清水 翔太 この 日 の こと。 お知らせ|TBSテレビ:クリスマスの約束

「結婚式に歌いに来てください」というメッセージに対しての清水翔太さんのツイートに反響 ダルビッシュ有さんもコメント | ガジェット通信 GetNews

清水 翔太 この 日 の こと

シンガーソングライター・小田和正による、クリスマス恒例の TBS のコラボレーションライブ番組 『クリスマスの約束2019』 が放送決定!12月25日 水 深夜24時10分から放送する。 2001年の放送開始以来、深夜帯にもかかわらず常に高視聴率をマーク。 これまで2度にわたりギャラクシー賞月間賞を受賞、さらに放送文化基金優秀賞を受賞するなど、「放送業界屈指の音楽特番」 と称するに値する番組の一つと言われている 『クリスマスの約束』。 2年ぶりとなった今回は、シンガーソングライターの KAN と松崎ナオが初参加。 それぞれの代表曲を披露する。 さらに清水翔太が5年ぶりに出演。 『クリスマスの約束2009』 で披露した 「22'50" 22分50秒 」 各アーティストの楽曲をつなげていくというメドレー で出会って以来、ずっと心に刺さっていたという 「この日のこと」 を小田と共に10年ぶりに歌う。 また熊木杏里、矢井田瞳は3月に放送された 『小田和正音楽特番 「風のようにうたが流れていた」』 に続いて出演。 さらに、JUJU、スキマスイッチ、根本要、水野良樹、和田唱ら、小田を支え続ける最強の面々が、今回も様々な楽曲でクリスマスの夜を彩る。 18回目となる今年の収録は、小田の地元である神奈川県横浜市の隣、横須賀市にある 「横須賀芸術劇場」 で行われた。 小田のツアーではおなじみの 「御当地紀行」 ツアーで訪れる各地の映像 が場内に流れ、ちょっと照れたような小田がステージに姿をみせると、集まった観客から大きな拍手が。 「マイホームタウンを突き抜けて、横須賀にやって参りました。 2年ぶりの 『クリスマスの約束』 ということで、楽しくやっていきたいと思います!」 と、小田が宣言するとゲストアーティスト11人と共に立つステージが赤と緑のクリスマスカラーに染まり 「きよしこの夜」 のハーモニーが鳴り響く。 冬の風物詩といっても過言ではない 『クリスマスの約束』 の幕開けだ。 番組初参加の KAN は、クリスマスを意識したという衣装で登場。 衣装のポイントや作詞するときの心理について小田とトークが弾む。 さらに小田のリクエストで KAN の代表曲のひとつである 「愛は勝つ」 を披露し、観客の心をほぐしていく。 同じく初登場の松崎ナオは、小田から 「なんとなく縁がありまして…」 と、松崎の父親との関係を切り出される一幕も。 母親の影響でオフコースが好きだという松崎は、小田のリクエストで、オフコース時代に小田が発表した 「誇れるのはたゞ」 を披露する。 メンバーは、小田、スキマスイッチ、根本要、水野良樹 は、チューリップの名曲 「心の旅」 をカバー。 さらに新曲を初披露!! 今回で3回目となる和田唱との 「ムービーメドレー」 は、懐かしの映画音楽や松たか子が歌ったあの映画の名曲などで場内を盛り上げる。 収録日の前日が44歳の誕生日だった和田に、小田の合図で出演者たちからサプライズでバースデーソングを贈る一幕も。 そんな中、和田が観客に口笛での参加を求めると、5階まである場内のあちこちで、小田が話しているにも関わらずひゅーひゅーと音が鳴り響きだす。 ステージと観客が一体になる 「ムービーメドレー」 は必見だ。 さらに根本やスキマスイッチに次いで10回目の出演となる JUJU は、矢井田瞳、熊木杏里と共に往年の名曲を披露。 デビュー15周年を迎えた JUJU は 「歌うことがすごく楽しい」 と小田との息もぴったり、しっとりと歌い上げる。 そして最後は 『クリスマスの約束』 のテーマソングともいえる 「この日のこと」 を清水翔太を招き入れて披露。 今年はぜひ翔太を呼んで、この曲で締めくくりたいと思いました」 と語った原点回帰ともいえる楽曲だ。 アーティストたちの思いが詰まったステージに、3万通を超える延べ10万人の応募の中から選ばれた1600人の観客が酔いしれた。 小田をはじめ豪華アーティストたちが名曲を奏でる 『クリスマスの約束2019』 は、12月25日 水 深夜24時10分からお届け。 ぜひクリスマスの夜にお楽しみください。 良かったら聴いてみてください。 140秒までしかアップできないので最後までいけなかったですが感動する曲です。 」 という文章と共に公開した。 放送予定楽曲• きよしこの夜• この日のこと• 心の旅 ほか 出演• KAN• 熊木杏里• 清水翔太• JUJU• スキマスイッチ 大橋卓弥、常田真太郎• 根本 要 STARDUST REVUE• 松崎ナオ• 水野良樹 いきものがかり• 矢井田瞳• 和田 唱 TRICERATOPS バンドメンバー• 木村万作 ドラム&パーカッション• 栗尾直樹 キーボード• 稲葉政裕 ギター• 有賀啓雄 ベース ストリングス• 金原千恵子 ファーストバイオリン• 吉田翔平 セカンドバイオリン• 徳高真奈美 ヴィオラ• 堀沢真己 チェロ スタッフ• 製作著作:TBS• 制作協力:TBSスパークル• プロデューサー:服部英司• ライブ演出:柴田猛司.

次の

清水翔太 側に… 歌詞

清水 翔太 この 日 の こと

スポンサードリンク 小田和正さんの音楽特番【クリスマスの約束2019】が放送されるので、出演者と曲目セトリを紹介します。 【クリスマスの約束】は2018年が中止だったので待ちに待った2年ぶり。 心配してたファンはめちゃくちゃ楽しみで夜更かし決定!見るしかない!寝落ちしないように頑張るという人も多いと思います。 世代によっては小田和正さんがオフコース時代からの大ファンで、あの美しい歌声を聴ける【クリスマスの約束】は泣きながら幸せを感じる時間かもしれません。 リアルタイムで見れない人は録画を忘れないようにしないとですね。 小田和正さんは現在年齢72才であの歌声を維持するのは相当努力してるようです。 68才時点で腹筋100回は軽いと言っていたとか。 【クリスマスの約束2019】は小田和正さんを中心に、有名から無名まで幅広い出演者たちと何ヵ月もかけて練習して作り上げる、ガチ勢による心震える至極のライブ。 曲目も名曲揃いだから鼻歌で口遊むのも良いです。 18回目となる今回は、2018年が中止だったため2年ぶり復活です。 演奏ミスで撮り直しもあったりは公開収録ならでは。 観覧応募は3万通を超え、延べ10万人から選ばれた僅か1600人が一年に一度のスペシャルなステージを楽しみました。 真夏の横須賀芸術劇場『PHASE 05「混血」』ありがとうございました! 皆様と共に作り上げてきた本ツアーもいよいよ 9月23日横浜アリーナにて『 LIVE TOUR18-19 THE NINTH TOUR FINAL 「第九」』を迎えます! 最高のFINALをお届け致しますのでご期待ください!! 収録会場には嫁の女優・上野樹里さんもいたかも? 矢井田瞳さんは今年3月放送の『小田和正音楽特番 「風のようにうたが流れていた」』に続く出演です。 【矢井田瞳&恋バスBAND with小田和正】の曲「恋バス」を歌ってくれたらいいですね。 5年ぶり3度目の清水翔太さんの歌声も楽しみですね。 3回目になる「和田唱さんとのムービーメドレー」では、和田唱さんが観客に口笛参加を求め、5階まである会場の観覧客がひゅーひゅーと口笛を吹いてステージと観客が一体になった演奏が楽しめます。 ラスト曲をテーマ曲「この日のこと」にした理由は、清水翔太さんが8月にツイッターで同曲の弾き語り音源。 小田和正さんは「クリスマスの約束はこの歌で始まった」と原点回帰を想ったから。 清水翔太さんは初出演したときこの曲を22分50秒のメドレーで全員で歌った思い出があり、2人は2012年に「清水翔太feat.小田和正」名義で「君さえいれば」をリリースした仲でもあるのです。 僕が歌うのはおこがましい美しい曲ですが、未発表曲という事もあり、皆さんに聴いてもらいたいと感じて歌いました。 良かったら聴いてみてください。 140秒までしかアップできないので最後までいけなかったですが😣 感動する曲です。

次の

【ライブレポート】清水翔太、10周年イヤーに「これからも後悔しない一歩一歩でありたい」

清水 翔太 この 日 の こと

「今年も出演できて嬉しい」と語ったJUJUらとの一曲には「昔の曲を聴くとホッとする」という小田らしい、往年の名曲が選曲され、聞き応え抜群。 そして最後のパートナーは清水翔太。 小田は今年の夏、ネットで清水が「この日のこと」(『クリスマスの約束』のテーマ曲として制作された楽曲)をカバーしているのを見たと言い、『クリスマスの約束』がこの歌から始まったことを思い出し、この曲で締めくくりたいと思ったと話した。 同曲は当時デビュ一1年目だった清水が同番組で歌った曲でもあり、それ以来清水の心にずっと心に刺さっていたという。 〈その時きっと振り返るだろう 今日という この日のことを〉まさにこの先振り返りたくなるような、贅沢な一夜だった。 3時間を超える収録の間、ステージでアーティストとトークをし、歌い続けた小田の体力に、素直に脱帽した。 そして若い世代には聴き馴染みのない昔の曲も、聴きやすいアレンジで披露され、音楽のリレーを繋いでもらったような気持ちがした。 小田の変わらぬ歌声は、いつの時代も胸を打つ。 小田をはじめ豪華アーティストたちが名曲を奏でる『クリスマスの約束2019』は、12月25日深夜24時10分から。 2 current.

次の