デビ 夫人 本名。 ニュース

デヴィ夫人の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と経歴

デビ 夫人 本名

デヴィ夫人の本名や生い立ちは? デヴィ夫人と言えば、歳を重ねても衰える 事のないパワフルな言動が特徴だ。 その周囲を巻き込む存在感で、近年の バラエティ番組でも大活躍している。 しかし、デヴィ夫人の本名は デヴィ・スカルノ。 インドネシアのスカルノ大統領夫人でも あった凄い人物なのだ。 又、あまり知られていない生い立ちは かなり壮絶…。 日本での旧本名や、現在に至るまで どのような道を歩んだのか等の 生い立ちを紹介する。 文章後半では、誰もが気になるデヴィ夫人 の資産額や収入について調査! 元大統領夫人なだけに相当の総資産額 だと噂されているデヴィ夫人。 現在の収入はどのように得ている のだろうか? デヴィ夫人の壮絶な人生! まずは、デヴィ夫人の簡単なプロフィール を紹介しよう。 デヴィ・スカルノ Dewi Sukarno 本名 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ Ratna Sari Dewi Sukarno (インドネシア名) 根本 七保子 (旧名・日本名) 生年月日 1940年2月6日(78歳) 出生地 日本 東京府東京市麻布区霞町 国籍 インドネシア 職業 タレント 備考 NPO法人アースエイドソサエティ総裁 株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役 引用:Wikipedia 若々しく見えてもう78歳のデヴィ夫人! 生まれは日本だが、現在の国籍は インドネシアだ。 又、日本名はあまり知られていないが 「根本七保子」というのが旧本名だった。 しかし既にインドネシア人になっている為 日本名を使う事は今後も無いだろう。 元は日本人だったデヴィ夫人が インドネシア人になるまでには どんな生い立ちがあったのだろう…。 時系列で追ってみよう。 実は貧しかったデヴィ夫人の家庭 現在はお金持ちで豪華な生活をしている イメージのデヴィ夫人だが、 その生い立ちは壮絶だった。 日本名「根本七保子」として東京都港区 で誕生したデヴィ夫人。 弟とデヴィ夫人の2人姉弟だったと言う。 父親は大工の仕事をしていたが、家庭は とても貧しかった。 その為、中学卒業後は定時制高校に通う 一方で生命保険会社にも入社。 更に隙間時間でアルバイトを掛け持ちする など、稼ぐために忙しい日々を過ごした。 しかも、高校在学中に父が他界。 その影響で、デヴィ夫人は高校を中退し、 高級クラブで働く事を決意したのだそう。 今の煌びやかなイメージとはかけ離れた 生い立ちを持つデヴィ夫人。 ひたすら意外だ…。 スカルノ大統領第3夫人としての人生 そんな厳しい生い立ちだったデヴィ夫人の 人生が変わったのは19歳の時だった。 「東日貿易の秘書」として、独立直後の インドネシアで大統領を務めていた スカルノの元へ送り込まれたのだ。 当初は愛人だったデヴィ夫人だが、 後に第3夫人として正式に妻となった。 しかしその後、25歳の時にインドネシア でクーデターが起き、スカルノ大統領は 失脚してしまう。 デヴィ夫人も亡命して逃げ切った。 その後、スカルノ大統領の娘を一人出産。 その美貌で、フランス人やスペイン人など 様々な要人と恋愛の噂が立つも、 結局再婚はしていない。 その後の活躍 デヴィ夫人はその後、30代以降からは 日本でのタレント活動を開始している。 そう考えると、日本での芸能活動はもう 40年以上になるという事だ。 当初は、クーデターで追いやられた インドネシア国籍のデヴィ夫人を 日本は歓迎しなかったようだ。 逆風にも負けずタレントとして道を 切り拓いた事を思うと、逞しいとしか 言いようが無い。 その後、デヴィ夫人は執筆活動も行って いるが、主にはテレビ番組での タレント活動が中心になっている。 歯に衣着せぬ発言は衰えず、現在の バラエティ番組にも引っ張りだこだ。 デヴィ夫人の生い立ちを辿ってみると、 幼い頃から大変な苦労を重ねてきたこと がわかった。 今でこそ「デヴィ夫人」という愛称で 気軽に呼ばれているが、 本名「デヴィ・スカルノ」として外国で 生き抜いた壮絶な経験が、現在も 逞しく生きる力になっているのだろう。 デヴィ夫人の生い立ちを知った人からは こんな声が。 デヴィ夫人って美しくて気強いけど戦争や貧乏経験してきて意外に苦労してて、でも面白くて頭もよくてバラエティにも出て78歳であの美貌を守り続けているの尊敬。 大統領がデヴィ夫人を選んだの美しさだけじゃない気がした。 しかし、いくら昔は貧しかったとは言え、 元大統領夫人。 テレビでの姿を見ていても、豪華絢爛 という言葉がぴったりなデヴィ夫人には 「資産額がいくらなのか?」 「収入はどのくらいか?」 といったお金関係の疑問が絶えない。 調べたところ、本人は資産額や収入を 公開していないが、様々な噂が立って いることは事実だ。 裏で囁かれている情報を調査してみた。 デヴィ夫人の資産額はいくら? インターネットを見てみると、デヴィ夫人 の資産額がいくらなのか気になっている 人は相当多いようだ。 というのも、以前テレビ番組が渋谷の 高級住宅街に建っているデヴィ夫人の 豪邸を取材した際、その豪華っぷりが 話題になったからだ。 デヴィ夫人は宝石のコレクションが趣味で ダイヤモンドやエメラルド等、たくさんの 宝石を披露していたが、それだけで10億円 はするというのだ。 更に、バリやニューヨークにも豪華な 別荘や不動産を保有している為、 総資産額は数十億に上るのでは? という噂が立っている。 そして、それだけの資産額を手に入れ られたのは、やはり大統領夫人だった ことが大きいと言われている。 遺産はあまりもらえなかったと言われて いるが、デヴィ夫人はクーデターを見越し 夫人時代から事前に資産を海外に 持ち出したり、個人名義に変えたりという 対策を取っていたとの情報があるのだ。 そして、その資金を運用して現在の資産額 まで増やしたのではないか…?とも。 20代にしてその機転は信じられないが、 現在NPO法人総裁や企業の代表取締役も 務めていることを考えると、それだけの 才覚があったのかもしれない。 そう考えると、現在の膨大な資産額は 得るべくして得たと言えるだろう。 デヴィ夫人はどうやって収入を得ている? そんなデヴィ夫人だが、現在はどのように 収入を得ているのだろうか? また、どの程度の収入があるのだろうか? 普通に考えれば、現在何本もレギュラー 出演しているテレビ番組の収入が中心か? と思われるが、実際テレビ業界では デヴィ夫人のギャラ収入は安いことで 有名らしい。 というのも、デヴィ夫人は意外にも NG無しで、バラエティ番組での型破りな 体当たり企画も、新鮮で楽しいと 感じているそう。 テレビ出演はあくまでも趣味と考えて いる為、収入源としては考えていない かもしれない。 よく考えてみれば、デヴィ夫人は目先の 収入に執着する必要が無いほどの資産を 持っている上に、自身が社長を務める 株式会社デヴィーナ・ソサエティからの 収入もある。 だからこそ、テレビ番組でも物怖じせず 大胆で率直な言動を繰り出すことが 出来るのかもしれない…。

次の

ニュース

デビ 夫人 本名

74年(34歳)映画「キャロル」出演。 13年(73歳)ドラマ「独身貴族」出演。 ・弟が1人居る。 ・家は裕福ではなかった。 青山墓地で野草を採って食べた。 ・空襲で住んでいた町の大半が焼けた。 ・地方に疎開していた。 ・子供の頃、近所の子供を束ねる女親分だった。 ・子供の頃、青山墓地でままごとをして遊んだ。 ・小学校時代、絵を描くのが大好きだった。 全国児童絵画展で文部大臣賞を受章。 ・小学校時代、紙芝居を作っていた。 ・中学時代、日舞を習っていた。 ・中学時代、英語の成績はクラスで1番だった。 ・中学時代、生徒より先生にモテた。 ・学生時代、よく友達の面倒を見た。 授業中に指されて答えられない友達に答えを教えてあげた。 ・15歳の時、父親が他界。 母親と弟を養う為に昼は千代田生命人事秘書課に勤務、 昼休みは近所の喫茶店でウェイトレスのアルバイト、夜は定時制に通い、 週末はコーヒーショップでアルバイト。 ・16歳の時、年上のハンサムな大学生を相手にセックスを初体験。 ・17歳の頃、赤坂の高級ナイトクラブ「コパカバーナ」で働いていた。 プリンセスと呼ばれていた。 一晩でサラリーマンの月給分を稼いでいた。 店は国際的な社交場で客の9割は外国人。 フランク・シナトラが来店。 スッポン雑炊。 フォアグラのソテー。 麦とろ。 レモン。 柿の種(大好物)。 あんこ(大好物)。 コーヒー。 梅とわさび味の柿の種(若い頃から大好物)。 エスニック料理。 ・嫌いな食べ物…豚肉の油身。 どじょう。 ・料理は殆どしない。 ・酒が大好き。 好きな酒はシャンパン(大好き、毎晩飲む)、ワイン(自宅ワインセラーに20〜30本)。 ニューヨークやパリにいる時は昼間から飲む。 銀座でドンペリをはやらせたのはデヴィ夫人らしい。 「まごはやさしい」(豆、胡麻、わかめ、野菜、魚、椎茸、芋)を摂る。 目を洗う。 鼻うがい。 ・毎日5回以上歯磨きをする。 ・虫歯が1本もない。 歯が全部残っている。 03現在 ・身体が柔らかい。 ・高所恐怖症。 ・フランス文学が大好き。 ・ホラー映画が好き。 ・シャンデリアが好き。 ・歴史的に価値がある美術品を多数所有。 ・クラシック音楽を大音量で聞きながら油絵を描く。 ・宝石に詳しい。 ・サザビーのオークションが大好き。 直径約20ミリの真珠のネックレス(2億円)、 118カラットのエメラルド(2億円)を落札。 ・ギ・ラロッシュ、サンローラン、森英恵などのオートクチュールを身につける。 ・常にハイヒールをはく。 平らな靴をはくと逆に疲れる。 ・ペット… 犬12匹(=16. 05現在)。 01現在) ・自宅… 東京都渋谷区松濤(4億円の豪邸=14. 11現在)。 ・別荘… インドネシア・バリ島(プールがある=11. 12現在)。 アメリカ・ニューヨーク(購入価格約4億円、管理費1ヵ月60万円=13. 04現在)。 11現在)。 レストラン「ジョエル・ロブション」(恵比寿=13. 06現在)。 中華「来々軒」(六本木、同級生の店、同窓会をやる=13. 06現在)。 イタリアン「リストランテ・ダ・ニーノ」(乃木坂、シチリア風イタリアン=11. 09現在)。 京風懐石「京ふじ」(銀座)。 料亭「つきぢ田村」(築地)。 レストラン「シェ松尾 天王洲倶楽部」。 高級レストラン「Q. 」(中目黒)。 焼鳥「南蛮亭」(六本木)。 美容院「サロンドケイ」(渋谷、3週間に1回行く=14. 11現在)。 ネイルサロン「ワコールアートセンター アモ園」(青山)。 洋服屋「銀座マギー」(=13. 06現在)。 ・茶道、華道、日舞、社交ダンスを習った事がある。 ・銀座、六本木が好き。 銀座のクラブをハシゴする事がある。 ・買物はほとんどカードで済ませる。 ・若い頃から株や不動産に投資。 ・南極や秘境に行ってみたい。 ・ニューヨークの空港でパスポートやクレジックカードが入ったカバンを盗まれた事がある。 ・メールを使った振り込め詐欺にだまされそうになった事がある。 ・リオのカーニバルに何度か行った事がある。 ・ブログをやっている(スタッフが口述筆記=14. 06現在)。 ・カラオケの十八番…美空ひばり。 ・若い頃にパリやニューヨークの社交界で「東洋の真珠」と評された。 ・社交界でパーティーを催す人は1回のパーティーに1億円かける。 ・長女が8歳の頃からひとりで飛行機に乗せて世界中を旅行させた。 ・長女の夫はシティバンクの欧州・中近東・アフリカ地区CEO(オランダ人)。 ・長女、長女の夫、孫がイギリス・ロンドンに住んでいる(=11. 09現在)。 ・ハリウッド俳優に知り合いがたくさんいる。 ・ハゲている男性は生理的に大嫌い。 ・常に自分の賛美者(男性)に囲まれていたい。 ・恋愛はセックスを含めて死ぬまで楽しみたい。 ・某作家とホテルにこもってセックスに励みすぎて相手が血をはいてしまった事がある。 ・ベッドマナーが一番良かったのはフランスの貴族(全員テクニシャンだった)。 ・19歳の頃、アルバイトをしていた赤坂のナイトクラブで来日中のスカルノと知り合った。 ・スカルノと交際中、他に何にもの大金持ちからプロポーズされていた。 ・結婚した時につけたインドネシア名ラトナ・サリ・デヴィは「宝石 聖なる女神」の意。 ・結婚当初、「ホステスあがり」「日本の恥」と生い立ちを面白おかしく書き立てられた。 ・結婚直後に病気がちだった母親が他界、その通夜の翌日に弟がガス自殺した。 ・第1夫人とは離婚済み、第2夫人はジャカルタから離れた離宮に住んでいた。 ・大統領官邸は敷地面積10ヘクタール、風呂場が30畳あった。 ・スカルノは卵を落とした味噌汁が大好きだった。 ・スカルノは愛情表現が豊かだった。 髪の毛をとかしていると「私の愛はあなたの髪の毛よりも長い」とささやいてきた。 「デヴィ、私は今、大事な会議に出ているが私の心はあなたとともにある」 という手紙が花と一緒に届けられた。 ・召使いが30人以上いた。 ・社交界で世界の多数のセレブと知り合った。 ・長女妊娠中にスカルノの浮気が発覚してショックで自殺未遂騒動を起こした。 ・クーデターでスカルノが失脚(=65年)。 身の危険を感じて約1週間眠れなかった。 ・長女を連れてフランス・パリに亡命(=67年)。 ・パリの社交界に頻繁に参加。 ・フランス亡命中に2回大恋愛をして結婚も考えた。 1人はスペインの銀行家、1人はフランスの貴族(エルゼア・ド・サブラン公爵)。 フランス社交界の女性から「東洋の女に男を取られるなんてありえない」と苛められた。 若い頃からの仲。 一緒に断食に挑戦した。 美川のすすめでバラエティ番組に出演。 美川の店(美食ダイニング「みかわ」)によく行く。 ・楽しんご…友人。 飲み友達。 楽しんごにマッサージして貰った事がある。 ・森英恵…若い頃からの友人。 東京のブティックに良く顔を出す。 ・カルーセル麻紀…友人。 ・ふかわりょう…旅番組で何度も共演。 ・叶姉妹…犬猿の仲らしい。 ・デビット・ハミルトン…ヌードを撮影したカメラマン。 ・川村ひかる、キンタロー。 、清水ミチコ、山田邦子…デヴィ夫人のモノマネができる。 ・北島三郎…好きな歌手。 コンサートに行く。 ・ウエンツ瑛士…好きな芸能人。 ・青木さやか、加藤明日美…デヴィ夫人のファン。 ・ヒロシ…好きなお笑いタレント。 ヒロシのネタのモノマネができる。 ・谷口智治…親友。 ビジネスパートナー。 ?」に出演(=04年2月22日放送分) ・倉沢愛子…インドネシア史研究者。 自伝本「デヴィ・スカルノ回想記」をともに手がけた。 」に出演(=13年6月9日放送分) ・五十嵐良雄、小堀昌子、田尻養子、舘野良江…小学校・中学校の同級生。 」に出演(=13年6月9日放送分) ・ロジャー・ムーア、グレース・ケリー、サッチャー、ヒラリー夫人…友人。 ・アラン・ドロン…ふたりで一緒に週末を過ごした事がある。 ・ウォーレン・ビーティー…いい雰囲気になった事がある。 ・津川雅彦…スカルノ大統領の存命中に不倫交際した。 津川が旅先のスイスまで追いかけてきた事があった。 津川の結婚後は朝丘雪路を含めて仲良し。 朝丘は日舞の師匠。 ・アラン・ポーラック…宝石商。 約15年前から交際中(=14. 01現在)。 22歳年下。 オートバイのふたり乗りでパ リの町をドライブした。 一緒にいると10代に戻ったような気分になる。 アランが若い女性を好きになった時は結婚式の費用を出してあげるつもり。 ・スカルノ…元インドネシア大統領。 59年結婚。 第3夫人。 39歳年上。 ・子供: 長女…カリナ・スカルノ。 07誕生。 日本で出産。 ・15歳の頃に映画にエキストラ出演(浅丘ルリ子と共演)。 ・18歳から2年半、渋谷でバー「白熊」を経営。 ・若い頃はグラビアが載ると雑誌の部数が伸びていた。 ・日本女流画家展に油絵2点が入選(結婚1年目の頃)。 ・「コロラド事件」でコロラド州アスペンの拘置所に36日間拘留(=93年) パーティーでデヴィ夫人が同席していた女性の顔に37針の怪我を負わせたとされる事件。 第2級暴行罪で起訴され、司法取引で公共道徳違反罪に減刑。 「ケンカを仲裁しようとして持っていたグラスが偶然刺さった事故で殴っていない」と釈明。 コロラド州アスペンで開催されたパーティー。 弁護士費用が9000万円かかった。 アスペンの拘置所はホテルのスウィートのような豪華な部屋だった。 拘束中に描いた水彩画をチャリティーパーティーで販売、収益金を国連環境計画に寄付した。 ・ワニ園を経営していた。 ・80年代の人気ディスコ「マハラジャ」を命名した。 ・ヌード写真集「秀雅」出版(=93年)。 ・岐阜県高賀山で白装束で滝に打たれた(=00年)。 ・CM「ペティオ」にマルチーズ、プードル、ダルメシアンの着ぐるみで出演(=00年)。 ・宝石ブランド・BYZANTEをプロデュース(デザインをてがける)。 ・中国茶「デヴィ茶」をプロデュース(東急ハンズなどで発売=02年)。 ・東京の自宅を「ジャスト」で公開(=03年8月21日放送分)。 ・果実入り高級ハチミツ「LA DIVINA」をプロデュース(=07年)。 ・バリ島の別荘を「メレンゲの気持ち」で公開(=11年1月16日放送分)。 ・ニューヨークとバリの別荘を「誰だって波瀾爆笑」で公開(=11年9月25日放送分)。 ・TBSの番組収録中に出演者の一般女性の顔を平手打ちして被害届を出された(=14年)。 ・テレビ「世界の果てまでイッテQ! 」の企画で体を張った様々な企画に挑戦。 熱湯風呂、バンジージャンプ、イルカショー(イルカの上に立った)、空中ブランコなど。 ・2億6000万円の横領被害(事務所の元経理担当者が逮捕=17年)。 ・食器「ジェンガラ・デヴィコレクション」をプロデュース(=18年)。 ・災害援助、難民支援、音楽家支援、動物愛護など様々な社会活動に従事。 ・著書: 「ちょっと一言よろしいかしら? 」(=00年) 「選ばれる女におなりなさい」(=19年).

次の

デヴィ夫人が若い頃に入れ歯をしていた理由がヤバイ!?娘の子供(孫)がイケメンすぎる!?

デビ 夫人 本名

中学卒業後は、東京都立三田高等学校定時制部に進学すると同時に、150倍の難関を突破して千代田生命保険(現・ジブラルタ生命保険)に入社したが、昼休みや休日にも 貧しい家計を維持するため、喫茶店などでのアルバイトを掛け持ちし続ける日々を送った。 1956年に父が亡くなった事に伴い高校を中退した後、 赤坂の有名高級クラブ「コパカバーナ」で働く。 デヴィ夫人の家庭はもともと裕福ではなかったため、生活のために喫茶店や高級クラブで働いていました。 スポンサーリンク ちょうどその時期に 帝国ホテルの入り口でスカルノ大統領に出会い、なんとお互いに一目惚れしたそうです。 その後、スカルノ大統領から直接手紙が届けられ、 インドネシアに旅行に行ったところプロポーズを受けてそのまま結婚することを決めたとのこと。 最近では イッテQなど体を張る仕事を引き受けていることも…!(笑) 特に出川さんとのロケは息ぴったりで筆者も毎回必ずチェックしていますw かつての日本人名は「根本七保子」だった!そういえばハーフじゃなくて日本人だったw インドネシアのスカルノ元大統領の第3夫人という肩書を持つデヴィ夫人。 その経歴だけでなく、 外国人のようなパッチリとした目や高い鼻、またメディアで見せるズバズバした物言い、そして英語を話せることから、ハーフや外国人だと思われがち。 しかし旧名の本名は、根本七保子。 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノというのはインドネシア名で 元々の本名は根本七保子さんみたいです。 まるで お人形にようにきれいですね…。 芸能界の大御所の中では吉永小百合さんが一番綺麗と思っていたのですが、吉永小百合さんとはまた違った美しさや妖艶さのようなものがあります^^ デヴィ夫人は スカルノ大統領との間に誕生した一人娘がいらっしゃいます。 名前はカリナ・サリ・デヴィ・スカルノで51歳とのこと。 デヴィさんは 25歳の時に彼女を産んだそうです。 相手は政界の大物などもいる超VIP。 なんと…デヴィ夫人は 若い頃から既に入れ歯をしていたのではないか?という噂。 ネット上では お客さんへの接待のために…という情報もありますが、以前デヴィ夫人の密着取材を見ていたところ、 彼女は虫歯ゼロで今も入れ歯をつけていないそうなんです。 そもそも入れ歯というのは歯が抜けていないと付けられないものなので 入れ歯に関する噂はデマかと思われます。 若い頃にコールガールをしていたとの噂も!?真相が気になる! コールガールと聞くと化粧品を電話で宣伝して売りまくる職業というイメージがあるかもしれません。 その コールガールをデヴィ夫人が若い頃にしていたという噂…。

次の