お悔やみ メール 部下。 言葉遣いは?返信は?お悔やみメールの文例・マナー|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

上司・部下等へのお悔みメールの例文13選|訃報への返信にNGな言葉も

お悔やみ メール 部下

………「お悔やみの言葉メール 同僚」のページの内容……… 1. 2. 3. (3-1)忌み言葉とは (3-2)同僚や上司・部下へのお悔やみの言葉やメールで用いられる敬称。 このページでは、お悔やみの言葉メールの文例を紹介しますが、メールでのお悔やみはあくまでもマナーの上では正式なものではないことを頭に入れておいてください。 本来であれば相手に会ってお悔やみの気持ちを伝えたり、それが叶わなければお悔やみ状・お悔やみの手紙を出したり、弔電を打ったりします。 ただ、 現代ではメールはメッセージをすぐに送れる媒体として欠かせないツールであり、ふだんからメールを良く使う人や親しい間柄の二人にとっては「 心に寄り添うメッセージ」を送ることができるツールでもあります。 特にこのページで紹介するような「同僚」あてのメールの場合にはむしろ「手紙や電報ほど大げさにならない」という点はメリットとして挙げられるでしょう。 手紙や電報であれば受けた相手もそれなりのお礼状や返信をと考えるものです。 相手と親しいからこそ、相手に気を使わせることなくお悔やみの気持ちを伝えることができるのがメールだとも言えます。 しかも、読み手が都合の良い時に読むことができるため、通夜や葬儀などの一連の儀式の進行を邪魔しないというメリット・特長もあります。 相手とのおつきあいの程度、親しさの度合いによってはとても良いツールだと言えるかもしれません。 ツールの特徴を知って使い分ける 1. スマホや携帯あてなら短く簡潔なメールでもOK (1)長いメールより、短い文章で気持ちを伝える。 」 「突然のことで驚いています。 お悔やみ申し上げます」 こんな短い文章が許されるのも、スマホや携帯ならではです。 格式張らない普段の言葉遣いでも、相手と親しければOKです。 (2)送るメールが短文なら、先方の返信も短文で済む。 丁寧なメールには丁寧なメールで返信したくなるもの。 逆に短いメールのほうが返信する側も簡単な返信で済ませられるものです。 通夜・葬儀で忙しい相手には返信が短文で済むようにこちらから短文で送るのも、思いやりの一つと言えます。 パソコンあてなら、お悔やみ状に準ずる丁寧な内容も書ける。 (1)スマホや携帯あてよりは、少し丁寧なメールを心がける 長文も送ることができるため、お悔やみ状に準ずる程度の、やや丁寧なメールを心がけます。 (2)タイムロスを頭に入れる メール文も少し時間をかけて作文することができます。 相手が落ち着くまで、メールが目に触れないことを頭に入れて作文します。 メールの場合は歴史が浅いため、厳密に言えばこうした敬称を用いるかどうかまでマナーが固定してはいませんが、先方とのお付き合いの程度によって使用するかどうか判断してください。 会社・職場関係の同僚に、とりわけパソコンあてにメールを送る場合には、敬称を使うことをおすすめします。

次の

お悔やみメールの注意点!?祖父母を亡くした友人に送るベストな例文を紹介!

お悔やみ メール 部下

最近では、メールやLINEなどでコミュニケーションをとることが当たり前になっています。 では、お悔やみの言葉をメールで送るのは問題ないのでしょうか? お悔やみメールは、故人を偲び、ご遺族に対して心配している気持ちを伝えること自体はなんら問題ありません。 特に、普段から親しい間柄で、訃報をメールやLINEで知らされた場合は、その お返事を行うことは自然な流れとなります。 また、メールでお悔やみを送ることで、いち早く相手を気遣うことが出来たり、葬儀などで忙しい中でも相手が自分のペースで読むことができるなどの利点もあります。 ただし、あくまで 形式上はメールは正式なものではないので、普段から親しい人以外は注意が必要です。 メールを送っても良い相手として、親しい友人、親しい同僚、親しい取引先の方などが挙げられます。 それ以外の方は、メールでのお悔やみは避けた方が良いでしょう。 お悔やみメールのマナー いくら、親しい間柄と言って、普段と同じメールのつもりで送ると、相手に不快な思いをさせてしまうなど大失敗につながることもあります。 お悔やみメールを送る際は、相手を思いやる気持ちを持ちつつ文章を作ることが重要です。 ここで、 お悔やみメールのマナーにはどのようなものがあるのかきちんと知っておきましょう。 タイトル・件名は簡潔にまとめる タイトル・件名は簡潔にまとめ、お悔やみメールだという事が一目でわかるようにしておくことが大切です。 「大丈夫ですか?」や「心配しています」などは一見、自分の気持ちが伝わっていいように思いますが、きちんとお悔やみメールであることがわかるようにしておくことがマナーです。 「〇〇です お悔やみ申し上げます」の文のように、 メールの差出人が誰かわかるようにしておくといいでしょう。 時候の挨拶は置かない お悔やみは、自分がどれだけ相手のことを思っているかを伝えるものではなく、あくまで悲しみの中にいる ご遺族を気遣う目的があります。 時候の挨拶などは、葬儀の準備などで忙しい相手に時間を取らせてしまうため、前置きは書かないようにしましょう。 丁寧な言葉遣いを心掛ける お悔やみメールは普段のメールとは違います。 弔意を示すための文書になります。 親しい間柄の方に送るため、極端に形式ばった文章にしなくてもよいですが、普段よりは 丁寧な言葉使いをするように心がけましょう。 使ってはいけない忌み言葉 お悔やみの言葉には使用してはいけない言葉を 忌み言葉といいます。 以下の言葉が忌み言葉となるので、お悔やみメールでは使わないようにしましょう。 件名:〇〇です。 お悔やみ申し上げます。 本文:突然の訃報に驚いています。 直接お悔やみを伝えたかったのですが、遠方のためすぐに駆け付けられなくてごめんなさい。 今、大変な時期だと思いますが、体調を崩していないか心配です。 私にできることがあればいつでも連絡してください。 会社内の部下・同僚・上司に送る場合 会社の部下・同僚・上司に送る場合にお悔やみメールを送る場合は、どこの課の誰なのか件名でわかるようにしましょう。 親しい関係であるが、仕事上の間柄ですので、 砕けた文書は避けるようにしましょう。 また、相手は葬儀などで忙しいため、手間をかけさせない配慮が必要です。 一般的な書き方の例は、以下のようになります。 お悔やみをメールで伝えることは問題ありません。 ただし、近しい人に限定すべきです。 親しき中にも礼儀あり。 忌み言葉を使用しないなどマナーが必要です。 お悔やみの言葉は丁寧に、相手を気遣う文言を入れましょう。 自分がお悔やみメールをもらった時には、返信は落ち着いてから行いましょう。 お悔やみは、「人の死を悼み、弔う」や「残されたご遺族にかける慰めの言葉」という意味があります。 物理的に遠かったり、葬儀に参列できない状況だったりすることがあると思います。 そうなった場合は、現代では近しい人に限り、メールでお悔やみを伝えることは悪いことではありません。 ただし、失礼なことでは無いのですが、本来なら、直接お会いしお悔やみを伝えなくてはいけません。 お悔やみメールはあくまで略儀ですので、後に時間が出来たら、直接会いに行ってお悔やみを伝えましょう。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、この他にも葬儀に関する記事を多数紹介しておりますのであわせてご覧ください。 以下の記事では、葬儀の費用について詳しく解説しておりますのでぜひご覧ください。

次の

お悔やみの言葉 メール】友人・友達・例文・文例・返信・親戚・ペット・ママ友

お悔やみ メール 部下

友人や知り合いのご家族に不幸があっても葬儀に参列できず、お悔やみの言葉をメールで送っても良いものか、どのように連絡すべきなのか、迷っている人もいるのではないでしょうか。 この記事では、お悔やみの言葉をメールで伝えても良い相手や、メールで伝えるときのマナー・注意点、メール以外で弔意を伝える方法も解説します。 また、お悔やみのメールの文例も複数紹介しますので、参考にしてください。 お悔やみの言葉はメールで送っても良いの? お悔やみの言葉は本来、直接ご遺族のところに赴いて伝えるものです。 しかし、最近はメールやLINEなどで日常のやり取りをすることが多いため、関係性によっては、メールでお悔やみの言葉を伝えても良いとされています。 メールを使う利点としては、相手が都合の良いときに読めるため、電話や直接会う時と比べ、ご遺族の負担を軽くできることがあげられます。 ただし、文面に気を付けなければ、受け手を不快にさせてしまうこともあります。 丁寧な言葉遣いやマナーを守ることを意識しましょう。 メールでお悔やみを伝えても良い相手は? まず、相手が訃報をメールで知らせてきた場合は、そのメールに返信する形で、お悔やみの言葉を伝えてもかまいません。 また、以下のような間柄であれば、メールで伝えても問題ないとされています。 ・友人や知人で親密な間柄の方 ・取引先、上司、同僚などの仕事上の関係の方 メールはあくまでも略式です。 直接伝えられる場合は、できる限り会ってお悔やみの言葉をかけるようにしましょう。 お悔やみの言葉をメールで送るときのマナー・注意点 ここでは、お悔やみの言葉をメールで送信するときに、気を付けるべきマナーについて解説します。 時候の挨拶はいれない お悔やみの言葉は、ご遺族を気遣うためのものです。 そのため、手紙のように時候の挨拶をいれる必要はありません。 時候の挨拶をいれると、前置きが長くなりご遺族の方に負担をかけてしまうからです。 故人との続柄に応じた敬称を使う お悔やみの言葉を伝える際は、故人とそのご遺族の方との続柄に応じた敬称を用います。 よく使われる敬称の具体例は、以下の通りです。 以下で、代表的なものを見ていきましょう。 重ね言葉 「重ね重ね」「くれぐれも」「たびたび」「まだまだ」「いよいよ」など。 繰り返すことを意味する言葉 「これからも」「続く」「追って」「この先も」「繰り返す」「再三」など。 生死に関する直接的な表現 「死ぬ」「生きる」「死亡」「死去」「亡くなる」など。 不吉な表現(死や苦しみを連想させる言葉など) 「別れる」「苦しむ」「4や9」「消える」「浮かばれない」「大変なことになる」など。 丁寧な言葉遣いを意識する メールでお悔やみの言葉を送る際は、文章でしか気持ちを伝えられません。 ですから、普段より丁寧な言葉を使うよう意識しましょう。 しかし、堅くなりすぎず、相手が読みやすい文章を心がけてください。 宗教や宗派によって言葉を気を付ける 宗教や宗派によっては、お悔やみの言葉としてふさわしくないものもあります。 例えば、キリスト教の一部や仏教の浄土真宗では、死後は天国や極楽浄土に行くことができるとされているため、「ご冥福をお祈り申し上げます」などの文言は使いません。 宗教や宗派で禁止されている言葉を使うと、受け手を不快にさせるので注意しましょう。 死因はたずねない ご遺族に故人の死因について質問をするのは失礼にあたります。 自分の感情を一方的に伝えるのではなく、相手の想いに寄り添った内容にすることが大切です。 返信不要の旨を記載する お悔やみの言葉を送るときは、ご遺族の方も葬儀などの準備で忙しい時期です。 そのため、文面の最後には返信不要の旨を記載しましょう。 そうすることで、受け手側の負担も軽くすることができます。 テンプレートのまま送らず自分の言葉で伝える お悔やみの言葉は、複数のテンプレートを参考にしてもかまいませんが、最終的には自分の言葉で伝えるようにしましょう。 相手に失礼がないよう言葉の遣い方やマナーを意識することは大切ですが、気持ちを込めて相手に伝えることが何よりも大切です。 メール以外で弔意を伝える方法は? メール以外の方法で弔意を伝える方法について説明します。 弔電や香典を送る 通夜や葬儀に出席できない場合は、弔電や香典を送ることができます。 特に故人と親密だった場合は、せめてもの心遣いとして弔電や香典を送るのがおすすめです。 供花や供物を送る 弔電や香典のほかに、供花や供物を送るのも良いでしょう。 供花や供物も、弔電や香典と同じように弔意を示すものです。 特に供花は見た目も華やかなので、印象に残りやすいです。 花代だけを送ることも可能です。 【送る相手別】お悔やみの言葉のメール文例 ここでは、実際に使えるお悔やみのメールのテンプレートを紹介します。 ぜひ参考にしてください。 ご冥福をお祈りいたします。 お父上様のご逝去を知り、胸が締め付けられる思いです。 心からご冥福をお祈りいたします。 本来であればすぐにでも伺いたいのですが、やむを得ない事情によりメールで失礼します。 無理をされていないかとても心配です。 何か私にできることがあれば、いつでも連絡してくださいね。 このメールへの返事は不要です。 最後のお別れにすぐにでも駆けつけたかったのですが、遠方のためお伺いすることができず申し訳ありません。 今は大変な時期だとは思いますが、体調を崩されぬようご自愛ください。 こちらのメールへの返信は不要です。 やむを得ない事情により、ご弔問に伺えず誠に申し訳ございません。 今は大変お辛い時期かと思いますが、ご無理をなさらず体調に注意してお過ごしください。 なお、こちらのメールに返信は不要です。 ご実家が遠方とのことで、直接お伺いできず申し訳ございません。 略式で大変恐縮ですが、メールにてお悔やみ申し上げます。 何かお手伝いできることがありましたら、いつでもご連絡ください。 なお、返信は不要です。 遠方のため直接お伺いすることができず、誠に申し訳ございません。 略式ですが、メールにてお悔やみ申し上げます。 なお、こちらメールへの返信は不要です。 心よりお悔やみ申し上げます。 本来であれば直接お伺いしたいところ、やむを得ない事情によりご葬儀に伺うことができず誠に残念でなりません。 心身ともに大変な時期かとは思いますが、お体に気をつけてお過ごしください。 なお、このメールへの返信は不要です。 メールで訃報連絡を受けた場合の返信メールの文例 ここでは、訃報の知らせのメールが届き、返信する際に参考となる文例を紹介します。 心よりご冥福をお祈りいたします。 お母様の訃報をお聞きしました。 生前は私もお世話になったので、哀悼の念でいっぱいです。 やむを得ない事情によりご葬儀に参加できず、誠に申し訳ございません。 お忙しい時期かと思いますが、お仕事の方は心配なさらず、ご無理のないようお過ごしください。 まとめ メールでのお悔やみは、親密な友人や知人である場合や職場関連の場合は問題ないとされています。 ただし、メールで伝えるのは正式な方法ではないので、敬称の使い方や言葉遣い・忌み言葉を使わないよう注意するなど、基本的なマナーを守って送るようにしてください。 ご遺族の方の気持ちが少しでも和らぐよう、相手の気持ちに寄り添った文章にすることが大切です。 では、葬儀内容や費用について、事前に無料で相談・お見積もりを行っています。 また、葬儀後のアフターフォローにいたるまで、丁寧にサポートを行っています。 葬儀に関して疑問や不安に思うことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。 アイワセレモニーが選ばれる理由とは?.

次の