福岡 あおばクリニック misia。 MISIAの実家は病院で父親は医者?ハーフ?兄弟は?福岡出身?

MISIAの『家族』~広瀬香美と姉妹?父・母・兄は医者で実家の病院に…

福岡 あおばクリニック misia

~もくじ~• MISIAの本名や出身はどこ? MISIA(ミーシャ)は 1978年7月7日生 まれの 40歳。 (2018年8月現在) 長崎県出身で本名は 非公開。 血液型O型。 所属事務所はリズメディア。 所属レーベルはアリオラジャパンとの情報がウィキペディアにはありますが、素性はどうなのでしょうか!? 本名は!? 非公開となっている本名ですが調べると 「伊東美咲」 さんであると判明しました。 アフリカなどの途上国の支援活動をされたり、ゴスペルのイメージがあるので、日本人離れの印象があるのですが、本名は純日本人といった感じです。 出身はどこ? 出身地の長崎県の対馬で幼少期を過ごされました。 長崎県対馬の 「厳原(いづはら)中学校」 に通われていましたが転校。 福岡県博多区にある 「吉塚(よしづか)中学校」 へ。 対馬というと韓国に一番近い島。 対馬の厳原は韓国側ではなく、壱岐や福岡県側に近い場所です。 福岡県福岡市博多区の吉塚は、JR博多駅から1駅。 電車で1分の場所にあります。 MISIAさん中学時代は、島からいっきに都会へ転校ということになりますね。 中学時代は 吹奏楽部でフルート を吹いていたそうです。 高校は? 福岡県立香住ヶ丘高等学校 に進学されています。 吉塚中学校は博多区なので、お隣東区の高校に行ったことになります。 福岡県立香住ヶ丘高等学校は、公立高校の学区内で 2位3位の優秀な高校 です。 MISIAさんが通っている時代の香住ヶ丘高等学校の 英語学科であれば 1位 だったと思います。 とても優秀な成績だったんでしょうね。 現在でも 偏差値 62- 65 だそうです JRだと吉塚駅から電車で5分~10分くらいでJR九産大前の最寄り駅に到着しますが、そこから徒歩10分。 電車通学だったのか? それともチャリ通だったのか? そこまでは分かりませんでしたが、MISIAさんの学生時代想像ができませんので制服まで調べてみました 笑 香住ヶ丘高等学校の制服って特徴がありますね! MISIAさんもこの制服着てたんですよ~ 高校でも吹奏楽部に所属していたMISIAさん。 高校時代の歌唱力エピソードがありました!! 文化祭の時に吹奏楽部をバックに歌を披露。 するとその歌唱力がすごすぎて 体育館の窓が揺れた そうです。 この時すでにMISIAさんの歌はプロ並みだったのでしょうね。 大学は!? 高校卒業後は、 西南学院大学 に進学されました。 西南学院大学は福岡県福岡市早良区にありますので、自宅から通えっていらっしゃと思います。 しかし大学は 中退されているようです。 大学を中退した理由・・ それは大学入学すぐに、九州朝日放送局主催のシンガーオーディションで、当時BGMジャパンのディレクターの与田春生さんの目に留まったことで、 歌手デビューするきっかけ をつかんだからなんだそうです。 私たちがMISIAの歌声を聴けるのも、オーディションにチャレンジしたり、大学中退の決断までするという選択の積み重ねがあってのことですね。 MISIAの家族は!? MISIAさんは幼少期に引っ越ししていましたね。 引っ越し、転校するということから、ご両親は転勤するような職業、サラリーマンや国家公務員などを連想してしまいますが、なんと 両親ともに医者!! そしてなんと お兄様も医者!! 医者一家のご家庭でいらっしゃいます。 一家で医者ですから雇われ医師ではなく、 開業医でした! 病院はどこ? MISIAさんの実家は開業医。 中学から移り住んだ福岡県で開業されていました! 病院は福岡市東区にある 「あおばクリニック」 です。 お父様が院長。 お母様が小児科医。 お兄様が内科医。 あおばクリニックは1996年9月に小児科のみの無床診療所「あおばこどもクリニック」として開院されています。 そして2000年1月に内科が加わり「あおばクリニック」と改名されています。 お父様が開業して、お母様が加わった? もしくはお兄様が医者になった? なんてことが推測できますね。 も一家のみんなが医師だなんて、すごい家系ですね。 MISIAは結婚しているの? MISIAさん今年 40歳です。 本名も非公開だし、結婚している可能性ある!!と思ってましたが、未婚でした・・ ただMISIAさんの結婚情報はあるんですね~これが。 それも 相手がさんま さん。 今サンマさん、MISIAに子供いるよな、って言ったよね? そんなMISIAさんを支えてきたご家族は、両親、兄が医師でした。 まだ結婚はされていませんが、さんまさんと結婚の話が出るほど意気投合するなど、メディアへの登場も多くなってきていましたね。 デビュー20周年のMISIAさん。 20周年を記念して精力的な活動が目立っているので、今後プライベートの謎がもっと明らかにされるかもしれません。

次の

MISIAは結婚してるの?子供や旦那は?父親と母親は医者と判明!

福岡 あおばクリニック misia

また、MISIAさんは2017年6月23日に放送されたバラエティ番組『さんまのまんま初夏に大笑いしましょかSP(フジテレビ系)』に出演した際に、芸名の由来は家族全員医者だからと明かしたことがありました。 その後、彼女は「冗談です。 私、嘘をついておりました」と笑ってごまかしたが、 「でも、3人は医者ですね。 父、母、兄は医者で、姉は歯医者です」と話すと、さんまから「医者やんか! 『嘘をついておりました』やない。 合ってる、合ってる。 すごい家族やな!」とツッコミが入った。 引用: MISIAさんの芸名はもちろん家族全員が医者だからではなく、過去に由来を聞かれたMISIAさんが「アジアのソウル」と答えたことがあるようで、自身のルーツが黒人のソウルミュージックだったことから本名の「MISA」と「ASIA」をかけ合わせて「MISIA」になったようです。 なお、他にもMISIAさんの芸名についてネット上で以下のような諸説が囁かれていました。 由来説1. 「アジア ASIA の人々に自分の音楽を伝えたい」 「音楽界の救世主(メシア Messiah )になりたい」 この2つの想いがあり、ASIAとMessiahをかけあわせた造語がMISIAという説。 由来説2. オーディションのデモテープに音楽プロデューサーが書いた名前がMISIAだったから、気に入ってそのまま芸名になった説。 由来説3. 本名「伊藤美咲」の綴り、Misaki ItoのイニシャルM. Iにアジア ASIA を掛け合わせた説。 由来説4. 幼い頃から自分のことを「みーしゃん」と呼んでいたのが「ミーシャ」になった説。 引用: 由来1のメシアは違うとしても「アジアの人々に自分の音楽を伝えたい」という推測は合っていたことになりますね。 上の画像の男性はMISIAさんの父親の伊藤新一郎さんで、 福岡県福岡市東区青葉に「あおばクリニック」を開業しています。 元々は山口県出身で長崎大学の医学部に進学しましたが、学生時代に加熱した学生運動に参加して212日間におよぶストライキから医者にならないと決めたことがあったようですが、結局大学卒業後には医者の道へ進みました。 伊藤新一郎さんは長崎医療センターに就職して地域医療に従事しましたが、MISIAさんが幼稚園卒園頃に長崎県対馬市にある厳原病院に転任して家族で移住しました。 そのためMISIAさんは対馬市の教会でゴスペルに触れることになり、自身の音楽のルーツとなりましたが、元々両親が音楽好きだったことによる影響が大きかったそうです。 伊藤新一郎さんは同病院で院長に就任しましたが、副院長に妻を据えたことに長崎県が反対したため、友人が開業した福岡県にある福岡青洲会病院に48歳の頃に転職しました。 そして、伊藤新一郎さんは53歳の頃に現在の職場であるあおばクリニックを開業し、「福岡東区在宅ケアネットワーク」という地域在宅医療に特化した医師を育てるシステムが高評価を得ています。 当クリニックの活動のベースの一つが、在宅ケアに関する情報交換の場として2008年にスタートした「福岡東在宅ケアネットワーク」です。 私の父である伊藤新一郎、原土井病院の原寛理事長、当時、九州大学の教授を務めておられた信友浩一先生らが始めた勉強会「地域完結型在宅ケア研究会」を前身に発展したものです。 特徴は「個人参加型」のネットワークであること。 機関や団体でなくても入会可能です。 会の目的はあくまで在宅ケアを学ぶこと。 個人単位での参加にしているのは、患者さんの囲い込みなどを防ぐ意味もあります。 引用: MISIAの母・伊藤瑞子さんは小児科医 MISIAの家族は全員が医者をしている あおばクリニックの情報を見る限り、 MISIAさんの母親は伊藤瑞子さんで小児科医を務めているようです。 伊藤瑞子さんは上の画像の伊藤新一郎さんの左隣の女性だと思われますが、長崎大学在学中から交際を始め、同棲を経て結婚したそうです。 MISIAの兄・伊藤大樹さんは神戸大学医学部卒の医者 あおばクリニックの現在の院長は伊藤新一郎さんの息子でMISIAさんの兄に当たる伊藤大樹さんで、画像の前列右から2番目の男性です。 MISIAさんの 兄・伊藤大樹さんは神戸大学医学部を卒業後、アメリカのHawaii大学内科研修を経てシカゴで循環器医を務めた経歴を持っています。 MISIAの姉は歯科医師として活躍 MISIAの曲は結婚式を盛り上げる MISIAさんの美しくパワフルな歌声は結婚式の雰囲気にぴったりであり定番ソングとして代表曲「Everything」がよく使われています。 MISIAさんの数ある結婚式の定番ソングで一番人気なのが「幸せをフォーエバー」で、2018年に「ISUMブライダルミュージックTOP10」にランクインしました。 「幸せをフォーエバー」は2013年に発表以降、究極のウエディングソングとして今もなお支持を得ているMISIAの代表曲。 プロポーズの瞬間に焦点を当てて、ドキドキする気持ちや、その瞬間から始まるドラマの背中を押すようにという意図が込められている。 引用 : 「幸せをフォーエバー」の次に人気なのが「Everything」で、ほかに「逢いたくていま」「少しずつ大切に」「LUV PARADE」などが人気曲として続いています。

次の

【ドクターマップ】あおばクリニック(福岡市東区青葉)

福岡 あおばクリニック misia

2009年に女優の伊東美咲さんが結婚した時は、MISIAのファンが勘違いして結婚のお祝いのメッセージがたくさん届いたハプニングもありました。 どんな由来があるのでしょうか。 由来説1. 「アジア ASIA の人々に自分の音楽を伝えたい」 「音楽界の救世主(メシア Messiah )になりたい」 この2つの想いがあり、ASIAとMessiahをかけあわせた造語がMISIAという説。 由来説2. オーディションのデモテープに音楽プロデューサーが書いた名前がMISIAだったから、気に入ってそのまま芸名になった説。 由来説3. 本名「伊藤美咲」の綴り、Misaki ItoのイニシャルM. Iにアジア ASIA を掛け合わせた説。 由来説4. 幼い頃から自分のことを「みーしゃん」と呼んでいたのが「ミーシャ」になった説。 こんなに諸説あるなか、MISIAさん本人は由来を聞かれて「MISIA」の意味は「アジアのソウル」だと答えています。 幼い頃に聴いたソウルミュージックがMISIAさんのルーツであり、日本人なのでアジア ASIA に対する想いが強いんですね。 幼少期を過ごしたのは長崎県対馬市。 ここでは教会でゴスペルと出逢っています。 中学時代に長崎県対馬市にある厳原中学から、福岡県の吉塚中学に転校。 高校は県立香住丘高校 現在偏差値65 に進学して、その頃から黒人のヴォイストレーナーに歌を習っています。 大学は西南学院大学に進学しました。 結婚して子供がいるということもありません。 彼氏がいたという噂もほとんどなく、唯一あったのでが、世界的指揮者・小沢征爾の息子の小沢征悦さんが彼氏だったということがありました。 どうしてMISIAだけ音楽の道へ進んだのか不思議ですね。 実は両親が音楽好きで、その影響をうけたみたいです。 長崎大学の医学部に進学したのですが、学生運動にハマり212日間もの長期ストライキで医者にはならないと決めたようです。 でも結局卒業して医者になってます。 若気の至りでしょうか。 大学卒業後は長崎医療センターに勤めるなど地域医療に貢献し、MISIAが小学校にあがる前の頃、長崎県対馬市「厳原病院」に赴任。 「厳原病院」で院長になり、妻を副院長としたのですが、長崎県が「院長の妻が副院長になるのを拒んだ」ため、意見が対立。 結果、48才の頃に親友が開業した「福岡青洲会病院」に職場変更しました。 54才の誕生日を迎える頃、福岡市東区に「あおばクリニック」を開業しました。 地域医療にこだわって立ち上げた「福岡東区在宅ケアネットワーク」は評価が高いです。 父親と同じ長崎大学の出身で、2人は在学中に同棲を始め、その後に結婚。 現在は「あおばクリニック」で小児科医を務めています。 神戸大学の医学部を卒業着、Hawaii大学で内科研修終了後、アメリカのシカゴで循環器医師として研鑽されていました。 その後現在、父親が開業した「あおばクリニック」の二代目院長となっていて、患者からの信頼は厚いです。 小学校にあがる前には、MISIAが本格的に歌を学ぶために島から引っ越したそうです。 4才からピアノを習い、9才からコーラスも始め、小学校時代は歌いながら登下校していたといいます。 ゴスペルに興味を持ったきっかけは、映画「天使にラブソングを」や、ミュージカル「Mama,I want to sing」を観た影響だそう。 中学時代は吹奏楽部に所属してフルートを笛いていました。 MISIAは高校時代、文化祭で歌ったとき、声量がすごすぎて体育館の窓が揺れたとか。 所属していた吹奏楽部をバックに歌っていました。 すでにプロ並みの歌唱力だったそう。 音楽教室は「駅から始まるオーディションスクール」に通ったり、黒人の先生からボイストレーニングを受けてゴスペルを習っています。 高校卒業後、大学在学中ににデビューした時は、高校の同級生たちはさすがにびっくりしたそう。 MISIAは「ホイッスルボイス」というすごい高音を出せますが、これが出来る日本人は少ないそうです。 高いところから低いところまで歌いこなせる5オクターブの音域は、高校時代に黒人の先生からのボイストレーニングのおかげみたいですね。 両親が医者で音楽好きだったから音楽を学ぶための環境やお金があったもの大きいですね。 1998年に「つつみ込むように」でデビュー。 2年後の2000フジテレビドラマ「やまとなでしこ」主題歌「Everything」は大ヒットし、現在も結婚式の定番曲のひとつとして未だに人気のスタンダードナンバーで名曲となりました。 メロンパンが大好物なことが高じて、メロンパンとパンダを合体させた「メロンパンダ」というキャラをデザインして、可愛いと話題になり、ぬいぐるみ化され発売されたほど。 さらに「メロンパンダ」のテーマ曲「甘い恋人」もリリースしたのでした。 楽しみですね。 日付変わって今日は小学校からの大親友の結婚式。 ドキドキして眠れないからMISIAのEverythingを熱唱してます。

次の