あんこ の 作り方 つぶあん。 餡(しろあん つぶあん こしあん) 餡子の冨士製餡工業 餡子の作り方

和菓子職人が教えるカンタン和菓子レシピ1「粒餡(つぶあん)の作り方(初級編)」

あんこ の 作り方 つぶあん

返品・交換 万が一当社の発送ミスや不良品(賞味期限切れ、破損等) がありましたら返品・交換をさせていただきます。 お電話またはお問い合わせフォームにて商品到着後 1週間以内にご連絡ください。 お客様のご都合による返品についてはをご覧ください。 *食品につきましては返品をお受けできません。 *お客様のご都合による交換は承っておりません。 ご注文後の変更・キャンセル ご注文後の変更・キャンセル 追加・一部変更はご利用になれません。 一度ご注文をキャンセルしていただき、改めてご注文をお願いいたします。 キャンセルはマイページのご注文履歴で【未配送】の場合のみ可能です。 ご利用環境について TOMIZオンラインショップを安心してご利用いただく為に、ご購入の前にCookie、JavaScript、SSLの設定が有効になっていることをご確認ください。 お問い合わせはこちら(一般・法人).

次の

あんこの簡単な作り方レシピ|あんこが持つ栄養と効果もご紹介

あんこ の 作り方 つぶあん

昔ながらの伝統的な食べ物であり、世代を超えて多くの人を魅了する「あんこ」。 洋菓子やケーキのようなキラキラとした派手さはないけれど、どこか懐かしい素朴な甘さ…日本に生まれてよかった!と思う食べ物の一つかもしれません。 無類のあんこ好きとして知られる彼女のお気に入りスイーツも教えていただきました。 *** 小さいころからあんこ好き。 料理家・なかしましほさん 幼いころからあんこ菓子に囲まれて育ったという、なかしまさん。 あんこが好きか嫌いかを考えるより先に家にはいつもあんこがあったそう。 「家の仏壇には、羊羹や最中、おまんじゅう、お中元でもらう水羊羹などいつも何かしらのあんこ菓子が置かれていました。 おやつが食べたくなると、仏壇の前に座ってチーンと鐘を鳴らし、好きなあんこ菓子を選んだりしましたね。 私にとってあんこはあまりに自然な存在で、小さい頃は好きかどうかさえ考えたことがなかったように思います」 「あんこをそのままスプーンで食べるのが好き」 そんな、あんこ界のサラブレッド(!? )とでもいうべきなかしまさん。 おまんじゅうや羊羹など、あんこを使ったお菓子はたくさんありますが、そのなかで一番好きなものは?と伺うと「あんこそのもの。 なかでも、ご自身で煮たあんこや、缶詰のあずきをそのままスプーンですくって食べるのがお好きなのだとか。 さすが生粋のあんこ好き、味わい方がシンプルで大胆…! でもあんこ好きさんのなかには「わかるわかる〜」と思わずうなずいてしまう人も少なくないかもしれませんね。 「市販のこしあんは甘みが強すぎるせいか豆の風味が消えてしまっていて、今までなかなかおいしいものに巡り会えませんでした。 でも、『山清』のこしあんは上品でとってもなめらか! もちろんこのまま食べてもおいしいですし、クラッカーに乗せたりお湯で溶いておしるこにしても絶品ですよ」 他にも、アイスクリームにトッピングしたり、バターと一緒にトーストに乗せたり…。 よく考えると、あんこって食べ方いろいろありますよね。 こしあんならでは、粒あんならではの食べ方があるのも楽しみの一つ。 両方とも好きだというなかしまさんは、「選ぶことは永遠にできない」といいます。 自分好みに作れる「手作りあんこ」にも挑戦してみよう! 「たのしいあんこの本」(発行:主婦と生活社)、著者:なかしましほ 価格:1300円(税別) お店のプロが作るご褒美あんこは贅沢な味わい。 ただ、より自分好みの味を突き詰めたいのなら、ぜひチャレンジしてほしいのが「手作りあんこ」です。 先月11月に発売されたばかりのなかしましほさんの新刊(主婦と生活社)では、基本の粒あんをはじめ、こしあん・しろあんなどタイプ別のあんこの煮方、そしてあんこを使ったさまざまな和洋レシピが掲載されています。 自宅で作るのは大変そう…と思われがちですが、あんこは「豆を柔らかく煮て、砂糖を加える」と調理方法が意外とシンプル。 特に今の時期は、秋〜冬にかけて収穫されたばかりの小豆が店頭に並ぶ頃。 まさに今こそ、おいしい自家製あんこを作れるベストシーズンなんです。 基本の「かたあんこ(粒あん)」の作り方 今回は特別に、本で紹介されている「あんこの作り方」の中から、一番ポピュラーな硬めの粒あん(かたあんこ)のレシピをこっそり教えていただきました。 1] 熱湯で煮る …厚手の鍋に水2カップ(豆の2倍)を入れて火にかけ、しっかり沸騰したら洗った豆を入れ、再び沸騰したら中火で5分煮る。 POINT!: 最初に豆を熱湯に入れることで、中心まで水分がしみ込み、豆が柔らかくなります。 [STEP. 2] 汁を捨てる(渋きり) …さし水1. 5カップを加え、再び沸騰したら中火で5分煮て、火を止めてフタをし30分ほど蒸らす。 その後、豆をザルにとり煮汁を捨てる。 POINT!: 蒸らすことで豆のシワがのび、均一に柔らかくなります。 [STEP. 3] 水から煮る(下煮) …豆を鍋に戻し、水3カップを加えて強火にかける。 沸騰したら、豆が鍋の中で少し踊るくらいの火加減(弱火の中火)に弱めて煮る。 この時、火が強いと豆が割れてしまうので要注意! 豆が湯から顔を出しそうになったら、その都度さし水1カップを加え、ときどきアクを取りながらフタをせずに煮る。 POINT!: 柔らかくなってきたら、色が濃くて一番硬そうな豆を選び、指で軽く押してみましょう。 すっと潰れればOK! [STEP. 4] 蒸らす …火を止め、30分以上蒸らす。 (蒸らした後は、中までしっかりと柔らかくなり色は赤みが少し抜けたようになります) POINT!: 火を止めた後、そのまま一晩置いてもOK。 暑い時期は粗熱が取れたら冷蔵庫に入れましょう。 [STEP. 5] 砂糖を加える …ザルの下にボウルをあてて豆をとり、豆を鍋に戻す。 ボウルの煮汁はうわずみを捨て、底に沈殿した濃い色のあんこは鍋に戻す。 砂糖を加え、豆を潰さないようにゴムベラで優しく絡め、中火にかける。 沸騰したらヘラ(耐熱)でときどき混ぜながら、弱めの中火で煮る。 ヘラで全体をかいた際に底が見え、一瞬おいてからあんこが戻るくらいの柔らかさになればOK。 塩を加えて軽く混ぜて、できあがり。 POINT!: 砂糖を加えて熱する際はあんこがハネやすいので、やけどしないようにご注意を。 出来上がった自家製あんこは冷蔵で4日ほど保存可能なので、パンに乗せたりお菓子に使ったりと「常備菜」的に活用できますよ。 店舗のほか通販で購入できるものもあるので、気になったらお取り寄せしてみて!新年のご挨拶や、ちょっとした差し入れにも喜ばれそう。 《comment》 「つぶあん・ごま・きなこ、どれも大きめですがふっくらと柔らかく、ぺろりと食べてしまいます。 民芸調の店内で茶めし&おでんを食べ、蔵王あんみつをデザートにいただき、お土産におはぎを買って帰る。 皮がふんわり柔らかく上品な味わいです。 定番の小豆の「きんつば」と食べ比べてみるのも楽しいですね。 豆の粒がしっかりしていて、口に入れるとほろっと崩れる食感。 しかも、それぞれ中の餡が違うので、一口一口違う味わいを楽しめるんです。 国産米で作られたこだわりの生地は、もちっとした弾力ある食感が魅力。 《comment》 「黄色はごまあん、白色はくるみ味噌あん、よもぎの緑色はつぶあん入り。 3種のあんこが楽しめます。 私は特にくるみあんが好き。 生地を優しく包みこむ山帰来 サンキライ、別名:サルトリイバラ の葉の香りと塩味が程よいアクセントに。 《comment》 「麩まんじゅうの中で私が一番好きなのが、大口屋さんの餡麩三喜羅。 山帰来の葉に包まれたぷっくりした見た目も愛らしく、生麩は他にない柔らかさが魅力です」 *** お餅やおしるこ、ぜんざいなどあんこが食卓に多く登場するこの季節。 お家で過ごす休息タイムにみんなであんこ菓子を食べるのもよし、じっくり自家製あんこ作りに挑戦してみるもよし。 なかしまさんが教えてくれたとびきりおいしいあんこを、ぜひご賞味ください。 【教えてくれた人】 なかしましほさん [PROFILE] 料理家、東京・国立の焼菓子店『』店主。 書籍や雑誌でのレシピ提案、全国での教室の他、映画やドラマ、広告のフードコーディネートを行っている。 著書多数、2017年11月10日に「たのしいあんこの本」(主婦と生活社)を出版。

次の

基本のつぶあんの作り方/レシピ

あんこ の 作り方 つぶあん

手作りあんこの良さは、小豆と砂糖だけのシンプルなおいしさを味わえること。 ぜひシンプルなおいしさを味わっていただきたい!だから自家製あんこをオススメしています。 あんこの炊き方は難しくありません。 まずはつぶあんから基本の炊き方を覚えましょう!つぶあんに慣れると、こしあんや他の豆を使ったあんこ作りも難しくありません。 つぶあんの材料(出来上がり量:600グラム)• 小豆:200g• 砂糖:240g(小豆の1. 2倍量をおすすめします)• 水:適量 【Point】 小豆200gが一番作りやすいので、まずは200gで挑戦し、慣れたら、量を変えてみることをおすすめします。 つぶあんにおすすめの小豆は? 小豆には、普通小豆(小粒)と大納言(大粒)があります。 まずは、普通小豆を使って、あんこを炊いてみましょう。 大納言は粒が大きく、やや炊き上りに時間がかかりるため、普通小豆で炊き方に慣れたら、ぜひ大納言をお試しください。 吸水方法が他の豆と異なるため、水に浸けてもきちんと吸水してくれません。 火にかけて吸水させます。 小豆を吸水させる(約1時間) 小豆を軽く洗い、鍋に小豆と水(小豆が十分にかぶる量)を入れて火にかけます。 火加減は中火または強火でOK。 沸騰し3分経過したら、 カップ2(400cc)の冷水を投入します。 続いて、投入した水と 同量のゆで汁を取り出します。 再び沸騰し、3分経過したらカップ1~2の冷水を投入し、先程と同様にゆで汁を取り出します。 この作業をさらに3回繰り返し、合計で5回行います。 (新豆の場合は計3回でOK) ここで重要なのが小豆の状態を観察すること。 ゆで始めにはシワシワですが、次第にシワが伸び、皮が膨れてきます。 表面がつるりとシワの無い状態になれば吸水は終了です。 鍋に落しぶたを置き、さらにふたをして、二重蓋の状態で、 ごく弱火で豆が踊らない状態でゆでていきます。 火が強いと皮が破れ、小豆の中身が出てしますので、ご注意ください。 時々ふたを開けて、小豆がゆで汁から出ていないかを確認します。 出そうになったら、少量のお湯を足してください。 小豆が完全に柔らかくなるまで、弱火で煮ます。 一つ小豆を食べてみて、中が柔らかくても皮に固さを感じたら、もう少し煮ます。 皮まで柔らかくなったら、 火を止めて蓋をしたまま1時間蒸らします。 蒸らすことで皮はさらに柔らかくなります。 砂糖を加えて仕上げる(約20分) ボウルにザルをのせ、小豆をあけます。 小豆は鍋に入れ、ボウルのゆで汁は10分ほどそのまま置いておきます。 10分経ったら、上澄み液を捨てて、底に残った小豆の中身(呉)を鍋に入れます。 鍋に分量の砂糖を加えて火にかけ、弱火でじっくりと煮ていきます。 ゴムベラを使い、なべ底から返すようにして混ぜ、練っていきます。 火が強いと焦げますのでご注意ください。 あんこがとろりとした固さになったら、火を止め、バットに開けて冷やします。 鍋に放置することは厳禁です!余熱で水分が蒸発し、すぐに固くなってしまいます。 粗熱が取れたら、ラップやタッパーなどに小分けにしておくと便利です。 冷凍保存しておくと、いつでも解凍して食べられます。 冷蔵保存の場合は、なるべく早めにお召し上がりください。

次の