斉藤由貴 物理基礎。 斉藤由貴が意味深発言! 「だめだめ…誰かを必ず傷つけてしまうから」 NHKの高校生講座『物理基礎』で「ダブル不倫」容認か? (1/3ページ)

斉藤由貴、Eテレも降板|テレビ朝日

斉藤由貴 物理基礎

なぜか今、女優のがSNS上をザワつかせています。 「不思議を見つけよう〜物理入門」というタイトルのもと、斉藤由貴は高校生の娘がいる母親役を演じています。 娘と母親の間でこんな会話が交わされます。 娘「こんなの出てきたんだけど?」 母「あっ、そのヨーヨー…なんだか懐かしいわね…」 娘「やっぱりこれお母さんの? やってみせてよ。 今では知らない人が多いかもしれませんが、ある年齢以上にはヒットするネタでしょう。 この『スケバン刑事』の初代を演じたのが斉藤由貴です(2代目は、3代目は)。 その初放送日である4月11日、近年その日に「#スケバン刑事」のワードがSNSで浮上していますが、現在公開中のアーカイブとの相乗効果で広まっているわけです。 <NHKが民放ドラマを元ネタにしている!?> SNS上でも指摘されていますが、広告や宣伝に繋がる固有名詞をNHKで使用することはNGです。 NHKは「スケバン刑事」のワードを出さずに、ギリギリの演出をしたのでしょう。 ちなみに、この「不思議を見つけよう〜物理入門」が最初に放送されたのは2017年4月5日ですが、その時にもやはり、「NHKがタブーに挑んだ」などと報じられています。 <あれ?斉藤由貴って、この番組降板していたよね> そうです。 斉藤由貴は2017年9月に、このNHKの高校生講座を降板しています。 理由は同年8月に報じられた、既婚男性医師との「ダブル不倫」でした。 そこで改めて気づくことがあります。 <このセリフを言っていた時は、ダブル不倫の真っ最中だったのか…> そう考えると、「スケバン刑事」が元ネタだと思っていた斉藤由貴のセリフがまた違って聞こえてきます。 とはいえ、この時代に御法度の「不倫」を犯して降板したにもかかわらず、アーカイブで再び出演させたのは、最も「倫理」に厳しいはずのNHKです。 <斉藤由貴のこのセリフ…繰り返して聞いてしまう> こんな男性もいるようです。 <斉藤由貴は不倫したのに、そこまでムカつかない> そんな女性も多いようです。 <終わったことを掘り返しても…単に女優としてすごい> そんな声まで聞こえてきますが、何より斉藤由貴がすごいのは、不倫した芸能人が叩きまくられて起き上がれない中で、NHKを筆頭に何だか許されてしまうことです。

次の

斉藤由貴「また不倫」疑惑! 渡辺謙に尾崎豊……通り過ぎた「4人の男」との驚愕関係

斉藤由貴 物理基礎

斉藤由貴プロフィール 本名:小井 由貴(いさらい ゆき) 生年月日:1966年9月10日(48歳) 出身地:神奈川県 血液型:B型 1984年に少年マガジン(講談社)第3回ミスマガジンでグランプリを獲得し、芸能界入りしました。 斉藤由貴さんの代表作といえば、ドラマ『スケバン刑事』ですね。 祝スケバン刑事放送記念 斉藤由貴 — やっちゃん asama4329 第1作の主人公・麻宮サキを斉藤由貴さんが演じていました。 このあとシリーズ化もされましたね。 女子高生が制服姿で特殊なヨーヨーを持って、悪を退治していくというかなり奇抜な設定のドラマです。 しかし放送当時は、斉藤由貴さんの容姿と役のギャップにファン以外も虜にして爆発的に人気となった作品です。 斉藤由貴さんが持っていたヨーヨーも人気となって小さい子たちは、ヨーヨーで遊んだりもしていました。 女優だけでなくアイドルとしても歌手デビューをしている斉藤由貴さん。 デビュー曲の 「卒業」はオリコン最高6位を記録。 そして斉藤由貴さん最大のヒット曲は「夢の中へ」で、井上陽水さんのカバー曲としても知られています。 その後アイドルから女優へと転身し映画やテレビ、舞台だけでなく、詩作活動、ナレーターとして幅広い活動を行います。 1994年には会社員に勤める男性と結婚し、一男二女の3人の子供を出産します。 出産後は母親として平日は仕事があろうが、必ず午前5時には起きて子供たちのお弁当を作ったりとママさんをしていますが、最近はドラマ出演が多くなり再ブレイクといわれています。 斉藤由貴の激太り画像 痩せているイメージしかない斉藤由貴さんですが、かなりの激太り姿でテレビに出演していたことがあります。 それは小堺一機さん司会の「ごきげんよう」に出演した時で、視聴者も驚くほどの肉付きがよく丸々とした姿でした。 顔も以前と比べるとふっくらとしていて、特に腕の太さが強調されていますね。 メディアに登場したときですが、こちらも顔がマルマルとして太っているのが感じられます。 妊娠時に10kg以上太って、激やせしたという芸能人の方が結構いますよね。 太った理由はコメントされていませんが、3人のお子さんを産んでいるので、おそらく産後太りが原因で激太りしたと考えられます。 スポンサーリンク 斉藤由貴がダイエットをするきっかけ 激太り姿でテレビに出演していた斉藤由貴さんですが、実は当時、斉藤さんは自分が太っていることに気づいていなかったんです。 斉藤さんをダイエットに目覚めさせたのは、なんと 斉藤由貴さんの実の父親だったんです! 普段寡黙な方だったのですが、斉藤由貴さんのドラマを見ていた時に 『由貴は背中が丸いな』とそして 『女優としてどうだろう?』と感じたことを斉藤由貴さんのお母さんにつぶやいたそうです。 このことを聞いた斉藤由貴さんは、父親に言われるほどなので相当なことだと危機感を感じてダイエットを始めました。 実は斉藤由貴さんのお母さんからはかなり前からダイエットをするよう忠告をしていたようです。 母親だと言われても真剣に受け止めないんですよね。 身内でも父親からだと見られている感じがしますし、特に普段あまり言わない人がいうひと言はかなりの衝撃になりますよね。 斉藤由貴が激やせしたダイエット方法 父親のひと言から始まったダイエットですが、女優魂に火がついたせいなのか、かなりストイックなダイエットに挑戦をしました。 ダイエット中の食事メニュー ・低脂肪ミルク ・コンニャクゼリー ・天使のララ ・味噌汁 ・きゅうり ・レタス 成人女性の1日の摂取カロリーはおよそ 1,800~2,200キロカロリーとされています。 プロテインを摂取 プロテインは筋肉を作るのに必要なタンパク質が多く含まれています。 そのためスポーツ選手など運動をしている人が、よく摂取しています。 実はタンパク質が少ないとダイエットできず、逆に太るともいわれているので、斉藤由貴さんはプロテインを摂取していました。 プロテインと聞く高カロリーなので太るイメージですが、300カロリー以下の生活をしている斉藤由貴さんには必要な栄養源なので問題ありません。 咀嚼回数を増やす これは普段でも気をつけたいことですが、食べ物をよく噛むことで満腹感を早く得られて消化にもいいと言われています。 斉藤由貴さんはダイエット中に 「噛むことに飢えたこと」と告白するほどで、お腹が空いても きゅうりと レタスをかじって満足感を得ていたそうです。 普段の生活をしていると食事中は、噛むことに意識するのを忘れてしまいます。 噛むことに集中するだけでも痩せた人もいるほどなので、普段の生活でも食べ物を意識して噛むことは大事なんです。 短期目標で達成する 斉藤由貴さんが行なったダイエットは極端に食事量を減らすので、長期でゆっくりと体重を落とすことが目的としていません。 斉藤由貴さんは、 2ヶ月と決めてダイエットをしています。 とにかく目標期間を短く設定し、短期集中型で行うことがポイントとされています。 短期間といっても最初は、普段とちがい極端に減らした食事にツライと感じたかもしれません。 それでもダイエットを成功させたのは、それだけ目標に対する意識が強かったのかもしれませんね。 スポンサーリンク 斉藤由貴のダイエット方法でどれだけ痩せた? 実際に2ヶ月間のダイエット生活で斉藤由貴さんはなんと マイナス10キロのダイエットに成功しました! ダイエットを終了して3ヶ月目からは徐々に普段通りの食事に戻していましたが、この期間もマイナス1キロ減ったそうで、結局は 11キロの減量となりました! ダイエット成功後に斉藤由貴さんが出演したauのCMがこちらです。 このCMで斉藤由貴さんがカワイイと評判です! 見るからに顔の辺りも引き締まってアイドル時代の斉藤由貴さんの姿に戻っています。 とても 48歳という年齢とは思えないほどの若さも手に入れた感じですよね。 おばちゃんなんて言ったらホント失礼です。 これだけの極端なダイエットをおこなったにも関わらず、現在もリバウンドなく体重を維持しています。 高校講座物理基礎な斉藤由貴。 物理ユキママ、今週も可愛らしゅうございました。 — ぐっち gutti045 自分の肉体的なことを見直したことで、いただく役の幅が広がったといい、ダイエットがきっかけで再ブレイクしたという評価を得たと感じているそうです。 今回のダイエットによって転機となった斉藤由貴さんですが、先ほども記載したようにこのダイエットは、極端な原料のため普通だとリバウンドや骨粗しょう症などの体調不良を招く恐れがあります。 決しておすすめできる方法じゃないと斉藤由貴さん自身もおっしゃているので、ダイエットをする際には自分にあった方法で行なってください。

次の

【芸能】斉藤由貴、NHK番組出演取りやめもEテレ「高校講座 物理基礎」は継続

斉藤由貴 物理基礎

なぜか今、女優のがSNS上をザワつかせています。 「不思議を見つけよう〜物理入門」というタイトルのもと、斉藤由貴は高校生の娘がいる母親役を演じています。 娘と母親の間でこんな会話が交わされます。 娘「こんなの出てきたんだけど?」 母「あっ、そのヨーヨー…なんだか懐かしいわね…」 娘「やっぱりこれお母さんの? やってみせてよ。 今では知らない人が多いかもしれませんが、ある年齢以上にはヒットするネタでしょう。 この『スケバン刑事』の初代を演じたのが斉藤由貴です(2代目は、3代目は)。 その初放送日である4月11日、近年その日に「#スケバン刑事」のワードがSNSで浮上していますが、現在公開中のアーカイブとの相乗効果で広まっているわけです。 <NHKが民放ドラマを元ネタにしている!?> SNS上でも指摘されていますが、広告や宣伝に繋がる固有名詞をNHKで使用することはNGです。 NHKは「スケバン刑事」のワードを出さずに、ギリギリの演出をしたのでしょう。 ちなみに、この「不思議を見つけよう〜物理入門」が最初に放送されたのは2017年4月5日ですが、その時にもやはり、「NHKがタブーに挑んだ」などと報じられています。 <あれ?斉藤由貴って、この番組降板していたよね> そうです。 斉藤由貴は2017年9月に、このNHKの高校生講座を降板しています。 理由は同年8月に報じられた、既婚男性医師との「ダブル不倫」でした。 そこで改めて気づくことがあります。 <このセリフを言っていた時は、ダブル不倫の真っ最中だったのか…> そう考えると、「スケバン刑事」が元ネタだと思っていた斉藤由貴のセリフがまた違って聞こえてきます。 とはいえ、この時代に御法度の「不倫」を犯して降板したにもかかわらず、アーカイブで再び出演させたのは、最も「倫理」に厳しいはずのNHKです。 <斉藤由貴のこのセリフ…繰り返して聞いてしまう> こんな男性もいるようです。 <斉藤由貴は不倫したのに、そこまでムカつかない> そんな女性も多いようです。 <終わったことを掘り返しても…単に女優としてすごい> そんな声まで聞こえてきますが、何より斉藤由貴がすごいのは、不倫した芸能人が叩きまくられて起き上がれない中で、NHKを筆頭に何だか許されてしまうことです。

次の