どん ち けた。 どんちけた:平均台など棒の上でのあそび

めでたしめでたしの方言

どん ち けた

ルール [ ] 基本ルール [ ] 様々なローカルルールが存在するが、以下は基本的なルールの紹介である。 二人で遊ぶ。 手の構成はと同じ。 ただし、グーは「」、チョキは「」、パーは「」と呼ぶ(多数)。 まずは親決めのじゃんけん。 「せーんーそ!()」「ぐーんーかん!(軍艦)」のかけ声(ローカルバリエーション多数)とともに、じゃんけんを行う。 どちらかが勝つまで行い(あいこでもかけ声は変わらない)、勝った方が親となる。 親はかけ声を担当する。 親は「軍艦」「朝鮮」「ハワイ」のうち任意の手をかけ声とともに3回出す。 子も親のかけ声に合わせて任意の手を3回出す。 これが1セットであり、以降繰り返される。 ただし、1セット内の1回目と2回目の手は同じ。 また、2セット目以降の1・2回目の手は、一つ前のセットの3回目の手と同じ。 かけ声の例1:「せーんーそ! 1セット内の1・2回目の手が異なることを認めるバリエーションもある。 かけ声の例2:「せーんーそ! 1セット内の3回目の手で勝敗を競う。 勝敗のつけかたには様々なバリエーションが存在する。 下記はその例。 例1:親が3回目の手で子に勝つと、そのまま続行。 親が3回目の手で子に負けると、次セットから親子が交代。 3回目の手で親と子が同じ手を出すと、親の勝利でゲーム終了(点数先取制の場合、親が1得点)。 例2:親が3回目の手で子と同じ手を出すと、そのまま続行。 親が3回目の手で子に負けると、次セットから親子が交代。 3回目の手で親が子に勝つと、親の勝利でゲーム終了(点数先取制の場合、親が1得点)。 例3:親が3回目の手で子に負けると、次セットから親子が交代。 親が3回目の手で子に勝つか同じ手を出すと、親が1得点(このルールの場合、点数先取制にしないとすぐにゲームが終了してしまう)。 3回目が「3本とって勝利」という。 )というものもある。 もし、2回目であいこでは無くなってしまったら、その時点で勝っている側が「軍艦、軍艦、ハワイ!」などのように声をかけ、続ける。 声を掛けている側がまた、相手とあいこになった場合は「一本とって〇〇」という掛け声で3回連続であいこになるまで続ける。 遊び方 [ ] 以下は代表的な遊び方のバリエーションの一つである。 二人で向かい合い、互いにじゃんけんをしない方の手を繋ぐ。 親が1セット取ると、次のセットで親は「一本とって…」と言いながら、相手の繋いでいる方の手の甲を自分の繋いでいない方の手で平手打ちする。 かけ声は「一本とって(任意の手)! 」となり、そのまま次のセットへと続く。 平手打ちではなく、手を繋がずに握手のような形で、お互いにハイタッチする様なルールもある。 2得点目以降のかけ声が次のようになる場合もある。 勝敗のつけ方はいろいろあるが、以下は3点先取制として上記 例3を応用して遊んだ場合。 例4:親が3回目の手で子に負けると、次セットから親子が交代。 親が3回目の手で子に勝つか同じ手を出すと、親が「一本とって」と言いながら子の手を叩きつつ1得点。 どちらかが3点先取するとゲーム終了。 どちらかが痛くなって降参するまで続ける方法もある。 このルールを使った「 」と呼ばれるものもある。 グーは「」、チョキは「目潰し」、パーは「」と呼ぶ バリエーション [ ] 地域によって以下の例のようなバリエーションがある。 手の呼び名 [ ]• 「軍艦じゃんけんほーい」• 「せーんーそ(戦争)」• 「ぐーんーかん(軍艦)」• 「戦争しーましょ」• 「にっしんちょいな」• 「ちっけった」• 「ちーけーた」• 「ちっけった、あーれっしょ」• 「ちーけたほい」• 「ちーらっせ」• 「じっけった」• 「じーげっぴ」• 「おっちゃんちっ」 朝鮮語の「オッチョンジー どんな訳だ 」が変化していった可能性あり• 「ハーワーイ」• 「デンジャラス」• 「ハワイじゃーんけん」• 「朝鮮行ってパン買って軍艦乗って帰ってきた」• 「朝鮮人がパン食って軍艦乗って ホイッ」• 「朝鮮人が軍艦乗ってハワイ行って沈没」• 「にっちゅうーだー(日中だぁ?)」• 「ドンじゃんけんぽい」• 「ポンジャケ ポン」• 「ポンスケ ポン」(埼玉県浦和市)• 「日清 チャイナ」• 「いっすんしょ」• 「軍艦ジャス」• 「ドラドラ生の!ぱんちんけラス浦二A」• 「ドンチョ」• 「ドンシャ」• 「インジャーホイ」• 「ハイキング」• 「ポークじゃんけん」• 「とんでけほい」(埼玉県) 歴史 [ ] 戦時中に始まった遊びと思われるが、始まりの由来については不明である。 現在 [ ]でも子供達の間で広く遊ばれている [ ]。 脚注 [ ] [].

次の

数ページ読める|どんどんば しわたれ|絵本ナビ : こばやし えみこ,ましま せつこ みんなの声・通販

どん ち けた

奄美大島の屋入(やにゅう)現龍郷町でよく釣りをしていたという菊池源吾。 沖永良部島の座敷牢の中でも木を削り烏賊餌木を作っていたという。 ある日土持政照が座敷牢の西郷を尋ねると二杯の大イカを持っていて、不審に思った政照がどうしたのか聞いてみると『実は徳之島に流された時の船員が、昨日挨拶に来た。 私が作った餌木を見て『是非かしてください、いっぱい釣って差し上げます』と言ったんだ。 これは彼が釣ったものだ、しかし烏賊餌木はそのまま持ち帰られてしまった。 不届きな男だ』と笑ったという。 『広辞苑』に記載されている餌木の記述。 菊池源吾が奄美群島に流謫の身となった時広まったという説があります。 第一回は終了しました) 西郷どんは安政6(1859 年1月12日から文久2(1862 年1月14日まで龍郷村に滞在 菊池源吾と名乗っていました。 藩主斉彬の突然の死の後、斉彬の政敵井伊直弼を倒しての幕政改革を目指した西郷どんでしたが、朝廷への働きかけや様々な策謀が災いして、僧月照と共に入水自殺を図るはめになります。 しかし、西郷どんは運命に活かされ、藩命で島流しにされることとなりました。 奄美大島で西郷どんは幕府に生存を突き止められないようにと、正体を伏せる意味で「菊池源吾」と名乗りましたが、この名を読み替えれば、吾の源は菊池なり、となります。 西郷どんは生涯にわたり、様々な名前を使いましたが、菊池源吾という名は他の名前と違い、特別な響きを持っています。 さらに 2人の子供たちにも菊の字を使っています。 西郷家の先祖は菊池出身だったのでしょうか?西郷どんは菊池にどんな思いを持っていたのでしょうか? 連動企画講座として菊池市生涯学習センターにて全4回『西郷隆盛と菊池の未来』が実施中です!昨年度は鹿児島にある西郷南洲顕彰館館長でもあり文学博士でもある徳永和喜氏をお招きし『西郷どんの魅力』を分かりやすく、楽しく語ってもらいました。 第3回講演は9 月15日(土) 14:00より『西郷隆盛の教え』が行われます。 講師は 鹿児島の 『 西郷南洲顕彰館 』 館長、德永和喜氏に再びお越しいただきます。 最終の第4回講演は11月。 「命もいらず名もいらず」の著者、北康利氏をお迎えする予定とのこと。 お問い合わせは菊池市中央公民館 0968-25-16 72 まで。

次の

軍艦じゃんけん

どん ち けた

夏になると、多くの学校で水泳の授業が行われます。 児童の中にはスイミングスクールに通い、低学年から様々な泳法を身に付けている子もいれば、水に顔をつけることもできない子もいます。 そのように個人差が大きい中で、学校では全員一斉に水泳に取り組む授業も見られます。 共通の目標設定が難しい中で、水に慣れ、楽しさを感じながら、一人ひとりが「できる」喜び、「わかる」喜びを感じる水泳学習を行うNaga先生の実践をご紹介します。 1 【実践紹介】 水泳の授業の中で多くの工夫をなさっているNaga先生の実践の中で、EDUPEDIA編集部では、全学年で行うことのできる 【水中ゲーム】に注目しました。 楽しみながら、泳ぎにつながる動きが身に付く「水中ゲーム」 水泳の授業では、「け伸び、ばた足、手のかき…」と、みんなで一斉に泳ぎの練習をすることが多いのですが、そのような学習の前に、短い時間でも、2人組や少人数のグループで楽しめる「水中ゲーム」を取り入れると、水泳の授業の楽しさがさらに広がります。 水中ゲームを効果的に行うポイントは3点です。 児童にとっては遊びの意識でいいのですが、教師の側は「水の中で息を吐く」「よく進むけ伸びの姿勢を身に付ける」などのねらいを明確にし、その動きが身に付くようなゲームの行い方や言葉かけを意識します。 プールサイドでは2列で並んでいることが多いので、2人組のペアや、ペアを2つ合わせた4人組でできるゲームにすると、グループ編成も簡単です。 ゲームといっても、競争的なものばかりでは、泳ぎの得意な子ばかりが達成感を感じることになってしまいます。 「ビート板どんちけた」のようにジャンケンの偶然性を取り入れたり、ハンデをつける工夫を助言するなど、泳ぎの苦手な子も楽しめるように配慮します。 今回の資料では、ねらいとする動きや行う学年の目安とともに、活動のイメージ(イラスト)とゲームの行い方も説明しています。 1年生から6年生まで、児童の実態に合わせてご活用下さい。 水中ゲームタイトル一覧• 「水中言葉あて」呼吸(1年~)• 「ぶくぶくコンテスト」呼吸(1年~)• 「うきうきコンテスト」浮く(2年~)• 「伏し浮きロケット」けのびで進む(3年~)• 「水中ロケット」けのびで進む(3年~)• 「けのびでGO!」けのびで進む(3年~)• 「水中輪くぐり」けのびで進む(3年~)• 「イルカ輪くぐり」けのびで進む(3年~)• 「ばた足フラッグス」ばた足(3年~)• 「いっしょにゴー」ばた足(3年~)• 「ビート板どんちけた」補助具を使って進む(3年~)• 「ばた足・かえる足ずもう」足の動きで進む(3年~)• 「手かき競争」手のかき(3年~)• 「水中手かき競争」手のかき(3年~)• 「背浮きにチャレンジ」浮く・泳ぐ(3年~) 最後に 水中ゲームの時間を 「エンジョイタイム」、自分の目標に向けて泳ぎの練習をする時間を 「チャレンジタイム」と名付けるなどして、楽しみ方のバラエティ豊かな水泳の授業をしてはどうでしょうか? なお、水泳の楽しさを広げる活動として、音楽に合わせて水中で動く「リズム水泳」も大変効果的です。 また、クロールや平泳ぎの段階的な指導については、「浮く・泳ぐ運動~水泳・段階的な練習カード(児童用・教師用)」( )をご覧下さい。 【提供資料のダウンロードはこちらから】 エンジョイタイム(全学年) 1. 2 【講師プロフィール】 Naga 東京都小学校教員。 平成22年度の文部科学大臣優秀教員表彰者。 また平成22年7月10日朝日新聞夕刊の連載記事「花まる先生」で紹介されている。 東京小学校体育研究会()水泳部に所属。 東京都の小学校で体育指導、特に水泳の指導に力をいれている。 水泳の授業では、児童に水に慣れてもらうことを第一目標に掲げて「ドーンじゃんけんぽん」など、遊びを取り入れながらも個々人の目標が自然と達成できるような指導を行なっている。

次の