イリヤ オーン スタイン。 【プリコネR】イリヤ(クリスマス)の評価

レオ・オーンスタイン

イリヤ オーン スタイン

概要 [ ] に登場する。 魔術師一族であるの現当主であり、平行世界における聖杯戦争のルールマスター。 略歴 『ドライ!! 』以降に登場。 平行世界を越えて取り戻した美遊を聖杯とするべく手を尽くす一方で、美遊の友人となったイリヤに興味を持ち接触する。 当初は概念置換によりダリウス・エインズワースとして行動していたが、互いの総力戦の中で『破戒すべき全ての符』の力で置換魔術が解け、本来の姿を現す。 その後はもう偽装の必要も無いと開き直り、黒化英霊を大量に召喚し、聖杯戦争を強引に進めようとする。 かつては「一義樹理庵」の名で穂群原学園に通っており同校の生徒会長を務めていた。 人物 穂群原学園の制服を身にまとった、凄まじく目つきの悪い少年。 マナの枯渇とガイアの法則の大転換により袋小路に陥った人類を救済するべく、「ガイアの法則が転換した新世界に人類を残す」という目的の下行動している。 自身を正義と認識し、「物語」「俺の神話」など上から目線で、目的の為には手段を選ばない酷薄な性格。 また、他人も人類も世界も自分の物語の為の「材料」と言い切り、人の心を弄ぶことに躊躇いを持たない等かなりの外道である。 人間味が薄いように見えるが実際はかなりの激情家であり、感情を直接出さずに頭の中でいろいろ考えてから発言しようとする為、目のクマが濃くなり煮詰めたような言動になっているとのこと。 能力 本来は魔術の素養は皆無で魔術回路も貧弱だが、橙の当主同様にダリウスの概念置換によって、家伝の魔術であるを使いこなす。 平行世界の聖杯戦争における最重要アイテム「」の創造・破壊も可能であり、限定展開・夢幻召喚した宝具を数多く行使する。 また、置換魔術の応用として自身の概念置換により、ダリウスや衛宮士郎など特定の人物に「なる」こともできる。 ダリウスになっている間はエクスカリバーの通常攻撃を素手で受け止める等異常なまでの身体能力に変貌するが、置換魔術のためなのかダリウス個人の能力かは不明。 置換魔術を応用した「魔術茨棘・並列接路(スパイン・パラレルコネクション)」によって夢幻召喚したサーヴァントカード使いとも渡り合える程の規格外の出力に至っている。 魔術茨棘・並列接路(スパイン・パラレルコネクション) ジュリアンの擬似的な魔術回路。 ピトスから漏れ出した黒い泥を魔術回路に置換した代物であり、体から黒い棘のように展開されて茨のように広がり、になっている。 茨の「根」は黒い泥に接続されており、そこから無尽蔵に魔力を汲み上げ、ジュリアンの魔力ソースとして駆動させている。 [ ] を用いて、複数の宝具を使用する。 非常に高い性能を持っているが、ギルガメッシュをして 「こんな宝具知らない」と言われており、謎も多い。 三〇一秒の永久氷宮(アプネイック・ビューティ) 巨大な氷の壁で対象の周囲を遮断する結界宝具。 内部は外気と遮断されているため、三〇一秒の名通り約5分で酸素が枯渇し窒息死する。 耐久性が高く、クロの『偽・偽・螺旋剣』の壊れた幻想でも貫けないほど。 なお、術者が内部に取り込まれると術者も窒息してしまうので、ある意味、自爆系宝具とも言える。 黒玉皇に顔は無し(オーソリテリアン・パーソナリズム) 詳細は不明だが、周囲の全員が地面に体が伏せられ、顔を上げられず起き上がれなくなった。 バゼットの見立てでは重力操作でも精神操作でもなく、概念的な干渉とのこと。 両立する螺旋の右手(シャドウハンド・オブ・コード) 無数の黒い手で拘束する宝具。 アサシンのカードによって使用された。 地臥す夜鷹の千年渓谷(そらはちよりちはそらへ) 巨大な岩山を召喚し、防壁とする宝具。 あえて召喚して直ぐ倒壊するようにしそのまま物理的に対象を押し潰すことも可能。 正確にはジュリアンが使用したのではなく痩身の黒化英霊が筆かペンのようなものを地面に突き立て発動させた。 茨の宝具 正式名称は不明。 アニメ版で使用された。 無数の茨が延びてイリヤを絡めとるものの、セイバーを夢幻召喚したイリヤに切り裂かれた。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] 平行世界における聖杯戦争のルールマスターであり、敵陣営の黒幕。 人間関係 [ ] 宿敵。 美遊が「イリヤ世界」にやってくる前は穂群原学園で生徒会長をしており、士郎とも友人同士だった。 世界を救おうとする自分の前に、一人を助ける為に立ち塞がる行為に対して怒りと苛立ちを見せている。 だが、彼が絡んでくることそのものに怒っていたり、邪魔者と見なしている割に殺せる状況でも殺さないことが幾度となくあったりと、彼に向ける感情は非常に複雑である模様。 兄であり父として、唯一の味方として接する。 だが、「彼女を殺す事が俺の願い」とも発言している。 彼女も「自分を殺してほしい」と発言しているので、それを汲んでいるのだろうか。 実際は彼女の事を妹などとは思っておらず、エインズワース家に代々残されてきたものとして始末をつけようとしている節がある。 後の回想シーンで総括された心情としては、「ずっと一緒でいたエミーリアでもあるため死んでほしいとはまったく思っていないが、苦しみ続けた彼女が絶望せずに生を終えることを望んでいる」という複雑なものであった。 特別な感情は持っていなかったようで、敗北してカードを奪われたと見るや躊躇無く見捨てた。 実は自分の姉「アンジェリカ・エインズワース」の人格を置換した存在であり、冷酷な対応なのはそのせいもあったのかもしれない。 「アンジェリカ・エインズワース」とは優しい姉であるため仲は悪くなかったが、エインズワース家の後継者である彼女と魔術の素養がまったくない自分とで若干の隔意はあったようである。 エミーリア 過去の回想シーンに登場した、もう一人の姉。 ダリウスへに置換されつつあるザカリーといずれ置換される長子のアンジェリカと比べて、自分のことを覚えていてほしいとかなり懐いていた。 ダリウスがエリカの名前を呼び間違えた時の最初に出てきた名前なので、おそらくは「エリカ」の一つ前の偽名と思われる。 アンジェリカ同様特別な感情は持っていないが、ベアトリスの方はそれを知った上で心酔しているようである。 彼女がドールズになる前は同じ小学校に通っており、鬱陶しがりながらも悪くはない関係を築いていた。 五年前の事故で彼女が巻き込まれた際には今の姿からは考えられない程に取り乱している。 第四次聖杯戦争で死亡した彼の精神を人形に置換する形で操り、士郎に嗾けた。 同じ一族の人間。 当初は概念置換によって彼になっていた。 言峰からは「ダリウスの息子」と評されているが、父親は上記のザカリーであるなど、不審な点が多い。 エインズワース全ての父。 実は概念置換によって取り憑かれ、いずれ置き換えられてしまう。 エリカへの対応についても、彼女を殺す事が目的のジュリアンと彼女を守る事が目的のダリウスとで完全に対立している。 世界を救う為の道具としか思っておらず、衛宮士郎を人質に取って無理矢理言うことを聞かせている。 敵ではなく物語の登場人物として見なし、美遊を追いつめる道具として利用しようとする。 彼を初めとした英霊も道具としか思っていないため、カードと美遊を媒介に意志を具現化させたと見るや、即座に廃棄しようとした。 過去において同じ学校に通っていた後輩。 聖杯戦争が開始されるため彼女にサーヴァントカードを渡したが、士郎に対する心を見抜いていたのかギルガメッシュと偽ってどこにも繋がらない失敗作のカードを選択していた。 後に彼女と思しき黒い甲冑の少女が泥の中から現れるが、その際は壊れたような言動を繰り返す彼女を 衛宮士郎のふりをしていいように操るという外道な行為をしていた。 彼の人格を人形に置換する形で操り、裏切った桜と士郎の始末の為に差し向けた。 、、 第四次聖杯戦争で死亡した彼らを人形に置換する形で操り、士郎へと差し向けた。 名台詞 [ ] 「この手でお前を消す」 ダリウスへの置換が剥がれ正体を現し、イリヤ達から奪った一枚目のキャスターのクラスカードを握り潰しながら述べた一言。 厳格そうな壮年からあどけない青年姿になった彼だが、その威圧感は父もかくやである。 「俺の神話にてめぇの役なんざねぇんだよ…」 幽閉から脱走し激闘の場に駆け付けた士郎に対し憎悪を込めて言い放つ。 「万にひとつ 両方を救う手があったとして…」 「世界と 美遊 それだけしか救えねぇんだよ…」 「争う意味が無い、皆を救いたいのは同じだし世界もミユも両方助かる道を一緒に探そう」と呼びかけるイリヤに対して。 その顔は決意の中に哀しみを感じさせ、彼も彼で何かを悔やんでいると伺える。 「…ひとつ教えてやる 俺は『嘘』には寛容だ 何かを隠したい…偽りたいという明確な意志がそこにあるからだ けどな…漠然と形だけ真似た何物にもなれねぇ『偽物』は嫌悪する ……以前までのお前の笑顔はそれだったんだよ 今日のニヤニヤ笑いは心底気色悪くはあるが… 空っぽじゃねぇだけ 万倍マシってことだ」 過ぎ去った過去、美遊と本当の兄妹になることを誓い、よく笑うようになった士郎に対して。 ある意味、「衛宮士郎」という人間をこれ以上無く正確に捉えた言葉である。 敵となり悪となり「妹を返してもらう」と言い放った、かつての親友に対して「正義の味方」として「人間として正しい在り方」を説く。 だが、それを叫ぶ彼自身の表情もまた、苦渋に満ちていた。 「……笑えねぇ」 「笑えねぇんだよ」 「そんなものはな………」 「最低の悪なんだよ…!」 上記の続き。 士郎に、と言うよりも自分自身に言い聞かせているような、魂を絞り出すが如き哀しき叫び。 それを見て士郎もまたジュリアンの苦悩を知る。 だが、それでも士郎は美遊を救うために歩を進める。 そんな親友を実力行使で止めようとすれば出来たはずなのに、ジュリアンはそうする事ができなかった。 メモ [ ]• 「正義を志向する」「父の意志を継ぐ」「マイナーな魔術を極めた結果常軌を逸した域に至る」など、衛宮士郎と共通点が多い。 穂群原学園の生徒会長であり、魔術師の家系でかつては士郎と友人関係だったという、との要素を併せ持っている。 実際、キャラクターコンセプトは、「とを足して二で割って、ストレスの中で煮詰めたような感じ」だとか。 置換魔術により当初はダリウスへと自身を置換していたわけであるが、学生をしていた際に士郎のぎこちない笑顔が自然な笑顔になった事に対して「上っ面だけでは偽物」という旨を語っている等、エインズワースの置換魔術に重きを置く伝統故か、本物へ心から近付くことをこそ理想として掲げている様子が伺える。 故に置換が剥がれた後でも彼のその振る舞いは「ダリウス・エインズワース」という思考を極力再現しており(稀に一人称が「俺」からダリウスの「私」になる)、「ジュリアン・エインズワース」という己の人格は置換魔術の影響か非常に希薄になっている可能性もある。 さながら別世界の士郎が「正義の味方」という理想の末に摩耗していったように。 原典不明の強力な宝具を使用しているが、本人の言動から、「新世界の人類用の神話を現在進行形で作っており、その「神話」を原典とした宝具を召喚してるのでは?」と推測されている。 この世全ての財を集めたはずのギルガメッシュが知らず、人類の英知そのものである『王の財宝』の中に存在していないという事実もそれを裏付けている。 冬木市を飲み込んだ広がる闇の事件が作中時間で五年前、父ザカリーの死去も五年前と明らかな繋がりを感じさせる。 ダリウスになっている時はテンションが上がると狂ったように笑うものの、正体を現してからと過去編では 一度も笑顔を見せていない。 口癖に「笑えねぇ」がある事もそれを強調している。 彼が心からの笑みを見せる時は来るのであろうか。 後にベアトリスの回想シーンで登場した時には皮肉混じりにではあるが笑みを見せていた。 やはり、5年前の第四次聖杯戦争で父・姉・友人を全て失ってしまったのが遠因なのであろうか。 話題まとめ [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

ジョン・スタインベック

イリヤ オーン スタイン

スタン・炎上・スロウが発生しない• 機体の歩行速度が上昇• 射撃時の反動と着地後の反動を軽減 高ダウンポイント、威力のハイ・ビーム・ライフル 高出力型 ハイ・ビーム・ライフル 高出力型。 ダウンポイントが900を超え高威力で弾頭の当たり判定が大きい。 シールドを貫通する性能を持ち対シールド機に相性が良い。 ただしガード特性のモジュールは貫通しない(例 強化型ZZガンダムやクロスボーン・ガンダムなど) 高威力で連射力の高いハイ・ビーム・ライフルFA 連射速度の高いフルオートビーム・ライフルを所持。 ダウンポイントや威力も高く設定されておりビーム・ライフルとしては破格の火力。 一部武器の組み合わせで切り替えが発生しない ハイビーム・ライフルとグレネード・ランチャーが持ち替えが発生しないため連続攻撃可能。 爆風判定の広いロケットバズーカ 最大で効果範囲6000を超えるロケットバズーカを所持。 連射力も高く3発連続して発射可能。 面制圧力に優れた武器。 特に積載量は設定ミスかと思われるほど低い。 積載量が低い上に武器が重い 低い積載量に加え重い武器が多く積載量の大幅強化が必要となる。 射撃武器の射程が全体的に「とても」短い 射撃武器の射程が400程度しかないものが多く相手にかなり近づく必要がある。 射撃武器のリロードが全体的に「とても」低い 射撃武器のリロード値がとても低く、5秒以上かかるものも多い。 慎重なリロード管理が求められる。 シナンジュ・スタインの総合評価 近距離瞬間火力全振りの上級者向け機体。 近距離でずば抜けた瞬間火力を出すものの近づくための機動性に乏しい機体。 射撃武器全般でロックオン、射程が極端に低く有効射程であっても命中率にばらつきがある。 リロードの時間も長いためリロード管理を間違うと何も出来ないこともしばしば起こる。 積載量が低く武器も重いため積載量の大幅強化が必要。 実有効射程が距離200-300とかなり短いため、その射程に入り込む立ち回り、高い判断力が求められる。 見開いた有効射程の長いマップでは近づくこともままならないため運用できるマップが限定される機体。 スタン・炎上・スロウ無効のメリットよりも機動性の低さ、短射程、ロックオン、リロードの低さといったデメリットの方が目立つ機体。 ハイ・ビーム・ライフル(高出力型)を当てることができれば圧倒的なコンボ火力を出せるが、そこに至るまでのハードルがとても高い機体。 機体も大きく被弾率が高いのでうかつな滞空に注意しよう。 ステータス コスト : 380 ダウンゲージ : レベル3 特徴 : 下位コスト並に全ステータスが低い 武器 60mmバルカン砲 ハイ・ビーム・ライフル ハイ・ビーム・ライフルFA ハイ・ビーム・ライフル 高出力型 ビーム・サーベル ロケット・バズーカ 【ゴールド設計図】グレネード・ランチャー 主な武装例 オススメ武装 ハイ・ビーム・ライフル 高出力型 ハイ・ビーム・ライフルFA ロケット・バズーカ グレネード・ランチャー 60mmバルカン砲 強化のコツ• 機体 全ステータス低いため大幅な強化が必要。 武器重量がマイナスになることもあるので重い武器を持った状態で積載量を強化しないと後悔することになる。 その上で相手に近づくための機動力、最高速度とブースト容量の強化を行う。 アーマーも低いので強化が必要になり、本格的に当機体を使いたい場合、フルマスターメカニックチケットでの強化も視野に入れたい。• 武器 【ハイ・ビーム・ライフル 高出力型 】 威力、射程距離 【ハイ・ビーム・ライフルFA】 威力、リロード、連射速度(1459以上)、射程距離 【ハイ・ビーム・ライフル】 威力、リロード、射程距離 【ロケットバズーカ】 効果範囲、射程距離、威力 【グレネード・ランチャー】 射程距離、効果範囲、威力、リロード オススメモジュール例• 移動射撃補助• 高速装填 関連攻略記事• 攻略記事リンク•

次の

【プリコネR】イリヤ(クリスマス)の評価

イリヤ オーン スタイン

ベルトさん 正式名称:ドライブドライバー とは、作品「」に登場するベルトである。 : 私の記事を読み、記事を編集したまえ。 「ン」のに格納されたベルトである。 ベルトでありながらやけにいいで喋る。 ベルト部分の「ウェビング」はさながらのベルトのような形状で、他にもやメーターなど、随所にらしいがちりばめられている。 さらにベルト中央の「センル」では、ベルトさんの意志に応じて様々な表情を見せる。 またなどの用はベルトさんとの通信端末となり、ブを通じて装着者の体調管理まで行う事ができる。 にンを与え、特状課に配属させた本人 ? であり、進ノ介にへのとと戦うように(なんと2ヶかけて)説得する。 ちなみに「ベルトさん」呼びは進ノ介が「呼び捨ては失礼」だと言われたために仕方なく呼び始めた名称で、要は「 」という理由からである。 他にもへの示や交換の命を出したりなど立場としてはよりも上の官のようなであると言える。 の存在に関しては度の過ぎた秘密義を貫いており、世間やはおろか進ノ介にすら新たなの存在などをの直前になるまで隠していた。 当初はとの二人のみがベルトさんの協者であったが、の存在が世間に表された事を機に特状課にもの正体と自らの存在をにした。 この時特状課のとも手を組んでいた事がになる。 第33話では、殉職した進ノ介の体から、なぜかベルトさん本体を外す事が出来なかったが、実は一種の「生命維持装置」機を作動させ、これにより進ノ介の命を守っていた事が判明した。 何気に凄いベルトさんである。 結果的にこれが進ノ介の復活と、ム「ン」誕生のきっかけとなった。 これにより以後、「ン」でしている間は、進ノ介と任意で交代し「」として戦うことができるようになる。 彼自身は一辺倒なではなく、ベルトになってなおと性に溢れている。 の新装備にのない名前をつける進ノ介に「 もう少しトな名前つけないか?」としたり、を装着して手足に見立てることで、ベルトの姿ながら人っぽい姿(通称 ベルトオー)を見せたり、事件に関連したを捜の為訪れた時に特状課に食事を振る舞われた際、ベルトなので一人だけ特上のを味わうことが出来ず、あからさまに不機嫌になりまでそれを引っったりと、な描写もところどころ存在する。 だが、特状課に取り入る素振りを見せていた蛮野の裏切りの際、ベルトさん=ドライブドライバーは連れ去られ、蛮野の手に落ちてしまう。 な的は複製による蛮野自身のドライブドライバー化だったが、進ノ介の手に戻ってきたころには 何かしらの をベルトさんに施してしまっており・・・。 このこそ「」のにおける重大なであり、その結果にて凄惨なが待ち受けていることになる。 これまで共に戦ってきた進ノ介には、ベルトさんのその行動がすぐ理解できた。 これまでベルトさんは、自身の発明した・ビアがに与えてしまったを危険視していた。 全てが終わった以上、自身が戦う理由もなく、・ビアが蛮野のように人類にをもたらす形で使われてしまう危険性があった。 ベルトさんは、全てが終わった後、 自身ごと・ビアの技術を封印・するつもりでいたのだ。 友よ、共に新たなる 未来へ 全てのの撲滅を了し、特状課のから全てのを封印し、いずれ人類が自身の技術をする事く、共にへと歩める日をし、眠りに着いたム。 しかし、思わぬ事態に拠り更なるに直面する。 なんと、が残されたを使い再び襲来。 を復活させ、チェのをらせる為にをしていたの所持していたナルを使い、を復活させた。 更に既に破壊されていた、、ックをも、復活させ再びに最悪のーを起こそうとしていた。 この事態を重く見たムは、でしていたに再びでを取り、「 にした時のみ、ドライブドライバーを付ける事をする」と言うを、更に ドライブドライバーを量産化していた事が判明する。 これにより、進ノ介と剛の呼び掛けに応え、正気に戻ったチェ、、、ックにを与え、、ン、、にさせると言う離れ業を行った。 更にを進ノ介に与え、見事を再び倒す事に成功した。 新たなる戦いと束の間の再会を終えた、ムとチェ達はの守護者として、再び眠りに着き新たなるへの再会をしたのであった。 進ノ介が思いついた「ベルトさん」という呼び方もあながち間違いではなかった。 反逆の原因は蛮野一人であり、自分の研究の為ならば何を犠牲にしても構わないどころか、自分の研究のために周囲が手を貸すことを当然と思っている節があった蛮野を、ムは遂に見限り協関係を打ち切っていた。 己の行動を悔いたムは、自らの意志と記憶をドライブドライバーへ後、を倒す者「」を探しめて動くことになったのだった。 その事件の際に本物のムはによって殺されている。 とはこの頃からすでに面識があったようで、恩師である・ヘンドソンのもと技術開発にいそしんでいた。 がベルトさんをムと呼ぶのはそのためとされる。 生前からを集めるがあったようで、は要するに「」と言う事だろうか。 なお、生涯だった。 なので、進ノ介に相談を持ちかけられ狽する場面もあった。 「そういうこと私に聞くかね 私ベルトだよ しかも研究一筋で、生涯だったんだぞ」 演じているのはベルトさんのと同じく氏。 劇場版 では、 ムがとして君臨しているのが存在する。 の身体を得たムとの話もあるが、果たしてその正体は・・・。 また、によれば、の最中に何らかの理由で一度ドライブドライバーは喪われている。 達によるム殺事件の際、蛮野にをあらかじめ施されていた004はの息であったムをし、その記憶を蛮野復活まで封印し潜伏していたのであった。 蛮野が行動を開始すると同時に、彼の記憶も復活し、進ノ介からドライブドライバーを奪い、を作成、それと同時にベルトさんにを促す悪性を植え付けたのであった。 その後、第二のー実現のための装置、サーーを作成し、蛮野とともにの地で使用するも、達の妨、ックを救うためのの自己犠牲により、計画は台しにされた・・・と思いきや、蛮野のの思惑は別にあり、とたちを一掃するため蛮野にさせられた・・・ 同じ幹部のや、ックはらしい自を持ち、自己犠牲に覚めたが、彼は最初から最後まで 「」だった。 ちなみに、004がので支配者として君臨していたが、これはが進ノ介を騙すためについた(彼はに2割のを混ぜていた)であった可性が高い。 ではベルトさんは なぜ復活したのか 前述の通り、ドライブドライバーは蛮野に悪性を植え付けられ、を防ぐために進ノ介に破壊されている。 だがベルトさんはこんなことがあろうかとンという鍵状のにを取っており、が捨てたに進ノ介がを挿入、見事ベルトさんは新たな体を持ってったのであった。 君は超人だ。 ただ関連動画の見方を忘れているだけだ。 進ノ介「見つけたぞ、ここから関連商品が買えるんだな」 「ctly! 正解だ。 」 関連項目• 装着者• かつての親友だが断交し、以後敵としている• かつての装着者• 自身の• 元祖喋るベルト•

次の