クレジットカード 初心者 おすすめ。 【2020最新・徹底比較】クレジットカード人気おすすめランキング

初心者必見!クレジットカードの選び方Credictionary

クレジットカード 初心者 おすすめ

そろそろクレジットカードを持ちたい! ネットショッピングで欲しいものがあるけれど クレジットカードがないと支払いできない! 旅行にかかる大きな費用をすぐに現金では払えないから、 クレジットカードが必要だ! なんとなく持っているクレジットカードはあるけれど、ちゃんと自分にあったカードを探したい! でも、クレジットカードと一口に言っても、たくさんあってどれがいいのかよくわからない…。 そうなんです。 様々な会社がクレジットカードを発行していて、それぞれにたくさんの種類が用意されています。 せっかく持つクレジットカードなら、間違いないものを選びたいですよね。 クレジットカード選びに迷っているあなたに、 初めての1枚、ベーシックな1枚としてもオススメなカードがあります。 「三井住友VISAクラシックカード」と「VIASOカード」です。 この2つのカードは、 大手銀行の発行なので安心、 年会費も初年度は無料 初年度以降も簡単な条件をクリアすれば無料 です。 ここでは、お得なポイント還元なども魅力な「三井住友VISAクラシックカード」と「VIASOカード」をご紹介しましょう。 発行元が銀行 クレジットカード選びにおいて、信頼と安心は必要不可欠なポイントです。 三井住友VISAクラシックカードとVIASOカードは、 日本を代表する大手銀行が発行しているカードです。 三井住友VISAクラシックカードは、その名の通り 三井住友銀行が発行元で、VIASOカードは 三菱UFJ銀行が発行元です。 それぞれ、日本にクレジットカードの文化が生まれた1960年代に設立され、発展してきた歴史あるカードです。 日本で最も信頼があり、安心の保証があるカードと言っても過言ではありません。 年会費 クレジットカードを持つには年会費の負担が…と思っていませんか? ご安心ください。 三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAクラシックカードの年会費は、 初年度が無料。 2年目以降は1,250円 税抜 ですが、簡単な条件をクリアすれば無料になります。 その条件は、「マイ・ペイすリボ」に登録し、1年に一回以上カードを利用することです。 「マイ・ペイすリボ」とは、三井住友VISAカードのリボ払いサービスのことです。

次の

【初心者カード比較】第2弾!VIASOカード vs 三井住友VISAクラシックカード

クレジットカード 初心者 おすすめ

何事も失敗して経験することが大事、とは言いますが、クレジットカードに関してはそんな失敗したくないですよね? なので、以下の2点は特に注意して選ぶようにしてください。 【1】ポイント還元率だけを見てクレジットカードを作るのはやめよう クレジットカード初心者がよくやってしまいがちなのが、 ポイント還元率だけを見てクレジットカードを作ってしまうというミス。 還元率はいろいろなサイトで数値化されて比較がしやすく、お得感もあるので惹かれるのはわかりますが、ここに大きな落とし穴があります。 ポイントというのは、 交換先が設定されています。 せっかく貯めてきたポイントですが、すべてのカードのポイントが 「好きなところで使えるというわけではない」のです。 作って、使い続けたものの、ポイントが欲しいものに交換できなかった・・・というのは悲しいですよ・・・(経験あり)。 また、 還元率だけ見ていると有効期限を見落としてしまうということもよくあります。 【2】信頼できるクレジットカードを作ろう クレジットカードを作る上でカードブランドの信頼性はとても重要です。 初心者のうちは「どれが信頼できるのか」という判断も難しいと思いますが、お金を扱う以上かなり重要な問題です。 適当に選ぶのはやめましょう。 ここでいうクレジットカードにおける信頼性とは、例えば 初心者の方が何かのミスでカードを紛失するなどして悪用されたときにすぐにストップしてくれるようなクレジットカードのことを指しています。 これにはカード会社の歴史の長さやノウハウなどが必要で、適当なところで作ると安心して使えません。 というわけで、以下、これらの注意点を踏まえて クレジットカード初心者の方でも迷わずポイントを使えて、かつ、信頼性も高いクレジットカードを紹介していきます。 最初の1枚として慣れるまで使えるのはもちろん、そのまま長く使っていける可能性が高いカードをランキング形式で選別しました。 1位:信頼性とポイント交換先の幅広さなら三井住友カード(25歳以下ならデビュープラス) 管理人が「まずはこれで良くない?」と周りのクレジットカード初心者にも薦めるのがこの三井住友カード。 さらにあなたが25歳以下なのであれば三井住友カード デビュープラスがオススメ。 三井住友カード自体が歴史が長く、ずっと安定したサービスを続けているカードです。 さらに 25歳以下のクレジットカードでかなり人気、ということはあらゆるトラブルにも対処するノウハウも蓄積されているということです。 肝心のポイント交換先も幅広く、かつ、わかりやすいです。 ANAのマイレージに交換する、各種電子マネーに交換する、Tポイントや楽天スーパーポイントに交換する(これで何でも買えますね)、ヨドバシカメラやビックカメラのポイントに交換する(筆者はヨドバシカメラのポイントに交換します)、といったポイント交換タイプ。 これだけ用意されていれば、ポイントをムダにするということはないのではないでしょうか? さらに特筆すべきは、特に交換したいポイントがないときやポイントの交換が面倒なときには、キャッシュバックがあるということ。 これは カード利用代金からポイント分の金額が引かれて請求されるというもので、初心者の方でもわかりやすいです。 普段ポイントなんてよくわからないから適当だー!と思う方ならキャッシュバックで良いのではないでしょうか? 最初の1枚にオススメです。 >> 2位:身近なところでお得を感じることができるエポスカード エポスカードは作ってすぐにお得感を実感できるクレジットカードです。 特に普段の買い物でマルイを利用する方なら最初の1枚として選んでもOK。 マルイが開催している マルコとマルオの7日間というセール期間中にエポスカードを持っていればオール10%オフで買い物が出来ます(年に4回くらい開催されます)。 他にも ロイヤルホストで10%オフという特典があったり、シダックスでルーム料金が30%オフになったりと、 クレジットカード初心者が早くからクレジットカードのお得感が実感出来ます。 貯まったポイントもマルイでしか使えないのかと思いきや、VJAギフトカード(VISAが発行するギフトカードでいろんな百貨店などで使えます)に交換できるので使い道に困るということもないでしょう。 こう書いていると一見チャラそうなクレジットカードにも思えますが、エポスカードの親会社の丸井グループは昔からクレジットカード事業に手を付けているため、かなり歴史があるクレジットカードです。 >> 3位:ポイントの交換忘れがないから安心できるセゾンカード セゾンカードは永久不滅ポイントというポイント制度を取り入れています。 例えば上記の三井住友カードであれば、ゴールドカードやプラチナカード以外の有効期限は2年間です。 つまり2年間のうちにポイントを交換とかキャッシュバックで利用しなくては、期限切れで使えなくなってしまいます。 それに対して、 セゾンカードならこのカードを持ち続けている限り(年会費は無料です)、ポイントが失効することはないので、ポイントの交換し忘れがありません。 使い方も、200ポイントが900円分の買い物に使えるという実質キャッシュバックの使い方が可能なので、まさに初心者向けのクレジットカードだと言えます。 その代わりといってはなんですが、還元率はそこまで高いわけではありません。 初心者さん向けであり、そして、じっくり長く使っていく人向けですね。 セゾンカードなら代表的な存在のセゾンカードインターナショナルがおすすめです。 >> 4位:国際ブランドが自ら発行する信頼の1枚、JCBカード(オリジナルシリーズ) クレジットカードにはVISAやJCBなど国際ブランドと呼ばれるマークが付いています。 ここでは詳しく解説しませんが、この国際ブランドの代表的存在が自らクレジットカードを発行しているクレジットカードがこのJCBカード(オリジナルシリーズ)です。 そのため、 信頼性は抜群だと言えます(もしもこのクレジットカードで問題が起こったら、JCBというマークが付いたすべてのカードの信用問題に発展してしまいかねませんから)。 公式HPでもMade in JAPANならではのサービスの細やかさを売りにしており、サポート体制も万全なのでクレジットカード初心者の方でも安心して使えます。 貯まるポイントはOkidokiポイントというJCBの独自ポイントなのですが、 Tポイントやnanaco、JALマイル、ANAマイル、ビックカメラポイントなどに交換できるので初心者の方でも使いやすいと言えます。 ただし、この交換ポイントにキャッシュバックがなく、種類も若干三井住友カードよりも劣るので4位です(ただしJALマイルを貯めたいならこちらが良いかも)。 有効期限は2年と一般的。 また、JCBカードのオリジナルシリーズの中でも29歳以下の方ならEXTAGEという種類のカードがあるのでこちらだと通常よりもポイントが貯まりやすいので最初の1枚として最適です(最初の3ヶ月ポイント3倍ですし)。 >> 5位:クレジットカード初心者にはポイントの扱いが難しいかも・・・楽天カード 楽天カードの順位には本当に悩みました。 クレジットカードの初心者の方でも名前はほぼ確実に知っているカードで、確かに年会費無料でポイントは貯まりやすいカードですし、 ポイントは普段から楽天を利用している方なら確実に知っているであろう楽天スーパーポイントで、そのまま楽天市場などで使えるのでかなり便利です(Amazon派の人にはオススメできません)。 ですが、キャンペーンのポイントが付いたと思ったらすぐに消えていたり、 ポイントシステムが複雑なので、フルパワーで使いこなすのはとても難しいクレジットカードでもあります。 もしも楽天カードを作ったなら、ポイント履歴のメニューから貯まっているポイントの有効期限の確認をすることをお忘れなく(ポイントの種類によって有効期限が変わってきます)。 初心者の方だとなおさら慣れるまで大変ですが、オススメのクレジットカードであることに間違いはありません。 >> 無理な支払いは厳禁です というわけで、 初心者の方が慣れるまでの最初の1枚としてオススメできるクレジットカード(さらに、そのまま長く使っていける可能性が高いもの)を選んでみました。 最初にクレジットカードを使って支払いをした瞬間からあなたはクレジットカードユーザーです。 クレジットカードがなかったがゆえに今まで加入してこなかったWEBサービスなどに加入できるようになるなど、世界が開けてくるので、たくさん使いたくなるとは思いますが、 慣れてくるまでは無理な支払いはせずに、キチンとしたカードで、安定した支払いを心がけましょう。 最後に、クレジットカード初心者ということを自覚してこのページをご覧になっているということは、年齢的にも若い、学生や新社会人の方が多いかもしれません。 >> >> 合わせて参考にしてみてください。

次の

【初心者必見!】初めて作るクレジットカード!失敗しないおすすめ年会費無料カード厳選|クレジットカード審査

クレジットカード 初心者 おすすめ

【クレジットカードでショッピングマイルが貯まる】 ・コンビニやスーパーでの買物 ・ネットショップの支払い ・電気料金など公共料金の支払い ・プロバイダや電話料金の支払い このような日常的な支払いにマイルが貯まるカードを使用すれば、不足しがちなフライトマイルを手軽に補うことができるのです。 現金決済派のマイラーの方は、これからは絶対にカード払いに切り替えた方がお得ですよ。 なぜなら特典航空券と交換すれば、1マイル当たりの価値は3倍以上にもなると言われているからです。 ショッピングマイル獲得は、クレジットカードの最もお得な利用法なんですね。 同じアライアンスのマイレージは相互乗り入れ可能 次に航空連合=アライアンスについても少しご説明しておきましょう。 以下が世界の3大アライアンスの名称です。 主な航空会社はこのいずれかに属しています。 スターアライアンス• ワンワールド• スカイチーム 各航空会社はそれぞれ独自のマイレージプログラムを持っていますが、同じ航空連合(アライアンス)同士であれば相互乗り入れできます。 例えば同じスターアライアンスに所属するユナイテッド航空とANAのマイレージ間では、このような交換が可能なのです。 通常カードでのマイル移行にメリットはない ところで普段使われている共通ポイントも、交換によってANAやJALのマイルに移行できることはどなたもご存知でしょう。 はJALマイルと相互交換できますし、はANAマイルに移行できます。 つまりマイルが貯まるクレジットカードを持っていなくても、交換によってマイルを手に入れることは可能なんですね。 しかし一般的なカードはマイル交換レートも低いですし、マイル獲得や旅行に役立つ特典もありません。 ただ交換できるというだけで、取り立ててお得な方法ではないのです。 でもこれからご紹介するマイルが貯まるクレジットカードなら、よりマイルが貯めやすいのはもちろんですし、旅行に役立つ特典など豊富なメリットがありますよ。 本格的にマイルを貯めたいのなら、やっぱりマイルが貯まるクレジットカードを持つ方がずっと効率的だよ。 フライトだけでなく日々のお買い物でもマイルが貯まるからね。 ANAマイルが貯まるおすすめのクレジットカード ではこれから実際にマイルが貯まるクレジットカードを順に見ていくことにしましょう。 最初にANAマイルが貯まるクレジットカードを3枚続けてご紹介します。 国内の航空会社ANAのマイルが直接貯まるので、初心者の方でも使いやすいですよ。 ショッピングで貯めたマイルは、特典航空券や座席のアップグレード、またANA SKYコインなどにに有効活用してくださいね。 コスパ最強!ANA VISA Suicaカード 最初にご紹介するのは、ANA VISA Suicaカードです。 このカードはフライトでANAマイルが、ショッピングではポイント(ワールドプレゼント)が貯まるマルチタイプです。 利用で効率よくポイントを貯めることができて、貯まったポイントはマイルに移行することができますよ。 ポイントをANAマイルに移行するには、以下2通りの方法があります。 手数料の6,000円は、移行した後ですぐに解約すれば毎年払う必要はありません。 5マイルコースなら手数料無料で交換が可能な点も魅力ですね。 また本体カードの年会費も免除条件で千円以下にできるので、カード維持費はかなり節約できますよ。 総合的に見て、ANA VISA Suicaカードのコストパフォーマンスは最高レベルです。 以下がその交換レートです。 9:1• また、ソラチカカードは陸マイラー必携のカードで、する事ができるカードでもあるのです。 電子マネーPASMOも標準搭載されてますから、空と陸両方からマイルを貯めやすいおすすめの1枚ですよ。 JRをよく利用する方ならSuicaチャージでマイルを貯められるANA VISA Suicaカード、PASMOを利用する方ならソラチカカード、リーズナブルな年会費で充実のサービスを希望ならANAアメックスがおすすめだね。 JALマイルが貯まるおすすめのクレジットカード 次にJALマイルを貯めている方におすすめのクレジットカードをご紹介しましょう。 JALマイルが貯まるクレジットカードはバリエーションが多く、交通系電子マネーとの相性が良いのが特徴です。 特定の沿線や地域にお住まいの方にお得なカードもありますので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。 マイルとJRE POINTが貯まる!JALカード Suica JALカード Suicaは陸も空もお得なクレジットカードとして大人気!利用に応じてJALマイルとJRE POINTがそれぞれ貯まります。 Suica一体型なので電車でのお出かけにもとても便利ですよ。 なおこれは全てのJALカードに共通することですが、年に3,000円(税別)追加してショッピングマイル・プレミアムに登録すれば、マイル付与率が2倍になります。 これは加盟店でJALマイルとTOKYU POINTが2重取りできる、大変お得なクレジットカードです。 貯めたマイルやポイントは相互交換可能ですから、使い方は正に自由自在。 と2枚持ちすればオートチャージでTOKYU POINTを2重取りできますし、貯めたマイルで電車やバスに乗ることも可能ですよ。 さらにのクレジットチャージでマイル2重取りできることもお見逃しなく。 このカードをJMB WAONに紐づけすれば、電子マネー利用200円ごとに3マイル(付与率1. 5%)獲得できます。 また搭乗時のボーナスマイルが割高なのも嬉しいですね。 これはJALマイルの他に小田急ポイントも貯まるお得なクレジットカードです。 このカードもPASMOオートチャージできるので、PASMOとの2枚持ちでしっかりマイルを貯めてください。 小田急百貨店ではポイント最大10%と高い付与率で、カード決済すればこれに加えてショッピングマイルも貯まります。 もちろんポイントとマイルは相互交換が可能ですよ。 海外旅行保険は補償内容はやや貧弱ですが、国内も自動付帯なのは珍しいですね。 また海外のみですがショッピングガード保険が付帯します。 お得な6つのオプションサービスがついています。 年会費は5,400円かかりますが、JAL CLUB ESTにはマイルが2倍になるショッピングマイル・プレミアムが含まれているほか、マイル有効期限の延長やボーナスポイント加算もあってコスパは最高です。 特にJALの特別ラウンジを年5回使えるのは、若い方には貴重な機会でしょう。 このカードの会員期限は、30歳になった最初のカード有効期限月の末日まで。 20代の方はお急ぎくださいね。

次の