ぴあステレオ。 一段上のイイ音が楽しめるバランス接続の携帯オーディオ、AP80 Pro──【スゴイぞ深セン 番外編#02】

ステレオラブ (STEREOLAB)|チケットぴあ

ぴあステレオ

高校生たちのバンド活動を応援したい一心で、店のガレージを改造してこのスタジオを立ち上げた仲宗根陽の生き様を、阿部寛主演で映画化した感動作『天国からのエール』が梅田ブルク7ほかにて公開中だ。 弁当屋を営みながら、若者の可能性を信じ、彼らに希望を遺して亡くなった実在の人物の物語を実際の場所で再現している。 まずは、4人にそんな本作の撮影について聞いてみると、阿部は「仲宗根陽さんは2年前まで生きてらっしゃった方なんですよね。 そして、そんな阿部演じる陽と仲睦まじく暮らす妻を演じたミムラは、「仲宗根さんの奥さまとは天気の話や料理の話などの日常会話ぐらいで、阿部さん演じる陽さんに寄り添う妻を演じようと思っていました」と語った。 また、本作で初めてギターに挑んだ桜庭は「ギターは初めてだったので、台本を読んだ時はびっくりしたんですが、他のバンドのメンバーと一緒に頑張りました。 劇中で歌っている歌も、決してうまいとは言えないと思いますが、観ている方に何か伝わるといいなと思って歌いました」。 最後に、熊澤監督は本作に込めた思いを「僕は、実際に仲宗根さんにお会いしたのですが、自分にも厳しいし、他人にも厳しい方なんですが、本質はすごく優しくて、映画化のお願いに行った時も「あじさいの子たちのためだったら映画にしてもいい」とおっしゃってくれたんです。 そういう彼の優しさみたいなものがうまく伝わるといいな、と思って作りました」と語ってくれた。 それぞれのコメントを聞いていると、それぞれが語る言葉の根底のどこかに、本作から伝わってくる優しい気持ちや、人を大切に思う気持ちが感じられた。 でも、この『天国からのエール』という映画に背中をおしてもらって、主題歌の『ありがとう』という曲を作ることができました。 AIMIのコメントを聞いた後で『ありがとう』を聴くと、「今だから言えるよ 心から伝えたい 『愛をありがとう』」というフレーズもより胸に迫ってくるものがあり、観客席からも鼻をすする音が聞こえてきた。 また、歌を聴いている間は、阿部もミムラも桜庭も感極まった表情で歌に聴き入っていたようだった。 この映画を観て何か感じてくださるとすごく嬉しいです。 熊澤監督は、「どんなに強い人でもどんなに弱い人でも必ず誰かの支えになっているし、誰かに支えられているということを、仲宗根さんをとおして教えていただいたので、その思いを作品に込めました。 皆さんの周りの大切な人を思いながら観ていただけると嬉しいです」。 そして桜庭は「命の大切さや人のありがたさ、夢を持つ大切さなど、たくさんのメッセージがある映画です。 私も映画を観て頑張ろうと思いました。 皆さんもこの映画を観て何かを感じてくだされば嬉しいです」。 最後に阿部は、「先ほどのステレオポニーさんのメッセージにもあったように、若者たちの中に今でも仲宗根さんはイキイキと生きていて、そういう人物の役を自分が演じていいのかというプレッシャーはありました。

次の

SUMMER SONIC 2019(サマーソニック)

ぴあステレオ

高校生たちのバンド活動を応援したい一心で、店のガレージを改造してこのスタジオを立ち上げた仲宗根陽の生き様を、阿部寛主演で映画化した感動作『天国からのエール』が梅田ブルク7ほかにて公開中だ。 弁当屋を営みながら、若者の可能性を信じ、彼らに希望を遺して亡くなった実在の人物の物語を実際の場所で再現している。 まずは、4人にそんな本作の撮影について聞いてみると、阿部は「仲宗根陽さんは2年前まで生きてらっしゃった方なんですよね。 そして、そんな阿部演じる陽と仲睦まじく暮らす妻を演じたミムラは、「仲宗根さんの奥さまとは天気の話や料理の話などの日常会話ぐらいで、阿部さん演じる陽さんに寄り添う妻を演じようと思っていました」と語った。 また、本作で初めてギターに挑んだ桜庭は「ギターは初めてだったので、台本を読んだ時はびっくりしたんですが、他のバンドのメンバーと一緒に頑張りました。 劇中で歌っている歌も、決してうまいとは言えないと思いますが、観ている方に何か伝わるといいなと思って歌いました」。 最後に、熊澤監督は本作に込めた思いを「僕は、実際に仲宗根さんにお会いしたのですが、自分にも厳しいし、他人にも厳しい方なんですが、本質はすごく優しくて、映画化のお願いに行った時も「あじさいの子たちのためだったら映画にしてもいい」とおっしゃってくれたんです。 そういう彼の優しさみたいなものがうまく伝わるといいな、と思って作りました」と語ってくれた。 それぞれのコメントを聞いていると、それぞれが語る言葉の根底のどこかに、本作から伝わってくる優しい気持ちや、人を大切に思う気持ちが感じられた。 でも、この『天国からのエール』という映画に背中をおしてもらって、主題歌の『ありがとう』という曲を作ることができました。 AIMIのコメントを聞いた後で『ありがとう』を聴くと、「今だから言えるよ 心から伝えたい 『愛をありがとう』」というフレーズもより胸に迫ってくるものがあり、観客席からも鼻をすする音が聞こえてきた。 また、歌を聴いている間は、阿部もミムラも桜庭も感極まった表情で歌に聴き入っていたようだった。 この映画を観て何か感じてくださるとすごく嬉しいです。 熊澤監督は、「どんなに強い人でもどんなに弱い人でも必ず誰かの支えになっているし、誰かに支えられているということを、仲宗根さんをとおして教えていただいたので、その思いを作品に込めました。 皆さんの周りの大切な人を思いながら観ていただけると嬉しいです」。 そして桜庭は「命の大切さや人のありがたさ、夢を持つ大切さなど、たくさんのメッセージがある映画です。 私も映画を観て頑張ろうと思いました。 皆さんもこの映画を観て何かを感じてくだされば嬉しいです」。 最後に阿部は、「先ほどのステレオポニーさんのメッセージにもあったように、若者たちの中に今でも仲宗根さんはイキイキと生きていて、そういう人物の役を自分が演じていいのかというプレッシャーはありました。

次の

かすユーチューブチャンネル(ぴあステレオ)

ぴあステレオ

高校生たちのバンド活動を応援したい一心で、店のガレージを改造してこのスタジオを立ち上げた仲宗根陽の生き様を、阿部寛主演で映画化した感動作『天国からのエール』が梅田ブルク7ほかにて公開中だ。 弁当屋を営みながら、若者の可能性を信じ、彼らに希望を遺して亡くなった実在の人物の物語を実際の場所で再現している。 まずは、4人にそんな本作の撮影について聞いてみると、阿部は「仲宗根陽さんは2年前まで生きてらっしゃった方なんですよね。 そして、そんな阿部演じる陽と仲睦まじく暮らす妻を演じたミムラは、「仲宗根さんの奥さまとは天気の話や料理の話などの日常会話ぐらいで、阿部さん演じる陽さんに寄り添う妻を演じようと思っていました」と語った。 また、本作で初めてギターに挑んだ桜庭は「ギターは初めてだったので、台本を読んだ時はびっくりしたんですが、他のバンドのメンバーと一緒に頑張りました。 劇中で歌っている歌も、決してうまいとは言えないと思いますが、観ている方に何か伝わるといいなと思って歌いました」。 最後に、熊澤監督は本作に込めた思いを「僕は、実際に仲宗根さんにお会いしたのですが、自分にも厳しいし、他人にも厳しい方なんですが、本質はすごく優しくて、映画化のお願いに行った時も「あじさいの子たちのためだったら映画にしてもいい」とおっしゃってくれたんです。 そういう彼の優しさみたいなものがうまく伝わるといいな、と思って作りました」と語ってくれた。 それぞれのコメントを聞いていると、それぞれが語る言葉の根底のどこかに、本作から伝わってくる優しい気持ちや、人を大切に思う気持ちが感じられた。 でも、この『天国からのエール』という映画に背中をおしてもらって、主題歌の『ありがとう』という曲を作ることができました。 AIMIのコメントを聞いた後で『ありがとう』を聴くと、「今だから言えるよ 心から伝えたい 『愛をありがとう』」というフレーズもより胸に迫ってくるものがあり、観客席からも鼻をすする音が聞こえてきた。 また、歌を聴いている間は、阿部もミムラも桜庭も感極まった表情で歌に聴き入っていたようだった。 この映画を観て何か感じてくださるとすごく嬉しいです。 熊澤監督は、「どんなに強い人でもどんなに弱い人でも必ず誰かの支えになっているし、誰かに支えられているということを、仲宗根さんをとおして教えていただいたので、その思いを作品に込めました。 皆さんの周りの大切な人を思いながら観ていただけると嬉しいです」。 そして桜庭は「命の大切さや人のありがたさ、夢を持つ大切さなど、たくさんのメッセージがある映画です。 私も映画を観て頑張ろうと思いました。 皆さんもこの映画を観て何かを感じてくだされば嬉しいです」。 最後に阿部は、「先ほどのステレオポニーさんのメッセージにもあったように、若者たちの中に今でも仲宗根さんはイキイキと生きていて、そういう人物の役を自分が演じていいのかというプレッシャーはありました。

次の