パラリンピック 知 的 障害。 パラリンピックに聴覚障害者が参加できない理由!デフリンピックとの違い

パラリンピックだけじゃない! さまざまな障害者のスポーツ大会

パラリンピック 知 的 障害

障がいの種類 障がいの概要 主な疾患例 筋緊張亢進 運動麻痺の一つ。 筋肉に常に力が入っていて、コントロールが難しい状態。 力を抜くことが非常に困難。 脳性麻痺、脳卒中、後天性脳損傷、 多発性硬化症 運動失調 運動麻痺の一つ。 運動の協調が難しく、動作を円滑に行うことが困難となる状態。 脳性麻痺、脳損傷から生じる運動失調、 フリードライヒ運動失調症、多発性硬化症、 脊髄小脳失調 アテトーゼ 運動麻痺の一つ。 筋肉のコントロールが困難で、本人の意思とは無関係に常に体の一部が動いてしまう状態。 脳性麻痺、脳卒中、脳外傷 四肢欠損 生まれつき、または事故や病気によって手足の一部または全てを失った状態。 外傷もしくは先天性四肢欠損(奇形)による切断他動関節可動域制限 他動関節 可動域制限 関節の動きが制限され、正常に曲げ伸ばしができない状態。 関節拘縮、強直、火傷後関節拘縮 筋力低下 手足や腹筋背筋などの筋力が低下した状態 脊髄損傷、筋ジストロフィー、腕神経叢損傷、 エルブ麻痺、ポリオ、二分脊椎症、 ギランバレー症候群 脚長差 左右の足の長さが異なっている状態 先天的もしくは外傷による片下肢における骨短縮 低身長 疾患などにより身長の発育に制限があり身長が低い状態 軟骨異形成、軟骨発育不全症、軟骨異形成症、発育機能障害 視覚障がい 先天的、または後天的に視力が低下していたり、視野に制限のある状態 網膜色素変性症など 知的障がい 知的機能の障がいにより認知能力が全般的に遅れた水準にある状態 クラス分けのよくある質問 障がい者のスポーツでよく出てくる「クラス分け」って何ですか? 障がいには、さまざまな種類や程度があります。 それらが競技結果に影響しないよう同程度の障がいで競技グループを形成することを「クラス分け/Classification」と呼んでいます。 「クラス分け」の目的は何ですか? 1)障がいの確認をする。 ・参加が認められている障がい種類か? ・参加が認められている障がい程度か? ・障がいが永続的か? 2)公平に競い合うためのグループを作る。 「障がいが軽い」という理由ではなく、同程度の障がいのある選手同士で競い合うことができるようにグループを作る。 「クラス分け」はいつから始まったの? 1948年から障害の原因となった疾患名を基準にした「医学的クラス分け/Medical Classification」が取り入れられた。 その後、1992年から選手の残存している身体機能を基準にした「機能的クラス分け/Functional Classification」が取り入れられ、さらに、2007年からは各競技特有の身体運動やスキルに対するパフォーマンス遂行程度を基準にした「競技特異的クラス分け/Sports Specific Classification」が実施されている。 「クラス分け」には種類があるの? スポーツ毎に必要とされる身体機能や技術はさまざまであるため、クラス分けの規則も競技毎に異なります。 パラリンピックで採用される競技については、IPC(国際パラリンピック委員会)が定めている「国際クラス分け基準/IPC Classification Code」に準じて、各国際競技連盟、国際障がい者団体によってクラス分け規則が定められています。 また、全国障がい者スポーツ大会で使用される「障害区分」と呼ばれる日本国内独自のクラス分け規則もあります。 「クラス分け」はどういった手順で行われるの? 原則として、クラスを持っていなければ大会に出場し、記録を公認してもらうことは出来ません。 従って、出場前にクラス分けを受ける必要があります。 クラス分けには以下の3つのプロセスがあります。 1 身体機能評価:問診や筋カ、関節可動域、バランスなどの各種検査を実施。 参加資格の有無を判定する。 2 技術評価:大会前に競技試技を行い選手のパフォーマンスや競技スキルを評価。 適切なグループ(参加クラス)を割り当てる。 3 競技観察:クラス分けを実施した大会の最初の出場種目を観察し、上記1)2)で判断した参加クラスが適切であるかを確認する。 クラス分けは誰がするの? クラス分けを行うための必要な知識・技術を学び、資格を取得したものを「クラシファイヤー/Classifier」と呼んでいます。 クラシファイヤーには、国際大会でクラス分けを行うIPC Athletics 公認の「国際クラシファイヤー」と、国内大会でクラス分けを行う日本パラ陸上競技連盟 公認の「国内クラシファイヤー」の2種類があります。 また、陸上競技ではクラシファイヤー2~3 名一組(1 パネル)で一人の選手のクラス分けを実施しています。 以下のアドレスへメールでのみ受付ます。 回答には正確を要するため時間がかかることを予めご了承下さい。 問い合わせアドレス:日本パラ陸連事務局 担当者:松井明里.

次の

東京パラリンピックを前に “能力主義”とどう付き合うか

パラリンピック 知 的 障害

概要 パラリンピックはIPCの登録商標であり、各国に委員会を設け、商標の保全を義務付けている。 日本においては、元所管であった(以下JPSA)の下に日本パラリンピック委員会(以下JPC)が設立され、商標保護に努めるとともに、日本選手団の派遣事業を行っている。 日本国内において「パラリンピック」という文言を使用するためには、の承認を必要とし、オフィシャルサポーターと呼ばれるスポンサー契約を結ぶ必要がある。 なお、文字数の関係で『パラ』と省略したり 、『パラ五輪』と記載するメディアも存在する。 オリンピックの直後に同じ場所で開催するというIPCの戦略が奏功し、格段にマスコミに取り上げられる率が高く、数ある「障害者スポーツ大会」の中で、現在、最も知名度が高くなり商業的にも成功をおさめつつある。 また、開始当初は使用者のために実施されてきた大会が、その他の障害者にも拡大されていった大会で、同じ障害者スポーツの競技大会ではあるが、()や、()とは、別の理念と歴史が存在している。 日本では、ながらく所管となっていたがに移管され、オリンピックとの一元化が図られることとなった(節参照)。 詳細は「」を参照 歴史 初頭から、散発的な障がい者スポーツの大会は記録されているが、当大会の起源とされているのは、、開会式と同日に、ので行われたとされる。 これは、でしたたちのとして「よりを」の理念で始められたものである。 ストーク・マンデビル病院には、でを損傷したのリハビリのためのが専門にあり、からした系の提唱により、この日、車椅子使用入院患者男子14人、女子2人による競技会が行われた。 この競技会は当初、純然たる入院患者のみの競技大会であったが、毎年開催され続け、には国際大会となり、第1回国際ストーク・マンデビル競技大会が開催された。 には、グットマンを会長とした国際ストーク・マンデビル大会委員会が組織され、この年のオリンピックが開催されたで、第9回国際ストーク・マンデビル競技大会が開催された。 この大会は現在、と呼ばれている。 第2回大会は、にこの年の夏季オリンピックが開催されたで、第13回国際ストーク・マンデビル競技大会が行われた。 大会は2部構成で、第1部が国際ストーク・マンデビル競技大会、第2部は全ての身体障害を対象にした日本人選手だけの国内大会として行われた。 現在、国際的には第1部のみがとされているが、日本国内では第2部の国内大会を合わせて呼ばれることがある。 当大会をオリンピック開催都市と同一都市で行う方式は、東京大会後は定着せずいったん中断することとなり 、ので復活する。 、国際ストーク・マンデビル競技連盟と国際身体障害者スポーツ機構との初の共催でが開催され、同年、第1回冬季大会、も開催された。 のは当初アメリカの2都市での開催予定であったが諸事情により2国開催となった。 、より、正式名称が「パラリンピック」となった。 また、(以下IOC)が当大会に直接関わる初めての大会ともなり、この大会からは再び夏季オリンピックとの同一地開催が復活した。 なお、冬季大会がと同一都市で開催されるようになるのは、のからである。 にはIPCが設立され、これ以後、継続した大会運営が行われるようになった。 IPC本部は、ドイツのに置かれている。 において種目だけだが初めて知的障害者の参加が認められ、その後の種目採用の拡大が期待された。 時にIOCとIPCとの間で正式に協定が結ばれ、オリンピックに続いて開催されることと、IPCからのIOC委員を選出することが両者間で約束され、オリンピック開催都市での開催が正式に義務化された。 一方で、長野大会で参加を認められた知的障害者について夏季大会でも数種目を採用されたが、その内のバスケットボールの試合でスペインチームが複数のを紛れこませて金メダルを攫う不正行為が発覚した。 これにより、スペインは金メダルを剥奪され、それ以降の全ての大会・参加種目において、知的障害者が一時参加出来なくなった。 にはIPCとIOCは、スイスのローザンヌで合意文書に調印し、オリンピックとの連携を強化した。 、から運営・経済両面においてもIOCはIPCを支援。 また、構成や保護を強化するとともに、組織委員会はオリンピックの組織委員会に統合されることになった。 では、陸上競技と水泳、卓球の3競技で、シドニー大会以降参加出来なくなっていた知的障害者が12年振りに復帰し、でも引き続き実施された。 その反面、には知的障害者は参加しておらず、も同様である。 IPCによると、ストーク・マンデビル競技大会を指して"Paralympic"の語を使用したことが最初に確認できるのは、のイギリスの新聞の見出しであるが、その名称の由来は不明である。 国際ストーク・マンデビル大会には、各大会において「」が付けられることがあり、1964年の第13回国際ストーク・マンデビル大会(東京大会)では「パラリンピック」の名称が考案され、大会のポスター等にも使用された。 1976年のトロント大会では、脊髄損傷者に加え視覚障がい者と切断の選手が出場したことから、「Olympiad for the Physically Disabled」や、「Torontolympiad(トロントリンピアード)」などの名称が使用された。 IOCは、に「パラリンピック」を大会名として用いることを正式に認めた。 これに伴い、のソウル大会から、「パラリンピック」が正式名称となるとともに、1960年のローマ大会以後の国際大会を、遡及的に「パラリンピック」と表記することになった。 競技種目によって異なるが、陸上競技であれば視覚障害、肢体不自由、知的障害などに大別され、肢体不自由でも、原因が脳性麻痺であるか手足の切断であるかなどで区分され、さらに障害の軽重により種目ごとに及ぼす影響で階級化される。 障害種は「」「」「など」「」「」などがある。 2017年現在、知的障害者に関しては一部の競技に参加出来るが 、聴覚障害者、精神障害者は参加出来ないため、それぞれデフリンピック、スペシャルオリンピックスに参加している。 ロンドンパラリンピックにおいては、陸上競技トラック種目(T)の階級は、T11〜T13は視覚障害、T32〜T38は脳原性麻痺、T42〜T46は切断・機能障害、T51〜T54は脳原性麻痺以外の車いす使用者となっていた。 さらに、T11及びT12の選手は伴走者(ガイドランナー)と競技を行うことができるなど細かいルールが定められている。 一方、視覚障害者のみによる競技である柔道は、障害によるクラス分けはなく、オリンピックと同様に体重別クラス分けのみとなっている。 のとは障害の部位・程度によるクラス分けを採用、クラスの数だけ金メダルが与えられたが、トリノパラリンピック以降、立位(立って滑る)、座位(座って滑る)、視覚障害の3カテゴリー制となり、金メダルもカテゴリーごとに与えられ、金メダルの価値を上げ、競技性を高めた。 クラス分け 障害の度合いに応じて階級を分ける。 障害のクラス分けがあるために、の金メダルは男女合わせて10個以上にもなる。 このため、メダルの価値が1個のみと比べて低くなってしまうという見方がある。 そこでメダルを少なくするために、近い障害部位の間で階級を統廃合するという動きがある。 しかし、階級を統廃合すると障害部位で有利不利が出来てしまう(例:水泳においては、両足麻痺者と両足切断者が競ったら、両足切断者は両足が無い分だけ水の抵抗が軽減されたり体重が軽くなって有利になってしまう)。 委員会としては「競技の公平」と「メダルの価値」、という難しい選択を突き付けられているとも言える。 のでは、メダルの数を減らすため、障害の度合いによってポイントが加算された選手が競い、総合得点で競うルールが採用された。 「福祉」から「スポーツ」へ 第二次世界大戦によるの社会復帰を進める目的で発祥したため、福祉的側面から捉えられることが多かったが、次第に福祉的側面よりも競技としての性質が高まり、陸上競技 や車いすテニス 等でプロ選手が誕生し、「障害者アスリート」という言葉も使われるようになり、競技スポーツとしての側面がクローズアップされてきている。 また競技性が高まるに従い、福祉ではなく「スポーツ文化」としての理解と支援を求める声が強まっている。 日本では(以下JOC)はが所管し、日本パラリンピック委員会(以下JPC)は厚生労働省の所管とされてきたが、4月より、へ移管され一元化されることが、厚生労働省障害福祉部企画課自立支援振興室により発表された。 とは、2014年8月6日、強化指定選手の就職支援をおこなう協定を結んだと発表し、に障害者選手も登録するとした。 JOCとJPCの協定締結は初めてのことである。 障害者スポーツ政策 競技志向が高まるとともに、予算とメダルの関連が強く出ており、で日本のメダル獲得順位は10位だったが、ロンドン大会では24位に落ちた。 ロンドン大会で国家予算を障害者エリート選手に掛けるのメダル獲得順位は1位、は2位、は4位になっている。 日本では、度から、スポーツ振興の観点から行う障害者スポーツに関する事業が、厚生労働省から文部科学省に移管された。 ただし、障害者の社会参加やリハビリテーションの観点から行う事業は、厚生労働省の所管に残された。 に制定されたの附則では、の設置が検討課題とされ 、開催決定を受け、度に文部科学省の外局としてスポーツ庁が設置された。 アメリカやイギリスでは以降増加した傷痍軍人とその補償費が増加していることもあり、社会的な自立を促す制作として大会で実績を残した傷痍軍人に対し、スポーツに専念できる環境を用意している。 では障害を負った兵士を専属選手として雇用し続ける体制も整えている。 認知度及びメディア 認知度 2014年9月から10月にかけて日本財団パラリンピック研究会が笹川スポーツ財団の協力を得て6ヶ国で行った調査では、日本でのパラリンピックの認知度は98. アメリカや韓国での認知度は7割程度で、特にアメリカでは内容まで知っている人は2割台であった。 報道・メディア パラリンピック競技のうちメディアを通じて観戦可能な競技は車いすバスケットなど一部の競技に限定されている。 2014年に日本財団パラリンピック研究会が6ヶ国で行った調査では、パラリンピックの25競技のうち14競技で観戦経験者が1割未満にとどまった。 6ヵ国平均で観戦経験者の多い競技を並べると、車いすバスケットボール、陸上、水泳、車いすテニス、アルペンスキーの順になっている。 なお、日本では、車いすバスケットよりも車いすテニスの観戦経験者が多くなっている。 欧米 2014年の日本財団パラリンピック研究会の調査では、アメリカ、ドイツ、オーストラリアでは、いずれのメディアでもパラリンピックに接したことのない人が多かったが、若年層ではインターネットや新聞でパラリンピックに接したことがある割合が高かった。 日本 日本では、長らく、障害者スポーツは一般になじみがなく、社会参加やリハビリテーションの観点からしか捉えられていなかったため、取り上げられたとしても、新聞ではに掲載され、スポーツ欄に掲載されることはなかった。 当大会も1990年代半ばまでは一般になじみがなく、ほとんどメディアに取り上げられなかった。 では、において男女とも日本人が銀メダルという快挙もあったが、民放テレビや一般紙ではほとんど報道されなかった。 1998年の長野パラリンピックの開催を機に、いくつかの競技がNHKので中継され、が詳細な報道を行った。 またに出場したら、スター選手も現れるようになった。 2000年以降、のプロ選手であるが、年間の四大大会全てで優勝するを成し遂げたり、や、など、のでの日本人の優勝などが一般紙においても「スポーツの結果」として大きく報道されるようになった。 2008年以降、NHKは、オリンピック報道と同じを使用している。 においては、をはじめとしたインターネットのサイトにおいてもスポーツとしての特設サイトが設置され、リアルタイムで結果が掲載された。 2013年9月に、の開催が決定したことで、「パラリンピック」という言葉が完全に市民権を得た。 また、この招致活動においてブエノスアイレスで行われたIOC総会の最終プレゼンテーションでスピーチを行ったのスプリンターにも注目が集まり、彼女が2014年のソチパラリンピックの走者を務めたことが大きく報じられた。 2014年のソチパラリンピックでは、NHKが初めて地上波で開会式を中継することが発表された。 (配信元はParalympicSportTV)でも開会式をライブ配信を行った。 では、次回のの開催を念頭に置き、これまで以上に放送体裁を強化し、現地のナイトセッションで行われる注目競技を・で生中継を中心に放送 するほか、総合テレビでは連日22時台を中心に「パラリンピックタイム」、では20時台を中心に「みんなで応援! リオパラリンピック」と題して競技のダイジェスト中継を実施した。 特にEテレのそれは、「ユニバーサル放送」と称して、競技の実況に、聴覚・言語障碍者向けにワイプ画面による通訳と、視覚障碍者向けにも(ステレオ2。 総合テレビの「パラリンピックタイム」、一部競技中継も同)を交えながら、障害者にも楽しめるような内容を提供している。 切手 西ドイツ発行のパラリンピック切手 これまで多くの国々から発行され、障害者スポーツへの社会の理解と認識を深めるための周知活動の一翼を担っている。 初のパラリンピック切手は、1964年にから発行された東京パラリンピックのである。 日本から発行された初のパラリンピック切手は、1998年2月に発行された長野パラリンピックのもので、アイススレッジホッケー(パラアイスホッケー)が描かれている。 ちなみに、2002年8月にはの記念切手が発行されている。 では、イギリスは自国のパラリンピックチームが金メダル獲得すると、24時間以内に記念切手を発行するという企画を実施した。 日本でもでは自国から金メダル獲得選手が出た場合には翌日に記念を発行するという企画を行っている。 運営上の特徴 より、オリンピックと同一の開催地になってからパラリンピックへの注目が増し、障害者スポーツの認知度が向上したことにより、問題も発生し始めた。 その主な原因はオリンピックと同様にメダルを取れるかどうかで注目度が全く違うため、いわゆる勝利至上主義的な姿勢が指摘されている。 ドーピング 検査はソウル大会から実施され、オリンピックと同様、厳格に実施されているが、選手が常用する医薬品に禁止物質が含まれている場合、禁止物質を含まない医薬品を処方してもらうか、治療目的使用に係る除外措置(TUE) をに申請するなどの対応が必要となる。 ブースティング ブースティングとは意図的に引き起こされた のことで、ドーピング禁止行為には含まれてはいないが、IPCハンドブックなどにより禁止行為とされている。 精神的・心理的興奮を促し競技能力が高まることがあるとされるが、を引き起こす可能性があるなど命に係わる危険行為である。 機具 やなどの機具を使う競技において、最先端の機具はや、、などを駆使し、選手の体格に合わせたオーダーメイドで製作され、軽くフィットするようになっている。 これらの機具は数十万円から百万円以上と高額になるが、このような機具を買えるのは経済的に豊かな(もしくはスポンサードを受けている)選手のみであり、結果的によりもの選手が有利になってしまいがちである。 日本では、生活用義足にが適用されるが、スポーツ用は一切適用されず、個人で全額を負担しなければならないため、金銭的理由で出場を諦める選手も出ている。 以降、 () による・などの無料修理工場が整備され、などが少なく、費用も高い開発途上国の選手にとって、これらのサービスが無料利用できる事は、大会への参加動機にもなっている。 障害の偽装 の男子クラスのチームにを装ったがいたことが発覚し、のから知的障害者クラス を実施しないことになった。 これは、IPC加盟団体であるINAS-FIDが、の選手資格の基準を再度明らかにし、各国の国内パラリンピック委員会(NPC)とも調整を行わなければ、復帰は難しいという状況を明らかにしたからであり、これから先の大会で実施するかどうかは、その都度、各国NPCの競技運営のモラル次第という厳しい結果となった。 その後、2012年開催のでは、知的障害者クラスに関し、「障害認定の厳格化等の条件を満たした」とIPCから承認を受けたいくつかの競技・種目が再び実施された。 IPCは、ロンドン大会では医師の証明書や実技試験を課す国際基準を作成したが、実効性には疑問の声がある。 商業化 観客が増え、ロンドン大会では史上最多270万枚のチケットが売れ、約4,500万ポンド(約56億円)の売上を記録。 と異なり、会場広告が許されている。 の選手は数多くのCMで巨万の富を得ている。 一方でオリンピックに比べ強化費が少なかったり、助成金やスポンサーが集まらない選手も多い。 また、競技に参加どころか生きること自体が難しい国もある。 報奨金 各国がで障害者スポーツ振興を図っているが、日本でもJPSAが実施し、以降の金メダリストに100万円、銀メダリストに70万円、銅メダリストに50万円が贈られた。 のちに増額され、以降の金メダリストに150万円、銀メダリストに100万円、銅メダリストに70万円となった。 将来的にはの報奨金と同額 とすることを目標にしているが、財源確保のための協賛企業の確保をいかにしておこなうか、そのためには大会自体のブランド価値を高めるという課題が残る。 選手 時代により選手層の変化が指摘されている。 元兵士の選手 以降はアメリカと同盟国の軍事行動により、身体に障害を負った傷痍軍人が増え、原点回帰ともいえる状況となっている。 兵士は障害者となる前からトレーニングを積んでいるため基礎的な身体能力が高く、障害を負ってからスポーツを始めた者より優位との見方もある。 脚注 注釈• 参加国はイギリスとの2カ国。 この大会で実現した「全ての身体障害者の大会」も定着せず、この後も国際大会は車椅子競技者のための国際ストーク・マンデビル競技大会のみが行われた。 IOCはオリンピックとは全く無関係な大会にオリンピック類似の名称を使うことに対し、永らく難色を示していた。 夏季大会は、冬季大会はから参加が認められたが、のにおいて、出場した健常者選手による知的障害者偽装が発覚したことを契機に、知的障害者選手はしばらく参加出来ず、参加復活は夏季大会に関してはからであった。 冬季大会に関しては、最短でもまで待つこととなる。 夏季大会では2004年のアテネパラリンピックから開会式を生中継している。 重度の脊髄損傷障害者に見られる症状で、急激に発症する高血圧と頭痛などが特徴。 パラリンピックのワールドワイドパートナーの1社である。 知的障害者の競技は、IPC加盟団体のひとつである国際知的障害者スポーツ連盟(以下INAS-FID)によるワールドカップが競技ごとに開催されているほか、日本国内の大会では知的障害者クラスも一緒に大会が行われている。 この他、INAS-FIDとは別に、知的・発達障害者の競技大会としてスペシャルオリンピックスが実施されている。 金メダリストが300万円 リオデジャネイロオリンピックからは500万円 、銀メダリスト200万円、銅メダリスト100万円 出典• 石井尚 2013年9月6日. 2013年9月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年9月13日閲覧。 2013年9月10日. 2013年9月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年9月13日閲覧。 人民中国 2008年1月29日. 2012年9月25日閲覧。 厚生労働省. 2012年9月27日閲覧。 公益財団法人日本障害者スポーツ協会. 2012年9月27日閲覧。 厚生労働省. 2012年9月27日閲覧。 公益財団法人日本障害者スポーツ協会. 2012年9月27日閲覧。 朝刊 サンデー版 世界と日本大図解シリーズNO1134• 2014年8月7日朝刊22面• www. mext. 2018年6月9日閲覧。 日本財団パラリンピック研究会. 2017年12月15日閲覧。 colnect. com. 2012年9月25日閲覧。 日本郵便. 2012年9月25日閲覧。 日本郵便. 2012年9月25日閲覧。 livedoorニュース 2012年8月30日. 2012年9月25日閲覧。 2016年9月13日閲覧。 公益財団法人日本アンチドーピング機構• 2016年11月29日22時25分(放送)NHK総合テレビ「修理工場は眠らない パラリンピックを支えた職人たち」• 2014年5月21日 中日新聞朝刊 関連項目• 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連の辞書項目があります。

次の

日本知的障害者スポーツ連盟

パラリンピック 知 的 障害

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京パラリンピックは1年延期、来年、2021年の8月24日に開幕することが決まりました。 今年8月に心も体も最高のコンディションにもっていくために、あるいは3月から6月にかけて行われるはずだった代表内定がかかるレースで少しでもよい記録を出すために、努力を続けてきた選手のみなさんをずっと取材させていただいてきたので、この決定には何とも言えない複雑な思いがありますが、今は一刻も早く事態が収束することを祈るばかりです。 この延期を受け、ドイツと日本の選手から届いたコメントをご紹介します。 東京大会では大腿義足初の7m台が期待されています。 2019年の世界選手権では、、100mで銀を獲得しました。 パラリンピックが延期となり、今年開催されないことを本当に残念に思っています。 とはいえ、大会を延期するという決定は、唯一の正しい解決策でもあります。 2019年の世界選手権では、・ともに金メダルを獲得しました。 400mでは45秒台という驚異の記録をもっています。 東京大会では、2012年ロンドン大会でオリンピックにも出場した、オスカー・ピストリウスの記録を抜くのではないかと期待されています。 年配の隣人のために買物をしていた時に延期のことを知りました。 アスリートとしては身を切られる思いではありますが、大会が延期されるだけのことです。 世界で最も知られているブレードジャンパー、レーム選手。 走り幅跳びでオリンピアンを超える8m48という記録をもっています。 東京大会への目標を聞くと「砂場を小さく見せる」跳躍をしたいと意気込んでいました。 宙ぶらりんの状況が終わり、結論がでたことを嬉しく思っています。 健康第一です。 ハードルに足を引っかけたことで、右ひざの神経が引き裂かれ、パラ陸上の世界に入りました。 2019年の世界選手権では100m、200mともに金メダルを獲得し、波に乗っている選手です。 パラリンピックは残念ながら1年延期されることになりましたが、全世界がこの状況では絶対にそうすべきです。 北京大会で金メダル2個、ロンドン大会で銀メダル3個を獲得しました。 一度引退するも、東京を目指して復帰し、2019年の世界選手権で、、を獲得し代表内定。 東京大会への切符を手にしました。 1年5か月あるという事ですから、正確な計画を立て進めていきたいと思っています。 きっちり1年の延期という事ですから、身体の作り方が比較的スムーズなのかなと思います。 とりあえず一旦ゼロに戻すのが少々不安ですが、積み重ねていきます 伊藤選手は、多発性硬化症という基礎疾患があり、新型コロナウィルスに感染した場合、重症化のリスクが高いため、病院に行く以外は自宅から出ずに、室内でトレーニングを続けています。 高校総体にも出場したことがある実力の持ち主ですが、骨肉腫を発症し、左肩が人工関節になりました。 では、東京大会の内定が4位以内という条件の中、あと一歩という5位入賞を果たしました。 現在は、午前中はトレーニング、それ以外は外出を自粛しているとのこと。 石田選手は卒業した高校の陸上部の監督から今も指導を受けているのですが、高校は休校・部活停止のため、いまは行けていないのだそうです。 ことし開催されることを非常に楽しみにしていたことではありますが、やはり今は選手を含め、全世界の人々の安全を第一に考えるべき時期だと思うので、1年の延期が望ましいことだと思いました。 また、自身のモチベーションとしては、この1年という期間を使って、トレーニングの強化を高めて世界記録を狙いに行くチャンスと思っています。 復帰して約1年ではありますが、やはりまだ高校時代の自己ベストにも辿り着けていませんし、まだまだこれからがタイムを伸ばす勝負だと思っています。 モチベーションはそのままで、今後もトレーニングを続けて行きます このほかにも、 「パラリンピックについて知ってもらう時間が増えたと思って頑張る」 「あと1年切り替えてやるしかない」というような前向きにとらえようとされている選手や関係者の方の声を多数お寄せいただきました。 一方で、知的障害の選手のコーチにお聞きすると、 「そもそもあと1年延期になったこと」を理解してもらえるのか、理解したとして、あと1年以上頑張れるかどうかなど、知的障害の選手に特有の不安を感じていらっしゃいました。 「新型コロナウイルスの感染によって重症化するリスクが高くなる」、ということだけではなく、いろんな難しさがあり、これもまた多様なのだということを、改めて感じました。 これからも取材していきたいと思います。 【関連記事】.

次の