転用 東日本 スマホ。 フレッツ光から転用したほうが安いって本当?おすすめは3大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)のスマホ割引がある光コラボ!

【公式】ビッグローブ光(転用)|フレッツ光から乗り換えてオトク

転用 東日本 スマホ

光コラボレーションモデルはNTTのフレッツ光の光回線を借りて、自社のブランドで提供するインターネットサービスのことです。 通称「光コラボ」と呼ばれています。 有名な光コラボの例をあげると、携帯キャリアが運営するドコモ光やソフトバンク光、プロバイダが運営するOCN光・ビックローブ光・So-net光、大手IT企業が運営するDMM光・楽天コミュニケーションズ光などがあります。 フレッツ光から光コラボへの転用では、同じ回線を使っているため新たに工事を実施する必要はなく、 従来の光回線乗り換えに比べて手続きもスムーズです。 転用できる方・できない方 光コラボへ転用するためには、まずNTT東日本・西日本で「転用承諾番号」を発行してもらう必要があります。 しかし、現在契約しているフレッツ光やインターネット接続サービスの形態によっては、転用そのものができない場合や、転用承諾番号の発行を受ける前に契約変更が必要になる場合があります。 どのような場合に転用ができて、どのような場合に転用ができないのか、ご自身の契約プランなどと照らし合わせながら見ていきましょう。 転用できるケース 転用ができるケースは、ごく一般的なNTTフレッツ光のプランで、且つプロバイダと別々の契約をしており現在利用中の場合です。 難しく書きましたが、フレッツ光をご利用中のほとんどの方は転用可能です。 転用できないケース 転用できないケースは、まず大前提として以下のような場合です👇• フレッツ 光ネクスト ビジネスタイプ• フレッツ 光ネクスト プライオ10• フレッツ 光ネクスト プライオ1• フレッツ 光ライト ファミリータイプ• フレッツ 光ライト マンションタイプ• Bフレッツ(全タイプ)• 住田町向けひかり電話 メニュー2• フレッツ 光マイタウンネクスト(全タイプ) これらはかなりレアな契約プランなので、使っている方はほとんどいないと思われます。 しかし念のため転用の手続きを進める前に、まずは自分が契約しているフレッツ光のタイプが該当していないか確認しておきましょう。 現在の契約内容は東日本なら、西日本ならで確認できます。 フレッツ光から転用するデメリット フレッツ光から光コラボへの転用は、NTT東日本・西日本との契約から各光コラボレーション事業者との契約に変わるため、いろいろ注意点もあります。 メリットの前にデメリットから先に説明していきますね。 通信速度に影響がある可能性 フレッツ光から光コラボへの転用は、契約先は光コラボレーション事業者に変わりますが、 回線自体はNTTフレッツ光をそのまま使い続ける形になります。 そのため回線品質はフレッツ光と変わりませんが、 コラボ先のプロバイダの契約ユーザー数によっては回線が混み合い通信速度が遅くなる可能性があるのです。 転用先が同じプロバイダが運営している光コラボレーションなら「フレッツ光回線+プロバイダ」の組み合わせが変わらないため通信速度が遅くなる心配は低いです。 しかし、転用にあたってプロバイダが変わる場合には、プロバイダの契約者数や口コミなどをチェックしてみたほうがいいでしょう。 プロバイダの違約金がかかる フレッツ光から光コラボへの転用は、契約先は光コラボレーション事業者に変わりますが、回線はNTTのままなので NTT側からの違約金はかかりません。 しかしプロバイダとの契約が解除となるため、これまで使っていた プロバイダ側から違約金が発生する可能性があります。 フレッツ光の主なプロバイダの違約金はこちら👇 プロバイダ 違約金 OCN 5,000円(不課税) BIGLOBE 5,000円(不課税) Yahoo! BB 「スタンダード」プラン5,000円 「プレミアム」プラン8,000円 nifty 2年割プランのみ3,000円(税抜) ASAHIネット 2,000円(税抜) ぷらら なし So-net なし 転用するのがちょうど契約更新月であればプロバイダからの違約金はかからないので、転用前に各プロバイダに問い合わせて更新月を確認しておきましょう。 メールアドレスが変わる フレッツ光から光コラボへの転用の際、プロバイダが変わるため プロバイダが発行したメールアドレスは使えなくなります。 しかし、プロバイダによってはメールアドレスのみを使い続けることができるプランが用意されていることもあります。 例えばBIGLOBEの場合、プロバイダサービスを解約した後も月額200円のベーシックコースに変更することで引き続き同じメールアドレスを使うことができます。 ただしすべてのプロバイダでメールアドレスを使い続けることができるわけではないので、必ず転用の前に各プロバイダへメールアドレスが引き継ぎできるのか・引き継げるのであれば月々いくらかかるのかなど確認しておきましょう。 ・・・とはいえプロバイダのメールアドレス、使っている人はたぶん少ないですよね。 フレッツ光から転用するメリット 上記のデメリットは言ってしまえばさほど気にするものではありません。 大事なのはメリットです!具体的に見ていきましょう。 月額料金が安くなる フレッツ光から光コラボへ転用する最大のメリットは 月額料金が安くなることです。 以下はフレッツ光と主要光コラボ事業者の料金表です👇 フレッツ光の月額料金 戸建 マンション (小規模) マンション (中規模) マンション (大規模) フレッツ光 東日本 6,100円 4,900円 4,550円 4,150円 フレッツ光 西日本 5,400円 4,760円 4,060円 3,660円 主な光コラボの月額料金 戸建 マンション SoftBank光 5,200円 3,800円 ビッグローブ光 (2年プラン) 5,180円 4,080円 ビッグローブ光 (3年プラン) 4,980円 3,980円 ドコモ光 5,200円 4,000円 So-net光 3,980円 2,980円 比べてみるとほとんどのケースで光コラボの月額料金の方が安く、事業者によっては 月1,000円以上も差があります。 転用すると月々のランニングコストは安くなるんです。 工事が不要 2つ目のメリットは、転用の際には 基本的に工事が要らないことです。 現在フレッツ光を利用している建物でそのまま光コラボへ転用する場合には、既にフレッツ光の回線が引かれた状態になっているため回線工事の必要がありません。 ただし、現在のフレッツ光のプランが以下に該当する場合は、品目変更の工事が発生する可能性があります👇• フレッツ 光ライト ファミリータイプ(100Mbps)• フレッツ 光ライト マンションタイプ(100Mbps)• Bフレッツ(100Mbps)• フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ(1Gbps)• スマホの大手キャリアが運営している光コラボでは、同ブランドのスマホとセットで利用することで スマホの月額利用料が割引になるサービスを実施しています。 例えば👇 ソフトバンク光のおうち割 光セット このようにスマホとネット回線を関連ブランドで揃えることで、毎月のスマホ料金からかなりの割引を受けることが出来ます。 請求がまとまる 4つ目のメリットは 請求が一つにまとまって分かりやすくなることです。 フレッツ光では、光回線の契約とは別にプロバイダとの契約が必要です。 そのため、インターネット回線はNTT東日本・西日本との契約。 プロバイダは各プロバイダ事業者との契約になり、請求や支払いも別々になります。 しかし、フレッツ光から光コラボに転用すると、 インターネット回線とプロバイダの契約先が光コラボレーション事業者に一本化されます。 請求も一本化されることで毎月のインターネット利用料金の管理が非常に楽になりますよね。 フレッツ光から転用する手順 最後に、フレッツ光から光コラボに転用する手順を見ていきましょう。

次の

【公式】ビッグローブ光(転用)|フレッツ光から乗り換えてオトク

転用 東日本 スマホ

特典適用条件 対象期間:2020年6月1日~2020年8月2日 23:59 以降も継続して実施することがあります。 *2 品目変更を行う場合、工事 有料 が必要となることがあります。 *3 課金開始月から36カ月目までの金額です。 別途、申込手数料3,000円がかかります。 NTT東日本のフレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ、ギガマンション・スマートタイプに相当する回線をご利用の場合、機器利用料500円 税別 がかかります。 現在ひかり電話をお使いの方で、ビッグローブ光電話に引継ぎされる場合、本機器は必要ありません。 *1 課金開始月から36カ月目までの金額です。 別途、申込手数料3,000円がかかります。 NTT東日本のフレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ、ギガマンション・スマートタイプに相当する回線をご利用の場合、機器利用料500円 税別 がかかります。 現在ひかり電話をご利用の場合は、光電話対応機器が常時IPv6接続 IPoE方式 に対応しておりますので、本機器は必要ありません。 詳しくはをご覧ください。 *3 KDDIが提供するサービスです。 割引適用には「auスマートバリュー」と「ビッグローブ光電話」のお申し込みが必要です。 *4 対象のプランによって割引額が異なります。 auの一部のプランは割引対象外です。 その他のセット割、トリプル割と重複適用はできません。 *6 UQコミュニケーションズが提供するサービスです。 対象プランは説明ページでご確認ください。 割引適用には「ギガMAX月割」と「ビッグローブ光電話」のお申し込みが必要です。 [ 終了に伴う違約金は発生いたしません ].

次の

フレッツ光のセキュリティって安心?オプションは必要?疑問を解決!

転用 東日本 スマホ

フレッツ光とドコモ光の比較 ドコモ光はフレッツ光の回線を他の事業者が提供する「光コラボレーション」と呼ばれるサービスの1つです。 光コラボレーションはフレッツ光の回線を使用しているので 基本的にはフレッツ光と変わりませんが事業者ごとに独自のサービスや値段設定がされています。 最初にフレッツ光とドコモ光の違いについて説明します。 月額料金はどっちが安い?比較してみる フレッツ光もドコモ光も高品質なフレッツ光の回線を使用していますが、 月額料金に違いはあるのでしょうか? フレッツ光とドコモ光の月額料金を以下の表にまとめました。 回線名 ファミリー マンション プロバイダ料 フレッツ光 (東日本) 5,100円~ 3,450円~ 500円~ フレッツ光 (西日本) 4,310円~ 3,030円~ ドコモ光 5,200円 4,000円 無料(基本料に含む) フレッツ光はプロバイダの請求書は別 よくありがちな間違いに 「NTTからの請求だけを見てフレッツ光の月額料金だと思ってしまう」 というものがあります。 前述したようにフレッツ光の場合、NTTとプロバイダを別々で契約するため請求も別になります。 料金を確認する際はNTTだけでなく、(YahooやOCN、ビッグローブなどの) プロバイダ料金も忘れずに確認しましょう。 回線速度に違いはない フレッツ光とドコモ光、どちらの回線速度のほうが速いか気になりますが、どちらも 最大速度は1Gbps。 ドコモ光はフレッツ光の回線をレンタルして利用しているサービスですので、 理論上はフレッツ光もドコモ光も回線速度や安定性はあまり変わりません。 もちろん1Gbpsの速度は理論上の最高速度なので、実際に出ることはありえませんが…。 利用しているルーターが古い場合にも遅くなります。 V6プラスに対応したルーターに交換するのも遅い場合の対処方法です。 サービスもほとんど同じ フレッツ光と契約する際、 ひかり電話や ひかりTVといったサービスに同時に加入した方も多いと思います。 これらのサービスは ドコモ光に転用してもそのまま使用することができます。 ひかり電話の電話番号もそのままです。 さらにフレッツ光を契約する場合はいずれかのプロバイダとも契約しますが、フレッツからドコモ光に移行する場合、 プロバイダもそのまま継続することができます。 そのプロバイダがドコモ光のプロバイダ料込のプランに対応している場合はプロバイダ料もかからなくなります。 ドコモ光のスマホ割引について ここまでの内容をまとめるとこうなります。 月額料金は単体だとドコモ光のほうが高い• 回線速度やサービスはフレッツ光とさほど差がない これだけ聞くとドコモ光に転用するメリットが全く無いように思えます。 しかし、 ドコモのスマートフォンを使用している「ドコモを利用している方」なら、 ドコモ光の「セット割」を利用することでフレッツ光よりも非常にお得になります。 ドコモスマホとのセット割 ドコモ光のセット割とは、その名のとおりドコモのスマホとドコモ光をセットで契約することでスマホの料金が安くなるサービスです。 割引額はプランによって変わります。 プラン名 割引額 ギガライト (~1GB) 500円 ギガライト (~3GB) 1,000円 ギガライト (~5GB) 1,000円 ギガライト (~7GB) 1,000円 ギガホ 1,000円 セット割は 期間限定などではなく、ドコモ光に加入している限りずっとスマホの料金が割引されます。 また2018年5月から提供開始された ベーシックパックの場合は以下の割引額が適用されます。 ネット申し込み• ドコモショップ(量販店含む)での申込み の2つから選べます。 ドコモ光はプロバイダを自由に決められるので、今使っているプロバイダ(OCNならOCN)を引き続き利用すると移行が楽です。 ただしでも解説していますが、プロバイダによって月額200円の差があり、例えばOCNはビッグローブより200円高いです。 移行が完了したらフレッツ光は 自動的に解約されます。 現地(宅内)での 配線工事は不要なので、立ち会いも必要ありません。 プロバイダを変更すると再設定が必要 プロバイダを変更した場合はインターネットの 再設定が必要になってきます。 設定方法は下記ページでもまとめています。 内容をシンプルに図解するとこういう方法です。 どうしても分からないという場合はフレッツ光のプロバイダをそのまま使うか、契約先のプロバイダに相談してみましょう。 意外にもyahooBBはドコモ光のプロバイダではない yahooBBは利用者の多いプロバイダですが、ドコモ光のプロバイダリストのタイプAにもタイプBにも入っていません。 そのためyahooBBをプロバイダとして使おうとすると非常に割高になってしまいます。 使い続けるメリットはないので、タイプAのプロバイダに変更するほうが賢明です。 プロバイダを変えると支給されていたメアドは使えなくなる フレッツ光を使っていたときにプロバイダから支給されていたメールアドレスを使っている場合もあると思います。 たとえばOCNなら「 ocn. jp」が後ろにつくメールアドレスですね。 プロバイダを変更するとこのプロバイダのメールアドレスが使えなくなります。 プロバイダ支給のメールアドレスは回線を変えると使えなくなるので面倒です。 これを期にGmailなどのフリーメールを使うようにしましょう。 フレッツの違約金は完全に免除される ドコモ光へ転用(移行)すると自動的にフレッツ光は解約することになります。 フレッツ光は現在ほとんどのプランで解約月以外で解約すると違約金が発生するようになっていますが、 ドコモ光へ転用する場合は違約金は発生しません。 例えばフレッツ光西日本のもっともっと割が適用されていると、 最大で3万円の違約金が発生しますが、これも 完全に免除されます。 ただし 工事費の分割代金が残っている場合はそのまま支払う必要があります。 キャッシュバック: 最大20 ,000円• dポイント: 最大2,000pt• 高性能Wi-Fiルーター: 無料レンタル キャッシュバックは動画視聴サービスなどに加入すると最大20,000円となります。 なにも加入しない場合は5,000円です。 dポイントは新規、転用ともに2,000pt で す。 コンビニでもポイント利用できるので便利です。 Wi-Fiルーターレンタル無料は、• 今までLANケーブルで有線接続していた場合• ワイファイルーターを使っているが古くなってしまった といったケースにおすすめできます。 ドコモ光のプロバイダはいろいろありますが、せっかくなら一番お得なところから申し込みしましょう。

次の