ラプターズ 対 セルティック ス。 8月25日発売!ドレイクが履いたナイキ ショックス BB 4 オフィシャル画像公開

RR(遊戯王)とは (レイドラプターズとは) [単語記事]

ラプターズ 対 セルティック ス

サードカラー テンプレート(ノート)サッカークラブPJ セルティック・フットボール・クラブ(: The Celtic Football Club, : )は、南西部の都市を本拠地とするクラブチーム。 クラブは1887年に創設され、1888年に初試合を行った。 セルティックは同じグラスゴーを本拠地とするとライバル関係にあり、これら2つのクラブはまとめてとして知られている。 セルティックはを50度、を39度、を18度制覇している。 1967年に史上初の五冠を達成した。 この年はイギリスのクラブとして初めて を制覇しただけでなく、スコティッシュリーグ、スコティッシュカップ、スコティッシュリーグカップ、を制した。 また、決勝と2003年決勝にも進出した。 概要 [ ] 名称のセルティックとは「」あるいは「の、ケルトに属する」を意味する。 ケルト系のと同じく、チームカラーに緑と白、エンブレムにあしらわれたとケルト色を打ち出している。 ホームスタジアムは。 1888年に創立され、に所属。 同じグラスゴーを本拠地とすると2強を形成し、この2強は「」 Old Firm と呼ばれている。 レンジャーズはのスコットランドで起こったによって多数派となった(プロテスタント系)の支持が多く、セルティックは系で19世紀にアイルランドからを逃れ渡ってきたアイルランド移民の子孫の支持が多い。 また、同じ背景を持つやにも根強い人気を誇る。 このようにレンジャーズとセルティックの関係は宗教的なもののみならず、英国連合の政治的、民族的な関係をも含む複雑な背景がある。 セルティック・パーク 監督に率いられた1966-1967シーズンには(現)を優勝。 これはイギリス勢初の獲得で、セルティックサポーターにとって大いなる誇りとなっている。 しかし、その後イギリス経済が不況に陥りその影響がスコットランドに及ぶと、財政難に陥り運営が難しくなった。 そして有名選手を集められない、質の高いサッカーを行なえないなどの結果を招き、の人気が低迷することとなった。 その後不況から脱出したとはいえ、例年の優勝争いの固定化や他国リーグの人気向上といった他の要因も絡んで、スコティッシュ・プレミアリーグはかつてのような人気はもはや見られなくなった。 そのため、セルティックはなどの有力選手を集めてかつてのように復活しようとしたのである。 2002-03シーズンのでは決勝に進出したが、に敗れ準優勝に終わった。 現在イングランドへの参加を希望しており、今後の動向に注目が集まっている。 のグループリーグではをホームゲームで破るなどして、クラブ史上初の決勝トーナメント進出を決めた。 その一方でアウェーゲームが完全な鬼門となっており、大会名が改称された1992年から一度も勝てずにいた。 2012年10月2日、グループリーグ第2戦の戦に3-2で勝利し、UEFAチャンピオンズリーグのアウェーゲーム初勝利をあげた。 2005-06シーズンから2008-09シーズンまでが、2007-08シーズンから2009-10シーズンまでが所属していた。 歴史 [ ] クラブ初期のチーム写真。 ユニフォームは現在の有名な横縞のものとは異なる。 セルティック・フットボール・クラブは1887年11月6日、グラスゴー、カルトン、イースト・ローズ・ストリート(現在のフォーブス・ストリート)にあるセント・メアリー教会ホールにおける会合で、ウォルフリッドによって正式に結成された。 結成の目的はウォルフリッドが始めた慈善事業「Poor Children's Dinner Table」のための募金を集めるためであった。 募金を集める手段としてクラブを結成するウォルフリッドの動きは、これより数年前ににおいてアイルランド集団のために結成されたの例に大きく発想を得ていた。 ウォルフリッドはクラブのアイルランドならびにスコットランド系であることを反映するよう意図した「セルティック celtic」という名称を提案し、同会合で採用された。 クラブには公式の愛称「 The Bhoys」がある。 しかし、セルティック広報部によれば、新たに設立されたクラブは「the bold boys」として多くの人々に知られていたという。 チームが描かれ「The Bould Bhoys」と呼ばれている20世紀初頭のは、この特有のつづりの知られている初めての例である。 この余分なhの起源は定かではないが、アイルランド訛りによる発音を模していると考えられている。 セルティックFCの創設者、 1888年5月28日、セルティックはと初の公式戦を行い、5対2で勝利した。 ニール・マッカラムがクラブの初ゴールを決めた。 この日にプレーした選手はハイバーニアンから雇った選手によって主に構成されていた。 セルティックの初のユニフォームは白シャツと緑の襟、黒のズボン、の靴下からなっていた。 クラブの最初のは赤色の卵形の背景の緑のという単純なものであった。 1889年、セルティックは初めて開催された決勝に進出したが、2対1で敗れた。 クラブは1892年も再びスコティッシュカップ決勝に進出し、を5対2で破り優勝を果たした。 数カ月後、クラブは本拠地をに移し、次のシーズンはを初制覇した。 1897年、クラブはとなりが初の「秘書役兼」に任命された。 1905年から1910年の間に、セルティックはスコティッシュ・リーグ・チャンピオンシップを6連覇した。 1907年と1910年はスコティッシュカップも同時に制した。 これは初のスコティッシュカップとリーグの二冠であった。 中、セルティックはリーグを4連覇し、1915年11月から1916年4月までは無敗を誇った。 元選手でキャプテンのは1945年にチームを引き継いだ。 マクグローリーの下、セルティックは女王の戴冠を記念して1953年5月に開催された一度限りの大会であるにおいて、、、ハイバーニアンを破り優勝した。 1957年10月19日、セルティックはグラスゴー、で行われたスコティッシュリーグカップ決勝でレンジャーズを7対1で破った。 このスコアは今でも、イギリスの国内カップ戦決勝の最多得点差である。 元セルティックキャプテンは1965年にマクグローリーの後を引き継いだ。 ステインはセルティックを1966年から1974年までリーグ9連覇に導いた。 これは1997年に(レンジャーズによって)並ばれるまで世界記録であった。 1967年はセルティックの(素晴しい年)であった。 クラブは参加した全ての大会(スコティッシュリーグ、スコティッシュカップ、スコティッシュリーグカップ、グラスゴーカップ、ヨーロピアンカップ)を制覇した。 ステインのリーダーシップの下、クラブは1967年5月25日、のにおいてを2対1で破った。 セルティックはヨーロッパ王者となった初のイギリスのクラブ(スペイン、ポルトガル、イタリア以外で初)となった。 現在でも、決勝に進んだ唯一のスコットランドのチームである。 この時の選手達は後に「」として知られるようになった。 、、はこのチームの一員であり、現在セルティックの偉大な選手の一人として称えられている。 次の年、セルティックはでのに敗れた。 セルティックは1970年に再びヨーロピアンカップ決勝に進出したが、、で行われた決勝でに2対1で破れた。 1980年代における国内でさらなる成功にもかかわらず、クラブの ()が500万を上回った結果として、は1994年3月3日に管財人が訪問することをセルティックに通知した。 しかし、国外に住んでいる実業家がクラブの統制権を手に入れて、創設以来クラブを支配してきた一族を追放した。 メディアの報道によれば、マッキャンがクラブを引き継いだのは、破産が宣告される数分前であった。 有限責任私会社セルティックPLCとしてのクラブビジネスを再構成し、セルティック・パークの全席座席付き60,832人収容のスタジムへの再開発を監督した。 1998年、オランダ人のの下、セルティックは再びタイトルを手にし、レンジャーズがセルティックの9連覇の記録を破るのを阻止した。 でヨーロピアン・カップを制したが2000年6月にクラブを引き継いだ。 オニールのリーダーシップの下、セルティックは5年間でスコティッシュ・プレミアリーグを3度制覇した。 オニールの初年度には国内三冠を達成し 、ジョック・ステイン以来三冠を達成した2人目の監督となった。 2003年、決勝を観戦するために80,000人あまりのセルティックファンがへ旅した。 が90分以内に2得点をあげたにもかかわらず、セルティックは延長戦の後に3対2で破れた。 数多くのセルティックサポーターの立派な振舞いはセビリアの人々から幅広い賞賛を受け(一人のサポーターも逮捕されなかった)、セルティックファンはとのを受賞した。 は2005年6月にオニールの後を継ぐことが発表された。 就任初年度にSPLのタイトルを手にした後 、ストラカンはリーグ3連覇を果たしたセルティック3人目の監督となった。 また、ストラカンはセルティックを初となるノックアウトステージ()に導き 、次のも2年連続でノックアウトステージに進んだ。 ストラカンはSPLのタイトルを逃した後、2009年5月にクラブを去った。 2009年6月にが監督に就任し 、1年後にが後を継いだ。 2010年11月、セルティックはセルティック・パークでを9対0で破り、スコッティッシュプレミアリーグの最多得点差記録を更新した。 2017年4月2日、に5-0と大勝したことで、当時2位だったに残り8試合で勝点25差をつけ、リーグ6連覇が決定した。 34勝4分でシーズンを終え、1898-99シーズン以来となる無敗優勝を達成。 スコティッシュカップ、スコティッシュリーグカップにも優勝し、2000-01シーズン以来16年ぶりの国内三冠を無敗で達成した。 クレストおよびチームカラー [ ] セルティックの初めてのシーズンでは、ユニフォームは白色のトップスに黒色のショートパンツと緑色の横縞のソックスであった。 このユニホームには赤色の円内に描かれたの意匠がつけられていた。 次のシーズンは緑色と白色の縦縞のトップスに変更され、このデザインをその後14年間使用した。 1903年、セルティックは現在の有名な緑色と白色の横縞のトップスを採用した。 スタジアム [ ] 詳細は「」を参照 セルティックのスタジアムは、のにあるである。 セルティック・パークは収容人員6万832人の全席座席付きのスタジアムであり 、スコットランドで最大、イギリスでは、、、、、に次いで7番目に大きなスタジアムである。 セルティック・パークはパークヘッド (Parkhead)あるいはパラダイス (Paradise)として一般的に知られている。 セルティックは最初、1888年にパークヘッド地域にグラウンドを構えた。 しかしながら、賃貸料が大幅に値上げされた1892年に異なる場所に移転した。 新たな本拠地は、広大な台地(テラス)構造の区域を有する楕円形のスタジアムへと開発された。 観客動員記録8万3500人は、1938年1月1日のダービーで記録された。 1957年から1971年の間にテラスは舗装され、投光照明が導入された。 により、1994年8月までに全ての主要なクラブは全席座席付きのスタジアムを持たなければならないと命じられた。 1990年代初頭のセルティックの財政状況は悪く、1994年3月にがクラブの経営権を獲得するまでは、大規模な改築は行われなかった。 マッキャンは古いテラスを撤去し、段階的な改築で新たなスタジアムを開発する計画を実行し、1998年8月に工事は完了した。 新スタジアムの総費用は4千万ポンドであった。 1994-95シーズン、セルティックはでプレーした(賃貸料は50万ポンド)。 セルティック・パークは、(特にハムデン・パークが使用できない時)しばしばやカップ戦決勝の会場として使用されている。 以前は、セルティック・パークでは や、1897年 など様々な他のスポーツイベントが開催された。 野外 や第一次世界大戦の求人運動も開催された。 時にはコンサートでも使用されている。 サポーター [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2010年12月) 2003年、セルティックには900万人のファン(内100万人はアメリカ合衆国およびカナダ)がいると推計された。 世界中の20カ国以上に160を超えるが存在する。 日本には2001年7月に発足した東京CSCがあり、主にアイリッシュパブで集まり、試合を観戦しサポートしている。 2003年、推定8万人の多くはチケットを持たないセルティックサポーターが、UEFAカップ決勝のためにスペインのセビリアへ渡った。 クラブのファンはその後、この試合における振舞いに対しておよびからフェアプレー賞を授与された。 2010-11シーズン、セルティックはスコットランドのクラブの中で最多平均観客動員数を記録した。 また、この記録はヨーロッパ全てのサッカークラブの中でも12番目である。 セルティックのサポーターがを歌うことは世界的に知られておりクラブも公式に曲の使用を認めスタジアムで使用している。 セルティックパークでは選手の入場前にこの曲が流れサポーターが曲に合わせて熱唱する、やがて曲が消えサポーターの声だけがスタジアムに響くという演出が毎試合行われるほか、この曲はセルティックサポーターの代名詞のようになっており2007-2008シーズンのチャンピオンズリーグベスト16のセカンドレグではアウエーの でバルセロナの手によりこの曲が流されるという粋な計らいがあった。 また中村俊輔の退団時には彼に対してのメッセージとしても使用された。 意味は「あなた(達)は一人ではない(私たちも一緒だ)」である。 オールドファームとセクト主義 [ ] 詳細は「」および「」を参照 セルティックの伝統的なライバルはである。 まとめて、これら2つのクラブはとして知られている。 セルティックとレンジャーズはスコットランドサッカーの歴史を支配しており、1890年のスコットランドリーグの始まりからこれまで、97のタイトルを分け合っている(他クラブは全て合わせても19)。 2つのクラブはスコットランドでこれまで最も支持されているクラブでもある。 セルティックはアイルランドの人々ならびにアイルランド系のスコットランド人(どちらも大抵の場合は)と歴史的な結び付きがある。 伝統的に、ライバルのレンジャーズのファンはスコットランドあるいはのから来ており、を支持している。 クラブはの対立派閥の支持を引き付けてきている。 一部のサポーターは試合でプロテスタントを罵るあるいはカトリック信仰への支持を示す歌やチャント、バナーを用い、やといった北アイルランド民兵組織への支持を表明する。 2011年現在、400試合近くのオールドファームダービーが行われている。 試合は、「スコットランドの至る所のコミュニティーでの暴力につながり続けている憎悪、宗教的緊張、威嚇の雰囲気」 を持つと描写される。 ライバル関係は多くの暴動をあおり、ダービーの日には死者が出ることもある。 病院の緊急治療室への受け入れは通常の9倍に増加すると報告されており 、1996年から2003年の期間では、数百件の暴動があり、8件の死亡事例がオールドファームダービーに直接的に結び付いていた。 ハムデン・パークで行われた1980年スコティッシュカップ決勝では、セルティックの勝利後にピッチ上で双方のサポーターによる乱闘が起きた。 1999年5月にセルティック・パークで行われたダービーでは、セルティックファンにより物が投込まれ、レフリーのHugh Dallasにその内一つが当たり治療が行われた。 また、少数のファンがピッチに乱入した。 セルティックはセクト主義を減らす方策を取ってきている。 1996年、クラブはBhoys Against Bigotry(偏見)キャンペーンを開始し、その後「コミュニティーの全ての面 —全ての人種、全ての色、全ての信条— に対して敬意を持つよう若者を教育する」ためYouth Against Bigotryキャンペーンが行われた。 2008年3月、UEFAはとの試合においてセルティックのファンがセクタリアン・チャントを歌った疑惑について調査を行った。 この訴えは、証拠に欠いていたため同月内に棄却された。 アイルランド共和主義 [ ] セルティックファンの一部のグループは、試合においてとに関する歌やを披露することによって彼らへの支持を表明する。 IRAチャントは攻撃的であると類型化されるが、彼らがセクタリアンであるかについては意見が分かれている。 UEFA広報委員長William Gaillardは、2006年の事例について話した時、IRAチャントは民族主義者問題であり、それぞれの国の民族主義運動を支持しているやといった他クラブのファンと似ている、と述べた。 またGaillardは、一部のファンがに従事した機関への支持を示した諸国の事例とは状況が異なる、とも述べた。 2008年と2010年、 Remembrance Day のためにのシンボルをチームが身に付けることに対してファンのグループが抗議を行った。 セルティックはこれらの抗議に対して彼らがクラブとファンのイメージを損っていると述べて不賛成の意を表明し、関与した者達を入場禁止にすると約束した。 2011年11月、UEFAはセルティックファンが2011年11月3日に行われたのとの試合中に親IRA歌を含む「不法チャント」が行われた疑惑に関して捜査を開始した。 審問が2011年12月9日に行われ 、クラブは1万2700ポンドの罰金を課せられた。 2011年11月にはまた、が前月の戦でのファンによる「親IRA」チャントに関するセルティックへの調査を発表した。 2011年12月5日、調査の結果SPLは「少数のセルティックファンがIRAを支持する歌およびチャントを行ったことは疑いようがない」と結論付けた。 しかしながら、セルティックはそういった行動を防止するために全ての「合理的に実行可能な段階」を踏んでいると見なされ、クラブに対しては罰則は課されなかった。 SPLはまた、監督のやCEOのがこれらのチャントについて繰り返し激しい非難を行ったことも考慮された、と述べた。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ] ホームスタジアムのに飾られているトロフィー。 1892-93, 1893-94, 1895-96, 1897-98, 1904-05, 1905-06, 1906-07, 1907-08, 1908-09, 1909-10, 1913-14, 1914-15, 1915-16, 1916-17, 1918-19, 1921-22, 1925-26, 1935-36, 1937-38, 1953-54, 1965-66, 1966-67, 1967-68, 1968-69, 1969-70, 1970-71, 1971-72, 1972-73, 1973-74, 1976-77, 1978-79, 1980-81, 1981-82, 1985-86, 1987-88, 1997-98, 2000-01, 2001-02, 2003-04, 2005-06, 2006-07, 2007-08, 2011-12, 2012-13, 2013-14, 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18, 2018-19• :39回• 1891-92, 1898-99, 1899-1900, 1903-04, 1906-07, 1907-08, 1910-11, 1911-12, 1913-14, 1922-23, 1924-25, 1926-27, 1930-31, 1932-33, 1936-37, 1950-51, 1953-54, 1964-65, 1966-67, 1968-69, 1970-71, 1971-72, 1973-74, 1974-75, 1976-77, 1979-80, 1984-85, 1987-88, 1988-89, 1994-95, 2000-01, 2003-04, 2004-05, 2006-07, 2010-11, 2012-13, 2016-17, 2017-18, 2018-19• :18回• 1956-57, 1957-58, 1965-66, 1966-67, 1967-68, 1968-69, 1969-70, 1974-75, 1982-83, 1997-98, 1999-2000, 2000-01, 2005-06, 2008-09, 2014-15, 2016-17, 2017-18, 2018-19• :2回• 2000, 2003• :5回• 2004, 2005, 2006, 2010, 2011• :3回• 2002, 2003, 2004• :8回• 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009• :11回• 1984, 1987, 1989, 1996, 1997, 1999, 2003, 2005, 2006, 2010, 2011• :28回• 現 : 1回 1967• Pos. Pos. ローン移籍 [ ] in No. Pos. 選手名 13 14 No. Pos. 選手名 27 67 out No. Pos. 選手名 4 56 65 No. Pos. 選手名 88 -- -- 歴代監督 [ ] 氏名 国籍 期間 1897年4月1日 - 1940年1月31日 1940年2月1日 - 1945年7月31日 1945年8月1日 - 1965年7月31日 1965年8月1日 - 1978年5月31日 1969年 - 1972年 1978年8月1日 - 1983年8月1日 1983年8月1日 - 1987年5月20日 1987年5月20日 - 1991年5月22日 1991年6月19日 - 1993年10月7日 1993年10月7日 - 1994年6月16日 1994年7月12日 - 1997年5月31日 1997年7月1日 - 1998年5月11日 1998年7月1日 - 1999年 1999年 - 2000年 2000年2月10日 - 2000年6月1日 2000年6月1日 - 2005年5月31日 2005年5月31日 - 2009年5月31日 2009年6月16日 - 2010年3月25日 2010年3月25日 - 2014年5月22日 2014年6月6日 - 2016年5月15日 2016年5月20日 - 2019年2月26日 2019年2月26日 - 歴代所属選手 [ ]• 1958-1971• 1959-1973• 1981-1997• 1982-1997• 1990-1996• 1993-1999• 1994-1999• 1995-2002• 1997-1999• 1997-2005• 1998-2003• 1998-2003• 1999-2001• 1999-2004• 1999-2006• 2000-2007• 2000-2007• 2003-2010• 2004• 2005-2006• 2005-2009• 2006-2008• 2006-2008• 2008-2010• 2007-• 2009-2012• 2010-2014• 2011• 2011-2013 FW [ ]• 1955-1961, 1965-1971• 1959-1971• 1960-1971• 1961-1975• 1961-1978, 1978-1981• 1966-1971• 1969-1977• 1990-1995• 1995-1997• 1995-1998• 1996-1997• 1996-2004• 1997-1999• 1997-2000• 1997-2001• 1998-2000• 1999-2003, 2004-2005• 2001-2006• 2000-2006• 2004-2007• 2005• 2005• 2005-2008• 2006-2009• 2007-2010• 2008-2011• 2010• 2010-2013 脚注 [ ]• PasteSoccer. Paste 2014年12月22日. 2017年6月21日閲覧。 BBC Scotland• Sports Illustrated, 20 May 2003• com, 15 December 2003• Coogan, Tim Pat 2002. Wherever Green Is Worn: The Story of the Irish Diaspora. Palgrave Macmillan. 250. Wagg, Stephen 2002. British football and social exclusion. Routledge. 196. Sean Ingle; Scott Murray 2000年7月5日. the guardian. 2013年1月20日閲覧。 Celtic FC. 2011年11月19日時点のよりアーカイブ。 2011年11月19日閲覧。 www. rsssf. com. 2012年5月26日閲覧。 The Telegraph. 2009年10月30日. 2011年7月23日閲覧。 BBC Sport, 9 May 1998• guardian. uk, 1 June 2000• The Guardian, 26 May 2005• BBC Sport, 26 May 2001• The Telegraph, 19 March 2001• BBC Sport, 21 May 2003• The Independent, 6 April 2006• BBC Sport, 21 November 2006• Belfast Telegraph, 5 December 2007• The Telegraph, 25 May 2009• guardian. uk, 16 June 2009• UEFA. com, 9 June 2010• guardian. uk, 6 November 2010• 毎日新聞 2017年4月3日• Historical Football Kits. 2013年12月27日閲覧。 Scottish Football Ground Guide. Duncan Adams. 2016年3月11日時点のよりアーカイブ。 2011年11月9日閲覧。 Swan, Craig 2011年11月11日. Daily Record Trinity Mirror. 2011年11月11日閲覧。 FIFA. com. FIFA. 2011年11月11日閲覧。 Hibernian FC 2009年8月11日. 2012年1月21日時点のよりアーカイブ。 2011年11月9日閲覧。 432• , p. 435• , p. 433• , p. 434• londonhearts. com. London Hearts Supporters' Club 2004年. 2011年11月12日閲覧。 A Sporting Nation. BBC Scotland 2005年11月. 2011年11月8日閲覧。 celticfc. net. Celtic FC 2011年11月11日. 2016年10月12日時点のよりアーカイブ。 2011年11月11日閲覧。 Fulton, Rick 1997年9月12日. Daily Record Trinity Mirror. 2011年11月12日閲覧。 Scotland on Sunday 2003年7月20日. 2008年4月11日閲覧。 lists some 125 clubs and the 40 more• SPL Stats. 2011年6月12日時点のよりアーカイブ。 2011年12月6日閲覧。 Nil by Mouth 2010年. 2011年1月27日閲覧。 When Saturday Comes. 2011年1月28日閲覧。 Foer, pp. 36—37• McCarra, Kevin 2009年5月18日. The Guardian Guardian News and Media. 2010年1月28日閲覧。 BBC News. 1999年5月3日. 2010年8月16日閲覧。 BBC News, 11 October 2001• The Telegraph. 2008年3月29日. 2011年8月5日閲覧。 BBC Sport. 2008年3月31日. 2011年8月5日閲覧。 BBC News. 2002年9月17日. 2010年10月25日閲覧。 Sunday Mirror 2002年4月7日. 2010年10月25日閲覧。 guardian. uk Guardian News and Media. 2011年11月17日. 2011年12月6日閲覧。 Scotsman. com News Johnston Publishing Ltd. 2011年3月30日. 2011年12月6日閲覧。 Scotsman. com News Johnston Publishing Ltd. 2011年11月22日. 2011年12月6日閲覧。 guardian. uk Guardian News and Media. 2011年3月1日. 2011年12月6日閲覧。 guardian. uk Guardian News and Media. 2011年4月24日. 2011年12月6日閲覧。 Scotsman. com News Johnston Publishing Ltd. 2011年12月4日. 2011年12月6日閲覧。 Evening Times, 9 November 2010• BBC Sport. 2010年11月8日. 2010年11月19日閲覧。 BBC Sport, 1 August 2006• guardian. 2011年11月14日. 2011年12月12日閲覧。 BBC Sport. 2011年12月7日. 2011年12月8日閲覧。 BBC Sport. 2011年12月12日. 2011年12月12日閲覧。 BBC Sport. 2011年11月15日. 2011年11月15日閲覧。 BBC Sport. 2011年12月5日. 2011年12月6日閲覧。 Celtic FC. 2020年2月9日閲覧。 外部リンク [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の

クリッパーズ対セルティックス、2回のオーバータイムにもつれ込む大接戦

ラプターズ 対 セルティック ス

UEFAヨーロッパリーグのグループリーグ第4節が各地で行われた。 日程の都合で6日に行われたヴィトーリア・ギマランエスvsアーセナルはスコアレスのまま戦況が進んだ。 ようやくネットが揺れたのは81分だった。 ニクラス・ぺぺのFKからシュコドラン・ムスタフィがヘディングで合わせ、アーセナルが敵地で先行。 このまま0-1で試合終了かと思われた90分、ギマランエスはゴール前の混戦から最後はブルーノがバイシクルでネットを揺らし、1-1で決着。 ここまで3連勝のアーセナルは3勝1分けとなった。 同じグループでは7日の試合でスタンダール・リエージュがフランクフルトに勝利したため、アーセナルの勝ち上がりは次節以降におあずけとなった。 グループEではラツィオvsセルティックが行われ、チーロ・インモービレのゴールによって7分にラツィオが先制するも、ここからセルティックが2ゴールを叩き込んで1-2と逆転。 敵地でラツィオを下したセルティックが勝ち点10で2試合を残して32強進出を決めた。 編集部のおすすめ• グループAでここまで3連勝のセビージャは敵地でF91ディドランジュと戦い、ムニル・エル・ハダディがハットトリック、ムナス・ダブールが2ゴールと攻撃陣がゴールを量産し、2-5で勝利を収めた。 4連勝での勝ち上がり&グループ1位が確定している。 ボルシアMGvsローマは、ローマDFフェデリコ・ファシオのOGで35分にボルシアMGが先制。 ファシオは64分に自らゴールを決め、1-1となるが終了間際の90分、ボルシアMGは名DFリリアンの愛息、マルクス・テュラムが土壇場で決勝点を決め、2-1でボルシアMGが勝利を収めている。

次の

NBA=セルティックス、延長でラプターズに勝利

ラプターズ 対 セルティック ス

愛称 、ヴィンサニティ ラテン文字 Vince Carter 誕生日 1977-01-26 (43歳) 国 出身地 出身 ドラフト 5位 選手経歴 1998-2004 2004-2009 2009-2010 2010-2011 2011-2014 2014-2017 2017-2018 2018-2020 受賞歴• 2ndチーム:2001• 3rdチーム:2000• : 2016• 優勝:2000• 1stチーム:1999• :1999 代表歴 キャップ 2000 時代のカーター でが全体5位として指名するが、即座にジェイミソンと交換でに移籍。 この年から活躍し、を獲得、の1stチームに選出された。 2000年のにファン投票で最多投票を獲得し先発選手として出場した。 また、にも出場し、試技5回中3回で満点を記録。 驚異的なパフォーマンスを披露し優勝。 ルーキーイヤー以外のオールスターゲームに2001年~2007年まで7年連続出場(ルーキーイヤーはロックアウトによりオールスターゲーム自体が開催されなかった)。 その内の5回はファン投票の獲得数で決まる先発選手として出場した。 2000年・2001年・2002年・2004年には、最多得票で選出されている。 ではの代役で、アメリカ代表チーム の一員として出場、大活躍し金メダル獲得。 2001-2002シーズン終盤、戦でにファウルされた時に左膝を故障。 すぐに回復するものと思われたが、想像以上に故障の度合いが酷く、長期の欠場。 この間にチームは泥沼の16連敗を喫する。 カーターは故障の癒えないまま連敗を止めるために一時復帰。 なんとか連敗を止めるも故障の状態が思わしくないために手術を決意。 残りの全試合を欠場することとなった。 しかし、カーターの欠場が決まった直後からチームは奇跡の14連勝を挙げプレーオフに出場。 この一件をきっかけにファンやメディアの間でカーター不要説が囁かれ始めるようになった。 も故障は完全に癒えておらず43試合のみの出場とシーズンの大半を欠場。 何とか平均得点は20点代を記録するも、故障前のカーターとは別人のようになってしまった。 このころから、カーターの評価、存在感、チーム内での重要度が失われていった。 は復活を果たす。 73試合に出場し、平均得点も22. 5とリーグ8位の好成績を記録。 しかし、プレーオフには出場できなかった。 HCの交代でチーム全体のオフェンスが機能せず、シーズン中に主力を入れ替えるトレードを行った事が原因とされる。 カーター自身もチームの改革を望んでいた所、カーターとラプターズ首脳陣との間で「チームの新しい首脳陣の人事は君にも相談する」との約束が交わされる。 しかし実際には何の相談も無く人事は決定(カーターはのフロント入りを希望していたが叶えられなかった)。 これに腹を立てたカーターはトレードを要求。 そのままシーズンが開幕するも明らかにモチベーションの低いプレーを連発した。 ラプターズもカーターのモチベーション低下による散漫なプレイに仕方なくトレード要求を承認。 2004年12月17日、に、、 モーニングはラプターズでのプレーを拒否し、で解雇後、と契約 との交換で初の移籍を果たす。 ちなみにこのトレードはラプターズにとって全く旨みの無いトレードで、 NBA史上最低のトレードとも酷評された。 ニュージャージー・ネッツ [ ] 移籍先のネッツは当時リーグ最高峰のであったが在籍していたチームであり、カーターとキッドのバックコートコンビは大いに注目を集めた一方で、カーターとプレイスタイルで被るとの共存については疑問視されていた。 しかしジェファーソンはカーター移籍直後に故障。 このシーズンで3人揃ってコートに立つことはなく問題は先送りになったが、新天地で心機一転したカーターは移籍後の平均得点ではリーグ2位に値する27. 6を記録。 シーズン通算は24. 3 故障者が多かったチームを滑り込みでプレーオフに導いた。 翌にはようやく主力3名が揃って開幕を迎え、カーターは得点面で活躍。 ジェファーソンとの共存も問題なくクリアし、かつての豪快なダンクも復活した。 チームはデビジョンを制し、プレーオフに進出したが、カンファレンスセミファイナルでに敗れた。 は主力選手であるとジェファーソンが相次いで故障しチームから離脱するなか、カーターは82試合に出場。 キッドと共に低迷するチームを支えた。 ネッツは本来キッドを中心とするアップテンポなゲーム展開を得意としていたが、このシーズンからはカーターを中心とするハーフコートオフェンスが目立つように。 カーターはオールスター出場を逃すなど、やや物足りないシーズンとなったが、キャリア二回目のを記録した。 は序盤から指と足に故障を抱えた状態でプレーをした事もあり、平均得点は前年よりもダウン。 チーム不調の原因にもなった。 しかし、故障を抱えた状態での成績としては一定の評価を得る。 平均得点20点以上、平均アシスト5以上、平均リバウンド5以上の記録を残したのはカーターの他に、、の4人のみであった。 チームは獲得を視野に入れた改革に着手。 チームの核であったキッド放出もあり、プレイオフ進出を逃す事となった。 は昨シーズンの故障も回復し平均得点20. 8点、平均アシスト4. 7、平均リバウンド5. 1とオールラウンドな成績を残し序盤はチームも健闘したものの最終的にはプレイオフ進出を逃す。 チーム首脳陣はカーター中心のチームからを初めとした低コストの選手で構成し、2010年の選手(レブロン)を狙う戦略をさらに進めた。 オーランド・マジック [ ] シーズン終了後、カーターは故郷にあるに移籍した。 ダラス・マーベリックス [ ] 2011年、FAでに移籍。 2014年のプレイオフ、戦の第3戦目では、劇的なを決めた。 メンフィス・グリズリーズ [ ] 2014年、FAでの慰留を受けたが、同カンファレンスのライバルチーム、に移籍した。 サクラメント・キングス [ ] 2017年7月6日、と1年800万ドルで契約した。 アトランタ・ホークス [ ] 2018年、アトランタ・ホークスと最低保証年俸の1年240万ドルで契約した。 現地時間11月21日、史上21人目となる通算2万5,000得点達成。 対戦相手はくしくもデビュー6シーズンを過ごしたトロントラプターズであった。 2019年9月20日、ホークスと1年250万ドルで再契約した。 2019-2020シーズン途中、今季限りでの現役引退を表明した。 2020年3月11日の戦の試合中に、の影響でNBAのシーズンが中断することが決定。 このときカーターは既にベンチに退いていたが、この試合が引退試合となる可能性が出てきたため、オーバータイムの残り20秒でコートに戻ると、からのアシストを受けて3ポイントシュートを決めた。 試合後には自身のツイッターでチームメイトやファンに感謝の思いを綴った。 カンファレンス14位と低迷しているホークスは該当チームではないため、カーターの引退が決定した。 その後6月25日に正式に引退を表明した。 450. 288. 761 5. 7 3. 0 1. 1 1. 5 2. 2 18. 3 82 82 38. 465. 403. 791 5. 8 3. 9 1. 3 1. 1 2. 1 25. 7 75 75 39. 460. 408. 765 5. 5 3. 9 1. 5 1. 1 2. 2 27. 6 60 60 39. 428. 387. 798 5. 2 4. 0 1. 7 2. 5 24. 7 43 42 34. 467. 344. 806 4. 4 3. 3 1. 1 1. 0 1. 7 20. 6 73 73 38. 417. 383. 806 4. 8 4. 8 1. 9 3. 0 22. 5 20 20 30. 411. 322. 694 3. 3 3. 1 1. 8 1. 1 15. 9 57 56 38. 462. 425. 817 5. 9 4. 7 1. 6 2. 5 27. 5 79 79 36. 430. 341. 799 5. 8 4. 3 1. 7 2. 7 24. 2 82 82 38. 454. 357. 802 6. 0 4. 8 1. 4 2. 6 25. 2 76 72 38. 456. 359. 816 6. 0 5. 1 1. 4 2. 3 21. 3 80 80 36. 437. 385. 817 5. 1 4. 7 1. 5 2. 0 20. 8 75 74 30. 428. 367. 840 3. 9 3. 2 1. 4 16. 6 22 22 30. 470. 346. 747 4. 1 2. 1 1. 6 15. 1 51 41 27. 422. 366. 735 3. 6 1. 3 1. 0 13. 5 61 40 25. 411. 361. 826 3. 4 2. 4 1. 3 10. 1 81 3 25. 435. 406. 816 4. 1 2. 5 1. 3 13. 4 81 0 24. 407. 394. 821 3. 5 2. 4 1. 3 11. 9 66 1 16. 333. 297. 789 2. 0 1. 7 5. 8 60 3 16. 388. 349. 833 2. 6 6. 6 73 15 24. 394. 378. 765 3. 1 1. 7 8. 0 58 5 17. 403. 345. 757 2. 6 1. 6 5. 4 76 9 17. 419. 389. 712 2. 6 1. 6 7. 4 60 0 14. 352. 302. 793 2. 6 5. 0 通算: 22年 1541 983 30. 437. 374. 798 4. 4 3. 2 1. 6 1. 6 17. 2 オールスター 7 5 18. 477. 375. 600 2. 6 1. 1 10. 赤太字はNBA歴代最高• 300. 100. 871 6. 0 6. 3 1. 0 1. 3 2. 6 19. 3 12 12 44. 436. 410. 784 6. 5 4. 7 1. 7 1. 7 2. 2 27. 3 4 4 44. 365. 316. 861 8. 5 5. 8 2. 0 3. 7 26. 8 11 11 40. 463. 241. 796 7. 0 5. 3 1. 5 2. 3 29. 6 12 12 40. 396. 389. 693 6. 8 5. 6 3. 1 22. 3 14 14 34. 402. 235. 826 4. 2 2. 2 1. 5 15. 5 4 0 26. 293. 300. 750 5. 3 1. 5 1. 5 8. 3 7 0 27. 456. 484. 786 3. 6 2. 3 0. 8 12. 6 出場:8回 67 56 38. 413. 330. 787 5. 9 4. 0 1. 7 2. 2 21. 3 受賞・タイトル [ ]• オールスター出場:2000-2007• 選出 2回• 2ndチーム:2001• 3rdチーム:2000• 優勝:1999-00• NBAオールルーキー1stチーム:1998-99• NBA:1998-99 ダンクコンテスト [ ] プロ入り2年目の1999-2000シーズン、2000年オールスターゲーム前日のでの優勝で全米を驚愕させたことでスラムダンカーの象徴となった。 全5回の試技の内、3回で50点満点を、1回で49点という数字を叩き出した。 1回目のダンクは逆回転360ウィンドミル。 通常の場合は右利きであれば、進行方向と腕の振りから、反時計周りに回転するのが普通だが、カーターの場合は時計回りに回転するもので難易度も高く、美しい腕の振りがより強調され、いきなりの満点。 2度目はボードの裏から助走無しで1度目のダンクと酷似したものを披露。 49点であった。 3度目は空中で受けたバウンドパスをそのまま空中で股の下を通しダンクするアリウープ・レッグスルー。 こちらも満点で今、現在でも史上最高のスラムダンクとして記憶されている。 4度目はダンクした腕をリムに肘まで入れてぶら下る、カーターオリジナルのエルボーダンクでまたも満点。 最後の試技はボースハンドレーンアップで47点であった。 すぐれた跳躍力だけでなく、オリジナリティ、空中でのボディバランス、芸術性など、ダンクコンテストの審査項目全てで、NBAの中でも歴史的なもので新世紀ダンク王の称号をその手中に収めた。 その他 [ ]• 時代のチームメイトであるとは従兄弟同士であるが実際に血の繋がりは無い。 のニックネーム、にちなんで、かつてのチームであるラプターズ所属であったことからエアカナダ Air Canada という呼び名を持っていた。 その他にもプレイの素晴らしさから「半分人、半分驚異」 Half-man, Half-amazing 、名前の「ヴィンス」と「狂気の沙汰」 insanity を組み合わせた「ヴィンサニティ」 Vinsanity の呼び名もある。 妻のエレンはの妻と姉妹で、大学時代はだった。 からバスケットボール選手としては初めてのスポンサーシップを受ける。 しかし、のオールスターにプーマと契約中にもかかわらずAND1のシューズを履いて登場。 しかもプーマのシューズが「足に合わない」との理由から契約解除を求めて裁判で争ったが敗れ、1,350万ドルの賠償金を支払うように命じられる。 しかし当時人気絶頂のカーターとの独占契約をねらったがその賠償金を肩代わりする事を申し入れ、カーターはナイキと契約を結んだ。 残ったの単位は夏季講習を受けるなどして修得し、に卒業することになったが、卒業式の日はの対戦第7戦の朝だった。 プレーオフの最中でありながら卒業式に出席することは青少年に勉強の大切さを伝えるために良いアピールだと考えたカーターは式に出席し、その日の試合では20得点、9アシスト、7リバウンドをマーク。 しかし、逆転を狙ったラストショットを外してしまい卒業式に出席した疲労が影響したとして批判されてしまった [ ]。 脚註 [ ] [].

次の