帯状 疱疹 薬 市販。 帯状疱疹の治療に使われる薬の種類と服用期間

帯状疱疹の治療薬の副作用が重い?!市販薬だったら平気?

帯状 疱疹 薬 市販

先ずは帯状疱疹について説明します。 帯状疱疹は、みずぼうそうと同じウィルス・帯状疱疹ウイルスが原因で引き起こされます。 帯状疱疹と言われると馴染みがない方が多いかもしれませんが、 もとは水疱瘡と同じウィルスのために水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時は水疱瘡として発症します。 水疱瘡が治った後、加齢やストレスや過労などが原因で免疫力が低下してしまうと潜んでいたウイルスが再び活動を始めます。 それが皮膚まで到達すると、帯状疱疹として発症するのです。 皮膚病なら家にある市販の塗り薬でも治ると思う方もいるかもしれません。 確かに市販薬アラセナSと処方薬アラセナAは、成分が同じなのでどちらでも効果があると言われています。 しかし、 アラセナSは帯状疱疹には使用しない様に国が定めています。 効果が出なかったり症状を悪化させる塗り薬もありますので、帯状疱疹は病院から処方された薬を使用して治療しましょう。 帯状疱疹の症状の1つに水ぶくれがあります。 もし水ぶくれが破れた場合に、感染を防ぐ目的で使用するのがゲンタシン軟膏です。 その主成分であるゲンタマイシン硫酸塩が配合された市販薬は、現状販売されていません。 ゲンタシン軟膏を使用したい場合は、病院からの処方箋が必須になります。 市販薬でも、ゲンタシン軟膏とは成分が違いますが同じ様な効果が期待出来る塗り薬はあります。 【市販薬一例】 ・田辺三菱製薬から販売されている『フルコートF』 ・ゼリア新薬から販売されている『ドルマイコーチ軟膏』 ・ジョンソンエンドジョンソンから販売されている『テラマイシン軟膏a』 ・第一三共ヘルスケアから販売されている『ベトネベートN軟膏AS』 全て第2類医薬品なので、薬剤師さんが常駐していないドラッグストアでも購入出来ます。 皮膚の治療薬と言えば、リンデロンを思い浮かべる方もいると思います。 ですが、 リンデロンは帯状疱疹には使用してはいけません。 何故ならステロイドが含まれているからです。 ステロイドには、免疫システムの過剰な働きを抑える免疫をおさえる作用と、炎症を抑える作用があります。 なので湿疹や皮膚炎の治療には効果的なのですが、帯状疱疹を含む皮膚感染症の場合は別です。 病気の元となるウィルスの感染によって引き起こされるのが感染症です。 私達の体は病気のもとが入り込むと、免疫を作って体を守ろうとしている細胞が体の中で戦っているのです。 そのため腫れたり痒くなったりするのは、免疫を作る細胞が病気の元と闘っている為に出るものです。 頑張って免疫を作る細胞が活躍しているのに、免疫をおさえる作用のあるステロイドが入っている薬を塗ってしまうと、免疫を作る細胞の力が弱まってしまいます。 そうなると病気の元となるウィルスの増殖が止められなくなり、結果として症状が悪化してしまうのです。 リンデロンは市販されていないので、自己判断で使用するという事は少ないかもしれません。 ですが、 病院から処方された以外は使用しない様に気を付けましょう。

次の

帯状疱疹におすすめの塗り薬一覧

帯状 疱疹 薬 市販

帯状疱疹は、皮膚に、痛みを伴って、赤い水ぶくれ=疱疹が帯状に現れる皮膚の病気です。 早めに対処しないと重症化して、痛みがずっと残ってしまう恐れもある病気です。 そんな帯状疱疹については、近年、新たな薬も登場し、治療が進化しています。 そこで、9月23日(月)、松井宏夫の「日本全国8時です」(TBSラジオ、月曜あさ8時~)で、帯状疱疹の治療や予防方法などについてお伝えしました。 痛みは千差万別で、中には痛みでなく「かゆい」「しびれる」と表現する人もいます。 しかし、多くの患者さんは、「痛みで眠れない」、「衣類が触れるだけで痛い」 など「激しい痛み」に襲われ、日常生活にも大きな影響が出ることがあります。 水痘とは、一般的には「水ぼうそう」と呼ばれています。 水ぼうそうは多くの人が5歳ごろまでに一度は、感染しています。 問題は、水ぼうそうを発症して、それが治っても、ウイルスのすべてが死滅したわけではないということです。 生き残った一部のウイルスは、その後、体の中に潜伏し続けているのです。 このウイルスに対する免疫力が落ちると、体の中に潜んでいた水ぼうそうのウイルスが活動を再開し、帯状疱疹を発症することになるわけです。 発症する人の7割の人は50代以上の人です。 具体的には、50代から90代が多いのですが、特に発症頻度のピークとなるのは60代、70代、80代です。 人生100年時代とあって50歳以上の人が多くなっているからです。 自覚するその痛みは人によって異なります。 顔面の帯状疱疹では、角膜炎や結膜炎。 まれに耳鳴りや難聴、顔面神経麻痺などもあります。 そして、4、5日すると痛みを感じた皮膚に赤い斑点が帯状に神経の流れに沿って出てきます。 その上に、水ぶくれが出てきて、2日後くらいには大きな水泡が出てくることになります。 このように帯状疱疹は1日から2日で大きく症状が変化します。 身体に帯状に広がった水ぶくれは、やがれ膿をもち、1週間ほどで破れて、潰瘍ができます。 さらに1週間ほどでかさぶたになり、発症後3~4週間で治るという経過をたどります。 ただ、一方で、時に非常に重症化することもあります。 重症化した場合は痛みも激烈で、それで入院して治療を行うことになります。 このようなケースでは、痛みが残ってしまうことがしばしばあります。 それが帯状疱疹後神経痛で、痛みが長く続き、中には一生涯痛みと共存するケースもあります。 このように重症化しないためにも、早期に治療する必要があります。 飲み薬や塗り薬、点滴などの形態がありますが、飲み薬が一般的です。 長くいい薬がなかったのですが、2000年にいい薬が登場し、治療が大きく進化しました。 これらの薬は、水痘・帯状疱疹ウイルスの増殖を抑えるはたらきがあります。 さらに、2008年には「ファム シクロビル」という抗ウイルス薬も発売されました。 バラシクロビルと共に、帯状疱疹治療の第一選択薬として推奨されています。 量を減らすと、当然、薬の効果が落ちるので、そこがデメリットでした。 また、これまでの薬は、1日3回=朝、昼、晩、飲まなければなりませんでしたが、このアメナメビルは1日1回飲むだけで、1日中抗ウイルス作用が持続しますので、患者さんの負担も軽減できます。 予防はワクチンを接種します。 なぜワクチン接種なのか?それは子供の水ぼうそうとの関連が指摘されています。 子供の水ぼうそう=小児水痘については、予防接種が2014年10月から定期接種となりました。 そのワクチン接種が始まってからは水ぼうそうの患者さんが大幅に減ってきました。 ただし、小児水痘ワクチンによって、患者さんが激減しましたので、そこから水痘ウイルスに大人が触れる機会が減ったのです。 それによって、ウイルスを浴びて免疫をアップさせる機会が得られなくなったのです。 また、家族関係も核家族化で、高齢者は高齢者だけで暮らしているのも免疫のアップ機会を、減らしているのです。 そこで高齢者へのワクチン接種することで、帯状疱疹を予防する有効性が指摘されています。 年をとってからの帯状疱疹は、思いのほか激しい痛みに苦労されることが少なくなく、高齢化が進むなか課題となってきました。 帯状疱疹にならない、なっても激しい痛みのない健やかな毎日を送れるよう、50歳以上の方には帯状疱疹の予防ワクチンが2016年から摂取できるようになりました。 費用は自己負担ですが、自治体によっては、公費で補助してくれているところもあります。 帯状疱疹になり易く、痛みに悩まされる60才以上の方への接種を専門医は勧めています。 命の危険があったり、インフルエンザのように大流行するものではないので、予防接種についてはそれらと同じには考えにくいですが、選択肢の一つと言えそうです。

次の

帯状疱疹・原因・症状・治療薬一覧

帯状 疱疹 薬 市販

帯状疱疹の薬の種類 帯状疱疹にはさまざまなタイプの薬があります。 症状の進行具合や体質に合わせてどの薬で治療すべきか判断することになります。 炎症を抑える薬 症状が比較的軽度な場合や、初期症状のときに使われることが多いです。 この薬は、 消炎鎮痛薬と呼ばれ、帯状疱疹の発疹やできものの炎症を和らげるために使われます。 軟膏のような塗り薬のタイプが多いです。 ウイルスを退治する薬 帯状疱疹の原因はウイルスが私たちの体に感染してしまうことによるものなのですが、その原因となる菌を退治してやろうという薬です。 抗ウイルス薬とよばれ、飲み薬や塗り薬などのタイプがあります。 この薬はとても効果があるのですが、値段がとても 高いです。 症状が悪化してきた場合などは、 この抗ウイルス薬と上記の消炎鎮痛薬を 併せて飲むと効果的です。 ただし、副作用が起きる可能性は高くなります。 詳しくは次章でお話しますね! 点滴 症状が重い場合は、液状の治療薬を直接血液に送り込むことが有効になります。 一番の特徴として、即効性があげられ飲み薬や塗り薬だと効果があらわれるまで2週間以上かかってしまうような症状でも 点滴だと1週間程度で効果があらわれます。 ただし、副作用がこわいので点滴を行うのは、症状が重い場合に限られます。 通院しながら点滴を行うのか、入院して行うのかはそのときの症状によって変わります。 神経の治療薬 帯状疱疹が発症すると、そのあとに神経痛を起こしてしまうことがよくあるのですが、その神経痛を和らげるための薬です。 副作用が強いことが多いので、医師としっかり相談して服用するようにしましょう。 帯状疱疹の薬の副作用 帯状疱疹の副作用の症状としては以下のようなものが報告されています。 口内炎• 肌荒れ、ニキビ• 食欲が増す• 肝炎、肝機能障害 このように胃や腸に負担がかかることが多いです。 また重篤な副作用として、上記で述べた神経痛を治す薬「 リリカ」で肝炎や肝機能障害が発症してしまったようです。 他に副作用が報告されている薬として、バルトレックス、バラシクロビル、ファムビルなどがあります。 しかし、用法容量を守って医師の指示に従い服用すれば、副作用がおこる確率は低くなるので安心してください! ただし、 授乳中の方の服用には注意が必要です。 思わぬ副作用が生じる可能性があるので、医師にしっかり相談しましょう。 帯状疱疹の市販薬 帯状疱疹の治療薬としては病院で処方される治療やkうが一般的ですが、症状が軽度な場合は、市販薬でも効果があるものがあります。 アセトアミノフェンなどは、炎症を抑える効果があるので有効です。 また、副作用がほとんど心配されないので、安心して使用することができます。 ただし症状が重くなってきた場合はすぐに病院へ行くようにしましょう。 まとめ 帯状疱疹の治療薬にはさまざまな種類がありますが、それぞれの副作用について考慮したうえで服用しなければなりません。 薬を飲んでいて、なんかおかしいな?と思ったら服用をやめて医師に相談するようにしましょう! また、帯状疱疹についてはこちらの記事でも詳しくお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。

次の