立川 ランチ おすすめ。 人気の立川ランチ19選!美味しく楽しめる立川ランチ!

立川のおすすめランチスポット10選!安くておいしい店からがっつり肉系、和食ランチの人気店まで厳選|@DIME アットダイム

立川 ランチ おすすめ

特徴 ラーメン 居酒屋・飲み屋 格安・安い おしゃれ 個室・接待・お祝い ディナー デート・女子会 レストラン ランチ 一人飯 焼肉 うどん カフェ・喫茶店 串カツ 鍋 もつ鍋 しゃぶしゃぶ 和食 洋食 焼き鳥 海鮮 イタリアン 鉄板 モーニング ホルモン 炭火焼き 中華 フレンチ アジア・エスニック カレー バー ハンバーガー つけ麺 餃子 お好み焼き そば 寿司 電源・Wi-Fi 食べ放題 穴場・静か スイーツ ステーキ パスタ・スパゲッティ 韓国料理 沖縄料理 天ぷら ビアガーデン おもしろい・コンセプト おもしろい 勉強・読書 定食屋 定食 喫茶店 昭和レトロ お子様ランチ 平均予算順 おでん 馬肉 牡蠣 コスパ 懐石 カワイイ スイーツビュッフェ 魚介 下町 せんべろ 酒場放浪記 アメリカン ちゃんこ ケーキバイキング いちご デザートビュッフェ 苺 お米 居酒屋 隠れ家 大人数 貸切り パーティー 宴会 打ち上げ 結婚式二次会 コース 学生 辛い ちょい飲み 空港グルメ 空グルメ 空港ランチ カクテル バル 中華街 神戸牛 ビジネスランチ コーヒー なごやめし 名古屋めし 名古屋グルメ きしめん 名古屋飯 八丁味噌 味噌カツ ひつまぶし うなぎ 鰻 ファミリー コスパランチ ワンコインランチ イニシエ系 美観地区 ままかり みそかつ デミカツ 懐石料理 会席料理 アジアン 多国籍料理 海鮮丼 町中華 ご当地グルメ スープカレー ジンギスカン 函館ラーメン 塩ラーメン 肉 日本酒 デカ盛り• 【食べログ3. 市販のルーやカレー粉を一切使わず、さらに小麦粉も不使用。 じっくり炒めた玉ねぎやトマト、自家製ヨーグルトなどでソースのとろみを生み出している。 それぞれのカリーごとにスパイスを配合。 秘伝の手作りガラム・マサラで香りを際立たせている。 カウンター8席のこぢんまりとした店だが、ガッツリスパイスのカレーを求める客が後を絶たない。 看板メニューは「チキンマサラカリー」。 スパイスをぜいたくに使った北インド風のカリーソースで、鶏もも肉を柔らかくなるまで煮こんでいる。 トマトの酸味や鶏肉のコクが溶けあった辛口カレーだ。 このほか17時までのランチタイムには、まろやかな味わいの「チキンバターマサラカリー」など5種類のカレーが揃う。 好みのカレー2種類を合いがけできるのもランチタイムならでは。 さらに自家製ヨーグルトで作ったミニサイズのラッシーかアイスコーヒーもサービスされる。 讃岐うどんの本場、香川県で行列のできるうどん店「一福」。 東京・神田の1号店は、ミシュラン(ビブグルマン)を獲得している。 そんな讃岐うどんの名店が、2017年に立川にもオープンした。 「一福」の特徴は、自家製の伸びのあるコシが持ち味の細麺。 ツルツルッとしたのど越しは、食べるたびに心地よさを感じるほどだ。 「かけ」「ぶっかけ」といった定番うどんには、揚げたての天ぷらやおあげなど店内手作りのトッピングでお好みにカスタマイズできる。 炊き込みご飯をプラスするのもいいだろう。 また、 期間限定メニューや他店では味わえないユニークなうどんにも注目を。 例えばかけうどんに広島産の有機栽培のレモンをどっさりのせた 瀬戸内レモンうどん」は、繊細な出汁にレモンの酸味がよく合うさわやかな一品。 さらに豚肉をトッピングした「ブタレモン」は、ボリューム感も増して男性ファンも多い。 そんなランチがかなうベーカリーカフェで、 オリジナルのパンやペストリーをドリンクとともに楽しむことができる。 こだわっているのは製造方法や厳選した素材。 自慢の「クロワッサン」は、デュラム小麦と発酵バターが丁寧に織り込まれ、バターが香るサクサクの焼き上がりだ。 ベーカリーに並んだパンは店内やテラスでイートインできるので、ドリンクとともに軽い昼食として楽しむといいだろう。 また、14時から17時15分はフードメニューが登場。 ベーカリーで作られたパンとともに季節のスープとサラダが付いた「スーププレート」や、こだわりの食パンで作った食事系フレンチサンドの「フレンチトーストのオープンサンド」など、 いかにもベーカリーカフェらしいメニューが並ぶ。 遅めのランチにピッタリだ。 全国のラーメン店を食べ歩いて研究をしたという店主が、2000年に創業した。 看板メニューの「醤油ラーメン」は、しょう油の色が濃い澄んだスープ。 口に含むと、見た目よりも優しく透き通った味わいに驚かされる。 麺は平打ちの中太で、ツルツルモチモチ。 適度に縮れているのでスープがよく絡む。 最近人気を集めているのが、定番の醤油ラーメンをさらに進化させた「極 醤油ラーメン」だ。 21種類の食材を使って作るスープに焦がし醤油を加えた秘伝のタレ、香味油として鴨油と名古屋コーチン油を加えている。 麺には最高級国産小麦粉を使用。 トッピングは太めのメンマ、半熟の煮卵、そして自家製の大ぶりチャーシューだ。 まさに醤油ラーメンを極めた味わいに、遠方からわざわざ食べに訪れるファンも多い。 ランチタイムは混雑するので、早めに来店するか、時間を外すのがいいだろう。 言わずと知れた中華の鉄人、 陳健一がプロデュースする麻婆豆腐の専門店。 四川料理を代表する麻婆豆腐を、四川省から取り寄せた調味料と特注の豆腐を使い、本場の味に作り上げた。 その味は、 コクのある旨みや甘みが感じられ、ご飯が進む適度な辛さ。 ご飯やザーサイなどが付いたセットで提供されるので、麻婆豆腐をご飯にのせて豪快にかき込むとおいしさもひとしおだ。 テーブルには山椒も置かれているので、さらに自分好みの味に仕上げるといいだろう。 麻婆豆腐専門店だけあって、昼間の食事メニューは「麻婆豆腐セット」とそれに点心が付いたセットの2択のみという潔さ。 また、 子ども用には甘口の「小人麻婆豆腐」が用意されているので、家族連れにもピッタリだ。 夕方5時からは、こちらも四川料理の定番の海老のチリソースのセットも加わる。 本格派の四川料理を手軽に食べられる店として、覚えておきたい。 二郎インスパイア系ラーメン店として、迫力のデカ盛りラーメンを提供する「立川マシマシ」。 ラーメンはミニ、小、中、大とボリュームを選ぶことができるが、小といえども麺は200gと普通サイズ。 さらに、二郎系の特徴であるトッピングでボリュームアップ。 同店では、野菜、ニンニク、アブラ(背脂)、カラメ(味付け)のトッピングは無料。 どのくらいの量をトッピングするかを示すのが「マシ」という言葉で、ラーメン丼から料理がどんどんそそり立ち、ガッツリとカロリーも上がっていくというわけだ。 量のすごさもさることながら、味の良さやメニューの多さが評判を呼んで、ランチタイムは行列ができる人気店になっている。 そんな中でも変わり種のメニューが「マシライス」だ。 ラーメンに入る背脂にひき肉を加えて甘辛く味付けしたものを、カレーのようにご飯にかけたもので、ボリュームもカロリーも満点。 病みつきになる味として、ラーメンと双璧の人気メニューだ。 ハンバーグといえば、味付けはケチャップ味やドミグラスソースが定番。 しかし、「WISH BONE」ならば、 さまざまな味付けでハンバーグを味わうことができる。 同店はハンバーグとステーキの店で、特に A4ランクの黒毛和牛100%のハンバーグは上質の肉が持つ豊かな味わいと手ごろな価格が好評。 一度表面を焼き付けてから、オーブンでじっくり火を通すので、外はカリッと中はふっくらとレアで肉汁たっぷりに仕上がっている。 ソースのバリエーションが豊富なのも特徴で、オニオンベースのオリジナルソースのほかに、 キノコの和風ソースやもろみ味噌のデミグラスソース、モッツァレラチーズ&濃厚トマトソースなど、何度来ても飽きない趣向がうれしい。 ランチは和牛100%で、スープ、ライス、スパイシーコーン、ドリンクが付いてくる。 ハンバーグに日替わり料理が1品付く「平日限定まかないランチ」もおすすめだ。 ルミネ立川店内にあり、買い物途中の休憩や食事などさまざまなシーンに使える便利な店だ。 「医食同源」がコンセプトというだけあって、カフェといえども料理は本格派。 バリバリの中華料理店だと女性が1人では入りづらいものだが、おしゃれなカフェの同店はおひとり様でも入りやすい。 ランチのセットは「麺ランチ」と「ご飯ランチ」の2種類からチョイスする。 本日の麺類かご飯物に、杏仁豆腐とドリンクが付いてくる。 夕方18時までの提供なので、ランチタイムを逃した時にもありがたい。 そのほかにも単品で点心やご飯物、麺類も揃う。 せっかくなので、充実の中華デザートも楽しみたいところだ。 スパイス感にあふれたカレーを提供する、隠れ家チックな地下室が店舗のカレーショップ。 店主は、自らを「カレー馬鹿」と称するほどのカレー好き。 作り方を独学で習得し、 数十種類のスパイスが調合された、スパイスの香りが際立つ逸品カレーを提供する。 カレーは、「鶏のドライキーマカレー」と、「チキン(orポーク)カレー」の2種類と、「二種盛りカレー」が定番だ。 そのほか、「レモンクリームチキンカレー」などのメニューが追加。 サラダや副菜とともにワンプレートに盛られてくる。 人気の「ドライキーマ」は、スパイスの辛さと香りが野菜の甘さとミックスした複雑な味わい。 あとからガツンと刺激が来る個性的な辛さを楽しみに、遠方からもリピーターが訪れる。 オーナーは年に4、5回はタイに出向き、現地の料理を学んでくるとか。 日本人がおいしいと感じられるような、新たなメニューの発掘も積極的に行っている。 料理もオーナー自ら腕を振るい、現地の味を忠実に再現。 来店したタイ人の客も、本場の味と認めているほどの本格派だ。 ランチタイムは、 おかわり自由のジャスミンティーとともにさまざまなタイの味が楽しめる。 まずは世界三大スープのトムヤムクンのラーメンバージョン、「トムヤムラーメン」はどうだろう。 甘くて辛くて酸っぱい、タイ独特の味わいが刺激的だ。 辛いのが苦手な人は、やさしい味の茹で鶏のせ炊き込みご飯「カオマンガーイ」を。 ガパオ、グリーンカレー、 日替わり料理が楽しめる「3種盛り」のセットも用意されている。 ランチメニューには全品デザート付きで、女性にも大好評だ。 混ぜそばはプリッとした食感の極太麺で、存在感のある大ぶりな鶏チャーシューや太めのメンマ、たっぷりの野菜がトッピングされている。 「鶏油」「海老油」「鯛煮干し油」「特製ラー油」のいずれかの香味湯とともによく混ぜれば完成だ。 卓上には「特製ゆず胡椒」や「アゴふりかけ」「などがスタンバイしているので、自分の好みに味付けできるのも楽しい。 麺が残り少なくなったら、好みでスープを追加。 汁物のラーメンのような味わいに変わり、最後まで飽きることがない。 体形の気になる人にやさしいサービスが「ヘルシー盛り」。 無料で野菜倍増、麺を少なめに変更できる。 行列することの多い人気店だが、回転が速く、意外と待ち時間は短いのがありがたい。 「誰でも気軽に入りやすいピッツッェリア」として、おいしいピザが食べられると評判の店。 それもそのはず、店内にはナポリから直輸入の薪窯が据えられ、本格的なナポリピザを焼きたてで食べられる。 香ばしく焼き上げられたピザは、もちもちふわふわの食感が特徴。 モッツァレラや自家製ソーセージを具材に、多彩なバリエーションで展開する。 ランチではサラダ、ドリンク、ドルチェがセットで、「マルゲリータ」など6種類のピザから選ぶことができる。 ハーフ&ハーフもOKだ。 このほか、パスタのランチや、ピザとパスタの両方が楽しめる欲張りなコースも用意されている。 店内は異国の酒場のような雰囲気で、居心地抜群。 テーブル席のほか、くつろげるソファもあるので、ランチ女子会やママ友会にもおすすめだ。 「立川で油そばを食べるならば、ここでしょ」と、地元民が太鼓判を押す油そば&ラーメンの店。 ランチタイムは常時、行列ができる人気店だ。 多くの客が頼む「油そば」は中太の縮れ麺で、チャーシューや太めのメンマなどがトッピングされている。 秘伝のタレは透明で、タレの絡んだ麺を薬味とともに口に入れると、あっさりした旨みが口いっぱいに広がっていく。 基本の「油そば」に加え、さっぱり食べられる「おろし油そば」や「キムチ油そば」、柔らかくて絶品のチャーシューが増量された「チャーシュー油そば」がある。 サイドメニューの「ギョーザ」やライスを追加すれば、充実のランチセットとして楽しめる。 濃いグリーンの外壁が印象的なカレー屋さん。 ホテルのフレンチ出身のシェフが作るのは、 何十種類もの野菜や果物を5日間かけてじっくり煮込んだ濃厚な欧風カレーだ。 「チキンカレー」や「ビーフカレー」など、カレーの種類は12種類ほど。 また、季節限定のカレーも登場する。 一番人気は、牛すじの旨みがソースに溶け込んだ辛口の「牛すじカレー」。 辛みが苦手ならば、揚げたてのトンカツがルーとよく合う「カツカレー」はいかがだろう。 ライス大盛りとおかわりは自由。 平日のランチタイムにはミニコールスローがセットで付いてくる。 こじんまりとした店舗なので、ランチタイムは早めの来店を。

次の

【2020年最新!】立川のランチ おしゃれで今年人気のおすすめ15店

立川 ランチ おすすめ

特徴 ラーメン 居酒屋・飲み屋 格安・安い おしゃれ 個室・接待・お祝い ディナー デート・女子会 レストラン ランチ 一人飯 焼肉 うどん カフェ・喫茶店 串カツ 鍋 もつ鍋 しゃぶしゃぶ 和食 洋食 焼き鳥 海鮮 イタリアン 鉄板 モーニング ホルモン 炭火焼き 中華 フレンチ アジア・エスニック カレー バー ハンバーガー つけ麺 餃子 お好み焼き そば 寿司 電源・Wi-Fi 食べ放題 穴場・静か スイーツ ステーキ パスタ・スパゲッティ 韓国料理 沖縄料理 天ぷら ビアガーデン おもしろい・コンセプト おもしろい 勉強・読書 定食屋 定食 喫茶店 昭和レトロ お子様ランチ 平均予算順 おでん 馬肉 牡蠣 コスパ 懐石 カワイイ スイーツビュッフェ 魚介 下町 せんべろ 酒場放浪記 アメリカン ちゃんこ ケーキバイキング いちご デザートビュッフェ 苺 お米 居酒屋 隠れ家 大人数 貸切り パーティー 宴会 打ち上げ 結婚式二次会 コース 学生 辛い ちょい飲み 空港グルメ 空グルメ 空港ランチ カクテル バル 中華街 神戸牛 ビジネスランチ コーヒー なごやめし 名古屋めし 名古屋グルメ きしめん 名古屋飯 八丁味噌 味噌カツ ひつまぶし うなぎ 鰻 ファミリー コスパランチ ワンコインランチ イニシエ系 美観地区 ままかり みそかつ デミカツ 懐石料理 会席料理 アジアン 多国籍料理 海鮮丼 町中華 ご当地グルメ スープカレー ジンギスカン 函館ラーメン 塩ラーメン 肉 日本酒 デカ盛り• 【食べログ3. 市販のルーやカレー粉を一切使わず、さらに小麦粉も不使用。 じっくり炒めた玉ねぎやトマト、自家製ヨーグルトなどでソースのとろみを生み出している。 それぞれのカリーごとにスパイスを配合。 秘伝の手作りガラム・マサラで香りを際立たせている。 カウンター8席のこぢんまりとした店だが、ガッツリスパイスのカレーを求める客が後を絶たない。 看板メニューは「チキンマサラカリー」。 スパイスをぜいたくに使った北インド風のカリーソースで、鶏もも肉を柔らかくなるまで煮こんでいる。 トマトの酸味や鶏肉のコクが溶けあった辛口カレーだ。 このほか17時までのランチタイムには、まろやかな味わいの「チキンバターマサラカリー」など5種類のカレーが揃う。 好みのカレー2種類を合いがけできるのもランチタイムならでは。 さらに自家製ヨーグルトで作ったミニサイズのラッシーかアイスコーヒーもサービスされる。 讃岐うどんの本場、香川県で行列のできるうどん店「一福」。 東京・神田の1号店は、ミシュラン(ビブグルマン)を獲得している。 そんな讃岐うどんの名店が、2017年に立川にもオープンした。 「一福」の特徴は、自家製の伸びのあるコシが持ち味の細麺。 ツルツルッとしたのど越しは、食べるたびに心地よさを感じるほどだ。 「かけ」「ぶっかけ」といった定番うどんには、揚げたての天ぷらやおあげなど店内手作りのトッピングでお好みにカスタマイズできる。 炊き込みご飯をプラスするのもいいだろう。 また、 期間限定メニューや他店では味わえないユニークなうどんにも注目を。 例えばかけうどんに広島産の有機栽培のレモンをどっさりのせた 瀬戸内レモンうどん」は、繊細な出汁にレモンの酸味がよく合うさわやかな一品。 さらに豚肉をトッピングした「ブタレモン」は、ボリューム感も増して男性ファンも多い。 そんなランチがかなうベーカリーカフェで、 オリジナルのパンやペストリーをドリンクとともに楽しむことができる。 こだわっているのは製造方法や厳選した素材。 自慢の「クロワッサン」は、デュラム小麦と発酵バターが丁寧に織り込まれ、バターが香るサクサクの焼き上がりだ。 ベーカリーに並んだパンは店内やテラスでイートインできるので、ドリンクとともに軽い昼食として楽しむといいだろう。 また、14時から17時15分はフードメニューが登場。 ベーカリーで作られたパンとともに季節のスープとサラダが付いた「スーププレート」や、こだわりの食パンで作った食事系フレンチサンドの「フレンチトーストのオープンサンド」など、 いかにもベーカリーカフェらしいメニューが並ぶ。 遅めのランチにピッタリだ。 全国のラーメン店を食べ歩いて研究をしたという店主が、2000年に創業した。 看板メニューの「醤油ラーメン」は、しょう油の色が濃い澄んだスープ。 口に含むと、見た目よりも優しく透き通った味わいに驚かされる。 麺は平打ちの中太で、ツルツルモチモチ。 適度に縮れているのでスープがよく絡む。 最近人気を集めているのが、定番の醤油ラーメンをさらに進化させた「極 醤油ラーメン」だ。 21種類の食材を使って作るスープに焦がし醤油を加えた秘伝のタレ、香味油として鴨油と名古屋コーチン油を加えている。 麺には最高級国産小麦粉を使用。 トッピングは太めのメンマ、半熟の煮卵、そして自家製の大ぶりチャーシューだ。 まさに醤油ラーメンを極めた味わいに、遠方からわざわざ食べに訪れるファンも多い。 ランチタイムは混雑するので、早めに来店するか、時間を外すのがいいだろう。 言わずと知れた中華の鉄人、 陳健一がプロデュースする麻婆豆腐の専門店。 四川料理を代表する麻婆豆腐を、四川省から取り寄せた調味料と特注の豆腐を使い、本場の味に作り上げた。 その味は、 コクのある旨みや甘みが感じられ、ご飯が進む適度な辛さ。 ご飯やザーサイなどが付いたセットで提供されるので、麻婆豆腐をご飯にのせて豪快にかき込むとおいしさもひとしおだ。 テーブルには山椒も置かれているので、さらに自分好みの味に仕上げるといいだろう。 麻婆豆腐専門店だけあって、昼間の食事メニューは「麻婆豆腐セット」とそれに点心が付いたセットの2択のみという潔さ。 また、 子ども用には甘口の「小人麻婆豆腐」が用意されているので、家族連れにもピッタリだ。 夕方5時からは、こちらも四川料理の定番の海老のチリソースのセットも加わる。 本格派の四川料理を手軽に食べられる店として、覚えておきたい。 二郎インスパイア系ラーメン店として、迫力のデカ盛りラーメンを提供する「立川マシマシ」。 ラーメンはミニ、小、中、大とボリュームを選ぶことができるが、小といえども麺は200gと普通サイズ。 さらに、二郎系の特徴であるトッピングでボリュームアップ。 同店では、野菜、ニンニク、アブラ(背脂)、カラメ(味付け)のトッピングは無料。 どのくらいの量をトッピングするかを示すのが「マシ」という言葉で、ラーメン丼から料理がどんどんそそり立ち、ガッツリとカロリーも上がっていくというわけだ。 量のすごさもさることながら、味の良さやメニューの多さが評判を呼んで、ランチタイムは行列ができる人気店になっている。 そんな中でも変わり種のメニューが「マシライス」だ。 ラーメンに入る背脂にひき肉を加えて甘辛く味付けしたものを、カレーのようにご飯にかけたもので、ボリュームもカロリーも満点。 病みつきになる味として、ラーメンと双璧の人気メニューだ。 ハンバーグといえば、味付けはケチャップ味やドミグラスソースが定番。 しかし、「WISH BONE」ならば、 さまざまな味付けでハンバーグを味わうことができる。 同店はハンバーグとステーキの店で、特に A4ランクの黒毛和牛100%のハンバーグは上質の肉が持つ豊かな味わいと手ごろな価格が好評。 一度表面を焼き付けてから、オーブンでじっくり火を通すので、外はカリッと中はふっくらとレアで肉汁たっぷりに仕上がっている。 ソースのバリエーションが豊富なのも特徴で、オニオンベースのオリジナルソースのほかに、 キノコの和風ソースやもろみ味噌のデミグラスソース、モッツァレラチーズ&濃厚トマトソースなど、何度来ても飽きない趣向がうれしい。 ランチは和牛100%で、スープ、ライス、スパイシーコーン、ドリンクが付いてくる。 ハンバーグに日替わり料理が1品付く「平日限定まかないランチ」もおすすめだ。 ルミネ立川店内にあり、買い物途中の休憩や食事などさまざまなシーンに使える便利な店だ。 「医食同源」がコンセプトというだけあって、カフェといえども料理は本格派。 バリバリの中華料理店だと女性が1人では入りづらいものだが、おしゃれなカフェの同店はおひとり様でも入りやすい。 ランチのセットは「麺ランチ」と「ご飯ランチ」の2種類からチョイスする。 本日の麺類かご飯物に、杏仁豆腐とドリンクが付いてくる。 夕方18時までの提供なので、ランチタイムを逃した時にもありがたい。 そのほかにも単品で点心やご飯物、麺類も揃う。 せっかくなので、充実の中華デザートも楽しみたいところだ。 スパイス感にあふれたカレーを提供する、隠れ家チックな地下室が店舗のカレーショップ。 店主は、自らを「カレー馬鹿」と称するほどのカレー好き。 作り方を独学で習得し、 数十種類のスパイスが調合された、スパイスの香りが際立つ逸品カレーを提供する。 カレーは、「鶏のドライキーマカレー」と、「チキン(orポーク)カレー」の2種類と、「二種盛りカレー」が定番だ。 そのほか、「レモンクリームチキンカレー」などのメニューが追加。 サラダや副菜とともにワンプレートに盛られてくる。 人気の「ドライキーマ」は、スパイスの辛さと香りが野菜の甘さとミックスした複雑な味わい。 あとからガツンと刺激が来る個性的な辛さを楽しみに、遠方からもリピーターが訪れる。 オーナーは年に4、5回はタイに出向き、現地の料理を学んでくるとか。 日本人がおいしいと感じられるような、新たなメニューの発掘も積極的に行っている。 料理もオーナー自ら腕を振るい、現地の味を忠実に再現。 来店したタイ人の客も、本場の味と認めているほどの本格派だ。 ランチタイムは、 おかわり自由のジャスミンティーとともにさまざまなタイの味が楽しめる。 まずは世界三大スープのトムヤムクンのラーメンバージョン、「トムヤムラーメン」はどうだろう。 甘くて辛くて酸っぱい、タイ独特の味わいが刺激的だ。 辛いのが苦手な人は、やさしい味の茹で鶏のせ炊き込みご飯「カオマンガーイ」を。 ガパオ、グリーンカレー、 日替わり料理が楽しめる「3種盛り」のセットも用意されている。 ランチメニューには全品デザート付きで、女性にも大好評だ。 混ぜそばはプリッとした食感の極太麺で、存在感のある大ぶりな鶏チャーシューや太めのメンマ、たっぷりの野菜がトッピングされている。 「鶏油」「海老油」「鯛煮干し油」「特製ラー油」のいずれかの香味湯とともによく混ぜれば完成だ。 卓上には「特製ゆず胡椒」や「アゴふりかけ」「などがスタンバイしているので、自分の好みに味付けできるのも楽しい。 麺が残り少なくなったら、好みでスープを追加。 汁物のラーメンのような味わいに変わり、最後まで飽きることがない。 体形の気になる人にやさしいサービスが「ヘルシー盛り」。 無料で野菜倍増、麺を少なめに変更できる。 行列することの多い人気店だが、回転が速く、意外と待ち時間は短いのがありがたい。 「誰でも気軽に入りやすいピッツッェリア」として、おいしいピザが食べられると評判の店。 それもそのはず、店内にはナポリから直輸入の薪窯が据えられ、本格的なナポリピザを焼きたてで食べられる。 香ばしく焼き上げられたピザは、もちもちふわふわの食感が特徴。 モッツァレラや自家製ソーセージを具材に、多彩なバリエーションで展開する。 ランチではサラダ、ドリンク、ドルチェがセットで、「マルゲリータ」など6種類のピザから選ぶことができる。 ハーフ&ハーフもOKだ。 このほか、パスタのランチや、ピザとパスタの両方が楽しめる欲張りなコースも用意されている。 店内は異国の酒場のような雰囲気で、居心地抜群。 テーブル席のほか、くつろげるソファもあるので、ランチ女子会やママ友会にもおすすめだ。 「立川で油そばを食べるならば、ここでしょ」と、地元民が太鼓判を押す油そば&ラーメンの店。 ランチタイムは常時、行列ができる人気店だ。 多くの客が頼む「油そば」は中太の縮れ麺で、チャーシューや太めのメンマなどがトッピングされている。 秘伝のタレは透明で、タレの絡んだ麺を薬味とともに口に入れると、あっさりした旨みが口いっぱいに広がっていく。 基本の「油そば」に加え、さっぱり食べられる「おろし油そば」や「キムチ油そば」、柔らかくて絶品のチャーシューが増量された「チャーシュー油そば」がある。 サイドメニューの「ギョーザ」やライスを追加すれば、充実のランチセットとして楽しめる。 濃いグリーンの外壁が印象的なカレー屋さん。 ホテルのフレンチ出身のシェフが作るのは、 何十種類もの野菜や果物を5日間かけてじっくり煮込んだ濃厚な欧風カレーだ。 「チキンカレー」や「ビーフカレー」など、カレーの種類は12種類ほど。 また、季節限定のカレーも登場する。 一番人気は、牛すじの旨みがソースに溶け込んだ辛口の「牛すじカレー」。 辛みが苦手ならば、揚げたてのトンカツがルーとよく合う「カツカレー」はいかがだろう。 ライス大盛りとおかわりは自由。 平日のランチタイムにはミニコールスローがセットで付いてくる。 こじんまりとした店舗なので、ランチタイムは早めの来店を。

次の

立川のランチおすすめランキング トップ31

立川 ランチ おすすめ

情報提供:一休. オイルを使わない蒸し料理や野菜料理が豊富で、ローカロリーでヘルシーです。 女性はもちろん、現代の食への感度が高いゲストにも好評なのだそう。 ワインや中国茶とともに、洗練された身体にやさしい中国料理をどうぞ。 おすすめのディナープランは「【一休限定】6名様以上で個室確約!2時間飲み放題付き!謝朋殿人気料理7品とのお得なプラン 5,000円」。 問い合わせ先• 謝朋殿 グランデュオ立川店• com 選び抜かれた旬の素材をふんだんに使用した、お料理の数々。 お弁当から会席料理まで、彩り豊かな日本料理がさまざまな形で席上に現れます。 料理の美しさに、年配の方はもちろん、外国の方にも喜ばれること請け合いです。 問い合わせ先• 和食堂 欅/パレスホテル立川• com 厳選して仕入れた鮮魚や黒毛和牛を、素材に合わせた火加減で焼き上げた、焼きたて&できたてを堪能できます。 鉄板焼の醍醐味である、迫力あるライブ感、音や香りを五感で楽しめるのもうれしいポイント。 心躍るひと時を過ごせます。 おすすめのディナープランは「【記念日におすすめ!】最高級黒毛和牛「黒樺牛」と海鮮焼き・活イセエビ・デザート5種盛合せなど全8品 8,640円」。 問い合わせ先• com 上海を中心に北京・四川・広東の代表的な中華料理を提供してくれる「中国レストラン 瑞麟」。 コース料理に一品料理まで、幅広いメニューがそろっています。 シェフこだわりの本格中国料理を堪能してみませんか? おすすめのディナープランは「【お祝いコース】冷菜祝い飾り、フカヒレの姿煮、北京ダック、鯛の姿蒸しなど華やかなディナー全10品 11,880円」。 「海老の紅白二色盛り」や「鯛の姿蒸し 香草風味」など、お祝いの食事にぴったりのメニューが登場します。 問い合わせ先• 中国レストラン 瑞麟/パレスホテル立川• com 本日入荷の鮮魚を使った、名物「ブイヤベース」や、新鮮な立川野菜を使用したシェフ自慢の「立川野菜のバーニャカウダ」など、毎日届く新鮮食材をリーズナブルな価格で楽しめます。 また、グラススパークリングワインは枡を使い、こぼしスタイルで提供されるのもうれしいですね。 世界各国のワインも豊富にそろっているので、ワイン好きにもオススメです。 人気のランチプランは「【一休限定】乾杯スパークリング付!選べる魚介料理・オードブル・スープ・デザートの全4品! 3,348円」 問い合わせ先• ビストロ ヴァン マルシェ• 営業時間/11:30~14:30、17:30~23:00 日・祝/17:30~22:00 定休日/毎週火曜日及び第1、3水曜日 予算/ランチ 2,000円~2,999円 、 ディナー 4,000円~4,999円 席数/15席 喫煙可否/全面禁煙 TEL/ 住所/東京都立川市柴崎町3-7-7 SK立川駅前ビル 3F 【2】レストラン イル・ペペ/パレスホテル立川|ブッフェ 情報提供:一休. com ランチ・ディナーとも料理・スイーツ30種以上が食べ放題。 季節ごとにメニューのテーマが変わる「バイキング」から、本格的イタリア料理まで、豊富なメニューがラインナップされています。 おすすめのランチプランは「【平日ランチ】 北海道フェア 2,592円」。 ある月のフェアは「北海道」がテーマ。 「麹漬け北海道ポークの厚切りカツレツ」や「北海道コーン&チキンのグラタン」、「鶏手羽肉のスープカレー」などが登場します。 問い合わせ先• レストラン イル・ペペ/パレスホテル立川• 営業時間/11:00~15:00、17:00~22:30 定休日/なし 予算/ランチ 2,000円~2,999円 、 ディナー 2,000円~3,999円 席数/90席 喫煙可否/全面禁煙 TEL/ 住所/東京都立川市曙町2-40-15 パレスホテル立川1F 【1】レストラン オーク/立川グランドホテル|バイキング 情報提供:一休. com こちらのレストランでは、モーニング、ランチ、ディナーとオールタイムでバイキングが堪能できます。 メニューは西洋料理が中心で、ランチビュッフェでは30品目以上を用意。 料理はあらかじめ小鉢に盛られているものもあり、自分で盛り付けをする必要がないところも、レストランならではの気配りを感じさせてくれます。 名物のローストビーフは、シェフがライブキッチンでおもてなし。 肉系、魚介系、野菜、サラダ、パスタ、スイーツ、パン、スープなど、豊富なメニューのなかから、好きなものを好きなだけ楽しみましょう。 おすすめのディナープランは「【平日限定】予約殺到のブッフェ!大人気のローストビーフ&ズワイガニを堪能!閉店時間までご利用可 3,780円」。 問い合わせ先• レストラン オーク/立川グランドホテル• com パリの街角に佇むようなフレンチ・ブラッスリーの「ブラッスリー アミカル」。 店名のAmicale(アミカル)には『友情のこもった』、『親しみのある』といった意味があります。 訪れる人に温かな料理とサービスで、おいしく楽しいひと時を過ごしてもらいたいという願いから、名付けられたのだとか。 飾らない美味なフランス料理、豊富なフランスワインをリーズナブルな価格で、グラス1杯、おつまみ1品から楽しめます。 ゆったりとした店内にはビストロチェアが置かれ、天井にはアールデコのシャンデリア。 壁にはパリのモノクロ写真やワインボトルが飾られています。 カウンターには磨き込まれたドラフトタワーとエスプレッソマシーンが据えてあり、リキュールが所狭しと並んでいます。 パリさながらのテラスにはカフェテーブルが並び、パリジャンのおしゃべりが聞こえてきそう。 また、店内にはシャンデリア煌めくプライベートルームがあります。 パートナーとのデートに、友達との会食に、全館を使ってのパーティーにと、幅広いシーンで使えます。 情報提供:一休. com リエット、パテ、コンフィなど、フランスの伝統的な味わいを中心に、一皿より楽しめるのがこのレストランの特徴。 フランスの粉・水・塩で焼き上げた、こだわりのパンやスモークハウスで燻した一品、契約農家の野菜など、50種以上の料理メニューを用意。 グランドメニュー以外にも、シェフ自慢の『その日のお薦め料理』が黒板に書かれているので、そちらも要チェックです。 また、パティシエがつくる、ボルドー地方の伝統的なお菓子カヌレや色とりどりのマカロンなど、女性にうれしいデザートも充実しています。 地酒からカーヴで長期熟成させたグラン・ヴァンまで、100種以上のフランスワインをソムリエがセレクト。 これら1,000本以上のワインは、店内のカーヴで最適に管理されています。 ブラッスリーとは「ビール醸造所」という意味もあるので、冷えた生ビール(ハートランド)ももちろん、用意されています。 食事の最後にはチンバリー製のエスプレッソマシーンで淹れられた、こだわりの一杯をどうぞ。 おすすめのディナープランは「【プリフィクスでお好きなものを!】メイン・アミューズ・オードブル・デザートが選べる!フレンチ全7品 4,900円」。 問い合わせ先• ブラッスリー アミカル•

次の