アレン グリーン を 偲ん で 意味。 ショーシャンクの空にの実話あらすじとの違いや真犯人とトミー死亡の真相!ブルックスやレッドの罪や名言も

グリーンスリーブス

アレン グリーン を 偲ん で 意味

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを(各言語から日本語へ)。 Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 内の人間関係を通して、によってされた有能なが、腐敗した刑務所の中でも希望を捨てず生き抜いていくヒューマン・ドラマ。 原作はの中編小説『( Rita Hayworth and Shawshank Redemption)』。 監督・脚本はが務め、彼の初監督作品でもある。 原題の「The Shawshank Redemption」は直訳すると「ショーシャンクの」になる(作品解説も参照のこと)。 本作は興行的には成功したとはいえないが、批評家達からの評価は高く、のにおいて72位にランクインしており、日本ではのベストワン(洋画)に選ばれているなど人気を誇った。 また受賞には至らなかったが、で7部門にノミネートされた。 ストーリー [ ] 1947年、若くして銀行副頭取を務める優秀な銀行員 アンドリュー・デュフレーン (アンディ) は、妻とその愛人を射殺した罪に問われる。 無実を訴えるも終身刑の判決が下り、劣悪なショーシャンク刑務所への服役が決まる。 ショーシャンクでは、長年服役する「調達屋」こと エリス・ボイド・レディング(レッド)が、もう何度目かとなるの審査を受け、更生したことを訴えるがやはり却下される。 レッドが落胆し部屋を出ると、アンディを含む新しい受刑者達が護送されて来る。 アンディら新入り達は ノートン所長と ハドリー主任刑務官から脅しを含めたショーシャンク刑務所の紹介をされ、その晩に取り乱した一人の新人受刑者がハドリーから過剰暴力を受けて死んでしまう。 孤立していたアンディはやがてレッドに声をかけ、鉱物採集の趣味のため小さなロックハンマーを注文する。 それをきっかけにアンディはレッドと交友を重ね始める。 他方、アンディは荒くれ者の ボッグズとその一味に性的行為を強要され、抵抗のため常に生傷が絶えない生活が続いた。 1949年、アンディは屋根の修理作業中、ハドリーの遺産相続問題を知り、財務経理の知力を駆使し作業仲間達へのビールと引き換えに解決策を提案する。 ビールを手に入れ仲間達から尊敬される一方で、ハドリーら刑務官からも一目置かれるようになる。 その後ボッグズらがアンディを襲って全治1ヶ月の重傷を負わせるも、ボッグズがハドリーに半殺しにされて以後、アンディを襲う者はいなくなった。 アンディが治療を終え自分の房に戻ってくると、レッドに注文していたの大判ポスターが退院祝いとして置かれていた。 やがて、アンディは図書係に配置換えとなり、もう50年も服役している老囚人 ブルックスの助手となる。 だが、その本当の目的はノートン所長や刑務官達の税務処理や資産運用をアンディに行わせるためだった。 アンディは有能な銀行家としての手腕を発揮する一方で、名ばかりだった図書係としても精力的に活動を始め、州議会に図書館予算の請求を毎週送るようになる。 1954年、ブルックスに仮釈放の許可が下りるが、50年服役した老人は塀の外の生活への恐れから取り乱す。 アンディらに説得され、仮釈放を受け入れるが、結局、外の生活に馴染むことはできず、最期は首を吊って死んでしまう。 死の間際に送られた感謝の手紙を読んで、アンディとレッドは苛まれる。 一方、手紙に根負けした州議会はわずかばかりの寄付金と古書をショーシャンク刑務所に送ってくる。 アンディは送られてきた荷物の中に『』のレコードを見つけ、それを勝手に所内放送で流したことで懲罰房送りとなる。 その後、仲間達からレコードを流した理由を尋ねられ、アンディは「音楽と希望は誰にも奪えないものだ」と説明するが、レッドは「そんなもの(希望)は塀の中じゃ不必要だ」と反論する。 1963年、アンディが州議会にさらに手紙を送り続けた結果、年度毎の予算まで獲得し、倉庫同然だった図書館は囚人達の娯楽と教養を得る場となっていた。 その頃所長は、囚人達の社会更生を図るという名目で、彼らを労働力として野外作業をさせ始め、そのや土建業者達からの賄賂を受け取り始める。 そしてアンディは 「ランドール・スティーブンス」という架空の人物を作り出し、その多額の不正蓄財を見事に隠蔽していた。 1965年、新たに入所したコソ泥の トミーは、すぐにレッドの仲間達と打ち解け、アンディも彼を気に入る。 更生を望むトミーにアンディは文字の読み書きから勉強を教え始め、やがて高校卒業資格を申請するにまで至る。 トミーはアンディの過去を知ると、その真犯人に心当たりがあることを話す。 アンディは所長に再審請求したいと頼み込むが、優秀な経理担当者であると同時に不正蓄財を知っている彼を自由にさせる気のない所長は、アンディを懲罰房に入れ考えを改めるよう迫る。 1ヶ月経っても折れないアンディに業を煮やした所長とハドリーは、冤罪証明の鍵を握るトミーを呼び出して射殺、後日アンディには「脱走したため撃った」と嘘を伝える。 トミーの死から1ヶ月後、アンディは再び不正経理を行うことを条件に懲罰房から出される。 しかし、アンディの様子はどこかおかしく、レッドに要領を得ない伝言を残す。 レッドら仲間達はアンディが自殺を考えていると疑い、嵐の晩に心配が募る。 翌朝の点呼の際、アンディが房から消えていることが発覚する。 所長やハドリーもアンディの房に向かい、リタ・ヘイワースからへ、そしてへと代替わりしていたポスターの裏の壁に大穴が開いていることを見つけ出した。 アンディは約20年間ロックハンマーで壁を掘り続け、ついに1966年、脱獄したのだった。 アンディはスティーブンスに成りすまして所長の不正蓄財を引き出すと同時に告発状を新聞社へ送り、難なくメキシコへ逃亡する。 そしてアンディの告発状によってハドリーは逮捕され、所長は拳銃自殺する。 間もなくレッドは服役40年目にしてようやく仮釈放されるが、ブルックスと同様に外の生活に順応できない。 ブルックスと同じ悲劇への道を辿りかけるが、レッドはアンディの伝言を信じてメキシコのジワタネホへ向かう。 そして、青海の海岸線で悠々自適の生活を送るアンディと再会し、喜びの抱擁を交わしたのだった。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 アンドリュー・"アンディ"・デュフレーン エリス・ボイド・"レッド"・レディング サミュエル・ノートン刑務所長 ヘイウッド バイロン・ハドリー主任刑務官 トミー・ウィリアムズ ボッグズ・ダイアモンド ブルックス・ヘイトレン 検察官 トラウト マート• TBS版:初回放送『春の映画スペシャル』 14:00-16:54 その他声の出演:、 スタッフ [ ]• 監督・脚本:• 原作:• 音楽: 作品解説 [ ] タイトル [ ] 製作当初、作品名は原作と同じ "Rita Hayworth and Shawshank Redemption"(刑務所のリタ・ヘイワース)となっていた。 しかしリタ・ヘイワースのと勘違いされ、リタ・ヘイワース役のオーディションを熱望する者まで現れた。 その女優は「脚本はすばらしかった。 ぜひリタを演らせてほしい」と言ったという。 このため作品名が "The Shawshank Redemption"(ショーシャンクの贖い)となった経緯がある。 "Redemption"は「罪を贖う」という意味と同時に、債券などの「満期償還」や「買戻し」「回収」という意味をもつ。 製作 [ ] 監督のダラボンはにスティーヴン・キングの短編小説『312号室の女』を映画化して彼に注目され、その後、に本作の映画化権を得ている。 この映画化権を得るまでの4年間、2人はペンフレンドとして交友を重ねてはいたが共に仕事をしたことは無かった。 本作はキングが意欲的な映画製作者に向けて作った有名な「」の1つである。 ダラボンは本作の後も、キングの『』()や『』()の映画化に関わった。 当初、脚本と監督は『』()をヒットさせたが250万ドルでオファーを受けていた。 ライナーはアンディーに、レッドにを充てる構想を提案した。 ダラボンは、ライナーの構想を気に入っていたが、結局、自身が監督することで大きなものを得られる機会だと考え、監督兼脚本を担当することとした。 映画のセットはメイン州に作られたが、ショーシャンク刑務所の全景はオハイオ州の使われなくなったオハイオ州立少年院()を利用している。 刑務所の大半は撮影終了後に取り壊されたが、主な管理棟と2つの独房棟は残された。 敷地はその後、映画『』の一部シーンのため、再利用されている。 入場室および監視員のオフィスのような専門の刑務所設備の内部のシーンは少年院で撮影されている。 屋外での撮影は他の場所で行われたが、ブルックスとレッドが対面した入所室の内部は管理棟に位置した。 刑務所の敷地は観光名所となっている。 刑務所監獄棟の内部場面で使われたのは、近くの閉鎖されたウエスティングハウスの工場内部に作られた防音スタジオである。 ダウンタウンの場面は、近隣のアシュランド オハイオ やマンスフィールドでも撮影が行われた。 木は2011年7月29日にあった雷雨を伴う突風で酷く損傷を受け、職員達は枯死した可能性を考えていたが、その後、回復グループ及び山林学組織による検査によってまだ生きていることが判明した。 しかし、強風のためついに倒れた。 詳細は「」を参照 ラストシーンでレッドがアンディと再会した海岸は、南部の ()と設定されているが、実際にはので撮影されたものである。 近年のジワタネホは海洋汚染が激しいビーチとして挙げられており、公衆衛生当局がビーチを閉鎖したことがある。 原作との違い [ ]• 原作でアンディは銀縁眼鏡を着用した小柄な男性として描かれているが、アンディ役のは190cmを超える長身である。 その為、作中でも、レッドの台詞の中に「あの背の高い男だ」と長身である事が逆に強調されている箇所がある。 また、映画版ではアンディは眼鏡 [ — ]を着用していない。 原作・映画共に、レッドはアンディに「なぜ(渾名が)レッドなんだ? 」と聞かれ、「(が多い)だからさ」と答えるシーンがある。 原作でのレッドは実際にアイルランド系移民である点と、(Redding)に因んだ渾名である事を説明する、ただの会話である。 一方、映画でのレッドは扮するである事から、原作を踏まえたジョークになっている。 原作ではレッドが服役している理由は保険金目当てで妻の車に細工をし、結果的に同乗した知人の女性と子供も巻き添えにして殺害したことが原因と語られる。 映画では詳細は不明だが、一人の男性を殺害したことに変更されている。 原作では刑務所内の房は雑居房となっており、アンディも服役中何人かと同居するが、映画では全員独居房となっている。 原作ではカラスの雛ジェイクを育てているのはシャーウッド・ボルトンという囚人だが、映画ではブルックスと統一されている。 また、原作ではジェイクは釈放前に逃がされた数日後に刑務所内で死亡する。 原作ではアンディは有罪になる前に全ての資産を売却して友人のジムの協力の元「ピーター・スティーブンス(映画ではランドール)」なる架空の人物を作り、資産を全て信託させ、大金を隠し持っていたが、映画版ではノートン所長の賄賂や屋外奉仕で稼いだ裏資金を隠す為にアンディ自らが所内でスティーブンスを作り出した事になっている。 アンディが流したレコードの曲は「」第3幕 第10場の第21番 二重唱「手紙の二重唱」 そよ風によせて…」である。 このエピソードは原作にはなく、脚本執筆当時ににはまっていた監督のアイディアである。 音源は、カール・指揮ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団&合唱団、エディト・(S:スザンナ)グンドゥラ・(S:アルマヴィーヴァ伯爵夫人)による1968年録音。 原作ではアンディの服役中に看守や所長が何度か代替わりするが、映画ではハドリーとノートンに統一されている。 (原作では2人は入れ違いで登場し、接触もしておらず、ハドリーは中盤で心臓発作を起こして亡くなり、ノートンは、その後に所長に赴任する。 原作ではアンディが看守を買収してボッグズ・ダイアモンドを痛めつけて再起不能とさせるが、映画では屋上のタイル塗りのエピソードが先に展開された事で、その流れでハドリーがボッグズを痛めつける流れに変わっている。 映画ではトミーは殺されているが、原作では他の刑務所に移されただけである。 監督によると所長を更に狡猾にする為に変更したとドキュメンタリーで触れている。 映画ではノートン所長は銃で自殺をするが、原作では解雇され廃人同然の状態になる。 映画での、アンディが所内の違法行為を内部告発するシーン自体がない。 原作には映画のラストにある、海のシーンはない。 その他エピソード・解説 [ ]• 幼虫をカラスの雛に与えるシーンには、動物愛護団体が立ち会った。 彼らは生きている幼虫をヒナに与えないことを要求し、ダラボンは餌を釣具店で買ったので大丈夫だと説得した。 アンディ達が所内で見ていたリタ・ヘイワースの映画は『』である。 (原作では『』を見ている)。 アンディもギルダも無実のことで誤解されていることやレッドとの関係などが同じ構造になっている。 ブルックスが壁に彫った文字「BROOKS WAS HERE」は、中にアメリカ軍人の間で流行した落書き「Kilroy Was Here()」のフレーズを捩ったものである。 審査において、レッドの書類に貼られていた青年時の写真は本人でなく、モーガン・フリーマンの実子アルフォンソの写真である。 またアルフォンソは映画冒頭で、護送されて来たアンディら新入りたちをからかう囚人役の一人としても出演している。 トミー役は当初、にオファーする予定だったが、スケジュールが合わずに断られ、当時無名だったが起用された。 映画の最後に「IN MEMORY OF ALLEN GREENE(アレン・グリーンを偲んで)」と表示されるが、この人物はフランク・ダラボンの旧友であり、本映画の製作途中に亡くなっている。 2018年7月よりHuluで放送が開始したTVシリーズ「キャッスルロック」の第1話は、ショーシャンク刑務所が舞台となっている。 なお、は他のキング作品の多くに登場する街の名前である。 評価 [ ] 公開当時、本作は『』や『』『』の影に埋もれ知名度は低かったが、批評家達から高い評価を受け、その後販売やによって、徐々に人気を獲得し、ファンを広げていった。 のアカデミー賞では7部門にノミネートされた(作品賞、主演男優賞:モーガン・フリーマン、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、録音賞)が、ほぼフォレスト・ガンプが占め受賞には1つも至らなかった。 AFIの映画ベスト100シリーズでは「(23位)」「(72位)」にランクインしており、いずれも同時期のライバル作より高い。 受賞歴 [ ]• 1995年 7部門(、、、、、、)ノミネート• 1995年 2部門(男優賞、脚色賞)ノミネート• 1995年度 第19回 外国語映画賞• 1995年度 外国映画作品賞、読者選出外国映画監督賞、読者選出外国映画ベスト・テン第1位• 1995年度 外国映画ベストワン賞• 1995年度 外国作品賞 DVD [ ] から発売されているDVDは、所長の自殺の傷口がCG修正されている。 直前のカットの銃口の位置がずれていたためである。 無修正版は松竹ビデオ版で見ることが出来るが、現在廃盤である。 また、画面サイズがスコープ・サイズと表記されている。 舞台 [ ] 2013年版 [ ] 2013年に演出・脚本で日本初の舞台化。 東京・大阪・福岡・名古屋・松本の5都市で上演された。 主催は・・ネビュラプロジェクト。 出演 [ ]• アンディ -• レッド -• ノートン所長 -• ハドリー主任刑務官 -• ブルックス -• ケンドリクス - 演劇集団キャラメルボックス• ヘイウッド -• ルースター -• ボッグズ - ()• 囚人他 - (演劇集団キャラメルボックス)• リタ・ヘイワース -• マリリン・モンロー -• ラクエル・ウェルチ - 2014年・2015年版 [ ] 2014年12月から2015年1月にかけて、東京・仙台・名古屋・広島・大阪・福岡で上演される事が決まっている。 脚本はオーウェン・オニール/デイヴ・ジョーンズ、演出は。 出演 [ ]• アンディ・デュフレーン -• レッド -• トミー・ウィリアムズ -• ボグス・ダイアモンド -• ブルックス・ヘイトレン -• グレゴリー・スタマス -• ヘイウッド -• アーニー -• チェスター -• バディ -• ハドリー -• ホーキンス -• ストーン氏 -• 囚人 - 参考文献 [ ]• 2011年12月7日閲覧。 『ショーシャンクの空に』オーディオコメンタリー。 Rauzi, Robin 1993年12月1日. 2013年3月11日閲覧。 Audio commentary with director and writer Frank Darabont• 2011年8月3日. 2011年8月3日閲覧。 Whitmire, Lou 2011年7月29日. 2011年8月5日閲覧。 Destries, Michael 2012年7月30日. シネマトゥデイ. 2017年10月16日閲覧。 movie-location. com. 2018年12月8日閲覧。 Gordon, Sarah 2014年4月9日. ナッポスユナイテッド. 2013年5月22日閲覧。 シアタークリエ. 2014年9月20日閲覧。 関連項目 [ ]• - (, ) 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - 2013年版• - 2014年・2015年版• 本作ロケ地の紹介。 その他、主要な映画のロケ地についての情報を得ることができる。

次の

ショーシャンクの空に

アレン グリーン を 偲ん で 意味

今日の記事の見出し• バイブル 20代前半の頃までの話なんですが。 書物に関して言えば、ロマン・ロランの「ジャン・クリストフ」が、僕の座右の書のような感じでした。 しかし、それ以降は、全く読んでいません。 そういった意味で言えば、この映画「ショーシャンクの空に」は、僕のバイブルともいえる映画です。 こちらは、今でも、折につけ観る映画ですね。 この映画の中でも、バイブルが、登場します。 僕の好きな映画のベスト5に入る映画でもあります。 スティーブン・キング この映画は、「スタンド・バイ・ミー」や「グリーンマイル」の作者であるスティーブン・キングの原作です。 原作のタイトルは、「刑務所のリタ・ヘイワース」とか。 確かに、リタ・ヘイワースのポスターは、この物語の重要なカギを握っているわけです。 もっとも、ポスターの方は、途中でリタ・ヘイワースからラクエル・ウェルチに変わりますけどね。 先輩のAVルーム 最初、この映画を観たのは、先輩の家の AV ルームでした。 三十代の半ばくらいではなかったかと思います。 その頃は、良く先輩の家で、いろんな映画の鑑賞会があってました。 十畳くらいの洋間に、100インチのスクリーンがあって、プロジェクターで観ていましたね。 先輩も、かなりの画質や音質の追求者で、ほんとに立派なAVルームをこさえていました。 そのAVルームは、その当時よりも、またバージョンアップして、今も健在です。 ティム・ロビンス 「ショーシャンクの空に」の主演は、ティム・ロビンス。 いろんな映画に出演しています。 この映画の中でも、ひときわ長身であることに気づきます。 ウィキペディアによると196㎝とか。 若くして銀行の副頭取をしていたアンディが、浮気していた妻を殺したという濡れ衣を着せられて終身刑になります。 最初は、一見ひ弱にも見えたアンディでしたが、数々の困難を克服して、最後に刑務所を脱走して自由の身になるというお話です。 いかにして彼は、脱獄したのかという謎。 それと、刑務所の中で、彼が行った数々の行動。 こういったところが、見所満載です。 モーガン・フリーマン 刑務所の中の調達屋のレッド役が、モーガン・フリーマン。 ホントに演技のある上手い俳優です。 いろんな役を、見事に演じていますよね。 ウィキペディアでは、1937年生まれとなっています。 彼も、結構な長身で188㎝とか。 刑務所の中で、アンディと知り合い、リタ・ヘイワースのポスターを調達したのも、このレッドですね。 やがてアンディとレッドは、無二の親友になっていきます。 希望 アンディとレッドは、無期懲役刑の囚人同士なわけです。 しかし、刑務所の中で生きることの考え方に関しては、正反対な部分がありました。 希望= HOPE を持ち続けるアンディに、無期懲役刑の刑務所の中では、希望を捨てろと勧告します。 この二人の対照的な考え方が、この映画のテーマの一つかもしれませんね。 HOPEとハンマー 最初の書き出しで、僕のバイブル的な映画と書きましたが、アンディが、少しづつ、少しづつ希望に向かって努力を維持していくところに、もの凄く感銘を受けたわけです。 「 HOPE IS A GOOD THING /希望は素晴らしい」 終身刑で服役している彼を支えていたものは、この希望とハンマーだったんですね。 ハンマー?映画を観ると判りますね。 このシーンを観るたびに、いつも、涙が出てきてしまうんですよね。 過酷な刑務所暮らしの中で、考え方も違う二人の男が、自由の身になって再会。 レッドは、本当のところ、刑務所から出たくありませんでした。 長い長い終身刑での刑務所暮らしも、いつの間にか、それが、自分が安心して暮らしていける場所になっていたんですね。 教訓 「希望を抱き、計画性を持って、ひたすらコツコツと行動を続けること」っていうのを感じました。 なかなかできないんですけどね。 いかにも教科書的な教訓なんですが、何かをやると決めた時に、いつもアンディを、お手本にしています。 エンドロール この映画のエンドロールのところに、 「 IN MEMORU OF ALLEN GREEN /アレン・グリーンを偲んで」 という字幕が出てきます。 今回のブログを書くに当たって調べてみました。 ( YAHOO !知恵袋で調べました。 ) アレン・グリーン氏は、この映画のフランク・タラボン監督の親友で、この映画の制作にも関わっていた方のお名前でした。 映画の完成の前に亡くなられたそうです。 この字幕にも、ふたりの友情を感じますね。

次の

ショウシャンクの空は実話ですか?

アレン グリーン を 偲ん で 意味

概説 [ ] 起源 [ ] の頃、との国境付近の地域で生まれたといわれているが、前述の通りその起源は厳密には判っていない。 記録では、に、ロンドンのに、この名の通俗的物語歌()が、「レイディ・グリーン・スリーヴスの新北方小曲(A New Northern Dittye of the Lady Greene Sleeves)」として登録されているが、この印刷文は未だ発見されていない。 またこの歌は、の『掌中の悦楽』のなかで、「レイディ・グリーン・スリーヴスの新宮廷風ソネット(A New Courtly Sonnet of the Lady Green Sleeves)」として残っている。 このため、以下のような未解決問題が生じている。 すなわち、古く登録された「グリーンスリーヴス」の歌のチューンがそのまま今日まで流布したのか、あるいは2つの歌のチューンが別だとすれば、そのいずれが今日広く知られている曲なのか、である。 現存する多数の歌詞は、今日知られているチューンに合わせて作詞されている。 この歌は半ばまで口頭伝承で受け継がれ、にはイングランドの誰もが知っている曲となった。 また、用の楽譜も、17世紀初頭にはで出版されている。 作曲者の伝説 [ ] 画 広く流布している伝説ではあるが、証拠が確認できないものに、この曲は(1491年 - 1547年)が、その恋人で後に王妃となるのため作曲したというものがある。 の末娘であったアンは、ヘンリーの誘惑を拒絶した。 この拒絶が歌の歌詞のなかに織り込まれていると解釈できる(「cast me off discourteously((わが愛を)非情にも投げ捨てた)」という句が歌詞に入っている)。 この伝説は真偽不明であるが、歌詞は今日でもなお大衆の心の中で、一般にアン・ブーリンと関連付けられている。 しかし実際のところ、ヘンリー8世がこの歌の作者であったということはありえないことである。 なぜなら、歌はヘンリーが崩御した後でイングランドで知られるようになった詩のスタイルで書かれているからである。 緑の袖の意味 [ ] 解釈の一つとして、歌のなかのレディ・グリーン・スリーヴスは、性的に乱れた若い女性であり、場合によると娼婦であったとするものがある。 当時のイングランドでは、「緑(green)」、特に、野外で性交を行うことにより女性の服につく草の汚れに関連して「緑の服(a green gown)」という言葉には性的な意味合いが含まれていた。 他にも緑はイギリスの一部地域では伝統的に妖精や死者の衣の色 なので、もしかすると恋人は「私を」捨てたのではなく、死んでしまった、という解釈も出来る。 [ ] メロディーの旋法とバージョン [ ] 歌詞や旋律には、時代や地域ごとにさまざまなバージョンが存在する。 民謡という性質上、どのバージョンも間違いではない。 Alas, my love, you do me wrong, To cast me off discourteously. For I have loved you so long, Delighting in your company. Chorus: Greensleeves was all my joy Greensleeves was my delight, Greensleeves was my heart of gold, And who but my lady greensleeves. ああ、私の愛した人は何て残酷な人、 私の愛を非情にも投げ捨ててしまった。 私は長い間あなたを愛していた、 側にいるだけで幸せだった。 グリーンスリーヴスは私の喜びだった、 グリーンスリーヴスは私の楽しみだった、 グリーンスリーヴスは私の魂だった、 あなた以外に誰がいるだろうか。 なお、日本語訳詞は複数あり、、、、などによるものがある。 文学作品での言及 [ ] 頃に書かれた、の喜劇『』において、フォード夫人が説明なしで、「グリーンスリーヴス」のチューンに2度言及する場面があり、フォルスタッフは後に大声で叫ぶ。 Let the sky rain potatoes! Let it thunder to the tune of 'Greensleeves'! 空よ、じゃがいもの雨を降らせよ! 「グリーンスリーヴス」のチューンで雷鳴をとどろかせよ! これらのほのめかしは、当時、この歌が一般によく知られていたことを物語っている。 派生作品 [ ] この旋律は、様々な曲の主題として用いられる。 :『悲歌集』 - 第4曲『トゥーランドットの居間』• :『』 - 第4曲『「ダーガソン」による幻想曲』の対旋律。 なお、この第4曲は編曲されてのための『』にも転用された。 :『』 - 上述の『ウィンザーの陽気な女房たち』を基にしたオペラ『恋するサー・ジョン』の間奏曲を編曲し、独立させた作品。 カバー [ ] いずれも基本的なチューンは同楽曲だが、歌詞やタイトルがアレンジされる場合がある。 - 1962年の『』()の挿入歌。 『 牧場の我が家』( Home in the Meadow)のタイトルで制作。 - 1965年のアルバム『The Ventures' Christmas Album』に「 Snow Flakes」として収録• - 1968年のアルバム『』に収録。 インスト曲。 - 1976年のアルバム『Come On Over』に収録。 1990年にCD化された。 - 1991年のアルバム『The Visit』に収録。 - 2003年のアルバム『AVE MARIA』に収録。 - 2005年のアルバム『GREENSLEEVES』に「 Greensleeves 〜眠れぬ夜のために〜」として収録。 KAKO - 2005年の「」オープニングテーマ。 「 青空の彼方へ」のタイトルで制作。 - 2006年のアルバム『』に収録。 - 2010年のアルバム『Bretonne』に「収録。 - 2011年のアルバム『my Classics3』に収録。 - 2015年の劇場アニメ「」の劇中の『』で歌われる歌。 「 わたしの声」のタイトルで制作。 - 1961年のアルバム『』に初収録。 同年のライブを音源とした1997年のアルバム『』にも2つのバージョンが収録されている。 インスト曲。 - 1997年のアルバム『 』に収録。 関連項目 [ ]• 『』 - グリーンスリーブスのチューンで歌われる• - シンフォニア・オブ・ロンドンによって、1962年で演奏する本曲の純音楽バージョンは、当試験と新学制(詳細はに参照)実施前の「香港中學會考」、及び「香港高級程度會考」の中国語、英語リスニング試験録音の間奏として用られる。 中学の器楽の教科書にアルトリコーダーで演奏する教材として記載されている。 脚注 [ ] [].

次の