いとこ 英語。 いとこ

「いとこ」の漢字の種類を解説【行政書士監修】

いとこ 英語

「いとこ」とは、自分の父母の兄弟姉妹の孫という関係性です。 家系図では、自分、父母、祖父母、叔父叔母の次に「いとこ」となります。 自分とは4親等離れていて、法律用語で4親等の傍系血族と呼ばれます。 「いとこ」も、「はとこ」と同様に自分と同世代の続柄です。 「いとこ」と書く漢字はたくさんあり、自分との関係によって異なります。 自分から見ていとこが年上の男性、女性の場合は、従兄、従姉と書くのが正しいです。 一方、自分の方が年上でいとこが年下の男性、女性の場合は、従弟、従妹となります。 自分と「いとこ」を並べたときに、女性同士か男性同士などでも異なります。 自分といとこが女性同士だと、従姉妹です。 一方自分といとこ男性同士になると、従兄弟となります。 また、自分といとこが異性の場合は、従兄妹と表すのです。 漢字で書くと様々なパターンがあります。

次の

いとこって英語でなんて言うの?

いとこ 英語

いとことは まずはじめに「いとこ」とはどんな存在でしょうか。 いとこを分かりやすく説明するときは以下の二つが的確ですね。 親の甥・姪• おじ・おばの子供 法律的な用語でいうと、4親等の傍系家族に該当します。 画像で確認してみましょう。 そして、いとこはこの系統に当てはまれば良いので年齢や性別によって左右されることはありません。 ですので親子ほどの年の差が生じるいとこ関係もしばしばみられます。 いとこについて詳しく知りたい方はこちら いとこの英語の呼び方 いとこは英語で「cousin(カズン)」と呼びます。 初めて聞かれた方も多いのではないでしょうか。 いとこに関連する英語• 「兄弟姉妹」:sibling(シブリング)• 「兄弟」:brother(ブラザー)• 「姉妹」:sister(シスター)• 「伯父」:uncle(アンクル)• 「叔母」:aunt(アント)• 「甥」:nephew(ネヒュー)• 「姪」:niece(ニース)• 「親戚」:relatives(レレティブズ).

次の

「親族関係」を英語で表現する単語(おじ、めい、いとこ等)

いとこ 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 97• 研究社 新和英中辞典 103• Weblio Email例文集 359• Weblio英語基本例文集 8• 場面別・シーン別英語表現辞典 13• 浜島書店 Catch a Wave 68• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 2• 英語ことわざ教訓辞典 10• JMdict 1• Eゲイト英和辞典 68• 最強のスラング英会話 2• 英語論文検索例文集 5• 専門的な情報源• 研究社 英和コンピューター用語辞典 4• 斎藤和英大辞典 275• 科学技術論文動詞集 4• 法令用語日英標準対訳辞書 1• 日本語WordNet 137• コンピューター用語辞典 11• EDR日英対訳辞書 291• Tanaka Corpus 272• 日本法令外国語訳データベースシステム 44• FreeBSD 13• Gentoo Linux 11• JM 24• NetBeans 22• PEAR 6• Python 60• XFree86 8• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 877• 京大-NICT 日英中基本文データ 1• 官公庁発表資料• 金融庁 176• 財務省 38• 特許庁 48• 特許庁 15522• 経済産業省 158• 厚生労働省 22• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 2• Thorstein Veblen『ワークマンシップの本能と労働の煩わしさ』 1• Jack London『火を起こす』 1• Hans Christian Andersen『絵のない絵本』 3• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 2• Ian Johnston『科学のカリキュラムで創造説?』 2• Mary Lamb『お気に召すまま』 5• JULES VERNE『80日間世界一周』 14• Maurice Leblanc『アルセーヌ・ルパンの逮捕』 2• Edgar Allan Poe『アモンティリャードの酒樽』 2• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 2• Edgar Allan Poe『アッシャー家の崩壊』 4• JACK LONDON『影と光』 6• Ouida『フランダースの犬』 6• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 2• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 3• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 5• Eric S. Raymond『ノウアスフィアの開墾』 4• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 9• Conan Doyle『黄色な顔』 2• Frank Baum『オズの魔法使い』 16• Landor『カール・マルクス Interview』 1• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 10• Wells『タイムマシン』 8• Charles and Mary Lamb『真夏の夜の夢』 1• Hans Christian Andersen『マッチ売りの少女』 2• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 4• O Henry『二十年後』 1• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 10• O Henry『心と手』 1• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 3• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 5• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 6• James Joyce『姉妹』 1• James Joyce『小さな雲』 2• James Joyce『アラビー』 2• James Joyce『恩寵』 2• James Joyce『遭遇』 2• James Joyce『死者たち』 4• James Joyce『下宿屋』 1• James Joyce『レースの後に』 3• James Joyce『痛ましい事件』 1• James Joyce『母親』 2• James Joyce『アイビーデイの委員会室』 3• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 6• Lewis Carroll『亀がアキレスに言ったこと』 1• Thomas H. Huxley『ダーウィン仮説』 2• John Stuart Mill『自由について』 8• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 3• Thorstein Veblen『所有権の起源』 2• Robert Louis Stevenson『宝島』 30• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 18• Edgar Allan Poe『約束』 1• Lawrence『馬商の娘』 2• Lawrence『プロシア士官』 2• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 3• Chesterton『少年の心』 1• Melville Davisson Post『罪体』 4• Shakespeare『ヴェニスの商人』 1• Michael Faraday『ロウソクの科学』 4• 電網聖書• ペトロの第二の手紙 1• 使徒行伝 3• ヘブライ人への手紙 1• ヨハネによる福音書 5• ルカによる福音書 9• マルコによる福音書 2.

次の