りす かと は。 フランツ・リスト

リスの種類まとめ。特徴・寿命は?ペットとしてなつく?

りす かと は

古典的なの形をしているオオリス( )の リスは一般に小型の動物だが、体長7 - 10センチ、体重わずか10グラムの( )から、体長53 - 73センチ、体重5 - 8キロのまで、大きさは多彩である。 樹上性リスは、毛のふさふさした大きな尾を持つ。 地上性のリス()は、樹上性リスに比べて尾は毛量が少なく、短いものが多い。 多くのリスは、がやわらかく絹のように滑らかだが、中には厚い毛皮を持つものもある。 体毛の色は種によって(しばしば同種内ですら)非常に変化に富む。 に生息するはいくつもの毛色の違うものが野生下で存在しており、のを食べるために長く伸びる舌をしている。 前脚は後脚よりも短く、足指は4または5本。 しばしば前足の親指はあまり発達しておらず、足の裏にはやわらかい肉球がある。 手先は器用で、腰をおろして座り、前足で食物を保持しながら食べることができる。 樹上性リスは木につかまって登るための、ジリスは地面に巣穴を掘るための頑丈な爪を持つ。 樹上性リスは頭を下にして樹を降りることができる。 これは、脚を回転させることで後ろ足の爪が上向きになり、樹皮をつかむことができるためである。 大きな目をもち、は優れている。 多くは顔のや脚ので、狭い場所を通る際に幅を認識する など、優れたを持つ。 歯は、典型的なネズミ目(齧歯目)の型をしている。 一対のは、絶えず伸び続ける。 こすり合わせることですり減らし、正常な長さを維持する。 犬歯を持たないため、門歯の後ろは歯隙(しげき、歯のない部分)となっている。 その奥に食物を咀嚼するためのがある。 属やジリスには、頬の内側に「」と呼ばれる袋状の構造がある。 頬袋には柔軟性があり、たくさんの食物を頬張って運ぶことができる。 やは、木から木へと滑空して移動する際にパラシュートの様な働きをする飛膜を持つ。 生態 [ ] ともっとも乾燥したを除き、から半乾燥の砂漠、まで、ほとんどすべての環境に生息する。 樹上性リスとがまたはであるのに対して 、などの滑空するリスはである。 ただし、哺乳期の母モモンガとその子供は、夏の間は昼行性になる。 樹上性リスは、おもに樹上で生活する。 木登りやジャンプを得意とし、枝の上やに巣を作る。 基本的に単独生活を営み、明確な縄張りを持つ種は少ない。 また、寒冷地に生息する種でもはしない。 ジリスは、草原や砂地などに巣穴を掘り、地上で生活している。 を越えた高山に住む種もいる。 縄張りを持つものが多い。 社会性があり、家族を中心とした集団を形成し、よく発達したコロニーで生活するものが多い。 多くのジリスは冬眠をする。 シマリス類は、樹上性リスとジリスの中間的な存在であり、おもに地上で暮らすが、木登りも巧みである。 樹洞だけではなく、地下にも巣を作る。 年に1回または2回出産する。 妊娠期間は3 - 6週間で、種によって異なる。 子供は毛も歯も生えておらず、目も見えない状態で生まれる。 ほとんどの種でメスのみが子供の世話をする。 生後6 - 10週で離乳し、生後1年で性成熟する。 捕食者には、類、、、、などがいる。 一部のは、天敵のの毒の免疫を持つ。 食性 [ ] タンザニアのマンヤーラ国立公園で果実を食べるリス おもに草食性で、、、、、などの多様多種な植物を食べる。 、のや、、小型のを食べる種もある。 いくつかの熱帯の種は、ほとんど完全に昆虫食に移行している。 樹上性リスは、性の強いで、種子、果実、、小を食べる。 種子を巣穴に貯めたり、土に埋めたりして貯蔵する()。 ムササビは種子や果実が欠乏する季節には、木のを食す。 ジリスは、おもに草食性で、などの丈の低い植物を食べるが、や小型のを食べることもある。 捕食行動は、のさまざまな種、特にで見られる。 ジュウサンセンジリスの研究では、を捕食していることや 、死んだばかりのを食べていることが報告されており 、 139体の標本の胃のうち、4体からは鳥の肉を、1体からはの残骸が発見されている。 また、の調査では、609体の標本の胃のうち、少なくとも10パーセントが脊椎動物(大部分が類と齧歯類)を食べていたことが発見され 、を捕えて食べることも観察されている。 系統 [ ] リス科 - - - など - 、など - など - - など - など - など 分類 [ ] 現生種は558285に分類されている。 化石記録から、リスの起源はおよそ3600万年前の、特にであると考えられる。 化石( Hesperopetes)は、後期、およそ4000 - 3500万年前にまでさかのぼり、現代のモモンガ類に似ている。 始新世後期からまでのリスの化石は、現生のに確実に割り当てることができない。 少なくとも、現生種の固有派生形質 の全範囲を欠いているという点で、これらのいくつかはおそらく最古の基礎的な原始のリスの別形であるといえる。 このような古代および祖先のリスの分布と多様性は、リスの仲間が北アメリカを起源とすることを示している。 現生のリスのは単純な構造で、おもに3つのに分かれる。 第1の系統、 Ratufinae亜科は、のに分布する大型の樹上性リスで、の1属4種を含む。 第2の系統、 Sciurillinae亜科は、の熱帯地方の樹上性リスで、1属1種からなる。 は、唯一の現生種である。 第3の系統は、、、の3つの亜科で構成される。 リス科のおもなグループであるこの系統は、リス科最大の規模で、ほとんど全世界に分布している。 このことは、化石およびすべての現生種の共通の先祖は、北アメリカに生息していたという仮説を支えており、これら3つの最古の系統が、北アメリカから適応放散したと考えられる。 リス亜科は、 Sciurini族と Pteromyini族からなる。 Sciurini族は5属38種、おもにアメリカ大陸、ユーラシア大陸の樹上性リスを含む。 Pteromyini族は、15属45種の滑空するリスからなる。 しばしば別の亜科(モモンガ亜科)とみなされてきたが、現在はリス亜科の1とされている。 逆に、アメリカアカリス属( Tamiasciurus)は通常、おもな樹上性リスの系統に含められるが、時々まったく別の系統の族、 Tamiasciuriniとみなされる。 Callosciurinae亜科は、アジアの熱帯地方でもっとも多様な樹上性リスで、14属65種からなる。 際立って異なるを持っており、大変色彩に富んだ体毛を持つ優雅な外見をしている。 リス科最大の亜科であるXerinae亜科は、22属132種のおもに地上で暮らすリスからなる。 大型のマーモット、プレーリードッグ、ジリスのほか、アフリカの樹上性リスもこの亜科に含まれる。 亜科 — アジアの樹上性リス(1属4種)• - など• 亜科 — 南米の樹上性リス(1属1種)• — のみ• 族 - 樹上性リス(5属38種)• - 、、 など• - など• 族 - 滑空するリス(15属45種)、など(を参照)• — アジアの樹上性リス(14属65種)• Callosciurini族• (クリハラリス属、ハイガシラリス属とも) - 、など• Funambulini族• - (インドヤシリス)など• — おもに地上で生活するリス• — など(3属6種)• 族 — アフリカの樹上性リス(6属31種)• 族 - 、、、など(13属95種、を参照) 絶滅(化石)• 木鼠(きねずみ)、栗鼠(くりねずみ)ともいわれる。 のsquirrelは、のsciurus(尻尾を日傘のようにするという意味)、のskiouros(影の尾、つまり自分の尻尾の影に座るものを意味する)に由来する。 ラテン語のsciurusは、リス属の学名( )になっているほか、多くのリスの学名をつける際に使用されている。 日本のリス [ ] シマリス(のにて) に棲むリス類としては、樹上性リス2属3種4亜種(うち、2亜種は外来種)、滑空性リス(、)の2属3種5亜種(すべて在来種)、地上性リス()1属1種2亜種(うち、1亜種は外来種)の計5属7種11亜種が挙げられ、移入種を除けば4属6種8亜種となる。 リス亜科では、にとが、、、には(ホンドリス)が生息している。 ただし、ニホンリスの九州での生息は、最近は確認されていない。 これらの在来種のほか、や( )、が移入し、ニホンリスやのような在来種に対する圧迫が心配されている。 ではタイワンリスによる食害が深刻化している。 エゾリスは北部に広く分布するキタリスの亜種、タイワンリスは南東部から東部に分布するの亜種、エゾシマリスとチョウセンシマリスはアジア東部から東北部にかけて分布するシマリス(、とも)の亜種である。 滑空性のリスでは、本州、四国、九州に(ホオジロムササビ)と(ニホンモモンガ)、北海道にが生息する。 エゾモモンガは、ヨーロッパ北部から、中国北部まで広く分布するの亜種である。 ムササビは、、の3亜種に細分することもある。 これらのうち、ニホンリス、ムササビ、ニホンモモンガの3種は日本である。 人間との関係 [ ] 毛皮 [ ] の毛皮はで広く用いられ、をはじめとして今日でも盛んに使用されている。 ヨーロッパでは、リスの毛皮が衣服の裏地に用いられた。 中でもシベリア産のキタリスの毛皮が珍重され、腹部の白い毛を用いるヴェア(vair、ヴェールとも)は最高級品で、14世紀をピークに広くみられた。 たとえば1枚のマントあたり数百頭といった規模で毛皮を使用するため、富や権力の象徴であり、身分に応じて毛皮の質や白と灰色の密度などが決められていた。 ヴェアの文様をもとにしたも生まれている。 ヴェアよりやや価値が劣るが、リスの背の灰色の毛皮を用いた「グリ」もあり、これらは、と並んで最高級の毛皮であった。 食用 [ ] のいくつかの地域では、近年までリスの肉は食肉としてとらえられ、好まれていた。 非常に多くのレシピにリスの肉の調理について記されていることがその証拠となる。 主婦()が1930年代に著した料理本『 ()』 の初版においてもリスの肉の調理法が記されていた。 レシピによるとリスの肉はの肉や鶏肉よりも柔らかいものの、それらの代わりとして利用できる。 リスの肉には野生動物の肉らしい臭みはわずかしかない。 アメリカの多くの地域、特にでは現在でもリスは食用として狩猟の対象となる。 また、一般的とは言えないが、でもリス肉が食されている。 特に、北米原産のはイギリス在来種のを圧迫しており、その駆除のためにという大義名分もあって、狩猟肉専門の肉屋や一部のレストランで取り扱われるようになっている。 現在は禁止されているが、日本でもアイヌ民族がシマリスを食用として狩猟していた。 リスをめぐる逸話 [ ] のによると、リスは嵐がくるのを予知する能力があり、嵐の風上側に巣穴の入り口がある場合は前もってふさぎ、新たに風下側に入り口を作るという。 なお、プリニウスは、についても「この動物は自分たちのねぐらに引っ込むことによって、北風が南風に変わることを予言する」と記している。 ペットとしてのリス [ ] 日本では昭和40年ごろからシマリスに人気が出始めた。 ニホンリスやキタリスなどの日本に生息しているリスはにより捕獲が禁止されているため、外国から輸入されたリスが販売されている。 2005年からは、第56条の2として「動物の輸入届出制度」が規定された ことで、プレーリードッグが輸入禁止になるなど、齧歯類の輸入規制が始まった。 現在業者が輸入販売できるのは、シマリスとジリスのみとされている。 2010年の輸入元国別の輸入届出頭数は、中国12,908、アメリカ1,602、オランダ930となっている。 また鎌倉近辺に生息しているタイワンリスはとして駆除の対象になっており、ペットとして飼うことも禁止となった。 飼育下での寿命は、シマリス6 - 7年 、ジリス10 - 12年、プレーリードッグ8 - 10年程度である。 芸術 [ ] リスはとの組み合わせで多幸・多産を象徴する吉祥として扱われており、ごろから中国でやの題材として流行するようになった。 その影響を受けたでも、葡萄とリスの意匠が取り入れられるようになった。 さらにでは葡萄とリスは「に律する」というになることから、のにも用いられるようになった。 脚注 [ ]• マクドナルド 編、 監修『小型草食獣 動物大百科 5』、1986年、154-157頁。 Seebeck, J. Fauna of Australia. 2013年11月24日閲覧。 , Wildlife Online, 23 November 2010. Jenkins, Farish 1974. Primate Locomotion. New York: Academic Press. MassWildlife. Massachusetts Division of Fisheries and Wildlife. 2013年5月17日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年4月3日閲覧。 Acta Theriologica 25 32—42 : 461—474. 2007年7月11日閲覧。. Richard W. Thorington, Katie Ferrell - , JHU Press, 2006, , , p. Friggens, M. 2002. The Southwestern Naturalist 47 1 : 132—133. Bailey, B. 1923. Journal of Mammalogy 4: 129. Wistrand, E. 1972. American Midland Naturalist 88 2 : 511—512. Whitaker, J. 1972. Journal of Mammalogy 53 3 : 644—648. Bradley, W. 1968. Journal of Mammalogy 49 1 : 14—21. Morgart, J. May 1985. The Southwestern Naturalist 30 2 : 304—305. Steppan, Scott J. 2006年. 2014年3月4日閲覧。 Thorington, Jr. 2012. Squirrels of the World. Johns Hopkins University Press. 1-2• Wilson, D. ; Reeder, D. 2011. Zootaxa 3148: 56—60. その生物種あるいは分類群のみで獲得された識別可能な固有の解剖学的特徴。 Steppan et al. The Global Biodiversity Information Facility GBIF Backbone Taxonomy 2013年7月1日. 2014年3月10日閲覧。 The Global Biodiversity Information Facility GBIF Backbone Taxonomy 2013年7月1日. 2014年3月10日閲覧。 The Global Biodiversity Information Facility GBIF Backbone Taxonomy 2013年7月1日. 2014年3月10日閲覧。 The Global Biodiversity Information Facility GBIF Backbone Taxonomy 2013年7月1日. 2014年3月10日閲覧。 The Global Biodiversity Information Facility GBIF Backbone Taxonomy 2013年7月1日. 2014年3月10日閲覧。 The Global Biodiversity Information Facility GBIF Backbone Taxonomy 2013年7月1日. 2014年3月10日閲覧。 The Global Biodiversity Information Facility GBIF Backbone Taxonomy 2013年7月1日. 2014年3月10日閲覧。 The Global Biodiversity Information Facility GBIF Backbone Taxonomy 2013年7月1日. 2014年3月10日閲覧。 The Global Biodiversity Information Facility GBIF Backbone Taxonomy 2013年7月1日. 2014年3月10日閲覧。 The Oxford English Dictionary 2nd. Oxford University Press. 1989. 2010年11月8日閲覧。. [ ]• 「中世」、編 『カラー版 世界服飾史』(増補新装版) 美術出版社、2010年、37-39頁。 All About 2008年12月17日• 厚生労働省 『』• 戸栗美術館 2004年3月. 2014年7月21日閲覧。 豊橋市美術博物館. 2014年7月21日閲覧。 参考文献 [ ]• Milton, Katherine 1984 : [Family Sciuridae]. In: Macdonald, D. : The Encyclopedia of Mammals: 612—623. Facts on File, New York. Steppan, Scott J. 2006 : —. Version of 13 May 2006. Retrieved 10 December 2007. Steppan, S. ; Storz, B. ; Hoffmann, R. 2004. "Nuclear DNA phylogeny of the squirrels Mammalia: Rodentia and the evolution of arboreality from c-myc and RAG1". Molecular Phylogenetics and Evolution 30 3 : 703—719. Thorington, R. 2005 : Family Sciuridae. In: Mammal Species of the World — A Taxonomic and Geographic Reference: 754—818. Johns Hopkins University Press, Baltimore. Whitaker, John O. Alfred A. Knopf, Jr. , New York. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 - リスの系統分類• - リスのの識別方法• — リス.

次の

新本格魔法少女りすか (講談社ノベルズ)

りす かと は

「タイガー期」とよばれる繁殖期には少々気が荒くなるため、そっとしておいてあげてくださいね。 なつきやすい? 臆病な性格で野性味が残っていますが、人間にはなつきやすいです。 ベビーの頃から一緒にいる時間を作りストレスを与えない飼育を心がけることでなつきやすくなります。 タイリクモモンガは樹上で生活する夜行性のリスの仲間です。 前足と後足のあいだにある飛膜を広げることで、木から木へと滑空します。 性格は自由奔放ですが精神的弱い面があり、突然死を起す子もいるほど繊細なリスです。 大きな目と全体的に長い毛足が特徴的で大きさは体長12~23cm、尾長11~27cm、体重90~170gほどです。 なつきやすい? 非常に臆病で神経質な性格なので、ベビーの頃から根気良く接していないと懐きません。 元気で活発!「アメリカモモンガ」 名前 アメリカモモンガ 特徴 ネズミのような顔つき、大きな目 寿命 5年 アメリカモモンガは見た目の可愛さに加え、空を飛べるという他にはない習性が魅力的なリス科の動物です。 ネズミのような顔つきと大きい目が特徴的で、体長12-15cm、体重55-85g、尻尾は7-10cmほどの手のひらに乗るほどの大きさをしています。 寿命は5年前後といわれています。 飼育が比較的難しいとされますが、きちんとした飼育環境下であれば野生より長生きさせることも出来ますよ。 なつきやすい? ベビーの時から人の手で根気よく面倒を見て育てれば、懐いてくれ手乗りにもなります。 大人になってからだとほとんど慣れず、逃げようとしたり噛みついてきたりします。 リスを飼うならまずはシマリスがおすすめ! 入手のしやすさと懐きやすさを考慮するとシマリスが最も飼いやすいといえます。 モモンガに関しては、一緒に遊びたいならばベビーの頃から飼う事が必須で、ある程度育った状態からでは慣れさせるのが難しいです。 繁殖期から計算してベビーが多い時期に購入するようにしてくださいね。 また、モモンガを診てくれる動物病院はあまり多いとはいえないので、万が一の時に備えてお迎えする前に診てくれる病院を探しておくことをおすすめします。

次の

ListenEst

りす かと は

フランツ・リスト 1839年 基本情報 別名 ピアノの魔術師 [ ] 生誕 領 死没 1886-07-31 (74歳没) 領 学歴 職業 フランツ・リスト(: Franz Liszt)、もしくは リスト・フェレンツ(: Liszt Ferenc、 - )は、出身で、現在のやなど各地で活動した、。 自身の生誕地(後述)であり、当時属していた(当時は支配下の版図内)をと呼び、としてのを抱いていたことから、死後も「」の音楽家として認識・記述されることが多い。 その一方で生涯を習得することはなく、両親の血統、、音楽家としての活動名義(フランツ・リスト)、最も長い活動地のいずれも「ドイツ 」に属し、当時の中東欧に多数存在したの系統でもある。 このような複雑な出自や、ハンガリー音楽を正確に把握していたとは言い難い作品歴から、非音楽大国系の民族運動としてのに含めることは殆どなく、多くはの中に位置づけられる。 ピアニストとしては演奏活動のみならず、教育活動においてもピアニズムの発展に貢献をした。 また、作曲家としては新ドイツ楽派の旗手、およびの創始者として知られる。 をはじめとする多くの弟子を育成した。 リストの一生(左から少年期・青年期・壮年期・老年期) 領内 ()ドボルヤーン(現在の )において、ハンガリーの貴族に仕えていた ()()の父と、(南ドイツ人)の母の間に生まれた。 ドイツ人フランツ・リストを叔父に、同じくドイツ人フランツ・フォン・リストを従弟に持つのはこのの家系のためである(リスト自身も最終的にはドイツに定住した)。 家庭内においてはが使われていたこと、またドイツ語およびが主流の地域に生まれたため、彼のはドイツ語であった。 しかし、後にに本拠地を移して教育を受けたため、後半生はのほうを多く使っていた。 このほか数ヶ国語に通じながら、ハンガリー人を自認していた彼が生涯だけは覚えなかったことを不可解とする向きもあるが、時代背景的に生地・血統共に生粋のハンガリー人でさえドイツ語しか話せない者も珍しくなかったという事情から、の価値観が定着した現代の感覚でこれを疑問視することは適切とは言えない。 歌曲は大部分がドイツ語(一部はフランス語)で書かれている。 ハンガリー名は リスト・フェレンツ(Liszt Ferencz; 現代ハンガリー語の表記ではLiszt Ferenc)で、彼自身はこのハンガリー名を家族に宛てた手紙で使っていたことがある。 リストのハンガリーのではファーストネームの綴りがFerenczとなっていたのにも拘らず今日ではFerencと綴られるが、これはのの改革で苗字を除く全ての語中のczがcに変更されたためである。 からまでの公式の氏名は フランツ・リッター・フォン・リスト Franz Ritter von Liszt だったが、これはにによりリッター()の位を授けられたためであり、リスト自身は公の場でこのように名乗ったことは一度もなかった。 この称号はと結婚する際、カロリーネを身分的特権の喪失から守るために必要だったが、カロリーネとの結婚が婚姻無効に至った後、にリストはこの称号を自身よりも年少の叔父のエードゥアルトに譲った。 エードゥアルトの息子が法学者のである。 父親の手引きにより幼少時から音楽に才能を現し、10歳になる前にすでに公開演奏会を行っていたリストは、にに移住し、でおよびに師事する。 にはへ行き、へ入学しようとしたが、当時の規定により外国人であるという理由で入学を拒否された(こうした規定が存在したのは学生数の非常に多いピアノ科のみであった。 他の科においては、外国人であることを理由に入学を拒否された例はない)。 そのため、リストはとに師事した。 とパエールの手助けにより、翌年には『ドン・サンシュ、または愛の館』を書き上げて上演したが、わずか4回のみに終わった。 4月13日にでコンサートを開いたとき、そこで老に会うことができ、賞賛されている。 その時のが、リストの芸術家生活50周年の祝典が行われた際、で発表されている(ただし無署名である)。 には父アーダムが死去し、わずか15歳にしてピアノ教師として家計を支えた。 教え子であったカロリーヌ・ドゥ・サン=クリック伯爵令嬢との恋愛が、身分違いを理由に破局となる。 生涯に渡る信仰も深め、思想的には主義、後にはの自由主義的カトリシズムへと接近していった。 にの演奏を聴いて感銘を受け、自らも超絶技巧を目指した。 同時代の人間である、、、らと親交が深く、また音楽的にも大いに影響を受けた。 のの氾濫のときにチャリティー・コンサートを行い、に多額の災害救助金を寄付している。 ピアニストとしては当時のアイドル的存在でもあり、女性ファンの失神が続出したとの逸話も残る。 また多くの女性と恋愛関係を結んだ。 特に、伯爵夫人(後にダニエル・ステルンのペンネームで作家としても活動した)と恋に落ち、にへ逃避行の後、約10年間の同棲生活を送る。 2人の間には3人の子供が産まれ、その内の1人が、後に指揮者の、さらにの妻になるである。 3児を儲けたものの、にはマリーと別れた。 再びピアニストとして活躍したが、に演奏旅行の途次であるで、当地の大地主であった侯爵夫人と恋に落ち、同棲した。 彼女とは正式の結婚を望んだが、カトリックでは離婚が禁止されている上に、複雑な財産相続の問題も絡み、認められなかった。 にはからとして招かれた。 カロリーネの助言もあって、リストはで作曲に専念した。 にヴァイマルの宮廷楽長を辞任。 にはに移住し、に僧籍に入る(ただし下級聖職位で、を司る資格はなく、結婚も自由である)。 それ以降『2つの伝説』などのように、に題材を求めた作品が増えてくる。 さらに1870年代になると、作品からは次第に感が希薄になっていき、の『エステ荘の噴水』は20世紀のに影響を与え、の『』に色濃く残っている。 同時にの『』も刺激を受けて書かれたものであると言われている。 『』の作曲時、にたくさんあるをみた印象をカロリーネ宛ての手紙に書いている。 「この3日というもの、私はずっと糸杉の木々の下で過ごしたのである! これらの古木の幹は私につきまとい、私はその枝が歌い、泣くのが聞こえ、その変わらぬ葉が重くのしかかっていた! 」(カロリーネ宛て手紙1877年9月23日付)。 そして、に『』でを宣言したが、らのへとつながってゆく無調とは違い、のと同様の旋法が用いられた作品である。 この作品は長い間存在が知られていなかったが、に発見された。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年9月) ピアニストとしてのリスト [ ] リストは超絶的な技巧を持つ当時最高のピアニストで「 ピアノの魔術師」と呼ばれ、どんな曲でも初見で弾きこなした。 その技巧と音楽性からピアニストとして活躍した時代には「指が6本あるのではないか」という噂がまともに信じられていた。 彼の死後、彼を超えるピアニストは現れないだろうと言われている。 「6本指」は誇張であるが、幼少時から指を伸ばす練習を重ね、指が長く12度の音程も軽々と押さえることができた彼は、10度を超える和音が連続する曲を作曲している(後にそれを8度に改訂している曲もある)。 彼の曲には両手を広げての4の音が多用された。 また速いでも音数の多いを多用した。 「」に代表されるように両手のオクターブ跳躍、ポジションの素早い移動も多いが、その兆候は処女作の「」作品1の第6曲で既に見られる。 そんな彼でも、の「」だけは初見で弾きこなすことができなかったという。 その影響で彼はパリから突如姿を消し、数週間後に全曲を弾きこなしショパンを驚嘆させたことから、ショパンが同曲を献呈したという話がある。 また高い演奏技術で万人受けしたリストの演奏に、はじめはショパンも「あんな風に弾いてみたい」と好意的であったが、あまりの技術偏重に呆れた後期は否定的だった。 しかし、晩年のリストは技術よりむしろ表現力の追求にこだわった傾向が見られた。 当時無名であったが、書き上げた「」の評価をリストに依頼したところ、リストは初見で完璧に弾きこなし、彼を褒め称えて激励したと伝えられている。 同じような話はについても伝えられ、彼の「」を初見で弾き「手が足りない! 」と叫んだという。 またのを初見でピアノ用に編集しながら完璧に弾いたとも言われている。 リストの友人であったの手紙にある話では、メンデルスゾーンが初めて出版された自分のピアノ協奏曲をもってリストの元を訪れたときに、リストはそれを初見で完璧に弾き、メンデルスゾーンは「人生の中で最高の演奏だった」とコメントをしたという。 しかし、先のメンデルスゾーンの手紙には続きがあり「彼の最高の演奏は、それで最初で最後だ」とあったという。 リストほどの技巧者にとってはどのような曲も簡単だったために、2回目以降の演奏時には譜面にないをふんだんに盛り込んでいた。 このように、初見や演奏技術に関しては他の追随を許さなかったリストであったが、そのために彼は演奏に関しては即興に重点を置いていた。 リストの演奏を聴いた人々の文献によれば、繊細ながら非常に情熱的で力強い演奏をしていたとされ、演奏中に弦が切れたり、ピアノのハンマーが壊れることが度々あったという。 そのため、最初から3台のピアノを用意して演奏をしたこともあった。 1台が壊れたら次のピアノに移って演奏、といった形である。 また、のピアノ製造会社であるはリストの演奏に耐えた事で有名になった。 リストの演奏を聴いてあまりの衝撃に気絶する観客がいた話は有名だが、リスト自身も演奏中に気絶することがあったという。 ほかにも、当時天才少女として名を馳せていた(のちのクララ・シューマン)がリストの演奏を聴いてあまりの衝撃に号泣したり、自分の演奏を聴かないの皇帝に向かって「陛下が話されているうちは私も演奏ができない」と言い放ったというエピソードも見られる。 リストは即興に重点を置いていたため、楽譜はおろか鍵盤すら見ずに、絶えず生み出されるピアノの音に耳を傾けて演奏をしていたと言われている(演奏中のリストの写真や肖像画で鍵盤を見て弾いているものは1枚もない)。 また、リストの弟子たちには非常に演奏技術が高いと評されるピアニストが多いが、その弟子たちの誰もがこぞってリストの演奏を賞賛しており、誰一人貶していない。 この事はリストが演奏家としての絶頂期には、今日超難曲と言われている曲々を(おそらくは即興により楽譜以上に音を足して)見事に弾きこなしていたことの間接的な証であると言える。 指導者としてのリスト [ ] リストは芸術家が演奏以外で巨額の収入を得ることを好まないとして、無料で指導を行った。 一方でリストの指導者のツェルニーは、優秀な生徒であっても高額な謝礼の支払いが出来なければ指導を打ち切ったこともあった(ただし、リストには無料で指導した)。 リストは、そんなツェルニーにを献呈している。 リストは生徒にリストの真似を強要することなく、むしろ真似ることを嫌い、各生徒の個性重視を好み、探求させた。 技術面での指導は最小限にとどめ、馴染みやすい言葉や、ウィットに富んだ表現を使うことがしばしばあった(一例としては、小人の踊りであやふやなリズムになったときに「ほら! またサラダを混ぜてしまったよ」)。 マスタークラスを考案したリストであるが、いくつかの楽曲をそれで教えることを避けた。 人格者としても知られ、「リストの弟子」を偽って演奏するピアニストを家に招き、自分の前でピアノを演奏させ「これで私が教えたことになる」と言ったという逸話も残っている。 1884年フランツ・リストと生徒たち 作曲家としてのリスト [ ] 音楽史的には、が提唱したをさらに発展させたを創始し、ワーグナーらとともに新ドイツ派と呼ばれ、にこだわるらとは一線を画した。 自身が優れたピアニストであったため、ピアノ曲を中心に作曲活動を行っていた。 また編曲が得意な彼は自身の作品の多くをピアノ用に編曲している。 膨大な作品群は殆ど全てのジャンルの音楽に精通していると言っていいほど多岐にわたる。 彼の作曲人生は大きくピアニスト時代(1830年〜1850年頃)、時代(1850年頃〜1860年頃)、晩年(1860年頃〜没年)と3つに分けられる。 ピアニスト時代はオペラのなどの編曲作品を始め、ピアノ曲を中心に書いた。 このころの作品は現役のピアニストとしての演奏能力を披露する場面が多く含まれ、非常に困難なテクニックを要求する曲が多い。 一方ヴァイマル時代はピアニストとしての第一線を退いたが、作曲家としては最も活躍した時代である。 彼の有名な作品の大部分はこの時代に作られている。 ピアノ曲もテクニック的にはまだまだ難易度が高い。 過去に作った作品を大規模に改訂することも多かった。 また、ほとんどの交響曲や交響詩はこの時期に作曲されている。 晩年になると、以前彼がよく作っていた10分以上の長大なピアノ曲は減り、短く無調的になる。 この時期の音楽はピアニスト時代、ヴァイマル時代にくらべ、深みのある音楽が増える。 特に以降、5分以上の曲はほとんどなく、しかもさらに音楽は深遠になっていく。 最終的に彼はに『』で長年求め続けた無調音楽を完成させた。 またリストは自身のカトリック信仰に基づき、宗教合唱曲の作曲と改革に心血を注いだ。 『』『』を始め『荘厳ミサ曲』『ハンガリー戴冠ミサ曲』などの管弦楽を伴う大曲や『十字架の道行き』といった晩年の無調的な作品、あるいは多くの小品など、その作風は多岐に渡る。 これらの作曲は、当時のカトリック教会音楽の改革運動である「 ()」とも連動しており、リストの創作活動において大きな比重を占めている。 評論家としてのリスト [ ] 同時代に評論活動を活発に行ったほどではないが、リストも音楽誌に多数の評論を寄稿している。 たとえばシューマンに「非芸術的」と酷評されたの「悲愴な様式による3つの思い出 作品15」については、シューマン同様に「細部が粗雑」と評価したものの、作品そのものは高く評価している。 このほか、グリーグやメンデルスゾーンなどの作品の評価も積極的に行った。 評論と平行して、を評価して資金援助を行うなど、才能を認めた作曲家に対しての援助を行ってもいた。 との2派に別れていた当時のドイツ音楽界の中で、リストは弟子のビューローと供にワーグナー派につき、ブラームス派についたと対立している。 帰属にまつわる逸話 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2007年1月) 父アーダムが自身を生まれ付いてのハンガリー人だと認識していたように、リストもまた同じように自らをハンガリー人だと認識していた。 がほとんど話せないことを後ろめたく思いながらも、11歳までを過ごしたを祖国として愛しており、後年はブダペストに音楽院を設立するために尽力した。 「」は、によって編曲された演奏を取材し、それをハンガリーの古来の伝統的音楽と位置づけた。 ロマへの偏見が根強かった一部の愛国的ハンガリー人 Magyarmania には耐え難い混同であり、祖国での彼の評価に暗い影を落とすことになる。 後にハンガリー民謡の収集を行い、その特徴を分析したは後のであるブダペシュト王立音楽院で音楽を学んでいる。 ピアニストとしてもリストの弟子である ()から直々に教えを受けており、本人もリストの楽曲で幾つかの録音を残している。 作曲家としても影響を受けており、最初期の作品である『ピアノのためのラプソディー Op. 1』では、リストの影響を垣間見る事が出来る。 その彼はリストの編曲作品について、自著『ハンガリー民謡』 1920年 で「曲の構造を理解していない歪曲がされたハンガリー民謡 」だとしてこれを厳しく批判しているが、作曲家としてのリストについては、数々の音楽論集や『リストに関する諸問題』 1936年 の中では、それまでの作曲家になかったほど、宗教的音楽から民謡など多様で異質な種々さまざまの影響を受け入れて自身の作品を作り上げていった点、晩年の諸作品がらの作品と驚くほど似通っていることの先進性などを取り上げ、欠点があるとしても、音楽の発展への貢献ということであればリストはワーグナーより重要視されるべきだと、むしろその音楽を擁護する立場をとっている。 今日ではハンガリー音楽の中興に尽くした功労を評価され、同国では名誉あるハンガリーの音楽家として位置付けられている。 リストの名を冠した音楽院はブダペストとワイマールの両方に存在する。 生地が現在帰属するオーストリアでは、リストがウィーン楽壇と縁が薄かったこともあり、両国に比べると自国の音楽家という意識はやや薄いようである。 主要作品 [ ] 詳細は「」および「」を参照 リストの作品は同じ曲でも第1稿、第2稿……というように改訂稿が存在するものが非常に多い。 改訂稿も含めて彼の作品を全て数えると1400曲を優に超える。 また紛失した作品や断片、未完成作品もさらに400曲以上あるといわれており、彼がどれくらいの曲を作ったのかを数えるのは不可能に近い。 現在はリストの作品の再評価が着実に進んでおり、の『リスト・ピアノ曲全集』(全57巻、CD95枚)はその代表例である。 なお、この全集(補遺1巻、2巻を除く)での演奏時間は延べ117時間(1377トラック)。 彼の作品につく番号は、イギリスの作曲家が分類した曲目別の目録であるサール番号 S. と、リスト博物館館長のによる曲目別のラーベ番号 R. の2つが用いられているが、現在ではサール番号のほうがよく使われている。 歌劇 [ ]• 1 [約1時間50分]• () S. 687 - 未完 管弦楽曲 [ ] 交響曲 [ ]• Eine Faust-Symphonie in drei Charakterbildern S. 425, 1854年 [約80分]• Eine Symphonie zu Dantes Divina Commedia S. 426, 1855-56年 [約50分] 交響詩 [ ] リストはにというジャンルを確立した。 彼は13曲の交響詩を作曲しているが、今日『』以外が演奏されることはまれである。 『』 Ce qu'on entend sur la montagne S. 412, 1848-56年 [約30分] 『山岳交響曲』 Berg-Symphonie とも。 『』 Tasso, lamento e trionfo S. 413, 1848-54年 [約21分]• 414, 1848-53年 [約15分]• 『』 Orpheus S. 415, 1853-54年 [約11分]• 『』 Prometheus S. 416, 1850-55年 [約13分]• 『』 Mazeppa S. 417, 1851-54年 [約16分]• 418, 1853年 [約20分]• 419, 1849-54年 [約27分]• 『』 Hungaria S. 420, 1854年 [約23分]• 『』 Hamlet S. 421, 1858年 [約14分]• 『』 Hunnenschlacht S. 422, 1856—57年 [約15分]• 『』 Die Ideale S. 423, 1857年 [約27分]• 『』 Von der Wiege bis zum Grabe S. 424, 1881-82年 [約14分] 管弦楽曲 [ ]• 427 1861年完成• 113a 1861-63年? 3つの葬送的頌歌 S. 112 1860-66年• 111 1880-81年 ピアノと管弦楽のための作品 [ ]• 453 H2)1834年:の「」に基づく。 452 1830年頃• 454 H9 1849年• 455 1849年• 456 1839 - 61年• 125a• 457 1849 - 59年:(ディエス・イレ)の主題に基づく。 459 :のピアノ独奏曲に基づく。 ハンガリー様式の協奏曲:の作品をが協奏曲として編曲とされているが、の作品ではなくリスト作曲もしくはリストの手を含むの曲とする説も存在することから、リストの作品として演奏されたりCDに書かれている例もある。 ピアノ曲 [ ] オリジナル作品 [ ]• 第4曲「」• 第5曲「鬼火」• 第3曲「」• 第6曲「」• 第3曲「ため息」• 巡礼の年 第1年:スイス S. 10a• 巡礼の年 第2年:イタリア S. 10b• 巡礼の年 第2年補遺:(初稿:S. 10d, 改訂稿:S. 10c)• 巡礼の年 第3年 S. 10e• 15 、 S. 106 (全19曲。 第2番が最も有名)• 、3つの夜想曲 S. 211• 215• 悲しみのゴンドラ S. 200• リヒャルト・ワーグナー -ヴェネツィア S. 201• 60c• 213, 改訂稿:S. 213a)• 219 、その簡易稿 S. 219bis 編曲 [ ]• :(9曲) S. 128• : S. 134, 136• :ヴィオラとピアノによる『』(S. 472)、オーケストラ・パートをピアノに編曲したもの。 :歌劇『』のカヴァティーナ S412a• :『』の回想(歌劇『ユグノー教徒』の主題による劇的大幻想曲)(S412/R221)• :前奏曲とフーガ(6曲)543-(S. 119)• :交響詩『』 S. 240 - リスト自身の「死の舞踏」とは別の作品である。 :『』より「紡ぎ歌」 S. 273 『』序曲 S. 275 、『』より「イゾルデの愛の死」 S. 280• :『』 S. 245 『』 S. 246 『』『』 S. 243 など多数の歌曲• :歌曲集『』から『献呈』 S. 253• 228 (原曲:)• 267 (原曲:)• 133 (原曲:)• 歌劇『』より ワルツ S. 166 (原曲:)• 『』より 結婚行進曲と妖精の踊り S. 219 (原曲:) 「」で有名な『』はの原曲によりながらも独創性の強い作品とされ、サール番号での分類をはじめ、通常は編曲とは看做されずオリジナル作品に分類される。 ただしその前身である『』 S. 420 は編曲作品とみなされる。 宗教音楽 [ ]• オラトリオ「聖スタニスラウス」 S. 1 - 未完成• オラトリオ「」 S. 477 1862年 [約1時間40分]• オラトリオ「」 S. 478 1867年 [約2時間50分]• 荘厳ミサ曲 S. 9 1855年[約55分]• 戴冠式のミサ曲 S. 11 1867年[約45分]• レクイエム S. 12 1868年• 詩篇第13篇 S. 13 1855年 [約25分] 歌曲 [ ]• おお、愛して下さい、愛しうる限り長く ピアノ曲『』の原曲) S. 298 - 原詩『』• の3つの S. 270• ローレライ S. 273• 696 - 不明者が完成• モーツァルトの「」と「」の主題による幻想曲 S. 697 - の改訂で普及、レスリー・ハワードによる補筆完成版あり• によるメロディ S. 701d - 死の舞踏 S. 126 のスケッチ 偽作作品 [ ]• ベネディクトゥス S. 706 - 偽作? リナルド S. 708 消失作品 [ ]• 交響的大幻想曲 S. 716• 葬送行進曲 S. 745• アンダンテ・マエストーソ S. 746• ポコ・アダージョ S. 747• ロッシーニ 歌劇「ノネットとモーゼ」の主題による幻想曲 S. 751 - 紛失したが、恐らく未完のまま放棄? オルガン交響詩 S. 758 主な弟子一覧 [ ]• フランツ・リスト• (にも学ぶ)• (にも学ぶ)• リルディア・ビー・オブライアン=クライバーン の実母• にも学ぶ• にも学ぶ• リストと同門には名教師がいる。 リストとレシェティツキとでは弟子の取り方に違いがあり、レシェティツキは「来る者は拒まず」然で弟子をどんどん採った(多く採りすぎて、大半は助手が教えていた)のとは対照的に、リストは才能を感じる者だけを弟子として採っている。 親族 [ ]• 義子 (コジマの1番目の夫)• 義子 (コジマの2番目の夫)• 孫 (リヒャルトとコジマの息子) 著作 [ ]• 『F・ショパン』 F. Chopin - ショパン亡き後のにパリで出版。 彼の作品や生涯について、彼の故郷であるポーランドの風俗や国民性を参照しながら綴ったもの。 日本語版として『ショパンの芸術と生涯』(蕗沢忠枝訳、モダン日本社、1942年)と『ショパン その生涯と芸術』(・速水冽訳、宇野書店、1949年)の2種類がある。 関連項目 [ ]• - 1960年の映画。 リストを扱った伝記映画。 () - 1964年の映画。 が、リスト作曲の「愛の夢 第3番」をアレンジした「恋の讃歌」を挿入歌として歌う。 アン=マーグレットとのデュエット・バージョンもある。 - リストの激しい演奏に耐えたことで名声を得たピアノフォルテ製造会社。 () - 1975年の映画。 監督、主演、音楽監督でリストを扱った伝記映画。 脚注 [ ] []• リスト在世時、1871年以前は主権統一国家としてのドイツは存在しなかった。 「」「」を参照。 リストと父親の生地はこの域外(母親および4人の祖父母は域内の出身)である。 原因は「リストマニア」と呼ばれる熱狂的女性ファンと多数の情事にふけったことと言われているが、それ以上に身分と人種の問題が大きい。 『The Classic Collection』第18号より。 - allmusic. com• ジプシー固有の音楽でもない。 そういった音楽はまた別に存在しており、バルトークは民俗音楽研究の中で取材している。 も1912年に「リストの小品、あるいは全作品についてまわる欠陥こそが、ワーグナーを含めたドイツ、ロシア、フランスのまるで違った個性を持つ音楽家達に大きな影響を与えたのだ」とバルトークと似たような主張をしている。 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2013年1月) ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 Demko, Miroslav 2003. Walker, Alan 1984. Franz Liszt, The Virtuoso Years 1811-1847, New York: Alfred A. Knopf. Walker, Alan 1989. Franz Liszt, The Weimar Years 1848-1861, London: Faber and Faber Limited. 福田弥『リスト』〈作曲家・人と作品〉、2005年• ロベール・ポリー『ベートーヴェン 目で見るドキュメント』武川寛海訳、音楽之友社、1970年 外部リンク [ ]• として無料で入手可能。

次の