ダステルボックス kun。 ダステルボックスのwiki的プロフィール!イケメンゲーマーの顔や年齢について!チート騒動とは!?

ゲーム実況者ダステルボックスのwiki風プロフィール!イケメンプロゲーマーであり天賦の才を持ちながらチート騒動に巻き込まれた実況者を紹介!

ダステルボックス kun

プロゲーマーとしてかなり前から活動を続けていらっしゃる、あびつんさん。 あびつん abitun のプロフィール!年齢・出身など 出典: 愛称:あびつん(ゴリラ) 生年月日:1994年12月6日 年齢:24歳(2019年3月) 出身:石川県 所属:父ノ背中 ほとんどの人は「あびつん」と呼んでいますが、一部のコアなファンや仲のいい人には「ゴリラ」と呼ばれたりもしているようです笑。 プロゲーマーは24歳を境に衰え始める。 という話を聞いたことがありますが、あびつんさんは大丈夫ですかね…? 2017年1月まではプロゲーミングチーム「Detonation(デトネーション)」に所属していたのですが、脱退し、同年4月には「父ノ背中」へ加入しています。 もう一度プロのゲーマーとして頑張ります! 何卒よろしくお願いします! — あびつん APEX abitun1 デトネーションと言えば、あの超有名なダステルボックス選手がいたり、今では人気YouTuberとなっているKUNさんが昔所属していたりと、日本で有数のプロゲーミングチームです。 その分、配信や動画、さらにイベントなどの活動を頻繁にされていて、デトネーション時代よりどんどん知名度が上がっているように感じられます。 スポンサーリンク あびつん(abitun)の顔は?マツコ会議にも出演!? あびつんさんの素顔は画像の通りです! ご本人も承知のことだと思うので、あえてはっきり言いますが、どう見てもゴリラですね!笑 普段の笑顔はとても愛嬌のある優しいゴリラに見えますし、FPS中の険しい表情は凶暴な恐ろしいゴリラに見えてきます笑。 Twitterにはこんな投稿もしていて、ファンとしてはかなりいじりがいがありそうですね笑。 実はゴリラなんです — あびつん APEX abitun1 ちなみに、2016年にはTV番組のマツコ会議にも出演しており、デトネーション時代のあびつんさんの私生活が伺えました。 その際は、水樹奈々ファンであることをとっても強調していました笑。 しかし、当然ながらあびつんさんにはプロゲーマーとしてのスポンサーからの収入もあります。 その中でも出演回数が多い方々とはどんな関係なのでしょうか?? 気になっている方も多いと思うのでご紹介します。 ダステルボックスとの関係 出典: 先ほども書いたように、あびつんさんはダステルボックスさんとデトネーションチームで一緒に活動していらっしゃいました。 チームでの寮生活も行なっていたようなので、あびつんさんがチームを脱退した今でもとっても仲が良さそうです。 あびつん本人はダステルボックスのことを「ダスさん」と呼んでいて、仲の良さが伺えます。 特に、Detonation BYCMというチームでBFシリーズをプレイしていた時代は、頻繁にダステルさんと練習を重ねてきたようで、絆はかなり深いのだと思います。 実は不仲? 出典: 今では人気YouTuberとなったKUNさんですが、昔はプロゲーマーとして第一線で活動されていました。 その際所属していたチームがBYCM(後のDtN BYCM)で、あびつんさんと同じだったわけです。 そのせいで2人が不仲なのではないか、と言われています。 スポンサーリンク けんきとの関係。 C4の件で喧嘩中? 出典: けんきさんは、あびつんさんと同じ、父ノ背中チームに所属していらっしゃいます。 2人は、父ノ背中チームとしてBF1のクラン戦で共闘したり、レインボーシックスシージを一緒にプレイしたりと、プライベートで一緒にゲームをやるというよりも、共闘するチームメイトとしての関係が深そうです。 というのも、レインボーシックスシージの試合中にあびつんさんがC4のミスを何度も繰り返し、それに関して言い訳を繰り返すあびつんさんに、けんきさんがキレて少し不仲になったようです。 ちょうどその場面の動画がありますので、詳しく見たい方はこちらをどうぞ!.

次の

ダステルボックスにチート疑惑?KUNとの仲直りやBYCM事件についても。|きききのゲームぶろぐ

ダステルボックス kun

有名ゲーム実況者が使っているマイクをまとめてみました。 特に人気なのはこの2本だと思います。 最強の初心者向けマイク「」 約3000円。 ランキング1位、製マイク。 高価格だが高音質な「」 約15000円。 通称、Yeti(イエティ)マイク。 マイク購入の前に スタンドマイクとヘッドセット マイクは大きく分けて2タイプあります。 スタンドマイクとヘッドセットです。 スタンドマイクは、カラオケで使うようなマイクをスタンドに置いて使うもの(手で持っても使える)。 ヘッドセットは、ヘッドフォンとマイクが一体になったもの。 それぞれのメリット・デメリットを説明していきます。 スタンドマイクの メリット• 好きなヘッドフォンやスピーカーが使える。 装着感に悩む必要が無い。 複数の人の声を入れやすい。 スタンドマイクは、好きなヘッドフォンやスピーカーが使えるのが大きな特徴です。 同じ価格のヘッドセットとヘッドフォンを比べた場合、ヘッドフォンの方が音質がいい場合が多いので、それがスタンドマイクの利点となります。 ただ、ゲーム実況の場合だと、撮影中にスピーカーから音を出すと、それをマイクが拾ってしまって、動画ではニ重にBGMが鳴っているなんてこともあるにで、撮影中はスピーカーの使用は難しいかも知れません。 また、ヘッドセットは長時間使用で耳が痛くなったりしますが、スタンドマイクはそれが無いのもいいです。 また、同じ部屋で複数人でゲーム実況などをする場合、マイク1本で済ませれるのも利点です。 スタンドマイクの デメリット• マイクと口元の距離や角度に気をつける必要がある。 使用時、マイクの置き場所が必要。 周囲の雑音を拾いやすい。 (マウスやキーボード、机の揺れなど)• スピーカーの場合が起きる場合がある。 動画の中で声の小さい部分や大きい部分があると、視聴者にとって好ましくないです。 後から聞き取りづらい部分を編集するのも大変ですし、そこはヘッドセットに比べてデメリットと言えます。 また、テーブルに置く必要があるので、ゲーム実況の場合だと、「ゲーム画面とスタンドマイクの配置」が難しかったりします。 (マイクに近づくとゲーム画面が近すぎるとか、無理な体制で話さないといけないとか) かなり広めのテーブル(特に奥行き)が必要となります。 また、回りの音もよく拾うので、生放送の場合だと、や救急車の音から住所バレなんてリスクも0では無いです。 ヘッドセットの メリット• 動きながら喋っても、しっかり声が入る。 場所を取らない。 マウスのクリック音やキーボードの打鍵音が入りにくい• 「ザ・ゲーム実況者」感が出る ヘッドセットは、マイクと口元の距離が一定なので、体を動かしたりしても声をしっかり拾ってくれます。 体を動いてしまいがちな、ホラーゲームや顔出し配信などをする場合、視聴者が聞き取りやすいのが特徴です。 また、スタンドマイクに比べると、声量が小さめでもしっかり声を拾ってくれるので、声が小さい人やあまり大きな声を出せない環境にある人などに向いていると言えます。 使用する際も、マイクをテーブルにセットする必要が無いので、場所を取らないのがメリットです。 ヘッドセットの デメリット• ヘッドフォン部分の音質は、同価格帯のヘッドフォンと比べるとやや劣る。 マイク部分も、こもった感じの音質になりやすい。 長時間使用すると耳やその周辺が痛くなりやすい。 ヘッドフォンの音質に関しては、同じ様な値段のヘッドフォンと比較した場合、劣る場合が多いです。 やゲーム実況だけでなく、音楽鑑賞などにも使用したい場合は、少し物足りないかも知れません。 また、長時間使用すると、耳や頭が痛くなったり、感が出てきたりします。 特にメガネをかけている人は耳付近への負担が大きくなります。 ゲーミングヘッドセット ヘッドセットの中には、ゲーミングヘッドセットと呼ばれる物があります。 音質にこだわっていて、特にやTPSなどのをする際に、敵の足音や爆発音などが聞き取りやすいようにチューニングされています。 音楽鑑賞などにも使えなくは無いですが、原音を忠実に再現する製品では無いことは注意が必要です。 マイクミュートボタンの有無・音量調整コントローラー マイク本体にミュートボタンが付いているものとそうでないものがあります。 特に、PCを使わずに に直接繋いでする場合は、 マイクミュートボタンがあった方が便利かなと思います。 また、ヘッドセットには、音量調節のためのコントローラーが付いているものもあります。 生放送などの際は、突然家族が部屋に入って来た場合(通称:親フラ)などからの本名バレ対策にもなります。 <たかしー。 ご飯よー! 全指向性と 単一指向性 PCマイクには主に「 全指向性と 単一指向性」というものがあります。 これは音をどの方向から拾えるかを表しています。 全指向性(無指向性)は、360度どこからでも音を拾うことが出来るタイプです。 複数人で録音したい場合は、全指向性のスタンドマイクを買いましょう。 単一指向性とは、一部の方向から音を拾うタイプのマイクです。 ノイズが入りにくいのが特徴で、ヘッドセットのマイクによく採用されています。 スタンドマイクの一部にも単一指向性のものがあります。 (例:) は必要か 有名ゲーム実況者まぐにぃさんも使用している(AG03) マイク購入と同じくらい悩むのが「は必要か」という問題ではないでしょうか。 中にリなど をかけたい場合は購入する必要があります。 また、より高音質で録音・配信したい場合も買った方がいいのですが、基本的にはUSBマイクには接続出来ません。 そして、ゲーム実況者向けによく紹介されるマイクはほとんどがUSBマイクです。 ゲーム実況者でを利用している人は少ない印象です。 で雑談メインな人だと買ってる人もいるかなといった感じ。 歌ってみた・演奏してみた系などのYouTuberは、音にとにかくこだわっているので買う人が多いでしょう。 どのマイクを買えばいい? まず、注意点として、 PCマイクはパソコンとの相性によってかなり使用感が変わります。 (特にとの相性) そのため、レビューなどで「マイクの音が大きくて良かった」とか「マイクの音量が小さい」というのはアテにならない場合が多いです。 ゲーム実況に使う場合ですが、でゲーム実況する場合は USB接続が出来るマイクがおすすめされることが多いです。 PC無しで 単体でゲーム実況出来るからです。 また、人気の無い内や、高音質の「歌ってみた」動画を投稿するので無ければ、最初は1000円くらいの安いマイクでも十分です。 機材にお金をかけだすと止まらなくなります。 特に音質に関しては、マイク以外にも「やカード」など、より音質をよくするための商品が沢山あります。 ある程度人気が出てから音質にこだわり出しても遅くはないでしょう。 スタンドマイク 最強の初心者向け「 -PCV80U」 presented by:• 価格:約3000円• 接続方法:3. 5mmステレオミニプラグ(USB変換器付き)• マイクミュートスイッチ有り• PC接続可、接続可(ただし、ピーという小さなノイズが入る) にてベストセラー1位の大人気商品です。 価格も安めで音質も中々のもの。 最初の1本ならこれで十分ではないでしょうか。 ただ、録音した声を静かな場所でヘッドフォンで聴くと、 ほんの少しですがノイズが入る印象です。 そして、 後述する1万円代のマイクと比べるとやはり 音質は劣ります。 5mmステレオミニプラグなのでに繋げるなど拡張性もあります。 さらに、USB変換器(オーディオボックス)が付属しているので、にUSB接続出来たり、マイクノイズを軽減出来たりと便利です。 有名ゲーム実況者や配信者なども多く使用していて、StylishNoobさん・オパシさん・こみみさん・高田健志さんなども使用しています。 -PCV80Uのデメリット が良く人気の商品ですが、値段相応の欠点もあります。 欠点1:息を拾いやすいので、息がかかったときの 「ボフッ!」という音が発生しやすいです。 気になる場合は、別途 ポップガードを買う必要があります。 欠点2: マイクの集音範囲がやや狭い。 また、 付属のマイクスタンドが小さい。 マイクと口をかなり近づけないと、声が入らない場合が多いです。 マイクスタンドも小さいので、机に置いて配信する場合など声の大きさが不十分になりがちです。 手で持って使う場合は問題ありませんが、必要に応じて、 マイクスタンドを別途購入するのもよいでしょう。 マイクスタンドとポップガードが一緒になった商品もあります。 presented by: また、マイクアンプを購入して、声の音量を上げるという方法もあります。 マイクアンプは、マイクの音質を悪くせずに音量を上げられるいう利点があります。 presented by: レビューを見てみると「 -PCV80U」と一緒に購入している方が多いのがわかります。 欠点3:付属のオーディオボックスと との相性が悪い。 このマイクには、PCを使わずにだけでゲーム実況が出来るようにオーディオボックスという変換器が付いています。 しかし、どうやらこの変換器との相性が悪いらしく、変換器と繋ぐと「ピー、ピー」という小さなノイズが発生するようです。 PC無しで、 このマイクと のみでゲーム実況をやりたい場合は、マイクのアダプタをUSBに変換する 変換アダプターを別途購入するとよいでしょう。 ただ、変換アダプターとして色んなブログで紹介されている商品がこれですが・・・ presented by: 5万くらいします。 めっちゃ高い! 正直、変換アダプタにまでお金をかけるくらいなら、下の「Yeti」でいいんじゃないかなと思います。 どちらも対応なので。 高音質USB「Blue Microphones Yeti USBマイク」 presented by:• 価格:約15015円• 接続方法:• マイクミュートボタン有り• マイク音量調節ボタン有り• PC接続可。 接続可。 色んなレビューを見ていると「 -PCV80U」からステップアップしてこの「Yeti」を購入する人が結構多い印象。 値段は高いですが、音質は最高峰。 ただ海外製なので、サポートに少し難ありなようです。 (レビューによる) サイズもマイクにしてはでっぷりしていて、付属のマイクスタンドも大きく、ここで紹介しているマイクの中では一番スペースを取るかなと思います。 カラーバリエーションが豊富で9種類あります。 ( 色によって数百円ほど値段が違う) マイクから直接で接続出来るので、を使用しないマイクの中ではトップクラスの音質が維持出来ます。 は普通PCと直接接続してはいけませんが、この「Yeti」はPCと直接繋げられます。 また、全指向性と単一指向性を切り替えれるので、1人収録と2人収録の両方使いに向いているのも特徴です。 赤髪のともさん、KUNさん、もこうさんなどが使用しています。 Yeti USBマイクのデメリット 欠点1:USBマイクなので が接続出来ません。 生配信でリなどをかけて遊ぶ場合はと呼ばれる機材をマイクとPCに接続しますが、、 こういうやつ 「Yeti」はUSB接続なのでに繋げることが出来ません。 欠点2: 周りの音を拾いすぎる。 単一指向性モードにしても結構周りの音を拾います。 (キーボードの打鍵音や机の揺れる音など)PCゲームでマウス操作する際などにノイズが乗りやすいかもしれません。 これらのノイズが気になる場合は ショックマウントホルダー(サスペンションホルダー)と呼ばれる商品を別途購入する必要があります。 また、ショックマウントを繋げるためにマイクスタンドも必要なようです。 presented by: 欠点3:に接続するとマイクモニターがオンになる PC接続の場合は問題ないですが、に接続すると自動でマイクモニターがオンになります。 価格:約16200円• 接続方法:USB• マイクミュートボタン無し• PC接続可。 接続可。 音響メーカーのの高性能マイク。 「Yeti」と比較しても値段・音質にほとんど差は無し。 ただ、マイクミュートボタンが無いのが気になるところ。 また、付属のスタンドのバランスがやや不安定な印象。 「Yeti」よりもこちらの方が小さめで邪魔になりにくい。 また、マイクモニターの音量調整が可能なので、中に自分の声を調整しながら配信出来る。 オーストラリアのマイクブランド「 USB接続 NT-USB」 presented by:• 価格:約18900円• 接続方法:USB• マイクミュートボタン無し• PC接続可。 最初から ポップガードが付属している。 ここで紹介しているマイクでは 一番高い。 マイクミュートボタン無し。 「Yeti」並にデカい。 と相性が微妙で、認識しない場合がある様子。 1万円代では良し「AVerMedia USBマイクロホン AM310」 presented by:• 価格:約11880円• 接続方法:USB• マイクミュートボタン有り• PC接続可。 接続可。 キャプチャボードで有名なAVerMedia。 マイクミュートボタン有り。 ヘッドフォンの音量調整ボタン有り。 「 -PCV80U」より高く、「Yeti」より安い、中価格帯のマイク。 1万5000円代の他のマイクと比較するとほんのわずかに音質が劣る印象。 で見ると「Yeti」よりややお得か。 超小型ピンマイク「-PC60」 presented by:• 価格:約3000円• 接続方法:3. 5mmステレオミニプラグ• 指向性:全指向性 スタンドマイクとしても使えるピンマイク。 よくおすすめされるマイクの中では一番安い。 やロケなどがしたいyoutuberにもおすすめ。 ホルダークリップが付属しているので、スタンドを立てずに、ピンマイクとしても使えます。 価格:約16,734円• PC・・PS4Proに7. 1chサラウンド対応• イコライザ設定が可能• USB接続(有線接続) 有線のヘッドセット。 マイク取り外し可能。 レビューにて、公式が細かく不具合のやり取りなんかをしているのが好印象。 ・HyperX Cloud Revolver Sの欠点 7. 1chサラウンド有効時は、小さなホワイトノイズが入る。 1chサラウンド有効時はイコライザ設定が無効になる。 逆にイコライザを有効にするとサラウンドが無効になる。 (どちらかしか選べない) 「Razer Thresher 7. 価格:約18544円• PC・・PS4Proに7. 1chサラウンド対応• で 無線で7. 1chサラウンドに対応している ヘッドセットは このシリーズか、 の純正のもの だけ。 価格:約27520円• PC・・PS4Proに7. 1chサラウンド対応 Thresher 7. 1との違い• レシーバーがヘッドセットスタンド(および充電ドック)を兼ねる作り 純正「ワイヤレスサラウンドヘッドセット CUHJ-15007 」 presented by:• 価格:約13400円• USB接続 純正ワイヤレスヘッドセット。 1chサラウンドに対応。 ヘッドホン部分は良い。 ただ、マイク部分に欠点あり。 マイクがニョキっと出てくるタイプでは無い。 周りの音を結構拾う上に、声もあまりよくない。 旧型(CUHJ-1500 5)と間違えないように presented by: 型番の最後が「 5 」で 内側が青いのが 旧型。 価格:約32800円• 有線 ミックスアンプが付いているおかげで7. 1chサラウンドに出来る。 他のヘッドセットに繋いでもサラウンドになる。 ゲーム音だけ音量変更したり、の音量だけ変更したり出来る。 全体の音量の変更も可能。 ヘッドセット部分の性能についてはやや評価の分かれるところ。 ミックスアンプだけ単品売りされているので、そちらを購入し、手持ちのヘッドセットと組み合わせるのもあり。 アストロ ミックスアンプ ブラック presented by:• 価格:約17390円 GSP300とセットで買う人が多いようです。 価格:約8870円 もしくは上位モデルの GSP600• 価格:約26900円 DustelBox(ダステ)も使用している「G633」 presented by: PUBGプロプレイヤーのダステさんは、のG633を使用。 G633の上位モデル「G933」 presented by:• 価格:約15150円 7. 1chサラウンド対応。 (PCのみ) こちらを使用している場合もあるようです。 子供のプレゼント用に「ステレオヘッドセット エンペラフックHDP」 presented by: の世界で実在するギアをそのままヘッドセットにした商品。 値段は安いですが性能もそれなりです。 子供は喜ぶと思います。 (どちらかというと観賞用かも?) suyas.

次の

KUN(FPSラッパー)が炎上しても人気の理由は性格と素顔!?本名に名前の由来は?50人マイクラYouTuberの職業は!?

ダステルボックス kun

KUNさんは周囲の人を巻き込むのがとても上手なYouTuberです。 KUNさんのYouTube動画のリスナーやファンは、年齢に関係なく『KUNキッズ』と呼ばれています。 (KUNキッズ = KUNのファン という意味です) KUNさんの人気コンテンツに「50人マインクラフト」というものがあります。 この動画は、KUNキッズを集めて、生配信で50人以上のプレイヤーと、建物や集落を建設していく動画です。 50人マインクラフト動画では、KUNさんは、キッズ相手にやたらと厳しい物言いをすることもあるので、初めて見る方は驚くかもしれません。 一体なぜ、彼の過激な言動は許されているのでしょうか。 それは、KUNさんのキャラクター、そしてそれが許されるほどの信頼関係を丁寧に築き上げているからです。 元々オフ会などを開いたり、動画のコメントにも丁寧に返信していたKUNさん。 「個体認識しているキッズとかいるのね」とも発言し、巻き込み力だけでなく、リスナーとの距離感や信頼関係の構築も伺えます。 KUNさんの動画投稿のモットーは「媚びないこと」。 テレビとの差別化を図るため、リスナーとの距離感の近さを売りにしていく戦略だそうです。 実際、Twitterでは、リスナーからのくだらない質問にも、実に丁寧に答えており、KUNさんのTwitterアカウントには、「ゲームをするためには、どんなPCを使えばいいですか」などの質問が、多く寄せられています。 LINEで通話をして、教えてあげることもあるのだとか。 Skypeで人生相談などを受ける動画も投稿していますが、丁寧に傾聴しています。 動画内では過激な発言をたくさんしていますが、深夜の生放送などではキッズと雑談をしたり、チャンネル登録者数20万人とは思えないような距離感です。 生放送では、投げ銭システムがあるため、それを使用したキッズには鍵つきのアカウントを教え、そこでされた質問にはほとんど答えているようです。 リスナーさんにサムネイル作りを任せているという話もあり、仕事の頼みごとをできるほどの信頼関係を構築していることが垣間見えます。 最近では、「プロゲーマー養成学校」などができたり、 eスポーツがオリンピックの競技大会になるかもしれないというニュースも出るようになりました。 「将来プロゲーマーになりたい」という子供も多いようです。 それについて「モノ申す系動画」で、何度か答えています。 KUNさんが必ず返答する答えを要約すると、このようになります。 「プロゲーマーやゲームデザイナーになりたいからといって、勉強をおろそかにするべきではない。 勉強して、いい大学に入れば、結婚・出産、お金があって、いい人生にできる可能性が広がる。 まずは大学に行って、大学にいる間に好きなことをする。 大学4年間で芽が出なかったら、才能がないんだと諦めたほうがいい。 ゲームには才能が必要なので、4年もやってダメなら早く別の道に進むべき」 ゲームでお金を稼いでいるKUNさんが、こう発言する背景は一体何でしょう!? 2歳:スーパーファミコンで、スーパーマリオをしたのが、初めてのゲームプレイ経験。 お父さんがゲーム好きで、マリオもお父さんが買ってきたものだったそうです。 クリボーが倒せなくて泣いて、お父さんに倒してくれと頼み込んだ、かわいいエピソードを動画で披露しています。 お父さんがゲーマーだったため、 ゲームソフトや機器を買わなくても家に常に最新のゲームがあり、インターネットについても同じくだったそうです。 その環境のおかげでプロゲーマーになれたと、感謝するようなニュアンスで語っている動画があります。 お母さんは「ゲームよりも勉強をしなさい」と言う人だったため、ゲームは何時間までという雰囲気の中でやっていたそうです。 そして、はじめてプレイしたPCのFPSゲームは、KUNさんの代名詞とも言えるFPSゲーム『バトルフィールド』 BFとも呼ばれますが「バトル・フィールド」というゲームの略称です。 兵士として戦場で戦うゲームで、実際の戦争と同じ武器などを使います。 わかりやすくキャラ付けをするためなのか、KUNさんは自分のことを「中卒ニート」とテロップなどをつけて揶揄したことがあります。 実際は、大学へ進学し、大手企業に就職したようです。 働きながら、PCゲームで活動を続けます。 2014年3月に、DtNBYCM デトネーション・バイシム というクランに加入した、KUNさん。 FPSゲームでチームのことを、クランと呼びます。 ちなみに、チーム対チームで戦うことを、クラン戦といいます。 このチームのリーダーとなり、炎上もありましたが知名度を上げ、 現在は登録者数20万人以上のYoutuberとなりました。 昔は獣医さんになりたかったほど、犬が大好きだから名乗ったそうです。 BYCMを宣伝するため、「BYCMくん(ばいしむくん)」という犬のキャラクター(人工知能bot)を作ることになったとき、同時期にサイバードッグが姿を消す形となりました。 犬のbotをマスコットキャラクターにして、動画でチームを宣伝していきました。 「BYCMくん」の「くん」の部分だけがやがて取れて、「KUN(くん)さん」と呼ばれるようになりました。 BYCMは確かにパッと見では読めないですし、海外のプレイヤーから「KUN」と呼ばれたことがキッカケだったようです。 KUNさんが当時使っていた、ニコニコ動画・ニコニコ生配信では、別のニックネームも生まれました。 動画配信者は「ニコ生主(にこなま・ぬし)」と呼ばれますが、 この「主」の部分をとって、「主しゃん(しゅしゃん)」というニックネームで呼ばれています。 「KUN」と「しゅしゃん」を合わせて「KUNしゃん」と呼ばれることもあります。 顔出しチャンネルというセカンドチャンネルは「KUN 主神」(くん・しゅしん)と名付けられました。 BFでは、クランというチームを使って、仲間と一緒にプレイしたり、チームごとに対戦もできます。 KUNさんはBYCM(バイシム)というチームに所属していました。 その後、2014年に「DtNBYCM デトネーション・バイシム 」というチームになり、リーダーを務めることになりました。 クラン・マスターとして、リーダーになったKUNさん。 「自分のチームを有名にしたい」という目標に向けて、ニコニコ動画やYoutubeに動画をアップロードするようになりました。 当時のBFをやっていた硬派な人々には、まだ動画投稿などはそれほど浸透していなかったようで、 「動画アップロードなんていうチャラチャラしたことをして、なんだかいけすかない」というようなことも言われていたようです。 が、リーダーとして、チームのためにまず知名度を上げること、宣伝することが大切だと考えたKUNさんは、新しい方向へ道を開拓していきました。 実際に後々Logicoolという大手がスポンサーについたわけですし、知名度を上げようとしたKUNさんのとった作戦は、起業家らしく現実的な戦略です。

次の