コレクション ケース 自作。 車両ケース(14両収納)を100均のクリアケースで自作する方法を詳しく解説します

自作コレクションケースの作り方とDIY作品集

コレクション ケース 自作

誰もが知るカラーボックスは収納にとても便利な品です。 このカラーボックスを使うと、だれでも簡単にコレクションケースを作る事ができます。 まず、好きなサイズ、色のカラーボックスを用意します。 重ねて大きなコレクションケースにしたい場合はこの時に何個か用意すると、同じものを揃えやすいため良いです。 その後それらを好きに組み合わせ、一つ一つのスペースに好きなものを飾っていくだけでコレクションケースの完成です。 ただ重ねただけだと地震の時に危ないので、固定するとなお良いです。 また、カラーボックスに味気なさを感じる方でも好きに色を塗ったり、布を敷くなどの工夫をすることで簡単なカラーボックスコレクションケースを楽しむ事ができます。 アクリルでコレクションケース アクリルのコレクションケースを使うと、まるで商品のディスプレイのようにコレクションを飾る事ができます。 そう聞くと、アクリルのコレクションケースは難易度が高そうですが、これも意外と簡単に自作する事ができます。 まず必須なのが、アクリル板とアクリルカッターです。 これがなければ始まりません。 アクリル板を買う場所によっては、好きなサイズにカットしてもらえる場所もあるようなので、その場合はアクリルカッターは不要です。 アクリルをご自身でカットする場合は、十分に気をつけて行ってください。 アクリルカッターで深い溝をつくってからパキンと割るとうまくいきます。 しかし、この溝が十分でないとうまくいきません。 妥協せずしっかりと溝を作りましょう。 最低でもアクリルの板を側面と天板の5枚、用意ができましたらアクリル用の接着剤でつなげていきます。 これだけでアクリルコレクションケースの完成です。 壁掛けコレクションケース 部屋にあまりスペースがないためにコレクションケースを諦めようとしている方に朗報です。 実は、壁掛けのコレクションケースを自作するという方法があります。 壁掛けコレクションケースの方法として小さなボックスを用意し、上の写真の絵画のようにボックスを設置するというものがあります。 ボックスごとのコレクションが絵画のように素敵な世界を映し出してくれます。 壁掛けコレクションケースには他にも方法があります。 ビニールのウォールポケットもうまく利用する事ができます。 この方法は、コレクションできるものがかなり限られてきますが、他のコレクションケースよりも安上がりに自作できるのは大きな魅力です。 自作コレクションケースに興味はあるけど、一歩踏み出せないという方はこういうものから始めると良いでしょう。 木製コレクションケース 木製コレクションケースの良さというと、なんといってもその趣にあります。 木は、人の心を落ち着かせてくれますし、インテリアに木製のものがあると落ち着いた雰囲気を作り出す事ができます。 木製コレクションケースは、こだわり方によって自作の難易度が変化します。 簡単な自作方法なら、日曜大工が苦手な方でも挑戦できるので試してみてください。 まずは、簡単な木製コレクションケースの自作方法についてです。 工具は不要です。 用意するのはMDF板とボンドだけです。 MDF板を箱になるように繋ぎ合わせ、ボンドで丁寧に接着するだけです。 ホットボンドを使用するとより楽になります。 これが大変なら木箱を複数個とボンドを用意し、それらをつなげるととても簡単に自作することができます。 色を塗るとさらにおしゃれになります。 もっとこだわりたい方は木材にこだわり、釘などを利用して接合部も強固にすると良いです。 木材には色々な種類がありますので、実際にホームセンターなどに足を運んで一つ一つみることをお勧めします。 ひな壇コレクションケースも自作できる 安いけど質のいい家具で有名なニトリですが、そのニトリを利用してコレクションケースを自作してみるのも一つの手です。 ニトリには、もともとできあがっているコレクションケースも売っていますが、少々高いのでやはり自作をお勧めします。 一番簡単な方法は、ニトリのコレクションボックスという小さなものを組み合わせるというものになります。 コレクションケースそのものを買うよりは安価で済ませることができます。 しかし、量が多いとそうもいかなくなってくるので、ここでオススメしたいのはニトリの棚を使うことです。 ニトリの棚を購入し、棚板にアレンジするとそれだけで立派なコレクションケースになってきます。 棚板のアレンジは、前に紹介した照明を加えるだけでも構いませんし、他には棚板をアクリル板に変えてもいいでしょう。 ここからは、具体的なコレクションケースの自作方法として、アクセサリーのコレクションケースの自作方法を紹介します。 これまでに紹介してきたコレクションケースに、そのままアクセサリーを置いてもいいでしょうが、アクセサリーの場合他にもコレクション方法がありますのでお伝えします。 ネックレスなどは、コレクションケースにそのままべたっとコレクションするよりは、何かにかけその何かをコレクションケースにおいた方がずっと映えます。 その何かにするものは何でもいいですが、バナナハンガーがオススメです。 これならそんなに費用がかかるということもありませんし、手に入りやすいためです。 また、指輪など他のアクセサリーより小さいものは目立たせるために、下に台座を置くと良いでしょう。 台座の自作方法としては、100円ショップなどで売っているカラーボードの上と側面をフェルトで貼れば完成です。 簡単なのにオシャレに仕上がるので、ぜひやってみてください。 時計をファッションに合わせて多く持たれている方は、時計もコレクションしてみましょう。 そんな時計のためのコレクションケースの自作方法を紹介します。 箱がオシャレな腕時計の場合は、その箱ごと飾るのがオススメです。 また、今まで紹介してきたコレクションケースの自作に、中に緩やかな坂構造を自作で加えるても良いでしょう。 その構造の自作としては、もともと三角柱型にカットされている木材を用いたり、奥にのみ積み木のようなものを置いてそこからすべり台のように板をかけたりする方法があります。 ただ、木材の上にそのままおくと時計が滑り落ちてしまう可能性があるので、木材の上にゴム板を貼り付けたりすることをオススメします。 ゴム板は、ホームセンターなどで簡単に手に入れることができます。

次の

車両ケース(14両収納)を100均のクリアケースで自作する方法を詳しく解説します

コレクション ケース 自作

編集部一押しのフィギュアケース第3位はセリアの「ディスプレイケースminiハーフタイプ」です。 プラスチック製のクリアなケースなので、フィギュアなどのコレクションアイテムを美しく飾ることが出来ます。 底板はブラックで、同じディスプレイケースをきれいにジョイントして積み上げていく事も可能です。 こちらのハーフサイズは小さめのフィギュアを入れるのに最適ですが、同じシリーズからはトールタイプで高さのあるディスプレイケースも出ています。 お菓子のおまけや、記念品、大切にしまっているミニサイズのおもちゃなどもこのディスプレイケースに入れて飾るととっても素敵ですよ。 大切に保管も出来て一石二鳥ですね。 1 編集部一押しの100均フィギュアケース第2位はダイソーの「コレクションケースNo. 1」です。 こちらはクリアタイプで4つに仕切られたコレクションケースです。 9mmが4つ分で、お値段は100円です。 ミニサイズのフィギュアや小物をコレクションするのに最適です。 フタがなく前面がオープンになる為、フィギュアを気分などでマメに入れ替える方や頻繁に手入れを行いたいもののディスプレイなどに向いています。 デザインやコスパも良く、使い勝手が幅広いのでダイソーの便利な収納アイテムとしても人気があります。 横にして仕切りを上手く利用すると小物もすっきりキレイに片付きますよ。 クリアタイプにブラックの台座でフィギュアやコレクションアイテムを美しく飾ることが出来ます。 同じタイプのコレクションボックスをジョイントして飾ることが出来るので、ボトルキャップフィギュア、カプセル自販機フィギュア、お菓子のおまけフィギュア、ミニチュアプラモデル、アクセサリー、ミニカー、ジオラマなど、シリーズの数が多くて細かいアイテムなどをコレクションするのにも最適なフィギュアケースです。 手のひらサイズでとっても可愛いですよ。 ちなみにこのキットはヨコ型とタテ型のディスプレイデザインがあります。 中に入れられる素材は、耐水性のコレクションアイテムなら大丈夫です。 ラメパウダーや精製水を一緒に入れて飾ってみましょう。 アイテムはエポキシ系接着剤かジェルタイプの瞬間接着剤で台座に取り付けが可能です。 台座とドームはエポキシ系接着剤かシリコン系接着剤を使って接着しましょう。 キャンドゥ木製コレクションケース• 転写シール キャンドゥの木製コレクションケースはサイズもいろいろです。 木の質感と底のコルクなど高級感がありますよね。 サングラスにぴったりなものを選んで転写シールで出来レーションをすれば自作サングラスケースが完成します。 100均・ダイソーのフィギュアケースでかっこよく飾ろう いかがだったでしょうか。 100均ダイソー・セリア・キャンドゥにはいろいろな種類のフィギュアケースがあるので便利ですね。 コレクションアイテムのサイズに合ったお気に入りになるようなフィギュアケースを見つけたいですね。 またフィギュアケースの中にフィギュアやミニチュアを入れて自作するジオラマ制作もとっても魅力的です。 ダイソー・セリア・キャンドゥにはフィギュアケースやコレクションアイテムを演出できる素材もたくさんあるんですね。 DIYも楽しくおしゃれでかっこいいフィギュアケースを自作することが出来そうです。 100均ダイソーのフィギュアケースを使って大切なコレクションアイテムを、かっこよく飾ってみて下さいね。

次の

100均ダイソー・セリアのおすすめフィギュアケースまとめ!自作方法も紹介

コレクション ケース 自作

どうもこんにちは~管理人のコタローです。 先日コンクリート壁にフックを取り付けて そこにワイヤーネットかけて 収納スペース作ったんですけど ワイヤー棚を作るのはあくまで通過点で 本当はそこにフィギュアを入れるような コレクションケースを置きたいと 考えたわけです。 先に完成したイメージ画像掲載しておくと こんな感じのです。 すいません、ポケモンのブイズ 好きなんですよね(苦笑 とにかく部屋にほこりが溜まりやすくて ブイズのぬいぐるみが毎度毎度 ホコリまみれになるの どうにかしたいなーと思っていいまして・・ しかし市販のアクリルケースって結構高いですし ワイヤーネットに置いておくとか もしも落下した時大惨事になりそうですし。。 だったらいっその事中身が 見えるタイプのケースを 自作してみようかな・・という 考えに至りまして(苦笑 今回のフィギュア コレクションケースについてですけど 画像見てお分かりの通り 収納ケースに木材をはめこんで補強。 そこにアクリル板をはめて扉を付けた・・・ まあ比較的簡素な作りとなっています。 「Sponsored link」 目次• フィギュアコレクションケースを自作!100均グッズやアクリル板と木材で フィギュアコレクションケースの制作計画 はい、今回のフィギュアコレクションケースの 制作意図と計画の部分についてですけど ・ひとまずなるべく安価に済ませる ・ほこりの侵入を防げればOK ・ワイヤーネット棚に載せられる重量で ・一面から中身が見えればひとまず良し まあこんな感じにフィギュアのケース的には だいぶ緩いというか色々妥協しています。 最初は溝の入っている木材に アクリル板はめ込むタイプの ケースを作ろうかと 画策していたんですけど 準備段階でアクリル板の 枚数が増えるにつれて 必要経費がどんどん大きくなってしまい;;; なので今回みたいに 妥協した形に落ち着きました。 購入した収納ケースはこちら。 折りたためるタイプの収納ケースで 大きさは 「380mm x 260mm x 260mm」 となっています。 この中に木材をはめ込んでいって 扉を付けていけば・・ それっぽいのできるんじゃない? と思ったわけですね。 制作の図面に関しては以下の通りな感じ。 そして使用材料は以下の通りです。 フィギュアコレクションケースの必要材料 ・収納ケース(380x260x260) 「木材・外枠部分」 ・380 x 12・・・4本 ・236 x 12・・・4本 ・212 x 12・・・4本 「木材・扉部分」 ・356 x 12・・・2本 ・212 x 12・・・2本 (木材は全部溝が入ったものを使用) 「アクリル板」 ・336 x 216・・・1枚 ・蝶番 2枚 ・ミニステー 12個 ・固定用の正方形木材 4個 ・取っ手用のミニフック 2つ ・強力磁石(直径6mm)1つ ・磁石にひっかけるネジ (長さは10mm以下位のもので) 「工具類」 ・アクリルカッター ・40㎝、30㎝定規 ・ドライバー ・直径5mmのドリル ・ボンド ・とんかち ・紙やすり ・軍手 今思うと固定用の木材は 高さの部分のみにして 扉側の木枠は小さめな木材を ボンドで貼り付けて固定するとかでも よかったかなーといった印象ですね。 まあ、ひとまず これらの材料で作っていきました。 フィギュアコレクションケースを自作1「木材やアクリル板をカットしてちゃんとはまるか調整」 木材をカットしていきます はい、では最初に収納ケースに はめこんでいく木材を それぞれの長さにカットしていきます。 今回自分でのこぎり使って カットしていきましたけど はっきり言ってホームセンターの カットサービス使った方がいいです;;; 正確にカットしてくれますし、なによりも あっという間に求めている長さの木材が 手に入ります。 だいたい1カット30円~50円で 受けてくれるかと思いますので それぞれの木材カットしていくのに 結構時間かかる事を考えると切って もらった方が効率的かと思います。 まとめてカットすれば その分お金もかかりませんよ~。 「Sponsored link」 アクリル板も同じくカット・塩ビ版との違いについて 次にアクリル板もカットしていきます。 アクリル板のサイズですけど 木材の溝が約3mmだったので 溝の中に収まるよう余裕のある サイズにしておきました。 ギリギリのサイズだと 多分木材の溝にはまっても 収納ケースの扉部分に はめ込むことが出来ない事態に なりそうだったので。。。 で、長さを測って油性マジックで線を書いて そこをアクリルカッターで削っていきましょう。 削っていく際かなり甲高い異音が響くので 作業するなら日中にしておきましょう。 で、半分位削ったら テーブルなどの端っこに当てて 体重を乗せてパキッと折っていけばOKです。 折れないようなら削りが 足りないのでもうちょっと削ってください。 何はともあれアクリル板のカットも完了です。 こっちのカットに関してもできたら 業者さんに頼んで ぴったりなサイズのアクリル板 用意してもらった方が 賢い選択かなぁ・・といった印象ですね。 カット分費用はちょっとかかりますが その分きれいなアクリル板が 手に入ると思いますので。 ちなみにアクリル板よりも ちょっと安価な塩ビ版ですけど 透過性の部分でどの程度違いがあるのか? そのあたりきになったので比較してみました。 こっちがアクリル板で・・・ こっちが塩ビ版です。 正直なところそこまで言うほど 透過性に違いはないんじゃないかなー といった印象でした。 若干お値段的には塩ビ版の方が安いので 費用を気にするなら塩ビ版を使うのも・・? 「Sponsored link」.

次の