手作り シャボン 玉。 [0歳からの手作りおもちゃ]シャボン玉を沢山作って遊ぼう!

手作りシャボン玉✨【失敗編】 シャボン玉でお勧めは・・・

手作り シャボン 玉

シャボン玉液の作り方 ふわふわ浮かぶきれいなシャボン玉は、子どもだけではなく大人も心をつかまれますよね。 シャボン玉液が簡単に、安全に手作りできれば、ちょっとした時間にも、子どもといっしょに手軽にシャボン玉を楽しむことができるかもしれません。 そこで今回は、家庭にあるものを使ったシャボン玉液の簡単な作り方や、シャボン玉を作る際の注意点について調べてみました。 シャボン玉液を作るときに用意するもの シャボン玉液を作るときには、以下のものを用意します。 ・台所用洗剤、石けん ・水かぬるま湯 ・シャボン玉液を入れるプラスチック容器 ・シャボン玉液を混ぜる棒 台所用洗剤や石けんは、無添加のものなどさまざまな種類があるので、安全性に注意しながら選ぶとよいかもしれません。 水かぬるま湯は使い切れるくらいの適量を用意しましょう。 固形や粉末状の石けんなどを使う場合は、水よりぬるま湯のほうが溶けやすいようです。 シャボン玉液を入れるプラスチック容器は、口が狭い容器よりは風呂桶のような広めのものが遊びやすいかもしれません。 シャボン玉液を混ぜる棒は、公園に落ちている木の棒や、わりばしなどでも十分でしょう。 シャボン玉液の作り方の手順 iStock. 洗剤が少なすぎるとシャボン玉がすぐ割れたり、膨らまなかったりします。 (2)わりばしなどを使って混ぜます。 このとき、シャボン玉液を泡立てすぎないようにゆっくりとよく混ぜましょう。 子どもがある程度大きくなったら、洗剤をどれくらい入れたら、すぐに割れないシャボン玉液ができるのか、実験しながら作るのも楽しいかもしれませんね。 シャボン玉液を作る際の注意点 シャボン玉液は石鹸や洗剤を使用するので、子どもの口や目にシャボン玉液が入らないように注意しましょう。 洗剤などには別のものを混ぜると化学反応を起こす場合もあるようなので、洗剤の成分や性質、安全性などを確認するとよいかもしれません。 割れにくいシャボン玉の作り方 シャボン玉液の作り方で洗濯のりと砂糖を使った作り方を、耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。 洗濯のりや砂糖を材料として混ぜると、シャボン玉が割れにくくなるといわれています。 洗濯のりを使ったシャボン玉液の作り方 100均やドラッグストアなどで市販されている洗濯のりを適量、シャボン玉液に混ぜてみましょう。 洗濯のりをシャボン玉液に混ぜると、より柔軟性のあるシャボン玉の膜ができシャボン玉が割れにくくなるといわれています。 洗濯のりを混ぜる量なども大事なようなので、いろいろ試しながらシャボン玉液を作るとおもしろいかもしれません。 砂糖を使ったシャボン玉液の作り方 砂糖を水かぬるま湯によく溶かし、適量、シャボン玉液に混ぜてみましょう。 砂糖を溶かすときは、ぬるま湯を使うとよく溶けるでしょう。 砂糖は、ガムシロップなどでも代用できるようです。 砂糖やガムシロップをシャボン玉液に混ぜるとシャボン玉の膜が蒸発しにくくなり、割れにくくなるといわれています。 100均のものでシャボン玉を楽しむ シャボン玉を手軽に楽しむ方法として、家庭にあるもので作れるシャボン玉液の作り方をご紹介しました。 それ以外にも、100均のものを活用することによって、手軽にシャボン玉を楽しむこともできるようです。 100均のシャボン玉液 100均のものは、容量が多いシャボン玉液や、こぼれにくい容器に入ったシャボン玉液など使い勝手のよいシャボン玉液もあるようです。 子どもの年齢や人数などに合わせて、100均のものを購入するのよいかもしれませんね。 かわいいデザインだったり、大きなシャボン玉や大量にシャボン玉を噴射するものだったり、中には電動式のシャボン玉専用のおもちゃもあるようです。 子どものお気に入りのものを見つけて購入するのもよいかもしれませんね。 シャボン玉液の捨て方と保管方法 遊び終わったシャボン玉液をどうしたらよいか迷うこともありますよね。 遊び終わったシャボン玉液の捨て方や保管方法を調べてみました。 シャボン玉液の捨て方 シャボン玉液は、水で薄めて排水口に流すのが一般的なようです。 液体が入ったままごみ袋に捨てると、中身が漏れ出してしまうこともあるので、容器と中身は分別するとよいでしょう。 各自治体ごとに捨て方など異なる場合もあるようなので、問い合わせてみると安心かもしれません。 シャボン玉液の保管方法 余ったシャボン玉液の保管方法に迷うこともあるのではないでしょうか。 シャボン玉液は、気温や湿度の影響で割れやすくなることもあるようなので、直射日光や、高温になるような場所以外に保管するとよさそうです。 ただし、シャボン玉液は、保管状況によって、状態が変化してしまうこともあるようなので、長期間使う予定がない場合は、ママ友や知り合いの子どもに譲ったりしてシャボン玉液をなるべく早く使い切るとよいかもしれません。 シャボン玉を安全に楽しもう.

次の

シャボン玉の作り方!赤ちゃんでも遊べる液や3種の道具

手作り シャボン 玉

シャボン玉液の作り方 それでは、早速紹介していきます! 今回は、 シャボン玉液の作り方についてです。 それも、全て家にあるものを使ってです。 洗濯のり・・・はない家庭も増えてはいますが、砂糖や洗剤はほとんどすべての家であるものだと思います。 そういった 身近な物を使用したシャボン玉液の作り方、しっかり覚えていってくださいね。 実はこれ、あのテレビなどでも活躍している 『でんじろう先生』が紹介した作り方なんです。 まずは、材料。 水・100ml• 洗濯のり(液体タイプ)・50ml• 台所用中性洗剤・10ml の3つです。 洗濯のりさえあれば、他はそろえるのがとっても簡単なものばかりですね。 さて、道具がそろった所でいよいよ作り方の紹介です! 水の中に洗濯のりを入れる• 更にその中に中性洗剤を入れる• 良くかき混ぜる なんと、 これだけで終了してしまうのです! さらにこのシャボン玉液が素晴らしいのは、なんと とっても割れにくいという事です! シャボン玉ってとってもきれいなのですが、すぐに割れてしまうのだけが唯一の難点とも言えます。 ですが この液で作ったシャボン玉なら、そう簡単に割れることはありません。 ですから、空一面に自分で作ったシャボン玉が広がる景色を作ることもできるんです! そのきれいな景色は本当に感動ものですので、是非お子さんと一緒に楽しんでみてくださいね。 砂糖を使って さて、 お次は洗濯のりがない場合の作り方です。 多くの家庭では、洗濯のりよりも粉や液体状の洗濯用洗剤を使っていることもあり、 「家に洗濯のりはないな」 と言う方も多いはず。 もちろん、子供のシャボン玉のために買いに行くのもいいですが、 すぐに遊びたいときに手元にないのは困ったものです。 そこで、洗濯のりを使わないシャボン玉液の作り方も知っておくことで、文字通りいつでも簡単に、シャボン玉で遊べるようになるというわけです。 まずは、 砂糖を使ったシャボン玉液の紹介です。 準備するものは、• ぬるま湯・100ml• 台所用中性洗剤・5ml• 砂糖・5g となります。 この道具、3つともご家庭にある方が多いのではないでしょうか。 作り方は• ぬるま湯に砂糖を入れて混ぜる• その中に台所用中性洗剤を入れる• しっかり混ぜる だけです。 水ではなくぬるま湯にしているのは、砂糖をしっかりと溶かすためです。 「食べ物をシャボン玉に用いるのはちょっともったいないかも・・・」 という方もいるかと思いますが、どうしても砂糖が必要なんです。 シャボン玉が割れる一番の理由は、 『乾燥』です。 水分が蒸発してしまいますと、シャボン玉はどんどん割れやすくなってしまうんです。 そのため、 特に空気中の水分が少ない冬場はシャボン玉が割れやすいとされています。 また、シャボン玉は液体に弾力があればあるだけ、割れにくくなります。 そして、 砂糖を水に溶かした砂糖水は・・・ドロドロですよね? 砂糖を使うのは、この粘り気をシャボン玉液にプラスするためでもあるんです。 つまり、砂糖にはシャボン玉を割れにくくする• 乾燥対策• 粘り気 の両方があるという事です。 お菓子作りに欠かせない調味料の一つ、砂糖。 なんと、 シャボン玉づくりにも欠かせなかったのです! 洗剤のみで さて、砂糖の有用性をお伝えしましたが、やはり調味料である砂糖です。 「お菓子の方に使うから、やっぱり使えない!」 と言う方も必ずいるはず。 では、そんな方のために 砂糖すら使わない、洗剤のみでのシャボン玉液の作り方を紹介します! 準備するものは• 洗剤 だけです。 「ちょっと簡単すぎるのでは? 」 と思うかもしれませんが、実はシャボン玉にある程度慣れてくればこれ一つでも十分割れない液を作ることは可能です。 コツは2つ。 液をドロドロ(洗剤を濃いめ)にし過ぎない• 少し粘り気が残る程度まで、ゆっくり水を入れ薄めていく です。 液が濃ければ濃いほど良いはず!! と思うかもしれませんが、それは違います。 シャボン玉は、知っての通り大半が液体です。 液体=水がベースにあってこそ、初めてシャボン玉は膨らむのです。 ですので、 洗剤の方が多くなることは決してあってはいけません。 あとは、液を薄くし過ぎないこと。 薄すぎてしまうと、今度はシャボン玉がもろくなり、完成してもすぐ割れてしまいます。 液体の加減は、何度も作っていく中で自然に身につくものです。 是非、試行錯誤を繰り返しピッタリの配分を見つけてくださいね! ちなみに、この組み合わせで一番いい粘り気の液を作れたらその感触をしっかり覚えておくことを勧めます。 同じ感覚で• シャンプー• ボディソープ• ハンドソープ 等でも、簡易シャボン玉液を作ることが可能です。 もしお父さんがお風呂でこれを作れたら、一気に子供のヒーローとなること間違いなしです!! ジャンボシャボン玉液の作り方 最後は、私のとっておきを紹介したいと思います。 それは・・・ ジャンボシャボン玉を作るための液を作る方法です!! テレビなどで目にする、人がすっぽり入る程の超大型シャボン玉。 実はあれ、家庭でも作れるんです! ちょっと準備するものが多いですが、 お店で売っているものばかりなので、揃えるのは難しくありません。 ぬるま湯・100ml• 洗濯のり・80ml• 台所用中性洗剤・10ml• ガムシロップ・3ml• 粉ゼラチン・3ml• 炭酸飲料水・3ml• ラム酒・3ml(あれば) です。 粉ゼラチンはシャボン玉を割れにくくする効果があります。 ラム酒には、シャボン玉の色をよりきれいにする働きがあります。 ぬるま湯に洗濯のりをいれてよく混ぜる• 次に、台所用中性洗剤を入れ再びよく混ぜる• 最後に、残りの材料を入れ丁寧にかき交ぜ完成 となります。 ぬるま湯とありますが、 入れる材料が多いのでやや熱めのお湯を用意しておくのが良いでしょう。 すべての材料が溶けやすくなるので、お勧めです。 こちらの液で作ったシャボン玉・・・全く割れません 笑 空に向かって飛ばしたら、家の屋根を越えていってしまう程です。 お子さん大喜び間違いなしですので、ぜひお試しを!! 自分で作れば楽しさ倍増! いかがだったでしょうか? 今回は、 シャボン玉液の作り方ということで、 私が個人的にお勧めする4つのシャボン玉液レシピを紹介させてもらいました。 どの液で作ったシャボン玉も本当にきれいです。 そして、 どれも作るのはとっても簡単です。 お子さんのためにこのサイトを開いた方がいれば、ぜひ一緒に作ってみてくださいね。 シャボン玉を自分で膨らませるのも楽しいですが、 液から自分で作り上げたなら、その楽しさ・感動はさらに倍に感じるものです!

次の

シャボン玉の道具を作ろう。ストローやストロー以外の身近なものを使った道具の作り方|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

手作り シャボン 玉

ストロー以外のものでも、さまざまなシャボン玉の道具を作ることができるようです。 実際に、ママたちが手作りしたシャボン玉の道具の作り方と、それを使った遊び方を聞いてみました。 ストローを使ったシャボン玉の道具 ストローを使ったシャボン玉の道具の作り方や工夫したポイントを、ママたちに聞いてみました。 作り方 「ストローの片側を、先から2、3cmのところまで等間隔に切り込みを入れて、シャボン玉の吹き具を作りました。 普通のストローをそのまま使うより、子どももシャボン玉が作りやすくなったと喜んでいました」(4歳児のママ) ストローに切り込みを入れて開くだけで、簡単にシャボン玉用の道具ができるようです。 ママと二人で遊ぶときだけでなく、大勢で遊びたいときなど、吹き具がたくさん必要な場合でもすぐに作ることができるかもしれません。 子どもがハサミを使える場合は、ママといっしょに手作りすることも楽しめそうですね。 工夫したポイント 「ハサミで切った花びらの部分がなるべく同じ幅になるように切り方を工夫しました。 切り込みの深さを揃えることで、うまくシャボン玉が作れると聞いたので、ペンで目印をつけてから均等に切り込みを入れました」(4歳児のママ) 「シャボン玉液を吸い込まないための工夫をしました。 ストローの吹口から3cmほど下のあたりに、吸い込み防止用の小さい穴を2箇所ほど開けました」(3歳児のママ) ママたちは、ストローを使ってシャボン玉の道具を作るときは、切り方を等間隔にしたり、シャボン玉液を吸い込まないための工夫をしたりしたようです。 ストローを何本も束ねて一度にたくさんのシャボン玉ができるように工夫して遊んだというママの声もありました。 ストロー以外のものを使った道具の作り方 ストロー以外でも、身近なものを使ってシャボン玉の道具を作ることもできるようです。 実際に、ストロー以外のものを使ってシャボン玉の道具を作ったママたちに作り方を聞いてみました。 ハンガー iStock. 輪の部分を丸い形に整えるだけで完成するので簡単です」(5歳児のママ) 「ハンガーを引っ張りながら輪の部分を丸くします。 輪の部分に隙間なく毛糸を巻くなど工夫をすると、シャボン玉が作りやすくなりました。 シャボン玉がうまく作れると、人がなかに入れるので、大人もいっしょに楽しめます」(6歳児のママ) 針金のハンガーでもシャボン玉の道具が作れるようです。 丸く形を整えるとき、ハンガーの形がいびつだったり、毛糸が途中で途切れていたりするとシャボン玉が割れやすくなってしまうかもしれません。 人が入れるくらい大きなシャボン玉ができると、子どもも喜びそうですね。 ペットボトル iStock. 切り口がギザギザにならないように丁寧な切り方をすることが、上手にシャボン玉を作るポイントです。 シャボン玉液を付けてペットボトルの飲み口から息を吐くと、大きめのシャボン玉が作れました」(4歳児のママ) 「ペットボトルをカットし、切り口にガーゼを2重にかぶせてビニールテープなどで固定します。 ガーゼの部分にシャボン玉液をつけて吹くと、もこもこした泡がたくさんできて面白いシャボン玉ができました」(6歳児のママ) ペットボトルを使ってシャボン玉の道具を作ったママもいるようです。 底を切るだけでシャボン玉の道具が簡単に作れるようなので、気軽に手作りすることができそうです。 ペットボトルの切り口は、子どもがケガをしなように、ギザギザの部分を削るなどの工夫をするとよいかもしれません。 モール 「割り箸などの持ち手の先に、星やハートの形にしたモールをつけて、シャボン玉の道具を作りました。 子ども好きな形をモールで作ると喜んで遊んでいます」(4歳児のママ) 「モールで花の形を作ってシャボン玉遊びをしました。 モールの細かい毛にはシャボン玉液がつきやすく、シャボン玉も作りやすいです」(3歳児のママ) モールを使って、シャボン玉の道具を手作りすることもできるようです。 モールは、簡単に曲げることもでき好きな形が作れるので、子どもといっしょに作ることも楽しめそうですね。 シャボン玉で遊ぶときに気をつけること 子どもから目を離さないようにする 「シャボン玉液を間違って吸い込んでしまうかもしれないと思い、子どもがやる前に、大人が先に吹き方の見本を見せて目を離さないように見守りました」(2歳児のママ) 「シャボン玉液を持ちながら遊んでいる最中に、周りに気を取られてシャボン玉液をこぼしてしまうことがありました。 飛び散ったシャボン玉液が目や口に入らないように声掛けしながら遊ぶようにしていました」(3歳児のママ) シャボン玉で遊ぶときは、子どもから目を離さないように見守り、声掛けをしながら遊んでいるママもいるようです。 子どもが小さいうちは、吹き具などにシャボン玉液をつけるのは大人がやるようにしたというママの声もありました。 遊ぶ場所や時間帯を選ぶ 「河川敷や公園などでシャボン玉遊びをするときは、近くで飲食中の人がいないか確認してから遊んでいます」(4歳児のママ) 「家が住宅街にあるので、近くの家で外に洗濯物を干している時間帯をなるべく避けたり、風向きを気にしながら遊ぶようにしています」(6歳児のママ) シャボン玉をする場所や時間帯に気をつけて遊んだというママもいました。 風の強さや風向きによってはシャボン玉が遠くまで飛んでいくこともあるかもしれません。 周囲への配慮も忘れずに楽しめるとよさそうです。 身近な道具でシャボン玉を楽しもう.

次の