キーエンス 仕事 内容。 キーエンスの選考内容について

誰もが羨む勝ち組企業キーエンス。だが「キーエンスを辞めたい」と悩みを抱える社員が多い

キーエンス 仕事 内容

いまはただの社畜ですが、この社畜精神は紛れもなく新卒から4年間働いたキーエンス(KEYENCE)で培われたものです。 今回はシリーズ物第一弾として、キーエンスという会社について書いてみたいと思います。 (追記) 第2話・第3話を更新しました。 キーエンス(KEYENCE)とは BtoB企業のため、一般的には知名度が低い会社かと思います。 FA(Factory Automation:直訳すると "工場の自動化" でしょうか)に関連するお仕事をされている方であれば直接的にやり取りする機会も多いかと思います。 ですが同時に、 「超高収益」「激務」「高給」などのキーワードでビジネスマンや就活生にも広く知れ渡っている会社です。 超高収益 営業利益率 50%。 これはとんでもない数字です。 メーカであれば10%もあれば優良とされる数字です。 徹底した合理主義でこれを実現しています。 ここが気になる方も多いかと思いますが、これはまた別の機会に纏めたいと思います。 激務 これは間違いありません。 私はめずらしく4年のキーエンス時代のなかで、営業所勤務と本社勤務を経験しています。 営業にしても間接部門にしても開発にしても、いずれも激務だと思います。 業務量の多さ、仕事時間の長さはもちろんですが、精神的な追い込みがすごい。 これはどの会社でもそうだと思いますが、直属の上司の性格によって大きく変わります。 ですが平均としてみても会社の文化としてしっかり根付いていたと思います。 じゃあ何故そんな会社にみんないるのかというと、次の項目のためです。 高給 「30代で家が建ち、40代で墓が建つ」とよくネットで揶揄されています。 現実とは少し違っていて、20代で家が建ちます。 まあローン組めばですが。。 少なくとも銀行は貸してくれます。 私は入社3年目に約5000万のマンションを購入しました。 2年目に購入した同期もいます。 他にも1年目にBMWやレクサスを買ったなんて話はそこらじゅうにあります。 上司も簡単に辞められないように、積極的に新人に高級車を買うよう薦めてきます。 念のためですが、少なくとも私は墓が建った話は聞いたことありません。 Q1 開発や本社の人が給与平均を上げていて、営業は給与が低い? A1 そんなわけない。 営業が客先に「どうせお金いっぱいもらってるんでしょ?」と言われたときのテンプレート回答なだけ。 社員はクラスで明確に分けられており、クラスによってベースの金額が決まっています。 営業でも開発でも間接部門でも同じクラス表です。 ただ営業のほうが結果が見えやすいので、上がる人はグングンあがるし、駄目な人はすぐいなくなるとは思います。 だいたい4年目で年収1000万は行くんじゃないでしょうか。 Q2 3年でほとんど辞めてしまう? A2 これは嘘です。 たぶん今の会社のほうが離職率は高い。 色んな噂が先行して、みんな覚悟を持って入社している分、イメージとのギャップが少ないからだと思います。 でも特に営業職では結果が出ていないと若手でも問答無用で 辞めることを強くお勧めされます。 私は4年で辞めましたが、同期の営業のなかでもかなり早いほうでした。 ですが営業所だと、上司によっては大変ですね。 基本的には他の会社に比べて、良い意味でドライな文化があります。 残業は21時45分以降、かなり厳しく禁じられています。 私は1回も21時45分を超えたことはありませんでした。 朝も営業所は7時前の出勤が基本的にNGです。 本社にいた頃は時々6時とかに出社して仕事していましたが・・・ 休日出勤も出来るだけしないように指導されています。 結局どうなのキーエンス これは元社員の一個人的な意見です。 本当に苦しかった。 もともと長く勤めようと思って入ったわけでもなく、想像通りといえばそうでしたが。 最悪な上司だった。 こればっかりはどの会社でも当たり外れあると思いますし、ある意味仕方ないことです。 とてつもない経験値を得られた。 ですのでこの4年間を後悔していませんし、自分の人生において間違いなくプラスです。 結局良い会社だと思う。 これで給与が低ければただのブラック企業ですが、キーエンスは激務『高給』です。 ちゃんと就職説明会で話をされたとおりでした。 会社の経営も意思決定も単純明快。 利益率が上がることを行うのみ。 特に本社にいると「なんでだよ」と思うことは本当に少ない。 ぐうの音も出ない。 またキーエンスに3年以上勤めていると、転職先にも苦労しないと思います。 もちろん給与はほぼ間違いなく下がることになると思いますが。 語学力があれば外資系への転職で、給与をあまり下げずに転職することも可能かと思います。 転職についてもまた別の機会に纏めてみたいと思います。 今日はここまで。 どちらかというと就活している人向けに書きました。 次回はビジネスマン向けに成果を上げるためのルールや仕組みについて書ける範囲で記載します。 何か個別で聞きたいことある人は遠慮なくコメント(承認制)に書いてくださいね。 就活におすすめ 新卒就活生必見、スカウトサイト 「 」は、ヘッドハンティング会社が運営する新卒の就職活動サイトです。 プロフィールや選考の状況を開示することで、企業から特別選考のスカウトをもらうことができます。 また、希望すれば就職コンサルタントが自己分析からES添削、面接対策まで徹底サポートを受けることができます。 見られたくない企業をブロック出来るので、利用していることが他人にはばれません。 顔写真、氏名はマッチングまで見られませんし、Facebook情報は企業に公開されませんので安心です。 Facebookを流用した簡単会員登録から転職活動に必要な情報だけを入力。 スカウトはワンクリックでレスポンス出来ます。 転職者側の負担を限りなく減らした、新しいジョブマッチングです。 IT系企業の案件が非常に豊富です。 年収から評判、残業、面接対策まで幅広い生の情報が記されています。 詳細は以下の記事にまとめましたので是非ご覧下さい。 meiyoshachiku.

次の

キーエンスとは?生涯給料額no1会社の4つの魅力と評判

キーエンス 仕事 内容

この記事では、 「キーエンスは激務って聞いたけど本当?」と疑問を持っている人に向けて、 『キーエンスが激務と言われる理由』や、『入社したい人の求められる資質』などをお伝えしていきます! 大阪府に本社を構える精密機器メーカーのキーエンスに対して、どのような印象を持っていますか。 「高給与」「やりがいがある」などの声もたくさんありますが、 「激務そう」という声も少なくありません。 実際、キーエンスに興味を持っているなら、本当に激務かどうか、詳しい仕事内容や企業の特徴を知りたいところでしょう。 この記事を最後まで読めば、キーエンスが本当に激務なのかどうかが分かり、 正しい情報を得た上で転職活動が進められますよ!• 勤務時間・残業が長い• 分単位で労務管理される• とにかくノルマが厳しい• 営業方法がマニュアル化され過ぎている• 福利厚生が乏しい それぞれの理由についてお伝えします! 理由1:勤務時間・残業が長い 勤務時間や残業時間の長さは、激務と言われる会社の共通点とも考えられますが、キーエンスも同様です。 キーエンスの営業職の人は、朝の8時過ぎの朝礼から1日が始まり、夕方まで多い日は10件近くの顧客のもとに訪問します。 そして、会社に戻ってから、業務報告書や翌日に向けて資料の準備を行うので、 帰宅時間が21時を過ぎることもよくあります。 基本的な就業時間は8時間ですが、 ほぼ毎日8時間以上働いている人もたくさんいるでしょう。 深夜まで仕事をすることはない 残業はあっても、深夜まで仕事をすることはありません。 パソコンも使えなくなるので、終電まで仕事をすることはないですね。 休日出勤も基本的に無いので、休みはしっかりあります。 GW・お盆・年末年始も1週間ほど長期休暇があるので、帰省したり、旅行も行けますよ。 転職相談:29歳・女性 口コミ3:そもそも自分にストレス耐性がある キーエンスで働いている人は、 体育会出身者が多くなっています。 そのため、 監督や先輩からのプレッシャーを受けながら育ってきた背景を持っている人が多く、ストレス耐性があらかじめ身についている人が多いです。 実際、ストレス耐性がある人は、キーエンスの厳しいノルマや労務管理に対して、それほどプレッシャーを感じない人もいます。

次の

入社5年でキーエンス新商品開発のリーダーに抜擢!|【Tech総研】

キーエンス 仕事 内容

キーエンスの魅力に迫る! あなたはキーエンスという企業名を耳にしたことがあるでしょうか? BtoB企業のため一般的にはあまり有名ではありませんが、たくさんの魅力が詰まった企業であることは間違いありません。 今回はそんなキーエンスの魅力について詳しくご紹介していきます。 転職先の企業を探している方などは特に参考にしてみてください。 それではさっそく見ていきます。 キーエンスとは? まずはキーエンスがどんな企業なのかご紹介していきます。 キーエンスは1974年に設立され、東証一部上場の大阪に本社を構えるメーカー企業です。 主に工場用のセンサーの開発と販売を行なっています。 BtoBビジネスを中心にこれまで20万社以上の企業と取引を行なっている確かな実績と技術力で日本だけでなく世界中から高い評価を獲得しています。 非常に需要の高いファクトリーオートメーション(工場の自動化)の分野で圧倒的な存在感を誇り、製造業に関わる方であればキーエンスの名前を知らない方はいないと言っても過言ではありません。 今では日本を飛び出し、様々な国や地域のメーカー相手に商売をしており、世界中に200の拠点があります。 キーエンスの魅力についてご紹介! キーエンスがどのような企業であるか分かったところで、さっそく魅力についてご紹介していきます。 新しい転職先をお探しの方は是非チェックしてみてください。 【とにかく高待遇!生涯給料額は日本一】 働く人にとってのキーエンスの魅力は、とにかく高待遇であることです。 企業の年収ランキングなどでも常に上位をキープしています。 特に注目したいのは生涯給料額です。 2015年の東洋経済オンラインで掲載された記事によると、生涯給料額が6億7323万円となっており、2位と1億円以上の差をつけて圧倒的に1位に輝きました。 これはサラリーマンの平均生涯給料額約3億円(大卒)の2倍以上になります。 キーエンスの社員には入社1年目で高級外車を購入する方や20代で家を建てる方も多く、とにかく若いうちからお金をたくさん稼ぎたいという方には非常に魅力的な会社だと言えるでしょう。 これはキーエンスのとにかく無駄を省く超合理的な文化が大きく影響していると考えられます。 キーエンスで働く際にはとにかく工数を徹底して管理することが求められます。 少しでも無駄な要素があれば排除し、改善を繰り返していくことで限られたリソースの中で生み出す利益を最大化しているのです。 スポンサードリンク 【他社にはない付加価値のある商品しか売らない】 キーエンスがここまで顧客を獲得することができた大きな理由に、こだわり抜かれたマーケティング戦略が挙げられます。 キーエンスが開発する新商品の約7割は世界初、または業界初のものであると言います。 つまり、顧客の求めるニーズを捉えた世界初もしくは業界初の新商品を作り続けることで、競合に負けることもなく、商品を売り続けることができるのです。 営業マンであればご自身の営業トークやスキルを駆使して商品を売っているという方も少なくないでしょう。 しかし、キーエンスの中ではそういった売り方はタブーとされています。 営業マンの能力の差で商品の売れ行きが変わるようではダメだと考えているからです。 そうではなく、競合他社が作っていない顧客が欲しいと思う商品を開発することで、提案すれば売れるという状態を作ること、そのために顧客の最先端のニーズを把握することを重視しているのです。 【顧客が喜ぶことを常に考えている】 キーエンスの商品開発に関するこだわりをご紹介しましたが、根底にはやはり顧客に喜んで欲しいという想いがあることを忘れてはいけません。 キーエンスは自社の様々な情報を無料で公開していることも有名です。 例えば商品カタログやキーエンスの技術資料、中にはセンサーに関する専門的な情報まで幅広く公開しています。 そうすることで顧客にとっても気になる情報を自ら調べることができるようになっています。 また、過去に実践して成功した工程ごとの改善事例なども紹介することで、商品知識だけでなくコストの下げ方などの経営的な知識まで参考にすることができるのです。 このような顧客の喜ぶことを常に考え続けていることで、圧倒的な信頼を獲得しているのでしょう。 キーエンスに転職するなら転職エージェントを活用 ここまでキーエンスの魅力についてご紹介してきましたが、是非キーエンスに転職したいと思われた方も多いでしょう。 そんな方はまず転職エージェントに登録することをおすすめします。 転職エージェントを利用するメリットは、無料で専属のキャリアコンサルタントに相談することができる点です。 自分の今までのキャリアやスキルを転職のプロに伝えることで、キーエンスに転職するために必要なアドバイスをもらうことができるでしょう。 また転職エージェントは企業から詳しい仕事内容や社風、人事の方針などもヒアリングしているため、本当にあなたがキーエンスに合うかどうかも客観的に判断してくれます。 転職エージェントは土日でも稼働しているため、今現在働いている方でも休日に利用することも可能です。 興味のある方は是非試してみてください。 【まとめ】キーエンスは世界も認めた魅力的な企業 キーエンスの魅力について詳しくご紹介してきましたが、参考になりましたでしょうか? ファクトリーオートメーションの分野で圧倒的な強みを持つキーエンスですが、BtoB企業のため名前を知らなかったという方も多いでしょう。 しかし、世界中に200もの拠点を構える一部上場企業で、今では世界が認めた魅力的な企業と言っても過言ではありません。 生涯収入では名だたる大企業を抑えて堂々の第1位に君臨しており、たくさんお金を稼ぎたいという方にとっても非常に魅力的です。 もし、キーエンスへの転職をお考えであれば早めに転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントからアドバイスを受けてください。 今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。 2019年現在の今は転職の絶好のチャンスです。 タイミングを逃すと転職が難しくなるのは間違いありません。 就職氷河期と比べ、好景気の今は完全な売り手市場。 企業も積極的に採用を進めており、条件面も格段にアップしています。 しかし、好景気には必ず終わりが訪れ仕事が無くなる時が必ず来ます。 実際に、『オリンピック前には状況がガラっと変わる。 』と予測する専門家も少なくありません。 また、年齢とともに転職が難しくなるのは言うまでもないですよね。 将来的な転職を考えているのであれば、人生を失敗しない為にも、1日でも早く行動をする事をおすすめします。

次の