南天 剪定 時期。 ヒイラギナンテンの剪定のまとめ

【南天(ナンテン)のまとめ!】剪定や花言葉など18個のポイント!

南天 剪定 時期

は生育が遅い は剪定して切っても、新しい芽が出て来ます。 なので、剪定に失敗して新芽が出なくなる!なんてことはないのですが、そもそも生育が遅いんですね。 生育が遅いから剪定する頻度というか必要に迫られることはないんです。 普通の樹木は毎年剪定しないといけないってのが多いですから、ヒイラギナンテンは本当に楽。 生育が遅いってことは、つまり、バッサリと行くと回復まで時間がかかるってことです。 戻るのは間違い無いんですよ。 萌芽しやすい どこで切っても、新芽が出ます。 幹の途中で切っても、その下から新芽が出ます。 でも、出来るならば、枝が出ている上で切るようにします。 その方が回復が早いですから。 古い枝には花が咲かない ヒイラギナンテンは花も綺麗です。 そこで、剪定するときに、同じように不要であるならば、花の咲かない古い枝から優先して落とすようにします。 ここでいう古い枝は伸びたのが二年前の枝のことです。 花は昨年延びた枝につきます。 ただ、 ヒイラギナンテンは葉っぱがメインで花と実はおまけ。 さほど気にしないでいいです。

次の

ナンテン(南天)の特徴と種類、育て方!実がならない理由とは?

南天 剪定 時期

夏には白い花を咲かせて徐々に赤色に変化していくのが特徴的です。 冬になると赤い実ができ、それが咳止め効果があると親しまれています。 魔除けや火災除けとして江戸時代には玄関先に植えられるなど、身近な存在であったと言われている樹木で、鬼門とされる南西に植えておくことが一般的であったようです。 赤い実は昔から、煎じて飲むことで咳止め効果があるとされていて、葉には殺菌・防腐作用があるといいます。 ただ葉の部分には、有毒性のあるアルカロイドが含まれていて、少量であれば問題ありませんが、大量に摂取すると知覚や運動神経に麻痺が生じることがあると言われているので、医学的な知識がない場合は、自己流で煎じて飲むことは危険です。 南天の植え方・育て方、育てる時期 - 2018年 1月月5日午後8時29分PST 南天は丈夫な樹木であると言われていることから、初心者の方でも育てやすいのが魅力になっています。 しかし、乾燥に弱いという性質を持っているので、育てる時は土が乾燥してしまわないように、常に注意する必要があるでしょう。 また花が咲いている時期に、雨よけとしてビニールを被せておけば、実の付き方がよくなるので、一度試してみてください。 南天は種まきと苗植えから育てる樹木で、種まきから育てると成長するまでに時間がかかるので、早めに成長した姿が見たいという方は、苗植えから始めるといいかもしれません。 種まきから始める場合は、11月頃に出来た実から種を取り、すぐに植えることをおすすめします。 春に植える場合には、実を湿らせないように冷蔵庫で保存し、3月頃に植えるといいでしょう。 鉢やプランターに種を植え、水をかけたら日陰で発芽を待ちます。 花がつくまで4年ほどかかると言われているので、気長に成長を待っておくしかないでしょう。 鉢で育てる場合は、苗よりも一回り大きな鉢を用意して、軽石・土・苗の順番に入れていきましょう。 地植えで育てる場合には、朝に日光がよく当たり、西日は日陰に入るような場所を選択して成長させてください。 南天の剪定の必要性 南天は生命力に溢れている樹木であることから、剪定を行わないと、枝や葉が溢れかえってしまい、庭の場所を占領してしまう恐れがあります。 そのため、定期的な剪定を行い、樹形を整えながら剪定を綺麗に行っていくことが重要です。 また南天は小さな枝が生えてくる特徴があるので、こまめに剪定を行っていないと、生い茂ってしまい、実の管理などが大変になってしまいます。 いつ剪定するのか、事前に決めておき、定期的な剪定を心がけていきましょう。 しかし、6月には花が咲く季節であることから、花が咲いている枝を剪定してしまうと、実がならなくなってしまうので、注意が必要です。 また南天は成長が早い樹木であるため、枝や葉が増えすぎてしまった場合は、適宜剪定を行っていくことが重要になるので、日ごろから様子を見ながらタイミングを見計らっていきましょう。 南天の剪定に必要な道具 南天は比較的背の低い樹木であることから、剪定のために用意する道具も多くはありません。 基本的に細かい剪定を行う際には木バサミを使用して、小さい枝を剪定していき、樹形を整えながら、邪魔の葉を少しずつ減らしていきます。 また葉や枝に触れてしまうと、かぶれてしまうこともあるこから、剪定の作業を行う時には軍手も用意しておくといいでしょう。 定期的に剪定を行う時には、木バサミで枝を切り落としていき、手には軍手をはめて作業してください。 少し高いところを剪定する時には、脚立があると便利かもしれません。 南天の剪定の方法 南天は放っておくと成長が早く、伸び過ぎてしまう恐れがあります。 そのため、剪定の方法としては、一度実をつけた枝を把握しておき、切り取ってしまうことが重要です。 基本的な剪定の方法としては、枯れた枝や弱い枝は根本から切り取るように剪定を行い、樹木の内側の風通しをよくした方がいいでしょう。 風通しが悪いと、樹木の病気や害虫が増加する原因になってしまうので、生い茂ってしまわないように、定期的に剪定を行っていくことが必要です。 実がついた枝を切り取り、新しい枝から実をつけるような剪定を行っていくうちに、南天がの樹高が出てきたのであれば、梅雨の時期にある程度の高さで詰める切り戻し剪定を行うことをおすすめします。 切り戻し剪定を行うと、幹しか残らないようになってしまいますが、南天の成長力を考慮すると再び枝が生えてくるまで、時間はかからないので、思い切って切り戻し剪定を行うことも考えておきましょう。 南天の剪定の際に気をつけるべきこと - 2018年 1月月23日午前1時00分PST 初心者でも簡単に育てることが出来ると言われている南天ですが、剪定を行う上では注意点もいくつかあります。 どんなことに注意しながら剪定を行わないといけないのか、詳しく解説していきましょう。 ・放っておくと見た目が悪くなる 南天は生命力がある樹木であることから、水や肥料もあまり必要とせずに成長を続けます。 そのため、育てやすい樹木なのですが、生命力がある分、枝が成長するスピードも早く、放っておくと伸び放題になって見た目が悪くなってしまうのです。 そのため、定期的な剪定を行い、樹形を整えるように剪定を行う必要があります。 ・6月頃の剪定には注意 定期的に剪定を行う上で、6月頃の剪定には注意しないといけないことがあります。 6月には花が咲くのですが、花が咲いている枝を剪定してしまうと、実がつかなくなってしまうので、剪定する枝は吟味しないといけません。 南天は赤い実をつけることに魅力がある樹木なので、大切な実がなくなってしまわないように、注意しながら剪定を行っていきましょう。 南天は育てやすいが剪定は慎重に行うこと 生命力があり、放っておいても成長を続けることから育てやすい南天ですが、日ごろから剪定を行っていかないと、枝が増えてしまい、見映えが悪くなってしまうので、剪定は定期的に行っていきましょう。 また枝が増えてしまうと、風通しも悪くなってしまい、病気や害虫発生の原因になってしまうことから、剪定はこまめに行ってください。 赤い実には咳止め効果もあると言われていて、見た目にも綺麗なことから、庭に生えているだけで、存在感がある樹木に南天は成長してくれます。 綺麗な姿に成長してくれるように、剪定の方法を覚えて、南天を大きく成長させてあげましょう。

次の

ヒイラギナンテンの剪定は意外と簡単!時期やポイントなどを徹底解説|生活110番ニュース

南天 剪定 時期

南天ってどんな植物? ところで皆さん、南天のことどれくらい知っていますか? おそらく、南天のど飴を思い浮かべる人がほとんどでしょう! 南天は、煎じて飲むと喉にとても良いと言われています。 だからのど飴にもなっているのですね。 そんな南天には、6〜7月に可愛らしい白い花が咲きます。 実がなるのは11〜12月です。 その様子から、南天の花言葉には「私の愛は増すばかり」というものがあります。 なんだかロマンチックですね! 剪定の時期は、2~3月 南天は、放っておくとどんどん伸びてしまうほど、生命力があります。 そのため、定期的な剪定が必要なのです。 南天の剪定は、 2〜3月に行いましょう! 2~3月は、ちょうど南天の実が終わる頃です。 また、南天には小さな枝などが生えてくることがあります。 小さな枝が生えてきたときには、剪定の時期に関わらず、その都度、切ってくださいね。 放っておくとどんどん増えて、ごちゃごちゃしてきてしまいますよ。 高さが高くなりすぎたら、 切り戻し剪定を行いましょう。 切り戻し剪定は、ちょうど花が終わる頃に行うので、開花時期の 6月が最適です。 剪定するときには、このような「 もう実がしばらくならない枝」を切っていきます。 では、どのようにして切っていくのが良いのか、詳しく紹介していきますね! 弱い枝、枯れている枝を切る 細くて弱い枝や枯れている枝を付け根から切っていきます。 このような枝は新しい枝の栄養を奪ってしまいますからね。 どうせ剪定してスッキリさせるなら、見た目もきれいにしたいですよね。 そのため、見栄えを良くために本来は切らなくてもいい枝を切ってしまっても、大丈夫ですよ。 切り戻し剪定のしかた 南天の高さが高くなりすぎてしまったら、 切り戻し剪定を行います。 え、切り戻し剪定って何? そう思った人もいるかもしれませんよね。 先ほど紹介した普通の剪定では、無駄な枝を切っていく、という感じでした。 でも、それだと高さを抑えることはできません。 切り戻し剪定をすれば、 高さを抑えることができ、さらに新しい花が咲きやすくなるのです。 やり方もそんなに複雑ではありません。 基本的に、 花が咲き終わってしまった枝を切っていきます。 普通の剪定の時に切る、「もう実がしばらくならない枝」とは別です! 咲き終わった花が、枝から栄養を取ってしまうのを防ぐために切ります。 あんまりバッサリ切るのも……と思って、ためらってしまう人もいるかもしれません。 でも、勇気を持って、なるべく地面に近い下のほうで、バッサリと切ってしまって大丈夫です! ただ、注意しなければならない点もあります。 切る時は、 枝分かれしているところや、 芽のすぐ上のところから切っていきましょう。 変なところで切ると、その枝が枯れてしまう恐れがありますよ。 南天の管理で気をつけたいポイント 日本人は言葉遊びが大好きです。 南天は、そんな日本人に縁起のいい樹木として知られています。 それは「難を転じる」=難転=南天となるからです。 管理として気を付けたいのは、樹木の病気~枯れない(枯れるのは縁起が悪い)ようにする。 それから、なった赤い実が落ちる季節になったらこまめに掃除することの2点。 心の面でも植物とした面でも、気を配りたいですね! こんな病気に注意! 南天につく病気は、主に 「すす病」です。 カイガラムシ(害虫)は、南天の樹液を吸って成長を妨げます。 それだけでなく、カイガラムシの排せつ物が樹木につくことで「すす病」になります。 葉に真っ黒いすす状のものがべったりついて、葉っぱの光合成を妨げます。 やっかいなことに、カイガラムシには決定的な駆除剤がありません。 だから、見つけ次第ブラシ状のもので、こすり落とします。 基本的に、枝や葉の付け根に綿状のものがついていたら、カイガラムシの可能性は高いです。 樹木ごと、こすり落としながらきれいに洗い流しましょう。 南天を育てるときに知っておきたいこと 最後に南天のお手入れをするときや、育てるときのポイントを4つお話しします。 ポイントといっても、南天は本当に育てやすいので、気をつけるべき点はあまりありません。 水やり 植物を育てるときには重要な、水やり。 ところが、南天にはあまり重要ではありません。 水やりはほとんどしなくて良いのです。 鉢植えの場合には、土が乾燥したら水やりをしますが、庭植えの場合、よっぽど乾燥する日が続いていなければそのまま放っておいてOK。 水やりする場合は、たっぷりとあげましょう。 鉢の下から水が流れてくるくらいまであげてくださいね。 肥料 植物を育てるには肥料も大切、と思いますよね? ところが、なんと南天には水やりに加えて 肥料もほとんどいらないのです。 最初に植えるときに市販の土を使うのであれば、もともと土に肥料が入っているはずなので、そのままで大丈夫。 肥料が入っていない土を使う場合には、最初に肥料をあげておくのがいいでしょう。 あとは2月と9月に肥料をあげると良く育ちます。 日当たりの良い場所が実をつけるには一番いいのですが、そうでなくても南天は十分に育ってくれます。 南天は6月に開花します。 6月ってちょうど梅雨の時期ですよね。 さすがに雨に濡れてしまうと、受粉がうまくいかなくなってしまいます。 害虫 南天につく可能性のある害虫は、 カイガラムシ。 あまりに枝がありすぎて通気性が悪くなってしまうと、ついてきます。 でも、この虫は自分では移動できません。 枝から地面に落としてしまえば、自然と死んでしまいますよ。 そこまで厄介な虫ではないですね! 南天って、本当に育てやすい植物ですよね。 これなら初心者の方でも安心して育てられます! まとめ 南天は育てやすく、ガーデニング初心者の人にも向いている植物です。 とっても生命力が強いので、どんどん成長していきます。 その分、剪定も必要になってきますよね。 枝が生い茂って通気性が悪くなると、カイガラムシがついてしまうので、しっかりお手入れすることが大切。 2〜3月に剪定を行い、伸びすぎてしまったら 6月に切り戻し剪定を行って、綺麗な形を保っていきましょう!.

次の