なす の お 浸し。 「なす」のカロリー − 簡単!栄養andカロリー計算

茄子(なす)の特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

なす の お 浸し

日本国内だけでも200近い種類があるというなす。 現在、主流となっているのは「中長なす」で、「長卵形なす」ともよばれています。 扱いやすいサイズで料理の種類を選ばず、オールマイティーに活用できます。 これに対し、20~30センチにもなる「長なす」は、やわらかいのが特徴で、炒め物や焼きなすにおすすめ。 また、「賀茂なす」で有名な「丸なす」は、肉質がしまっていてなめらかで、田楽や煮もの、揚げ物に向いています。 もともと水分が多いなすは、持ったときにずっしりと重みがあるものがおすすめなんです。 表面はツヤとハリがあり、傷や色むらがなく、濃い紫色のなすを選んで下さいね。 また、へたのトゲが鋭くチクチクしているものが新鮮です。 和食や洋食、中華を問わず、幅広い料理に使える「なす」。 油やだし汁を吸って、ジューシーでおいしいですよね。 とはいえ、悩ましいのが油を吸い過ぎてしまうこと。 ベチャッとした食感になってしまうばかりか、カロリーも気になるところです。 なすの油吸い対策で注目したいのが、なすの水分量。 食材に含まれる水分が多いと、加熱してその水分が外に出たとき、入れ替わりで油を多く吸ってしまうんです。 反対に、水分が少ないと油の吸収も少なくて済む、というわけ。 なすは、90%以上が水分できているため、そのまま調理してしまうと多くの油を吸収しがち。 つまり、事前になすの余分な水分を出しておけばいい、ということになります。 なすをカットし、断面に塩をふりかけて10分ほど置いておけば水分が出てきます。 あとはそれをキッチンペーパーで拭き取るだけ。 油の吸い過ぎを抑えられるばかりか、水分と一緒に出るアクをとることができるメリットもあるんです!.

次の

「なす」のカロリー − 簡単!栄養andカロリー計算

なす の お 浸し

今回は 生姜、大葉、大根おろしを使いますが、1つ2つ薬味が減っても問題ありません。 まず、 手順としては、なすを切ることを最後に行います(なすを水にさらさずにすぐに揚げるため)。 生姜と大根はすりおろし、大葉はせん切りにします(それぞれのやり方は下の補足にまとめます)。 それから鍋にAのだし汁と醤油、みりんを合わせておきます。 薬味とつゆの準備ができ、さらに揚げ油も火にかけて軽く温めはじめたら、最後になすを切ります。 なすはヘタを切り落とし、縦半分に切り、 切り口を下において、包丁をなすに対して斜めにして浅く2~3㎜間隔で切り込みを入れます。 切り込みを入れたら長さを半分にします。 そこに切ったなすを皮を下にして入れます。 皮側を1分、裏返してさらに1分の合計2分が加熱の目安です。 なすに火が通れば取り出します。 なすを揚げるタイミングで、事前に合わせておいたAのつゆも火にかけて軽く沸騰したら弱火にしておきます。 素揚げしたなすを器に盛り付け、熱々のつゆを注ぎます。 最後に薬味を盛り付けます。 大根おろしだけは水気を含みすぎているとつゆが薄くなるので、ざる上げするなどして軽く水けを切ってから盛るとよいです。 揚げたてが美味しいですが、つゆごと冷ましても美味しいです。

次の

「なす」のカロリー − 簡単!栄養andカロリー計算

なす の お 浸し

熱帯では多年生植物ですが、日本では一年生植物として知られています。 世界中で栽培されており大きさや色、形、へたの色まで多種多様です。 特にアジアで多く栽培されており、日本では各地で小なすや賀茂なすなど多くの地方品種が栽培されています。 育て方や品種改良によって形状も異なり、小丸なす、卵形なす、水なす、長なす、白なす、青なすなどが有名です。 中国には紀元前5世紀頃に伝わり、ヨーロッパには13世紀に中東や地中海沿岸を経て伝わったといわれています。 日本には奈良時代に中国を通じて伝えられました。 当時、初なりのなすはとても高価なものでした。 この頃に多くの品種が生まれ、なすは重要な野菜のひとつとなりました。 その他にもその味から「中酸実」を略したもの、「夏実」からきたもの、「茄」は植物をさし、「茄子」は果実を指すという説など名前の由来には様々な説があります。 全国各地で栽培されており高知県、熊本県、群馬県、福岡県が主な生産地です。 生産時期は年間を通しており、12月~6月に収穫される冬春なすは高知県や熊本県が、7月~11月に収穫される夏秋なすは茨城県や群馬県で多く生産されています。 世界では中国、インド、エジプトなどで多く生産されています。 はセロリよりも豊富に含んでおり生体調整機能に優れているといわれています。 「なす紺」といわれるほど鮮やかな青紫色は、の一種であるナスニンという成分です。 またアクにはクロロゲン酸が含まれます。 このナスニンやといったの持つ抗酸化力が体の老化や生活習慣病、ガンの予防に効果があるとして注目されています。 他にも炎症を抑えるプロテアーゼインヒビターや夏バテ防止に威力を発揮するコリンなどの成分を含んでいます。 抗酸化作用のあるビタミンEが豊富な植物油と組み合わせて摂ると最適です。 また切ってすぐに水にさらすとアクが抜けポリフェノールの酸化による変色を防ぐことができます。 漬物にするときは鉄くぎや焼きみょうばんを入れるとナスニンが安定するため、色も鮮やかに仕上がりナスニンの摂取量も多くなります。 保存は常温で2~3日のうちに使い切ってください。 三大格式のひとつであり、ほぼ完全な形で今日に伝えられている唯一の格式といわれ、日本古代史研究に不可欠な文献です。 ] なすの効果 なすは血液の循環をよくする、尿の出をよくする、のぼせや高血圧の予防、体を冷やす、炎症を抑えるなど様々な薬効が期待できるとして日本や中国では古くから民間療法に使われてきました。 またなすに含まれるコリンという成分には、胃液の分泌を促す働きがあり肝臓機能を高める効果があるため食欲不振に有効です。 このことから、夏に起こりがちな不調にぴったりの夏野菜といえます。 夏に旬を迎える野菜は鎮静・炎症効果があり、体温を下げると考えられていたためです。 アセチルコリンには血管を拡張して血圧を下げる働きがあります。 レシチンは細胞膜を作る成分で、肝臓への脂肪の蓄積や血管壁へのコレステロールの沈着を防ぐことから、高血圧や動脈硬化脂肪肝などの生活習慣病の予防に効果があります。 血圧の上昇を抑えるカリウムも比較的多く含まれます。 また、なすに含まれるナスニンは、コレステロール値を下げる働きが報告されているため、様々な成分の相乗効果が期待できます。 ポリフェノールには活性酸素や過酸化脂質の生成を抑制する働きがあり、老化やガンの抑制が期待できます。 ナスニンにはコレステロール値を下げる働きがあり、様々な野菜の抽出物で発ガン物質の抑制効果を調べたところ、なすの抑制効果がトップクラスであったとの報告があります。 アクに含まれるクロロゲン酸が分解されてできるカフェ酸は肝臓ガンや肝硬変の予防に効果を発揮します。 炎症や痛みをやわらげる作用があり、胃炎や口内炎、関節痛、神経痛、のどの痛みにも有効です。 民間療法では、なすをアルミホイルで包んで黒くなるまで蒸し焼きにしてつくった黒焼きをはちみつで練ったものを塗ると口内炎や歯痛が緩和されるといわれています。 【6】 なすの研究情報 【1】高脂肪食摂取ラットを対象に、なすに含まれるであるナスニンを0. 【2】なすに含有される成分についてNMRを用いて分析した結果、クロロゲン酸、カフェオルキナ酸、カフェ酸など多くの機能性成分が確認されたことから、なすに高い機能性が期待されています。

次の