テキシコー e テレ。 『テキシコー』がNHK for Schoolにて配信中(ピタゴラスイッチの制作チーム)

テキシコー勝手に解説|Yoshihiro Shindo|note

テキシコー e テレ

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の

プログラミング的思考を学ぶ すごいぞEテレ! 「テキシコー」|スマルプランニング|note

テキシコー e テレ

コロナの影響で4月から新学期が始まらない自治体もあるなか、注目されていませんが 「教育改革」が行われます。 英語が「小学3年生から」になります。 さらに、 プログラミング的思考の学習が始まります。 なんとなく知ってはいるけど「本人がんばれ!」で終わってる保護者が多いのだと思います。 なぜか? 特にプログラミング的思考なんて、「よく分からないもの」だからですよね。 理解するのにとても良いものがあります。 NHKの番組「テキシコー」です。 これは 「プログラミン的思考を解説した」秀逸な番組なんです。 プログラミング的思考とは? まずプログラミング的思考ってなんだろうと思いますよね? 「プログラミングではなく」プログラミング的思考ってなんだ?って。 何を学ぶんだ?って。 解説してみました。 コンピュタープログラミングの考え方である「分解」「組み合わせ」「抽象化」「シミュレーション」というものを用いて 「意図を実現する」力を養うものです。 もちろん学年が上がれば実際に「コンピュータプログラミング」を利用します。 しかし、「コンピュータプログラミングをできるようになる」こと自体が目的の学習ではありません。 具体的にどうなの? 動画で見てみよう Eテレには「プログラミング的思考」学習番組「テキシコー」があります。 Eテレはとても良い番組が多いので有名ですが「ピタゴラスイッチ」「デザインあ」「テクネ」などと比べても「テキシコー」は遜色ありません。 大人が見ても面白い。 なぜか? それは、我々大人がこの「プログラミング的思考」を学習したことがないからです。 それと大人になって学習意欲が増しているからです。 ではテキシコーのオープニングを見てみましょう。 プログラミング的思考ってこういうこと 以下のバナーをクリックするとご覧いただけます。 最初の1分のみが再生されますので、ご覧ください。 大人であれば「効率良く」といつも考えていると思います。 動画内のやり方も「当たり前」と思えるものですが、大切なものであることはご理解いただけると思います。 これを幼いころから身についていたら・・・。 素晴らしいでしょう。 子供には深い思慮がありません。 なので、非効率なことをしたり、意図実現へ遠回りしたりします。 大人になれば自然と一定のラインには到達するでしょう。 それを子供のうちに訓練する。 それが狙いです。 今までのいわゆる「学校の勉強」とは一線を画すものなのです。 学びやすい 「こんなところにプログラム」 Eテレの素晴らしさは、学びのしやすさにあります。 このプログラミング的思考の難しさは「日常にない」という部分にあります。 いえ、正確には「日常から見つけづらい」だけなのです。 理解を深めていないものを日常から見つけ出すのは難しいものです。 しかし、それを紹介してくれる。 学びがしやすくなるのです。 さあご覧ください。 分かりやすい。 便利ですね。 こんな業務改善みたいなものも「プログラミング的思考」なんです。 やっぱりこれを子供のころから鍛えておくって、とても良いことだと思えますね。 コンピュータプログラムの擬似学習 このような思考が育成に役立ちそうなのはとても分かりますよね。 でもITがどんどん進む世の中です。 せっかくなので、一般的なコンピュータでする「プログラミング」もやっておいていいんではないかと思われるでしょう。 もちろんやります。 小学高学年〜中・高校くらいでは、ロボットを動かしたり、WEBサイトを作ったりと幅をを広げ、見解を深めます。 しかしまだローマ字も習っていない学年には、それが叶いません。 その学年でもコンピュータプログラミングの「基礎」を学べるものが「テキシコー」にはあります。 ご覧ください。 プログラミングをご存知の方なら「あー」って手を叩けるんじゃないでしょうか。 結局コンピュータプログラミングは「コンピュータ言語」を使って指示を出すことです。 その指示を「日本語」にして指示を再現するフィールドを作ったら、こういうことになるんです。 コンピュータプログラミングをご存知ない方も、この日本語の部分が「コンピュータ言語」に置き換わると考えていただいて問題ありません。 そして実際の業務になったらとても複雑になります。 それを「分解」「組み合わせ」「一般化」「抽象化」「シミュレーション」で利用価値の高いものにしてユーザーに提供するのがプロです。 やっていることは、この「テキシコー」での学びと同じなのです。 そんな「プログラミング的思考」をEテレ「テキシコー」でお子さんと一緒に学習してみてはいかがでしょうか。 大人も楽しめるものであることは間違いないと思いますよ。 コロナの影響を受けてEテレは「おうち学習」を推奨しています。 「テキシコー」全動画視聴可能ですし、様々な学習動画が視聴可能ですので、でかけられないお子さんは今がチャンスですよ。 いっぱい楽しい学習していつもよりたくさん成長しちゃいましょう! ちなみに私はHNKの人間でもなんでもないですよ。

次の

Eテレ「テキシコー」

テキシコー e テレ

2020年1月7日 2020年3月20日 プログラミング教材ツール 2020年度から小学校で必修化されるプログラミング。 実際にはコードを書いたりするのではなく、あくまでプログラミング的思考(プログラミングに必要な考え方=論理的思考力)を養うのが目的です。 そこでNHKが昨年末にとても良質な番組を放映していました。 あの『ピタゴラスイッチ』を手がけたチームが制作。 その名も『 テキシコー』。 「一体、プログラミング的思考ってどういうもの?」がイメージできます。 番組の特徴 番組はぜんぶで2本(各10分)あり、それぞれにいくつかのシーンにわけて紹介しています。 プログラミング的思考に必要な次の要素も盛り込まれており、直感的&コンパクトに楽しめながら学べる内容となっています。 分解:小さく分けて考える• 組み合わせ:手順の組み合わせを考える• 一般化:パターンを見つける• 抽象化:大事なものだけ抜き出して考える• 大人も楽しめる内容となっています。

次の