秋田 観光。 観光振興課

【ホームメイト・リサーチ】秋田県の観光マップ・レジャーマップ

秋田 観光

秋田は山や海などが広がる大自然、そして人気観光地の角館武家屋敷通り、乳頭温泉など、見どころが満載! 秋田観光はレンタカーでドライブしながら回りましょう。 おすすめ有名観光地を巡る2つのドライブコースをご紹介します。 記事配信: 秋田県の基本情報と見どころ 秋田県は、日本海にほど近い秋田市や由利本荘市、海に突き出た男鹿(おが)半島などを中心とした沿岸と、横手市や仙北(せんぼく)市、鹿角(かづの)市など冬の深雪が神秘的なロケーションを作り上げる内陸の2つのエリアに分かれています。 県の7割以上の面積を森林が占める秋田県。 世界遺産にも登録されている白神山地や、日本一の深さを誇る田沢湖など、秋田県は日本のみならず世界が認めた大自然の宝庫です。 自然が作り上げたのは景勝地だけではありません。 こんこんと湧き出る乳白色の湯が楽しめる乳頭(にゅうとう)温泉や、地熱で体をあたためる岩盤浴発祥の玉川温泉、川自体が温泉として楽しめる川原の湯っこなど、秘湯ファンにはたまらない温泉も数多く点在しているので、ドライブと一緒に湯巡りも楽しめます。 全国的にも名高いみちのくの小京都・角館、「泣ぐ子はいねがー!」でおなじみのなまはげ発祥の地・男鹿半島など、歴史や文化が自然の中で感じられるのも秋田ならではです。 ハタハタ料理、いなにわうどん、全国のB級グルメファンをとりこにする横手焼きそばなど、ご当地グルメも充実の秋田で、山や海、里など、次々と移り変わる景色を楽しみながら気分爽快ドライブを満喫しましょう! 秋田の絶景と定番観光地巡りコース 高原から日本海まで、満喫パノラマ絶景ドライブコース 日本百名山のひとつ鳥海山の雄大な景色と、大きな空を感じられるにかほ高原がスタート!おすすめ絶景ポイントや、日本海に突き出た鼻の先・男鹿半島の見どころを結ぶドライブで、気分爽快なパノラマ絶景を満喫しましょう。 3km、時間1時間41分)• 1km、時間1時間29分)• 7km、時間52分)• 7km、時間1時間4分)• 6km、時間32分)• 6km、時間22分)• 3km、時間29分)• 国道7号線から入って、県道312号線、285線に続くルートに広大な丘陵地帯が広がります。 緑の牧草地帯ではジャージー牛がのんびりと寛ぎながら迎えてくれます。 付近には点在する湖沼や湿原、15基以上の真っ白な風車。 その長閑な光景に非日常感を存分に感じられます。 高原には、通年で営業している観光牧場の土田牧場があり、牧草内で育てているジャージー牛のソフトクリームや、乳製品と加工品などが販売されているので休憩を兼ねてお土産スポットとしても楽しめる人気の施設です。 4月下旬から11月初旬の期間限定で利用できる展望施設の「ひばり荘」で、仁賀保高原からの絶景をチェックしましょう。 背景に鳥海山の山肌を感じながら、晴れていたら眼下には輝く日本海、遠くに突き出た男鹿半島と、大自然のパノラマを楽しむことができます。 車窓からも存分に満喫できるパノラマ絶景を眺めながら続いてのポイントに出発しましょう。 海に面した道の駅。 浜辺で自由に散策も楽しめます 「道の駅岩城」は、2000年に、産直、軽食コーナー、温泉、5棟のコテージがあるオートキャンプ場などを携えた大規模な道の駅としてオープンしました。 日本海を眺めながら国道7号線を走り、道の駅岩城とともに「島式漁港公園」と表記された道路標識が目印の大きな道の駅です。 道の駅から浜辺には、専用の通路や駐車場から自由に通り抜けができ、開放感のある散策が楽しめます。 散策しながら目に入ってくるのは、島のような円形の広場、それこそが聞きなじみの少ない「島式漁港」といわれる人口で作られた漁港なのです。 ワイングラス型の漁港は地元の特産であるプラムワインを象徴し、365mの連絡橋・岩城アイランドブリッジで自由に渡ることが可能です。 360度ぐるりと見渡せる場所から海を眺めるのはもちろんのこと、シーズン中は釣りやサーフィン、バーベキューなどのアウトドアも楽しめます。 山と海が織りなすパノラマ絶景! いよいよ秋田の西海岸・男鹿半島へ。 まずは半島てっぺんにある寒風山を目指しましょう。 山頂といっても標高355mの山頂までは、ゆるやかな坂になっているので車の運転も安心。 全面が芝生に覆われた寒風山では家族でピクニックを楽しむ姿も多く見られます。 また寒風山周辺には国定公園の「姫ヶ岳」や、鬼が積み重ねた岩山に隠れ住んでいたという伝説が残る「鬼の隠れ里」など自然や歴史にまつわるポイントが複数あります。 いずれも起伏の少ない穏やかな場所で、ドライブ途中の散策にもおすすめです。 山頂からは男鹿半島の最北端・入道崎を眺めながら一息つきましょう。 遮るものが何もない特別な空間が広がります。 なまはげに変身して記念の一枚をカメラにおさめましょう 藁で作られたケデを纏(まと)った110体のなまはげが並ぶ圧巻の「なまはげ勢揃いコーナー」では、男鹿60地区150枚の多種多様なお面を見ることができます。 地区ごとのお面の、色、素材、形など、様々な違いを見つけながら鑑賞を楽しみましょう。 他にも、映像で見るなまはげ行事、専用の衣装やお面をつけて記念撮影ができる「なまはげ変身コーナー」、彫師「石川千秋」による木彫面の実演(週3〜4日)など「なまはげのすべてにふれられる」がコンセプトの場所にふさわしい見どころが盛りだくさんです。 なまはげゆかりの地とされている真山神社も散策しながらなまはげ文化を堪能しましょう。 戸賀湾に面した岩場に建つ水族館 入道崎で潮風を感じた後は、ファミリーに大人気の「男鹿水族館GAO」へ。 戸賀湾に面した絶好のロケーションで400種1万点もの生き物がお出迎えします。 まずは入館してすぐの男鹿の海を再現した「男鹿の海大水槽」で、様々な種類の魚たちをチェックしましょう。 マダイやシマフグ、ホシエイなどをはじめとした約40種2000匹の魚たちを深さ8mの大水槽で鑑賞できます。 このドライブコース最終ポイントのゴジラ岩をイメージした岩を、水槽の中で見ることができますよ。 館内を進むと、アザラシやアシカ、ペンギンなどのキュートな生き物の他、秋田ならではのハタハタに特化した展示エリアもあります。 普段は食用でしかなじみのないハタハタも、深海をイメージした薄暗い照明の中で泳ぐその姿に、神秘を感じられそうです。 夕陽に照らされた岩がゴジラのシルエットのよう! 「男鹿水族館GAO」から南下すること約20分、潮瀬崎と呼ばれる、ごつごつとした荒い岩や断崖が点在するポイントで見られる奇岩「ゴジラ岩」でこのドライブの締めくくりです! 多くのメディアに取り上げられたことから一気に知名度が上がり、2014年には日本の奇岩百景にも登録されるなど、人気の高いロケーションとなっています。 敷地内に駐車場はありませんが、潮瀬崎に到着する手前にある「門前なまはげ立像」のある駐車場(11台)を利用できます。 岩場なので足元に気をつけながら、塩瀬灯台を目印に見つけてみましょう。 ちょうど日が沈む時間帯に行くと、夕陽をバックにした岩が、ゴジラのシルエットにように見え、訪れた人々から思わず感動の声があがるほど!ちょうどゴジラの口の間から見える夕陽が、火を噴くゴジラの様に見えたりと、ポイントによって見え方が変わるのも面白いですよ。 日本海に沈みゆく夕陽を眺めながら、秋田の思い出を心におさめてくださいね。 ゴジラ岩 郵便番号/010-0535 住所/秋田県男鹿市船川港本山門前垂水 電話番号/なし 営業時間/見学自由 駐車場/無し(門前なまはげ立像がある駐車場を利用/11台) 料金/なし 定休日/なし 秋田の絶景と定番観光地巡りコース 定番観光地と水辺のスポット巡り編 みちのくの小京都「角館武家屋敷通り」や秘湯「乳頭温泉」を巡って秋田を満喫!自然豊かな湧水スポットや、日本一の深さを誇る「田沢湖」など水辺のスポットも合わせて秋田の人気観光地をぐるりと巡りましょう。 2km、時間33分)• 7km、時間46分)• 3km、時間41分)• 7km、時間20分)• 4km、時間5分)• 8km、時間32分)• 7km、時間56分)• 繰り返し何度も遊んでいられそうなほど、お子様連れに大人気! 「星空探険館スペーシア」では東北最大級のプラネタリウム観賞ができます。 どちらも屋内なので雨が降っても気にせず楽しめるのがポイントです。 思う存分に遊んだ後は、秋田のものがなんでも揃うというほどのお土産売ワンダーランド「ふるさと市場」をチェックしましょう。 秋田名物いなにわうどんや、いぶりがっこ、横手やきそばなどをはじめとした1万点以上のお土産品がズラリと並びます。 「御台所清水」など大小様々な湧水巡りが楽しめます 秋田の魅力を存分に味わったあとには、「名水市場湧太郎」内にある美郷町観光情報センター駐車場をセットして「六郷湧水群(ろくごうゆうすいぐん)」の湧水巡りへ。 東北の中心部を縦断し連なる奥羽山脈、その西側に位置する出羽山地。 それらの山々にちょうど挟まれるように位置する六郷地区は、恵まれた自然環境から古来より豊富な水が湧き出る湧水スポットとして地元住民に親しまれていました。 現在でも、野菜や飲み物を冷やしたり、自然の冷蔵庫として使われるなど生活に密着しながら大切に使われています。 地区には観光客にも自由に開放されている大小様々な60もの湧水スポットがあり、のど越し良くまろやかな味わいで人気を集めています。 湧水巡りの拠点である、美郷町観光情報センターで湧水MAPを手に入れて、「御台所清水」「ニテコ清水」「藤清水」などそれぞれに名前がつけられている湧水を巡り、お気に入りのポイントを探してみましょう。 自然の中で頂ける湧水は、まさにここに来ないと味わえない限定品です。 お花見シーズンは多くの観光客で賑わいをみせます 秋田観光には外せない屈指の観光スポットがここ、「角館武家屋敷通り」です。 出羽角館の大名戸沢氏がこの地に城下町をつくったのがはじまり。 その後江戸時代のはじめに秋田藩主の実弟、芦名氏が新たに城下町をつくり、芦名氏断絶後は角館佐竹北家が統治しました。 佐竹北家二代目の妻が、嫁入り道具として京都から3本のシダレザクラの苗木を持参したのが桜名所としての起源と言われています。 現在シダレザクラは 400本に増え、艶やかに咲き誇るそのシーンが多くの人々を魅了し、みちのくの三大桜名所のひとつとして数えられています。 町は火除(ひよけ)と呼ばれている広場を中心に、黒板塀が並ぶ内町の「武家屋敷「と、町人や商人が暮らした、古い蔵などが点在する「外町」の2つに分かれています。 内町の武家屋敷は武家の暮らしを象徴するかのような華やかさがあり、身分の違いで門の造りが違う、当主より目上の方専用の特別な玄関があるなど、散策しながら往事の暮らしと歴史を感じることができます。 観光の人力車が走る光景も、江戸時代にタイムスリップしたかのような趣きがありますよ。 商人や町人が暮らした外町には、古い建物や土蔵が数多く残り、現在は飲食店やお土産店などに利用されています。 内町の華やかさとは対照的ですが、レトロで落ち着いた雰囲気の町並みの散策も穴場の人気スポットです。 桜や新緑シーズン、紅葉から雪景色と、どの季節も絵になる「角館武家屋敷通り」は何度でも訪れたい観光名所です。 広大な田沢湖。 カヌーや遊覧船に乗り湖面からの観賞もできます 続いて訪れたい人気の観光スポットは「田沢湖」。 日本一の深さ423. 4mを有し、周囲約20kmと広大な湖です。 田沢湖のシンボル、黄金色の乙女「たつこ像」を目指して向かいましょう。 田沢湖抱返り県立公園にあり、ぐるりと辺りを緑に囲まれた湖はルリ色の湖面が美しく、神秘的な光景を描きます。 「たつこ像」の由来となった辰子姫伝説には諸説あり、若さと美しさを願い泉の水を飲んでいたらに龍に姿が変わり、永久にこの湖の主になることで願いが満たされた。 などとも伝えられているそうです。 金色に輝くその姿はまさに永遠の美を表しているかのようですね。 周辺にはパワースポット「御座石神社」や「浮木神社」、1974年に廃校した分校が修復され、昭和の写真展示や見学ができる「思い出の潟分校」など見どころも豊富。 散策の他、カヌーやシャワークライミング、夏の湖水浴など季節で楽しめるアクティビティも充実しているので、トライしてみるのもおもしろいですよ。 次はおまちかねのランチスポットです。 このままもう少し田沢湖の絶景と、神秘的な雰囲気に身をあずけ湖畔のランチタイムを楽しみましょう。 ソーセージやピザ生地など手づくりにこだわるメニューが豊富です ガラス張りの店内やテラス席で田沢湖を一望できる開放感溢れるレストラン「湖畔の杜レストランORAE」。 ORAEとは秋田弁で「私の家」という意味です。 地元などの畑で採れた野菜を主役に、秋田産のあきたこまちや仙北市産の小麦粉を使用した身体に優しいメニューが揃います。 特に人気なのはプリッとした食感をスープと一緒に味わえる自家製「行者にんにくソーセージ」(1183円)。 手作りピザや、270円で生野菜をトッピングできて、季節ごとに素材の違いを楽しめるパスタメニューも人気の一皿です。 ナラの木を使用した98席のテーブル席の広い店内は、温もりも感じられ、全席禁煙なのでファミリーの利用にも優しいお店です。 店内から臨む湖畔にそびえたつ大きな樹、これは、樹齢300年のナラの木で、こちらのお店のシンボルツリーとなっているのだとか。 欧風の建物と湖畔の雰囲気が相まって非日常を存分に感じられます。 体にも心にも優しいランチでお腹を満たした後は、別腹を名物スイーツで締めくくります!田沢湖の人気ショップに車を進めましょう。 店内にははちみつのほか、プロポリスなどの加工品もずらり 加工品なども充実で、中でもチェックしたいのは2017年春に発売スタートした「ハチミツ甘酒」(500g830円〜)。 秋田県産米あきたこまちとはちみつを合わせ、さらりとした飲み口にほんのり香るはちみつの風味がGOOD!季節を問わずグイグイ飲みたくなる人気商品です。 店内にある商品の多くが試飲可能なので、お気に入りのはちみつや加工品をみつけてみてくださいね。 そして必ずと言っていいほど食べてほしいのが、ハンガリー産のアカシヤはちみつ入り「はちみつソフト」(300円)です。 ちょこんと飾られたみつばち型のチョコレートがチャームポイント。 はちみつの優しい風味と甘さが口の中に広がり、後味さっぱり!子どもからおとなまで大人気の一品です。 外にあるロンドンバスの中で寛ぎながら食べるのもおすすめですよ。 エメラルドグリーンに輝く宝仙湖 山のはちみつ屋から国道341号を北上すること約20分、もうひとつの水辺スポット「宝仙湖(ほうせんこ)に到着です。 秋田県の一級河川・雄物川水形玉川に建設された「玉川ダム」と人口湖「宝仙湖」。 コバルトブルーに輝く水面の鮮やかさは、この場所を知らなくても思わず車を停めて見入ってしまうほどに神秘的な光を放っています。 玉川源流部には、全国一の強酸性泉を有する玉川温泉、新玉川温泉があります。 その泉質の高さは全国から湯治客や観光客が多く訪れるほどで、人気温泉地のひとつとして数えられています。 しかし、自然界には強すぎる酸性のため、中和するための目的も兼ねて建設されたのが玉川ダムと言われています。 源流部で酸性を中和するために使用している石灰石が流れてくることによって、色鮮やかなエメラルドグリーンに変化するのだとか。 ダムの上は整備された道を歩けるので、ダイナミックなその流れを存分に楽しめます。 周辺の展望台や公園、トイレなども休憩スポットとしてもおすすめです。 幸せを呼ぶカリヨンの鐘も思い出にひと突き鳴らしてみてくださいね。 存分に水辺に浸った後は、田沢湖方面に戻り憧れの秘湯「乳頭温泉」へと向かいましょう。 乳白色の湯など、宿により異なる泉質とロケーションが楽しめる 秋田県屈指の温泉地「乳頭温泉郷」は乳頭山麓のブナの原生林に囲まれ、自然豊かな山あいに佇む温泉郷です。 乳頭温泉郷最古の歴史を持つ温泉「鶴の湯温泉」をはじめとした7湯の宿が点在し、含硫黄・ナトリム・カルシウム塩化物・炭酸水素泉や、重層炭酸泉など、それぞれが有する独自の源泉も個性も豊か。 全ての宿で日帰り入浴が可能です。 自然の中にむき出しの野趣溢れる露天風呂、混浴風呂、内湯など、湯船の雰囲気は宿によって様々です。 営業時間と合わせてチェックして向かいましょう。 源泉に3時間以上浸けてつくった黒湯温泉の「黒たまご」、妙の湯の「銀の湯入浴剤」、休暇村乳頭温泉の「乳頭まんじゅう」など、オリジナルのお土産も面白いですよ。 茅葺屋根や、廃校した校舎を利用するなど、自然の中に古い建物がそのままに残る光景は日本の原風景を思わせるよう。 冬になると辺り一帯は雪に覆われ、屋根の高さまで降り積もることもある豪雪地帯。 雪景色の中、湯けむりが立ち上る露天風呂に憧れてわざわざ冬に訪れる秘湯ファンも多いんですよ。 冬期休業になる宿もあるので事前確認をお忘れなく。 秘湯ムード満点の「乳頭温泉郷」で非日常を体験してくださいね!.

次の

秋田の春を満喫!春の訪れが待ち遠しいおすすめ観光スポット4選

秋田 観光

アクセス 3. 32 景観 4. 58 人混みの少なさ 4. 32 バリアフリー 2. 満足度の高いクチコミ(13件) 2019年1月14日現在、阿仁ゴンドラから眺める森吉山の雪景色が綺麗でした 4. 樹氷につい... ては綺麗でそれも良かったのですが、その樹氷があるところに向かうのに「阿仁ゴンドラ」というゴンドラを利用する必要があります。 当日はその阿仁ゴンドラを利用して樹氷があるところに向かいましたが、ゴンドラの車内からも森吉山の美しい雪景色を楽しむことができ良かったです。 さん(男性) 森吉・阿仁・鷹巣のクチコミ:3件 アクセス 3. 19 コスパ 3. 31 人混みの少なさ 3. 64 展示内容 3. 71 バリアフリー 3. 満足度の高いクチコミ(2件) 世界一の大太鼓 4. 大体片道1500円くら... いでした。 10分くらいあるいたところにバス停がありましたが、車が便利です。 展示品には世界一の大太鼓がありました。 他にも世界の国々の太鼓が展示してあり、実際に音を鳴らすこともできました。 展示はとても充実していました。 さん(男性) 森吉・阿仁・鷹巣のクチコミ:6件• 満足度の低いクチコミ(1件) ギネスにも載ったそうです 2. 一の 綴子大太鼓や、国内外の太鼓を展示している「太鼓の博物館です 直径を二メートル 超える太鼓が6台で 最も大きいものは直径3.8メートル 胴の長さが44.52メートル 重さが3.5トンです 二番目の大きさのものが 直径が3.7メートルで ギネスブックに認定されたとの事です 入場料金は 420円です さん(男性) 森吉・阿仁・鷹巣のクチコミ:2件 アクセス 1. 50 狭いオフロードを5キロ走ります。 by tabi-tabiさん 景観 4. 50 紅葉時は最高です。 by tabi-tabiさん 人混みの少なさ 4. 75 片道45分なので、人混みはなし by tabi-tabiさん• 満足度の高いクチコミ(2件) 紅葉の安の滝 5. 狭くて離合が大変です。 イルは片道45分で、駐車場にトイレがあります。 それ以外にトイレは、ありません。 そんなに急な登りはありませんが、ところどころに ぬかるみがあるので、それなりの装備はして下さい。 さん(男性) 森吉・阿仁・鷹巣のクチコミ:1件 アクセス 3. 00 景観 5. 00 人混みの少なさ 3. 満足度の高いクチコミ(1件) 紅葉が素晴らしかったです 5. ます.散策コースの一番奥に三階滝があり,そこまで行って同じ道を戻ってくるルートで,往復すれば2時間以上はかかると思います.船は何便かあるので,船の発着時間に合わせて往復する必要があります.ルートは比較的よく整備されていて,起伏もないので,子供でも歩くことは可能ですが,所々滝や急流があるので,落ちないように注意が必要です.秋の景色は素晴らしく,紅葉がとても綺麗でした.休日でしたが思ったほど人は多くなく,穴場的な存在だと思いました. さん(女性) 森吉・阿仁・鷹巣のクチコミ:20件 アクセス 2. 50 景観 5. 00 人混みの少なさ 3. 満足度の高いクチコミ(1件) 小又峡谷散策コースの一番奥にあります 5. うですが,上級者コースになりそうでした.三階滝までなら特に登山の装備は必要なく,家族連れでも安心して訪れることが出来ます.距離はやや長く,太平湖遊覧船の小又峡谷船着き場を下りてから1時間くらいはかかると思います.滝は素晴らしく,苦労して行っても見るだけの価値があります.紅葉シーズンであったため,周囲の紅葉とのコントラストがとても素晴らしかったです. さん(女性) 森吉・阿仁・鷹巣のクチコミ:20件 アクセス 1. 88 大館能代空港か阿仁合駅から、乗合タクシー by love-snow. jpさん 人混みの少なさ 4. 63 とにかく空いてる。 by love-snow. jpさん コース 2. 67 上り坂あり by love-snow. jpさん リフトの輸送力 4. 満足度の高いクチコミ(3件) 玄関開けたら2分でごはん ゴンドラ降りたら5分で樹氷 4. マツの樹氷モンスターたちに会えます。 しかーし、樹氷平を一周するならスノーブーツはきつい、というか進めない。 わたしは、かんじきなしで大丈夫、なんて思った。 が、これが間違い。 思ったよりずぶずぶ埋まる!甘く見ていたことを後悔した。 樹氷案内所でスノーシュー・かんじきを借りたほうがいいです。 (無料 数に制限あり) また阿仁ゴンドラは、秋田内陸縦貫鉄道利用者は乗車証明書があれば割引料金になります。 さん(非公開) 森吉・阿仁・鷹巣のクチコミ:3件 アクセス 4. 00 人混みの少なさ 4. 00 催し物の規模 4. 満足度の高いクチコミ(1件) 景色は綺麗でしたが、回るのに結構体力を使います 4. 出来ます。 2019年の場合、1月5日~3月3日まで見ることができるそうで、2019年1月14日に訪れたところ、晴天の下、美しい樹氷の姿を楽しむことができ、良かったです。 基本的には周遊ルートが設けられ、そのルートを順路に沿って歩きながら見ていくのですが、山の上を歩くことには変わらない為、上り坂を歩くことがあるだけでなく、その坂も結構急なものもある為、意外と体力を使い、その点は大変でした。 そういう意味ではあまり甘く見ないほうが良いと思います。 さん(男性) 森吉・阿仁・鷹巣のクチコミ:3件 アクセス 1. 00 比立内駅から滝入口まで車で約40分(15km) by JOECOOLさん 景観 5. 00 素晴らしい滝でした! by JOECOOLさん 人混みの少なさ 4. 50 紅葉時期以外は訪れる人も少ないかと... by JOECOOLさん• 見える場所に行き着くことができます。 『安の滝』は総落差90m(上段部が約60m・下段部が約30m)の段瀑で、日本の滝百選にも選ばれた秋田県を代表する滝です。 姿形の美しさ、迫力のあるスケール感... 上段の滝壷にも近付けるので、そのスケールを肌で感じることもできます。 滝ファンの間でも常に上位ランキングに入る『安の滝』。 さん(男性) 森吉・阿仁・鷹巣のクチコミ:11件 アクセス 1. 50 車じゃないと不便です by JOECOOLさん 景観 4. 75 人混みの少なさ 4. 25 すれ違う人も少なかったです by JOECOOLさん• 満足度の高いクチコミ(2件) 美しく且つ個性的な滝です 5. 「森吉山野生鳥獣センター」というとこ... ろが『桃洞滝』の入口になっていて、駐車場もあります。 そこから比較的平坦な遊歩道を4. 2km(片道1時間強)歩くと滝に行くことができます。 初めはぶなの原生林の中を森林浴、途中からノロ川渓流沿いを歩くコースになっているので、飽きることはありませんでした。 落差は30mとそんなに大きくありませんが、丸く横に広がった岩盤がとてもユニーク! その名の通り、桃の果実のような一枚岩に二つの穴(洞)がポッカリ開いています。 でも私にはハロウィンのかぼちゃのよう、少し見方を変えると何かの顔のようにも見えました。

次の

定番から穴場まで!秋田で人気の観光名所60選

秋田 観光

秋田ってどんなところ? 秋田のイメージといえば、きりたんぽ?なまはげ? 東北の中でもちょっと存在感が薄い県かもしれません。 実は秋田は、東北の観光スポットの中でも名所だらけなのです。 田沢湖や男鹿半島など、広大な美しい自然が織り成す四季折々の絶景や、角館武家屋敷などの人々によって大切に受け継がれてきた伝統、その中には懐かしい日本の原風景を見ることができます。 また、水族館や動物園など、近代的なスポットも充実しており、乳頭温泉や玉川温泉等、日本有数の秘湯の地としても有名です。 有名な「さるかに合戦」の民話など、秋田の伝説として多く伝えられています。 秋田はどこにあるの? 秋田県は、東北地方の県で日本海に面しています。 大きく県北・中央・県南の3地域に大別され、県庁所在地は秋田市です。 東京から飛行機ではおよそ1時間程度、新幹線(あきたこまち)ではおよそ4時間。 桜を堪能するなら、「千秋公園」「真人公園」などのさくら名所100選にも選定されている場所があります。 お祭りを楽しむのなら「竿燈まつり」「花輪ばやし」など、短い夏の間にも各地で豪華絢爛なお祭りが催されています。 秋田は県内ほぼ全域が日本海側気候で、冬が日本海側から湿った冷たい風が吹き、県内のほとんどが豪雪地帯となり、日照時間は日本全国で最も少なく、寒さがとても厳しいのです。 また、夏季高温多湿となり、夜は熱帯夜になる日が続きます。 目的にもよりますが、訪れるのであれば、比較的過ごしやすい春が観光に適しているといえます。 もう印象が薄いなんて言わせない! 今回は見所満載の秋田の観光名所をエリア別に厳選してみました。 まずは秋田県北部から見ていきましょう。 <秋田県北部(男鹿・能代・大館・鹿角)のおすすめ観光スポット> 男鹿半島は三方を海に囲まれ、西海岸の断崖絶壁やパラグライダー、トレッキングを楽しめる寒風山、歴史ある男鹿温泉など各所に色々なスポットがあります。 また、鱈やサザエといった海の幸も豊富に水揚げされ、県内でも人気のスポットです。 秋田県の大館市では豊かな自然に囲まれた小坂鉄道(廃線)をレールバイクで散策したり、そして、名湯・矢立温泉には良質な温泉を求めて、観光客や湯治客が絶える事がありません。 鹿角市にある十和田八幡平国立公園内、後生掛付近は火山活動や焼山の絶景を眺めることができます。 秋田県北部は、海と山、両方の魅力を味わう事ができる落ち着いた旅をしたい人におすすめのエリアです。 「なまはげ」のはっきりとした発祥は不明です。 しかし、秋田に伝わる伝説で「漢の武帝が男鹿を訪れ、5匹の鬼を毎日のように使役していたが、正月15日だけは鬼たちが解き放たれて里を荒らし回った」、これがなまはげの起源ではないかと言われています。 「なまはげ」の由来は冬に囲炉裏にあたっていると手足にナモミやアマと呼ばれる低温ヤケドができることがあり、「それを剥いて怠け者を懲らしめ、災いをはらい祝福を与える」という「ナモミ剥ぎ」から「なまはげ」 と呼ばれるようになりました。 また、別名「アマハゲ」「アマメハギ」「ナモミハギ」とも呼ばれています。 なまはげのお面の形は地域により異なり、一般的な赤面はジジナマハゲ、青面がババナマハゲと呼ばれているのだとか。 なんとも奥深いですね。 大地の息づかいを体感できる「八幡平の後生掛自然研究路(鹿角市)」 後生掛温泉の玄関前から背後に広がる、まるで天然の博物館のような後生掛自由研究路。 後生掛の名の由来となっている片方が蒸気,もう片方が熱湯を噴出している「オナメ(妾)モトメ(本妻)」の温泉の噴出口や、泥湯の紺屋地獄、噴気孔や多くの泥壷がある小坊主地獄、泥湯が集合している大湯沼、透明な強い酸性の湯が噴き出す中坊主地獄、大泥火山など大地の躍動が感じられる見所がたくさんあります。 約40分程で1周できる園内は、日頃見る事ができない、めずらしい火山現象を観察することができます。 また、周囲にはイソツツジ、ガンコウラン、シラタマノキ、イオウハナゴケ、ヤマタヌキラン、キタゴヨウなど、強力な硫化水素に耐えることができている植物の観察もできます。 その昔は沼でした。 しかし、大正6年頃から成長が始まり、噴気孔の周りに円型に白い泥が積もり、まるで小さな火山のよう。 じっとしていている期間もあれば、数年ごとに噴出し、小さな火山を作り出しています。 しっかりと「活きている」の大地を全身で感じることができる貴重な場所です。 ・近くに鉄道路線はないため、花輪線鹿角花輪駅か十和田南駅、または秋田新幹線(田沢湖線)田沢湖駅にてバスに乗り継ぐ ・鹿角花輪駅からバスで45分、後生掛バス停にて下車。 電話番号 : 0186-23-2019 3. 8km区間を往復乗車(3. 公式サイト: 4. 秋田の海に暮らす生き物に触れられる「男鹿水族館GAO(男鹿市)」 3階建て、全11ブースが設けられている。 秋田名物ハタハタはもちろん、秋田近郊の海に生息している魚や男鹿の海に住んでいる魚たちを展示しています。 アマゾンに生息している魚たちから、白熊、ペンギン、クラゲといったメジャーな生き物もガラス一枚を挟んで間近に観察することができますよ。 タッチコーナーではナマコやヒトデといった安全な生き物にも触れることができ、肌で海の生き物を感じることも可能です! 大水槽の迫力は見る者を圧倒し、息をのむ水槽の美しさについ時間を忘れてしまいます。 まるでお風呂に入っているかのようなアザラシの顔に注目! とても気持ちよさそうに水に入っています。 360度パノラマの絶景ポイント「寒風山回転展望台(男鹿市)」 標高355mの「寒風山」は、男鹿三山の1つに数えられる成層火山です。 芝生に覆われた山肌と周りに障害物がなく、三方が海に面していて風向きの影響を受けにくい事から、パラグライダーのメッカとして人気があります。 山頂には1964年(昭和39年)に建てられた回転展望台があり、1階はお土産屋とレストラン、2階は八郎潟干拓当時の写真を紹介する展示ホール、3階は男鹿半島の歴史や自然、地理に関する資料展示室になっています。 レストランでは「ハタハタ蒲焼」「男鹿しょっつる焼きそば」「比内地鶏親子丼」など、ご当地メニューや町おこしメニューなどが味わえます。 秋田県北部のオススメは、漁獲量も豊富で秋田の県魚にも指定されているハタハタ! その身は余すところが無く、干物、塩蔵、味噌漬や、「しょっつる」と呼ばれる魚醤と色々な食べ方があり、秋田では昔から愛されているお魚です。 とても柔らかく、小骨が少ないのが特徴、味は白身でタンパクなのでとても食べやすいお魚です。 きりたんぽ鍋 「うるち米を杉の棒に巻き付けて焼き、棒から外して切った食品」 きりたんぽにはこんな定義があるんですね。 切る前の細長い状態はたんぽと言い、たんぽを切るからきりたんぽというわけです。 具材も本式は、たんぽ、比内地鶏、ゴボウ、セリ、舞茸、しらたき、ネギの7種類と決められていて、中でもたんぽと比内地鶏、セリとゴボウはマストです。 on Nov 17, 2017 at 2:18am PST 「美味しんぼ」に取り上げられたお店「昔のきりたんぽや」は、地元でも一目置かれているきりたんぽ鍋専門店です。 メニューは、きりたんぽ鍋と比内地鶏のたたきのみ、というのは味へのこだわりと自信の表れでしょう。 大舘産の比内地鶏のガラを8時間かけてゆっくりと煮だしたスープはしっかりとコクのある味。 備長炭を使って丹念に焼き上げたきりたんぽと、比内地鶏のスープの相性は抜群で、スープをしっかりと吸い込んだモチモチのきりたんぽは格別です。 店名の通り、昔のきりたんぽ、を食べてみたい方はぜひ足を運んでくださいね。 人気店なので予約は必須です。 秋田市では年間多くのイベントやお祭りが開催されていて、なかでも有名なのは毎年8月上旬に開催される東北三大祭りの一つ、「秋田竿燈まつり」ではないでしょうか。 また、市内には貴重な史跡が点在し、とても時代の古いもので、何と旧石器時代~弥生時代までの遺跡であるという地蔵田遺跡や、奈良時代に作られた秋田城跡などは、秋田を代表する歴史的名所です。 近代的な施設も多く、大森山動物園や1年中楽しめるウォーターパークのクアドーム・ザーブーン、県立スケート場などのテーマパークで楽しむこともできます。 由利本荘市には豊かな緑と菜の花や桜、ツツジなど四季折々の花が咲き乱れ、絶景と名高い法季節毎に花祭りやイベントも開催されていて絶好のお花見スポットです。 にかほ市は鳥海山を背に大自然に囲まれ、象潟などの大自然の神秘と大地の歴史をひしひしと感じられるスポットがあります。 どこか懐かしい動物園「秋田市大森山動物園 ~あきぎんオモリンの森~(秋田市)」 レッサーパンダもいます。 下車後、徒歩(約30分。 登り坂あり)か、バスまたはタクシーの利用で動物園へ ・JR秋田駅西口「新屋・大森山動物園」行きバスで約30分、またはJR新屋駅西部サービスセンターから「大森山動物園」行きで約8分 ・秋田中央ICより約30分 電話番号 : 018-828-5508 定休日 : 12月、正月三が日、1月、2月の平日、3月1日~3月の第3金曜日まで 営業時間 : 通常開園期間 3月第3土曜日~11月30日 通常開園 9:00~16:30(入園は16:00まで) 冬季開園期間 1,2月の土・日・祝日 冬季開園時間 10:00~15:00(入園は14:30まで) 料金 : 大人 720円、高校生以下無料、団体 520円(大人20人以上) 年間パスポート 1230円 公式URL : 2. オススメの展望スポットは、周囲をよく見渡すことができる「道の駅 象潟ねむの丘」展望台。 松尾芭蕉も松島に並び「絶景かな!」とびっくりしたであろう、奇妙で貴重な自然の力が造り出した光景ををじっくり堪能してみてはいかがでしょうか。 天然記念物「象潟」九十九島の観光情報 住所 : 〒018-0400 秋田県にかほ市象潟町字塩焼島 アクセス : 象潟駅から徒歩で5分 電話番号 : 0184-43-2005 4. プロポーズの聖地「ポートタワーセリオン(秋田市)」 セリオンとは海SEAと、展示館PAVILIONの合成語。 1994年に秋田ポートタワーとしてオープンし、翌年にガラス張りの屋内緑地スペース「セリオンリスタ」が、その翌年には「セリオンプラザ」がオープンしました。 セリオンタワーは高さ143m、6,272枚の強化ガラスからなるスケルトン構造です。 100m地点に展望台があり、眼下に秋田港の景色が広がっており、目を移すと男鹿半島から鳥海山までが一望できます。 展望台にはカップルベンチがあります。 特に夕暮れから夜景にかけてはムーディーな雰囲気に包まれるので、プロポーズに最適です。 実際にプロポーズする人も多く、プロポーズの聖地と呼ばれるようになっています。 以前は有料でしたが、現在展望台は無料なのが嬉しいですね。 on Mar 19, 2017 at 8:15am PDT ちょっと面白いのは、こちらのうどんとそばの自動販売機。 以前、セリオンからほど近い佐原商店の軒先に設置されていたもので、2015年にNHKの「ドキュメント72時間」で取り上げられ一躍有名になりました。 昔懐かしいこの販売機、意外と美味しいと評判で行列が出来ていたのですが、店主が高齢の為に閉店し行き場を失いかけていたところ、名乗りをあげたのがセリオンでした。 現在は、佐原商店の想い出の写真などと共にセリオンリスタの中に設置されています。 もちろん現役なので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。 ポートタワーセリオンの観光情報 住所 :〒010-0945 秋田県秋田市土崎港西1-9-1 アクセス :秋田駅からバスで25分 電話番号 :018-857-3381 定休日 :無休 営業時間 :9:00~21:00 料金 :無料 公式URL : 5. 鮮やかに咲き誇る700種類のダリア!「秋田国際ダリア園(秋田市)」 秋田空港から車で約5分に位置する「秋田国際ダリア園」は、ダリアの育種家として有名な鷲澤幸治氏(前園長)が開園し、2017年に30周年を迎えました。 世界14か国から集めた700種類7000株のダリアが咲き誇る姿は圧巻。 ダリアはの開花時期は夏から秋にかけてと長く、1番花が咲き終わったあと、2番花、3番花と次々と咲いていくので、常に満開のダリアの花が楽しめます。 特に気温が下がった頃は花の数が最も多くて色づきも鮮やかな事から、最盛期は9月下旬から10月にかけてとなります。 毎年新種が発表され、そのネーミングも注目されるところ。 てんとうむし、エンジェルハートなど可愛らしい名前もあれば、秋田らしく「NAMAHAGE」もあるので探してみて下さいね。 園内は飲食物の持ち込みも出来るので、パラソルのついたテーブルでのんびりとダリアを見ながらのお弁当タイムもいいですね。 高台に見える建物はレストランや売店のある「Villaフローラ」です。 稲庭うどんやモロヘイヤ麺などのお手軽ランチや、ケーキとコーヒーのお茶タイムにどうぞ。 売店では、新種以外の球根を購入する事ができます。 気に入った品種があれば、注文書に記入して予約すると、翌年の春にお届けというシステム。 切り花ならばすぐに持ち帰り可能と、ちょっと珍しいお土産にいいですね。 秋田国際ダリア園の観光情報 住所 :〒010-1223 秋田県秋田市雄和妙法字糠塚21 アクセス : ・秋田空港から車で5分 ・秋田空港ICから車で8分 ・JR秋田駅東口から車で30分 電話番号 :018-886-2969 定休日 :8月上旬~11月上旬のみ営業 営業時間 :8:30~17:00 料金 :大人400円、 公式URL : 6. フジタの世界に酔いしれる「秋田県立美術館」 安藤忠雄氏の設計による建物が目をひく「秋田県立美術館」は秋田駅からすぐ、千秋公園を望む地に建てられました。 秋田の資産家である平野政吉氏が収集した藤田嗣治の作品が主に展示されています。 中でも、美術館建設に際して藤田嗣治に製作を依頼した壁画「秋田の行事」は、特別展示室の壁一面を占めていて圧巻です。 雪国秋田の人々が生き生きと描かれたこの作品は、戦争で美術館建設が中止になったため、製作されてから30年近くたってからこの地で公開されました。 秋田県立美術館は建築物としても評価が高く、吹き抜けのエントランスホールやらせん階段、ミュージアムラウンジなども、美術鑑賞に値するほどの美しさです。 秋田駅からも近いため、ぜひ一度足を運んで見て下さいね。 秋田県立美術館の観光情報 住所:〒010-0001 秋田県秋田市中通一丁目4-2 アクセス:秋田駅から徒歩で10分 電話番号:018-853-8686 定休日:不定休 営業時間:10:00~18:00 料金:一般800円、大学生500円、高校生以下無料 公式URL: <秋田県中部のおすすめグルメ> 赤い餃子 秋田県民も知らない人が多い、けれど全国的には密かなブームをよんでいる「赤い餃子」をご存知でしょうか。 「赤い餃子」は由利本荘市が発祥で、お取り寄せグルメでも生産が追いつかず2ヶ月待ちという超人気ぶり! そんな超人気の赤い餃子の出来立てを由利本荘市の 「奥州ラーメン 岩城町店」 で食べることができます。 秋田を訪れる際には、ぜひともお試しあれ。 奥州ラーメン 岩城町店(餃子の餃天) 住所 : 秋田県由利本荘市岩城二古字草刈道18-1 アクセス : 岩城みなと駅から2,767m 電話番号 : 0184-73-3988 定休日 : 無休 営業時間 : 11:00~15:00 予約サイト・口コミ・クーポン: <秋田県南部(仙北、田沢湖、角館、湯沢)のおすすめ観光スポット> 湯沢市にある「川原毛地獄」はまさに地獄のそのもののよう。 秋田県南部の仙北、田沢湖、角館、湯沢エリアは、昔から人々が紡いできた歴史と豊かな自然が共存しています。 まず、湯沢市には小安峡や恐山、立山と並ぶ日本三大霊地の一つである川原毛地獄があり、もっとも荘厳で自然深い地域です。 仙北市には日本で最も深い湖である田沢湖、国内でも有数の紅葉の美しさで知られる抱き返り渓谷など絶景を堪能することができます。 また、角館は伝統的建造物である武家屋敷が有名で、春には咲き誇る桜群を見るために全国からたくさんの観光客でにぎわいます。 平将門の娘辰子との間に産まれた楓娘が祀られていると言われる姫塚もあり、史実と縁のある場所が多く、まさに市内そのものが歴史の宝箱と言ってもよいのではないでしょうか。 そして、乳頭温泉郷や玉川温泉など東北の秘湯といわれる温泉郷もあり、秋田の中でも見所が多く、より旅を楽しむことができるエリアです。 目を見張る湯煙の絶景「小安峡(湯沢市)」 河原湯橋からの眺め。 秋は色とりどりの紅葉が周囲を染め、まさに絶景の一言! ありがたいことにアクセスも比較的良く、遊歩道も整備されているので、散策しやすい場所です。 今にも仙人が出てきそうな、非日常的で神秘的な景観をとくと体感してみてはいかがでしょうか。 小安峡の観光情報 住所 : 〒012-0183 秋田県湯沢市皆瀬字湯元 アクセス : 湯沢駅からバスで70分 電話番号 : 0183-47-5080 公式URL : 2. そこは透き通る瑠璃色の伝説の地「田沢湖(仙北郡田沢町)」 秋田県仙北市にある田沢湖は、ほぼ円形の周囲は約20km、直径は約6kmの円形で、水深は何と423,4mという日本一深い淡水湖です。 限りなく瑠璃色の美しいブルーで、水深70メートルまで日光が入り込むほど透明度が高いのだとか! 遊覧船も出ており、たつこ像、湖神を祀る御座石神社、姫観音像など田沢湖に歴史ににまつわるものを見学できます。 日本のバイカル湖ともいわれている田沢湖の水は、色の鮮やかさだけでなく透明度がすごい! 魚達のエサが売られていて、あげることができるので、遊覧船に乗っていると魚達が集まってきます。 龍神に姿を変えたという辰子を神とする龍湖姫神(たつこひめのかみ)を主祭神として祀っている、御在石神社。 辰子の美にあやかり、御利益とされる美貌成就・不老長寿を願う人が訪れるといいます。 恋愛成就、縁結びにもご利益があるそうなので、ご興味のある方はぜひ。 永遠の美貌を望んで龍に変身させられ、田沢湖に深く深く沈んでいったという「たつこ姫」の伝説より、黄金のたつこ像。 神秘深い田沢湖にピッタリのシンボルですね。 シーズンが到来すると湖畔にある田沢湖遊泳場で泳ぐこともできます。 遊覧船の他に足漕ぎボートもあるのでのんびりと湖面を散歩してみてはいかがでしょうか。 田沢湖の観光情報 住所 : 〒014-1204 秋田県仙北郡田沢湖町田沢 アクセス : 秋田新幹線田沢湖駅より羽後交通バス田沢湖畔行15分、終点より徒歩すぐ 3. 東北随一の桜の名所「角館武家屋敷(角館町)」 仙北市角館町にある角館武家屋敷は「みちのく小京都」とも呼ばれ、桜の名所として全国的に大変有名です。 武家屋敷に咲き乱れるしだれ桜は、「角館のシダレザクラ」として国の天然記念物であり、檜木内川左岸堤防の桜並木は「檜木内川堤」として国の名勝に指定されており、「桧木内川堤、武家屋敷」として日本さくら名所100選にも選定されました。 今も現存する、石黒家、青柳家をはじめ、多くの建造物を見る事ができます。 また、町は「火除け(防火帯)」と呼ばれる広場を区切りに、武士の町である内町、商人の町である外町など区別されています。 内部を見学できる屋敷もあり、武家の当時の生活を垣間みる事ができます。 まるでタイムスリップしたかのような錯覚に陥る古い街並。 角館のしだれ桜は、角館北家2代目・佐竹義明の妻が嫁入り道具の一つとして持ってきたのが始まりとされているそうです。 おおよそ2kmにわたる桜のトンネルを作っている檜木内川堤のソメイヨシノ。 1934年(昭和9年)に今上天皇の誕生を祝って植えられたものです。 雪景色の武家屋敷。 真っ白な雪と屋敷の黒が、まるで時代劇の中に迷い込んだかのようですね。 四季折々の絶景と岩手の歴史を一気に感じる事ができる貴重な場所ですので、ぜひとも一度は訪れてみてはいかがでしょうか。 角館武家屋敷の観光情報 住所 : 〒014-0325 秋田県仙北市角館町 アクセス : 角館駅から徒歩で20分 電話番号 : 0187-54-2700 4. 大自然の秘湯「玉川温泉(仙北市)」 玉川温泉は、国道341号線の沿線にあり、焼山の大自然に囲まれた大変豊富な湯量を誇る温泉です。 温泉は無色透明で、pH1. 2と強酸性で、源泉温度はなんと98度にも達します! 硫黄臭と微量のラジウム放射線が含まれている非常に特徴がある泉質は、昔から万病に効く湯として多くの疾患・症状に対する改善や、治癒能力の向上をもたらしすと言われ、全国から本格的な療養目的の湯治客がたくさん訪れています。 強酸性塩化物泉により長い時間をかけてその成分が固まり、日本唯一の天然記念物「北投石(ラジウムを放射)」が生み出されました。 また、玉川温泉自然研究路脇には地熱のある岩場があり、「岩盤浴」として利用することができるため、地熱が温かいので所々に寝袋やゴザを敷いて寝転んでる方達もそこらかしこで見かけます。 もくもくと立ち込める湯気と絶え間ない温泉と強い硫黄のにおい。 自然研究路脇岩盤一帯にある赤い屋根は岩盤浴! 入り方は1回40分程度 1日1~2回 で、低温ヤケド対策のため、ときおり身体の向きを変えること 無料で天然の温かさで体の芯まで温めてくれ、デトックスを促してくれます。 「玉川温泉」は冬期は宿泊客のみの入湯ですが、新たに併設された「新玉川温泉」では通年日帰り入浴もできます。 毎日の疲れを蓄積した体へのご褒美として、ゆっくり湯治を楽しんでみてはいかがでしょうか。 特殊な場所にあるため、訪れる前に電話で確認することをおすすめします。 公式URL : 5. 国産&海外の厳選はちみつがたくさん!「山のはちみつ屋(仙北郡)」 ちょっとした軽食が食べられれば、というお客さんの声で誕生した「ピザ工房」。 もちろんピザにもはちみつが使われていて、本格的な石窯で焼かれたピザ生地はサク!モチ!とした耳にもおいしい食感です。 地元の旬のお野菜を使用しいるため、とっても新鮮なピザを食べることができます。 はちみつ好きな方はもちろん、身体に優しくておいしいお土産を購入したいという方におすすめのお店です。 ハニージャムやはちみつ漬け、健康食品まで多種多様なものが取り揃えられています。 稲庭うどん 秋田県南部のご当地グルメと言えば、全国的にも有名な「稲庭うどん」。 稲庭うどんといえば、細めの平たい干しうどんを地元のスーパーなどでも見かけますが、やはり本場の生麺で食べてみたい! 秋田の数あるうどん店のなかでも、稲庭うどん製造元老舗の佐藤養助商店が直営するうどん専門店 「佐藤養助 総本店」 のつけうどんがイチオシ。 良質な小麦、綺麗なお水、澄んだ空気、秋田の大自然の恵みをいっぱいに受けた本場の稲庭うどんを食べる事ができます。 茹で上がってすぐに冷水で締められた麺は白く細く、キラキラと半分透き通っており、見た目さながら喉越しの良さとコシと弾力にびっくり! おつゆは醤油ベース、胡麻味噌とお好みでどちらで頂いてもよいですが、わさびでいただくのが稲庭流だそうです。 稲庭うどんってこんなに美味しかったんだと感動する事間違いなし。 また、こちらのお店では工場見学や手作り体験もできますので、時間に余裕があればそちらも参加してみてくださいね。 佐藤養助 総本店 住所 : 秋田県湯沢市稲庭町字稲庭80 アクセス : 湯沢駅より羽後交通バスに乗継ぎ小安線で新城バス停下車2分。 湯沢ICより国道398号線小安峡方面へ20分 電話番号 : 0183-43-2911 定休日 : 不定休 営業時間 :11:00~17:00 公式URL : 2. 横手やきそば 静岡県富士宮市の「富士宮やきそば」、群馬県太田市の「上州太田やきそば」、そして秋田県横手市の「横手やきそば」は日本三大やきそばと呼ばれています。 そのルーツは戦後まもない頃、屋台でお好み焼き屋を営んでいた男性が、新しいメニューはないかと横手市内の麺業者と試行錯誤の末にできたのが焼きそば用の麺だったのです。 太くてまっすぐな角麺で作られた焼きそばは評判となり、作るお店も増えて当時は100店舗もの焼きそばを焼くお店があったと言います。 横手やきそばの定義では、太くてまっすぐな角麺、キャベツ、豚ひき肉、半熟目玉焼き、福神漬けがマストアイテム。 パッと見ると目玉焼きの乗った普通の焼きそばですが、各店オリジナルの出汁入りウスターソースで味付けするので水分多めなのが特徴です。 2007年から開催されている横手やきそばグランプリの予選、本選を勝ち抜いた上位4店舗は、その年のやきそば四天王の称号を与えられます。 このグランプリで11年連続でやきそば四天王に選ばれているのが、「食い道楽本店」です。 焼き鳥を中心とした130種類ものメニューがある居酒屋ですが、訪れる人のお目当てはやっぱり横手やきそば。 汁気が多めでちょっと柔らかい麺、福神漬けが合うのか合わないのか、何だか気になる横手やきそばですね。 もらって嬉しい秋田のお土産をピックアップしてみました。 金萬本舗(きんまんほんぽ)の金萬.

次の