つゆりカナヲ 最終選別。 【鬼滅の刃】炭治郎、善逸、伊之助たち鬼殺隊同期メンバーの生い立ちや能力など

栗花落 カナヲ

つゆりカナヲ 最終選別

栗花落カナヲの基本情報• 名前:栗花落 カナヲ• 読み方:つゆり かなを• 階級:丁(ひのと)• 虫柱・胡蝶しのぶの継ぐ子• 性別:女• 誕生日:5月19日• 年齢:16歳• 身長:152cm(9巻あたりから156cm)• 体重:44kg(9巻あたりから46kg)• 出身地:東京府 本所区 ほんじょく(墨田区、向島)• 趣味:朝から晩までシャボン玉• 好きなもの:アオイの作ったもの全部、ラムネ 炭治郎たちと同じ年に 最終選別に合格。 選別終了後、不死川玄弥が暴れているときもまったく関心を示していませんでした。 他人に関心がないようです。 那田蜘蛛山では禰豆子を殺そうとしました。 同じ年に最終選別を受けましたが、炭治郎たちより遥かに実力が高いと思われます。 炭治郎たちが鬼殺隊本部に到着したときには既に 継子でした。 というのも 幼少期から虫柱に師事していたのです。 意思決定に使っていた銅貨はそのときカナエから貰ったものです。 銅貨は生前カナエが作ってくれた思い出箱に入れているとのことです。 カナヲの日輪刀は淡い桃色、鍔(つば)と鞘(さや)に梅の花の模様があしらわれています。 以下より引用します。 第44話再登場後は、マント+スカート風の馬乗袴+ブーツ着用と大正ロマンを感じる服装で蝶可愛い。 馬乗袴なので二股に分かれている。

次の

栗花落 カナヲ

つゆりカナヲ 最終選別

の髪型や紫色の瞳・スカートやブーツ等の洋服が特徴的である。 身に着けている羽織は無地の単純なもの。 炭治郎と同日に最終選別に挑み、これを生き残った五人の内の一人だが、炭治郎を含めた他の三人(は集合場所にいなかったため不明)が満身創痍であったのに対して、カナヲは 傷どころか土汚れひとつなく涼しい顔で選別を突破していた。 人物 花のように可憐なニヒリスト 常に穏やかに微笑んでいるが、自ら喋ることは殆どなく、感情が掴みにくいミステリアスな美少女。 最終選別終了時の揉め事にも一切興味を示していない。 見様見真似で呼吸を習得できるだけの才能を持ち、同期隊士の中では ・常中をいち早く習得しており、最終選別を簡単に突破したのは純粋に圧倒的な戦闘力を有していたからであった。 幼少期は貧しい家に生まれ、両親から虐待を受けて育った(兄弟が何人かいたが、殆どが虐待による暴力で命を落とした模様)。 やがてその中で苦しみから逃れるために心を閉ざし(当人の言では 『ある日ぷつんと音がして 何も辛くなくなった』らしく精神崩壊に近い)、親に売られ人買いに縄で連れ歩かされているところを・しのぶ姉妹に保護されたが、その頃には自分の頭で考えて行動できなくなっていた。 当人曰く「全てがどうでもいいから何も決められない」ため言われないと何もできず、食事をするかどうかさえ自分で決められなかった。 そのため指示されていないことはカナエに貰った「表」「裏」と書かれた銅貨を投げて決めている。 ちなみに、彼女が着けている蝶の髪飾りはカナエの 形見である事が後に判明した。 に入った理由は、世話になっているで家事や怪我人の治療を達の様に上手く出来なかったからであった。 カナエとしのぶからは認められなかったが、カナヲは上記の通り見様見真似で""を使えるようになっており、更に最終選別に 無断で参加し突破してしまう。 それは鬼に家族を殺されたアオイや達、両親や姉、継子達を亡くしたしのぶを見ていて、次第にを許せない気持ちが強くなっていった末の行動であり、 間違いなく彼女の意志であった。 以降はずっとカナヲが自分の意志で行動しているとは思っておらず心配するしのぶから、とにかく迷わず、考えず、鬼の頚を斬るよう言い聞かされていた。 『表が出たらカナヲは心のままに生きる!』 炭治郎との出会いを経てからは 「この世にどうでもいいことなんて無い」「人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる」と激励され、少しずつであるが銅貨に頼らず「心のままに」行動する事が多くなった。 具体例としては、に無理矢理任務に連れて行かれそうになったアオイとなほを助けようと(直前まで銅貨を使うか否か葛藤した末に)宇髄を引き止めたり、遊郭での戦いで負った傷により二ヶ月間眠り続けていた炭治郎の意識が戻った際には、涙を流しながら安堵の言葉を漏らすなどしている。 その他 なお、「栗花落」という苗字はいくつかの候補の中からカナヲ本人が決めたものであり、カナエとしのぶの「胡蝶」以外にはアオイの「神崎」、「久世(くぜ)」「本宮(もとみや)」などが候補に挙がっていた。 姉妹が欲しかったアオイは、自分の苗字を激推しして横から口出ししていたという(19巻の大正コソコソ話より)。 栗花落カナヲのみが行使できる、特殊な 絶技。 行使している間は、相手の動きがスローモーションのように映る……認識時間そのものが拡張していることから、脳内を意図的に過剰分泌させての、への強制移行も推察される。 ただし言うまでもなく、カナヲの視神経が受ける負荷も絶大であり、網膜血管が破裂寸前まで拡張して、が彼岸花の如く朱に染まるほど。 このため技の使用時間に比例して、のリスクが高まっていく。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 カナヲの隊服は状の特別なものが支給されている(単行本情報によると正確にはらしい)。 初期のころは膝下まである長さだったが、なぜか回が進むにつれて短くなった(推察される原因については、を参照)。 更に履物は草履ではなくブーツを使用しているなど、と同じく全体的に洋装寄りのデザインとなっている。 ネタバレA 無限城内部での対「」戦。 ネタバレB 鬼の首魁「」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 無惨によって鬼殺隊が無限城へと落とされた後、カナヲは仲間達を探して城内を駆け回った。 その先で彼女を待ち受けていた運命は・・・。 以降の詳細については、 を参照。 勿論 ネタバレ注意。 ネタバレB 無限城崩壊後は、と共に皆と合流。 の札を使い姿を消した上で無惨に攻撃を仕掛けるが、無惨の全方位攻撃によって仲間達は戦闘不能となり、運良く直撃を免れたカナヲも札が斬られた事で無惨に見付かってしまう。 絶望的な状況の前に成す術も無く座り込むカナヲに容赦なく無惨が襲い掛かろうとしたその時、死の淵から復活した炭治郎が参戦。 間一髪でカナヲは助かり、炭治郎の手で隠に託された。 更にそれ以降の詳細は を参照。 ネタバレ注意。 ネタバレC を参照。 ネタバレ注意。

次の

【鬼滅の刃アフレコ】ねずことむいむいが付き合ったら/もしもシリーズ【きめつのやいば・むいねず・時透無一郎・栗花落カナヲ・胡蝶しのぶ・竈門禰豆子・アテレコ・おきゃんチャンネルさん推し】

つゆりカナヲ 最終選別

サイドテールに紫色の瞳、蝶の髪飾りが特徴。 スカートの隊服にブーツを着用している。 前花柱の胡蝶カナエと、蟲柱・胡蝶しのぶの義妹である。 常に笑顔を浮かべており、自ら話す事がない。 これは幼少期に虐待を受けたことに原因がある。 自分の意見を持っておらず、指示されたこと以外はコイントスで自身の行動を決める。 しかし、炭治郎との出会いにより徐々に自身の考えで動くようになった。 『花の呼吸』を使用して戦闘を行う。 人並み外れた視覚を有している。 敵の肩や視線、つま先、膝など、体全体の動きから攻撃を予測する事ができる。 蟲柱の胡蝶しのぶの『継子(才能を認められた柱の直弟子)』であり、炭治郎たちよりも早く『全集中の呼吸・常中(全集中の呼吸を常に行う事)』を体得していた。 栗花落カナヲの来歴・活躍 虐待されて育ったカナヲ カナヲは両親から虐待されて育った。 両親はカナヲが泣くとさらに暴力を振るい、水の中へ沈めた(カナヲには兄妹がいたが、虐待により死亡したと思われる)。 その行き過ぎた暴力から逃れるために、カナヲは視覚が異常に発達して致命傷を避けていた。 カナヲはある時期まで痛みや辛さを感じていたが、ある時から糸が切れたように何も感じなくなった。 その後、カナヲは人買いに売られてしまう。 人買いに連れられて歩いているカナヲを胡蝶カナエと、その妹である胡蝶しのぶが見つける。 カナエとしのぶはカナヲを人買いから救って連れ帰った。 カナヲは虐待されていたせいで自分で考えて動くことができず、ご飯を出されても食べようとしなかった。 そこでカナエはカナヲにコインを渡し、迷った時はコインを投げて決めるようにアドバイスした。 その能天気な考えにしのぶは怒ったが、カナエは「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫。 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ。 」と微笑んだ。 それからカナヲはカナエとしのぶの妹となり、一緒に暮らすようになった。 その後、カナヲは最終選別試験を潜り抜け鬼殺隊に入隊した。 同じ試験を受けていた炭治郎や善逸は傷だらけだったが、カナヲだけは汚れひとつ付かずに涼しい顔をしていた。 炭治郎との出会い 炭治郎に心のままに生きるように決められたカナヲ 炭治郎たちは『機能回復訓練』を終え、次の任務に出ることになった。 炭治郎は世話になったカナヲに挨拶に行く。 カナヲは礼を言う炭治郎に対し、ニコニコ微笑んでいるだけだった。 しかし、炭治郎がいつまでたっても帰らないため、コインを投げ、表が出たために「師範の指示に従っただけなのでお礼を言われる筋合いは無いから。 さようなら。 」と話した。 だが炭治郎は帰るどころか腰を下ろし「今投げたのは何?」「表と裏って書いてあるね。 なんで投げたの?」「あんなに回るんだね。 」と話し出した。 カナヲは最初は受け流していたが、折れることがない炭治郎に「指示されてないことはこれを投げて決める。 今あなたと話すか話さないか決めた。 」と話した。 すると炭治郎は「なんで自分で決めないの?カナヲはどうしたかった?」と問う。 カナヲが「どうでもいいの。 全部どうでもいいから自分で決められないの。 」と言うと、炭治郎は「この世にどうでもいいことなんて無いと思うよ。 きっとカナヲは心の声が小さいんだろうな。 」と返した。 炭治郎は少し悩んだ後、カナヲのコインを持ち「よし!投げて決めよう!カナヲがこれから自分の心の声をよく聞くこと!表!表にしよう!表が出たらカナヲは心のままに生きる!」と言ってコインを投げた。 炭治郎が投げたコインは表だった。 炭治郎はカナヲの手を握り、「カナヲ!頑張れ!人は心が原動力だから!心はどこまでも強くなれる!」と言ってその場を去ろうとした。 カナヲは慌てて「なっ何で表を出せたの?」と聞いた。 すると炭治郎は「偶然だよ。 それに裏が出ても、表が出るまで何度でも投げ続けようと思ってたから。 」と笑顔で答えた。 炭治郎が去った後、カナヲはコインを大事そうに握った。 その後、カナヲは徐々に自分の考えを口にするようになった。 童磨を非難するカナヲ 童磨は上弦の参である猗窩座が倒された事を察しており(炭治郎と水柱の冨岡義勇が倒した)、「悲しい。 一番の友人だったのに …。 」と言って涙を流した。 カナヲはそんな童磨を見て「もう嘘ばっかり吐かなくていいから。 」と言った。 童磨はその言葉に疑問を抱く。 カナヲは一番の友達が死んだというのに、顔色に全く変化がないことを指摘した。 そして「貴方何も感じないんでしょ?この世に生まれてきた人たちが、当たり前に感じている喜び、悲しみや怒り、体が震えるような感動を。 でも貴方は頭が良かったから嘘を吐いて取り繕った。 自分の心に感覚がないってばれないよう、楽しいふり、悲しいふり。 貴方には、嬉しいことも、楽しいことも、苦しいことも、つらいことも、本当は空っぽで何もないのに。 滑稽だね。 馬鹿みたい。 ふふっ。 貴方何のために生まれてきたの?」とカナヲは言った。 童磨はいつも笑顔を浮かべている鬼だが、この時は真顔で「君みたいな意地の悪い子初めてだよ。 何でそんな酷いこと言うのかな?」と言った。 伊之助に助けられたカナヲ 童磨は氷の血鬼術を使うが、カナエはその冷気を全く吸わなかった。 しのぶが死ぬ間際に指文字でカナヲに童磨の能力を伝えてはいたが、それでも戦闘をしながら一度も冷気を吸わないのは至難の技だった。 童磨はカナヲの事を「ややもすると、今喰った柱の娘より実力があるのかもしれない。 」と評した。 童磨と対峙したカナヲは震えが止まらないほどのプレッシャーを感じていた。 しかし、それを上回る憎悪がカナヲの中に渦巻いていた。 カナヲは優れた視力により童磨の攻撃を予見し攻撃を避けていた。 それに気づいた童磨は次々に広範囲に効果が及ぶ血鬼術を使用し、カナヲは遠ざけられた。 距離が離れているのにも関わらず、童磨はカナヲの視界から消え、次の瞬間には日輪刀を奪っていた。 そして童磨は血鬼術をカナヲに向けて放った。 カナヲは成す術がなかったが、その時、天井から同期の鬼殺隊の剣士である嘴平伊之助が落ちてきてカナヲ助けた。 伊之助は傷ついたカナヲ見て「おまっ…ボロボロじゃねーか!何してんだ!怪我したらお前アレだぞ!しのぶが怒るぞ!すげー怒るからなアイツ!」と口にした。 それを聞いたカナヲは悲しみの表情を浮かべた。 その表情を見た伊之助は「死んだのか?しのぶ。 」と問い、しのぶから優しくされたことを思い出した。 そして童磨に向き直った伊之助は「咬み殺してやる塵が。 」と吐き捨てた。 その後、伊之助の素顔を見た童磨は、伊之助の事を見たことがあると口にした。 童磨は伊之助の母親を殺しており、伊之助が山に捨てられたのはそのためだった。 母親の事を思い出した伊之助は「ただ頸を斬るだけじゃ足りねぇ!お前には地獄を見せてやる!」と叫んだ。

次の