お聞かせ願いたく。 「お聞かせください」の意味と使い方・敬語での注意点

お聞かせください /文例・敬語の使い方・意味

お聞かせ願いたく

「お願いしたく存じます」の意味 ビジネスシーンでは、相手に頼みごとをする場面が多くあります。 そんなとき、ほとんどの人は「お願いします」というフレーズを使うはず。 しかし、頼みごとをする相手が自分より上の立場になると、ストレートに「お願いします」と言い切るのが難しい場合もあるでしょう。 「お願いしたく存じます」は、そんなシーンで役立つフレーズ。 「お願いしたいと思います」という意味で、ただ「お願いします」と言うよりも丁寧な表現になります。 一方的な押し付けではないというニュアンスがきちんと伝わるため、うっかり相手の気分を害してしまうリスクが回避できます。 また、さりげなく相手を持ち上げる効果があるのもポイント。 誰かに頼られて悪い気がする人はあまりいないでしょう。 控え目な印象の「お願いしたく存じます」を使うと、相手に快諾してもらえる可能性も高くなるのです。 だからこそ、ビジネスで事をスムーズに進めていくには、より丁寧な言い方をマスターしておいたほうが良いのかもしれませんね。 「お願いしたく存じます」の使い方 続いては 「お願いしたく存じます」の正しい使い方について詳しく見ていきましょう。 ここでは、敬語として正しい表現なのかどうか解説し、実際にビジネスシーンで使うときの例文をご紹介します。 「お願いしたく存じます」は敬語として正しい?間違い? 結論から先にお伝えすると、「お願いしたく存じます」は正しい敬語表現です。 社会人経験が浅いと、使い慣れないフレーズかもしれません。 しかし、ビジネスでは頻繁に用いられるのでしっかり覚えておきましょう。 「お願いしたく」の部分は、「願う」という動詞を言い換えた言葉。 後に続く「存じます」は、「思います」「考えます」「知る」「承知する」の謙譲語。 「お願いしたく存じます」の場合は、「思います」「考えます」という意味で使われています。 上司や目上の人にはもちろん、取引先に対して使っても失礼になることはありません。 柔らかな表現で好印象になりやすいため、男性も女性も積極的に使うと良いでしょう。 「お願いしたく存じます」を使用した例文 実際に「お願いしたく存じます」をどのように使うのか、例文を挙げていきましょう。 ・I would like to ask you for your reply when you have some time on your hands. ・I am sorry to disturb you while you are busy, but I would like to ask you for your consideration. ・In our company I would like to ask you to settle all by bank transfer. ・I would like to ask you for your understanding. 上司や目上の人にお願いする時は「お願いしたく存じます」を上手に使おう! 「お願いしたく存じます」は、自分より上の立場の人に対して使える便利なフレーズ。 上手に使いこなせば、上司や目上の人、取引先の協力を得られるはずです。 必要なときには周りとコミュニケーションをとってサポートしてもらい、自分ひとりで悩んだり、失敗したりするリスクを抑えましょう。 そうすれば、日々の仕事もスムーズにこなせるようになるはずですよ。

次の

採用面接で聞かれたくない質問をされても困らない方法

お聞かせ願いたく

会社にはいろんな営業電話ってかかってきます。 悪質な営業電話ではなくても、明らかに不要なDMの案内だったりだとかマーケティングだったりだとか、とにかくたくさんありますよね。 その際、大半は『資料を送らせて下さい』と言われると思います。 ここで名乗ると、次からは名指しでかけてこられて正直対応がメンドクサイです。 お電話ありがとうございました。 』と言って切ろうかな と思いながらも、マナー違反かな?と思って行動には至ってません(笑) やはり、自分も名乗らなければいけないのがマナーなのでしょうか? 確かにうちの会社にも来ますね~。 本当に迷惑なんですよね。 うちの会社では融資とかの営業だったら「今は必要ありません」とか手形割引とかだったら「うちはすべて現金取引です」とか言うと相手は何も言えなくなって電話を切りますね。 あとは話を聞くのも面倒くさい時は「今仕事中で忙しいので失礼します~」と言ってガチャリと電話を切っちゃいます。 相手に話をさせる隙を与えず切っちゃいます。 余談ですが何回か相手が「お世話になっております」と言ってきたら「当社でお世話になったことはりません」と言いかえしたことがあります。 結構相手は尻込みしますよ。 何はともあれ話を聞かず早急に切ってしまうことがいいです。 仕事中はそんな電話に付き合ってる暇はないのですから。 私は、支店経由で本店宛にいらないDMを送られて少々困り気味の経営者です。 」等と名指しで書かれてしまいます。 」くらいの事は 始めに言っているでしょうから、それ以上言わないほうが無難だと思います。 どういったご用件でしょうか?」「誰におつなぎしますか?」等、相手が自社と付き合いがあり、 社員の名前を知っているかどうか見極める言葉でかわす技を身につけるのもひとつのテだと思います^^ Q 会社での電話応対についての質問です。 いつも同じ人(なぜか社名と名前が変わる)から非常勤になった役員宛に勧誘の電話が掛かってくるのですが、「申し訳ございません。 本日はお休みを頂いております。 」と伝えますと「では改めます。 ところで貴方のお名前を教えて下さい。 」と言われ、教えたくなかったので、「お電話があった事を、本人に伝えておきます。 」と返答しましたら、しつこく名前を聞かれました。 そこで「なぜ、必要ですか?」って問いましたら、「電話応対のお礼が言いたいから」と相手が返答。 その後、何とか名乗らずに電話を切ることができたのですが、とっても疲れました。 どうしても名乗りたくない電話を受けた時の、スマートな断り方がございましたら、教えて下さい。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー >いつも同じ人(なぜか社名と名前が変わる) それならあなたも、「佐藤です」次のときは「鈴木です」などと適当にあしらったらいかがですか? 相手が「先日対応してくれた鈴木さん・・・」といったら「いえ、山田です」みたいな。 そんな勧誘の、しかも失礼な電話に本当の名前を名乗る必要はありません。 私なら多分、「電話があった事を、本人に伝えておきます。 では、失礼します」と言って相手が何を言おうが受話器を置いてしまいますね。 取り付く島がないという感じの対応をします。 ただし、確かにその電話の相手が非常勤役員の方の大事な電話でないということを役員の方に確認したほうが良いとは思いますが 確認できる状態なら Q 営業電話が掛かってきたときのことで質問します。 営業電話は9割方断っていい内容だと思うのですが、もしかしたら会社にとって必要な話かも知れないとも思うのです。 でも、私は皆が出払っていて誰もいないとき位しか電話を受けないので、代わる人もいないし、そこの所の判断ができないので 「申し訳ございません。 あいにく担当の者が外出しておりまして、私ではわかりかねるのですが。 」と対応しています。 大抵はこれで終わるのですが、まれに「では、担当者のお名前を…」と聞いてくる人がいます。 安易に教えたくないなあ、と思っているのですがうまい対応の仕方が思いつきません。 先輩に聞いたら「お答えできません、でいいんじゃね?」と言われましたが、ちょっとストレート過ぎるような気がします。 こういう場合はどうするのが良いのでしょうか。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 私の経験では、こういった電話の場合は、最初「わかる者が席をはずしております」と応えます。 その後担当者の名前や戻り時間をを聞かれた場合は、「戻り時間がわかりませんので、こちらから折り返しお電話いたしますので、恐れ入りますが今一度、お名前とお電話番号をお願いいたします」とここまで一気にいいます。 担当者というと担当がいると思われるので名前を聞かれやすくなります。 わかる者と言えば担当者ということを少しぼやかすことも出来ます。 「担当の方はいらっしゃらないんですか?」と聞かれれば、「わかる者がおりませんので、こちらから折り返しお電話いたしますので、お名前と電話番号をお願いいたします。 」再び繰り返せば、対外の人は電話を切ります。 コツは、お電話いたします。 で言葉を切らないことです。 相手に話す隙を与えずこちらからその後の対応を話すことです。 それでも、名前を聞いてくるようならば部署の最高責任者の名前を伝え、次に電話が来たときに席にいたら対応してもらいます。 そうすればあきらめてくれます。 A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー #3です。 ビジネス文書なので簡潔な言い回しがふさわしいでしょう。 #4さんのおっしゃる ・ご案内いたします ・ご手伝いいたします ・ご返却いたします ですが、 「ご案内」「お手伝い」は 「ご挨拶」「お電話」などと同様、 丁寧語として耳慣れています。 例えば、「おみおつけ」(味噌汁)などは丁寧部分をとると 「つけ」だけになりますしね。 でも、「ご返却」の場合、 「ご出席」「ご意見」「ご確認」などに「致します」が続くと 変に思うように、 自分の行動に「御」をつけるなんて・・・となると思うのですが、 如何でしょう? 「致します」に繋げるところに問題があるのでしょうね。 変に感じたら、続くことばで工夫ですね。 「ご返却させていただきます」なら、変じゃないですよ。 Q 下っ端なので電話に出ることが多いのですが、最近、商品の問い合わせに見せかけて社員の名前を聞き出そうとする電話がかかってきます。 以前社長が電話して応対してもらったが、その時の担当の名前を忘れてしまった。 名前を聞けば思い出すと思うので名前を挙げて欲しい」 さすがに名前を列挙するわけにいかないので「担当者から折り返す」方向でやり取りして、最終的に相手に電話を切ってもらうようにしています。 こんな電話が1~2週間おきに3回ほどありました。 社名こそ違いますが、同じ人が電話しているようです。 1回目の時はいきなり名前の列挙を要求してきて私が警戒したため、2回目以降は商品の問い合わせを装って名前を列挙させる流れに持っいこうとしているようです。 ・同じ手口の電話を受けられた方はいますか? ・どのような対応をとるべきだと思いますか? よろしくお願いします。 下っ端なので電話に出ることが多いのですが、最近、商品の問い合わせに見せかけて社員の名前を聞き出そうとする電話がかかってきます。 以前社長が電話して応対してもらったが、その時の担当の名前を忘れてしまった。 名前を聞けば思い出すと思うので名前を挙げて欲しい」 さすがに名前を列挙する...

次の

【お聞かせ願い】の例文集・使い方辞典

お聞かせ願いたく

「お願いしたく存じます」の使い方 意味は「お願いしたいと思います」 「お願いしたく存じます」は、「お願いします」とストレートに頼みにくい相手に対して使う依頼の言葉です。 「お願いします」と一方的に押し付けるのではなく、「お願いしたいのですが」とこちらの気持ちを婉曲に伝えて相手の意志を伺っています。 おもに書き言葉で多く用いられますが、話し言葉としても使える口語(現代語)のひとつです。 「存じます」は「思います」の謙譲語 「お願いしたく存じます」の特徴は、「したく存じます(ぞんじます)」という普段あまり聞き慣れない表現です。 「存じる」にはいくつかの意味がありますが、「お願いしたく存じます」の場合は「思う・考える」という意味で使われています。 ちなみに、「以前から存じあげております」というときは「知っています」の謙譲語で、「かように存じます」は「心得ています・理解しています」という意味になります。 正しい敬語は「致したく存じます」 「お願いしたく存じます」は文法的に間違いではありませんが、少しアンバランスな印象をもたれることもあります。 とくに書き言葉で「存じます」を使った文章では、「したく」の部分も「致したく(いたしたく)」のように言い換えることで、より整った丁寧な言い方になります。 「お願い致したいです」はNG 「お願いしたく存じます」を「お願いしたいと思います」と言い換えることはできますが、「思います」を省いた「お願いしたいです」という言い方は、自分の意志を伝えているだけで相手の判断を仰ぐ意図が抜けているために幼稚な印象になってしまいます。 また、「したい」だけを丁寧にして「お願い致したいです」とはいいません。 ビジネスでの注意点 「お願い申し上げます」でもOK 「お願いしたく存じます」は、相手の意向を確認しながら自分の希望を伝えるときの表現なので、相手の意志を確認する必要がない話や恐縮する必要がない場面で「お願いしたく存じます」を使うと回りくどい印象になります。 むしろ曖昧な言い方は避け、「お願いいたします」「お願い申し上げます」と簡潔に話をすすめた方がよい場合もあります。 お詫びには使わない 詫び状や欠礼のあいさつを「これに懲りず、今後とも変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします」のような依頼の表現で締めくくる場合、「お願いしたく存じます」は不適切です。 ぜひとも願いを聞き届けて欲しいという気持ちを表すときは、率直に「お願いいたします」と言い切ります。 依頼は「ご検討のほど」で補足 相手の都合に結果をゆだねる意味合いが強い場合には、「お願いしたく存じます」のあとに「ご検討のほどよろしくお願いいたします」などの明確な依頼表現をそえます。 お詫びの場合と同じように、他の誰にも頼めないような本気のお願いに「お願いしたく存じます」だけでは、相手にうまく気持ちが伝わりません。 「お願いできますでしょうか」は間違い 「お願いしたく存じます」の言い換えとしてよく使われているのが、「できるか」を丁寧にした「お願いできますでしょうか」です。 すっかり聞き慣れて不自然さを感じないという人もいるかもしれませんが、一文に「ます・です」が入った二重敬語で、現代日本語では間違いとされています。 この場合は「できますか」が適切です。 「お願いしたく存じます」の例文 「お願いしたく存じます」を使ったビジネスメール• 次週開催予定の全体会議につきまして、至急議題の確認をお願いしたく存じます。 連休中はお問い合わせに対応できませんが、なにとぞご容赦願いたく存じます。 弊社では責任を負いかねますので、各自ご注意をお願いしたく存じます。 お手数ですが、エントリーシートへのご記名をお願いしたく存じます。 たいへん恐縮ですが、ご返送のほどお願いしたく存じます。 「お願いしたく存じます」の英語表現• I would be grateful if you could~(~していただければ幸いです)• Would you please~(~していただけますでしょうか) 「thank(感謝する)」が人への感謝であるのに対し、「appreciate(感謝する)」は「I really appreciate your help. 」のように物や事柄に対する感謝を表す単語です。 「Thank you. I appreciate it. 」のように併せて使われることも多い表現です。 「be grateful」は「ありがたく思う」という意味で、「Would you~」は承諾を得られることが前提となっている依頼を丁寧に表現したものです。 まとめ 「お願いしたく存じます」は、形式として依頼が必要な場合や、相手が引き受けやすい簡単な依頼を丁寧に伝えるときに便利な表現ですが、遠回しな言い回しであるため積極性に欠けるところがあり、多用すると依頼がぼやけてしまいます。 ぜひともお願いしたいとか、都合を聞かせて欲しいなら「ご意向をお聞かせください」などの依頼を補足しましょう。 また、お詫びの言葉としてはふさわしくありません。 シーンによって使い分けてみてください。

次の