乃木坂46 公式ブログ 開始日。 乃木坂46

中元日芽香

乃木坂46 公式ブログ 開始日

略歴 [ ] 生い立ち [ ] 1996年4月13日、広島県で生まれ、親から「日芽香」と名づけられた。 日芽香という名は、暖かいお「日」様、桜の花びらからのびる新「芽」、風に散る桜の花の「香」りのような女の子に育ちますようにという願いを込めて名づけられた。 小学1年生の時、ダンスを始めた。 小学4年生の秋 、母親の勧めで 、のCクラスに16期生として加入した。 ボイスレッスンを90分、ダンスレッスンを90分、個人ボイスレッスンを30分こなす日々を送った。 しかし、小学生時代の将来の夢はで 、アクターズスクール広島には歌やダンスが好きで通っていたにすぎず、行く末は大学へ進学するつもりだった。 中学1年生の時、受験勉強のためにアクターズスクール広島を退学しようと考えたが講師に引き止められ 、アイドルグループ『』のメンバーとして活動した。 中学生時代は、放送部の部長を務め 、中学校文化連盟、NHK杯全国中学校放送コンテストに出場した。 中学3年生の時、歌やダンスで人を元気にしたいと思い 、みずからの意思で 、乃木坂46のオーディションを受験した。 2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではの「」を歌った。 乃木坂46としてデビュー [ ] 2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「」のカップリング曲「」「」でCDデビューした。 2012年3月、母と妹と共に東京へ上京した。 2012年4月、東京都の高等学校に進学した。 2013年11月27日、乃木坂46の7thシングル「」で初の選抜メンバーに選ばれた。 それまで2年間、選抜メンバーに選ばれず 、学業と芸能活動を両立していくなかで大学受験も考えたが、選抜メンバーに選ばれたことで歌やダンスが好きで東京へ上京してきたことを思い出した。 その結果、大学へ進学せず 、芸能活動に専念することを決めた。 2015年3月14日、高等学校を卒業した。 2015年3月18日、乃木坂46の11thシングル「」のカップリング曲「」で初のセンターを務めた。 2015年4月、『』(NHKラジオ第1放送)にアシスタントMC(隔週)としてレギュラー出演を開始した。 2015年6月、乃木坂46の舞台『』で防波亭手寅役を演じた。 2015年12月、『2016年cocoloni超運ランキング』における2016年大躍進のアイドルランキング部門で1位を獲得した。 2016年4月26日、『』で初の単独表紙を務めた。 2016年6月6日、乃木坂46の15thシングル「」で約2年半ぶりに選抜メンバーへ復帰することが発表された。 2016年10月18日、『若者ビジネスコンテスト2016 Business Creation! Hiroshima』のスペシャルサポーターを務めることが発表された。 アイドル活動からの引退 [ ] 2017年1月28日、体調不良のため、乃木坂46の17thシングル「」の期間中、グループ活動と個人活動を休止することが発表された。 2017年3月19日放送の『らじらー! サンデー』から仕事に復帰した。 2017年8月6日、生出演した『らじらー! サンデー』の中で、体調不良を理由として乃木坂46を卒業することを発表。 同時に、同月11日から再開する全国ツアーは全て欠席して10月の『アンダーライブ全国ツアー2017〜九州シリーズ〜』に専念することと、19枚目シングルの活動には参加しないことを明らかにし 、翌7日には公式ブログで芸能界引退を示唆した。 同年11月7日・8日に開催された『真夏の全国ツアー2017 Final! 』東京ドーム公演が最後のライブ出演となった。 同年11月19日に両親も見守る中で生出演した『らじらー! サンデー』が、同番組への最後の出演となり、レギュラーのの2人も花束を贈呈して涙ぐんだ。 番組のエンディングではオリエンタルラジオやスタッフらがピンクのサイリウムを振って演出する中、「最後までアイドルでいられるっていうのがすごく幸せだと思っています。 この6年間たくさん夢を見させていただいて、すごく幸せな時間だったなと思います」と涙ながらに語った。 2017年12月16日未明、TBSラジオ『』に事前収録ながら登場し(番組自体は生放送)、これが乃木坂46メンバーとして最後のメディア出演となる。 2018年1月31日、乃木坂46公式サイト内の公式ブログが閉鎖された。 心理カウンセラーとしての活動 [ ] 2018年11月20日、による中元日芽香公式サイトを開設し、心理カウンセラーとして活動再開を発表。 公式サイトでは在学中であること、グループ卒業後、やカウンセリング学などを学んだことを公表。 2018年12月、カウンセリングサロン「モニカと私」を開設。 2019年8月24日、のオープンキャンパスで高校生を対象に初の講演イベントを開催。 来場者は約100名、自身の経歴や心理カウンセラーになろうと思った経緯を語った。 2020年8月22日、昨年に引き続き、甲子園大学のオープンキャンパスに登場予定。 人物 [ ] 愛称は、ひめたん 、ひめちゃん、ひめ 、ひっぴー。 、からは「めーちゃん」とも呼ばれている。 キャッチフレーズは「乃木坂1の甘えん坊で寂しがり屋なひめたんこと中元日芽香です」。 リアルに「エヘヘ」と笑うことがある。 三姉妹で姉と妹がいる。 妹はの。 姉は勉強ができ、妹は歌ができる子だったため、自分自身に中途半端なイメージを抱いていた。 をしたアイドルに憧れ 、ツインテールをトレードマークにしていたが 、との関係を通じて自己の感覚に疑問を抱き 、2015年8月5日にツインテールを卒業することを発表した。 嗜好 [ ] 好きな食べ物は、お好み焼き、オムライス 、プリン。 嫌いな食べ物は魚介類、ピーマン。 たこ焼きはタコを抜いて食べる。 好きなアイドルは、。 好きなアーティストは。 尊敬するアーティストは。 好きな異性のタイプは、お姫様だっこができる人であるが、顔や体型にこだわりはない。 読んだことのある本は恩田陸『』 、加藤シゲアキ『』、朝井リョウ『』。 趣味 [ ] 趣味はを食べること 、ラジオを聴くこと 、リボン集め。 ラジオは声優のラジオ番組が好きで、とくに『』『』を好む。 声優、ナレーター、バスガイドなどの声を使った仕事を志望している。 リボンはモコモコした素材のリボンがお気に入り。 その他、ピンク色でフリフリの洋服を好み 、好きなブランドは、LODISPOTTO。 スカートやワンピースをよく着るため、ほとんどパンツは持っていない。 特技 [ ] 特技は、ダンス 、ひめたんびーむ。 歌はパンチのある歌声で 、のボーカルを務める。 将来の夢は、広島県でコンサートをすることである。 ダンスは乃木坂46の実力派であるが 、乃木坂46ではダンスに癖があるとみなされ 、まわりと合ってないと評価された。 先生からは端か真ん中でないといけないという判断を受け、アンダーでは主に2列目を担当した。 まわりにダンスを合わせることで個性が死んでしまい、アクターズスクール広島で習ったことの否定になるかもしれないと悩んだが、最終的にひとりだけずれているのは美に反するという見解に至った。 後に「今考えれば、実力はないし、課題はいっぱいだった」と述べている。 乃木坂46の7thシングル「」で選抜メンバーに選ばれてからは、メンバーの歌やダンス能力が上達していることに気づき、それ以外のアプローチが必要だと考え、発想の転換を図った。 ひめたんびーむは「いきますよ〜」と予告してから 、目元にピースサインを添えて繰り出す必殺技であり 、顔文字にすると「 」である。 クリスマスバージョンのひめたんびーむもある。 中元日芽香によれば、ひめたんびーむは心の広い人にしか効かず 、射程距離は個別握手会で話してるときの距離が限界である。 鏡に反射すると鏡を割ることはできるが 、自身も即死する。 ひめたんびーむは振られたらするが、自分からはしないことにしている。 『』で共演しているのラジオ番組『』内のコーナー「くらえ! ひむたんビーム!! 」はこのひめたんびーむから派生したものである。 その他、習い事として歌、英語、習字、ダンス、バスケットボール 、ピアノの経験がある。 ただし、ピアノは両手で弾くことができずに辞めた。 保有資格は準2級。 乃木坂46 [ ] 乃木坂46の 、のボーカル 、。 検定八福神であり、乃木坂46の頭脳王決定戦で31人中4位の学力を持つ。 得意科目は、社会。 乃木坂46では・・中元日芽香で「温泉トリオ(湯けむり3姉妹)」 、伊藤万理華と「なかいさん」 、と「格差社会コンビ」 、と「すだれ姉妹」を結成している。 生田絵梨花とは乃木坂46の遠征でホテルに宿泊した際、同部屋になることが多く 、生田だけに明かしている将来の夢などについて 、夜な夜な話すことがある。 中元日芽香によれば、生田とは『』のアリーナとクリフトのような関係である。 乃木坂46で好きな振付は「」。 好きなミュージック・ビデオは「」、「」、「」。 作品 [ ] シングル [ ] 乃木坂46• 海流の島よ(2012年8月22日、SRCL-8064) -。 人間という楽器(2013年7月3日、SRCL-8321) -。 やさしさとは(2013年11月27日、SRCL-8429) -。 RADIO FISH• (2017年11月8日) アルバム [ ] 乃木坂46• 映像作品 [ ]• 中元日芽香(2012年12月19日) -。 16人のプリンシパル PARCO劇場ダイジェスト(2013年7月3日) -。 初夏の全力! 乃木坂46大運動会(2013年7月3日) -。 (2014年2月5日) -。 (2014年3月7日) -。 Creator's Etude 上田誠編(2014年4月2日) -。 (2014年9月12日) -。 中元日芽香(2014年10月8日) -。 (2015年4月24日) -。 (2015年6月17日) -。 (2015年10月16日) -。 中元日芽香(2015年10月28日) -。 (2015年11月18日) -。 (2016年1月20日) -。 (2016年2月19日) -。 中元日芽香(2016年3月23日) -。 (2016年7月6日) -。 (2016年9月30日) -。 (2017年6月28日) -。 (2017年8月4日) -。 (2018年3月16日) -。 (2018年7月11日) -。 出演 [ ] 乃木坂46メンバー複数による出演については「」を参照 テレビドラマ [ ]• (2016年3月3日、) - 主演・ミハル 役。 その他のテレビ番組 [ ]• (2015年4月18日・2015年11月14日、NHK総合)• (2015年7月9日・2017年4月27日、広島ホームテレビ)• TSS報道特別番組『わしらの声は、届くかのぉ〜被爆者75歳 NYへ行く〜』(2017年8月6日、) - ナレーション。 ラジオ [ ]• (2015年4月5日 - 2017年11月19日、NHKラジオ第1放送) - アシスタントMC。 ミュージック・ビデオ [ ]• 「8月の空」(2011年11月23日、TSSプロダクション) ネット配信 [ ]• (2015年11月 - 2016年3月25日、ソニー・ミュージックレコーズ) - MC。 イベント [ ]• 若者ビジネスコンテスト2016 Business Creation! Hiroshima(2016年 - 2017年、広島県) - スペシャルサポーター。 書籍 [ ]• 靴のサイズは2012年時点。 広島市育ち。 マンションで育った。 正式な復帰日は2017年4月2日。 ただし、正式な卒業日は発表されていない。 「ひめたん」という愛称は妹が名づけた。 ただし、幼少期の愛称である。 恩田陸『夜のピクニック』は中学生時代に読んだ。 中元日芽香によれば「ひめたんびーむ」の正式名称は「ひめたんビーム」ではなく「ひめたんびーむ」とひらがなで表記する。 ひめたんびーむは『乃木坂って、ここ! 5』で生まれた [ ]。 2年間、バスケ同好会に所属していた。 「温泉トリオ」と表記する場合もあれば 、「湯けむり3姉妹」と表記する場合もある。 出典 [ ]• メンバー紹介. 乃木坂46LLC. 2017年7月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年7月29日閲覧。 中元日芽香 2012年5月30日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2018年1月31日時点のよりアーカイブ。 2012年5月30日閲覧。 「」『BUBKA』2016年4月号、白夜書房、2016年2月29日、32-34頁。 「近くて遠きは 中元日芽香」『EX大衆』2015年5月号、双葉社、2015年4月15日。 ネクストメジャー・アイドルSpecial』大貫真之介、日経BP社、2013年11月29日、40-41頁。 乃木坂46合同会社. 2018年11月30日閲覧。 乃木坂46合同会社. 2019年9月21日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2013年. 2014年4月30日閲覧。 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2012年4月13日閲覧。 中元日芽香 2011年12月24日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2016年3月4日時点のよりアーカイブ。 2011年12月24日閲覧。 エンタメNEXT. 徳間書店 2014年6月17日. 2014年9月17日閲覧。 CyberAgent. 2015年8月25日閲覧。 1 早春、東京ニュース通信社、2014年3月5日、54-63頁。 「CLOSE UP INTERVIEW 中元日芽香」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol. 02、西廣智一、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年6月29日、124頁。 19、12-15頁。 中元日芽香 2011年12月31日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2016年9月15日時点のよりアーカイブ。 2015年9月14日閲覧。 メンズサイゾー サイゾー. 2011年8月22日. 2015年6月1日閲覧。 19、8頁。 中元日芽香 2012年3月17日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2012年3月17日閲覧。 スクランブルエッグ on the Web スクランブルエッグ. 2011年8月22日. 2015年8月4日閲覧。 乃木坂46「」『ぐるぐるカーテン』Type-C、Sony Music Records、2012年2月22日。 中元日芽香 2013年3月4日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年3月9日時点のよりアーカイブ。 2013年3月4日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2013年10月6日. 2013年11月8日閲覧。 19、12-15頁。 インタビュアー:斉藤貴志. アイドルプラネット. 2015年4月8日閲覧。 中元日芽香 2015年8月4日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2015年8月14日閲覧。 中元日芽香 2015年2月24日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2015年6月18日閲覧。 リアルサウンド サイゾー. 2015年4月4日. 2015年6月18日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2015年3月29日. 2015年8月4日閲覧。 TOKYO POP LINE 添野企画. 2015年12月26日. 2015年12月26日閲覧。 大貫真之介 2016年4月25日. エンタメNEXT 徳間書店. 2016年4月25日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年6月6日. 2016年6月6日閲覧。 ドワンゴジェイピーnews ドワンゴ. 2016年10月18日. 2016年10月18日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年1月28日. 2017年1月28日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2017年4月2日. 2017年4月2日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2017年8月6日. 2017年8月6日閲覧。 中元日芽香 2017年8月7日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2017年8月7日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2017年11月10日 2017年11月27日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2017年11月20日 2017年11月28日閲覧。 TBSラジオ 2017年12月16日. 2018年1月3日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC 2017年12月28日. 2017年12月28日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年11月20日. 2018年11月21日閲覧。 中元日芽香 2018年12月4日. 中元日芽香オフィシャルサイト. 乃木坂46LLC. 2018年12月24日閲覧。 甲子園大学. 甲子園大学 2020年2月14日. 2019年8月24日閲覧。 甲子園大学 2020年6月4日. 2020年7月14日閲覧。 中元日芽香 2012年4月8日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年4月11日時点のよりアーカイブ。 2012年4月8日閲覧。 「近くて遠きは 中元日芽香」『EX大衆』2015年5月号、双葉社、2015年4月15日。 斉藤優里 2015年2月25日. 乃木坂46 斉藤優里 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2016年8月15日閲覧。 中元日芽香 2014年8月27日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年10月2日時点のよりアーカイブ。 2014年8月27日閲覧。 中元日芽香 2011年11月14日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2018年9月14日時点のよりアーカイブ。 2011年11月14日閲覧。 Jタウンネット 東京都. ジェイ・キャスト 2015年3月21日. 2015年3月21日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年8月5日. 2015年8月5日閲覧。 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2015年10月2日時点のよりアーカイブ。 2011年11月26日閲覧。 中元日芽香 2014年8月17日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2014年8月20日時点のよりアーカイブ。 2014年8月17日閲覧。 中元日芽香 2012年7月2日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2015年6月28日時点のよりアーカイブ。 2012年7月2日閲覧。 インタビュアー:大窪由香. booklista. 2016年7月12日閲覧。 19、9頁。 中元日芽香 2015年4月26日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2015年4月26日閲覧。 中元日芽香 2014年2月26日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2014年2月26日閲覧。 アイドル Special 2015』大貫真之介、日経BP社〈日経BPムック〉、2014年12月2日、60-61頁。 ORICON STYLE oricon ME. 2015年3月24日. 2015年3月24日閲覧。 『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、no. 27、54頁。 エンタメNEXT. 徳間書店 2015年5月1日. 2015年5月1日閲覧。 「中元日芽香「びーむ封印グラビア」『BUBKA』2015年11月号、白夜書房、2015年9月30日、59-62頁。 中元日芽香 2013年9月8日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2013年9月8日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年12月13日. 2014年12月13日閲覧。 中元日芽香 2014年4月29日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2014年4月29日閲覧。 中元日芽香 2013年2月5日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2013年2月5日閲覧。 中元日芽香 2013年12月16日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2013年12月16日閲覧。 中元日芽香 2013年10月9日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2013年10月9日閲覧。 JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD. TBSラジオ. 2017年8月23日閲覧。 中元日芽香 2012年1月12日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 2016年1月26日時点のよりアーカイブ。 2012年1月12日閲覧。 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月26日時点のよりアーカイブ。 2014年2月10日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2014年2月21日. 2014年2月21日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2013年7月30日. 2013年7月30日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2015年3月24日. 2015年3月24日閲覧。 ダ・ヴィンチニュース KADOKAWA. 2016年8月18日. 2016年8月18日閲覧。 中元日芽香 2011年12月14日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2016年3月4日時点のよりアーカイブ。 2011年12月14日閲覧。 伊藤万理華; 井上小百合; 中元日芽香 2016年1月4日. インタビュー. 2016年1月4日閲覧。 中元日芽香 2013年10月23日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年8月25日時点のよりアーカイブ。 2013年10月23日閲覧。 「乃木坂46 ゆるふわ相関図」『EX大衆』2014年10月号、双葉社、2014年9月13日、月刊版、85頁。 『EX大衆』2015年1月号、双葉社、2014年12月15日。 252、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、2015年4月号、80頁。 ナタリー ナターシャ. 2017年11月3日. 2017年11月8日閲覧。 NHKオンライン. 日本放送協会 2016年3月3日. 2016年3月3日閲覧。 乃木坂46LLC. 乃木坂46LLC. 2015年8月26日閲覧。 乃木坂46LLC. 乃木坂46LLC. 2016年3月28日閲覧。 広島ホームテレビ 2015年7月. 広島ホームテレビ. 2015年8月26日閲覧。 TSSテレビ新広島. TSS-TV 2017年. 2017年8月2日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年4月2日. 2015年4月2日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC 2015年4月2日. 2015年4月2日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2017年11月20日. 2017年11月20日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC 2015年10月5日. 2015年10月5日閲覧。 プレスリリース , PR TIMES, 2016年10月18日 , 2016年10月18日閲覧。 「目指せパーフェクトアイドル 中元日芽香の挑戦!! 」『Top Yell』2015年9月号、大貫真之介、竹書房、2015年8月6日、62-64頁。 外部リンク [ ]• - 乃木坂46合同会社• - 乃木坂46合同会社.

次の

個人ブログ開始!!金川紗耶

乃木坂46 公式ブログ 開始日

2015年 8月 21日、乃木坂 46に続く坂道シリーズ第 2弾として、欅坂 46(けやきざかふぉーてぃーしっくす)が誕生。 その最終審査への切符を手に入れた通過者のひとり、長濱ねるは、審査当日の朝、アイドル活動に難色を示していた母親に地元・長崎へと連れ戻されてしまう。 最終オーディションは長濱の No. 「 17番」を空席のまま審査を実施した。 その夜、泣き続ける娘を見た父親が運営に連絡、運営は父親の想いを汲み、ご家族を翌日の乃木坂 46全国ツアー福岡公演にご招待する。 その日の乃木坂 46のライブは母親も含めて大絶賛、長濱ねるのアイドルへの想いは強くなり、奇妙な運命をたどりながら、欅坂 46への追加加入が検討され始める。 一方、欅坂 46は、 10月から早くもレギュラー番組「欅って、書けない?」が開始される。 結成から 3ヶ月が経った 11月 30日の放送にて、メンバーの追加加入が発表、長濱ねるが初登場する。 その番組内で、漢字の「欅坂」ではない、ひらがなの「けやき坂」が新設され、まずは「けやき坂 46」として活動を始める事が発表された。 長濱 1人メンバーによる「けやき坂 46(以下、ひらがなけやき)」が結成された瞬間である。 そして「新しく長濱ねるの仲間を集めよう」とメンバー募集が開始。 2016年 5月 8日にオーディションにより選ばれた 11名の合格者と長濱ねるの 12名で、ひらがなけやきの活動は始まった。 6月 26日の「欅って、書けない?」にて、 2ndシングル「世界には愛しかない」の選抜発表で、長濱ねるが選抜入り、漢字欅とひらがなけやきの兼任メンバーとなる。 ひらがなけやきは、このシングルのカップリング曲として「ひらがなけやき」が初めての楽曲として収録された。 以降、各シングルのカップリング曲として楽曲が収録されるもまだまだ認知されず、人気急上昇中の漢字欅に比べて後塵を拝する日々が続いた。 10月 28日、初の単独イベント「ひらがなおもてなし会」を赤坂 BLITZにて開催、少しずつ個性がみえるようになると徐々に人気も定着し始める。 2017年に入ると欅坂 46より先に全国ツアーの開催が決定、 3月 22日の Zepp Tokyoを皮切りに、「ひらがな全国ツアー 2017」と銘打ち全国ツアーが決定。 4月 6日、欅坂 46デビュー 1周年のアニバーサリーライブが代々木第一体育館にて開催、そこで「ひらがなけやきパワーアップ計画」と題して、メンバーの追加募集が発表された。 6月からメンバーが募集され、 8月 13日に合格者 9名を選出。 ひらがなけやき二期生としてレッスンを開始した。 ひらがなけやきの活動がさかんになるにつれ、漢字欅と兼任である長濱のスケジュールは多忙を極め、ツアー初日の Zepp Tokyoは当日までリハーサルが出来ない状態であった。 その後も 5月に大阪公演、 7月には名古屋公演と続いたが、長濱の多忙はピークを迎え、 9月 25日、体調面を考慮して長濱の兼任を解除、欅坂 46専任になる事が運営から発表された。 「ひらがな全国ツアー 2017」 Zepp Sapporo公演前日の出来事だった。 残された 11人のメンバーは、失意の中、翌日の札幌公演に臨むが、思いもよらぬ暖かい声援に勇気をもらい、持ち味であるパワフルなステージングとピースフルなパフォーマンスでオーディエンスを魅了。 この札幌公演は、メンバーにとって忘れられない再出発の門出となった。 ここからひらがなけやきの快進撃が始まる。。。 10月クールから、けやき坂 46初主演・主題歌のテレビ東京木ドラ 25「 Re:Mind」がスタート。 初めて二期生を迎えた 20人でのパフォーマンスは、ハッピーオーラ全開で大絶賛の中、ツアーは幕を閉じた。 2018年に入り、 1月 30日、 31日、 2月 1日の 3日間、欅坂 46とけやき坂 46で行う予定だった日本武道館公演が、諸事情によりひらがなの 3days公演となる。 突然の大きな舞台に不安を抱えながらのリハーサルの中、なんとチケットが即完、「私たちにも待っててくれる人がいる」と不安を振り払い、単独 3days公演を大成功で終える。 この日本武道館公演の最終日にサプライズとしてひらがなけやき単独アルバムのリリースが発表され、メンバー一同、涙のステージとなった。 2月 12日、ひらがなけやき二期生 9名による「おもてなし会」が幕張メッセイベントホールで開催され、欅坂 46から始まった「おもてなし会」史上最多の 7,000人を動員、二期生も本格的に活動し始める。 4月には待望のレギュラー番組「ひらがな推し」(毎週日曜日 25:05~テレビ東京にてオンエア)がスタート、さらには「 KEYABINGO! 4」にもひらがなけやき単独で出演、ゴールデンウィークには AiiAシアターにてひらがなけやき全員出演による初の舞台「あゆみ」を行うなど精力的に活動する。 6月 1日、メンバー影山優佳が学業のため一時活動休止が発表される、 6月 3日、 SHOWROOMにて佐々木久美のキャプテン就任が発表され、 20日には遂にデビューアルバム「走り出す瞬間」が発売、オリコンウィークリーチャート 1位を獲得、アルバムレコ発ツアーとなる「走り出す瞬間ツアー 2018」では、 5ヶ所 10公演、約 5万人を動員するツアーとなった。 10月には日本武道館にて行われた HOTSTUFF40周年記念イベントできゃりーぱみゅぱみゅと共演、日本武道館をホームのように盛り上げた。 11月には大阪城ホールにて行われた関テレ「 MUJACK」イベントに出演、さらには TOKYO DOME CITY HALLにて行われた舞台「ザンビ」に、 TEAM REDとして齊藤京子、小坂菜緒、 TEAM BLUEとして柿崎芽実、加藤史帆が出演、坂道 3グループが共演する初の舞台となった。 また、この夏に行なわれた「坂道合同オーディション」にて合格したメンバーの中から、 11月 29日にグループ配属が発表、ひらがなけやきには 1名、三期生として上村ひなのが配属となる。 一期生、二期生メンバーは、伝説の「ドッキリ」で上村を迎え入れた。 12月 10日には日本武道館にて、欅坂 46二期生+けやき坂 46三期生合同の「お見立て会」が開催され、上村にとって初のステージとなった。 翌 11日、 12日、 13日の 3日間は日本武道館にて「ひらがなくりすます 2018」を開催、 1年間で 7日間日本武道館でパフォーマンスするという快挙を成し遂げ、 2018年を締めくくった。 2月 11日、「ひらがなからのおしらせ」として SHOWROOM配信を実施、 3月 27日の単独デビューを発表。 その後、メンバーへのサプライズとしてグループ名の改名が発表され、けやき坂 46は「日向坂 46(ひなたざかふぉーてぃーしっくす)」として生まれ変わった。 遠回りをしながらも、少しずつ坂を上って、ようやくスタートに辿り着いた日向坂 46。 シングルデビューに向けて、日向坂 46は、新たな坂道を上り始める。

次の

【乃木坂46・欅坂46・日向坂46】新メンバーがグループの冠番組に初出演、欅坂・日向坂ではリレーブログも開始!

乃木坂46 公式ブログ 開始日

略歴 [ ] 生い立ち [ ] 1996年4月13日、広島県で生まれ、親から「日芽香」と名づけられた。 日芽香という名は、暖かいお「日」様、桜の花びらからのびる新「芽」、風に散る桜の花の「香」りのような女の子に育ちますようにという願いを込めて名づけられた。 小学1年生の時、ダンスを始めた。 小学4年生の秋 、母親の勧めで 、のCクラスに16期生として加入した。 ボイスレッスンを90分、ダンスレッスンを90分、個人ボイスレッスンを30分こなす日々を送った。 しかし、小学生時代の将来の夢はで 、アクターズスクール広島には歌やダンスが好きで通っていたにすぎず、行く末は大学へ進学するつもりだった。 中学1年生の時、受験勉強のためにアクターズスクール広島を退学しようと考えたが講師に引き止められ 、アイドルグループ『』のメンバーとして活動した。 中学生時代は、放送部の部長を務め 、中学校文化連盟、NHK杯全国中学校放送コンテストに出場した。 中学3年生の時、歌やダンスで人を元気にしたいと思い 、みずからの意思で 、乃木坂46のオーディションを受験した。 2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションではの「」を歌った。 乃木坂46としてデビュー [ ] 2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「」のカップリング曲「」「」でCDデビューした。 2012年3月、母と妹と共に東京へ上京した。 2012年4月、東京都の高等学校に進学した。 2013年11月27日、乃木坂46の7thシングル「」で初の選抜メンバーに選ばれた。 それまで2年間、選抜メンバーに選ばれず 、学業と芸能活動を両立していくなかで大学受験も考えたが、選抜メンバーに選ばれたことで歌やダンスが好きで東京へ上京してきたことを思い出した。 その結果、大学へ進学せず 、芸能活動に専念することを決めた。 2015年3月14日、高等学校を卒業した。 2015年3月18日、乃木坂46の11thシングル「」のカップリング曲「」で初のセンターを務めた。 2015年4月、『』(NHKラジオ第1放送)にアシスタントMC(隔週)としてレギュラー出演を開始した。 2015年6月、乃木坂46の舞台『』で防波亭手寅役を演じた。 2015年12月、『2016年cocoloni超運ランキング』における2016年大躍進のアイドルランキング部門で1位を獲得した。 2016年4月26日、『』で初の単独表紙を務めた。 2016年6月6日、乃木坂46の15thシングル「」で約2年半ぶりに選抜メンバーへ復帰することが発表された。 2016年10月18日、『若者ビジネスコンテスト2016 Business Creation! Hiroshima』のスペシャルサポーターを務めることが発表された。 アイドル活動からの引退 [ ] 2017年1月28日、体調不良のため、乃木坂46の17thシングル「」の期間中、グループ活動と個人活動を休止することが発表された。 2017年3月19日放送の『らじらー! サンデー』から仕事に復帰した。 2017年8月6日、生出演した『らじらー! サンデー』の中で、体調不良を理由として乃木坂46を卒業することを発表。 同時に、同月11日から再開する全国ツアーは全て欠席して10月の『アンダーライブ全国ツアー2017〜九州シリーズ〜』に専念することと、19枚目シングルの活動には参加しないことを明らかにし 、翌7日には公式ブログで芸能界引退を示唆した。 同年11月7日・8日に開催された『真夏の全国ツアー2017 Final! 』東京ドーム公演が最後のライブ出演となった。 同年11月19日に両親も見守る中で生出演した『らじらー! サンデー』が、同番組への最後の出演となり、レギュラーのの2人も花束を贈呈して涙ぐんだ。 番組のエンディングではオリエンタルラジオやスタッフらがピンクのサイリウムを振って演出する中、「最後までアイドルでいられるっていうのがすごく幸せだと思っています。 この6年間たくさん夢を見させていただいて、すごく幸せな時間だったなと思います」と涙ながらに語った。 2017年12月16日未明、TBSラジオ『』に事前収録ながら登場し(番組自体は生放送)、これが乃木坂46メンバーとして最後のメディア出演となる。 2018年1月31日、乃木坂46公式サイト内の公式ブログが閉鎖された。 心理カウンセラーとしての活動 [ ] 2018年11月20日、による中元日芽香公式サイトを開設し、心理カウンセラーとして活動再開を発表。 公式サイトでは在学中であること、グループ卒業後、やカウンセリング学などを学んだことを公表。 2018年12月、カウンセリングサロン「モニカと私」を開設。 2019年8月24日、のオープンキャンパスで高校生を対象に初の講演イベントを開催。 来場者は約100名、自身の経歴や心理カウンセラーになろうと思った経緯を語った。 2020年8月22日、昨年に引き続き、甲子園大学のオープンキャンパスに登場予定。 人物 [ ] 愛称は、ひめたん 、ひめちゃん、ひめ 、ひっぴー。 、からは「めーちゃん」とも呼ばれている。 キャッチフレーズは「乃木坂1の甘えん坊で寂しがり屋なひめたんこと中元日芽香です」。 リアルに「エヘヘ」と笑うことがある。 三姉妹で姉と妹がいる。 妹はの。 姉は勉強ができ、妹は歌ができる子だったため、自分自身に中途半端なイメージを抱いていた。 をしたアイドルに憧れ 、ツインテールをトレードマークにしていたが 、との関係を通じて自己の感覚に疑問を抱き 、2015年8月5日にツインテールを卒業することを発表した。 嗜好 [ ] 好きな食べ物は、お好み焼き、オムライス 、プリン。 嫌いな食べ物は魚介類、ピーマン。 たこ焼きはタコを抜いて食べる。 好きなアイドルは、。 好きなアーティストは。 尊敬するアーティストは。 好きな異性のタイプは、お姫様だっこができる人であるが、顔や体型にこだわりはない。 読んだことのある本は恩田陸『』 、加藤シゲアキ『』、朝井リョウ『』。 趣味 [ ] 趣味はを食べること 、ラジオを聴くこと 、リボン集め。 ラジオは声優のラジオ番組が好きで、とくに『』『』を好む。 声優、ナレーター、バスガイドなどの声を使った仕事を志望している。 リボンはモコモコした素材のリボンがお気に入り。 その他、ピンク色でフリフリの洋服を好み 、好きなブランドは、LODISPOTTO。 スカートやワンピースをよく着るため、ほとんどパンツは持っていない。 特技 [ ] 特技は、ダンス 、ひめたんびーむ。 歌はパンチのある歌声で 、のボーカルを務める。 将来の夢は、広島県でコンサートをすることである。 ダンスは乃木坂46の実力派であるが 、乃木坂46ではダンスに癖があるとみなされ 、まわりと合ってないと評価された。 先生からは端か真ん中でないといけないという判断を受け、アンダーでは主に2列目を担当した。 まわりにダンスを合わせることで個性が死んでしまい、アクターズスクール広島で習ったことの否定になるかもしれないと悩んだが、最終的にひとりだけずれているのは美に反するという見解に至った。 後に「今考えれば、実力はないし、課題はいっぱいだった」と述べている。 乃木坂46の7thシングル「」で選抜メンバーに選ばれてからは、メンバーの歌やダンス能力が上達していることに気づき、それ以外のアプローチが必要だと考え、発想の転換を図った。 ひめたんびーむは「いきますよ〜」と予告してから 、目元にピースサインを添えて繰り出す必殺技であり 、顔文字にすると「 」である。 クリスマスバージョンのひめたんびーむもある。 中元日芽香によれば、ひめたんびーむは心の広い人にしか効かず 、射程距離は個別握手会で話してるときの距離が限界である。 鏡に反射すると鏡を割ることはできるが 、自身も即死する。 ひめたんびーむは振られたらするが、自分からはしないことにしている。 『』で共演しているのラジオ番組『』内のコーナー「くらえ! ひむたんビーム!! 」はこのひめたんびーむから派生したものである。 その他、習い事として歌、英語、習字、ダンス、バスケットボール 、ピアノの経験がある。 ただし、ピアノは両手で弾くことができずに辞めた。 保有資格は準2級。 乃木坂46 [ ] 乃木坂46の 、のボーカル 、。 検定八福神であり、乃木坂46の頭脳王決定戦で31人中4位の学力を持つ。 得意科目は、社会。 乃木坂46では・・中元日芽香で「温泉トリオ(湯けむり3姉妹)」 、伊藤万理華と「なかいさん」 、と「格差社会コンビ」 、と「すだれ姉妹」を結成している。 生田絵梨花とは乃木坂46の遠征でホテルに宿泊した際、同部屋になることが多く 、生田だけに明かしている将来の夢などについて 、夜な夜な話すことがある。 中元日芽香によれば、生田とは『』のアリーナとクリフトのような関係である。 乃木坂46で好きな振付は「」。 好きなミュージック・ビデオは「」、「」、「」。 作品 [ ] シングル [ ] 乃木坂46• 海流の島よ(2012年8月22日、SRCL-8064) -。 人間という楽器(2013年7月3日、SRCL-8321) -。 やさしさとは(2013年11月27日、SRCL-8429) -。 RADIO FISH• (2017年11月8日) アルバム [ ] 乃木坂46• 映像作品 [ ]• 中元日芽香(2012年12月19日) -。 16人のプリンシパル PARCO劇場ダイジェスト(2013年7月3日) -。 初夏の全力! 乃木坂46大運動会(2013年7月3日) -。 (2014年2月5日) -。 (2014年3月7日) -。 Creator's Etude 上田誠編(2014年4月2日) -。 (2014年9月12日) -。 中元日芽香(2014年10月8日) -。 (2015年4月24日) -。 (2015年6月17日) -。 (2015年10月16日) -。 中元日芽香(2015年10月28日) -。 (2015年11月18日) -。 (2016年1月20日) -。 (2016年2月19日) -。 中元日芽香(2016年3月23日) -。 (2016年7月6日) -。 (2016年9月30日) -。 (2017年6月28日) -。 (2017年8月4日) -。 (2018年3月16日) -。 (2018年7月11日) -。 出演 [ ] 乃木坂46メンバー複数による出演については「」を参照 テレビドラマ [ ]• (2016年3月3日、) - 主演・ミハル 役。 その他のテレビ番組 [ ]• (2015年4月18日・2015年11月14日、NHK総合)• (2015年7月9日・2017年4月27日、広島ホームテレビ)• TSS報道特別番組『わしらの声は、届くかのぉ〜被爆者75歳 NYへ行く〜』(2017年8月6日、) - ナレーション。 ラジオ [ ]• (2015年4月5日 - 2017年11月19日、NHKラジオ第1放送) - アシスタントMC。 ミュージック・ビデオ [ ]• 「8月の空」(2011年11月23日、TSSプロダクション) ネット配信 [ ]• (2015年11月 - 2016年3月25日、ソニー・ミュージックレコーズ) - MC。 イベント [ ]• 若者ビジネスコンテスト2016 Business Creation! Hiroshima(2016年 - 2017年、広島県) - スペシャルサポーター。 書籍 [ ]• 靴のサイズは2012年時点。 広島市育ち。 マンションで育った。 正式な復帰日は2017年4月2日。 ただし、正式な卒業日は発表されていない。 「ひめたん」という愛称は妹が名づけた。 ただし、幼少期の愛称である。 恩田陸『夜のピクニック』は中学生時代に読んだ。 中元日芽香によれば「ひめたんびーむ」の正式名称は「ひめたんビーム」ではなく「ひめたんびーむ」とひらがなで表記する。 ひめたんびーむは『乃木坂って、ここ! 5』で生まれた [ ]。 2年間、バスケ同好会に所属していた。 「温泉トリオ」と表記する場合もあれば 、「湯けむり3姉妹」と表記する場合もある。 出典 [ ]• メンバー紹介. 乃木坂46LLC. 2017年7月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年7月29日閲覧。 中元日芽香 2012年5月30日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2018年1月31日時点のよりアーカイブ。 2012年5月30日閲覧。 「」『BUBKA』2016年4月号、白夜書房、2016年2月29日、32-34頁。 「近くて遠きは 中元日芽香」『EX大衆』2015年5月号、双葉社、2015年4月15日。 ネクストメジャー・アイドルSpecial』大貫真之介、日経BP社、2013年11月29日、40-41頁。 乃木坂46合同会社. 2018年11月30日閲覧。 乃木坂46合同会社. 2019年9月21日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2013年. 2014年4月30日閲覧。 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2012年4月13日閲覧。 中元日芽香 2011年12月24日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2016年3月4日時点のよりアーカイブ。 2011年12月24日閲覧。 エンタメNEXT. 徳間書店 2014年6月17日. 2014年9月17日閲覧。 CyberAgent. 2015年8月25日閲覧。 1 早春、東京ニュース通信社、2014年3月5日、54-63頁。 「CLOSE UP INTERVIEW 中元日芽香」『別冊カドカワ 総力特集 乃木坂46』vol. 02、西廣智一、KADOKAWA〈カドカワムック〉、2016年6月29日、124頁。 19、12-15頁。 中元日芽香 2011年12月31日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2016年9月15日時点のよりアーカイブ。 2015年9月14日閲覧。 メンズサイゾー サイゾー. 2011年8月22日. 2015年6月1日閲覧。 19、8頁。 中元日芽香 2012年3月17日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2012年3月17日閲覧。 スクランブルエッグ on the Web スクランブルエッグ. 2011年8月22日. 2015年8月4日閲覧。 乃木坂46「」『ぐるぐるカーテン』Type-C、Sony Music Records、2012年2月22日。 中元日芽香 2013年3月4日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2013年3月9日時点のよりアーカイブ。 2013年3月4日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2013年10月6日. 2013年11月8日閲覧。 19、12-15頁。 インタビュアー:斉藤貴志. アイドルプラネット. 2015年4月8日閲覧。 中元日芽香 2015年8月4日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2015年8月14日閲覧。 中元日芽香 2015年2月24日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2015年6月18日閲覧。 リアルサウンド サイゾー. 2015年4月4日. 2015年6月18日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2015年3月29日. 2015年8月4日閲覧。 TOKYO POP LINE 添野企画. 2015年12月26日. 2015年12月26日閲覧。 大貫真之介 2016年4月25日. エンタメNEXT 徳間書店. 2016年4月25日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2016年6月6日. 2016年6月6日閲覧。 ドワンゴジェイピーnews ドワンゴ. 2016年10月18日. 2016年10月18日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2017年1月28日. 2017年1月28日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2017年4月2日. 2017年4月2日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2017年8月6日. 2017年8月6日閲覧。 中元日芽香 2017年8月7日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2017年8月7日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2017年11月10日 2017年11月27日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2017年11月20日 2017年11月28日閲覧。 TBSラジオ 2017年12月16日. 2018年1月3日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC 2017年12月28日. 2017年12月28日閲覧。 モデルプレス ネットネイティブ. 2018年11月20日. 2018年11月21日閲覧。 中元日芽香 2018年12月4日. 中元日芽香オフィシャルサイト. 乃木坂46LLC. 2018年12月24日閲覧。 甲子園大学. 甲子園大学 2020年2月14日. 2019年8月24日閲覧。 甲子園大学 2020年6月4日. 2020年7月14日閲覧。 中元日芽香 2012年4月8日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2012年4月11日時点のよりアーカイブ。 2012年4月8日閲覧。 「近くて遠きは 中元日芽香」『EX大衆』2015年5月号、双葉社、2015年4月15日。 斉藤優里 2015年2月25日. 乃木坂46 斉藤優里 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2016年8月15日閲覧。 中元日芽香 2014年8月27日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2015年10月2日時点のよりアーカイブ。 2014年8月27日閲覧。 中元日芽香 2011年11月14日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2018年9月14日時点のよりアーカイブ。 2011年11月14日閲覧。 Jタウンネット 東京都. ジェイ・キャスト 2015年3月21日. 2015年3月21日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年8月5日. 2015年8月5日閲覧。 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2015年10月2日時点のよりアーカイブ。 2011年11月26日閲覧。 中元日芽香 2014年8月17日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2014年8月20日時点のよりアーカイブ。 2014年8月17日閲覧。 中元日芽香 2012年7月2日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2015年6月28日時点のよりアーカイブ。 2012年7月2日閲覧。 インタビュアー:大窪由香. booklista. 2016年7月12日閲覧。 19、9頁。 中元日芽香 2015年4月26日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46LLC. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2015年4月26日閲覧。 中元日芽香 2014年2月26日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2014年2月26日閲覧。 アイドル Special 2015』大貫真之介、日経BP社〈日経BPムック〉、2014年12月2日、60-61頁。 ORICON STYLE oricon ME. 2015年3月24日. 2015年3月24日閲覧。 『週刊プレイボーイ』2013年7月8日号、集英社、2013年6月24日、no. 27、54頁。 エンタメNEXT. 徳間書店 2015年5月1日. 2015年5月1日閲覧。 「中元日芽香「びーむ封印グラビア」『BUBKA』2015年11月号、白夜書房、2015年9月30日、59-62頁。 中元日芽香 2013年9月8日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2013年9月8日閲覧。 ナタリー ナターシャ. 2014年12月13日. 2014年12月13日閲覧。 中元日芽香 2014年4月29日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2014年4月29日閲覧。 中元日芽香 2013年2月5日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2013年2月5日閲覧。 中元日芽香 2013年12月16日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2013年12月16日閲覧。 中元日芽香 2013年10月9日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年12月24日時点のよりアーカイブ。 2013年10月9日閲覧。 JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD. TBSラジオ. 2017年8月23日閲覧。 中元日芽香 2012年1月12日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 2016年1月26日時点のよりアーカイブ。 2012年1月12日閲覧。 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2014年2月26日時点のよりアーカイブ。 2014年2月10日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2014年2月21日. 2014年2月21日閲覧。 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 2013年7月30日. 2013年7月30日閲覧。 ORICON STYLE oricon ME. 2015年3月24日. 2015年3月24日閲覧。 ダ・ヴィンチニュース KADOKAWA. 2016年8月18日. 2016年8月18日閲覧。 中元日芽香 2011年12月14日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2016年3月4日時点のよりアーカイブ。 2011年12月14日閲覧。 伊藤万理華; 井上小百合; 中元日芽香 2016年1月4日. インタビュー. 2016年1月4日閲覧。 中元日芽香 2013年10月23日. 乃木坂46 中元日芽香 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会. 2017年8月25日時点のよりアーカイブ。 2013年10月23日閲覧。 「乃木坂46 ゆるふわ相関図」『EX大衆』2014年10月号、双葉社、2014年9月13日、月刊版、85頁。 『EX大衆』2015年1月号、双葉社、2014年12月15日。 252、エムディエヌコーポレーション、2015年3月6日、2015年4月号、80頁。 ナタリー ナターシャ. 2017年11月3日. 2017年11月8日閲覧。 NHKオンライン. 日本放送協会 2016年3月3日. 2016年3月3日閲覧。 乃木坂46LLC. 乃木坂46LLC. 2015年8月26日閲覧。 乃木坂46LLC. 乃木坂46LLC. 2016年3月28日閲覧。 広島ホームテレビ 2015年7月. 広島ホームテレビ. 2015年8月26日閲覧。 TSSテレビ新広島. TSS-TV 2017年. 2017年8月2日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年4月2日. 2015年4月2日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC 2015年4月2日. 2015年4月2日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2017年11月20日. 2017年11月20日閲覧。 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC 2015年10月5日. 2015年10月5日閲覧。 プレスリリース , PR TIMES, 2016年10月18日 , 2016年10月18日閲覧。 「目指せパーフェクトアイドル 中元日芽香の挑戦!! 」『Top Yell』2015年9月号、大貫真之介、竹書房、2015年8月6日、62-64頁。 外部リンク [ ]• - 乃木坂46合同会社• - 乃木坂46合同会社.

次の