スマホ応援割。 au「ケータイ→auスマホ割(s)」で永年1000円割引!3Gガラケーから4Gの変更を優遇!

ギガホ割

スマホ応援割

ご注意事項• 対象料金プランの月額基本使用料が日割り計算される場合には、「ギガホ割」の割引額も日割り計算となります。 対象外料金プランへの変更、電話番号保管のお申込みなど、割引適用条件を満たさなくなった場合は、「ギガホ割」は廃止されます。 月途中に割引が廃止された場合であっても、廃止月まで割引を適用します。 ただし、月途中に割引対象外料金プランへ変更された場合など、当該月の基本使用料として割引対象外料金プランの料金が請求される場合には、その月のご利用料金に「ギガホ割」は適用されません。 「ギガホ割」が廃止された場合、受付期間中であっても再度適用することはできません。 「ギガホ割」「はじめてスマホ割」両方の条件を満たす場合、両割引が重畳適用となります。 既に他の割引サービス、キャンペーンを適用中の場合など、「ギガホ割」を適用できない場合があります。 本割引のお申込み終了時期は未定です。 終了する場合はドコモのホームページへの掲載など、当社が適当と判断する方法によってお知らせします。

次の

au、最大6ヵ月1000円割り引く「スマホ応援割Ⅱ」を提供開始

スマホ応援割

Contents• auの学割の概要 「auの学割」は、契約者 または利用者 が25歳以下の場合、機種変更または新規契約を条件に、基本料金から毎月 最大2,400円・ 最大12ヶ月間割引されるキャンペーンです。 受付期間は2019年11月1日からで、終了時期は現在未定です。 auの学割で割引対象となる料金プランは、以下の5種類です。 auデータMAXプラン Pro• auデータMAXプラン Netflixパック• auフラットプラン25 NetflixパックN• auフラットプラン20N• auフラットプラン7プラスN 残念ながら段階性プランの新auピタットプランNはauの学割対象外です。 今年のauの学割の特徴は、データ量をたくさん使える料金プランの割引額と割引期間が大きくなっています。 過去のauの学割のような「データ量5GBプレゼント」「家族も学割」という特典今回のauの学割では提供されていません。 この条件に加えて、25歳以下のユーザーであればぐっとお得になるというイメージです。 この2つのプランは、他のプランよりも6か月長く割引を受けられる点で有利です。 auの学割の適用条件 それでは、ここからauの学割条件を確認します。 auの学割を適用する場合は、以下の条件を全て満たすことで適用されます。 申し込み時に 契約者 または利用者 が25歳以下であること• 対象の料金プラン(auデータMAXプラン Pro、auデータMAXプラン Netflixパック、auフラットプラン25 NetflixパックN、auフラットプラン20N、auフラットプラン7プラスN)に加入、または契約中であること• 新規契約または機種変更を行う事(新規契約時は他社からの乗り換え、または端末持ち込みでも申し込み可能。 既設契約者で端末持ち込みの場合はSIMカード形状変更を伴う場合に限り申し込み可能。 ) 現在25歳のユーザーはいつまでに申し込めば良いか? auの学割は25歳以下であれば、申し込み可能です。 学生ではない方でも、年齢が25歳以下であれば誰でも申し込み出来ます。 しかし、間もなく26歳の誕生日がやってくる、というユーザーは申し込み可能日が限定される点に注意しましょう。 間もなく26歳の誕生日がやってくるユーザーは、 26歳の誕生日の前日までに申し込み しておけば、学割を適用することが出来ます。 学割申し込み後に26歳をこえても、割引期間の途中で学割は終了しません。 例えば、2019年12月15日に26歳の誕生日を迎える場合、前日12月14日までに申し込むことで、学割対象となります。 ただし、12月15日以降は残念ながら申し込み不可です。 期間中に26歳の誕生日を迎える予定の方は、25歳のうちに早めに申し込みを済ませておきましょう。 現回線で過去のauの学割を適用済みの場合でも、今年のauの学割は適用可能か? これまで毎年、auの学割は提供されています。 すでに同じ番号で過去の学割を適用している方も多いのではないでしょうか。 ここまで触れてきた通り、今年のauの学割は対象プランであれば、必ずお得になることは間違いありません。 しかし、私はここで疑問が浮かんできました。 「 過去にauの学割を適用済みの番号で、今年のauの学割は適用できるのか?」 auに直接確認をとって確認したところ、 適用可能です。 前回のゼロ学割を含めた過去の学割サービスをすでに受けてきたau回線であっても、新しいauの学割の対象条件さえ満たせば、基本料金割引の恩恵を今年も受けることが出来ます。 過去に学割を適用済みの回線でも、auの学割提供期間中に機種変更を検討している場合、問題なく割引の恩恵を受けることが出来ます。 名義変更はauの学割を満額受けた後の手続きがおススメ auの学割は、適用条件を満たさなくなったら割引が終了する、という注意点があります。 具体的には、 対象料金プラン以外への変更・解約・一時休止・名義変更などを行った場合、手続き当月で割引が終了してしまいます。 この中で特に注意しておきたい点は、 名義変更の手続きです。 例えば、auの学割を 親の契約名義・利用者25歳以下の子供で適用中の場合、 子供の進学・就職などのタイミングで、契約名義を親から子に名義変更すると、auの学割が終了してしまいます。 名義を変更した後の契約者(または利用者)が25歳以下であっても、名義を変更、利用者を変更した時点で、いかなる場合も手続き当月に学割が終了します。 もし、auの学割申し込み後に名義変更を行いたい場合は、最大12ヵ月間の割引を受けてしまった後に、手続きを行う方が金額面の損は少ないでしょう。 auの学割を適用した料金プランの総額一覧 それでは、今年のauの学割や各割引を全て適用した場合の料金総額を確認していきます。 auの学割を適用した場合に、特におすすめしたいプランは「auフラットプラン7プラスN」と「auデータMAXプラン Netflixパック」の2です。 auの学割による割引は500円と少額ですが、家族割プラスやauスマートバリューを全て適用すれば、 最安2,980円~利用できてお得です。 また、auの学割が適用終了した後も最安3,480円から利用できます。 一方、auデータMAXプラン Netflixパックは、Netflixで映画やドラマなどの動画コンテンツも楽しめる上、毎月のデータ量が無制限のプランです。 auの学割による割引は2,400円と大きく、家族割プラス・auスマートバリューを全て適用すれば、 最安3,480円~で利用できるデータ量無制限プランです。 なお、 12か月間も学割が適用できるので大変お得です。 料金総額をもっとお得に利用する為にも、家族割プラスとauスマートバリューを活用することを忘れずに意識しておきましょう。 auショップの場合、数千円~1万円程度の頭金を加算して販売されています。 一方、auオンラインショップでは頭金が 一切不要です。 オンラインショップでお得にスマホを購入し、auの学割で毎月の通信コストをお得に利用していきましょう。

次の

au「スマホ応援割」で「シンプル」が適用可能に変更!適用条件と申し込み方法を解説

スマホ応援割

2018年6月1日より提供されるauの新しいスマートフォン購入者向け割引システム「auスマホ応援割」について、割引の内容・適用条件、併用可能なスマホ値引きやキャンペーン情報を分析・解説していきます。 そのビッグニュースキャンペーンに変わって登場するのが「auスマホ応援割」です。 ただし、 ビッグニュースキャンペーンとスマホ応援割は全くの同一というわけでもありませんので、細かく適用条件やお得に使うためのテクニックを勉強してから利用するようにしましょう。 スマホ応援割の特典内容 スマホ応援割の特典内容は非常にシンプルで、適用条件を満たした場合に auの月額料金から1,000円を1年間値引きする(最大合計12,000円相当、税抜)というものです。 この点においては、旧ビッグニュースキャンペーンと全く同じです。 スマホ応援割の適用条件 スマホ応援割で総額1. 2万円の割引を受けるためには、新規・機種変更・他社乗り換え(MNP)の契約種別によって条件が異なる点に注意をしてください。 なお、スマホ応援割は個人利用者向けのキャンペーンであり、法人名義の契約は対象外となります。 KDDIに登録された最終購入機種がauケータイ・3Gプランであることが必須)。 ビッグニュースCPとの違い「ビッグニュースキャンペーン」と「auスマホ応援割」の違いは、「3Gケータイからの契約変更時には機種購入が必須ではない」点にあります。 家族が使っていたauスマホや、au回線で使えるSIMフリースマートフォンを別途購入する場合にもスマホ応援割が適用できる点が新しくなりました。 3Gケータイをauで16ヶ月以上利用中の場合、auスマホ応援割のほかに「初スマホ割」というスマホデビュー者向けのキャンペーンも併用可能となります。 初スマホ割の対象機種はやや古め・初心者向けのスマートフォンに限定されますが、通常適用されない「毎月割」のように、機種に対する月額値引きが上乗されるため、機種代金の負担を安くすることが可能です。 対象機種は時期によって変更されるため、詳しくは公式HPにて確認してください。 主な対象機種としてはiPhone・Xperia・Galaxy・AQUOSなど、ほぼすべてのスマートフォン購入が対象となります。 auスマホ応援割の料金シミュレーション 上記のイラストは、これまでの「ビッグニュースキャンペーン」を利用した場合の料金変動イメージです。 2018年6月1日以降もビッグニュースキャンペーンとauスマホ応援割の値引き額は変わらないため、それぞれのデータ利用量に応じた料金は全く同じになる見込みです。 一方では、スマホ応援割は2018年6月1日から始まるキャンペーンであり、現状のビッグニュースキャンペーンとおトク度にほぼ変化はありません 3Gケータイからの機種購入を伴わないプラン変更目的くらい。 auでは 2018年5月31日まで限定で学割や夏モデルの購入キャンペーン・auピタット祭りなどを実施しており、6月以降の継続は現時点では不明です。 あえてビッグニュースキャンペーンではなくスマホ応援割を待ってから契約するメリットは無さそうですので、特に 学生向けの学割を使いたい場合は5月中の契約をオススメします。 必ず各自で最新の適用条件を確認してからお申し込みください。 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 人気の記事• カテゴリー• 196• 165• 133• 132• 1,060• 322• 265• 118• 2 最近の投稿• 2020年7月14日• 2020年7月13日• 2020年7月11日 最近のコメント• に シロテン(管理人) より• に 一括 より• に シロテン(管理人) より• に club30 より• に シロテン(管理人) より アーカイブ•

次の