劇団 ひとり。 劇団ひとり、芸人として売れるための戦略論「負け組か、勝ち組か」

劇団ひとり、芸人として売れるための戦略論「負け組か、勝ち組か」

劇団 ひとり

俳優の間宮祥太朗が主演を務めるテレビ朝日系新ドラマ『べしゃり暮らし』 毎週土曜 23:15~24:05 が、26日からスタートする。 このドラマで演出を務めるのは、お笑い芸人の劇団ひとりだ。 『べしゃり暮らし』は間宮演じる高校生・上妻圭右が漫才コンビを結成するストーリーだが、ひとり自身も高校生漫才コンビとして活動していた過去があり、「圭右とダブった部分はあります」と明かす。 そして、圭右のように「お笑い界で売れたい」と野心を抱く人たちに対してのアドバイスも語った。 とにかく海外ドラマを観るのがすごく好きなので、ドラマをやってみたいなとずっと思っていました。 海外ドラマはもう何十年と夜な夜な見ているんですよ。 数えてないですけど、おそらく1,000作品は見ていると思います。 そんな折、テレビ朝日の方とまったく別の話をしているときに、「こんな話があるんだけどどうかな。 実はお笑いの話なんです」と言われて、「僕がやることに意味がある話が来たな」と、即答で快諾しました。 初めてのドラマなので、他のドラマはどうなのか分かりませんが、かなり臨機応変にやらなくちゃいけないと感じました。 時間的、金銭的な制約も含めて、現場現場でやらなくちゃいけないことが多かったですね。 映画の場合は、クランクインする前に大方見えているといいますか、お芝居やカット割りも全部決まっているし、全体像がかなり細部まで見えた状態で撮影するので。 なので、今回の作品では、現場で役者さん、スタッフさんとよく話し合いました。 本当に一丸になって撮っているなという感じがしますね。 それが今回、1番苦労したところですね。 漫才シーンの説得力というか、「これじゃ客は笑わないだろ」というネタだと、視聴者の方も冷めると思うので。 そういう意味では、ある程度の芸人としてのたたずまいがないと、お客さんを説得できないなと思ったので、役者さんに頑張ってもらいました。 よくテレビドラマの中に出てくるステレオタイプな姿ではなく、もうちょっと地に足のついた、リアリティのあるネタにはできたかなと思います。 いろんな役者さんがすごく一生懸命考えて、汗水流して頑張ってくれたので、ぜひ温かい目で見守ってほしいです。 ひとりさんも、高校生時代から漫才コンビを組んで活動していましたが、かつての自分と劇中の登場人物が重なることはありましたか。 主人公の圭右は"井の中の蛙"で、学校の中ではすごく面白いとされていたけど、お笑いの世界に入って挫折をします。 でもこれは、大半の芸人が経験していることじゃないかなと思います。 僕も中学高校ではみんなから「面白い」と言われた人間ですけど、お笑いの世界に飛び込むと、学校一のひょうきん者が全国から集まっているので、挫折も経験しました。 そういう意味では、圭右とダブった部分はありますね。 どのスタイルでいくか、というのを明確に決めた方がいいですね。 「負け組として売れるのか、勝ち組として売れるのか」。 どちらを目指すのか、まず自分の力量を見定めた方がいいと思います。 ストロングスタイルでいくんだと決めたら、徹底的にネタをどんどん作ってくべきだし、そうではないわき道から入っていくんだというなら、なにか1個、他の誰もが太刀打ちできないすごい特殊な芸や知識を持つべきです。 どうしても特殊なことをやっていると、「もうちょっとまともな方がいいのかな」とやり通せなくて、すごく中途半端になる芸人が多いんですよ。 だから、自分の信じるものがあったら、それをやり通すべきですね。 そのことに関しては誰にも負けないというものを1個持っておくのは、テレビに出ることをひとつの価値観とするんだったら強いと思います。 あれなんて特殊も特殊ですけどね 笑。 いわゆる王道のスタイルでやっていて、「もうお笑いは厳しい、生活できない」って半ばあきらめて、ゴミ清掃員を始めたら再ブレイクするという。 あのルートは、さすがに誰も気がつかなかったと思います 笑。 でもなにかしら1個、強みを持っておくというのは、テレビに出ることがすべてではないですが、テレビに出たいのならば分かりやすいですよね。 番組でこの特集をするから、アイツを呼ぼうってなりますから。 お笑いを始めて何年かすると、みんなぶつかることなんですよね。 自分が面白いと思うことをやるべきか、お客さんが面白いと思うことをやるべきかってすごく悩むんですけど、結論を言えば、両方とらなきゃダメだし、両方とれない芸人は売れないです。 お客さんにウケることだけを考えてやって、ライブではすごい人気あるコンビもいっぱいいたんですけど、全員消えていきました。 お客さんに迎合して、自分がないんですよね。 かといって、「俺はこれが面白いんだ」って突き進んでいる人はアングラで、続けていても売れはしないんですよ 笑。 テレビに出てお金を稼ぐということを成功とするならば、やっぱり両方できないとダメです。 自分が面白いと思っていることが世間と合わないということは、ほぼないので、どうやってお客さんに面白いと気づかせるかが芸人の力量です。 例えば、 ビート たけしさんや松本 人志 さんは、それまでみんなが気づいていなかったところに、「これが面白いんだ」と笑い方を教えて、お客さんを育てた部分があると思いますね。

次の

劇団ひとりに学ぶ「天才の仕事術」

劇団 ひとり

この記事に書いてあること• 大沢あかねと劇団ひとりのフライデー舞台裏!修学旅行中の中学生にリークされた 幸せそうな二人ですが、二人の関係はまだお付き合いの前に フライデーでバレてしまいます。 2ショット写真が撮られたのは、千葉県にあるマザー牧場。 付き合うか付き合わないかの頃、デートで出かけた時だったという。 大沢は一人暮らしを始めたばかりで、 所属事務所の社長から「恋愛は禁止。 仕事に目を向けて。 親から預かってる以上は、きちっとしてほしい」 と言われていたが、ひとりのことを好きになっていたため、2人で出かけることに。 劇団ひとりらしい初々しい感じが伝わってきますね。 しかも某アイドルとは違い、特に大沢あかねが誰かと付き合っていてもファンを裏切ったとは思えない気がします。 出かけたマザー牧場には、修学旅行生がたくさんいたという。 ウサギ小屋でこっそり見ていたひとりと大沢。 そのうち、 修学旅行中の中学生のひとりが「あれ劇団ひとりじゃね?」といい始め、30人近くに囲まれインスタントカメラで写真を撮られてしまったという。 最近の中学生は凄いですね。 怖いもの知らずというか、うさぎ小屋でこっそりしていたのに見つかった事には同情します。 これも有名税と思い我慢するしかないのでしょうか。 「違います、違います」と懸命に否定をしたが、「 『お前ら絶対、週刊誌に売るからな』とって言って逃げていったんですよ」と当時の様子を明かした。 「中学生だし、そんなことしないよね。 可愛いもんだよね」と楽観視していたが、 「本当に翌週の週刊誌にその写真が載っていて」と説明すると、MCの坂上忍(50)も「えーーーっ」と驚き。 将来有望だね」と二人で話していたという。 坂上が「子どものリークだったの?」と改めて驚くと、「どっかを経由して出たんでしょうね」と当時を振り返った。 ホントにすごい中学生ですね。 しかも翌週とはやる事が早すぎます。 どうせ子供だしと思う事も理解できますが、まさか実行されるとは、まさに末恐ろしい感じがします。 でもなんだか二人の暖かさが伝わってくる、言い方を変えればお二人らしい世間への知られ方のように思えます。 「主人はある先輩が言っていたことを思い出した、と。 やっぱり記者さんには丁寧に、誠実に対応した方がいいと。 そうしようと思って、 近所のスーパーで缶コーヒーとサンドウィッチを買って。 フライデーの記者さんに『ちょっと公園で話しませんか』と言って」と、当時のひとりの対応を明かした大沢。 「 ゼロから百まで話したらしいんですよ。 2時間位ですかね。 そしたら最終的に記者さんも飽きてきて、聞くことがなくなってきて」とし、週刊誌側も「すごくいい記事にしてくださって」と、よい結果となったとした。 なんだか本当にいい人ですね、 劇団ひとりの人柄がすごくわかるお話しです。 しかもこのお話を奥様の大沢あかねがしていると思うと二人の仲の良さが伝わってきます。 週刊誌を最後に褒める芸能人を聞いた覚えがありませんよね。 坂上も、大沢が語ったひとりの対応に「絶対正しいと思います」と同意。 「名言出ましたね」と坂上も納得していた。 まさにその通りです。 人は鏡ですから、冷たくしたらそのように書かれてしまいますし、変に気を遣えばいやらしい記事になることでしょう。 真実を時間をかけてゆっくりと話したことがまさに正解だったと思います。 このフライデーがきっかけで交際の話になりました。 そのため、劇団ひとりはその中学生に感謝しています。 なにせ、その中学生に幸せを1番伝えたいとまで言うぐらいですから。 恨むどころか感謝するなんて、やましい事が無いから出来ることなのでしょうね。 芸能人が必死に隠している姿をテレビでよく見ますが、あれはやましい事だらけだからでしょう。 そんなイメージがある中で二人の行動は賛否に値します。 大沢あかねと劇団ひとり、キス我慢選手権について妻あかね「絶対ウケてね」 これは深イイ話でチュートリアルの徳井が語った有名なお話しです。 徳井は、過去にひとりが、キスを迫られて我慢できるかという「某番組の名物企画」に出演していたときのエピソードだと紹介。 これは、ひとりが「ゴッドタン」(テレビ東京系)で、 セクシー女優のみひろやかすみ果穂からキスを迫られ、我慢するという「キス我慢選手権」のことだと思われる。 お笑い芸人はホントに大変ですね。 なんでもネタにしなければいけないのですから、特に劇団ひとりにはキスのイメージがあまりしないですから、大変な仕事だったことが分かります。 当時、大沢と結婚したばかりだったというひとりは「キス我慢選手権」への出演について、相当悩んだのだとか。 しかし、意を決したひとりは、仕事に行く直前に大沢に「もしかしたらキスしてしまうかも…」と、打ち明けたという。 すると、 大沢は「いいよ、キスして。 そのかわり、絶対ウケてね」とひとりに声をかけたのだそう。 このエピソードに、スタジオの共演者からは拍手が起こった。 芸人の嫁として素晴らしい対応だと思えます。 しかも劇団ひとりも隠すことなくしっかりと伝えている。 徳井が深イイ話として紹介することもうなずけるお話しですね。 実に羨ましいお二人です。 しかし、ひとりは「これはいい、この瞬間はカッコいいんですよ!できた嫁って感じがするんですけど」 「実際にその夜(大沢に)『いや~キスしてさあ、ウケたんだよ!』って言ったら 『あ、本当にキスしたんだ!あっそ!へえ~』って!」と大沢が激怒したことを暴露して、笑いを誘った。 オチまでちゃんとあるのが流石は芸人の嫁です。 この一連の流れで劇団ひとりは2回笑いを取れているのです。 キス我慢選手権の時と、深イイ話の2回も。 旦那さん仕事を理解している実にいい夫婦と思えますね。 大沢あかねと劇団ひとりのなれそめ それでは二人のなれそめについてです。 人の馴れ初めは、 ガレッジセール川田広樹によって開かれたもつ鍋会で、大沢あかねが劇団ひとりに惹かれ、デートに誘ったことでした。 大沢あかねは、劇団ひとりの「真摯な姿勢」に、一方の劇団ひとりは、大沢あかねの「一緒にいて楽しい」ところに惹かれ、 付き合うときにはすでに結婚を考えていたと言います。 一緒にいて楽しいという言葉は女性が言われたい言葉です。 付き合うときに結婚まで考えていたのが男らしいと好感がもてますね。 大沢あかねさんが劇団ひとりをデートに誘った動機はもつ鍋会中に劇団ひとりに大沢あかねさんが惹かれていき劇団ひとりさんが他の女性とデートするのが嫌だと大沢あかねさんは感じたようです。 とても情熱的ですね。 そしてマザー牧場で中学生に写真を撮られてしまうのです。 でもこの話を聞くと遅かれ早かれ結婚していたと分かるので、中学生に感謝した劇団ひとりが理解できますね。 大沢あかねと劇団ひとりの子供 お二人には現在、子供が二人いるそうです。 一人目の時のエピソードがこちらです。 妊娠発表した際は「お陰さまで 劇団ふたりを旗揚げして一年が経ち、ついに我が劇団に待望であった子役が仲間入りしそうです」と明かし、9月8日に長女・千花ちゃん(5)が誕生した。 コメントがやはりうまいです!実に芸人らしい説明の仕方です。 二人目のエピソードです。 お笑いタレント・劇団ひとり(39)の妻でタレントの大沢あかね(30)が13日、第2子となる2820グラムの男児を出産した。 母子ともに健康で15日、所属事務所とブログを通じて発表した。 二人は「長女の千花(せんか)と力を合わせれば千の花も咲く也という想いから咲也(さくや)と命名しまた」と報告。 「家族4人、新たな気持ちで精進して参りますので、皆様これからも応援宜しくお願い致ます」とコメントを寄せた。 お名前の付け方も優しい家族の雰囲気が伝わってきます。 なにかそっとしておきたい家族の代表のように思えますね。 この家族の嫌なニュースだけは聞きたくありません。

次の

劇団ひとりの本名・出身中学・高校は?大沢あかねとの馴れ初めも

劇団 ひとり

この 存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。 信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2017年7月) 劇団ひとり 本名 川島省吾 生年月日 1977-02-02 (43歳) 出身地 血液型 A型 身長 175cm 言語 日本語 方言 、 芸風 事務所 活動時期 - 他の活動 、、 配偶者 公式サイト 受賞歴 ・2006年 万年筆ベストコーディネート賞 ・2007年 放送賞(バラエティ部門) ・2007年 新人賞 ・新進監督賞 『』 テンプレートを表示 劇団ひとり(げきだんひとり、(昭和52年) - )はの、、、、。 本名、 川島 省吾(かわしま しょうご)。 妻はの。 この節に雑多な内容が羅列されています。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。 ( 2017年7月)• 父親の仕事がの、母親は元だった関係で、小学2年生から5年生まで、に住んでいた。 当時、同じように父親が日本航空のパイロットだったフィギュアスケート選手のが近所に住んでいたため一緒に遊んだことがある。 ただし現在の能力は、日常会話程度であると自認している。 を中学受験したが不合格だった。 千葉市内の公立中学校卒業後、機械科に入学するが1年弱で中退後、定時制普通科卒業。 高校生活は計5年間になる。 高校1年生の1992年に、『』内のコーナー「お笑い甲子園」に、「 バーテックス」というコンビを組んで出場。 その後はに所属しデビュー。 事務所の同期にはがいる。 太田プロに入ってからは、一時代子役として活躍した経歴のある出身の秋永和彦とお笑いコンビ「 」を組み漫才を展開。 2006年1月、小説『陰日向に咲く』で小説家デビューした。 なお同小説は、2008年1月に実写映画化となった。 2008年10月からテレビ朝日系で始まった番組『』でに初挑戦。 この時、名前を川島省吾(劇団ひとり)としていた。 2008年10月25日、フジテレビ系『』でドラマ初主演。 2009年2月17日、大沢あかねと婚姻届を提出。 2009年3月11日に発売されたのアルバム『』に収録される曲「キミマツボク」で作詞家デビュー。 2009年4月16日放送の『』で2度目の100万円獲得を達成(1度目は2006年3月)。 2度100万円を獲得した芸人はとに次いで3組目、ピン芸人では初の快挙となった。 2009年5月30日開催の 2009のMCを務める。 2009年7月12日に行われる東京都議会議員選挙のイメージキャラクターに選ばれる。 2010年3月2日、妻のあかねが妊娠3か月であることが報道された。 2010年5月4日、5日に4年ぶりとなる劇団ひとりライブ Vol. 5を開催した。 2010年9月8日、第一子となる女児が誕生。 2011年8月27日、28日に劇団ひとりライブ Vol. 6を開催。 2011年9月、劇団ひとりプロデュースで声優のとダンスユニットが「福原香織とRAB」としてCDデビューすることが発表された。 2014年5月24日、映画監督デビュー作の『』が公開。 2016年公開の劇場アニメ『』で、監督のと共同で脚本を担当。 アニメの脚本を担当するのは自身初で、においてもお笑いタレントが脚本を務めるのは史上初。 2016年7月13日、第二子となる男児が誕生。 2019年3月5日、第三子となる女児が誕生。 受賞歴 [編集 ]• 2006年 - ザ・ヒットメーカー2006・出版部門• 2006年 - 万年筆ベストコーディネート賞2006• 2007年 - 第44回」放送賞(バラエティ部門)• 2007年 - 新人賞• 2014年 - MEN OF THE YEAR 2014• 2014年 - 第6回・最優秀新進監督賞(『』)• 2016年 - 初代王者 人物 [編集 ] この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年7月) 芸名・呼称 [編集 ] 元々コンビを組んでいたが解散してピン芸人になったので、を真似てネットで芸名公募し「カツカレー」という芸名にしたが事務所から「これじゃ未来が見えない」と却下された。 続いて「波打際立夫(なみうちぎわたちお)」という芸名にしたが、これも同じ理由で却下された。 そのためのに相談したところ「好きな俳優とかいる? 」と聞かれ、が好きと答えると「炉端出二郎(ろばたでにろう)」と付けられた。 これも却下され遂には自分で「劇団ひとり」という芸名を決めた。 「ひとり」、「ひとりさん」と呼ばれることが多いが、からは「劇団」、「ゲゲゾッゾ」(但しこの呼び方はネタ)、や後輩のからは本名の「川島」「川島さん」、『ゴッドタン』で共演するからは「劇ピン」と呼ばれることがある。 本人は「何と呼べばいいですか? 」と聞かれると「『おい』とか『お前』で結構です」と答える。 『』では、「『省吾』って呼ばれたい」、『』では「『劇ピー』って呼んでください」と発言(の愛称である山Pに由来)。 また妻の大沢あかねからは「しょうごタン」と呼ばれているとの事。 趣味・嗜好 [編集 ]• のメンバーと親交があり、シングル「いっしょに帰ろう」のPVに出演している。 日課はに水をやることと、の中学受験用ドリルを解くこと。 中学受験に失敗した過去から、学力をつけていつか落ちた中学の合格ライン以上の点数を取りたいと考えている。 が得意で、6面を42秒で合わせることが出来る。 しかし、2006年7月30日に行われた「ルービックキューブ東京大会2006」に参加したものの133人中68位と予選落ちし、「今日でルービックキューブを置きます」と「引退宣言」を行った。 利用者であることを公言している芸人の一人。 また太田プロが運営する掲示板に「桜子」というハンドルネームで「劇団ひとりっていいよね」と書き込んだことがある。 の大ファンだと公言している。 とのファンであり、みひろ出演のはコンプリートしている という。 が好物で、テレビ出演時に、最後の晩餐に何を食べたいかと問われ「が食べたい」と返答したため、ドミノピザが打診し、広告に出演することに繋がった(CM NOW シーエム・ナウ 2007年 09月号)。 女性アイドルグループ・のファン。 Pretty Girlという曲のを動画サイトで見たのがきっかけで好きになった。 2009年12月7日放送の『』のゲスト出演などをはじめ、様々なテレビ番組などで、大ファンと語っている。 また嵐の宿題くんの放送内で、そのKARAからビデオメッセージが寄せられ、感激していた。 2010年2月7日に行われたKARAの日本初ライブには、わざわざ休暇を取って見に行った。 その際、客席内から韓国メディアの取材に応じていた。 学生時代はの大ファンであり、を意識した髪型にもしていた。 を愛用している。 のラジオ番組『』()のリスナーであり、岩井、澤部などとテレビ番組で共演した際にはリスナーでしか分からない話題をすることが多い。 親族 [編集 ] 両親は勤務(父は現役国際線、母は元)で職場結婚。 次男で兄と妹がいる。 母はミス札幌選出歴があり、現在はにおいてマナー教室を主宰。 川島の母と長年交流があるというの母が語るには「(川島の母は)本当に品格のある方」。 SF作家の川島ゆぞ は伯父にあたる。 大叔父は発明家で再生機のオートリバースの機能を発明したという。 妻は大沢あかね。 一男二女あり。 義祖父(大沢あかねの祖父)はの。 曽祖父は高知市長を歴任した。 士の異母姉・縫と結婚した岩佐番士頭・は先祖に当たる。 その他 [編集 ]• BANDとして((当時はで活動していた。 29)。 の「働クオトコノウタ」は、音楽プロデューサーのと共作ながら作曲を担当。 HMV広島J-POPシングル6週連続1位を獲得した。 2004年にDVD『都会のナポレオン』を発売。 企画・構成・演出を手掛ける。 ライブで行うキャラクターの日常生活をドキュメンタリー番組タッチで紹介。 2006年、第4回単独ライブにて第2弾DVDの発売を発表。 のPV『恋は幻 FOR MUSICIAN』(DVD「」に収録)に出演。 「」8月31日号よりコラム『そのノブは心の扉』の連載を開始。 のシングル「」のPVに出演。 この曲は映画『』の主題歌にもなっている。 のシングル「いっしょに帰ろう」のPVに出演。 芸風 [編集 ] この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年7月) 『劇団ひとり』という芸名にも表れている通り、様々なキャラクターを演じ分ける一人芝居風のコントを行う(『』とも呼ばれる)。 川島省吾を「 座長」とし、川島演じる数々のキャラクターを「 団員」と呼ぶ。 また、誇張の少ない妙に生々しい演技が特徴で、ネタで演じるキャラクターはマニアックな人物が多い。 最近ではその演技力に注目され、俳優としての仕事やイメージが強い。 そのせいかネタを披露することが激減している。 ただし、『』では山岡春樹姿で出演し続けた。 その他、泣き芸が得意。 事務所の先輩で同じく泣き芸を持つからは「泣き芸をやめてくれ」と言われている。 泣き芸には「仕込み」が必要だが、それは常に携帯しているわけではないので、長時間のロケなどの場合は「仕込み」が間に合わず泣くに泣けないこともある。 テレビ番組で川島曰く、それは上島直伝の技である。 地上波のテレビ番組では他の出演者を盛り上げる「 お笑い風」を演じているが、『ゴッドタン』のプロデューサーは、変態的な芸とお茶の間タレントを両方できる川島を評価している。 団員リスト [編集 ]• 尾藤武(に憧れる男性)• つっぱり亭津田沼(ツッパリ落語家)• ウォン・チューレン(中国人 )• 北八先生(北京出身の教師)• 山岡春樹(茨城のヤンキー)• ピーナッツ雷太(昔気質の芸人)• ミラクル羽山(マジシャン)• 川島マネージャー• 城波流夫(演歌歌手)• オマール(歌手)• 滝沢翼(志望の男性)• 満田丹五郎(滝沢翼の本名)• 堀口 進(ハンマー堀口) ほか多数。 作品 [編集 ] 小説 [編集 ]• (2006年1月 /2008年8月 )• (2010年8月 幻冬舎/2013年8月 幻冬舎文庫)• 幸福論と。 (2012年5月 主婦の友社) - の『』の翻案。 写真: エッセイ [編集 ]• そのノブは心の扉(2008年3月 /2010年6月 )• 劇団ひとり カプチーノを飲みながら(2010年12月 )• そのノブはひとりの扉(2012年10月 文藝春秋) 映画 [編集 ]• 陰日向に咲く(2008年)原作• 青天の霹靂(2014年)原作・監督・脚本• (2016年)脚本 出演 [編集 ] バラエティ [編集 ] 現在のレギュラー [編集 ]• (第1期:2005年10月 - 12月、第2期:2007年4月 - 、)• (2013年4月 - 、)• (2016年10月7日 - 、) - MC• (2016年5月10日 - 、) - 編集長• (2019年4月 - 、テレビ朝日)- パネラー• (2019年10月18日 - 、日本テレビ)- MC 準レギュラー(または不定期出演) [編集 ]• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (フジテレビ) 過去のレギュラー、準レギュラー [編集 ]• ()戦績1勝1敗 最高401KB• 「スープレックス」時代も出場しており、このためコンビとピン両方でのオンエア経験を持つ。 2002年9月7日放送回の収録においても出場予定だったが、台風の影響で会場に移動する事が出来なかったため出場を辞退している(このため代役としてIMASOKARIが出場した)。 (日本テレビ)• (テレビ東京)• (フジテレビ) - 北八先生等• (フジテレビ)(2005年1月 - 2006年9月)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• ヤンチャ黙示録(テレビ東京系)• (日本テレビ) - MC• (NHK総合)• (テレビ朝日) - 川島省吾名義• (テレビ朝日)• (テレビ朝日)• (2004年10月5日 - 2009年9月29日、テレビ朝日)• (2009年9月 - 2010年3月、テレビ朝日)• (2009年9月 - 2010年3月、テレビ朝日)• (2006年10月 - 2011年3月、フジテレビ)• (2010年4月 - 2011年12月、テレビ朝日)その後は、不定期特番で放送• (2011年4月 - 2013年3月、日本テレビ)• (2011年10月 - 2011年12月、テレビ東京)• (2011年10月 - 2012年3月、TBS) MC• (2011年10月3日 - 2012年3月26日、テレビ朝日)- MC• (第1期:2011年4月 - 6月、第2期:2011年10月 - 2012年3月、日本テレビ)• (2011年10月 - 2012年3月、TBS)• 』(2012年4月 - 2013年11月、フジテレビOneTwoNext)• (2012年4月 - 9月、テレビ朝日)• (2012年4月 - 2013年2月、日本テレビ)• (2012年4月 - 2013年3月、TBS)• (2012年7月 -9月 テレビ東京系)• (2012年10月 - 2013年8月、日本テレビ)• (2012年10月 - 2013年3月、テレビ朝日)• (2013年4月 - 2013年9月、テレビ朝日)• (2006年10月 - 2014年3月、フジテレビ)• (2014年1月 - 2014年3月、テレビ東京)• (2011年10月 - 2013年3月、テレビ朝日)• (2014年4月 - 9月、フジテレビ)• (2014年10月 - 2015年9月、フジテレビ)• (2015年4月 - 2015年9月、)• (2011年10月 - 2016年3月、日本テレビ)- 準レギュラーパネリスト• (、2016年1月 - 4月)• (2013年4月 - 2017年7月3日、)• (2016年5月6日 - 2019年9月13日、日本テレビ)• (2017年4月9日 - 2018年3月28日、フジテレビ)- MC• (2017年9月11日 - 2019年3月11日、)• (2018年6月10日 - 2019年3月31日、)• (2018年10月4日 - 2019年3月28日、テレビ朝日)- 社外アナウンス部室長 テレビドラマ [編集 ]• (2003年4月 - 6月、フジテレビ) - ゲスト出演• (2003年7月 - 9月、TBS) - 橘ひろみ 役• (2004年12月25日放送、フジテレビ) - 中年サンタ 役• (2005年7月 - 9月、フジテレビ) - 松永勇作 役• 電車男 もう一つの最終回スペシャル(2005年10月6日、フジテレビ) - 松永勇作 役(実質的な主演)• (2006年4月 - 9月、NHK) - 斉藤直道 役• (2006年7月 - 9月、TBS) - 山下 役• 電車男DX 〜最後の聖戦〜(2006年9月23日、フジテレビ) - 松永勇作 役• (2006年10月 - 12月、朝日放送・テレビ朝日) - 津久野仁志 役• (2007年7月 - 9月、フジテレビ) - 進藤一流 役• (2007年、テレビ東京) - ヤンキー夫 役(第6話ゲスト)• (2007年10月 - 12月、) - 加茂健司 役• アベレイジ(2008年3月29日、フジテレビ) - 安部礼司 役• (2008年5月 - 7月、フジテレビ)- 文字山ジロー 役(第3 - 5話)• (2008年7月 - 9月、TBS)- 芹沢典良 役• アベレイジ2(2008年10月10日、フジテレビ)• (2008年10月25日、フジテレビ) - 役( 初主演)• (2008年12月13日、)- 藤原滋幹 役• (2009年3月7日・14日、フジテレビ)- 井上幹夫 役• (2009年5月30日、フジテレビ)- 和泉浩紀 役• (2009年8月 - 9月、TBS) - 神田寅次郎 役(第1話ゲスト)• (2010年3月7日、)• (2010年8月-、NHK)- 日高 役• (2010年12月18日、NHK)• (2013年4月 - 9月、TBS) - 永沢君 役(主演)• (2015年1月 - 12月) - 役• 特別ドラマ企画 (2015年3月6日、日本テレビ) - 居酒屋店主 役• (2016年6月25日 - 26日、フジテレビ) - 鈴木泰成 役• (2016年10月22日、NHK総合) - 沼田秀夫 役• ( - 、テレビ東京) - 阿久英 役(主演) テレビアニメ [編集 ]• 内「ビーンワールド」(2006年、フジテレビ・フジテレビ721) - 全ての声を担当 映画 [編集 ]• (2004年4月2日公開、メディアスーツ)• (2004年12月25日公開、) - タクシー運転手 役• (2006年5月27日公開、) - 岡野健夫 役• (2006年11月3日公開、東宝)• (2007年1月27日公開、東宝)• (2007年2月10日公開、東宝)• (2008年9月13日公開、東宝)• (2008年9月27日公開、東宝)• (2010年1月30日公開、東宝)- 小野一夫(カズ) 役• (2011年4月29日公開、)- 岸田孝史 役• (2011年11月12日公開、ピーズ・インターナショナル)• (2012年1月28日公開、東宝)- 糸川肇 役• (2012年10月20日公開、) - 世四郎 役(声の出演)• 2013年6月23日公開、東宝 - 川島省吾 役• (2014年5月24日公開、東宝) - 轟正太郎 役• (2014年10月17日公開、東宝) - 川島省吾 役• (2014年11月22日公開、東宝) - デビクロくん 役(声の出演)• (2017年5月28日公開、松竹) - 捜査員 役 劇場アニメ [編集 ]• (2006年) - おじさん、主婦A、リサイクル業者、ニュースキャスター、タイムパトロール長官 役• (2007年4月28日公開、+)- エリト 役(日本語吹替版)• (2010年2月19日公開、)- 黒ネコ 役(日本語吹替版)• (2010年12月18日公開、)- ランプルスティルスキン 役(日本語吹替版)• (2011年11月26日公開、)- マンブル 役(日本語吹替版)• (2015年12月23日公開) - シン 役 ラジオ番組 [編集 ] 現在• (、2009年4月4日 - 、毎週土曜日20:00~22:00) 過去• (FM-FUJI)• オール・テガミ・ニッポン(・)• (): 2019年4月17日 広告 [編集 ]• 『 シーズンIII・DVDコレクターズBOX』(2005年)• 「に気をつけて! 篇」 編とほぼ同じ設定だが、選択カードが1枚しかないなど、よりお笑い要素が組み込まれている。 「キシリッシュショー」(2006年)• 「サイバーナビ」(2006年)• 「ディールーム」(2006年)• だから私はドコモですキャンペーン 「劇団ひとり - だから私はドコモです篇」(2006年)• ファミリー割引 「ドコモな家族 メール篇」(と共演、2007年1月 - )• ファミリー割引 「ドコモな家族 わけあえる篇」(オセロと共演、2007年1月 - )• ドコモな家族 「パケ・ホーダイ篇」(オセロと共演、2007年1月)• 「繁盛店」(2007年)• 『』 (2007年)• トップ風合い感 (2007年3月 - )• 「年賀キャンペーン」(2007年10月 - )• シトルリンウォーター 「シトルリン 登場篇」「スライダー・朝篇」「スライダー・風呂篇」(2008年4月 - )• 「コントラスト篇」「のびのび篇」「試乗告知篇」(2008年7月 - )• 「アヒル保健相談 ひとりさん篇」(2008年11月 - )• 「アンサーハウス登場篇」「4つの部屋篇」(2008年11月 - )• NTTドコモ 「Answer PRO 篇」(2009年4月 - )• NTTドコモ docomo PRO series 「 」(2009年11月 - )• (2009年4月 - )• (2009年7月)• (2009年8月 - )• 『』 (2015年8月 - )• 通信講座(2016年)• () - 隔週• (日曜読書面にて月1) ゲーム [編集 ]• (2005年9月1日発売) - 下北沢ゴー 役 舞台 [編集 ]• (2005年7月18日、博品館劇場)• うす皮一枚(2006年9月8日 - 10日、)• FROLIC A HOLIC ラブストーリー「取り返しのつかない姿」(2015年6月4日、) - お笑いコメディーライブにゲストとして出演。 DVDで発売されている。 DVD [編集 ]• 都会のナポレオン(2004年9月23日発売、)• 都会のシェイクスピア(2006年9月6日発売、ソニー・ミュージックディストリビューション)• 劇団ひとりの匠探訪記(完全版)(2008年3月26日発売、)• シリーズ• 完売地下劇場シリーズ• 東京腸捻転シリーズ プロモーションビデオ [編集 ]• 『恋は幻 for musician 配信限定トラック 』• 東京事変『歌舞伎 アルバム『』収録 』 『恋は幻 for musician』のダイジェスト映像からの回想出演• 『』 脚注 [編集 ] []• スポニチ. 2009年1月17日. 産経新聞. 2010年3月2日. の2010年11月10日時点におけるアーカイブ。 映画ナタリー 2015年10月30日. 2015年10月30日閲覧。 GQ JAPAN 2014年11月20日. 2014年11月21日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年11月22日. 2014年11月25日閲覧。 朝日新聞beより。 ORICON STYLE. 2009年1月7日. 2016年5月21日閲覧。 2005年8月30日放送『』の「格付けしあう若手芸人たち」• oricon ME inc.. 2009年2月18日. 2016年5月21日閲覧。 ケトルニュース. 2014年11月10日. 2016年5月21日閲覧。 AISE Inc.. 2015年5月29日. 2016年5月21日閲覧。 CORPORATION. 2015年11月10日. 2016年5月21日閲覧。 NEWSポストセブン. 2015年4月4日. 2017年11月5日閲覧。 探検バクモン. 2017年9月29日. 2017年11月5日閲覧。 徳島県北島町公式ホームページ文化ジャーナル8月号• 2008年6月19日、26日放送『』• 「笑神様は突然に・・・」2014年11月7日 京都幕末ツアー• 2018年5月8日閲覧。 ()・()・()などとコラボする事もある。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2015年10月30日. 2015年10月30日閲覧。 www. cdjournal. com 2012年10月12日. 2019年3月25日閲覧。 オリコン 2014年7月11日. 2014年7月11日閲覧。 お笑いナタリー 2016年5月19日. 2016年5月19日閲覧。 Corporation, 株式会社テレビ東京-TV TOKYO 2018-03-07 日本語 , , 2019年1月15日閲覧。 映画「伏 鉄砲娘の捕物帳」公式サイト. 2012年9月15日閲覧。 映画ナタリー. 2016年11月18日. 2016年11月18日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月24日閲覧。 ORICON STYLE 2015年12月9日. 2015年12月9日閲覧。 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]• GekidanHitori -•

次の