結婚 式 招待。 結婚式に招待されたのですが

【結婚式】招待状の返信の書き方(恥かかない返事のメッセージ例)

結婚 式 招待

出欠を迷う理由がない限り、できるだけ早めに返信するのがマナーです。 s 目安は招待状が届いてから1週間以内 e。 早く返事をすれば、それだけ祝福の気持ちも伝わります。 返信はがきで出欠確認をした後、席次を決めたり料理や引出物の数を確定させたりと、新郎新婦の準備にも関わってくることも覚えておきましょう。 事情があってすぐに決断できない場合は、 s 早めに電話などで連絡を入れ、期日までには必ず返事をする旨を伝えておく e といいでしょう。 欠席する場合はあまり早く返事をすると、「検討すらしてくれなかったのかな」と、がっかりさせてしまうので、少し時間を置く心遣いを。 とはいえ、他に招待したいと思っている人もいるはずなので、その人に声を掛けられるよう、早めに連絡をしましょう。 「御」「御芳」の敬称は二重線で消す はがきには、出欠欄や住所・氏名の記入欄に、 s 「御」「御芳」という敬称が印字されているので、返信するときにはこれらを二重線や「寿」の文字で消す e のがマナーです。 また、表面の返信先の名前の下には s 「行(いき)」という字が入っていますが、こちらも二重線で消し、「様」に直す e ことをお忘れなく。 お祝いのメッセージを書き添える 結婚式の返信はがきは、ただ事務的に返せばいいというものではなく、何かひと言添えたいもの。 s 新郎新婦宛てのメッセージ欄が設けてある場合はそこに、ない場合は丸で囲んだ「出席」の文字の下など、余白にコメントを書く e と、お祝いの気持ちが伝わります。 丸で囲んだ「出席」の文字を引用して添え書きをする人もいますが、 s 引用せずにあらためて書く方が丁寧 e です。 新郎新婦は招待状の返信で出席人数を把握し、料理や引出物の最終手配や席次の調整を行うので、返信がないと困ってしまいます。 また、 s 電話やSNSなどで出欠の連絡をしたので、招待状の返信はがきを送らないというのもNG e。 s お祝いの気持ちを表すように丁寧な文字で書く e ことを心掛けましょう。 また、返信はがきにイラストなどを描く人も増えていますが、必要事項やお祝いの言葉がきちんと読める範囲でのデコレーションにしましょう。 s グレー(薄墨)は弔事のとき、不祝儀袋に文字を書くのに用いる色 e なので、ご祝儀袋では絶対に使わないよう注意しましょう。 招待状に同封されていた場合は忘れずに記入して持参を ゲストカードとは ゲストカードとは、 s 芳名帳に記入する代わりに当日受付に出すカードのこと e です。 以前はなかったものですが、最近は受付の混雑を緩和するためや、記念に残せることから、ゲストカードを使用する新郎新婦も増えています。 送られてきた招待状に同封されていて、「当日このカードをご持参ください」と記載されています。 このカードは事前に記入して、当日まで手元に保管しておき、忘れずに持参しましょう。 ゲストカードに書くこと ゲストカードには、以下のような記入欄が設けられていることが多いです。 <記入欄の例> お名前: ご住所: お電話番号: メールアドレス: 新郎新婦へのメッセージ: 記入の仕方は、返信はがきと同様です。 s 「お」や「御」といった敬称は、1文字なら斜めの二重線か、「寿」といった文字で消します e。 2文字以上なら縦の二重線で消すとよいでしょう。 後日連絡するための住所録も兼ねるため、 s 連絡先ははっきりと読めるよう丁寧に e 書きます。 ゲストカードのメッセージ文例 ゲストカードにも招待状同様にメッセージ欄があることがあります。 メッセージはふたりへの率直なお祝いの言葉でよいです。 結婚式直前の期待を伝えたり、ふたりの輝かしい未来に贈る言葉を添えても素敵です。 ふたりしか見ないからといっても、忌み言葉や重ね言葉は避ける、下品な言葉遣いはしないなど、マナーには気をつけます。 自分が新郎新婦の立場だったらどのようなことが書いてあったらげたら嬉しいか考えましょう。 文例1.

次の

結婚式に招待した人数ってどのくらい?人数別の体験談もご紹介! | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

結婚 式 招待

出欠を迷う理由がない限り、できるだけ早めに返信するのがマナーです。 s 目安は招待状が届いてから1週間以内 e。 早く返事をすれば、それだけ祝福の気持ちも伝わります。 返信はがきで出欠確認をした後、席次を決めたり料理や引出物の数を確定させたりと、新郎新婦の準備にも関わってくることも覚えておきましょう。 事情があってすぐに決断できない場合は、 s 早めに電話などで連絡を入れ、期日までには必ず返事をする旨を伝えておく e といいでしょう。 欠席する場合はあまり早く返事をすると、「検討すらしてくれなかったのかな」と、がっかりさせてしまうので、少し時間を置く心遣いを。 とはいえ、他に招待したいと思っている人もいるはずなので、その人に声を掛けられるよう、早めに連絡をしましょう。 「御」「御芳」の敬称は二重線で消す はがきには、出欠欄や住所・氏名の記入欄に、 s 「御」「御芳」という敬称が印字されているので、返信するときにはこれらを二重線や「寿」の文字で消す e のがマナーです。 また、表面の返信先の名前の下には s 「行(いき)」という字が入っていますが、こちらも二重線で消し、「様」に直す e ことをお忘れなく。 お祝いのメッセージを書き添える 結婚式の返信はがきは、ただ事務的に返せばいいというものではなく、何かひと言添えたいもの。 s 新郎新婦宛てのメッセージ欄が設けてある場合はそこに、ない場合は丸で囲んだ「出席」の文字の下など、余白にコメントを書く e と、お祝いの気持ちが伝わります。 丸で囲んだ「出席」の文字を引用して添え書きをする人もいますが、 s 引用せずにあらためて書く方が丁寧 e です。 新郎新婦は招待状の返信で出席人数を把握し、料理や引出物の最終手配や席次の調整を行うので、返信がないと困ってしまいます。 また、 s 電話やSNSなどで出欠の連絡をしたので、招待状の返信はがきを送らないというのもNG e。 s お祝いの気持ちを表すように丁寧な文字で書く e ことを心掛けましょう。 また、返信はがきにイラストなどを描く人も増えていますが、必要事項やお祝いの言葉がきちんと読める範囲でのデコレーションにしましょう。 s グレー(薄墨)は弔事のとき、不祝儀袋に文字を書くのに用いる色 e なので、ご祝儀袋では絶対に使わないよう注意しましょう。 招待状に同封されていた場合は忘れずに記入して持参を ゲストカードとは ゲストカードとは、 s 芳名帳に記入する代わりに当日受付に出すカードのこと e です。 以前はなかったものですが、最近は受付の混雑を緩和するためや、記念に残せることから、ゲストカードを使用する新郎新婦も増えています。 送られてきた招待状に同封されていて、「当日このカードをご持参ください」と記載されています。 このカードは事前に記入して、当日まで手元に保管しておき、忘れずに持参しましょう。 ゲストカードに書くこと ゲストカードには、以下のような記入欄が設けられていることが多いです。 <記入欄の例> お名前: ご住所: お電話番号: メールアドレス: 新郎新婦へのメッセージ: 記入の仕方は、返信はがきと同様です。 s 「お」や「御」といった敬称は、1文字なら斜めの二重線か、「寿」といった文字で消します e。 2文字以上なら縦の二重線で消すとよいでしょう。 後日連絡するための住所録も兼ねるため、 s 連絡先ははっきりと読めるよう丁寧に e 書きます。 ゲストカードのメッセージ文例 ゲストカードにも招待状同様にメッセージ欄があることがあります。 メッセージはふたりへの率直なお祝いの言葉でよいです。 結婚式直前の期待を伝えたり、ふたりの輝かしい未来に贈る言葉を添えても素敵です。 ふたりしか見ないからといっても、忌み言葉や重ね言葉は避ける、下品な言葉遣いはしないなど、マナーには気をつけます。 自分が新郎新婦の立場だったらどのようなことが書いてあったらげたら嬉しいか考えましょう。 文例1.

次の

職場の上司は結婚式の二次会に招待する?二次会のゲストについて

結婚 式 招待

この記事の目次• 招待状っていつ出す?一般的には3~2ヶ月前 招待状の発送するタイミングは、一般的に結婚式の3~2ヶ月前といわれています。 招待状を出す時期や気をつけたいポイントをご紹介します。 結婚式の3~2ヶ月前の消印日が大安になる日に投函 発送する時期が一般的に結婚式の3~2ヶ月前とされているのは、ゲスト自身の都合が一番把握できるタイミングだからです。 早すぎるとゲストの予定がまだ立っておらず、また遅すぎるとすでに予定がある恐れがあります。 そしてお日柄としては、消印日が「大安」もしくは「友引」が良いとされています。 これはふたりのおめでたい日に大切な方を招待するための案内状を縁起のいい日に出してほしいという考え方から来ています。 必ず「大安」の日でなければいけないということはないですが、年配の親戚の方や上司の方は気にする方もいるのでなるべく日柄の良い日に投函しましょう。 また、投函する際はポストではなく郵便局窓口へ直接持って行きましょう。 大安の消印がつくか確認してから投函する方が安心しますし、ポストでは雨などの天候の関係で汚れたり曲がったりする可能性もあります。 ゲストの手元に届く際のことも考えながら投函するようにしましょう。 返信ハガキの期限は1ヶ月前を設定 返信ハガキの期限については結婚式から1ヶ月前にあたる日で、発送同様に「大安」または「友引」の縁起のいい日を選ぶようにするのが一般的です。 返信ハガキは期限内に、なるべく早く返信することがマナーとされていますが、ゲストから返信ハガキが期限内に返ってこないということも少なくありません。 返信ハガキが返って来ず、席次表や席札の注文が出来なくて困るという可能性もあるので、不安であれば少し早めに期限を設定することも考えてもよいでしょう。 ここまで招待状の発送タイミングと返信の期限についてご紹介しました。 次の章では結婚式準備におけるとても重要なタスクについてお伝えします。 \毎月更新!エリア別に紹介/ 実は結婚式準備の最大タスク!招待客のリストアップ早めに行うが吉 「招待客のリストアップ」は、実は結婚式準備において最大の重要事項です。 リストアップをする時のコツは、最初から披露宴に招待すると決めている人だけをリストアップするよりも、「必ず呼ぶ人」「できれば呼びたい人」「二次会のみ呼びたい人」「結婚の報告だけをする人」などと分類して行なうことです。 小学校や中学校時代の昔の友人、職場の同期・先輩・上司、地元の友人など細かく挙げていくと整理することができます。 その際に住所や名前も改めて確認し、席次表に必要となる肩書きも把握しておくと良いでしょう。 この作業はとても時間がかかると思いますが、後々の作業をスムーズに行うためにも早めに取り組みましょう。 また、招待客を決める際は両家のバランスを考えることも大切です。 何らかの事情で人数に差が出る場合は、友人テーブルをまとめるなどして工夫してみるのもひとつの手です。 そして最近は、上司を呼ぶか迷う方もいるようです。 近年は昔のように必ず呼ぶべき人、という感覚は薄れてきています。 招待客を選ぶときの基準は「お世話になった度合い」で判断するのが一般的です。 これから自分はどのような人間関係を築いて行きたいか、ふたりで相談しながら、ふたりにとって最高のゲストを考えてみましょう。 ここまで招待客のリストアップ方法についてご紹介しました。 次の章では招待状作成の仕方や同封するものについて詳しくお伝えします。 \条件クリアで最大26,000円プレゼント/ 招待状に同封するものは?招待状のセット内容 招待状の作成や同封するものにはいろいろなマナーやルールがあります。 ゲストに失礼のないようにしっかりと把握しておきましょう。 本状 招待状を送る際になくてはならないのが「本状」です。 いつ、どこで、誰が結婚式をするのか記載してあるものになります。 主催者からの挨拶文には句読点をつけてはいけないという決まりがあります。 これは、句読点をつけることで「切れる」「終わる」という意味合いに繋がり、お祝い事には終止符を打ってはいけないという風習があるためです。 段落の行頭も空けないように気をつけましょう。 また、忘れてはならないのが「返信期日」です。 返信がなければ席次表の作成や食事の人数も決定できませんので、必ず返信期日を本状に添えるようにしましょう。 アクセス地図 会場までの地図はホテルや結婚式場であれば準備してくれるところが大半ですが、小さなレストランやゲストハウスなどでは地図の用意がないこともあります。 自作の必要がある場合、インターネットの地図では初めて会場を訪れる人にとって道順がなければわかりにくい可能性もあります。 全く土地勘のない人にもわかるような簡易的な地図である工夫や、会場近くの分かりやすい目標物などの記載、車で来るゲストには駐車スペースの有無、バスや電車の時間なども記載しておくと親切でしょう。 付箋 付箋は挙式参列のお願いや祝辞・乾杯の発声、受付や余興の依頼などを、一部のゲストだけに伝える時に使う小さなカードのことです。 マナーとしては事前に直接または電話などで依頼し、了承を得てから同封する流れになります。 その上で改めて付箋を用いて正式な依頼を行います。 遠方の方へは送迎用のバスや宿泊のご案内についても付箋に記載して伝えましょう。 記載に関しては本状と同様、句読点は打たないという決まりがあるので注意が必要です。 返信ハガキ 返信ハガキは受取人(新郎新婦)の住所氏名を忘れずに印刷もしくは記入をし、切手を貼付けた状態で同梱します。 返信ハガキに貼る切手は62円の「寿切手(慶事用切手)」です。 郵便局で購入することができます。 もし自分のお気に入りの切手を使いたいという場合は、返信ハガキに偶数枚数の切手を貼ると、偶数は割り切れるという意味から「縁起が良くない」と受け取られる可能性もあります。 極力1枚で使用するようにしましょう。 封筒 封筒は返信用のハガキが入るサイズの封筒が最低限の大きさです。 大きすぎる場合は招待状を送る際の費用にも影響しますし、受け取った側が困るというケースも考えられます。 また小さすぎる場合は同封物が綺麗に入らない可能性もあるため、マナーとしては不親切です。 招待状は通常は二つ折りにして入れる場合が多いため、A5サイズくらいが二つ折りで入る封筒のサイズが適切といえるでしょう。 色については決まりはありませんが、避けるべき色としてグレーや黒は結婚式には適切ではありません。 例えば結婚式のテーマカラーに合わせた色にすれば、当日ゲストが会場コーディネートを見た際に全体の統一感を感じることができてとてもおしゃれです。 心からお祝いをしてもらうためにも封筒のサイズや色にも気を配るようにしましょう。 以上が招待状の主なセット内容となります。 次の章では招待状の製作の仕方について詳しくお伝えしていきます。 \希望のフェアや式場タイプから探せる!/ 招待状を準備しよう!78. 0%のカップルが業者に依頼 ハナユメの調査によると招待状の依頼先は78. 0%もの先輩カップルが業者に依頼しているという結果になりました。 業者に依頼する理由としては、「時間や手間がかからないから」という理由が最も多く46. では、招待状を業者に注文する場合と自分たちで手作りする場合、進め方にどのような違いがあるのかお伝えします。 注文する場合 注文する場合は結婚式場やホテルでのプランナーへ注文する場合と、自分たちで業者を見つける場合があります。 基本的にはすでに決められているいくつかのデザインの中から選択する形になるのでゼロから考える手間がなく、効率は非常に良い方法です。 しかし、その分手数料は高くなるので、調査にもあったように式場のプランに組み込まれているかどうかや、金額の確認も必要です。 手作りをする場合 手作りをする場合はネットでの情報や先輩カップルのものを参考にすることができますが、ゼロからのスタートとなるためとても手間や時間はかかってしまいます。 ですがその分ふたりのオリジナリティに溢れた招待状ができるので、ふたりをよく知るゲストにはきっと喜ばれるでしょう。 この場合は全員分印刷する前に早めに1部だけ完成させて、式場の担当プランナーに内容や日時を確認してもらうことをおすすめします。 ここまで招待状の製作方法についてご紹介しました。 次の章では封筒宛名書きの注意点や郵送か手渡しかの違いについてお伝えします。 \条件クリアで最大26,000円プレゼント/ 封筒の宛名書きする際の注意点&郵送と手渡しの異なるポイント 宛名書きは基本的には筆ペンや毛筆を用い手書きするのが1番丁寧でしょう。 一生の中でとても大切な機会、気持ちを込めて手書きすることをお勧めします。 しかし、宛名書きを印刷することが絶対いけないということではありません。 印刷する場合は、毛筆書体にしましょう。 また、気持ちを込めたいがどうしても字に自信がないという場合はプロに代筆をするという方法もあります。 ふたりに合った宛名書きの方法を選ぶと良いでしょう。 郵送の場合 封筒の文字の向きは縦書き、横書きどちらでもかまいません。 宛名が横書きであれば、差出人も横書きにそろえましょう。 差出人は、主催者が両家の親の場合は親の名前で、主催者が新郎新婦の場合は新郎新婦の名前を記載します。 また婚姻届を提出済みであるかどうか、一緒に住んでいる場合とそうでない場合で記載が変わる部分があります。 ・婚姻届を出していて一緒に住んでいる場合 住所は新居の住所で、名前は連名にしましょう。 ただし、まだ新しい名字では分からない可能性もあるので、必ず名前の後に(旧姓)を入れましょう。 ・婚姻届を出していないが一緒に住んでいる場合 住所はそれぞれの実家の住所にした方が無難です。 ただし、返信ハガキの回収先は、同じ住所に統一した方がスムーズに対応できます。 ・一緒に住んでいない場合 それぞれの住所と名前にします。 手渡しの場合 手渡しする場合は封筒に住所を書いてはいけません。 一般的に手渡しの方が礼儀正しいとされているため、住所と氏名が書いてあると「本当は郵送するつもりだったのでは?」と受け取られる可能性があります。 必ず、郵送するゲストと手渡しするゲストとでリストを分けて作成しましょう。 連名の場合の書き方 招待状の宛名は出席してほしい人の名前を全員分書きます。 ただし、4人以上になる場合は、代表者の名前を書き、その隣に「ご家族様」とするのが一般的です。 この書き方でその全員を招待する宛名となります。 夫婦で出席してほしい場合は、夫の氏名の隣に妻の名前を添えます。 縦書きの場合は左横へ、横書きの場合は下へ連名を書いていきます。 また通常の敬称は「様」ですが、夫婦を招待する場合で奥様に面識がない場合は奥様の敬称は「令夫人」、小学校くらいまでのお子様の敬称は「ちゃん」「くん」とするのが基本です。 以上、封筒への宛名書きの注意ポイントについてお伝えしました。 次の章では招待状の封筒への入れ方の基本をお伝えします。 \自宅で結婚式のプロに相談しよう!/ 招待状の封筒への入れ方・切手の種類 封筒への入れ方については絶対にこうしなければならないという決まりはありませんが、一般的な例としてご紹介します。 封筒への入れ方・重ね方 基本ルールとして、封筒の表面(宛名面)とカードの表を合わせて入れるのが一般的です。 手渡しの場合は封をしないので、開けてすぐに招待状の表が見えるように封筒の裏面に招待状の表を合わせるとスマートです。 封筒の上下とカードの上下をそろえて入れるようにしましょう。 また同封物については、招待状の中には小さな付箋だけ挟み、その他の案内物や出欠の返信ハガキなどは招待状には挟まないようにします。 これは招待状の向きによっては、取り出した時にバラバラになってしまうのを防ぐためです。 ゲストに目を通してもらう順番として、手前から、 1. 招待状+付箋 2. 会場アクセス地図 3. 返信ハガキ 上記の順がゲストにとって親切でしょう。 慶事用切手を使用する 切手は重さによって貼る切手が異なります。 現在、返信ハガキに貼る切手は62円の「慶事用切手」です。 郵便局で購入することができます。 また封筒に貼る切手については以下のようになっています。 こちらも返信ハガキ同様、偶数にならずに1枚で使用するようにしましょう。 目上の方や親族には上記でご紹介したように慶事用切手を使用するのがマナーですが、親しい友人のゲストには可愛いデザイン切手やお二人のこだわりの切手を使用してもよいでしょう。 キャラクターの切手や、お花の切手、お二人の写真を切手にできるサービスもあります。 二人の結婚式のテーマやイメージに合わせたものを選ぶのも良いでしょう。 以上が招待状の封筒への入れ方と使用する切手の説明となります。 次の章では一番大切な「渡し方」についてお伝えします。 招待状の渡し方 準備が整ったらいよいよ招待するゲストの手元に招待状を届けましょう。 手渡しが1番丁寧とされている!主賓や上司には手渡しがおすすめ 結婚式の基本は、「新郎新婦がゲストをお招きする」というものです。 招待状は相手に直接お会いして手渡しし、出席の依頼をするのが本来のマナーといえるでしょう。 手渡しする相手としては一般的に次のように考えられています。 上席のゲスト ・主賓 ・仲人 ・乾杯の挨拶や祝辞をお願いするゲスト ・恩師 確実に手渡しできるゲスト ・職場の上司、同僚 ・会う頻度の高い友人 ・親族、身内 上記の方で日常的にお会いできる可能性が高い人へは、誠意を持って直接手渡しするのが礼儀となります。 事前に相手の都合を聞いた上で持参し、渡しましょう。 郵送の場合 手渡しが基本であっても、なかなか都合が付かなかったり、遠方で会うことが難しい場合ももちろん考えられます。 そういった場合は、郵送する前に予め結婚式の日取りや場所などを伝えてから招待状を郵送する旨を伝えましょう。 手渡しの場合 手渡しの場合注意することは、封筒の糊付けはしてはいけません。 招待状の文面に句読点を使わないことと同様、結婚式のような慶び事は、封を刃で「切る」ことは縁起が良くないためとされています。 同封物がこぼれ出てしまうことが気になる場合には、シールで止めておくくらいにしておくとスマートです。 以上が招待状を渡す際の気をつけることとなります。 次の章では2019年の招待状デザインの最新トレンドをお伝えします。 \お料理口コミランキング!/ 2019年最新!招待状のデザイントレンドまとめ 招待するゲストの手元に一番最初に届くアイテムは招待状です。 二人のイメージに合わせたり、こだわって招待状を選んでみてもよいのではないでしょうか。 ここでは、今トレンドの招待状をご紹介致します。 1:パスポート風のデザインの招待状 今、海外で人気のパスポート風のデザインの招待状は、旅行好きのカップルや、ユニークな招待状にしたいというカップルを中心に日本でも人気がでてきています。 更に、ご紹介している下記のペーパーアイテムは「レタープレス」という特殊な手法を使用しており凸凹とした独特な感触になる為、ペーパーアイテムにもこだわりたいカップルにおすすめです。 招待状を開けたときのサプライズになる上、アレンジもできるのでオリジナリティを出すことも出来るでしょう。

次の