安楽 ゴルフ。 ドラコン王=安楽拓也の「ボールはぼんやり見て打つ」理論

ステータスゴルフアカデミー|名古屋(愛知)のゴルフレッスンやスクールや教室はスタータスゴルフアカデミーへ。一人一人に合ったレッスンをプロが教えます!ドラコン王安楽拓也の「楽飛塾」も好評開催中!

安楽 ゴルフ

はじめてのごるふくらぶプロジェクトレッスン動画第三回 説明. From: ComGolfPartner V... はじめてのごるふくらぶプロジェクトレッスン動画第二回 説明. From: ComGolfPartner V... はじめてのごるふくらぶプロジェクトレッスン動画第一回 説明. From: ComGolfPartner V... ゴルフパートナーCM 2014 「はじめてのごるふくらぶプロジェクト」 ゴルフ... ゴルフパートナーCM 2014 「新しいゴルフ練習場提案します」 From: ComGolfPartner Views: 1863 6 ratings... ゴルフパートナーCM 2014 「私たちはゴルフに新しい形をご提案します」 From: C... 5G NEXGEN MOVIE PART 3 ドラコンプロ安楽選手による5G NEXGEN試打インプレッション動画第3弾...

次の

【ゴルフレッスン動画】安楽拓也プロの飛ばしのコツ(全10回)

安楽 ゴルフ

飛ばしは力ではない、というのが私の考えです。 その証拠に、私の筋力はごく標準的なものですが、ボールを遠くに安定して飛ばすことにかけては誰にも負けない自信があるからです。 また、飛ばそうとすればするほど飛ばなくなるし、大きなミスショットになってしまうことはみなさんよくご存じでしょう。 私はよく「どうしてそんなに軽く振っているのに飛ぶのですか?」と聞かれますが、自分の中では軽く振っているつもりはありません。 自分のポテンシャルが100%ボールに伝わるよう一生懸命振っているのですが、人からはそう見えないということに私の飛ばしの秘密があるといっていいと思います。 大切なのはクラブを力任せに振ることではなく、クラブに振られることです。 体が小さく筋力や握力もさほどない女子プロが一般の男性よりもはるかに飛ばしますが、あれはクラブに振られるように打っているからで、実は私も同じメカニズムで飛ばしています。 今回、Honda GOLFで私の飛ばしのメソッドをお話しすることになりましたが、動画をご覧になる前に、ぜひとも頭を切り替えていただければと思います。 飛ばしは力ではなくコツなのです。 そしてそのコツとは遠心力を利用することであり、そのためのアドレス、テークバック、体重移動のやり方といったものを紹介していきます。 飛ぶようになればゴルフの新しい面が見えてきます。 ぜひとも飛距離アップの夢をかなえてください!.

次の

多くのyoutubeゴルフ動画に登場の飛ばし屋!安楽拓也選手!

安楽 ゴルフ

ドラコン王=安楽拓也の「ボールはぼんやり見て打つ」理論 > > 安楽拓也の理論 安楽拓也(あんらくたくや)プロは、MAX400ヤード以上を飛ばし、2009年に日本のドラコン王に輝いたプロゴルファーです。 以降、レッスンプロとしても有名となり、2017年には「たった3分で飛距離アップ!ドラコン3冠王の速攻レッスン」という本が刊行されました。 また、 2016年に谷原秀人プロが2週連続優勝した際「安楽氏のDVDを見てヒントを得た」という話が広まり、一気に評判が高まりました。 DVDセットの値段は少々高いですが、谷原プロが参考になったと言うほどですから中身はお墨付きですし、万が一内容が不満でも返金が可能となっているので、買ってみる価値はありますよ。 書籍よりも更に詳しい内容のDVDセット。 90日間の返金保証付きなので安心です。 安楽プロの主なレッスン内容を抜粋すると・・・ ・ アドレスが最重要。 適当に動いても球に当たる構えを作る ・ボールはぼんやり見て凝視するな(身体がスムースに動かなくなる) ・頭は動いて良い(動かさない意識だと身体も動きにくい) ・腰を回そうとしない。 脚の踏み込みで自然に身体が回る というように、人間の身体の連動性を重視して、自然に良いスイングになる動きを重視します。 そして基本の部分さえ出来ていれば、他の細かいところは気にしなくて良いという、感覚派の教えです。 安楽プロ自身が「自分はトップがどの位置に上がっているのか知らない」と言っています。 正しいアドレスを取り、いつも一定のリズムで下半身主導で身体を動かしていれば、トップの位置もおのずと同じ場所になるので気にしなくて良い、という理屈です。 ゴルフダイジェストの連載タイトルにもなっている「ボールはぼんやり見て打とう」という教えは、安楽プロの神髄が凝縮された一言です。 当サイトで紹介しているも「ボールを見るな」と同様の理論を唱えていますね。 安楽プロのレッスンで最も重要とされるのが「構え(アドレス)」と「脚の踏み込み」です。 書籍でもDVDなどの動画でも、多くの時間を割いて説明されています。 アドレスは、適度な前傾姿勢をとり、自然と腕が垂れ下がる位置でグリップする事が重要と説かれています。 腕の位置が身体と離れすぎると、力も入りにくい上「ボールに当てにいくスイングになる」そうです。 当てようと意識せず適当にスイングしても「ボールに当たる」アドレスをすることが重要だと言います。 ゴルフスイングの中核である「身体の回転(ボディーターン)」を行うための教えは、実に色々です。 桑田泉プロは「脚を回せ」と言いますし、ピストンスナップ理論の栗林保雄氏は「右足を右に回す」ことで腰が回る、とより具体的です。 一方でZ打法の若林貞男&若林功二プロは「腰を切り上げる」ことを指導しますし、中井学プロは「ヒップターン(お尻を回す)」と言います。 これらは全て、身体を回転させるボディーターンの動きに繋がりますが、意識する身体の部分がそれぞれ異なるというだけです。 そして 我々アマチュアゴルファーも、足を踏み込んだり回したりする方が合うのか、腰やお尻を意識した方が上手く打てるのか、人によって異なってきます。 人間の感覚は人それぞれなので、身体の何処へ意識を持っていくとイメージ通り動けるのかは、各人が試してみなければ、自分でベストな方法論は分からないです。 安楽プロのレッスンは実にシンプルな内容で、ユーザーの評判も高いので、試してみる価値はあると思います。 球に当たるアドレスを作り、ボールを視界に入れるだけで凝視せず、頭を動かさないとかトップはどうだとか細かい事は考えず、足を踏み込んで振る・・・と複雑な事は一切無いので、お試しで練習してみると良いと思います。 安楽プロのスイングを徹底解析し、ドラコン王のノウハウを凝縮したDVDセット。 約2万円と高価な商品ですが、 90日間の返金保証がついており、期間内であれば理由を問わず返金可能なので評判が高いです。

次の