みず はがね 複合。 みず

みず

みず はがね 複合

この記事は、の複合で考えられる組み合わせのうち、まだその組み合わせを持ったが発見されていないものを相性表としてまとめたものである。 発見されていないゆえ対戦のではあまり必要がないが、とか単純に話のタネにしていただければ幸いです。 なお、複合に合わせて「のの技がを受ける」のも付記しておきました。 あわせてご覧ください。 最新作『』(第八世代)までに発見されている図鑑ーまでのの複合に関しては「 」の項を参照のこと。 現在発見されていない複合タイプの相性表 第六世代における相性を元に作成している。 第五世代までの相性と異なる点は、「はがね」の持つ耐性から「」及び「あく」が失われたこと(それまでどちらも『効果今ひとつ』の扱いだったが第六世代で等倍になった)。 たいねつ ほのお技、やけど状態のを半減させる。 すいほう ほのお技のを半減させ、やけど状態を効化する。 さらに自分のみず技のを2倍にする。 あついしぼう ほのお技とこおり技のを半減させる。 もら ほのお技を効化し、さらに自分のほのお技の威がする。 ちょすい みず技を効化し、さらに自分のを回復する。 かんそうはだ みず技を効化し、さらに自分のを回復する。 ただしほのお技に弱くなる 1. よびみず みず技の攻撃対を全て自分にした上で効化し、さらに自分の特攻が上がる。 ちくでん でんき技を効化し、さらに自分のを回復する。 でんき でんき技を効化し、さらに自分の素さが上がる。 ひらいしん でんき技の攻撃対を全て自分にした上で効化し、さらに自分の特攻が上がる。 そうしょく くさ技を効化し、さらに自分の攻撃が上がる。 の攻撃技を受けず、まきびしやどくび効かない。 ・うちおとすにより一時的に効化。 きもったま このを持ったが技を繰り出すとき、に・かくとう技が効かないという相性関係がなくなる。 ふしぎなり 「」になる技以外を受け付けない。 、 「」になる技を受けたときの増加率を下げる。 (2倍なら1. 5倍に、4倍なら3倍に引き下げる)• 各種半減実 全18種類 「」になる所定のの技によるを一度だけ半減する。 「ホズのみ」のみ等倍、半減でも発動する。 くろいゅう 素さが半分になり、、「」のはじめん技が当たるようになってしまう。 ふうせん じめん技やまきびし、どくびしなどを受けなくなる。 攻撃技を受けるとる。 ねらいのまと 本来効であるの技を受けるようになってしまう。 特殊な相性関係を及ぼす技• うちおとす 、「」のに当てると、じめん技が当たるようになる。 5の間、場にいる全てのの命中率が上がり、、「」のはじめん技やまきびし、どくびしなどを受けるようになる。 「」など一部の技が使えなくなる。 テネシス 3の間、一撃以外の技が必中になるが、じめん技が当たらなくなってしまう。 でんじ 5の間、じめん技が自分に当たらなくなる。 ねをはる 毎少しずつを回復する。 や「」のが使うと、じめん技が当たるようになってしまう。 のが使うと、そのの間を失う。 のに効果抜群で当たる。 もえつきる の時のみ使用可。 使用すると交代するまでを失う。 もりの、、 うのこな それぞれ、、を相手に追加する技。 関連項目•

次の

唯一のタイプの組み合わせを持つポケモンの一覧

みず はがね 複合

概要 金属をイメージする硬い表皮を持つポケモンや刃物のように鋭いポケモン、金属(鉱物)そのものであるポケモンが分類される。 より登場。 のなかで最も多い11個(までは12個)の耐性を持つ。 ストーリー序盤ではダメージを与えにくすぎるためか、ある程度手持ちのタイプが充実する中盤以降に登場したり、進化によってはがねタイプを得るものが多い。 ではタイプに分類される。 ポケモンとしてのはがねタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・・タイプの技は、効果が抜群となる。 ・・・・・・・・はがね・タイプの技は、効果が今一つとなる。 タイプの技は、効果無しとなる。 関係する状態(・・)• 状態にならない。 によるダメージを受けない。 関係する• を持つと、どくタイプの技が当たるようになる。 関係する• によってやを制限される。 はがね・タイプのポケモンは交代を制限されない。 とくせいがのポケモンがを持つとはがねタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとはがねタイプになる。 とくせいがじりょくのポケモンをの先頭にすると、はがねタイプのが出現しやすくなる。 過去の仕様• ではでのみはがねタイプをどく状態にできた。 までは、ゴースト・タイプの技との相性はいまひとつであった。 25 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• (まで)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (アローラのすがた)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• (アローラのすがた)• (アローラのすがた)• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• ゴミのミノ• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (けんのおう) はがねタイプの歴史 豊富な耐性を持つが、その中でも・状態にならないという点が重要である(ただし特性を除く)。 技そのものも無効化するので、相性不利な相手はなどもうどくにする技で倒す、という考え方が通用しないため、対策必須なタイプであると言える。 このタイプに属するポケモンの多くはが突出して高く、、、が低い。 そのため物理受けとしての適性が強い。 防御面は全タイプ最強クラスな一方、攻撃技としてのはがねタイプは効果が抜群で突ける相手が少なく、反対に効果いまひとつな相手が目立つ。 このためはがねタイプの攻撃技はまであまり使われなかったが、以降は数少ないへ効果抜群なタイプとして広まりつつはある。 はがねタイプのメジャーポケモンの多くは複合タイプのポケモンである。 のように弱点を克服したもの、のように特性でを無効化してしまうもの、のように複合タイプでさらに耐性を増やしたものと多数の種類が存在する。 このため、かくとう・ほのお・技をパーティにバランスよく入れて対策しなければいずれかの相手に詰まされるという事態が起こりうる。 特にほのおの特殊技ははがねポケモン全体に高物理耐久が多い関係で必須となる。 第二世代 第一世代であまりにも悪かったタイプのバランスを改善するために追加された新タイプの1つ。 はがねタイプは、第一世代で特に優遇されていた・・の3タイプも含め、合計で12のタイプに耐性を持ち、タイプは無効にするといかにも防御向けのタイプとして注目された。 弱点は・・で、中でもほのおタイプは今まで使い道がほぼなかったものがこのタイプのおかげで技としての需要性が高まり、かくとうタイプもエスパー弱体化と合わさって大きく採用率が上昇した。 このようにはがねの登場はパワーバランス調整に大きな役割を果たした。 環境ではタイプのポケモンの種類が第一世代よりも多くなったのか、それに対する受け役として注目された。 そんな中でよく使われたのは、、の進化系、の進化系であった。 特にエアームドによって、物理アタッカーのポケモンにを覚えさせるなど、第一世代では考えられなかった技構成、いわゆるが誕生したのは有名な話である。 なお、この世代にて単タイプだったとにはがねタイプが追加され、数多くの耐性を得た代償としてただでさえ弱点だったじめんタイプには極端に弱くなってしまった。 タイプが追加(変更)されたポケモンは、当分の間コイルとレアコイルだけにとどまっていた。 第三世代 この世代のはがねの代表格となるが登場。 、、としかがない点が主な長所で、、を問わずに引っ張り蛸のであった。 でそのメタグロスはだいばくはつを獲得し、生半可な相手は半減でも一撃で倒すほどであった。 メタグロス以外にはエアームドがを獲得して要員として開花。 レジスチルはその耐久性能からダブルバトルでのコンボパーティに組み込まれる形で居座り型として利用された。 その他、が念願のウエポンであるを獲得。 第四世代 の、安定した物理火力の、同じく安定した特殊火力の、鈍足と相性の良いなど、後の世代にも通用する攻撃技が追加された。 新規のポケモンとして目立ったのは、、、。 ドータクンはにより実質1つ、で非常に仕様が恵まれていたさいみんじゅつなどを活かし、ポケモンリーグ2007環境で活躍。 ジバコイル、ヒードランは当時はがねタイプ1位の特攻の種族値130によって活躍。 ヒードランの本格的な活躍はの確立後であった。 エンペルトはのに強い点からWCS2009環境で頭角を現した。 しかし何と言ってもメタグロスが依然として活躍したのが大きいだろう。 ただ、メタグロスはあまりに活躍したためなどだと露骨にで役割破壊されるようになり、が対策として必須になった。 第五世代 全盛の時代であり、はがねは唯一のドラゴンを半減できるタイプとして活躍した。 初期の環境では最高クラスの耐性を持つ複合のが受けとして活躍。 、を持つは、で使ってよし、を持たせて無天候で戦わせてよしと、戦略の幅が広いため、、を問わず大活躍。 はがね最速を更新したも登場当初注目された。 が登場したのもこの世代からだが、当時は技としてのはがねはほとんど評価されなかったので、評価の機会を得るのを待つこととなった。 の仕様変更が為されたため、、などによる「レベル1がんじょうループ」が成立。 より上を目指すなら対策必須となり、にが搭載されることがあったのもそれゆえであった。 第六世代 の登場によって、これまでほとんど評価されなかった技としてのはがねが日の目を見るに至った。 一方、、を等倍で受けるように仕様が弱体化され、さらに技としてのはがねで抜群を取れるそのフェアリーが無効の耐性を持つなど、耐性面では一強の立場ではなくなった。 耐性仕様変更によって、ドータクン、ハガネールは弱体化。 新勢力では初のゴースト複合となるの活躍が顕著。 プレイングが良ければ「実質種族値720」と呼ばれるほどのポテンシャルを発揮でき、物理、特殊のどちらでも戦えて初見では見分けることが困難なことから、シングルバトルで大人気となった。 はフェアリー複合の優秀を極める耐性、特性から、、、で翻弄する「害悪」の枠として利用された。 前世代に登場したは、かくとうの弱体化、皮肉にもはがねの耐性弱体化によって、で人気となった。 他の既存組では、がフェアリータイプの追加と獲得によってトップメタの一角となった。 第七世代 準伝説としては、、 USUMのみ が、としてはが、としてはが追加された。 通常ポケモンも、、、が新登場と、公式がはがね強化に力を入れた感がある。 実際、新規勢の内テッカグヤはシングルバトルで、ツンデツンデ、トゲデマルはダブルバトルで、カミツルギはその両方で活躍するなど、公式のはがね推しは成功を収めたと言える。 やの登場などの追加によってメガメタグロス、の使用率が上昇。 他にも多くのはがねが活躍し、シングルバトル使用率30位以内にはがねが約4分の1ランクインするというはがね全盛期となった。 は一致で振るうにとどまらず不一致役割破壊としても利用され、この世代を象徴する技となった。 ダブルバトルでも相変わらず重要な立ち位置となり、禁止伝説級有りのGSルールでは対策として様々なはがねタイプが活躍した。 『JCS2019インターネット予選』では使用率30位以内に9体がランクインと、タイプ別ランクイン種族数1位を記録。 ピカブイ 幻のポケモンとしてが追加。 登場するポケモンとしては他にとしかいないため、タイプ同様非常に少ない。 第八世代 、、、、などの主要なはがねが削除された。 さらに役割対象であったも存在せず、もシステム自体が廃止。 これだけ聞くと不遇タイプになったかと思われるが、実際は対策として需要を保っており、が前世代と同じく出番を貰っている。 は型のエースとして開花。 新規ではが良耐性の耐久型として環境に定着。 はランクバトル黎明期にとの相性補完からよく使われ、「ギャラナット」は黎明期のトップ構築として注目された。 ただ、にが普及したのが若干痛手となっている。 また、は高火力かつ状態にする効果があるため、思わぬ形での役割破壊に注意する必要性が生まれた。 わざとしてのはがねタイプ このタイプを持つわざについてはを参照。 ・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・・、はがねタイプを持つポケモンに対しては、効果が今ひとつ。 関係する• はがねわざの威力を上げるもちものとして、・・がある。 はがねわざの威力を下げるもちものとして、がある。 はがねわざを覚えているポケモンにを持たせると、のが使えるようになる。 関係する• とくせいがのポケモンは、がのとき、いわ・じめん・はがねわざの威力が1. 3倍になる。 とくせいがのポケモンは、はがねわざの威力が1. 5倍になる。 過去の仕様• までは全てだった。 第二〜五世代までは、メジャーな4タイプに「今ひとつ」であり、かつ弱点を突けるタイプがと丸被りだったため、攻撃技としては非常にマイナーだった。 しかし、第六世代での数少ない弱点の1つに設定され、「フェアリー対策」として一気に採用されるようになった。 一方、第二世代から一貫して技のバリエーションに恵まれておらず、現在に至るまで使い勝手に優れた技は未登場(は命中率と追加効果は優秀だが、威力がやや低め。 は威力は優秀だが、命中率が低いなど)。 はがねタイプを好むポケモントレーナー• 自転車• 以外 備考• フォルムのないポケモンでタイプが変更されたのはまではこれが唯一だった(からはタイプの変更、追加が複数行われた)。 でははがねタイプのみのポケモンはいなかった。 複合タイプを持たないのはと。

次の

【ポケモンGO】みずタイプ複合相性まとめ! ラプラスやラグラージ対策はどのタイプがいい?

みず はがね 複合

概要 河川や海を生息地とする水棲生物をモチーフとしたポケモンが多くこのタイプに分類されている。 そのため移動やで入手する形になりやすいのが特徴である。 のタイプの1つでもあり、以前はを覚えるポケモンとして必要だったため、ストーリーで手持ちに入ることの多いタイプだった。 はひでんわざ随一の性能を誇り、これを覚えたみずタイプがストーリー中盤以降の主力になることも多い。 ただ、序盤ではくさタイプのポケモンが出現することが多いため、他にポケモンを捕まえておかないとゲームを進めるのに少々苦労する。 ではタイプに分類される。 ポケモンとしてのみずタイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・・・みずタイプの技は、効果が今一つとなる。 ・タイプの技は、効果が抜群となる。 関係する• を受けたポケモンはタイプがみず単タイプになる。 は通常の相性ではなく、効果が抜群で技を受ける。 関係する状態(・・)• 自分の場が状態であってもダメージを受けない。 関係する• のとき、とくせいがのポケモンはみずタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとみずタイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとみずタイプになる。 25 初出: 一覧• (まで)• (まで)• (あまみずのすがた)• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 25 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (以降)• (以降)• みずタイプの歴史 ポケモンの種類が広範囲に渡るので一概には言えないが、主に・・の耐久が高く、はやや控えめである。 さらに弱点が2つと少なめで、耐性は4つと多め。 大半のみずポケモンがでタイプの技を習得するため、みずタイプの技を半減する・タイプにも対抗が可能である。 多少耐久に重きを置いているが攻防共にバランスが取れており、厳しい対戦環境下でもよく使われるタイプの一つでもある。 ポケモンの種類が最も多いタイプであるために競争が激しい。 十分な実力を持っているにも関わらず、それより優れた能力を持つポケモンがいるために使われていないというケースはしばしば見受けられる。 みず単ではとが古くから争っている。 上位禁止や特定のポケモンが制限されるルールであれば、普段見ないようなみずタイプのポケモンが活躍することも多い。 が状態ならばみずタイプの技が強化され、比較的所持数の高いも発動するため、突破力が増す。 第一世代 タイプが冷遇タイプでマイナーだったため弱点は事実上タイプのみという状態。 しかも、みずタイプは以外全てのポケモンが最強技のを覚えるのでくさタイプに対抗可能であった。 環境では、と複合のが厨ポケとして君臨、と複合のも優秀、二戦級だが、もいた。 それらが使用禁止になった99カップでは、が特に使われていた。 前述のスターミーに関しては、みずタイプの技を覚えさせず、ふぶきを優先させることが多かった。 ラプラスとスターミーはみずではない方のタイプがみずより優秀であったため、一概にみず自体が強いとは言い切れないとも取れる。 第二世代 タイプの強化やの登場などのおかげで、メインウェポンとしてタイプ一致のみず技を持つ機会が増えた。 サブウェポンのは弱体化したが、の追加でみず技の火力が強化されるようになった。 ただその場合自身が弱点とするも必中化で怖くなるというジレンマに陥った。 ほのおに有利とは言え、を使われると逆にみず技の威力が低下してしまう。 やなど、ほのおタイプを持ちながらを持つなどの対策も可能になっているなど、厄介な向かい風も少なくない。 とは弱体化したものの、前者は壁貼りやそれなりに高めの特攻を活かして雨パに組み込まれるなど、現役を張り続け、後者はねむねごつのドリルという強力な戦法を得た。 は大幅な弱体化で一度存在価値をなくしたが、クリスタル以降は習得で対策必須なほどのレベルにまで救済された。 前作では冷遇されていたはみずタイプ最高の特攻とを絡められ、タイプが合わさって表舞台に立てるようになった。 そしては習得に加えタイプとの複合が止めにくいことが再評価され、みずポケモンの中では特に強化された。 一方、前作で二戦級だったはの低下により、一気に弱体化してしまった。 新勢力ではの複合タイプや安定した能力が持ち味の、クリスタル以降だが高い耐久力とに組み込めるが特に優秀で、他を挙げるなら天敵のタイプを無効化すると複合のなどがいた。 第三世代 期の通常レギュレーションではに頼らず純粋にとのみで勝負するが人気であった。 にカイオーガが登場し、禁止級伝説が使用できるポケモンフェスタ2004環境ではカイオーガがみず枠の鉄板となった。 でまともな個体値のが手に入るようになり、でが解禁。 はを獲得し、簡単にみずを完封できるようになった。 コロシアムで実質的に解禁されたとはいえ、スイクンはが困難なのでに依存しない耐久型がメインとなった。 そのスイクンだが、展開期のオフ会環境では対策しないと対戦で勝てないとまで言われた。 ではが鉄板のポケモンとなり、ルンパッパを突破したいがためにが環境において需要を集めるようになった。 この世代までにラグラージ、ヌオーがでんきに逆に強いみずとして登場しており、ルンパッパもでんきを等倍で受けることができる。 第四世代 技の・の分離によってが念願のみず物理技を手に入れ、におけるトップメタとなった。 また、ミロカロスは、の獲得によって、本格的にを活かせるようになって耐久型として開花した。 依然としてダブルバトル環境ではが活躍しており、ルンパッパのがこの世代の通常環境における耐久調整の基準となった。 第三世代の禁止級伝説解禁フォーマットではそれまで一強であったが、がGSダブルにおけるカイオーガのお供となってますますカイオーガは手が付けられなくなった。 は難易度が高いためミロカロスで妥協するプレイヤーがそれまでは多かったが、のが確立されてからはスイクンが主流の座をから奪った。 世代末期にが解禁され、「零度スイクン」と呼ばれるそのスイクンが大会で結果を残した。 第五世代 の解禁によって、、問わずが大流行。 雨パは対策必須のパーティとなった。 また、新規では、を活かした耐久型のが登場し、が対戦で解禁された。 を得た、を得たなど、この世代から確立されたにはみずのポケモンの活躍が目立った。 第六世代 がとの両立可能化、タイプの追加によってトップメタ入りを果たした。 一方で、新顔のもによる技範囲の広さから活躍。 一方、の弱体化、の登場などから雨パが下火になり、特にはその影響を最大限受けたことで環境の主流から距離を置くようになった。 第七世代 の通常特性にが追加され、雨パが再燃。 ペリッパーはで退場できるうえに持ちでありに対して無償降臨が効くため、あめふらしの再発動が容易。 第六世代以降あめふらしのターンが有限化したことによる制約を、ペリッパーはある程度克服したと言える。 はシングルバトルでによる定数ダメージを、ダブルバトルではによる稼ぎと妨害を活かし、トップメタ入り。 期になると、ではみずが使用率ベスト30に5体から7体程度入るなど活躍を続けていた。 ところがシングルバトルでは、使用率3位を定位置とした、使用率10位以内が定位置の、使用率15位以内の水準にある以外が使用率ベスト30入りに恵まれなくなり、その3体にシングルバトルのみずポケモンが集約される状況となった。 第八世代 ダウンロードコンテンツ解禁前のシングルバトル環境では、、、、、あたりが主流。 ギャラドス以外はアタッカーと言うよりも耐久型としての活躍がメイン。 ギャラドスはダイジェットを中心としたの獲得によりエースとして開花し、癖の強い物理技をダイマックスわざ化することができるようになったことから実質的な物理の技範囲が非常に広くなった。 同じくダウンロードコンテンツ解禁前のダブルバトルでは、、がみず枠の主流となっている。 ギャラドスはダブルバトルでは流石に型が主流。 でにするだけで自身の火力も大きく上がるので、それだけでも十分戦える。 ダイマックスわざのタイプの中でも、特に優遇されているタイプである。 総合的にはこの世代でも勝ち組タイプの座を手放すことはなかった。 わざとしてのみずタイプ このタイプを持つわざについてはを参照。 みず・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 ・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 関係する状態(・・)• ・であるとき、みずわざの威力が1. 5倍になる。 とき、みずわざの威力は半減される。 であるとき、みずわざは無効となる。 関係する• みずわざの威力を上げるもちものとして、・・・・がある。 みずわざの威力を下げるもちものとして、がある。 を持ったポケモンがみずわざを受けると一度だけが上がる。 を持ったポケモンがみずわざを受けると一度だけが上がる。 関係する• とくせいが・のポケモンが受けるみずわざは無効化され、HPが回復する。 とくせいがのポケモンが受けるみずわざは無効化され、とくこうが1段階上がる。 とくせいがのポケモンがみずわざを受けると、ぼうぎょが2段階上がる。 とくせいがのポケモンがみずわざを受けると、すばやさが6段階上がる。 とくせいがのポケモンはHPが3分の1以下になると、みずタイプのわざの威力が1. 5倍になる。 とくせいがのポケモンが使うはみずタイプになる。 とくせいがのポケモンが使うみずわざは、威力が2倍になる。 過去の仕様• までは全てだった。 半減三つ、弱点三つと攻撃タイプとしては悪くない。 ただしみずタイプの技のほとんどはみずポケモンしか習得できない。 みずタイプのである・はひでんマシンの技でありながら単純に攻撃技としても性能が高く、ストーリー攻略・対戦共にみずタイプの技に困ることはない。 対戦における代表的なみずわざ 主なには・なみのりが挙げられる。 前者は威力重視、後者が命中重視と言ったところである。 同じくみず特殊技で、マシンわざでもあるはこれらに比べてやや威力が劣るもののが優秀で、その効果からサポートや耐久戦法に向いている。 有用なには・がある。 こちらも同じく前者が威力、後者が命中重視で採用される。 を考慮した期待される威力はそれほど変わらないので、追加効果や習得のしやすさも考慮するとたきのぼりの方が使われる機会が多い。 第七世代では威力・命中からこの2つの技の中間と言えるが登場し、で覚えられるポケモンが増えたため、同技も使われるようになった。 よりに特化したみずポケモンも少なくないが、特殊技に比べると全体的に威力が劣っているところが悩みどころではある 先述したアクアブレイク登場後は少し上方修正されたが。 またであるも存在する。 アタッカーであるならば基本的に採用されるだろう。 みずタイプを好むポケモントレーナー• スイム• ポケモンの数が一番多いタイプである。 全てのタイプとの複合タイプが存在する。 以降のみずタイプのはを覚えられない。 でんきタイプへの対抗が容易にできなくするための処置か。 状態のポケモンにタイプのわざを当てるとこおりがとけるが、状態のポケモンにみずタイプのわざを当ててもやけどは解除されない(は除く)。 それどころかやけど状態にするみずタイプのわざもある(とが該当)。 みずタイプに対してでんきタイプの技が効果抜群になることからも、イメージとして水は電気をよく通すと思われるが、これは水に含まれる不純物が電気を通しているのであって、純水は電気を通さない。 では水辺に出現しやすい。

次の