アウター ワールド ストーリー。 アウター•ワールド(THE OUTER WORLDS)まだプレイしていない人へ!ちょっと紹介。面白い!でも疲れる!?【PS4/レビュー】

【オススメPCゲームレビュー】『アウター・ワールド』の世界でどう生きるかはプレイヤー次第! 行動1つで世界が変わるインタラクティブ・アクションRPG

アウター ワールド ストーリー

本稿ではゲームシステムについて解説を交えながら、『アウター・ワールド』が秘める魅力についてお伝えする。 ストーリー:70年の眠りから起床 そして冒険へ 時は現代から遙か未来。 人類が宇宙進出を果たしたことで、未開の惑星へ移住を募る移民船が出発したシーンからゲームがスタートする。 目的地は幾つかの惑星からなるコロニー「ハルシオン」。 というわけではなく、主人公が乗り込んだ船はあっけなく座礁。 宇宙という暗闇の中、行く先も定まらないまま漂流してしまう。 主人公たち移民はコールドスリープ処理が施されているため、自発的に目を覚ますことはなかった。 それから幾重もの月日が流れた70年後、一人の男が主人公のポッドを荒々しく開ける。 彼の名は「フィニアス・ウェルズ」。 たった一人で宇宙船に侵入してきた彼の目的は、未だホープ号で眠りこけている残りの移民を目覚めさせて植民を成功させること。 そして、発展と引き換えに資本主義の闇に飲まれたハルシオンを正すことである。 かくして主人公は権力者から身柄を狙われているフィニアスの代わりとして、また70年越しに自らの使命を見つけ出すため、ハルシオンを探索することになった。 基本的なゲームの流れはオープンワールド式のフィールドを駆け回り、各地で発生するメインクエストやサブクエストを達成して物語の謎に迫っていく……というもの。 冒頭のイベントシーンからクローズアップされている通り、主人公が縁もゆかりも無い70年後の世界で目覚めた点、文明の発達によってディストピアへと変わり果てたハルシオンをアレコレと探索することになる。 どこにも所属していないからこそ(表向きはフィニアスの協力者だが)、何をするのも基本的に自由な本作。 詳しくは後述するが、その自由度の高さが伺える仕組みもストーリーに上手く組み込まれている。 システム:プレイヤーの選択によって変容する世界と人々 主人公が最初に降り立つのは、どこか地球によく似た惑星「テラ2」。 本作の概要を掴むうえでチュートリアル的側面を持つ場所だ。 しかし歓迎の空気ではなく、どこか不穏な瘴気によって包まれているのもまた事実。 その証左とばかりに、案内人を務めるはずだったキャラクターが主人公を乗せた着陸ポッドの下敷きになって死んでしまう(イベントシーンなのでプレイヤーに責任はない)。 知らないう土地で一人きりになってしまった主人公だが、心配せずとも着陸した場所から少し探索を続ければNPCと簡単に遭遇できる。 そう、表示された選択肢を選んでその後の展開を決める「会話システム」である。 プレイヤーがNPCに話しかけると、大抵の場合は数個の選択肢を提示される。 相槌を打ちながら話を深堀りしたり、逆に会話の流れを遮って話題を変えたり、中にはブラックジョークを言い放って場を凍らせたりと、その種類は実にバラエティ豊か。 テキストの口調もユニークで、序盤の孤独感を和らげるのに役立ってくれる。 ゲーム中に取った数々の行動が折り重なっていき、最終的にはエンディングにいたるまでの道筋をも変える、まさにインタラクティブな仕様である。 単刀直入に述べると、プレイヤーが何気なく選んだ回答次第でハルシオンの情勢がガラッと変化する。 単にNPCから情報を受取るだけでなく、こちらの意思がNPCや世界の命運を大きく揺るがすという相互関係が全面に押し出されている。 具体例を上げるなら、テラ2でプレイヤーが最初に訪れるであろう「エッジウォーター」での出来事が分かりやすいかもしれない。 この居住区では腐敗した資本主義の影響を受けてか、支配者と被支配者の対立構造が深刻化。 現地を統率する企業「スペーサーズ・チョイス」と、そんな企業のコントロールから抜け出し、街の外で自給自足するコミュニティ(略奪者)との間で静かな戦争が起きている。 宇宙船を修理するために立ち寄ったプレイヤーは、企業側の人間から「略奪者が住む地域の電力源に細工を施し、エッジウォーターに電力を送ってくれないか」と頼まれる。 いわばストーリー進行に係るメインクエストなのだが、振る舞いに応じて企業と友好関係を結ぶか、それとも企業から追われる立場になるかが決まる大事なシーンだ。 とはいえ彼らも複雑な事情を抱えているので、企業と略奪者のどちらが悪いのか、ハッキリと白黒つけるのは難しい。 ちなみに、どちらに味方するかは完全にプレイヤー次第。 最序盤から遊ぶ人間の意思が存分に反映されるストーリーとなっており、会話を軸に没入感の高いゲームプレイが楽しめる。 バトル:ゲームプレイを邪魔しないシンプルな戦闘 宇宙船の中で70年も眠っていた主人公だが、どうやら戦闘面では特に苦労することなく動ける様子。 本作の戦闘は一人称視点で行われ、あらかじめ装備したハンドガンやアサルトライフルなどを使って敵に攻撃する。 近接武器での接近戦も可能だが、戦闘周りのプレイフィールは極めてオーソドックス。 ヒット&アウェイを心がければ、多少ザコ敵に囲まれていてもゲームオーバーになる危険は少ない。 かと言って面白みに欠けるというよりは、「良い意味でストーリーの進行を邪魔しないシンプルな戦闘」が味わえる。 その中で特筆すべき点を挙げるなら「タクティカル・タイム・ディレーション」(TTD)がピッタリだろう。 これはコールドスリープによって主人公に備わった特性で、専用ゲージの消費と引き換えに時間の流れがスローモーションになるアシストシステム。 時がゆったりと流れるTTD中は落ち着いてエイムを合わせられるので、仮に照準操作が苦手でも戦闘をスムーズにこなせるはず。 また、プレイヤーの戦闘を助ける「」も心強い存在。 作中で登場する6体のNPCはコンパニオンとして、惑星間を股にかけた冒険に連れていくことができる。 単に戦闘で加勢してくれるばかりか、会話シーンでは自分の考えや信条に基づいてハッキリと意見を述べる。 人間(1体はロボット)としての体温を感じられる以上に、ストーリーを進める上でプレイヤー自身の意思にも色々な影響を与えてくれるだろう。 キャラクター:なりたい自分を目指せる自由なキャラ育成 最後に抑えておきたいのがキャラクター育成について。 自由度を高める要因は何も会話システムだけではない。 成長に従って覚える特殊技能やスキルでも、充分に幅広いキャラクターを作り上げることが可能だ。 本作で振り分けられるスキルは戦闘や隠密行動、弁論術に関わるものなど、あらゆるカテゴリーが存在する。 スキルポイントに限りはあるが、各種スキルを伸ばすことで個性がどんどん際立ってくる。 範囲攻撃スキルを上げれば一流のガンマンに。 近接スキルを育てればハルシオン最強の豪腕にだってなれる。 筆者の場合、会話が主体となることで早々に会話スキルをアップグレード。 おかげで口喧嘩で負けることはない反面、接近戦での殴り合いにやや不安が残る体質となった。 しかし後悔は全くしていない。 むしろ様々なスキルに振り分けられる奥深さゆえ、それだけキャラクター育成に多様性がもたらされたからだ。 多様性をもたらす育成要素としては、自分の弱みを受け入れて強みに変える「フローシステム」も興味深い。 特定の行動(同じ敵や同じ仕掛けからダメージを受ける等)を繰り返し経験すると、その結果を欠点に変えるか否かの旨を問われる。 ここで欠点を受け入れた場合、特定の行動に対して弱体化ステータスが付与される一方で新たな技能が得られる。 このフローシステムに強制力はないものの、「弱点を認識して受け入れる」という生き物らしい営みをゲーム内に組み込んだ点は評価に値するのではないだろうか。 宇宙を舞台に繰り広げられるアクションRPG『アウター・ワールド』。 本文中で宣言した通り、SFテイストが好きで何より能動的に物語の世界へ踏み込める意思があるなら、本作は良質なシングルプレイ専用タイトルとなるだろう。 興味のある方は一度チェックしてみてはいかがだろうか。 Obsidian Entertainment and the Obsidian Entertainment logo are trademarks or registered trademarks of Obsidian Entertainment, Inc. and The Outer Worlds logos are trademarks or registered trademarks of Obsidian Entertainment, Inc. Private Division and the Private Division logo are trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. All rights reserved.

次の

『アウター・ワールド』本日発売! 銀河の最果てで展開される自分だけの冒険を楽しもう!

アウター ワールド ストーリー

発売日一覧• DOS 1991年 1992年 APII 1992年 SFC 1992111992年11月 199211271992年11月27日 199305271993年5月27日 MD 1993031993年3月 1993041993年4月 Mac 1993年 3DO 1994年 199410211994年10月21日 Win 3. x 1995年 SYM 200507012005年7月1日 Win 200604142006年4月14日 iOS 201109222011年9月22日 Android 2012032012年3月 AJ 2013122013年12月 3DS,Wii U 201406192014年6月19日 201501212015年1月21日 PS3,PS4,PS Vita,XB1 201406242014年6月24日 201406252014年6月25日 NSW 201807092018年7月9日 201807122018年7月12日 対象年齢 : 12 : : B コンテンツ アイコン Violence, Blood セクシャル、暴力 『 アウターワールド』 Outer World は、にのから発売されたおよび用。 北米ではから発売された。 実験中に落雷事故が発生し、異世界に飛ばされた主人公レスター・ナイト・チェイキンがさまざまな危機を乗り越えて行くSFファンタジー。 テキストによる解説は無く、ステージ構成や背景演出のみを頼りにゲームを進行していく事を特徴としている。 オリジナルはの、デルフィン・ソフトウェア(Delphine Software International)所属のゲームデザイナー、 ()によって用に開発され、後に数々の機種に移植された。 タイトルは北米では『 Out of This World』、欧州では『 Another World』として発売され、その後日本国内では用ソフトとしてから『 アウターワールド』のタイトルで発売された。 スーパーファミコン版はゲーム誌『』の「」にてシルバー殿堂を獲得した。 概要 [ ] 当時はまだ珍しかったによる表現とSF映画の様な荒唐無稽な展開で、明瞭な言語として聞き取れる台詞は一切無く、ポリゴン描画による映像と場面によって挿入される音楽演出で全てを表現する。。 テキストやヒントを廃し、ステージの構成や背景演出を観察しつつ解決法を探る。 自動的に進行する場面展開に合わせてタイミング良くボタンを押すことで進む演出もある。 日本国内および欧州においては版と版のみが発売された。 PCでは正式な国内リリースはない。 2Dポリゴングラフィックは、座標変換済み頂点設定を使用した頂点フォーマット2Dポリゴンを、リアルタイムで演算し描写させると言う手法である。 ゲーム開始時にすぐに脱出しないと数秒でゲームオーバーになる仕掛けに放り込まれる、主人公の体力ゲージや装備したアイテムのアイコンなどのゲームメカニクスの表示が全くない 、主人公が弱く銃撃戦などのアクションが難しいことなどから、難易度は非常に高い。 ストーリー [ ] 科学者のレスター・ナイト・チェイキンは、度重なる嵐の影響で延期されていた粒子加速実験を天候の悪い中強行する。 延期中に確認しておいた訂正すべき場所をコンピュータに打ち直し、あとは実験の結果を待つだけだった。 しかし、その最中雷が研究所を直撃。 そして、レスターはそれによって引き起こされた光と爆発に巻き込まれた。 直後、レスターはその場所から消え去った。 その後、フランスのある研究所から彼が記したと思われる1冊の日記が見つかった。 登場人物 [ ] レスター・ナイト・チェイキン フランス出身の科学者、専攻の教授。 粒子加速実験の最中に事故に巻き込まれ、異世界に飛ばされる。 モンスターに追われ、異世界の人間に捕らえられた後、同じ檻の中にいた友好的な異世界の人間と共に施設からの脱出を図る。 レスターと行動を共にする異世界の住人 名称不明(ヤマシタと呼ぶとする文献もある )。 レスターと檻から脱出して以降も、彼の行動を所々で助ける相棒。 次作『ハート・オブ・ジ・エイリアン』によると、元々は本作の舞台となる巨大構造物の近くにあった集落のリーダーであったが、巨大構造物から送り込まれた別の種族(目とベルトが赤いので区別できる)によって集落を荒らされ、自らも網で捕獲されて檻に入れられていた。 異世界の住人達 同じ種族でありながら、装飾の無い住人を監禁していたりのような扱いをしていたりと、本世界観が下のような印象があるも、テキスト等での説明は省かれている為に詳細は不明。 主に赤いライン模様の装飾で判別できる。 ヘルメットを被った兵隊タイプ、全身をフードで覆ったタイプ(デモで登場)等がおり、女性型も背景にて登場する。 黒い獣のような動物が多々登場するが、続編の『ハート・オブ・ジ・エイリアン』で大人しいタイプも登場することから、本世界においてやのような一般的な存在であると推測される。 その他に巨大ヒル、壁や天井に巣くう肉食植物やのような生命体も存在する。 他機種版 [ ] No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考 Ref. よりに発売。 任天堂の規定によりAmiga版と若干変更されている部分がある。 3DO版• よりに発売。 ニンテンドー3DS、Wii U版• 3DSとWii Uは、それぞれ「20th Anniversary Edition」としてよりに同時発売。 ダウンロードソフト。 スタッフ [ ]• コンセプト、プログラム、グラフィック: ()• 音楽:ジーン・フランソワ・フレータス• 擬音 SFX :ジーン・フランソワ・フレータス、エリック・シャイ• ゲーム誌『』の「」では、7・9・7・7の合計30点(満40点)でシルバー殿堂を獲得 、レビュアーからは「ゲームそのものはたいしたことないけど、その一部がインパクトある」、「ポリゴンでの表現がスゴイ。 解法を知らないとお話にならんあたりもマニア心をくすぐります」と肯定的に評価された。 ゲーム誌『』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19. 60点(満30点)となっている。 この得点はスーパーファミコン全ソフトの中で221位(323本中、1993年時点)となっている。 また、同雑誌1993年8月情報号特別付録の「スーパーファミコンオールカタログ'93」では、「ポリゴンを使った画面処理が、一風変わった雰囲気をかもしだしているゲーム」と紹介し、アクションゲームではあるがクリアするための手順を探すアドベンチャーゲームの要素が強いと指摘した上で「一つのミスが死につながるという緊張感がたまらない」と称賛した。 項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合 得点 2. 95 3. 25 3. 00 3. 35 3. 15 3. 90 19. 国内であるやも『大好きなゲーム』として本作を挙げ、は『』()において本作の強い影響を受けたという。 p16• ムック)、2016年。 p26-27• 2015年1月15日. 2020年5月6日閲覧。 2018年7月12日. 2020年5月6日閲覧。 緑里孝行(クラフル) 2018年7月12日. 2020年5月6日閲覧。 2018年7月12日. 2020年5月6日閲覧。 Blue Flame Labs. 2017年11月3日閲覧。 Computer and Video Games 150: 99. May 1994. Blue Flame Labs. 2017年11月3日閲覧。 Blue Flame Labs. 2017年11月3日閲覧。 Blue Flame Labs. 2017年11月3日閲覧。 2017年11月3日閲覧。 Buchanan, Levi 2008年2月6日. IGN. 2012年10月13日閲覧。 Nintendo Power 41 October 1992• GameRankings. 2012年10月13日閲覧。 GameRankings. 2012年10月13日閲覧。 GameRankings. 2012年10月13日閲覧。 GameRankings. 2012年10月13日閲覧。 GameRankings 2007年2月23日. 2012年10月13日閲覧。 Jackson, Neil February 1992. Amiga Action 29: 82. Whitehead, Daniel April 1992. Amiga Computing 47: 74—75. Price, James May 1993. Amiga Force 5: 12—13. Webb, Trenton February 1992. Amiga Format 31: 62—64. Ramshaw, Mark February 1992. Amiga Power 10: 28—30. Keen, Steve February 1992. CU Amiga: 44—45. Electronic Games, issue 2 November 1992 , pages 64-65• Super Play September 1993• Presley, Paul January 1992. The One for Amiga Games 40: 48—50. Blue Flame Labs. 2017年11月3日閲覧。 Blue Flame Labs. 2017年11月3日閲覧。 Blue Flame Labs. 2017年11月3日閲覧。 奥谷海人「」(2011年3月5日) 関連項目 [ ]• () - 後に同社から発売された作品だが、シナリオや世界観の共有は無い。 外部リンク [ ]• (フランス語) 当時のラフ画等が閲覧できる他、リメイク版のダウンロードができる。 フルバージョンをプレイするには [ ] で7ユーロ支払う必要がある。 (4Gamer. net) GDC 2011におけるエリック・シャイの講演記事。 (ビヨンド・インタラクティブ)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

コンソール版の視野設定や多数の修正を含む「アウター・ワールド」の1.2アップデートが配信、なんとDLCの開発も決定 « doope! 国内外のゲーム情報サイト

アウター ワールド ストーリー

宇宙の辺境を探索しながら、覇権を狙う様々な勢力と出会う中で、プレイヤーが作り上げていくキャラクターがHalcyonに住まうすべての人々の運命を担うことになります。 企業によるコロニー運営の方程式の中で、プレイヤーは想定外の変数となり、物語を導いていくのです。 プレイヤーは、コロニーであるハルシオンの破壊を目論む巨大な陰謀に巻き込まれる主人公を操作しつつ,この世界にどう挑むかの選択をしていきます。 プレイヤーの行動や選択によってゲームの流れは変化していき、各プレイヤーごとに " どのように生きるか"、" どのような人物になるか" を決められる 自由さが与えられるゲームとなっています。 また、Falloutシリーズ同様、キャラクターの能力値によって選択肢が増えたり、 相手をだましたり、脅しをかけたりというようなこともできるようになります。 AIの頭が悪い• 戦闘は単調であまり楽しくない• ゲームプレイ自体は少し時代遅れに感じる• 特に革新的な面は無い• 以上が、『』についての海外メディアの感想となります。 本作で最も高評価を付けられている点は、やはりウリである『 分岐の多さ』でした。 プレイヤーの行動や選択によって物語は大きく変化し、ワールドの各所にもその変化が見られるため、プレイヤーとゲームとの間に 強い相互作用性を感じることが出来ると述べられています。 ストーリーを一度クリアしただけではゲームの表面部分しか見えず、何度もプレイすることで毎回異なる内容になるため、 リプレイ性が強く、コンテンツ量が豊富な点も高評価点として述べられています。 また各ワールドのビジュアルは 非常にカラフルで作り込まれており、SF小説の表紙に入り込んだようだと絶賛するレビュアーもいました。 一方で、本作には 革新的な面はなく、" 従来のFalloutシリーズの焼きまわしのように感じる" と述べるレビュアーもいました。 ゲーム性自体も少し古く感じ、戦闘に至っては単調であまり楽しくないとも述べられています。 しかし、全体的には " 堅実な楽しさのある傑作" と評されており、Fallout系のRPGが好きな方であれば非常に楽しめる作品になっているようです。 カラフルなオープンワールドの惑星を冒険してみたい方は、是非プレイしてみてはいかがでしょうか!• リリース年• 2019年 87• 2020年 69• 対応機種• iOS・Android 10• PC 105• PS4 108• Switch 74• Xbox One 84• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 17• 70点以上 55• 80点以上 65• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 32• VR対応 9• アクション 70• アドベンチャー 42• シミュレーション 7• シューティング 23• ストラテジー・戦略 9• スポーツ 9• その他 20• ホラー 9• レーシング 11• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 76• マルチプレイ対応 74• -, , , , , -, , , , , , , , , , , ,• リリース年• 2019年 87• 2020年 69• 対応機種• iOS・Android 10• PC 105• PS4 108• Switch 74• Xbox One 84• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 17• 70点以上 55• 80点以上 65• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 32• VR対応 9• アクション 70• アドベンチャー 42• シミュレーション 7• シューティング 23• ストラテジー・戦略 9• スポーツ 9• その他 20• ホラー 9• レーシング 11• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 76• マルチプレイ対応 74•

次の