とうもろこし 栽培 失敗。 とうもろこし(スイートコーン)の栽培【なぜ失敗するの?害虫は?】

トウモロコシの受粉方法!失敗原因は?美味しいトウモロコシの確認法と茹で時間は?

とうもろこし 栽培 失敗

Contents• トウモロコシってどんな野菜? 現在、日本で主に栽培されているのは、糖分が多く、甘みが強いスィートコーンと呼ばれる品種です。 またその主成分は糖質であり、 エネルギーの補給源になるほか、胚芽にはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEが多く含まれています。 トウモロコシの粒を包む皮は、 不溶性食物繊維で、サツマイモの約4倍の量を含んでいると言われています。 トウモロコシのおすすめ品種 味来 みらい 390 フルーティーなトウモロコシです。 すがすがしい甘さと、粒のやわらかさで人気です。 粒並び、先端稔実がよく、作型も豊富ですが、発芽率がやや低め。 気温が適温に達してからの種まきとし、必ず一か所に3粒まくようにします。 カクテル84EX 【タキイ種苗 スイートコーン カクテル84EX 200粒】 糖度が高い極良質のバイカラートウモロコシです。 黄色と白の2色の粒が混在していることをバイカラーと呼び、カクテル84EXはコントラストが美しい品種です。 根の張りがよく夏の強風による倒伏に強い特徴があり、草丈は180㎝程度に育ちます。 また粒の実入りも安定しています。 ゴールドラッシュ 【『ゴールドラッシュ88』 200粒 サカタのタネ】 皮がやわらかいトウモロコシを作るべく、10年かけて品種改良されてきました。 粒の皮が薄く、新鮮であれば生のままかじることもできます。 歯ごたえははプチプチしており、甘くておいしいです。 消化にもやさしいため、おやつに向きます。 穂の先端までびっしり実がつきやすく、育てやすさの面でも評価されています。 スポンサーリンク とうもろこしの基本の作型 中南米原産のトウモロコシは、真夏によく育ちますが、本来は 中温性の作物です。 全国各地で栽培可能ですが、光がよくあたる環境ですと、より品質が向上します。 栽培のポイントは、初期成育の安定にあります。 害虫対策として低温期に早まきすると発芽遅れがでることも。 下記は一般的な作型です。 種の袋に記載されている栽培暦を確認してから種を購入しましょう。 トウモロコシは 連作障害が起こりにくい野菜です。 畝を作る場所は、前年にナスやキュウリなど、連作障害を起こしやすい作物を植えた場所を考慮し、輪作となるように、トウモロコシを植えるとよいでしょう。 中性から弱アルカリ性の土壌を好みます。 またトウモロコシは吸肥料性も強いため、元肥には堆肥を多めに。 畝をつくる場所に深さ30センチほどの溝を掘り、 堆肥を施します。 畝は、溝の上になるようにつくります。 風による受粉を助けるため、2条植えにします。 放射線状に根を張るので、幅は75センチ~80センチ、畝の高さは強風対策としてなるべく低くします。 種まき・育苗 トウモロコシは、 植え替えに弱いため必ず畑に直まきしましょう。 季節になるとホームセンターで苗を入手できますが、その後の活着遅れによって、生育が著しく遅れる可能性があります。 またトウモロコシの品種を混ぜて植えると、それぞれの品種の花粉と受粉してしまい、味見が落ちることがあります。 必ず単一の品種で植えるようにし、もし品種の異なるものを植える場合は、畝をなるべく離すようにしましょう。 条間は45センチ~50センチ、株間は30センチとします。 ペットボトルの底などで2センチほどの穴を掘り、一つの穴に対して3〜4粒の種を、2センチほど離して配置します。 1センチほど覆土し、しっかり着圧させましょう。 間引き・無除けつ 1回目は、雌穂の分化が始まる、 本葉が5~6枚で草丈が50センチに達するころに行います。 肥効遅れがあると穂が小さくなり、粒の数が減ってしまうので、化成肥料を使用し、中耕します。 降雨が少ない場合はしっかり散水しましょう。 2回目は、 株の頭頂部に穂が見えたころです。 雌穂からヒゲが出るまえに穂を充実させるためにも、肥料切れを起こさせないよう注意しましょう。 化成肥料を施肥後、株元に土を寄せることで、倒伏防止にもつながります。 【防鳥テグス ナイロン 0. 33mmx1000m巻 】 トウモロコシの収穫適期が近づくと鳥による被害が多発します。 鳥のなかでもとくにカラスが、その学習能力の高さから問題視されています。 CDなどの光を反射するものには耐性をつけたという地域もあり、鳥害対策はイタチゴッコになる一方、最近注目されているのが、「 防鳥テグス黒糸」です。 カラスの視覚で認識しにくい黒糸が羽に当たると、その場所を警戒し、避けるようになります。 トウモロコシの倒伏防止用柵を設置している場合、そこに高さ30センチずつほどずらし、2~3周程度巻いて畝のなかへの飛来を防ぎます。 また倒伏防止用の柵をしていない場合は、タマネギ用ネットを実に被せておくだけでも被害を減らすことができます。 台風対策 トウモロコシは地中の根の広がりに対し、地上部が高く成長するため 強風が弱点です。 収穫期は台風の上陸が続くことも考えられますので、大風が予想される際には早めの対策をしましょう。 トウモロコシの台風対策 外側に柵を設置する 畝の四方に木杭などを打ち込み、しっかりした材質の支柱を横に渡して、トウモロコシが外側に倒れるのを防ぎます。 トウモロコシの高さに合わせて横に渡すようにしましょう。 トウモロコシの株同士を結束する 麻ひもなどを使って、4株以上のトウモロコシの茎をひとつに結び、風圧で根が浮かないよう支え合わせます。 その横に長めの木杭を支柱として打ち、固定するとより効果的です。 アワノメイガの幼虫による食害 トウモロコシの害虫といえば アワノメイガというほど、トウモロコシが大好物な厄介者です。 アワノメイガの成虫は 春から初夏にかけて飛来し、イネ科の植物に産卵します。 孵化まもなくは葉を食害しますが、発達に伴って、茎、実と食害部を広げていきます。 成虫は雄花の匂いにつられて飛来する特性があるため、トウモロコシの受粉が終わったら、雄花は切りとって畑の外で処分しましょう。 とうもろこしの収穫の目安と貯蔵方法 トウモロコシのひげがこげ茶になり、 絹糸抽出後20~25日前後が目安です。 皮の上から触ってみて、実のしまりを確認し、もしわからなければ、皮の先端を少しめくってみましょう。 収穫方法は、実の根元を押さえ、茎に対して外側に倒し、もぎ取ります。 収穫適期は2日~3日ととても短いので、実の付き方をこまめに確認しましょう。 収穫後は急速に鮮度が落ちます。 貯蔵する場合は、加熱直後にラップで密封するか、冷めてから保存袋に入れて冷凍するとよいでしょう。 おわりに 今回は トウモロコシの栽培についてお話しました。 トウモロコシのひげは雌しべです。 ひげの本数は、その房の粒数と同じだけあります。 通常、とうもろこしの雄花が風に吹かれて花粉を散らすことで受粉しますが、トウモロコシの株数が少ない場合は、雄花を切りとった後、絹糸に花粉をたっぷり振りかけるなど、人工授粉も有効です。 またトウモロコシの ひげは乾燥させてお茶にすることもできます。 むくみ解消にも効果があるので、収穫後はぜひお試しください。

次の

とうもろこしの栽培方法とは?育て方のコツや失敗例・収穫の仕方をチェック!

とうもろこし 栽培 失敗

3.肥料が大好き!吸肥力は野菜のなかでは最も強い。 種袋の裏を参考にしてください。 <種まき方法> 「直まき」・「ポットまき」があります。 (我が家ではポットまき) 1穴または1ポットに、1~2センチの深さに2~3粒の種をまきます。 <間引きのタイミング> 種まきから約1週間~10日後 *直まきの場合:本葉が1~2枚の頃、元気の良い苗を残して 3本から2本に間引きをします(1本引き抜きます) *ポットまきの場合:本葉が1~2枚の頃、元気の良い苗を残して 大きなポットに1本立てに植え替え、1回目の追肥をします。 注意:追肥をする場合、葉にかかると肥料焼けをしてしまうので丁寧に追肥をしてください。 <苗の植え付けの時期と追肥のタイミング> 種まきから3週間~4週間後 *直まきの場合:草丈20~30センチになったら、1本立ちします(2本~1本に) その後、1回目の追肥スタート。 *ポットまきの場合:草丈20~25センチになったら、プランターに植え付けます。 植え付け後、2回目の追肥をします。 <株間> ・畑栽培の場合:株間は30センチほど ・プランター栽培の場合:深型25センチ以上の横型で2~3株植え付けます。 草丈は160センチ以上に大きく育ちます!! <摘果> 種まきから2ヶ月後~ トウモロコシの収穫は、1株に1本が基本です!! 雌花(雌穂)は1株に2~3本着きますが、大きくて甘いトウモロコシを収穫するためには 1株に1本の雌花(雌穂)に間引く必要があります。 この場合、1番上にできた大きな1番果を残して、その下の小さな雌花(雌穂)は折ってしまいます。 <ヤングコーン> 摘果した小さなトウモロコシは~実は、ヤングコーンなんです。 (他家受粉) また雄花(雄穂)が先に着き、その後雌花(雌穂)が着くので受粉のタイミングがなかなか会いません。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の

背が低いままのトウモロコシ、雄穂が出てきたけど大丈夫?原因を探る・・・ │ 虹の庭

とうもろこし 栽培 失敗

とうもろこしの土つくりから植え付け とうもろこしは多くの肥料を必要とします。 植えつけ場所は日当たりや水はけのよい場所を選びます。 とうもろこしの植えつけ前に、堆肥、化成肥料、苦土石灰をまいて深さ30㎝くらいまで十分に耕します。 種の発芽時に肥料が直接当たるととうもろこしの根が傷みますので肥料は散布したら丁寧に混和させましょう。 とうもろこしの土作り手順1 畝を立てる場所を決めて、棒を立てておきます。 うね幅は80㎝くらいにします。 とうもろこしの土作り手順2 堆肥をうねの全面にまんべんなくまきます。 同じように化成肥料や苦土石灰もまきます。 とうもろこしの土作り手順4 うねは10cm位の高さに立てて表面を平らにならします。 発芽温度まで達しないような時期であればマルチングをします。 とうもろこしは、中南米を原産としている野菜ですので高温が適している野菜です。 その事からもわかるように、種を蒔く場合にはある程度、気候が暖かくなってからがお勧めです。 種を蒔く場合には、4月頃、苗から始める場合には、5月上旬頃が目安となります。 種からはじめる場合には、黒マルチを用意しましょう。 種を蒔く場合には、まず、たい肥と有機肥料を土にすきこんでおきます。 根っこがぐんと張る作物になりますので、肥料も深くに入れておくことが大切です。 また、とうもろこしは強く荒地であっても育つ作物ですので一切、土を耕さない方法を取られることもあります。 これは、不耕起栽培と呼ばれ、根っこが伸びることによって土を耕す効果が得られ、次年度以降の土壌改良にもメリットがあるとされている方法です。 タマネギと同様、密植が良いとされている作物です。 密植にすれば、受粉しやすく実の入りも良くなります。 大体2列を一塊とし、30センチ間に株を1つ1つ植えていけば確実に受粉することが出来ます。 密植したとうもろこしは、風除けにもなりますので家庭菜園の1番端っこなどに植えておくとより、防風対策になります。 また、スイートコーンの授粉は昆虫に花粉を運んで貰うのではなく、風によって行われるものですので、2列以上に密接に植えることにより授粉の確率を高めることができます。 1株だけで育てるのでは、実は育ちにくいと言えますので、なるべく、2列以上、一度に多くの株を育てられる環境を確保してください。 とても、交雑に弱い作物ですので注意しましょう。 また、キセニア現象が起こりやすい作物です。 キセニア現象とは、白色の実のできるものに、黄色の実のできる品種の花粉がつくと、黄色い粒になってしまうといった現象のことです。 こうならないためにも、スイートコーンを家庭菜園で栽培する場合は、1つの品種のみを栽培するようにしてください。 どうしても、複数の品種を育ててみたいという場合は、花粉の届かない距離をあけてから、 栽培をするようにしてみてください。 こうすることで、それぞれの品種のトウモロコシ種を楽しむことができます。 とうもろこしの間引き、追肥 とうもろこしの間引きの方法 トウモロコシの種は1つの穴に対し、3粒ずつです。 芽が出た後、背丈が20センチほどになったら1箇所に1本になるよう間引きを行います。 この時、トウモロコシの根っこまで引き抜けなければ地上に出ている部分だけをカットしてしまっても大丈夫です。 スポンサーリンク とうもろこしの土寄せの方法 高さが50センチほどになったら土寄せです。 マルチを使用している場合は、マルチを外して列の両脇の土を根本に寄せていきます。 マルチをしていない場合は、周りにある雑掌の手入れをし、同じように土寄せを行なっていきます。 土寄せは、背の高くなるトウモロコシが風で倒れないようにするため、必ず必要な作業になります。 とうもろこしの追肥とタイミング とうもろこしの実の詰まったものを収穫したいのであれば、1株あたり1本を育てるようにしてください。 雌穂からは、2-3本出ることとなりますが、最初に開花した1本のみを伸ばすようにして、他はすぐにかき取るようにしてください。 他の作物でもこの方法がとられることがありますが、1本に集中させることにより、良い果実を作り出すことができます。 雌穂から出た、2-3本を全て伸ばすように育ててしまうと、栄養素は分散してしまいますので、実がすかすかな果実となったり、充分に楽しむことができなくなります。 ちなみに、このかきとった雌穂は、ヤングコーンとしてサラダなどとして食べることができるので、無駄にはなりません。 スイートコーンは、肥料を吸い取る力が強いので、肥料不足、水分不足になると、すぐに生育が弱まってしまいます。 その状態になったスイートコーンは、1粒1粒の実が小さくなったり、実の入りがスカスカになってしまうこともありますので、充分に注意してください。 そうならないためには、元肥、追肥をしっかりと与えることです。 1回目の追肥は、草丈20-30センチほどに育った時、 2回目の追肥は、草丈50-60センチほどに育った時、 3回目の追肥は、雌穂の出る出穂期に行います。 元肥とこの3回の追肥をしっかりと行うことにより、充実した実の付いた、スイートコーンを収穫することができます。 とうもろこしの収穫のタイミング とうもろこしの収穫の前に雄花と雌花について知っておきましょう。 とうもろこしの雌花から透きとおったひげが出始めると四方八方に広がったような形の雄花が株の一番上に咲きます。 とうもろこしの雄花は、茎の先端にあるモップのようなものをさします。 雌花のひげはとうもろこしの粒の数だけあり、この1本1本に風に飛ばされた雄花の花粉がついて受粉します。 雄花の花粉が風に乗り雌花にいくと、雌花の1つ1つが実に繋がっていることより実が膨らんで行くのです。 とうもろこしは雄花が先に咲いて雌花が受粉可能な時期とずれていて自家受粉できない仕組みになっています。 とうもろこしを確実に受粉させるためにはまわりにたくさんのとうもろこしがあったほうがいいということです。 そして雌花のひげが茶色くなってきた時、それがとうもろこしの収穫の合図となります。 また、スイートコーンは収穫後も呼吸をしていて徐々に糖分が損なわれていってしまいます。 これは、呼吸をするために糖分を使ってエネルギーを消費しているからです。 これはたった数時間でも甘みを半減させてしまう事になるため、収穫したての甘みを味わえるのは家庭菜園ならではと言えるでしょう。 とうもろこしの栽培、育て方のまとめ とうもろこしの種をまく時期は4月、苗を植え付けるタイミングは5月上旬が目安です。 とうもろこしは風によって受粉します。 なるべく、2列以上、一度に多くの株を育てられる環境を確保してください。 とうもろこしの追肥のタイミングは 1回目の追肥は、草丈20-30センチほどに育った時 2回目の追肥は、草丈50-60センチほどに育った時 3回目の追肥は、雌穂の出る出穂期 です。 元肥とこの3回の追肥をしっかりと行うことにより、充実した実の付いた、スイートコーンを収穫することができます。 雌花のひげが茶色くなってきた時、それがとうもろこしの収穫の合図となります。 また、スイートコーンは収穫後も呼吸をしていて徐々に糖分が損なわれていってしまいます。 これは、呼吸をするために糖分を使ってエネルギーを消費しているからです。 店頭に並んでいるトウモロコシを茹でるのと、収穫したてのトウモロコシを茹でるのでは、大きく味が違いますのでこのあたりも楽しんでみてくださいね。 最近は、スイートコーンやフルーツコーンなどの品種もあります。 フルーツコーンは、生で食べる事の出来る品種ですのでとうもろこしの栽培に成功した場合のステップアップにピッタリです。 とうもろこしは独特の甘さは、家庭菜園ならではの旨味となりますので、是非、ご家庭で収穫したスイートコーンの美味しさを味わってみてください。

次の