ディズニーシー 死亡事故。 ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーで 死亡事故

東京ディズニーランドでの死亡事故

ディズニーシー 死亡事故

「舞浜アンフィシアター」にてワイヤーから転落事故 出典: 東京ディズニーランド内にある劇場「 舞浜アンフィシアター」で転落死してしまったのは、パフォーマー・ 吉野さん(38)。 吉野さんは世界的なアーティスト集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」のメンバーとしても知られていました。 事故の詳細は? 県警によると、事故直前、ワイヤーの降りる速度を調節している最中に、10メートル程下の舞台に転落し、 病院に搬送されたようです。 その他にも重傷をおってしまった事故などをまとめてみました。 あまりにも事故が多く、パーク内の天井には無数のお札がある…という都市伝説もあります。 その事故をキッカケに、危険な箇所を修正してきたのだという。 例えば・・・ ディズニーランドでは無数の尖った場所があるが、小さいお子様が触ると危険があるため、柔らかい素材に変更して、触っても大丈夫なんだとか・・・ 2015年10月ディズニーシーの人工河川にアルバイト男性の遺体 宮澤さんは死亡が確認され、作業中に誤って転落したのではないかと予想される。 発表によると、現場は「メディテレーニアンハーバー」と呼ばれる区域の一角にあり、乗船型アトラクションが巡る水路。 宮沢さんは水深約1メートル60の水路でみつかった。 同日午前0時頃から、現場近くで桟橋に水をまき、モップを使って清掃していたという。 ヴェネツィアン・ゴンドラとは? 出典: 水の都ヴェネツィアの運河で、実際に運行されている人力の遊覧舟を真似たアトラクションとなっています。 ディズニーシーの代表的なアトラクションとして知られています。 パラッツォ・カナルからポルト・パラディーゾのリドアイルまでの船の旅に出発です。 ゴンドリエのお話を聞きながら、ゲストは5つの 橋をくぐっていき、イタリアの港や美しい街並みを進んでいきます。 ゴンドラは結婚式の際に新郎新婦を乗せて運行されることもあります。 参考記事: 1983年(昭和58年)4月 トムソーヤ島で幼児が岩場から転落し、頭がい骨骨折の重傷 出典: 1983年4月、まだディズニーランドがオープンしてから1ヶ月も経たない頃、トムソーヤ島の岩場で遊んでいた幼児が転落してしまいました。 結果、頭がい骨骨折という重傷を負うことに。 1度だけではなく、その後も同様の事故が発生した為、ディズニーランドでは何度も岩場の改修が行われました。 jami-ru. 1984年(昭和59年)10月 「スペース・マウンテン」に乗車した女性が意識不明となり、病院への搬送後死亡 出典: 2003年(平成15年)12月5日 「スペース・マウンテン」において走行中、車軸が折れ車両の脱線事故 スペースマウンテンでの事故がキッカケで安全確認は万全にされているはずなのに、またもや脱線事故が起きてしまいました。 1980年代に多発した事故を懸念したディズニーランドの運営側はスペースマウンテンをお祓いし、その時のお札が今でも貼ってあるという都市伝説も語られている。 スペースマウンテンに乗車中に起こった出来事。 機械のトラブルでアトラクションが停止して、周りはほとんど暗く周りが見えないような状態でした。 「トラブルの為、一度照明を点灯します。 」とアナウンスが流れた時にそれは起こった。 「キャーーーー」という叫び声が…その女性は上を見て「・・・天井に・・・」と小さな声で呟いたそうです。 そこには無数に張り巡らされたお札が…まわりにいた人たちはそれを見て絶句したといいます。 天井には赤・黒・白のお札がびっしり・・・ 2005年 平成17年 8月 東京ディズニーシー「ハンガーステージ」照明割れ事故 出典: 2005年8月22日午後2時10分ごろ、千葉県浦安市の東京ディズニーシー(TDS)のエンターテインメント施設「ハンガーステージ」で、ショーの公演中に照明のライトが割れてガラス片が落ち、20代の女性客1人が左腕に軽いやけどをしたそうです。 観客約1000人がいたが、ショーを中断して施設の外に誘導されました。 23日以降のショーは検討中という。 ショーが始まって約10分後、高さ8・5メートルに設置された直径約2センチ、長さ約5センチのライトが割れ、ガラス片が客席などに落下したそうです。 引用記事: 2009年8月12日 ディズニーランド爆破予告事件 東京ディズニーランドなどを運営するオリエンタルランド(千葉県浦安市)に「閉園しなかったら爆発するぞ」などと電話をかけて脅したとして、千葉県警浦安署は12日、威力業務妨害容疑で岐阜県大垣市浅草3の124の2、自称アルバイト飯田雅継容疑者(35)を逮捕した。 逮捕容疑は6月18日正午ごろ、同社に「大雨になるから閉園しろ。 3時になったら爆発するぞ」などと電話をかけ、業務を妨害した疑い。 オリエンタルランドから同日、通報を受けた浦安署員が園内を調べたが、不審物は見つからなかった。 手段は秘密です。 ディズニーランドにいる人待ってろよ。 すぐに殺してやるから。 」などとツイートされ、すぐにこのアカウントは炎上。 手段は問いません。 」などとツイートが発見された。 炎上状態がヤバイと感じたのか、「警察に通報しないでください。 」「本当にネタなんです。 ごめんなさい。 心から反省しております。 」「ごめんなさい。 犯罪予告ツイートは嘘です。 」「ディズニーランド行けません。 名古屋駅行けません。 なのでRT止めて下さい。 お願いいたします。 」などと謝罪のツイートを連打していたのだそう。 しかもこの本人は女性でツイキャスなどで謝罪配信などしていたのだそう… 2014年4月26日 東京ディズニーシーのホテル「ミラコスタ」でノロ集団感染 131人が症状訴える 出典: 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ(千葉県浦安市)で先月26日、結婚披露宴で宴会場を使用した4グループの1~88歳の男女106人と、同日勤務していた19~44歳のホテル職員25人の計131人が下痢やおう吐などの症状を訴え、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団感染が発生していたことが8日、ホテルや県への取材で分かった。 県によると、重症者はおらず、全員が快方に向かっているという。 先月28日午後6時ごろに利用客がホテル側に申告し、発覚。 ホテルは同日、市川保健所に連絡した。 引用記事: こちらもおすすめ.

次の

ディズニー都市伝説|日航機墜落事故と因果関係が?乗客の魂がシンクロ?

ディズニーシー 死亡事故

東京ディズニーリゾートはいつ行っても楽しい夢のような場所です。 ゴミひとつ落ちていることもなく、キャストと呼ばれている人たちもいつも明るく対応も完璧です。 遊びに行くたびに「東京ディズニーリゾートってやっぱりすごいな」と思う人も多いのではないでしょうか。 東京ディズニーリゾートは、まさに夢の国なのです。 しかし、そんな夢の国である東京ディズニーリゾートも、この35年間無事故というわけではなかったようです。 最も最近の事故としては、東京ディズニーリゾート 東京ディズニーランド 内にある劇場「舞浜アンフィシアター」で、パフォーマーの男性がワイヤーから10メートル下の舞台に転落して死亡するという怖い事件が発生しています。 東京ディズニーリゾートは、実は本当は怖い場所でもあるのです。 不気味な都市伝説のようなものも数多く存在しています。 これからその事例をいくつかご紹介していきます。 東京ディズニーランドの中でも人気のアトラクション「スペースマウンテン」ですが、事件や事故が多発しているアトラクションでもあります。 「スペースマウンテン」は2007年、およそ半年をかけて全面リニューアルされています。 過去の事件や事故を踏まえ、安全面の強化とライトアップや装飾をグレードアップし更に楽しめるようにしたようです。 安全第一とされているのが「スペースマウンテン」です。 ものすごいスピードでエリア内を駆け巡ることや、急カーブなども多いことから「重量制限」まで設けられています。 しかし、それでも事故は起きてしまうのです。 1986年11月には部品落下で乗客1名が軽い怪我、2003年12月には車軸が折れ脱線するという事故が起きています。 両方とも人為的なミスであり、発生後2ヶ月間アトラクションはクローズとなりました。 「スペースマウンテン」は過去に2件の死亡事故が発生しています。 1984年10月「スペースマウンテン」に乗車した女性が意識不明となり病院へ搬送された後死亡が確認されました。 死因は心不全だったそうです。 また、1987年6月「スペースマウンテン」停止後に最前列に座っていた男性が立ち上がらなかったため、担架が運び込まれました。 しかし、脳溢血でほぼ即死状態であったそうです。 あのスピード感とスリルから考えると、体調が悪い時に乗ってしまったらそのような事故が起こっても不思議ではありません。 死亡事故以外でも部品が落下して乗客の1人が軽いけがを負うなど、事故が起きやすいアトラクションなのかもしれません。 いくつかの事故を経て事故以降は綿密な安全確認や厳しい利用制限がかけられているそうです。 事件は2012年5月28日に発生しました。 東京ディズニーシーの人気アトラクション「レイジングスピリッツ」に乗っていた会社員男性が、席の安全バーが上がったまま出発しようとしたため、危ないと思った男性が出発直後に降りようとして右足に怪我を負ったというものです。 発車直後、異常を感じたスタッフが緊急停止ボタンを押して一旦は止まりましたが、その後何らかの理由で再び動き出し、男性が降りた直後に再び緊急停止ボタンを押し、2メートルほど走って止まったそうです。 もし安全バーが上がったまま出発していたら、スピードを出して急カーブを曲がるときに途中で放り出されていたかもしれません。 それを恐れた男性が危険を察して降りようとしたのでしょう。 このような事故が起こった原因は、東京ディズニーランドの人手不足が原因だったのではないかとも言われています。 東京ディズニーランドといえば素晴らしい夢の国で、一時期はそこで働くことが一種のステータスのように思われていました。 しかし、労働条件としては決してよくはないというのが実情のようです。 というのもアルバイトの時給はコンビニ並みの1000円程度、外で働くことが多いので夏は暑く、冬は寒いのでかなり過酷と言えるかもしれません。 労働量が多いだけでなく、覚えることもコンビニよりはるかに多いと言われてています。 身だしなみや振る舞い、考え方についても非常に厳しいものが求められており、割に合わないとの声も聞かれます。 夢の国と呼ばれている東京ディズニーランド、東京ディズニーシーですが、怖い事故や事件が多発している場所でもあるのです。 その場所に入ると現実世界とはかけ離れた楽しみを味わえるのが東京ディズニーリゾートです。 老若男女問わず楽しめる人気のあるスポットですが、知れば知るほど怖い場所であることがわかるでしょう。 また、多くの都市伝説も存在しています。 「シンデレラ城」の呪いの指輪、「イッツ・ア・スモールワールド」に現れる子供の幽霊、「ホーンテッドマンション」の窓に現れる謎の人影、「ビッグサンダー・マウンテン」の緊急停止後の監視カメラに写ったレールを歩く女性、また「カリブの海賊」建設中に事故が発生し、死者が出たといいます。

次の

ディズニーリゾートで起きた衝撃事件、事故についてまとめました

ディズニーシー 死亡事故

米フロリダ()州オーランド()のテーマパーク「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート()」のホテル前にある人工湖でワニに襲われ、行方不明になっていた男児(2)が、遺体で発見された。 地元警察当局が15日、発表した。 オレンジ()郡のジェリー・デミングス()保安官は記者団に対し、「男の子の遺体はまったく損傷がなかった…遺体は検視のため、オレンジ郡の医療局に引き渡された」と語った。 死因はおそらく水死だとしている。 男児はネブラスカ()州在住のレーン・グレーブズ()君と特定された。 現場となったのはディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ()前の湖。 14日午後9時(日本時間15日午前10時)ごろ、深さ約30センチの浅瀬で遊んでいた男児が、ワニによって水中に引きずり込まれた。 当局によると、父親がワニと格闘したが、ワニは男児と共に水中に消えた。 ワニの体長は推定1. 2~2. 1メートルと報じられている。

次の