年金 全額 免除 追 納。 免除されていた国民年金保険料を追納したほうがいい理由とは

国民年金の追納方法について解説(3年度目から値上がりするのを知っていますか?)

年金 全額 免除 追 納

何かでちょこちょこ金儲けする気はあってもサラリーマンとして再就職することはない。 ただ年金の記事にコメントを貰い年金定期便の額が減額される可能性を知った。 事実関係とその分の収入は今後考えなくてはいけないがまずは年金の支払いについて。 退職後2年間支払い残りの8年間は全額免除で考えていた。 しかし政府の腰巾着のようなアホな学者が准高齢者とわめき立てて政府の思惑で65歳で支給されないリスクが高まっているので無駄な投資になるのもバカバカしい。 もし70歳で支給開始になると親類縁者の寿命を鑑みても80歳まで生きられればいい方なのかもしれないので支給期間はたったの10年になる。 前回の計算で損益分岐点は20年支給以上。 まるでお話にならない。 そこで退職後は失業を理由に全額免除の方向で進める。 年金支払い分はそのまま貯蓄とする。 そして10年後の60歳でもし年金受給開始が引き延ばされていなければ年金の追納をする。 この間にもし大きな所得があれば税金対策で追納をする。 追納の期限は10年以内である程度収入があれば税金が還元される。 出典 年金支払い様子見作戦だ。 凡庸なネーミングセンスだがこの作戦のいいところは年金という投資に選択肢を作るということ。 年金支給開始が65歳から70歳になれば60歳の時点で追納はしない。 追納しなければ無駄な支出が減る。 もし途中で何か事業で儲ってしまった時に全額追納すればその時の税金が減額される。 景気が上向いて年金受給額が上がりそうなら追納するとか体の調子が悪くてとても70歳までも生きられなさそうであれば追納しないと状況に応じて年金への残投資の調整ができる。 50歳でアーリーリタイアして無職で貯蓄切り崩し生活にはいい方法だ。

次の

保険料の追納はした方がよいのか?

年金 全額 免除 追 納

(写真=PIXTA) 年金は、収入が少ないなどの理由で年金保険料を支払えない場合、手続きをすることで「免除」や「猶予」といった保険料負担を軽減する措置が受けられます。 経済的に厳しい場合だけではなく、20歳以降でも在学中なら保険料を猶予される「学生納付特例」や、地震や火災等で被災したときの免除、配偶者からのDV被害で逃げているときの免除などもあります。 猶予や免除を受けている間は、年金を支払った期間とみなされますし、いったん保険料負担は減らすことができます。 ただし、その分、満額の保険料を支払ったときよりも、将来受け取れる年金額が少なくなってしまいます。 そこで、そのとき払えなかった分を、生活に余裕が出て支払えるようになったときに後から追加で納められる制度があります。 これが「追納」です。 追納できるのは、過去10年以内の年金保険料です。 免除や猶予を受けた期間から3年以上経っていると、当時の保険料に加えて経過期間に応じた「加算額」も必要になる可能性があります。 追納するならできるだけ早めの方がいいでしょう。 ちなみに、免除や猶予の手続きをせずに年金保険料を払っていない「未納」状態の場合は、後から支払うことを「追納」ではなく「後納」といい、過去2年分までしかさかのぼれません。 当たり前ですが、未納期間は年金を支払った期間とはみなされません。 納付した期間が10年未満だと将来年金をまったく受け取れない「無年金」状態になってしまいますし、たとえ10年以上あっても未納期間が長いほど受給できる年金額が少なくなります。 障害年金や遺族年金も受け取れない可能性もありますので、たとえお金がなくても「未納」は避け、「免除」や「猶予」を活用したいところです。 (写真=PIXTA) 追納とそのまま納めない場合では、追納する方がおすすめです。 追納すると、将来の年金額が増える 追納すると将来の年金額が増えます。 自分に追納できる期間があるのか、いくら払えばいいのか、日本年金機構が運営する「ねんきんネット」で調べることができます。 もちろん最寄りの年金事務所でも教えてもらえますよ。 仮に、学生納付特例などの「猶予」を2年間受けていた場合、追納できる保険料は約40万円で、それを支払うと将来の年金は約4万円増えます(2019年時点)。 この「毎年4万円追加」は生きている間ずっと続くので、65歳から年金を受け取ったとして10年後の75歳まで長生きすれば、支払った額より受け取る額の方が大きくなります。 2年間「全額免除」を受けていた場合は、追納保険料は同じ約40万円で、年金額は約2万円増加します。 この場合は、85歳まで生きればプラスになりますね。 ちなみに、2017年の厚生労働省の調査によると日本人の平均寿命は男性81歳、女性87歳となっています。 追納すると、税金が返ってくるかも 追納した保険料は、社会保険料控除の対象になります。 つまり、税金が安くなる可能性があるのです。 会社の年末調整や確定申告のとき、忘れずに記入するようにしましょう。 いくら安くなるのかは、年収やほかの控除の有無などによっても違うので一概には言えません。 仮に課税所得金額300万円の方が2年分の保険料40万円を追納した場合、住民税と所得税を合わせて最大8万円まで安くなる可能性があります。 窓口まで行かなくても「ねんきんネット」で年金番号などが記入済みの申請書類がダウンロードできるので、追納できる金額を確認したついでに印刷して郵送、という方法でも手続きできます。 追納保険料は全部一括で支払うこともできますし、1ヵ月分ずつ、半年分ずつなどの分割もできます。 申請書類に自分で選んで記入する欄があるので、自分の今の生活を圧迫しない程度で設定しましょう。 申請が受理されたら、年金事務所から納付書が届きます。 それを使って金融機関の窓口やコンビニのレジなどで追納保険料を支払います。 口座振替やクレジットカード払いは利用できませんが、セブンイレブンなら電子マネー「nanaco」払いができます。 nanacoはうまく使えばポイントが貯まる分、現金で払うよりもお得ですよ。 (写真=PIXTA) 追納は「今後来る老後に備えて、少しでも年金を上乗せしておきたい」という方の助けになる制度です。 元が取れるかどうかは何歳まで長生きするかにもよりますが、今は「人生100年」とも言われる時代ですし、一度検討してみる価値はあります。 まずは自分の年金の支払い状況を確認してみるところから始めましょう。 実際にiDeCoを始めてみる iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。 iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。 ・税金の面でとても優遇されている ・毎月5千円から始められる ・投資信託の手数料がとても安い 老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。 圧倒的な商品数と無料ロボアドバイザーの利用で自分に合った商品が選べる 創業100年の歴史と実績がある老舗、厳選ラインナップで商品が選びやすい 簡単な質問に答えるだけでポートフォリオを提案してくれるファンドナビが便利 お客様満足度94.

次の

国民年金の追納のメリットは一体何か。免除や猶予の制度について

年金 全額 免除 追 納

スポンサーリンク 国民年金保険料の追納ってどんな制度? 国民年金の保険料を全額納付した場合と比べると、保険料の免除・猶予期間がある場合は、年金額が低くなります。 「年金額が低くなるのは不安・・、出来れば満額受け取りたい」と考えた時に免除・猶予期間の分をリカバリーできるのが「追納」という制度です。 追納制度とは、国民年金を免除・猶予した期間がある場合に、10年以内のものなら納付ができるよという制度のことです。 この追納にはメリットが2つあります。 1つめのメリットは、納められなかった年金を後から納付することで、老齢基礎年金の年金額を増やすことができること。 2つめのメリットは、追納した分は社会保険料控除の対象になることです。 社会保険料控除の対象になることで、所得税・住民税の負担が軽減されるようになります。 追納の手続き方法について 追納することを決めたら、最寄りの年金事務所で「国民年金保険料追納申込書」に必要事項を記載し、申し込みをしましょう。 申し込みが終わると、厚生労働大臣の承認を受けた納付書を受け取ります。 その納付書のみで支払いが可能で、口座振替やクレジットカードでの納付はできません。 郵送での提出は可能です。 追納の期限は10年前までということは覚えておこう 実は、追納はいつでも思い立った時にできるわけではありません。 追納ができるのは、申し込みをして承認された月から 10年以内の免除期間に限られています。 例えば、平成29年10月分が免除されていたとすると、追納は平成39年10月末まで可能です。 また、免除をうけた月が複数ある場合は、原則として古い期間から順に追納していくことになります。 また、 一部免除をうけていた期間中に、納付しなければいけない金額を納めていない場合は追納はできません。 (たとえば、4分の3免除の期間を追納したい場合は、残りの4分の1の保険料を納め終わっていないと追納することができないのです) 【注意!】保険料は3年度目から加算され値上がりするので、早めに納付した方がお得 追納を考えた場合に注意して欲しいのが3年度目からの加算額です。 下の表を見ていただくとわかりやすいのですが、当時の保険料と、今から追納する場合の保険料は同じ金額ではありません。 なんと、 免除や納付猶予の翌年から3年度目以降に追納を検討する場合は金額が値上がりしてしまうのです。 追納をしたいと考えているなら、早めに検討する方がお得と言えるでしょう。 全額免除の追納金額と差額の表(平成28年度に追納する場合) 期間 当時の保険料 追納する場合の保険料 余分に支払う 保険料 平成19年4月~ 20年3月分 14,100円 15,040円 940円 平成20年4月~ 21年3月分 14,410円 15,160円 750円 平成21年4月~ 22年3月分 14,660円 15,250円 590円 平成22年4月~ 23年3月分 15,100円 15,510円 410円 平成23年4月~ 24年3月分 15,020円 15,290円 270円 平成24年4月~ 25年3月分 14,980円 15,140円 160円 平成25年4月~ 26年3月分 15,040円 15,120円 80円 平成26年4月~ 27年3月分 15,250円 15,270円 20円 平成27年4月~ 28年3月分 15,590円 15,590円 0円 平成28年4月~ 29年3月分 16,260円 16,260円 0円 引用元:.

次の