溺れるナイフ 最後。 映画「溺れるナイフ」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

映画「溺れるナイフ」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

溺れるナイフ 最後

最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。 ティーンモデルとして絶頂期に田舎へ引っ越すことになり自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込んでいましが人を寄せ付けない雰囲気をもつクラスメイトのコウと出会い強烈に惹かれていきます。 普段は言葉数が少ないタイプですが、時に感情的になることもあるんですw。 コウを「わたしの神さん」だと信じて特別視していますw 長谷川航一朗役: 菅田将暉 切れ長の目にまばゆい金髪、容姿端麗で独特の雰囲気をもつ夏芽のクラスメイト。 先祖代々その土地を守る神主一族・長谷川家の跡取り息子。 勝手に授業を抜けたり、「神様がいる」立ち入り禁止の海に入ったりと、その行動は気まぐれで傍若無人。 夏芽とコウの中学時代のクラスメイトでコウの幼馴染であり、夏芽とは同じ高校に進学します。 モデルだった夏芽の大ファンで転入してきた彼女を何かと気にかける世話焼きな一面もあります。 コウの幼馴染みでもあり、ずっと想い焦がれてきたんですが憧れの2人が惹かれ合っていると知り「夏芽ちゃんとコウちゃんは特別じゃ」と思い込み神聖視するようになります。 高校入学後は化粧を覚えてぐっとあか抜けだします。 あらすじ 15歳の夏。 東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽。 それは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗だった。 傲慢なほどに激しく自由なコウに、反発しながらも、どうしようもなく惹かれてゆく夏芽。 コウもまた、夏芽の美しさに対等な力を感じ、やがてふたりは付き合いはじめる。 「一緒にいれば無敵! 」という予感に満たされるふたり。 失われた全能感、途切れてしまった絆。 傷ついたふたりは、再び輝きを取り戻すことができるのか。 【最終回 結末 のネタバレ】 中学生になった夏芽は、有名カメラマンの目に留まり写真集を出した。 綺麗で特別感のある夏芽。 その写真集がきっかけとなり 夏芽とコウは付き合うことになっ た。 そんな中あの事件が起こった! 夏芽の熱狂的なファンである蓮目(27)がついに行動を起こし夏芽を拉致!暴行に及ぼうとする。 夏芽は恐怖の中でコウの助けを信じそして本当にコウはその場に現れる。 しかし、中学生1年生が大の男に敵うわけもなく、コウは大怪我を負い蓮目に敗北してしまう。 その後、蓮目は逮捕されたが事件を機に夏芽とコウは破局。 何より決定的だったのは「助けられなかった」という事実ではなく子どもなりの万能感から「神さん」として神聖視されていたコウが敗北してしまったこと。 どんなに周りから特別だと思われていても、コウも夏芽も所詮はただの無力な子供に過ぎない。 2人はそのことに気づいてしまったのだ。 破局してからというものコウは素行不良となり荒れ夏芽は事件のトラウマからふさぎ込むようになってしまった。 コウは暴力的な性格となり後輩いびりやタバコにまで手を出して親友の大友とさえも疎遠になってしまう。 そして2年の月日が過ぎ中学3年生の夏。 夏芽は大友から告白され2人は付き合うことになる。 思いやりにあふれ、優しく接してくれる大友。 夏芽はそんな大友にどんどん惹かれていき、いつしか本来の明るさを取り戻すこともできた。 そんな中、夏芽は事件のせいで退いていた芸能界から再び声をかけられる。 さんざん悩んだ夏芽だったが、ドラマ出演を決意した。 今や夏芽たちは高校生。 このまま大友と夏芽はずっと幸せに過ごしていく、かのように思われていましたがコウも夏芽も心の最奥ではお互いを想いあっている気持ちを失くしていませんでした。 コウはついに実力行使に出ます。 コウはまるで暴行のような形で夏芽を手籠めにしようとしそのまま2人は身体を重ねた。 そして、これをきっかけに夏芽もまたコウへの気持ちを取り戻す。 夏芽と大友は破局。 しかし、夏芽とコウはかつてのような関係に戻ることはできませんでした。 夏芽はますます芸能界で活躍している一方で、コウは「あの事件」でかつての万能感(自信)を失ったまま夏芽に劣等感を抱いてしまう。 夏芽はコウにかつての自信を取り戻させるため町の「火付け祭り」に出させるように仕組み、コウには「祭りに出てくれたら2度と会わない」と引き換え条件を出す。 そして「火付け祭り」当日。 夏芽は現実か夢か判別できない体験をそます。 山の小屋にいた夏芽の前に現れたのは、「あの事件」の犯人・蓮目。 蓮目は再び夏芽に暴行しようとするがまたしてもそこにコウが現れます。 ただし、結果はあの時とは違いました。 コウは蓮目を一方的に痛めつけついには息の根を止めてしまったのです。 夏芽は思いました。 「ああ…私の神さんがもどってきた」 しかし、後になって確認してみるとコウは「火付け祭り」に参加していたという。 そして、コウとカナが祭りの翌日に産婦人科に行っていたことから2人は付き合っているとも…。 夏芽はカナを問い詰め、真実の出来事を耳にします。 あの日、コウは確かに蓮目を手にかけていた。 いや、正確に言えば最後に蓮目は自らガソリンをかぶり燃えながら身投げしたためコウにそこまでの罪はありません。 しかし、コウは蓮目の身投げを目撃していたカナに「遺体隠しを手伝ってほしい」と頼みます。 蓮目の目的が「何であれ夏芽の経歴に傷をつけることだった」と読んだコウは事件の隠ぺいを目論みそれと引き換えにカナに「一生お前のモノだ」と約束します。 コウの真意を知った夏芽はコウの意向を汲み取り涙ながらにカナに告げました。 「ずっと…コウちゃんをよろしくおねがいします。 」 それから2年が過ぎコウにとっても夏芽にとっても、それは空虚な日々。 そんな中、夏芽は「コウが海に身投げした」と聞き浮雲町へ戻ります。 「もう2度と会わない」といったけど、コウを失うことはなによりも恐ろしいと告げる夏芽。 対するコウも、初めて会った時から夏芽に惹かれていたと告げ約束は撤回されました。 …それからさらに歳月が経過しコウと夏芽はその後別々の道を歩んでいましたが2人が38歳になる年に再会し翌年には夏芽がコウの子供を出産。 そして2人が55歳になる年ようやくコウと夏芽は結婚したのです。 というのがネタバレとなっています。 最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。 wp-x. 東京でティーンズ誌のモデルをしていた夏芽(小松菜奈)は、父が実家の旅館を継ぐため浮雲町に引っ越して来ます。 退屈な田舎暮らしに失望する彼女でしたが、不思議な魅力を持つ少年コウ(菅田)と出会い一瞬で心を奪われます。 若さからくる不器用さに邪魔されて、好きな気持ちを伝える以上に傷つけあう二人。 無知さゆえの痛々しさがヒリヒリと伝わって来ます。 火祭りの夜、思いがけない悲劇が彼らを襲い、事件を通じて二人が若さ故の壁に突き当たり、彼らの自信はあっけなく崩れてしまいます。 前半の、何も恐いものはない、まばゆいばかりの若さと、後半のぐらぐらと揺れる姿の対比が面白いです。 輝きを失った二人が、もがき苦しむ姿は見ていて辛いものがありました。 そして、気になるのは音楽。 自己主張しすぎる音楽は何とも耳障りでした。 wp-x. キャラ的に共感できるっていうのもあるけど、自然でよかった。 カラオケのシーンでは、すばらしすぎて泣けた。 今まで見た中で一番インパクトのあるカラオケ。 wp-x. 主人公同士が惹かれあう前半ですが、正直この2人の心の機敏みたいなものはあまり感じられなかったです。 それよりも展開の早さに戸惑って入り込めなかったです。 祭りの夜にストーカーにヒロインが襲われて、それがきっかけて2人はわかれて、ヒロインの芸能活動も下火になる。 高校生活に入るとヒロインはまだ気持ちはあるけど、男の子のほうは気持ちは離れていく。 同級生がヒロインに近づいて友達以上恋人未満な関係を続けるのを見せられるのが後半。 ここでヒロインが揺れ動く気持ちというのも何だか伝わってこず、夢や現実が入り乱れる祭りの夜のクライマックス。 感性の映像で魅せる映画で、もう少しストーリーテリングやキャラクターの魅力が少なく感じる映画でした。

次の

溺れるナイフ : 作品情報

溺れるナイフ 最後

あらすじ [ ] で雑誌モデルをしていた小学6年生の美少女 望月夏芽は、ある日突然父の故郷である 浮雲町(うきぐもちょう)に引っ越すことになる。 東京から遠く離れた田舎町には刺激がなく、自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込む夏芽だったが、 長谷川航一朗(コウ)に出会い、強烈に惹かれていく。 登場人物 [ ] 望月 夏芽(もちづき なつめ) 長身でほっそりとした手足と綺麗な顔立ちの美少女。 刺激的な「何か」を欲し、にいた頃はの仕事もしていた。 家は旅館「ひねもす屋」を経営。 弟がいる。 小学6年生のころに家庭の都合で浮雲町に引越し、そこでコウと出会い強烈に惹かれていく。 目立つ外見や出身の違いからなかなか周囲に溶け込めなかったが、その「浮いた」雰囲気が有名カメラマン広能の目に留まり、写真集のオファーをうける。 夏芽は「自分の力を試したい」との想いからオファーを受諾、中学生になった頃、その写真集をきっかけにコウとつきあうことになる。 CMや映画の出演も決まりすべてが順調だったのもつかの間、熱狂的なファン・蓮目による拉致と強姦未遂にあい、芸能活動を辞めざるを得なくなる。 事件の際怪我をしており右耳が聞こえづらくなっているが、周囲には黙っている。 事件をきっかけにコウとも破局し、心を閉ざしてしまった夏芽は学校でも居場所を失う。 しかし、中学3年生になり、友人だった大友の告白をうけて付き合うようになってからは明るさを取り戻しはじめる。 それからは平凡で幸せな毎日を送っていたが、カメラマン広能との再会で、戻るつもりのなかった芸能界の高揚感を再び味わう。 拉致事件のトラウマや現在の生活とのバランスに悩みながらも、ドラマ出演を決意し、再び芸能活動を始めた。 長谷川 航一朗(はせがわ こういちろう) 通称コウ、コウちゃん。 地元の元大地主「長谷川家」の跡取り息子。 姉がいる。 家は「長谷川産業」を経営しており、山を一つ所有するほどの金持ちで、浮雲町の人間なら必ずなんらかの世話になっているため誰も頭が上がらない。 コウはそんな長谷川家の本家の跡取りという大きなプレッシャーを背負っており、また、長谷川家の血筋で少しだけ霊感のようなものがあったことから、家族や周囲の大人から過剰に期待されたり、失望の眼差しを向けられる環境にあった。 そのせいか、幼稚園の頃は非常に暴力的で荒れており、周囲から怖がられていた。 しかし不思議な力を持つ曾祖母にを授けられた頃から落ち着き、小学校では皆の輪の中心に立つ人物になる。 小学6年生のころに夏芽と出会い、中学に上がり夏芽と付き合い始める。 しかし拉致事件の際に夏芽を助けられず、その後破局。 再び暴力的な性格が目立ちはじめ、夏芽はもちろん親友の大友とも疎遠となり、喫煙、後輩いびりなどの悪行を繰り返すようになる。 学校での成績は良くないようだが、第一志望校は偏差値70であること、実は読書家での『』を読んでいる描写やあらゆる近現代の思想家の著書で埋め尽くされた自室の描写があることなどから、本来は知的な人物であることが伺える。 また、公の場では、長谷川家の息子にふさわしい堂々として大人びた振る舞いを見せる。 家庭は複雑で、財産目当てで現れた先代の愛人の子・薫に疎まれている。 町では「コウの母・冬美は舅である先代に孕ませられてコウを生んだ」と噂されている。 冬美はそのせいで気が狂い、幼いコウの首を絞めているところを見つかって神さんの海に身を投げ、いまだに死体があがらないという。 大友 勝利(おおとも かつとし) 夏芽のクラスメイト。 コウの元親友。 おおらかで優しく明るい性格で、幼い頃、荒くれものだったコウにも臆せず近づき、親友となる。 コウのことが大好きで、彼女になった夏芽のことが気に食わなかった。 しかし、コウの素行が悪くなり始め、ある日大友の友人がされた際、その場にいたコウが他人事のような顔をしていたことに失望し、交流がなくなる。 夏芽とは長いこと腐れ縁でお互い全く意識していなかったが、中3の夏休みから付き合い始める。 夏芽のドラマ出演には賛成していなかったが、カメラの前で生き生きとしている姿を見て心が突き動かされ、芸能活動に臆している夏芽を後押しした。 幼い頃から地元の海で遊んでいたため、が得意。 兄が、昔は地元で有名な暴走族だったため、その筋の人からは「あの大友クンの弟か!」と言われる。 現在は、夏芽に触発されて買ったギターの練習にあけくれている。 松永 カナ(まつなが カナ) 夏芽のクラスメイトで、浮雲町での夏芽の最初の友達。 実家は喫茶店「こけもも」。 地味で太めの体形とおどおどした性格で小さいころから周りにバカにされている。 そのため周囲には隠していたが、ファッションや美容に興味があり、夏芽が転校してくる前から愛読雑誌『プラム』のモデルであった夏芽のファンだった。 また、幼稚園のころからずっとコウが好きで、追い払われても側を離れなかったためコウに海に落とされたことがある。 そんな「憧れの二人」が惹かれあっているのを知ると、「運命で結ばれたカップル」として神聖視するようになり、自分が付き合うよりも夏芽とコウが二人一緒にいるときの輝きを見ている方がいいと言っている。 拉致事件後、すれ違う2人をとりもとうとした行動が裏目に出て、それが夏芽たちの破局の直接のきっかけとなってしまう。 大きくショックを受けるが、それをきっかけに「運命を変える決心の証」としてを開け、大胆にイメチェン。 クラスで孤立した夏芽と唯一仲良くしていたクラスメイトだったが、今でも自称「コウの信者」で、コウを救えるのは夏芽だけだと思っているため、夏芽が大友とつきあうことを知り激怒した。 それ以来夏芽とあまり交流がない。 西条桜司(さいじょう おうじ) コウの祖父の愛人の娘・西条薫の息子。 コウの2歳年下で、一学年に転校してきた。 暴力的だが、根は素直で単純な性格。 母のことは大切にしており、マザコン呼ばわりされるほど。 しかし、幼少時は施設に預けられて母と暮らしていなかった時期もあったようだ。 当初はコウと敵対していたが、長谷川家の複雑な家庭環境に巻き込まれ、かつ非常に酷似した経験(母親に首を絞められる)をもっている者同士、お互いに同調し、やがてコウを「兄ぃ」と呼んで慕うようになる。 コウの特別な存在だからか、夏芽のことは気に入らない。 西条薫(さいじょう かおる) 桜司の母。 コウの祖父・故人上嶋修造の愛人の娘で、コウの母・冬美とは腹違いの姉妹にあたる。 上嶋の葬式に現われ、コウの父親に取入って長谷川家に居座りはじめた。 かわいらしい外見とは裏腹に非常にしたたかで、刑務所で服役中の夫をあっさり見捨てて長谷川家での地位を築こうとしている。 コウにも媚をうるが、度が過ぎて「当主になったら手始めに殺してやる」と言われてしまう。 その時は桜司に助けられたが、翌朝、コウの父親に寮つきの高校を提案するなど、コウを長谷川家から追い出す行動をとった際、桜司を捨てるような発言をしたところ本人に聞かれ、桜司からも見捨てられる。 広能晶吾(ひろのう しょうご) 一流カメラマン。 スタジオで見かけた夏芽を気に入り、浮雲町で夏芽を撮った写真集『夏の足跡』を出版。 夏芽を可愛がっており、映画出演の手助けなどもするが、夏芽の拉致事件をきっかけに全て水の泡となる。 だがその後も夏芽にカメラをプレゼントしたり、文通で写真交換をするなど交流が続いていた。 文通で夏芽が「彼氏(大友)が出来て世界一幸せ」と知らせると「別れさせて芸能界に連れ戻す!」と返信し、ドラマ出演の話を持って浮雲町にやってきた。 本人には黙っているものの夏芽に稀有な才能を感じており、「今の流れはあのコにふさわしくない」と、同行した脚本家に語っている。 早瀬(はやせ) 小学6年生のころ夏芽たちと同じクラスだった。 明るくお喋りだが、噂や陰口が好きで、少々無神経なところがある。 中学に入った頃は夏芽と同じバスケ部で友達付き合いもしていたが、拉致事件後、心配するフリをして夏芽から事件の詳細を聞き出し、それを陰で噂話として楽しんでいたことがバレて、完全に縁が切れる。 実は大友のことがずっと好きだった。 上原(うえはら) コウの夏芽の次の彼女。 コウより2歳年上で、他校(新開女子)生。 短く切った髪の毛が特徴的で、明るくさっぱりした性格。 カナのいとこのじゅりと仲がいい。 コウに夢中だが、自分は本気で好かれてはいないと感じている。 美人で気が強く優しい面もあり、どことなく夏芽に似ている。 じゅり 上原と同じ新開女子に通う、カナの二つ年上の従姉妹。 長い髪にカールがかかった金髪で、コウからは「」と呼ばれ、服装も派手で口が悪くカナとは正反対だが、イトコだけあって顔は微妙に似ている。 イメチェンをするまでカナのことを何かと馬鹿にしていた。 国広 鈴香(くにひろ すずか) 夏芽たちの中学からの同級生。 化粧をしたり男子とグループ交際をしたりと、積極的でませている。 コウにつきまとっており、当初は夏芽を敵視していたが、中学3年生の修学旅行をきっかけに夏芽とつるむようになる。 江波(えなみ) 鈴香グループの女子の1人。 大友が好きで夏芽にもそれを伝えていたのに、大友と夏芽が付き合いだしたこと、それを夏芽が打ち明けてくれなかったことで付き合いがなくなる。 武田(たけだ) 中学3年生の夏芽たちのクラスメイト。 外見に気を使わずマニアで浮いているが、本人は全く気にしていない。 担任のはからいにより、同じくクラスで浮いていた夏芽とむりやり写真同好会を結成させられる。 普段は分厚い眼鏡を掛けていて分かりにくいが、実はハーフで綺麗な顔立ちをしている。 それに気づいた夏芽とカナにより修学旅行中にヘアメイクを施され、本人はファッションに興味がないのですぐ元に戻ってしまったが、それを見たまわりの女子が「私も武田さんみたいにプロデュースして!」と盛り上がり、結果、夏芽がクラスに馴染むきっかけとなった。 蓮目 匠(はすめ) 夏芽を拉致した男。 逮捕時は27歳。 により懲役3年。 写真集『夏の足跡』が出版される前から夏芽の熱狂的なファンで、事件前からすでに夏芽のストーカーをしていた。 ひねもす屋の客として夏芽に近づき、「おじいさんが倒れた」と夏芽を騙し連れ去った。 しばしば夏芽の記憶に悪夢としてよぎる存在である。 舞台 [ ] 浮雲町(うきぐもちょう) 東京から新幹線・在来線・バスを乗り継いで5時間の、海と山に囲まれた観光地。 ヤーヤー餅という食べ物が名物。 毎年夏に「喧嘩火付け祭り」という祭りが行われる。 神主の取り決めにより昔は数え年13歳以上が参加とのことだったが、現在は変更され18歳以上だけが参加できるようになっている。 住民は方言で会話しているが、これは、映画『』に出てくるとを取り混ぜた架空の方言とのこと。 神さんの海 鳥居の立っている場所で、夕焼けがきれいに見えるスポット。 立ち入ると海が荒れるなどと言われるが、コウは「この町は何でも俺の好きにしてええんじゃ」として自由に泳ぎまわり、小学生の頃はイセエビを獲ったりしていた。 実は、コウの母が身を投げたとされている場所。 夏芽はコウにこの海に突き落とされたことがあり、カナも過去に突き落とされたことがあった。 桜司が母親に見捨てられた時にこの海に我知らず飛び込み、赤ん坊の頃に母親に首を絞められ殺されそうになった記憶を思い出した場所でもある。 月ノ明リ神社 山の中の小さな神社。 浮雲町一帯で一番えらい醜女の神様が奉られている。 喧嘩火付け祭りの際にお参りされる場所で、祭りの1か月前はとなるが、夏芽は2度入山してしまっている。 コウのお気に入りの神社で、現在は、コウが普段自宅にいないときの寝起きする場所にもなっている。 単行本 [ ]• ジョージ朝倉 『溺れるナイフ』 講談社〈講談社コミックスフレンド B〉、既刊15巻• 2005年3月11日発売• 2005年10月13日発売• 2006年4月13日発売• 2006年10月13日発売• 2007年2月13日発売• 2007年7月13日発売• 2007年12月13日発売• 2009年8月10日発売• 2010年1月13日発売• 2010年6月11日発売• 2010年11月12日発売• 2011年5月13日発売• 2012年7月13日発売• 2012年11月13日発売• 2013年5月13日発売• 2013年11月13日発売• 2014年02月13日発売 映画 [ ] 溺れるナイフ 監督 脚本 原作 製作 依田巽 中西一雄 製作総指揮 出演者 () () 音楽 主題歌 「コミック・ジェネレイション」 撮影 編集 制作会社 製作会社 「溺れるナイフ」製作委員会 配給 公開 上映時間 111分 製作国 言語 興行収入 7億4000万円(見込み) 実写映画化作品が、 に公開された。 監督はが担当。 主演は、。 キャスト [ ]• 望月夏芽 -• 長谷川航一朗(コウ) -• 大友勝利 - ()• 松永カナ -• 広能晶吾 - () スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 - 、山戸結希• 撮影 -• 照明 - 宮西孝明• 録音 - 飴田秀彦• 整音 - 山本タカアキ• 音響効果 - 齋藤昌利• 美術 -• 衣装 -• 音楽 -• VFXスーパーバイザー -• 主題歌 - 「コミック・ジェネレイション」• 音楽プロデューサー - 映像メディア [ ] DVD• 溺れるナイフ DVDコレクターズ・エディション(、2017年4月21日発売、GADS-1455)• 溺れるナイフ DVDスタンダード・エディション(ギャガ、2017年4月21日発売、GADS-1456) Blu-ray• 溺れるナイフ Blu-rayコレクターズ・エディション(ギャガ、2017年4月21日発売、GABS-1454) 関連書籍 [ ] 小説• 小説 映画 溺れるナイフ(著:松田朱夏、講談社KK文庫、2016年10月6日発売、) 受賞 [ ] 漫画• オンナ編・17位(2010年度) 映画• (2017年)• 新人女優賞(小松菜奈、『』『』『』と合わせて受賞) 脚注 [ ].

次の

溺れるナイフ : 作品情報

溺れるナイフ 最後

小松菜奈、菅田将暉はどちらも好きな俳優。 重岡大毅の演技は今回初めて見たが、良い意味でジャニーズらしくないルックや佇まいが好ましいと思った。 でも、これはこの作品に限った問題ではないけど、もう二十代半ばにもなろうかという菅田君が冒頭で中三を演じる時点で、「ああ……(嘆息)」となってしまった。 せめてハイティーンの俳優を使うとか、十代の頃と大人になってからを別の俳優にするとか、ほかに選択肢はなかったのか。 映像的にも、いくつか印象的なショットもあるのに、編集のリズムが良くない。 音楽も、統一感のない選曲で、四六時中鳴っている感じがしたし、PVみたいな演出のシークエンスも個人的には響かなかった。 全体的に、個々の豊かな資質や価値のあるリソースがうまく連動せず、ちぐはぐなままで、もったいない。 山戸結希監督のオリジナル脚本で次回作を観たい。 高校卒業してすでに15年以上経ち、今ではキュンキュンするような甘酸っぱい恋愛なんてものは遥か昔の話となってしまいましたが、この映画を観て、高校時代の自分を思い出しました。 主役の2人のように際立って光るような存在ではありませんでしたが、若い自分にとっては全てのような存在の彼氏がいて、その人の事が大好きで大好きで。 まだまだ若かった自分はその人に追いつけ追い越せを必死でやっていた事も思い出しました。 若いっていいなー、青春っていいなぁーって鑑賞中幾度となく思いました。 菅田将暉はなぜにあんなに金髪が似合うのかしら。 色白で華奢で、中性的な男性が大好きなので、この映画のコウは最高でした!ありがとう菅田くん! 大友役の重岡くん。 あなたはなんて優しい役が似合うのかしら。 大友がいてくれた事でどれだけこの映画をみてホッとできたか。 明るいけど、ただ明るいだけじゃない。 こんな男友達いたら幸せやったやろなー。 小松菜奈ちゃん。 ここ最近何作か出演作をみていますが、半分くらいレイプされてます。 なぜ?そんな作品ばかりオファーがくるのかい?と心配になっちゃいましたよ。 影があるミステリアスな雰囲気とな、艶っぽいけど少女のようなところとか。 それがそういうキャラクターには必要なのかなー。 大声をだすシーンって難しいですね。 最後のバイクでコウと2人で声をだすシーン。 とても美しくて見ていて幸せでした。 もう少し大人になった2人も見てみたくなりました。 上白石萌音ちゃん。 恋つづで初めて演技をみましたが、この映画でみるとより芋感がでていて役にあっていたと思います。 他の方のレビューに、カナちゃんはもっと優しい子と書かれてありましたので、漫画読んでみたいと思いました。 この映画、ドンピシャで高校生の時に見てたら、菅田将暉の沼から出て来れそうにないくらいはまってただろうなと思う。 いい大人になってから見て良かったです。 撮影された島の風景とか、大人になって見たほうが絶対に良さがわかってると思う。 映像は美しく、どこか懐かしさを感じさせる映画らしい素晴らしい色合いだった。 キャストもみな演技力はある程度ある。 今の女性像や、社会を風刺したメッセージ性のある演出も本当に素晴らしい。 でも惜しい点が多い。 ・年齢設定に少し無理があったかと思える。 完璧だったのは上白石さんぐらいで、高校デビューには驚いた。 他の人達は大人っぽすぎたきがした。 ・脚本に問題があるのか作品に重みが足りなかった。 ・音楽はもう少し統一感がほしかった。 合ってたし、オシャレなMVのような仕上がりにはなってて良かったけど、統一感が足りなかった。 ほんとうに惜しい作品ですが、高評価できる作品です。 どうもレビューには演出のメッセージ性が伝わってなかったり、今の女性の立ち位置に疑問を持ててない男性社会主義者なのかわからないけどそんな人がちらほらいました。 映画はなんでこの演出があるのかなど考えると深いものですよ! あと感じたのは日本映画は捨てたもんじゃない、このクオリティの映像が作れるならあとは音楽や脚本、キャストの配役が足りてないだけだと思います。 今回の溺れるナイフはみんな演技力がある程度ある人達で良かったのですが、日本映画界のみなさんよろしくお願いします。 素敵な作品をありがとうございました! "溺れるナイフ"素晴らしかったです。 ネタバレ! クリックして本文を読む OP題字、一瞬ダサいと思わせて細かい模様、綺麗な幾何学、 中二をかっこつかせるにはイケメンでないと成立しない。 カメラワークは引きで固定撮りが多く、表情が見えづらい。 それだけならまだしも、音声を後から吹き替えで入れたと丸わかりのシーンもありました。 (撮影中に音が拾えなかった?)口の動きと音がずれてるのは興醒めです。。 たった14日間?で撮影したということですが、手抜きの印象を受けました。 ただ、繰り返しますが主演の2人は素晴らしく、特に菅田将暉の地元祭りの舞は圧巻でした。 あと、予告編はすごくクオリティ高いです。

次の