メル カード。 メルペイでプレイステーションストアカードが買える?

メルペイで電子マネー「iD」を使う方法・注意点について解説!|myfree

メル カード

2.メルペイの手数料は無料になるケースあり メルペイの導入を考える上で気になる決済手数料、入金手数料、入金サイクルはどうなっているか確認していきましょう。 2-1.初期費用・決済手数料 キャッシュレス決済を導入する場合専用端末などの費用がかかってしまうのですが、メルペイは初期導入費、利用料・固定費用が無料というのが最大のメリットです。 メルペイはスマホを持っていれば導入することができるのです。 決済手数料も他のサービスよりも低い 「1. 初期費用なしで決済手数料の低いメルペイはコスト面から魅力的なキュッシュレス決済といえます。 2-2.入金サイクル・入金手数料 運転資金のやりくりで気になる入金のタイミングですが、 月1回と月2回を選ぶことが出来ます。 ・月1回入金の場合:月末締め、翌月10日入金 ・月2回入金の場合:15日締め、当月25日入金と月末締め、翌月10日入金 となります。 なお、ゆうちょ銀行を入金口座に選んだ場合は上記日より2営業日後となります。 また、 10万円以上のおまとめ入金であれば入金手数料は無料ですが、10万円未満の入金は200円の入金手数料がかかってしまいます。 売上金が10万円未満の場合は入金を繰り越す設定も出来るので利用するのが良いでしょう。 2-3.端末 メルペイを導入するにはカメラ付きのスマホ、もしくはタブレットが必要です。 以下のバージョンであることが必要です。 最新のタブレット・スマホを持っていれば特に問題はありません。 OS iOS 10. 0以上 Android 5. 0以上 ブラウザ Chrome 最新バージョン Firefox 最新バージョン Internet Explorer 最新バージョン Microsoft Edge 最新バージョン Safari 11. 1以上 2-4.注意点 メルペイを導入する上でいくつか注意点があるのでご紹介します。 お客様が操作に慣れていないと逆に時間がかかってしまう可能性あり。 10万円未満の入金は、入金ごとに200円の入金手数料がかかるので注意• 入金先口座にゆうちょ銀行を指定すると、通常より入金が遅くなる 3.キャッシュレス消費者還元事業とは|メリットと注意点 店舗でメルペイを導入する大きなメリットの一つに、2019年10月から開始した「キャッシュレス消費者還元事業」の活用があります。 増税後9ヶ月間に限って、登録した中小・小規模事業者での決済に対してポイント還元を支援するというものです。 3-1.消費者側のメリット 消費者側のメリットは、対象店舗でクレジットカードやQRコード決済、電子マネーなど指定されたキャッシュレス決済を行うとポイント還元が受けられることです。 3-2.事業者側のメリット 事業者にとってのメリットはキャッシュレス消費者還元事業の還元対象であることにより、事業者への個別の支援が受けられます。 2019年10月1日からキャッシュレス・ポイント還元事業(キャッシュレス・消費者還元事業)が始まりました。 どの中小… 3-3 .キャッシュレス消費者還元事業の注意点 キャッシュレス消費者還元事業はキャッシュレス決済の導入を考えている事業者にとって恩恵の大きい制度ですが、いくつかの注意点もあります。 3-3-1.メルペイは、EC事業者は対象外 キャッシュレス消費者還元事業自体は、ECサイトの事業者も対象です。 ただし、EC事業者はメルペイを利用したキャッシュレス消費者還元事業は申請対象外となっています。 EC事業者の場合はメルペイ以外の決済方法を利用する必要があります。 3-3-2 .還元を受けるには申請が必要 メルペイでキャッシュレス消費者還元事業の適用を受けるためにはメルペイ経由での申し込みが必要になります。 別の決済事業者で申請していても改めて申請が必要なので注意しましょう。 申請後、経産省事務局にて審査が行われます。 申請の申し込み期限は今のところ2020年4月までです。 3-3-3.中小・小規模事業者の基準を満たすことが必要 キャッシュレス消費者還元事業は中小・小規模事業者を対象とした制度です。 以下のような資本金や従業員数などの基準を満たす必要があります。 業種分類 資本金の額又は出資の総額 常時使用する使用人 製造業その他 3億円以下 300人以下 卸売業 1億円以下 100人以下 小売業 5000万円以下 50人以下 サービス業 5000万円以下 100人以下 その他、課税所得額による制限や会社形態以外の組織に関する要件や親会社との資本関係等の要件があります。 3-3-4. 補助の対象とならない取引もある 要件を満たす事業者でのキャッシュレス決済であっても以下のような取引は補助の対象外となります。 有価証券・郵便切手類・印紙・商品券など• 自動車の販売• 新築住宅の販売• 収納代行サービス・代金引換の支払い• 5.申し込み時に準備すべきものや開始までのスケジュール 実際にメルペイの導入を申し込んだときの手順やスケジュールを見ていきましょう。 5-1. 申し込みの手順 メルペイ公式ホームページの加盟店フォームに事業者情報を入力し申し込みます。 必要書類は以下のとおりです。 必要書類 運転免許証(表裏面の両方) パスポート(日本国発行のみ、顔写真付きのページと住所が記載されているページ) 住民基本台帳(マイナンバーカードは不可) 健康保険証(表面裏面の両方) 住民票(発行日から半年以内) 在留カード 外国人登録証明書 特別永住証明書 特別永住者証明書 なお個人事業主の場合は、代表者のいずれかの本人確認書類の画像(有効期限内の身分証等の画像(運転免許証、パスポートなど))を申込み時に添付します。 法人の場合は、登記謄本に記載の情報が必要です。 謄本の原本は不要です。 5-2. 審査内容やかかる時間 必要書類や申し込み内容に不備がないか確認し、不備があればメルペイから事業者に連絡があります。 申し込みは審査なので以下の基準を満たしていない場合は通過しないこともあります。 加盟店規約への同意• 未成年の場合、事前に親権者からの許可を得ていること。 過去にメルカリグループが提供するサービスの利用規約違反等により、メルカリグループからサービスの利用停止処分を受けていないこと• 申告内容に虚偽の情報が含まれていないこと 5-3. メールが届く|初期キットが届く 内容に問題がなければ、数日で審査が完了します。 メールで結果が通知され、審査OKであれば登録したメールアドレスとパスワードで管理画面が利用できるようになります。 店舗用アプリは管理画面から手順に従い、手持ちのスマホやタブレットでダウンロードできます。 決済の準備はこれで完了です。 審査通過後に郵送でスターターキットが送られてきます。 内容は店舗で使えるメルペイの説明書や店舗用ステッカーなどです。

次の

メルペイのチャージ方法は2通り!クレジットカードは登録できるの?

メル カード

メルペイとは、メルカリの子会社であるメルペイが2019年2月13日に開始した 非接触型(キャッシュレス)決済サービスです。 日本全国のコンビニや飲食店、ドラッグストア、一部のネットショップで利用でき、 メルカリの売上金を支払いにあてることができます。 また、売上金が無くても銀行口座から簡単にチャージすることができます。 また、 NTTドコモの提供する電子マネー iDと連携することでiDとして決済を行うことが可能です。 連携先ですがAndroidの場合は「おサイフケータイ」となり、iosの場合は「Apple Pay」となります。 メルペイはバーコード決済ができますがiDの場合は交通系電子マネーと同じように FeliCaに対応しており、かざすだけで決済が可能なのでバーコードを表示して決済するよりも手間が少ない決済方法で大変便利です。 メルペイをはじめバーコード決済等を利用したスマホ決済は便利なものの、お店によって使えない所が出てくるので少々不便に感じることもあります。 iDは全国約90万の店舗で決済が可能なので、メルペイはiDと連携することでスマホ決済アプリの中でも対応店舗は最大級となっています。 ただし、通常のiD決済とは違い iDプリペイドとなる為利用できない店舗もあるようです。 非常に便利なメルペイですが、そのメルペイを利用して プレイステーションストアカードは購入することができるのでしょうか? プレイステーションストアカードとは? プレイステーションストアカードとは、ソニーインタラクティブエンターテイメントのサービス 「PlayStation Network」内の「プレイステーションストア」で利用できる、プリペイド型のギフトカードのことです。 全国のプレイステーション取扱店、コンビニや量販店などで購入できる カードタイプ「プレイステーションストアカード」と、コンビニの端末や携帯電話から購入できる デジタルコードタイプ「プレイステーションストアチケット」の2種類があり、若干ですが取扱い金額が異なります。 プレイステーションストアカード: 「1,100円」「3,000円」「5,000円」「10,000円」の4種類 プレイステーションストアチケット: 「1,000円」「3,000円」「5,000円」「10,000円」の4種類 以上の8種類が現在販売されている物となります。 この8種類は 有効期限などはなく、いつでも利用が可能です。 時期によってはキャンペーン等でもらえるプレイステーションストアカードのクーポンコードもありますが、そちらは有効期限が設けられていることがあるので、取扱には注意が必要です。 結論!メルペイでプレイステーションストアカードは買えるのか? さて、 メルペイでのプレイステーションストアカードが購入できるかという問題ですが、率直に言うと 購入はできないようです。 プレイステーションストアカードを取り扱っている家電量販店で、尚且つ iD決済に対応している店舗では購入できる可能性があります。 しかし店舗によって対応が異なるので、家電量販店で購入を考えている方は事前に確認することをおすすめします。 家電量販店でiD決済できない場合は、その 家電量販店で保有するポイント等で支払できることもあるようです。 メルペイが使えるお店で事前にお調べするのが得策かと思われます。 メルペイを iDと連携することで利用できる範囲は格段に広がっているものの、プレイステーションストアカードの購入などはまだ限られている状態です。 今後メルペイでの購入ができるように期待しましょう。

次の

メルペイの店舗導入|手数料と加盟店のメリットと注意点

メル カード

自分で選ぶことはできません。 また、支払い用銀行口座が登録済みの場合や、アプリでかんたん本人確認が完了している場合は、ポイントを購入することはできません。 メルペイポイントの使い方 キャンペーンにより還元されたポイントは金融機関口座へ出金することはできません。 メルペイポイントに残高があれば、ポイント優先で支払われるような仕組みになっています。 自分で選ぶことはできません。 「メルペイ」の支払い方法 クーポンを使う前に、支払い方法の確認です。 コード決済とメルペイiD決済の2種類があります。 店舗によって利用できる支払い方法が異なります。 実際の画面で説明すると・・・。 支払い方法を変更する時は、下図の矢印部分をタップします。 下図では「メルペイスマート払い」という表示になっています。 (今が「メルペイ残高払い」の状態) タップすると変わって「メルペイ残高払い」の表示になります。 =今が「メルペイスマート払い」の状態。 どちらの支払い方法を選択していても、画面中段の「iD決済」「コード決済」は選べます。 なお、コード決済をタップして表示させた状態からでも支払い方法を変更することができます。 下図矢印の「支払い方法を変更」をタップします。 ポップアップメニューから支払い方法を選べば変更されます。 支払い方法を間違えないように、操作に慣れておきましょう。 メルペイのチャージ方法 メルペイは事前にチャージをして支払うパターンと、あとから支払う方法があります。 チャージ方法は以下の3つです。 (銀行口座登録前やアプリでかんたん本人確認の完了前) 1ポイント=1円 2.メルペイに支払い用銀行口座を登録するかアプリでかんたん本人確認が完了すると、メルカリでの売上金をそのまま支払いに利用できるようになります。 (都度ポイントを購入する必要がなくなります) 【支払い用銀行口座を登録した場合のメリット】 ・売上金がない場合でも、登録した銀行口座からメルペイ残高にチャージ(入金)して、支払いに利用できます。 ・売上金の180日間の振込申請期限(有効期限)もなくなります。 24時間、手数料無料でチャージすることができます。 クレジットカードからのチャージ不可 メルペイは、クレジットカードからチャージできるような仕様ではありません。 チャージ・残高上限 チャージ・残高上限金額は以下になります。 メルペイスマート払い 「メルペイスマート払い」とは、当月分の購入代金を、翌月にまとめて支払いできるサービスです。 (コード決済やメルペイiD決済の支払い時の最終的な精算があと払いになります。 ) ただし支払い時に手数料がかかる場合があります。 手数料がかからないようにするには、利用明細が通知され清算方法を選択するタイミングで「メルペイ残高払い」を選択します。 Push通知設定をオンで 決済方法 iDメルペイiD決済 メルペイ電子マネーの設定を完了すると日本国内の「iD」マークがあるお店で利用できるようになります。 Apple Payに対応したオンラインショップでも利用できるようになります。 iDですが、スマート払いにしていない場合は、残高不足だとエラーになります。 メルペイ残高、ポイントまたは、メルペイスマート払いで支払います。 ネットショップでも利用可能 メルカリ以外のWebサービス、オンラインショッピングでの支払いに利用できます。 少しずつ利用できる店舗が増えています。 基本還元率なし メルペイには、支払った金額に対してポイントがもらえるような制度はありません。 まとめ:注意点を踏まえた上で便利・お得に使う 以上、メルペイの落とし穴や問題点についてでした。 メルカリ電子マネーとしてiDも使えるのでちょっと特殊ですが、注意点を踏まえた上で上手に活用すれば、今後とても便利で快適なキャッシュレスライフを提供してくれるでしょう。 特にメルカリで売り上げがあるに人には便利ですね。

次の