隣のヤング。 隣の悪女 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

隣のレジの梅木さん

隣のヤング

Contents• 隣の悪女 第36話 のネタバレ! 目を覚ました桐太。 目眩を起こしながらも周囲を見渡し、見覚えのある景色に驚く。 そこは六本一家木心中事件の始まった場所だった。 そんな桐太に、最後に昔話をしよう、と自分と心中一家の出会いを話始める花音。 自分の一番古い記憶は、父が去ったときのものだと言う花音。 そして去っていく父を、涙を浮かべ見つめる母親。 母は評判の名医で、多忙なため花音はよく他所へ預けられていた。 特に竜王寺家と、あの一家、白樺家に。 初めて対面した日を、今でも覚えていると言う花音。 挨拶をする花音に優しい表情で接する白樺家の両親と兄の英治。 だが、妹の蛍だけは花音にそっけない態度をとるのだった。 白樺家は両親と兄と妹の四人家族で、妹の蛍と仲良くなろうと努力する花音。 しかし中々距離が縮まらない。 何故蛍だけああなのか、と疑問に思う花音。 偶にあう母親は、花音が寂しがらないようにと何でも買い与え、猫可愛がりしていた。 とあるパーティーに参加した母親と花音。 周りは母親を秀でていると持て囃す。 その中の一人が、どうしたら花音の母親のようになれるか尋ねると、完璧主義になることだと答える母親。 人は他人より何を持ってるかで価値が決まり、他人に存在を認められる。 認められる者は愛されて心が満たされるはずだ、と。 自分もまだまだ満たされない、頑張らないと、と言う母親。 もう完璧だと言う周りの人間。 こう見えても理想通りできなくてカッとなることもある、子育てなんか特に。 でも、怒ることも躾の内かもね、と話す母親。 〈幸せな娘〉を期待されているのだから、と必死に笑おうとするが上手くできない。 そんな花音を見ていた蛍は、次の瞬間花音に抱きついてきた。 驚く花音。 だが、不思議とその温もりに気持ちが落ち着ちついていた。 それからも、時々、ふいに抱きついてきた蛍。 その時は何故か心が安らぐ花音だった。 ある日、英治に心がささくれ立つ理由を尋ねる花音。 戸惑いながらも、花音が母親は溺愛している気になってて、実は育児放棄されていると感じているからなのでは、と答える英治。 そして自分は花音が甘やかされているのは見たことがあるが、甘えさせてもらっているのは見たことがない、そして怒られているのも見たことがあるが、叱られているのも見たことがない、と。 その言葉に驚愕の表情を浮かべる花音だった。 隣の悪女 第36話 の感想! 花音の過去の場面、花音、小さい頃父親が出ていったんですね。 どうやら母の多忙からのすれ違いっぽいです。 そして、知り合いの家に預けられることが多く、その一つが心中した白樺家だったんですね。 ここでやっと花音と心中一家の関係が分かりました。 そしてこの頃の花音、凄くピュアです。 その家の娘と仲良くなろうとしている場面とか特にです。 やっぱりなんやかんやあってあんな歪んだ性格になったんでしょう。 そして花音と母親の場面、この母親、医師として、社会人としては完璧かもしれませんが、母親としては未熟なのではないのかと感じました。 この場面の花音位の歳で〈完璧な娘〉を演じると言うのはとても辛いですよね。 こういう経験から演技が得意になったのでしょうか? そんな花音に白樺家の娘、蛍が抱きついた場面、蛍、なにかを感じ取った様子で抱きついています。 この二人、普段仲が良いとは言えない関係なので驚きました。 その後も抱きついてきた、と言うことは蛍なりに励まそうとしたのでしょうか。 心暖まる場面ですよね。 そして、花音が英治に相談する場面、英治、花音の母親が、花音を甘やかすことはあっても甘えさすことはない、と言っていますが、この二つ、同じようで実は意味が全然違いますよね。 パッと見ただけですが、花音の母親は、嫌われたくない、いい母親だと思われたいと思って、花音を猫可愛がりしているのではないでしょうか。 だから花音は苦しんでいるのでしょう。 これは難しい問題です。

次の

隣の悪女 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

隣のヤング

素朴だが仲睦まじく暮らす大学生カップルが、マンションの隣に越してきた女によって じわじわと崩壊させられるラブサスペンス。 桐太は亜里子という真面目な彼女と半同棲中 だが、隣にやってきたのは高校時代の憧れ・花音だった。 3年間、ほとんど声をかける こともできないまま終わった片想いの恋だったが、それが再び目の前に現れたことで桐太の 心がざわめき出す。 やがて花音も「友達でいいから」と桐太に親しく接してくる、奥底に ドス黒い情念を隠して……。 かなりコメディタッチで始まったので三角関係になるラブコメなのかと思ったらとんでも ない、花音が本性を現すのにそれほどページを要しませんでした。 いきなりの猟奇要素に ドン引きですよ! ペット飼ってる人は読まない方がいいんじゃないですかね…。 桐太も一応「今は亜里子が彼女」と一線は引いているものの、その線引きが甘いからつけ 込まれているのが頭痛ですが、後には花音の出現を訝しんでいた亜里子まで篭絡されてしま っているからやはり花音怖い。 はたして花音の目的は何なのか、桐太と亜里子双方にとってトラウマとなっている心中 事件とどう絡んでいるのかなどサスペンスとして見ると面白い方でしょうけど、とにかく 表面上のラブコメなノリと花音の暗躍パートのギャップがすごく、このおめでたいカップル が悪魔の正体に気づくまでずっとこの崩壊劇を見せられるのかと思うとちょっとげんなり。 主人公の反撃パートって最終巻しかないのでは(笑)。 桐太と亜里子はどちらも眼鏡という少し珍しいカップルでしたが、花音のせいで結局双方 眼鏡なしに。 やはり悪魔だこの女……。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova.

次の

隣のレジの梅木さん

隣のヤング

3-2. 第1話の衝撃! で第1話を見た時に 本当にゾッとしました!! 最初は、少女漫画? というくらいに絵が綺麗で 内容も日常的な大学生の 日常のお話しかと思いました。 【隣の悪女 引用】 そこへ、花音が入ることで、 あ!これ三角関係のドロドロ的な流れだ! っと思い読み進めていきます。 【隣の悪女 引用】 桐太と花音は高校時代の同級生。 そのこともあって、仲良くなる二人。 【隣の悪女 引用】 あぁぁぁぁ 亜里子の立場がぁぁぁぁぁ。 そんな中、廊下で花音と会う桐太。 夕飯を作りすぎて貰って欲しいと。 【隣の悪女 引用】 鳥の唐揚げ。 【隣の悪女 引用】 うんうん! まぁ別に隣の家の人からのおそすわけ。 漫画の世界ではよくあるよねぇ。 一方、隣にいる亜里子の部屋では 飼っていた鳥がいなくなった!? 【隣の悪女 引用】 ゾワッ!!!!!!! え!?待って!!? ・・・・まさかね。 一色花音の目的は? 衝撃的なスタートを迎えた「隣の悪女」 花音の目的は!? なぜ桐太に近づくの!? 詳しい事は実はまだわかっていません。 ただ第2話で桐太の回想のような言葉が。 の法則 水の入った鍋に蛙を入れて 鍋をゆっくり熱していくと 蛙は茹でられていることに 気づかないまま 逃げることなく死ぬ 【隣の悪女 引用】 【隣の悪女 引用】 【俺は蛙だった そのことに気づいてなかった】 どういうことーーーーー!? 桐太どうなったの!? そして、第3話では 【花音ちゃんは復讐するため 引っ越してきた】 【当時の俺は何も知らなかった】 廊下で管理人さんと会う花音。 手には殺虫剤。 害虫でもいましたか?という 管理人さんの問いに 【隣の悪女 引用】 3-4. 花音の計算された恐ろしい行動 もう、花音の計算された行動が怖すぎる! 第1話で亜里子が飼っていた 鳥のぴーたんを探しに行こうと話す二人。 それを壁一枚挟んだ横には花音。 【隣の悪女 引用】 しかも鳥の羽持ってる!! そして、桐太と同じタイミングで ドアを開ける。 【隣の悪女 引用】 スゴイグウゼンー(棒) そしてこれも計算? 雨の日の花音。 ブラジャー着けてない!! 透け透けで見えた状態でこの態度。 【隣の悪女 引用】 これも計算!? そして美少女花音からの告白 【隣の悪女 引用】 この続きは是非本編でご覧ください。 そしてそして、第3話では 花音の魔の手は亜里子迄! 【隣の悪女 引用】 そしてそしてそして、 第4話では桐太にも!! 【隣の悪女 引用】 何度も叫びますが、 一体何が目的なのーーーー!? 第5話では、そんな二人の元に 亜里子帰宅!! 【隣の悪女 引用】 どうなる!? 気になる続きは本編をお楽しみください。 最後に もう、「なんで?」「どうして?」が続く サスペンスホラー作品です!! 絵は本当に綺麗なんです。 だから最初は桐太を取り合う 女のドロドロした三角関係の話しかと 思っていたのです。 しかし、これは 復讐物語だったのです! どうして復讐をするのか、なぜ桐太が 狙われているのかは今の所わかりません。 しかし、1話1話話しが作りこまれていて 物語に引き寄せられるのです。 そしてこの後、更なる事件が!! コンニチハ!!

次の