楽天市場 sns。 SNSで「楽天市場」の売り上げアップを

楽天市場のこれから 三木谷 浩史氏が語る「物流へ2000億円投資」「送料無料ライン」「ZOZO追撃」他 (1/2)

楽天市場 sns

ペット・ペットグッズジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

楽天市場でセール中にシステムエラー発生!!エラー詳細と対処法について徹底解説

楽天市場 sns

「楽天市場でもSNSの活用ってできますか?」 答えは、「Yes」です。 (1)Q. どのSNSを積極的に活用すれば良いですか? A. おすすめは LINE と Instagram です。 楽天市場は外部リンク申請を行うことで、Instagramにも導線を設けることが可能です。 注意点としては、 SNSからのリンク先に楽天市場以外のリンク先が設けられていると 審査が通らないため、自社ECをお持ちの方は検討が必要です。 (2)Q. どんな内容を発信すればよいですか? A. 商品の告知ばかりを行うのはNGです。 その商品を使うと、どんな素敵な『コト』が待っているのかを訴求すると「いいね!」がつきやすい傾向があります。 食品ジャンルの方におすすめしたいのはもちろんシズル感のある写真。 「美味しそう!」と目で感じる写真をぜひ掲載してください。 ファッションジャンルの有名店舗では、メルマガの代わりとしてLINEを活用しています。 具体的には、スーパーセールの告知や、緊急タイムセールなどの情報発信をしています。 メールでは開封しなくても、LINEだとつい開封してしまう 開封率の高さはLINEの特徴の一つです。 他にも、 Instagramでは他人の投稿を上手に活用し自社のコンテンツとして活用することも可能です。 自分たちだけでコンテンツを作らなくてもよいと考えると、少し気が楽に運用ができます。 (3)Q. 各SNSごとに内容は変えたほうが良いですか? A. 基本的に内容は同じで問題ありません。 ただ、各媒体ごとに見やすい文字数に差があるため、調整は必要です。 情報量では下記の通りです。 なお、 楽天市場で売上UPするために最低限やるべきことを 25のチェックリストでまとめました。 売上を上げるために、アクセス増加、転換率の向上は必須になります。 商品登録、露出、イベント、リピート、商品ページ情報、付加価値など必要な施策をしっかり押さえておきましょう。 楽天市場で売上UPを目指す方は、レポート(PDF)をダウンロードしてみてください。 にお気軽にお問合せください。 ・また、より実践的な情報がいつも. の本 に掲載しています。 ご興味のある方はぜひご購入ください。

次の

楽天市場でSNS活用のススメ~R

楽天市場 sns

楽天会長兼社長の三木谷 浩史氏 楽天市場の成長が再加速へ 1997年に創業した楽天は今日、流通、金融、コンテンツ、広告、そして通信キャリアなども加え、70以上のサービスを展開する。 今回のイベントはオンラインとオフラインの両面で拡張し続ける同社のエコシステムの勢いを対外的に知らしめる場となった。 映画ビジネスへの参入や世界のこんまり(KonMari)こと近藤 麻理恵さんのプロデュースを手掛けるKonMari Mediaとのパートナーシップ締結なども発表され、楽天のブランドはありとあらゆる分野へ浸透しつつあることを実感させた。 拡大がやまない楽天だが、その原点となるのはやはり「楽天市場」だ。 楽天市場に出店する店舗は現時点で4万7000を超えている。 国内EC流通総額(楽天市場の他、楽天トラベルなどの数字も含む)は3兆4000億円。 もちろん国内最大級だ。 創業以来22年続く事業だが、楽天市場においてもサービスの在り方は少しずつ変化している。 例えば商品画像登録ガイドラインの必須化による「クリーンイメージ」の推進、電子メールからパーソナライズメッセージへのシフトなど、伝統的に受け継がれてきた楽天のノウハウを、時代に合ったものに改めてきているのだ。 また楽天市場のショッピングSNS「ROOM」を中心としたコミュニティーの活用も進んでいる。 「(楽天市場の成長の)再加速が始まっている」と三木谷氏は語る。 「ワンデリバリー」構想の進捗 楽天市場のさらなる成長に向けた取り組みの1つが、2018年に打ち出した「ワンデリバリー」構想だ。 これは楽天市場の出店店舗を対象に、商品の保管から配送までの包括的な物流サービスを提供するものだ。 楽天市場はもともと従来の通信販売の代替手段として生まれた。 しかし今日では、ECは主要な販売チャネルの一つとなりつつあり、オンラインとオフラインの垣根を越えたオムニチャネルの取り組みも盛んになっている。 ECがメインストリームになってくることで課題となるのが物流だ。 「物流プラットフォームを変えなければ将来の成長はない。 楽天市場の物流プラットフォームがなければ店舗さんの発展もない」という考えから、楽天では物流を根底から支えることを決意し、この領域に2000億円を超える投資を行うことを宣言している。 具体的には総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」や配送サービス「Rakuten EXPRESS」などを既に開始している。 楽天スーパーロジスティクスにおいては千葉県流山市、兵庫県川西市、尼崎市および大阪府枚方市に物流センターを設けている。 これらの施設は順調に稼働率を上げており、2020年中頃には満床となることが想定されることから、この時期に新たに千葉県習志野市と神奈川県大和市に大規模な物流センターを開設する。 神奈川県大和市に新設予定のRakuten Fulfillment Center Chuorinkan(イメージ) Rakuten EXPRESSにおいては、翌日配送サービス「あす楽」や深夜の不在再配達、置き場所指定配達(置き配)など、ニーズをとらえたユニークなサービスを提供している。 特に置き配を選択する人は急激に増えている。 三木谷氏によれば「ほぼ事故率はゼロ」で、楽天としては「将来的には置き配をデフォルトにしていきたい」意向だ。 また、Rakuten EXPRESSはこれまで楽天スーパーロジスティクス利用店舗のみ利用可能だったが、自社の倉庫を使いたいという店舗に向けた集荷サービスも開始している。 今後も配送エリアを拡大して人口カバー率を60%まで高め、2021年末までに楽天市場における物流の50%は楽天が担う方針だ。 「楽天が物流を担うことで店舗は運営に集中でき、ユーザーは安心に買い物ができる」と三木谷氏は語る。 楽天市場における物流の50%は楽天に 送料無料ラインの設定 楽天市場における顧客とは、楽天ID(発行数は1億超)を使って買い物をするユーザーと、楽天のドメイン下で物品を販売する店舗の双方を意味する。 B2Cの側面を持つB2Bのビジネスモデルといっていい。 ユーザーの満足度は店舗の売り上げに直結し、結果として楽天の収益につながる。 逆にいうとユーザーに不満があれば店舗と共にそれを解決しなければならない。 これまで、楽天ユーザーの中でこれまで特に不満が多かったのが、送料だ。 「売値を見て安いと思ったが送料込みで計算すると高くなった」「店舗によって送料がことなり分かりにくい」などといった声は今なお根強い。 それはユーザー調査の結果にも表れている。

次の