ウェイパー ラーメン スープ。 廣記商行監修「味覇拉麺・ウェイパー ラーメン」岡本製麺(徳島県)「味覇(ウェイパー)スープがクセになる美味しさ!ノンフライ生めんも旨い!」実食レビュー

鶏がらスープの素と味覇(ウェイパー)はお互いに代用可?分量などのまとめ!

ウェイパー ラーメン スープ

本日は 岡本製麺株式会社が製造を行うインスタントラーメンについてのレビューを行います。 こちらはあの大人気の中華調味料 「味覇(ウェイパー)」を使用したラーメンです。 ネット上などでもウェイパーを使用したオリジナルのラーメンレシピは多数存在・公開はされておりますが、同商品の販売元である廣記商行が監修を行う公式商品は本製品のみです。 まず最初に結論として、実際に本製品を食べてみた感想としては、味覇の味わいがしっかりと感じられるうまいインスタントラーメンだと思いました。 スープや作り方、カロリー、味などの詳細は下記に記しますのでよろしくお願いいたします。 7g 脂質 4. 2g 炭水化物 53. 4g 食塩相当量 6. E)) 味覇とは 味覇とは株式会社廣記商行が製造を行う本格中華調味料です。 円柱状の缶の中にペースト状で収められている物から始まり、現在ではより使い勝手の良い チューブタイプも販売されています。 使い方も簡単で、本製品を目的の料理に入れるだけで本格的に味わいを楽しむことが可能となります。 その使用用途は様々でチャーハンからスープ、野菜炒めに鍋、八宝菜、唐揚げなどなど多岐にわたります。 液状にアレンジした「味覇」で仕上げるスープと、ノンフライ生めん風味のしっかりとしたコシのある麺を合わせることで、スープが麺にしっかりからむクセになる美味しさのラーメンを実現しました。 軽くかきまぜ、器に移します。 味覇おじさんについて 本製品のパッケージ表にはあのお馴染みのキャラクター 「味覇おじさん」が笑顔でこちらを見ています。 某国の元総書記の様にも見える味覇おじさんではありますが、こちらの人物はウェイパーの販売元である廣記商行の創業者「鮑日明(パオルーミン)」さんをイメージしたイラストという事です。 私自身、同製品にはこれまでに何度もお世話になってきた身ではありますが、味覇おじさんの正体については今回の記事を書く中で初めてしりました。 味覇ラーメンの見た目について 味覇ラーメンのパッケージは正に味覇そのものといった感じです。 岡本製麺が販売を行っているという事なのでコラボ商品という感じなのでしょうか? パッケージを開封すると中には ノンフライのストレート麺が2束と銀色の袋に入ったスープが2包入っています。 スープの色はあまり濃くはありません。 透明感のある色味で 塩ラーメンの様な見た目をしています。 味を確かめます 麺はコシがありうまいです。 つるつるとしていながらもシコシコとした食感はノンフライ麺ならではの食感です。 スープには様々な素材のうまみが溶け出しており、非常に複雑な味わいを実現しています。 味覇ラーメンのスープは、 最初の内は若干薄味な気もしますが、食べ進めていくごとに徐々にしっかりと味わいが感じられる様になっていくという絶妙な塩梅の塩加減になっていました。 味覇ラーメンの点数や全体的な満足感、リピートについて こちらの商品に点数をつけるのであれば 100点満点中の76点です。 普通にうまいラーメンなので、また近場で見かけた際にはリピート買いをしても良いと思いました。 「味覇拉麺(ウェイパーラーメン)のスープの味やレシピについて 岡本製麺」の総評 本日は岡本製麺が製造を行う 味覇拉麺(ウェイパーラーメン)についてのレビューを行いました。 実査に食べてみた感想としては、 スープ、麺共にしっかりとしたクオリティが感じられる優れた商品だと思います。 ただし本製品のみでは若干の味気無さもあり完成前感も否めません。 実際にこちらのインスタントラーメンをいただく際には、ご自身でトッピングを行うなどのアレンジを行い、更にワンランク上の仕上がりを目指してみても面白いと思います。 今後もインスタントラーメンやその他食品についてのレビューを行ってまいりますのでよろしくお願いします。

次の

ウェイパーをカップラーメンに入れると?味噌や醤油スープのレシピも

ウェイパー ラーメン スープ

岡本製麺(徳島県)廣記商行監修「味覇拉麺・ウェイパー ラーメン」 言わずと知れた大衆中華の調味料「味覇(ウェイパー)」。 その大衆中華の調味料「味覇(ウェイパー)」をつかったスープが魅力のラーメンが「味覇拉麺・ウェイパー ラーメン」。 販売する徳島県にある岡本製麺さんでは、長年愛され続ける「味覇」の味わいを、廣記商行監修のもと「味覇拉麺」として商品化。 液状にアレンジした「味覇」で仕上げるスープとノンフライ生めん風のしっかりとしたコシのある麺を合わせることで、スープが麺にしっかりからむクセになる美味しさのラーメンを実現しています。 ロゴマークのおじさんも健在。 今回は、この人気「味覇拉麺・ウェイパー ラーメン」を作って食べてみたいと思います。 大衆中華料理の素ウェイパーのパフォーマンスが「味覇拉麺・ウェイパー ラーメン」を実食 それでは作っていきましょう。 袋の中には棒麺2束と液体スープの袋2つが入っています。 見た感じは棒ラーメン。 スープの中身は、缶詰の味覇(ウェイパー)を液体にした感じ。 香りはまさしく味覇(ウェイパー)です。 たっぷりのお湯で、泳がすように麺をゆでるのがポイント。 麺の方さはお好みで。 ラーメンの器にスープの素をいれお湯をはります。 と、あっという間に「味覇拉麺・ウェイパー ラーメン」の完成!超お手軽簡単。 スープは「味覇」の味わいですが程よくまろやかな感じ。 この味わいは本格中華ラーメンに負けてませんね。 麺もレシピどうりの時間ならコシもしっかりとしたゆであがりになります。 麺については好みで、かため、やわらかめを調整してもいいかも。 この「味覇拉麺・ウェイパー ラーメン」をつかったレシピがたくさん発表されるのもうなずけます。 家庭や個人でいろんなアレンジができる「味覇」調味料のよさが伝わります。 万能調味料「味覇」。 さすがです。 徳島県の岡本製麺さんの目のつけどころは最高ですね。 これは美味しいです。 棒麺とスープだけでも十分おいしいんですが、他にもアレンジしてみたくなる食材です。 アレンジされて広がる。 万能調味料「味覇」。 さすがです。 岡本製麺(徳島県)廣記商行監修「味覇拉麺・ウェイパー ラーメン」告知ポップ 岡本製麺株式会社「味覇拉麺」データ コクと風味たっぷりの本格派!スープが美味しさの決め手!味覇拉麺(ウェイパァーラーメン)中華の代表格・味覇とのコラボ拉麺。 長年愛され続ける「味覇」の味わいを、廣記商行監修のもと「味覇拉麺」として商品化しました。 液状にアレンジした「味覇」で仕上げるスープとノンフライ生めん風のしっかりとしたコシのある麺を合わせることで、スープが麺にしっかりからむクセになる美味しさのラーメンを実現しました。 岡本製麺株式会社は、創業1947年の主に乾麺類を製造・販売している会社です。 四国の阿波徳島の吉野川のほとりに本社工場を構えている。 また、食塩不使用の無塩完熟めんなど当社独自の製法で造られた麺も販売。 岡本製麺株式会社 会社概要• 本社所在地:〒779-0117徳島県板野郡板野町中久保字当部46• 代表者:岡本 芳正• 設立:1962年 創業1947年• 資本金:1000万円• 従業員数:20名• 事業内容:麺類製造業• 役員: 取締役会長 岡本 守正 取締役社長 岡本 芳正 取締役 岡本 澄子• 取引銀行:阿波銀行• okamotoseimen.

次の

化学調味料?「味覇(ウェイパー)」は危険・安全!?万能調味料の秘密に迫る!

ウェイパー ラーメン スープ

鶏がらスープの素と味覇 ウェイパー は代用できる 鶏がらスープの素と味覇 ウェイパー の違いとは? 鶏がらスープ 鶏がらスープの素とは、名前の通り鶏肉とがらをじっくり煮出したものに野菜エキスを加えた、あっさりとしているのにコクがある少し足すだけでおいしさを格段とアップさせることができる調味料です。 分かりやすく言うと、中華風の出汁の素です。 ご家庭に常備されている方も多いと思います。 味覇(ウェイパー) 味覇(ウェイパー)は、中国語で味の王様という意味で、鶏骨・豚骨スープをベースに野菜エキス・スパイス調味料を配合した、料理に加えるだけで本格的なプロの味に変化する中華万能調味料です。 中でも決め手は、動植物油分が入っているため、鶏がらスープの素よりも圧倒的に味が濃くて深みがあります。 鶏がらスープと味覇(ウェイパー)の違い 違いとして、味覇(ウェイパー)は鶏がらスープの素と比べると使用している調味料が違うため、代用することは出来ますが、鶏ガラスープを味覇(ウェイパー)で代用するばあは そのまま分量を置き換えて調理するだけでは淡泊な味になります。 鶏がらスープの素と味覇 ウェイパー の分量比 例えば、 鶏がらスープの素大さじ2の場合は、味覇(ウェイパー)小さじ2。 味覇(ウェイパー)はペースト状で溶けにくいため、 鶏がらスープの素を入れる感覚で入れてしまうと塩分量が高いため、辛くなってしまいます。 少量のお湯で溶かして使うのがおススメです。 また、なるべく半分以下の分量から味見をし、醤油やニンニク、生姜や塩コショウなどを足すとより味に深みも出ると思います。 まとめ 私も家には鶏がらスープの素を常備していて、スープを作るときやチャーハンを作るときはお世話になっています。 また、中華調味料=中国産というイメージもあり味覇(ウェイパー)を購入することは無かったのですが、 日本の会社が販売している日本産のものと分かり、今では我が家の調味料の仲間入りです。

次の