルトラ作戦を展開、黄色い軍服に身を包んだ兵士たちがベイ軍に迫る。 だが濱口少尉も戦艦大和や民兵の石川さんの支援のもと砲撃を支援、敵を食い止める。 第4戦線にベイ軍はロペス中将による長距離砲撃作戦を成功させ、敵陣の突破を試みる。 だが第5戦線には敵の武将・北條氏の放った反撃の砲弾が炸裂し、作戦は一進一退が続いた。 そのような息詰まる戦場にあって、濱口少尉は第7戦線までを制圧、 疲労困憊の友軍にとって、これ以上ない心強さを見せつけた。 濱口少尉が役目を果たして退却した後の第8戦線、 戦場にはパットン将軍が姿を現す。 昨日の借りを返すべく、戦車隊前進、撃ち方はじめ! セ界大戦日誌 Tuesday, July 23, 2019 タージマハル帝国軍を撃退したベイ軍、だがパットン将軍の表情は晴れなかった。 二日間の戦いで大損害を喫し、味方の救援によって辛うじて戦場を逃げ出す日々が続いた。 一方、勝利に沸くベイ軍は大遠征を敢行、コーシェン要塞に籠るティーガー軍団への侵略を開始した。 敵はこの侵攻を阻止すべく、誠意大将軍フクドメ宣教師や聖域トリタニアの精霊らを総動員して対抗する。 これにベイ軍の新兵、上茶谷少尉は揺るがない。 これらの百鬼夜行に対し精密な砲撃を続け、戦線を広げてゆく。 だが敵のガルシア少将率いる部隊もまたベイ軍の侵攻を阻む機銃掃射を展開。 戦線は膠着したまま第5戦線を迎える。 しかしロペス中将が突如内通!フクドメ宣教師を陣地へと案内してしまう。 その後聖域トリタニアの加護によりフクドメ宣教師は進撃し、たちどころにベイ軍の司令部へ攻め込んだ。 さらに第6戦線にも宇宙人による攻撃を受けたベイ軍。 上茶谷少尉は余力を残したまま退却を命じられることとなった。 若武者の奮闘に応えたのは第7戦線だ。 宮﨑豆戦車はハチミツ色の軍服に身を包んだ敵に対し躍動! 戦場を駆け回りガルシア少将を追い詰めると、陣地から躍り出た神里少尉もしぶとい射撃を敢行する。 さらには戦艦大和の砲弾がコーシェン要塞の奥深くを食い破り、戦況はベイ軍優勢に転じた。 だが直後、軍用カピバラのミシマ号が敵にいじめられ、ベイ軍も戦線縮小を余儀なくされる。 さらにS子さんのバーも大混乱!店内を激しく走り回るお客様に動揺し、緊急閉店となってしまう。 そんな中白羽の矢が立ったのはパットン将軍だ。 助けられた日々に応えるべく、男はただ戦場へ駆ける。 セ界大戦日誌 Friday, July 19, 2019 広島の赤鯉軍を撃破し勢いに乗るベイ軍のもとへ、恐るべき敵が攻めてくる。 お上品なヨーダー提督率いるタージマハル帝国だ。 ヨーダー提督はその肩幅でドアを破壊しながらヨコハマ・ベイへ侵入!満を持してベイ軍への攻撃を開始した。 戦闘初日、アルモンテはそのたくましい髭を伸ばして今永少佐を拘束! 今永少佐はあられもない姿を晒して退却した。 恐るべしタージマハル帝国、ヨーダー提督はその肩幅で数々の要塞のドアを破壊し、快進撃を続けているのだ。 明けて今日、敵は柳の木々に隠れて進撃を開始した。 迎え撃つのは大読売帝国から召喚したタイラー少佐だ。 タイラー少佐は珍しい名前の虫に襲われつつも第一戦線を制圧、するとベイ軍の砲撃部隊がいきなり威力を発揮! ロペス中将の放った砲弾はスピンしながら敵陣へ命中!ベイ軍がまず戦線を拡大する。 だが敵もさるもの、風にゆれる柳は変幻自在、ベイ軍の攻撃をかわしていく。 対するタイラー少佐もテンポの良い射撃で敵の反撃を許さず、作戦は第7戦線を迎える。 ベイ軍の将兵は持ち味を存分に発揮していた。 そして迎えた第8戦線、あの男の出番が訪れる。 「将軍」、スペンサー・パットン。 進め、戦車団。 "お前"の力を見せてみろ。 セ界大戦日誌 Wednesday, July 3, 2019 難敵ティーガー軍団の第一波攻勢を撃退することに成功したベイ軍。 次なる敵はガルシア少将である。 赤い髪に青い血の猛者だ。 これを迎え撃つベイ軍は濱口少尉が出撃。 ふらふらと飛行するUFOに奇襲攻撃を受けたものの、その後は緩急自在の軍略を発揮し、第五戦線までを制圧した。 一方のベイ軍は海軍による攻撃を実施。 海賊王キャプテン・ソトが切り込めば、戦艦大和も砲撃で援護! ガルシア少将は赤い髪を逆立てて悔しがった。 第5戦線、濱口少尉が何も無いところで負傷!退却を余儀なくされてしまう。 だがすかさず飛び出した高速戦闘機K-65がすぐさま制空権を奪うと、筒号戦車が対空射撃でUFOを制圧! この間にキャプテン・ソトが敵司令部に上陸!さらに戦線を拡大した。 第7戦線は軍用カピバラのミシマ号がその鋭利な歯でティーガー軍団の装甲を貫通!みごとな防御を繰り広げる。 そして迎えた第8戦線、開店させろと暴れるS子さんを制し、あの男が出撃する。 「将軍」スペンサー・パットン。 己のフィールドは、誰にも譲らない。 セ界大戦日誌(不適切な言葉を含まない) Tuesday, July 2, 2019 ベイ軍はお上品な戦いを魅せますのよ。 ---------- 広島赤鯉軍の皆様との戦いは熾烈を極めましたが、ベイ軍は見事な戦いぶりで、ヨコハマ・ベイに勝利をかざりましたわ。 ですが余韻に浸る兵士の皆様に、恐るべき知らせが舞い込みます。 宿敵・ティーガー軍団の皆様が攻めてきたというのです。 お敵は国税庁の西様。 広島赤鯉軍から荒稼ぎしたシロボシの差し押さえを目論んでいましたの。 ラミレス元帥様はこれを迎え撃つべく、新兵・上茶谷様に出撃を命じられましたの。 西様は激しい差し押さえを続けましたが、ベイ軍は第3戦線、佐野様が会心の砲撃! クッソでけえ弾道を描いて、砲弾を右翼陣地の奥深くにズッポリとブチ込みましたの。 たまりませんわ! 佐野様はさらに第5戦線にもご活躍ですわ。 近本様と高山様が守る陣地を狙い撃ち!すかさず神里少尉様はとんでもねえ速さで進撃! 一気に戦線を拡大いたしましたわ! ですが筒号戦車の砲撃がお上品な大山伯爵に防がれてしまうと流れが変わってしまいましたの。 トドメを差し損ねた隙を突かれ、宇宙人様や大山伯爵の攻撃を正面から受けてしまいましたの。 やはりティーガー軍団様はお強い…誰もが目を覆ったその時、石田大佐様は現れましたわ!宇宙船アポロの脱出船で上茶谷様を救出!ベイ国民のお嬢様の心臓はもう停止寸前でしたわ。 げっ歯類様の活躍で戦線を維持したベイ軍にはいよいよ勝利が見えてきましたの。 迎えた第8戦線、品のあるエンジン音を響かせながら、わたくしたちのパットン将軍が出撃しましたわ! セ界大戦日誌 Saturday, June 29, 2019 兵器工場「赤デミー」で過酷な労働を強いられる、 技能実習生のメヒアさんとバティスタさん。 --------------------- 赤鯉軍に対し猛烈な反撃を加え、みごとに撃退したベイ軍。 危機に陥った赤鯉軍は次なる攻撃として、技能実習生のアドゥワさんを送り込んできた! 対するベイ軍は大読売帝国から掻っ攫ってきたタイラー少佐を戦場へと送り込む。 かくして第2戦の幕は切って落とされた。 昨夜の熱狂とは対照的に、戦場は静謐な緊張感に包まれる。 ベイ軍は伊藤参謀の砲撃を命中させ、謎のサッカー選手サーニョも活躍したものの 赤鯉軍は駆逐艦磯村の放った魚雷が宮﨑豆戦車を貫通し炸裂! 戦況は均衡を保ったまま第7戦線へと突入した。 タイラー少佐に代わり戦地に立つのは軍用げっ歯類のミシマ号である。 この恐るべきカピバラに対し、襲い掛かったのは「赤デミー」の労働者、メヒアさんとバティスタさんだ。 「赤タオル」や「赤傘」づくりで鍛えられた腕を振り回しカピバラを追い立てる! ベイ軍は絶対絶命の状況に立たされてしまった。 だが敵の駆逐艦磯村をミシマ号の眼から放たれる光線で撃沈! ベイ軍はからくもこの危機を脱した。 そして迎えた第9戦線、2夜連続の出撃を敢行するのはご存知、パットン戦車団である。 戦いがどんなに過酷であろうと、勝利の美酒は全てを忘れさせてくれる。 ここにいる誰もが、それを知っている。 セ界大戦日誌 Sunday, June 23, 2019 寄せては返す岸波に翻弄され、ベイ軍は背水の陣を敷く --------------------- 金鷲共和国との戦いは熾烈を極めていた。 ノーガードの砲撃の応酬の末、軍用カピバラのミシマ号が斃れ、ベイ軍は退却を余儀なくされる。 共和国軍に追い立てられ、ベイ軍はついに一歩も後退できない岸へと追い詰められてしまう。 背後の岸からは絶え間なく波が打ちつけ、筒号戦車にダメージが蓄積される。 前方の共和国軍はデッキブラシで殴りかかってきたり、芋を投げつけてきたりと激しい攻撃を続けている。 新兵の上茶谷少尉は懸命に攻撃を凌ぎながら、反撃を待っていた。 だが攻撃部隊は背後の岸に膝までつかり、寄せては返す波とたわむれるばかりで一向に反撃をしない。 業を煮やした上茶谷少尉は自ら砲撃!これが命中し、作戦はベイ軍有利に展開する。 第7戦線、疲弊した共和国軍はベイ軍陣地に立つS子さんのバーを訪れる。 だがお笑い芸人にトラウマがあるS子さんは太田光の入店を拒否!続けてやってきたゴリラの入店も阻止! さらに肩を落として引き返す敵兵の背後からキャプテン・ソトが特大の砲弾をぶつける!戦況はいよいよベイ軍優勢に展開した。 そして迎えた第8戦線、バーのS子さんが店内に客の島内さんを残したまま退勤。 S子さんに代わって出勤したのは、将軍、スペンサー・パットン。 カクテルのショットではなく、砲弾のショットが、最高のおもてなしを提供する。 セ界大戦日誌 Friday, June 14, 2019 柴犬が吠えている。 そこにある気配は「お化け」か、それとも。 ---------- マクハリ=ビーチでの戦いを優勢のうちに終えたベイ軍は海路を進む。 目指すは西の彼方、ソフトバンク連邦である。 かつて隆盛を誇った「ダイエー帝国」を革命によって覆した孫首席率いる巨大戦力である。 ベイ軍の先遣隊は今永少佐。 故郷に錦を飾るべく、満を持しての進撃である。 しかし今永少佐を援護すべき神里少尉やニコラス少佐は恐るべき脅威に直面する。 敵の姿が見えないのだ!現れたと思ったらたちまち消える「お化け」のような敵に対し、兵士たちはおびえることしかできない。 そんな中で迎えた第3戦線、軍用犬の柴犬が何もない空間にとびかかる! 動物の本能か、人ならざる敵が見えているのか。 迎えた第5戦線、それまで順調な戦いを見せていた今永少佐に危機が襲う。 「アツオ…アツオ…」と叫ぶ歌舞伎役者の亡霊が襲い掛かってきたのだ。 これに動揺した若武者は戦線後退を余儀なくされてしまう。 だが第7戦線、漂うハチミツの香りが乱れている空間を見つけた宮﨑豆戦車が砲撃! 徐々に輪郭を現す「お化け」に対し、筒号戦車も砲撃!動揺する「お化け」はロペス中将に石を投げつける! この石が飛んできた方角を、キャプテン・ソトは見逃さなかった。 海賊船が全砲門から一斉射撃!ベイ軍を苦しめ続けたお化けはついに成仏! これに気をよくした今永少佐が貝を拾って食べお腹を壊すなどのハプニングはあったものの、作戦はベイ軍有利に展開する。 第7戦線、なおも勢いに乗るベイ軍であったが、敵将のキミャス・クドー元帥の采配が流れを変える。 宿敵・ティーガー軍団からの刺客、松田騎馬隊が現れたのだ!戦況は余談を許さない。 その直後にはまたしても歌舞伎役者の亡霊が「アツオ!アツオ!アツオ!」と絶叫! 火だるまになりながら今永少佐もろとも灰になってしまう。 戦況はいよいよ混沌の様相を呈してくる。 作戦は第8戦線へ突入。 ブルペン要塞のベルが鳴り、戦場へ駆けるパットン戦車団。 砲身は鈍く輝き、エンジンは軽快なリズムを刻む。 ハッチから身を乗り出した将軍は、ただ一言呟いた。 「これから奴らをお化けに変えるのさ」 セ界大戦日誌 Wednesday, June 12, 2019 陽気な寿司職人は、決して食い逃げを許さない。 -------------- 恐るべき巨大ロボ「マジワラン」を撃破したベイ軍は悠然とマクハリ=ビーチを突き進む。 その行く手を遮るのは生姜農家の岩下さんだ。 香り高い新生姜を武器にベイ軍を追い詰める強敵である。 一方、新鮮な「ガリ」の援軍により俄然やる気を取り戻すのは寿司職人のレアードさんだ。 陽気な職人は、包丁を研ぎながら精神を研ぎ澄ましてゆく。 第2戦線、レアードさんが戦線に立つも提供されたのは寿司でなく揚げ物! 寿司を期待していたベイ軍はこれに激怒し岩下さんを包囲!筒号戦車やキャプテン・ソト、ニコラス少佐、戦艦大和がガリを奪って食べ、さっぱりとした味に舌鼓を打つ! ガリばかりたべるベイ軍に対しレアードさんが再び出現、渾身の寿司を提供! 久々に寿司を握ったレアードさんは「なんのネタかよくわからない、久しぶりだからね」とコメント。 だがその味はブランクを感じさせない一級品であった。 お財布に持ち合わせがないベイ軍は食い逃げを決行。 キャプテン・ソトの砲撃による混乱に乗じて脱走を図る! だがカモメ海兵隊の水泳選手、鈴木大地がバサロ泳法により泳いで第三拠点を陥れると、すかさずプロレスラーの攻撃により追いつかれてしまう。 戦いは混沌の異種格闘技戦の様相を呈していた。 迎えた第8戦線、なお追いすがるカモメ海兵隊に対し戦艦大和が砲撃!ベイ軍は作戦を有利に展開する! その直後、地面を揺らして突き進むのはパットン戦車団。 食事は終わった。 ここは戦場になる。 セ界大戦日誌 Tuesday, June 11, 2019 星ロボ(AI搭載)のエンジンは炎を吹き出して、超音速で飛び回る。 ------------- 楠本軍曹やニコラス少佐の活躍により山賊の襲撃を退けたベイ軍。 次なる敵はカモメ海兵隊である。 兵士たちは敵地マクハリ=ビーチへと赴いた。 やっとのことで敵地にたどり着いた兵士たちは目を疑う。 巨大なロボット兵器「マジワラン」がベイ軍を待ち構えていたのだ。 この兵器を生み出したのは「ワクワクさん」こと涌井博士だ。 ヨコハマ士官学校が生んだマッドサイエンティストは表情を変えず、ロボットの操縦を続ける。 一方のベイ軍は超音速兵器「星ロボ(AI搭載)」を急ピッチで建造しこれに挑む!操るのは濱口中尉だ。 先に戦闘の主導権を握ったのはベイ軍であった。 海賊王キャプテン・ソトと神里少尉の砲弾が相次いで敵のロボに命中! しかし第4戦線、軽快な飛行を続けていた星ロボ(AI搭載)がプルーンの木にぶつかり大ダメージ!炎に包まれてしまう! だが燃え盛る星ロボ(AI搭載)は墜落と同時に涌井博士が操縦する巨大ロボ「マジワラン」に激突! すかさず戦艦大和が砲撃!混乱に乗じて民兵の石川さん、ロペス中将、メキシコらがコックピットに殴り込む!涌井博士はヒゲを爆発させて戦場を後にした。 燃えさかる炎は濱口中尉にも燃え移る。 包囲を受けて絶体絶命の第5戦線。 だがその炎で壊れかけの星ロボ(AI搭載)のエンジンが再点火!すかさず寿司職人のレアードさん、少年兵の中村君(小5)らを撃退し窮地を脱する。 第7戦線、荒れ果てた戦場でバーを開店するS子さん。 だが甘党揃いのカモメ海兵隊は誰一人来店せず即閉店。 ------------- そして迎えた第8戦線。 ロボットの残骸が転がる戦場をじりじりと前進するのは、パットン将軍率いる大戦車軍団だ。

次の