ウェンディ マッケナ。 『天使にラブ・ソングを…』あのシスターの歌声は本人じゃない!でもあのシスターは本物

「天使にラブソングを」メアリーロバート役の現在の画像!ウェンディ・マッケナがかわいい

ウェンディ マッケナ

「マンハッタン生まれなんてすごい経歴をお持ちなんじゃないか?」と思われるかもしれませんね。 実際にWikipediaのプロフィールには、このように記載されています。 8歳からハープを始め、10歳にはカーネギーホールでの演奏経験もある。 10歳より名門ジュリアード音楽学院でハープを学ぶ。 さらにアメリカン・バレエ団NY校にも10年間在籍。 出典: 「ジュリアード音楽学院」は、音楽に疎い私でも知ってるくらいの名門です。 本当に素晴らしい経歴をお持ちの方だったんですね…… その後、怪我でダンスを辞めて、24歳の時に舞台女優として活躍し、29歳で『ピグマリオン』でブロードウェイデビューしています。 33歳の時に『天使にラブ・ソングを…』で大輪を咲かせていますから、遅咲きの女優さんだったことが伺えます。 きっと並ならぬ努力をされたのでしょうね……。 ちなみに彼女は39歳で結婚をされており、現在は旦那さんと息子さんの3人でニューヨークに住まれているとのことです。 天使にラブソングを の直撃世代はな、皆ウェンディ・マッケナに恋してたんだよ。 実は、メアリー・ロバートの歌声は吹き替えによるもので、彼女は歌っておらず、 口パクなのです。 「エッ!!! ゜ロ゜ 」 という反応をしていただいた方、ありがとうございます。 笑 天使にラブソングを、の、金髪の人は実際に歌ってないらしいけど、ほんとに歌ってた人もかわいかった気がする。 — ケンタ@ひぐらしアニメ新プロジェクトレナたんハアハア renakenta ちなみに、吹き替えを担当しているのは、『アンドレア・ロビンソン』という女性歌手です。 笑 WEST HOLLYWOOD, CA — JULY 23: Wendy Makkena arrives at the FOX All-Star Party on July 23, 2012 in West Hollywood, California. いかがでしたでしょうか。 今もなおご健在で、美魔女になっていらっしゃたんですね。

次の

天使にラブソングをメアリーロバートの現在は?女優の名前や出演作は?

ウェンディ マッケナ

All Rights Reserved. 主演の映画『』が今夜9時から日本テレビ系「金曜ロードSHOW! 」で放送される。 劇中に登場する修道院の聖歌隊が歌う美しいコーラスが印象的な名作だ。 1992年にアメリカで公開されてスマッシュヒットを記録し、翌1993年に日本でも大ヒット。 公開から30年近く経過しても根強い人気を誇っており、「金曜ロードSHOW! 」が番組公式サイトで行なった視聴者が一番見たい映画のリクエスト募集によって今回の放送が決まった。 All Rights Reserved. パッとしないクラブ歌手が殺人現場を目撃したために修道院に身を隠し、そこで聖歌隊のリーダーに任命されるというストーリーも秀逸だ。 All Rights Reserved. 映画を彩る個性的なシスターたちの歌声に引き込まれ、観ると元気が出るコメディーに仕上がっている。 [PR] ウェンディ・マッケナInstagramのスクリーンショット ちなみにデロリスと友情を育む若き修道女の一人シスター・メアリー・ロバートを演じたは現在61歳。 演技学校の講師をするかたわら、2013年に低糖で乳製品を使用しないフルーツや野菜由来のアイスキャンディーなどを扱う「Ruby Rockets(ルビー・ロケッツ)」を創設し、自身のInstagramでは変わらぬ美貌を披露している。 (編集部・海江田宗).

次の

「天使にラブソングを」メアリーロバート役の現在の画像!ウェンディ・マッケナがかわいい

ウェンディ マッケナ

ウェンディ・マッケナ Wendy Makkena 本名 Wendy Rosenberg Makkena ウェンディ・ローゼンバーグ・マッケナ 生年月日 1958-10-04 (61歳) 出生地 国籍 身長 170cm 職業 actress 活動期間 1982年〜現在 配偶者 Kathleen Treado 著名な家族 母親は有名な占星術師 主な作品 『天使にラブソングを…』シスター・メアリー・ロバート役 備考 髪は赤毛がかったブラウン、瞳の色はブラウン ウェンディ・マッケナ( Wendy Makkena 本名:Wendy Rosenberg Makkena 読み:ウェンディ・ローゼンバーグ・マッケナ、 - )は、アメリカの女優。 『』のシスター・メアリー・ロバート役でよく知られている。 母親はの有名な占星家。 経歴 [ ] で生まれる。 8歳からを始め、10歳にはでの演奏経験もある。 10歳より名門でハープを学ぶ。 さらにアメリカン・バレエ団NY校にも10年間在籍し、はじめはダンスを専攻したが、負傷のため演技へ転向。 から舞台女優として活躍し、1987年に『』でブロードウェイデビュー。 1989年『 ()』で評判となり、1991年『 ()』で絶賛される。 にテレビ番組の『』に出演。 映画初出演は『』。 その後、テレビ番組の『』や『』などに特別出演した。 には、アメリカで6ヶ月のロングランを記録した映画『』で、内向的だが歌の才能がある修道女シスター・メアリー・ロバートを演じ、続編の『』でも再び同役で出演した。 テレビ映画『 ()』に出演するまで様々なテレビ番組に出演した。 には、『 ()』に主演。 その後は、『 ()』や『 ()』、『 ()』などの様々なテレビ番組に多く出演している。 舞台では、にベスト新作プレイ部門に輝いた『 ()』に主演するなど活躍している。 に結婚。 子供を1人もうけ、現在はに住んでいる。 主な出演作 [ ]• Santa Barbara 1986 - テレビ初出演作• Eight Men Out 1988 - 映画初出演作• Sister Act 1992• Sister Act2 1993• () Camp Nowhere 1994• Serving in Silence: The Margarethe Cammermeyer Story 1995 TV映画• On Seventh Avenue 1995• Death Benefit 1996• () Air Bud 1997 TV• State of Play 2009 備考 [ ]• 『天使にラブ・ソングを…』シリーズの挿入曲の歌唱部分はが吹き替えている。 唯一本人が歌っているのは、『天使にラブ・ソングを2』のエンディングテーマ「」( Ain't No Mountain High Enough)である。 『天使にラブ・ソングを…』のビデオ・LDに収録されている特典映像にはイメージソング「イフ・マイ・シスターズ・イン・トラブル」( If My Sister's In Trouble)にあわせて踊るウェンディを見ることができる。 ただし、この映像はには収録されていないが、ブルーレイ版には改めて収録されている。 『』の特典映像にも他のシスター役と一緒に登場する。 外部リンク [ ]• - (英語).

次の