ニンテンドースイッチ 2台持ち。 あつまれどうぶつの森にニンテンドースイッチは2台買う必要があるか⁉

Switch Liteを2台目本体にする際の注意点。セーブデータやDLソフトの共有方法は?

ニンテンドースイッチ 2台持ち

Switchを2台所有するかどうか悩んでいる方、アカウントとかソフトとかセーブデータとか、いろいろ気になりますよね? 我が家は、最近発売された『2台目セット』を待つまでもなく1年以上前からswitchを2台所有してます。 スプラトゥーン2を子供と一緒にプレイしたかったんですど、いざ発売日にソフトを買ったら 「一人用じゃんッッッ!!」 ってことに気づきまして・・・orz スプラ1の評判は聞いてましたがやったことなかったんですよ。 で、しょうがなく品薄のなか調べまくってなんとか抽選販売に当たることができた次第です。 現在は『Switch 2台目用セット』も販売されてますから、一家で複数台を所有する人も増えているんでしょうね。 で、買う前にアカウントの共有のこととかいろいろ調べたんですけど、実際買ってからわかったことも多々あるんで経験談としてここに書いておこうと思ったんです。 どっかの誰かが読んで参考にしてくれたらいいですね。 Contents• Switchを2台所有して出来ること Switchを2台所有して出来ることと言えば、やはり家族とオンライン対戦ゲームがプレイできることですね。 基本的にNintendoSwitchはファミリーに優しい設計になってるので、『マリオカート8デラックス』や『マリオオデッセイ』、『Minecraft』などは1本のソフトと1台のSwitchがあれば画面を分割したり1画面で協力出来たりといった同時プレイが可能です。 そのためにJoy-Conも左右が独立してひとつのコントローラーとして機能しますよね。 ですが、『スプラトゥーン2』や『Fortnite』に代表されるオンライン対戦系のソフトの一部は1本のソフト、1台のSwitchでは2人以上の同時プレイが出来ない『1人プレイ専用ソフト』になっています。 特にスプラトゥーン2は、ナワバリバトルやリーグマッチ、サーモンランなど、家族と一緒にプレイして楽しめるゲームモードがたくさんあるのにSwitch1台では一緒にプレイ出来ないのが本当にもったいない! で、そんな時こそSwitchを2台所持してしまえばいいんですね。 2台のSwitchと2台のソフトがあれば、1人プレイ専用ゲームでも家庭内で同時対戦プレイや協力プレイが可能になります。 親子で、兄弟で、一緒にプレイすることが出来れば楽しさ倍増、さらに毎日のように繰り返されるSwitch争奪戦ともオサラバ出来てしまうんですね~^^ パッケージ版ソフトとダウンロード版ソフト スプラトゥーン2を2台同時に楽しむなら当然ソフトは2本必要。 2本買う場合の組み合わせはパッケージ版でもダウンロード版でもどっちでもいいです。 ただし、2本ともダウンロード版を購入する場合はそれぞれ違うアカウントで買う必要があるので注意してください。 ダウンロード指定は本体更新ver6. 0から変更になりました。 以前は1本のダウンロードソフトを複数台のSwitchにダウンロードすることは不可能でしたが、現在は1本のソフトを、所有する複数のSwitchにダウンロードすることが出来るようになっています。 ただし起動には制限がかかり、1本で複数台の同時プレイは出来ないようになっています。 そもそも同じアカウントでダウンロードソフト2本って買えるのかな? 多分買えませんね^^ 2本ともダウンロードにこだわるなら、2つのアカウントで別々に2台のSwitchを『いつもあそぶ本体』に 指 定し、それぞれのアカウントでダウンロード版を入れる感じになります。 私はダウンロードソフトを購入するアカウントを2つ管理するのが面倒だったので、パッケージ版とダウンロード版の組み合わせで使用しています。 これだと面倒なことは何もありません。 さらに、2本ともパッケージ版だともっと管理が楽になります。 パッケージ版のソフトはアカウントによる管理が必要ありませんからね。 ちなみにスプラ以外のソフト(2台で同時プレイしないソフト)1本を共有で使用する場合は 使いまわしやすいようにパッケージ版を買いましょう。 ダウンロード版ソフトは購入したアカウントとswitchの「いつもあそぶ本体」指定に紐付いて管理されてしまうので、「いつもあそぶ本体」に指定していないもう一方のSwitchではダウンロードは出来ても起動は購入したアカウントに限られるという制限がかかってしまいます。 このため家族で使いまわすのは現実的ではないと思います。 本体更新ver6. 0から1本のダウンロードソフトを複数台にダウンロード出来るようになりました。 が、「いつもあそぶ本体」以外のSwitchで起動できるのはソフトを購入したアカウントだけ、という制限が入っているのでやっぱりちょっとややこしい。 Switchのアカウント Switchを2台所有している場合も、同一のアカウントで2台それぞれにログインして遊ぶことが可能です。 ただし、オンラインゲームにおいて 同一アカウントでの『同時プレイ』はムリなので注意してくださいね。 接続エラーで弾かれるから注意が必要です。 私がガチマッチ中にとなりで子供がSwitch立ち上げたら、前回自分がログインしたままの状態でスリープ解除しちゃって一時的に同一アカウント同時接続状態になったことがありまして・・・ 接続エラーで両方弾かれてしまいましたよ orz 勝ちそうな試合の残り30秒・・・ 味方だった方、その節はすみませんでした。 なので、我が家は自分のアカウント以外に 「子どもアカウント」を設定して人数分アカウントを持ってます。 ちなみに 「子どもアカウント」とは・・・ 子供に普通のアカウント(ストアで買い物とかできちゃうアカウント)を渡すと何かと恐いんで、いろんな制限がついて親の見守り機能が付いたセキュリティ万全のアカウントを親のアカウントに紐づけて作成できるという仕組みですね。 管理面も含めてこれはナイスな機能だと思いますよ。 子供アカウントはNintendoのID管理ページで作成することが出来ます。 子どもと一緒にナワバリやサーモンランを楽しむことが可能です。 でもうちの子はいつまでたってもウデマエC帯なんでペアのリグマが出来ないのは悲しいなぁ(涙 【追記】複数アカウントとNintendoSwitchOnline有料化について この記事を書いた時点ではNintendoSwitchOnlineの有料化について詳細が判明していなかったんですが、現在は公式から料金プランなどが公開されてますので追記していきます。 2台目のSwitchを所有した当初、私は一応今後の有料化(と手間)を見越して複垢は作らずにいました。 有料化になった場合に料金が2倍になっちゃう可能性があったんでね。 ですが、料金プランを見ると 『ファミリープラン』なるものが設定されています。 個人プラン 12か月 ¥2400 ファミリープラン 12か月 ¥4500 で、 子供アカウントも有料なのでSwitchを2台所有して同時に遊ぶ場合は 必然的にファミリープランに入るほうがお得なわけです。 ということはですよ? ファミリープランは最大8アカウントまでのパックなので、同じ料金内で複数アカウントを所有することも可能なわけなんですよ。 ということで、私も複垢作って2台目Switchに紐づけました! これで両方ともダウンロードソフトを利用することが可能になったわけですね^^ ちなみに、2台持ちの方で家族内にダウンロードソフトの管理を行える人が2名いる場合は、それぞれが1台ずつに「いつもあそぶ本体」の紐づけを行えば何も問題はありません。 別アカウントなので両方に別々のダウンロードソフトも入れられますし、「いつもあそぶ本体」に設定していない別のSwitchにもログインして遊ぶ場合も全く問題なく起動できてしまいますね。 我が家はダウンロードソフトの管理が出来るSwitchユーザーが自分1人だけだったんで、複垢というややこしい方法をとっているわけです。 妻がゲーマーなら楽だったんですが・・・ なお、繰り返しになりますが以下のことには注意してください。 ・1つのアカウントで複数のSwitchにログイン、プレイは可能ですが、一部のソフトはSwitch間を跨いだセーブデータの共有には対応していません。 ただしスプラトゥーン2は対象外なんです! このことに注意してSwitch2台持ち及び複数アカウントを運用してくださいね。 アカウントをファミリーに紐づける NintendoSwitchOnlineでファミリープランを利用するためには、すべてのアカウントを『ファミリー』として登録する必要があります。 『ファミリー』とは、代表する1アカウントをファミリーの管理者とし、以下に家族分のアカウントを紐づけるシステムです。 設定方法はNintendo公式サイトで行います。 管理者から招待メールを送り、承認するとファミリーに紐づけられる感じですね。 ファミリーには一般アカウントも子供アカウントも両方入ることが出来ますよ。 『 なお、NintendoSwitchOnlineの加入料金を安く抑える目的で、本来家族でない人同士が共同で「ファミリー」を構成し、ひとつのファミリープランを適用するケースが発生しているそうです。 現在の仕組み上この行為が規約違反にあたるかどうかはわかりませんが、見知らぬ人とネット上での繋がりだけで金銭をやり取りする場合は思わぬトラブルが発生することもありますのでおすすめできません。 複アカウントをファミリーに追加する方法についてはこちらの記事に詳しく書いています。 スプラトゥーン2のセーブデータはSwitch本体に記録される 同一アカウントで2台のSwitchを行き来する場合、NintendoSwitchOnlineに加入していればセーブデータはオンラインサーバー上に記録され、2台のSwitch間で共有することが出来ます。 ですが、 スプラトゥーン2はこのセーブデータ共有機能に対応していません。 スプラトゥーン2のセーブデータはswitch本体に記録されて持ち出せないものですから、 同じアカウントでプレイしても 本体ごとに別データになってしまいますね。 セーブデータも本体更新ver6. 0でオンライン保存&Switch間共有が可能になりました。 (スプラトゥーン2はセーブデータ共有対象外です) ちなみにアカウント名 キャラ名 とフレンド登録情報はサーバー上で管理されるので、2台のSwitchを行き来しても勝手に共有されています。 一方のSwitchでアカウント名を変更すると、もう一方のSwitchにログインした時も勝手に反映されている感じですね。 フレンドも両方に同じように登録されるから面倒なことはありません。 でもスプラの場合はセーブデータは別なんで、プレイする本体を変えると同じアカウントでもランクなどの進行データが食い違ってしまうことになります。 なので、フレンドから見たら自分のランクは上がったり下がったりしてるんでしょうねw フレンドいないけどwww Switch間のユーザーとセーブデータの引っ越し 最初はNintendoSwitchを1台しか持っていなくて、2台目を買い足したタイミングでユーザーの一人を移動したい!ってこと、ありますよね。 2台目はお兄ちゃんの専用機にしよう!とかですね。 その場合、1台目のSwitchからユーザーデータを引っ越しすることが出来ます。 引っ越しによって移動できるデータは 『ユーザー設定全般(フレンドとかプレイ記録とかも)』『セーブデータ』『いつもあそぶ本体の登録』。 なので、それまで遊んだセーブデータを無駄にしないで2台目のSwitchに引き継ぐことが出来ます。 『いつもあそぶ本体(旧:ダウンロードする本体)の登録』も移動することになるので、引っ越し元のアカウントで購入、ダウンロードしていたソフトについては 引っ越し先のSwitchで無料で再ダウンロードすることが可能になりますね。 ただし、ダウンロードデータ自体を同時に移動できるわけではないので必ず引っ越し先で『再ダウンロード』になる点は注意しておいてください。 本体の設定については同じように設定しなおせばいいのでデメリットは特にありませんが、それまで撮りためたキャプチャ画像や動画は引っ越し前の本体に取り残されることになります。 移動したい場合はちょっとめんどくさいですが、 1,Switch本体からmicroSD(1)にデータを移す。 (すでにmicroSDに保存してある場合はOK) 2,PCなどにmicroSD(1)のデータをコピーする。 3,さらにこのデータを別のmicroSD(2)に移す。 4,2台目のSwitch本体にデータを格納したmicroSD(2)を挿入する。 という手順で画像や動画データの引っ越しが可能です。 スプラトゥーン2の戦歴やらギアショップやらのいろんなデータを見れたり、フレンドチャット機能がついてたりするんでスプラ2をやるなら必需品ですね。 キルデスレート(キル数とデス数の関係)などの戦績を気にするならアプリを見て確認するようにしましょう。 ちなみにアプリもSwitch本体と同じNintendoアカウントでログインする仕様なんで、Switch2台分の別セーブデータとどんな同期をするのか興味津々だったんですけど・・・ 『勝手に直近のプレイした本体データと連動する』 が正解でした ナルホドネ。 プレイする本体を変えるごとにアプリ側の設定をいじったりする必要はありませんよ。 特に不便はないから違和感なく遊べてます。 Switchの『2台目セット』はお得? NintendoSwitchの本体価格は通常セットで¥29,980。 複数台所有するユーザーをターゲットにした『2台目セット』は¥24,980。 ¥5,000の差がありますが、2台目の購入を検討するときにこれは本当にお得なのか?を考えてみましょう。 ですが、この構成なので 2台目セットだけでは充電もTVモードでのプレイも出来ません・・・。 基本的に携帯モードでしか遊ばない!って人ならすでに持っている1台目のドックやACアダプターを使いまわせばいいんですが、ぶっちゃけSwitchって 携帯モードよりもTVモードで遊んでる人の方が圧倒的に多いと思うんですよ。 で、そうなると結局ドックやらACアダプターやらいろいろ必要になっちゃうんですよね。 あれ?¥5,000しか引かれてないのに微妙じゃね?ってことに気づきますよねw なので、 TVモードで使用する前提で2台目を買う場合は通常セットの方がお得!っていう結果になります。 ご注意ください。

次の

ニンテンドースイッチ2台持ち

ニンテンドースイッチ 2台持ち

Switchのユーザーとニンテンドーアカウントについて 2台のSwitchの設定の前に、まず「Switchのユーザー」と「ニンテンドーアカウント」について説明します。 ニンテンドーアカウントとは? ニンテンドーアカウントというのは、Switchなどのゲーム機とは関係なく、 任天堂が利用者を識別するためのアカウントです。 基本的にメールアドレスと対応づけられます。 参考: Switchのユーザーとは? 一方、Switchでゲームをプレイする場合、 Switch本体でユーザを作成する必要があります。 さらに、Switchのユーザは、 インターネットを使用する場合、ニンテンドーアカウントと連携する必要があります。 参考: ざっくり言うと、「ニンテンドーアカウント」と「Switchのユーザー」は連携して使うのが基本というわけです。 このため、 後で説明するSwitchのユーザーの引っ越しでは、ニンテンドーアカウントとSwitchのユーザーとが連携した状態で、Switchのユーザーの引っ越しが行われます。 以下の説明では、常にSwitchユーザーとニンテンドーアカウントが連携しているものとします。 ちなみに、1つのニンテンドーアカウントを、複数のSwitchのユーザに連携させることもできます。 これについては、ダウンロード版でゲームをする場合に重要になってくるので、また後で説明します。 パッケージ版:2人のユーザーが別々のSwitchでゲームをする場合 さて、ここからは2台のSwitchがある場合に、 2人のユーザーが別々のSwitchで同じゲームを同時にプレイできるようにする設定について説明します。 パッケージ版とダウンロード版で考え方が違うので、まずはパッケージ版から説明していきます。 おさらい:1台のSwitchでパッケージ版のゲームを遊ぶ場合 パッケージ版の場合に、1台のSwitchで2人が遊ぶときは下図のような状態になっています。 上の図に示すように、Switch本体には息子と私の2人のユーザーが登録されています。 パッケージ版のゲームとして「スプラトゥーン2」と「マリオカート8」を所有している場合、パッケージ版の ゲームカードを差し替えてゲームができます。 このとき、 2人のセーブデータ(スプラトゥーン2とマリオカート8)は、Switch本体内に保存されています。 2台のSwitchでパッケージ版のゲームを遊ぶ場合 これが2台のSwitchになるとどうなるのでしょう。 「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を実行すれば、ゲームカードを差し替えることにより2つのゲームを遊ぶことができます。 下の図に示すように、1台目のSwitchに登録されていた私の「ユーザーとセーブデータ」を2台目のSwitchに引っ越しさせます。 ただし、この場合、図を見ればわかるように以下の2つのことができないので注意が必要です。 2の場合の解決法は、 自分の使うSwitch本体を決めておけばOKです。 間違えて自分のSwitch本体を持って出かけないように気を付けましょう。 ユーザーとセーブデータの引っ越し手順 では、「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を実際にやってみましょう。 今回は、 1台目のSwitchに既にあるユーザー「あきやま」を、2台目の新しいSwitchに引っ越しする手順を例として紹介します。 2台目のSwitchの設定(1) 2台目のSwitchを初回起動すると最初に以下の画面が表示されます。 ここでは、1台目のSwitchから2台目のSwitchへとユーザーを引っ越しするので「ユーザーとセーブデータの引っ越し」を選択します。 ここでACアダプターを接続していない場合、「ACアダプターを接続してください。 」と表示がされ、先に進むことができなくなります。 2台目のSwitch用のACアダプターは別途用意しておきましょう。 続いて、以下の画面で「引っ越し先の本体」を選択します。 このSwitchは2台目の新しいSwitchなので「引っ越し先」になります。 続いて、以下の画面で「ログイン」を選択します。 上の方でも説明したように、Switchのユーザーはニンテンドーアカウントと連携するのが基本です。 今回はニンテンドーアカウント「あきやま」でログインします。 引っ越し対象のニンテンドーアカウントでログインすると、以下の画面になります。 ここで1台目のSwitchに作業をバトンタッチします。 1台目のSwitchの作業(2) ここからは1台目のSwitchに持ち替えて作業を続けます。 画面の指示に沿って進むと、1台目のSwitchにACアダプターを接続していない場合、「ACアダプターを接続してください。 」と表示がされ、先に進むことができなくなります。 結局は、2台のSwitchの両方にACアダプターが必要になります。 画面の指示に沿って進むと、以下のような画面が出るので「出て行く本体」を選択します。 引っ越しをするユーザーを選択します。 ここでは「あきやま」を引っ越しします。 続いて、以下の画面で「つづける」を選択します。 これで、1台目のSwitchからデータを送信可能な状態になりました。 1台目と2台目のSwitchを近付ける(3) (1)の作業で2台目のSwitchが受け入れ状態になり、(2)の作業で1台目のSwitchが送信できる状態となりました。 そこで、 1台目と2台目のSwitchを近付けて通信させます。 すると、1台目(送信するSwitch)の画面が以下のようになるので、「引っ越しする」を選択します。 これで通信が開始されます。 しばらく待つと、1台目の「あきやま」のユーザーとセーブデータが、2台目へ移動します。 これで「ユーザーとセーブデータの引っ越し」は完了です。 以上のように、 パッケージ版で運用している場合、「ユーザーとセーブデータの引っ越し」をすればOKです。 ダウンロード版:2人のユーザーが別々のSwitchでゲームをする場合 では次に、ダウンロード版について説明します。 目標はズバリ、 「私と息子が2台のSwitchを使ってスプラトゥーン2を対戦・協力すること」です。 ダウンロード版の場合は設定がややこしいので、少しずつ説明していきますね。 おさらい:1台のSwitchでダウンロード版のゲームを遊ぶ場合 ダウンロード版の場合、1台のSwitchで2人が遊ぶときは下図のような状態になっています。 (初期状態) ダウンロード版を購入すると、Switch本体にゲームのデータがダウンロードされます。 上の図の場合は、スプラトゥーン2とマリオカート8がダウンロードされています。 この情報は、 購入したニンテンドーアカウントに連携して1つのSwitch本体でしかダウンロード版を使えなくするための仕組みです。 上の図の場合、私のSwitchユーザーには「ダウンロードできる本体はこの本体ですよ」という情報が付いているので、この本体にダウンロードされた2つのゲームを、 このSwitch内のユーザーなら誰でも自由にプレイすることができます。 いつもあそぶ本体(追記) 2018年の秋から、 「ダウンロードできる本体」にかえて「いつもあそぶ本体」という設定が導入されました。 参考 これにより、 購入したユーザーに限り、2台のSwitchのどちらでも遊べるように緩和されました。 詳しくは、別途記事を書きましたので、そちらも参考にしてみて下さい。 ユーザーとセーブデータの引っ越しをやってみる 上の画像の状態から、私が1台目のSwitchから2台目のSwitchへと引っ越しをするとどうなるのでしょうか。 やり方は、既に説明した「ユーザーとセーブデータの引っ越し手順」と全く同じです。 引っ越しが終わると以下の図のようになります。 ダウンロード版を購入した私のSwitchユーザーが2台目に移ってしまったために、 1台目のSwitchにはゲームデータが残っているものの、使えなくなってしまいました。 1台目のSwitchで実際にゲームを起動してみると、以下の画面のように「このソフトはあそべません」というメッセージが出て、ゲームがあるのに起動できません。 一方、私のSwitchユーザーはというと、ダウンロードできる本体が「2台目のSwitch」に変わりました。 これはユーザーの引っ越しの際に自動で行われます。 なので、2台目のSwitchには今ゲームが全く入っていないですが、 私のSwitchユーザーが2台目のSwitchで新たにスプラトゥーン2とマリオカート8をダウンロードしてプレイできます。 しかし、当初の目的は、私と息子が別々のSwitchでスプラトゥーン2を対戦することなので、1台目のSwitchでゲームデータが使えなくなっては意味がありません。 また、実際には1台目のSwitchにはもっとたくさんのゲームがダウンロードされています。 私はスプラトゥーン2ぐらいしかプレイできなくてもいいんですが、子供達はたくさんのゲームをやりたいと思っています。 なので、1台目のSwitchのゲームが全部使えなくなるのは避けたいです。 ダウンロード版:1台目のSwitchでゲームできるように設定 1台目で今まで通り、既にダウンロードされたゲームを息子がプレイできるようにするにはどうしたらいいのでしょう。 答えは、以下の手順になります。 2台目のSwitchで私のSwitchユーザーから、「ダウンロードできる本体」を解除• 1台目のSwitchに新たなSwitchユーザーを作成し、そのSwitchユーザー(私)に私のニンテンドーアカウントを連携• 1台目のSwitchの新たなSwitchユーザー(私)の「ダウンロードできる本体」を「この本体」に設定 参考 ややこしいので、実際にやってみましょう。 2台目のSwitchでダウンロードできる本体を解除 設定するのは、2台目のSwitchです。 まず、 SwitchのHOMEから「ニンテンドーeショップ」を選択し、ダウンロード版を購入したSwitchユーザー(この場合は私)を選択します。 以下の画面で、右上のアイコンを選択します。 画面を下の方へ進めると、「ダウンロードできる本体」という項目があります。 ここの「解除」ボタンを選択します。 このとき以下のように、確認メッセージが表示されますが「解除する」を選択します。 これで2台目のSwitchでは、購入したゲームをダウンロードできない状態になりました。 といってもダウンロードできる本体が解除されただけで、購入したニンテンドーアカウントにはきちんと購入履歴が残っています。 このとき、以下のようなメッセージが表示されます。 つまり、 購入履歴と連携しているSwitchユーザーが次にニンテンドーeショップを起動したら、起動したSwitch本体が新しく「ダウンロードできる本体」になる、ということです。 勘の鋭い人はわかりましたね。 そうです、1台目のSwitchで私がニンテンドーeショップを起動すれば、1台目のSwitchがダウンロードできる本体に設定されるということです。 では、次の項目でこの設定をやっていきましょう。 1台目のSwitchで新たなSwitchユーザーを作成 設定するのは、1台目のSwitchです。 以下の画面で「つぎへ」を選択します。 あたらしいユーザーのアイコンを選んで、ニックネームを入力します。 ニックネームはSwitchユーザーの名前なので何でもいいです。 わかりやすいように、上の例では「あきやま」の後ろに1台目のユーザーであることを示す「!」を付けています。 以下の画面で「ログイン」を選択し、 ダウンロード購入履歴のある私のニンテンドーアカウントでログインします。 これで、私のニンテンドーアカウントに連携したSwitchユーザーが1台目のSwitchにも作成されました。 実はこのように、 異なるSwitch本体であれば、1つのニンテンドーアカウントを2つ以上のSwitchユーザーに連携させることができるのです。 1台目のSwitchでダウンロードできる本体に設定 続く設定も1台目のSwitchです。 SwitchのHOMEから「ニンテンドーeショップ」を選択し、ダウンロード版を購入したSwitchユーザー(この場合は私)を選択します。 ニンテンドーeショップにログインできれば設定は完了です。 これだけです。 念のため、実際に登録されているか確認してみましょう。 解除したときと同様に、ニンテンドーeショップの画面で右上のアイコンを選択します。 画面を下の方に進めると、きちんと「この本体が登録されています」と表示されていますね。 以上で1台目のSwitchで、既にダウンロードされたゲームを自由にプレイできるようにする設定は終わりです。 1台目のSwitchの最終状態 この結果、1台目のSwitchは以下のような状態になりました。 ちなみに、1台目に新たに作った私のSwitchユーザーには、セーブデータがありません。 今までプレイしたセーブデータは、2台目に引っ越しているためです。 この状態で私が1台目のSwitchでゲームをすると、2台目のSwitchとは別に、新たに1台目のSwitchにセーブデータが蓄積されることになります。 ダウンロード版:2台目のSwitchでゲームできるように設定 上記のように1台目のSwitchで今まで通りゲームできるようになりました。 しかし、先ほどの作業中に2台目のSwitchででダウンロードできる本体が解除されたことで、2台目のSwitchではゲームできなくなりました。 では、2台目のSwitchでスプラトゥーン2をプレイできるようにするにはどうしたらいいのでしょう。 答えは、以下の手順になります。 2台目のSwitchで、元の購入者(私)とは別にスプラトゥーン2を購入するための新たなSwitchユーザーを作成• 2台目のSwitchの新たなSwitchユーザーで、スプラトゥーン2のダウンロード版を購入 実際にやってみましょう。 2台目のSwitchでは私はスプラトゥーン2を買えない 実際の手順に入る前に、上の手順を見て勘の鋭い人は疑問に思ったと思います。 そうです、「2台目のSwitchでも私がダウンロード版を購入すればいいのでは?」と。 私も最初はそう考えたのですが、これは実際やってみると無理なのです。 購入しようとすると以下のような画面が表示されます。 つまり、先ほど私のSwitchユーザーで、ダウンロードできる本体として1台目のSwitchを設定したために、2台目のSwitchでは購入できなくなった、ということです。 なので、2台目のSwitchでスプラトゥーン2を購入するためには、別のSwitchユーザー(ニンテンドーアカウント)を使う必要があるのです。 2台目のSwitchで新たなSwitchユーザーを作成 では、実際に設定していきましょう。 設定するのは、2台目のSwitchです。 (手順が重複する部分は簡単に説明します) まず、2台目のSwitchで 新たに購入用のSwitchユーザーを作成し、購入用ニンテンドーアカウントと連携させます。 私の場合は、2台目のSwitchで新たに妻のSwitchユーザーを作成し、既にあった妻のニンテンドーアカウントをこのSwitchユーザーに連携させました。 あるいは、1台目のSwitchから「ユーザーとセーブデータの引っ越し」で2台目にSwitchユーザーを引っ越しさせてもいいです。 Switchユーザーを追加するときに、忘れずにニンテンドーアカウントとも連携しておきます。 新たなSwitchユーザーでスプラトゥーン2のダウンロード版を購入 次に、 新たに作成したSwitchユーザーで(私の場合は妻のSwitchユーザーで)、 ニンテンドーeショップに進み、スプラトゥーン2を購入します。 購入は、上の画像のようにニンテンドーeショップから直接購入するほか、Amazonで購入することもできます。 Amazonの場合は、ダウンロード番号 16ケタの英数字 をニンテンドーeショップで入力するとダウンロードできます。 購入すると、2台目のSwitchにスプラトゥーン2がダウンロードされます。 以上で2台目のSwitchで、既にダウンロードされたゲームを自由にプレイできるようにする設定は終わりです。 2台目のSwitchの最終状態 この結果、2台目のSwitchは以下のように状態になりました。 2台目のSwitchには、先ほど別のSwitchユーザー(妻)で購入したスプラトゥーン2がダウンロードされており、ダウンロードできる本体は「この本体(2台目)」になっています。 これで、 2台目のSwitchに登録されている全てのSwitchユーザーはスプラトゥーン2をプレイできるようになりました。 さらに、私が1台目のSwitchで長らくプレイしていたスプラトゥーン2のセーブデータは2台目に引っ越ししているので、今までと同じように私はスプラトゥーン2をプレイできます。 まとめ パッケージ版とダウンロード版のそれぞれで、2台のSwitchを使って対戦できるように設定する手順を説明しました。 2台のSwitchで対戦できるようになると、上の画像のように親子でスプラトゥーン2のリーグマッチをプレイできるようになって超楽しいです! スプラトゥーン2について個人的な振り返りをした記事もあります。 こちらもどうぞ! それにしても、ダウンロード版で運用している場合の設定手順がややこしいですね。 ダウンロード版はゲームカードの差し替えをする必要がなく、パッケージ版の箱が家の中で散らかることもないので、私は一貫してダウンロード版を買い続けています。 この記事を見て2台のSwitchの設定がわかるようになれば幸いです。 ただ、これだと同じものを2つ買う必要あるんですよね。 ですが「いつも遊ぶ本体」が導入されたことにより、いくつかの制限はあるものの、ダウンロード版を1つ買うだけで2台のSwitchで遊べるようになりました。 1つのダウンロード版を2台のSwitchで遊ぶことについて、新たに記事を書きました。 こちらもぜひチェックしてみてください。

次の

2台のニンテンドースイッチで1本のダウンロードソフトを同時に起動して遊ぶ方法

ニンテンドースイッチ 2台持ち

家族もゲームをするならもう1台…? 個人的な話なのですが、我が家では1台のニンテンドースイッチを妹と共有して使っていて、譲り合いながらゲームを遊んでいます。 (圧倒的に私の方がプレイ時間多いですけど) お互いにそこまで執着しているわけではないので、特に喧嘩になったりはしないのですが、それでも買いやすくなったこのタイミングで 2台目の購入も悪くないかな…と考えています。 しかし、それはそれで メリットとデメリットがいくつかあるようなので、悩んでいる理由を今回は書いてみようと思います。 セーブデータは引っ越し可能、ゲームデータは… 2台目のニンテンドースイッチを購入したとすれば、最初にやるべき事は 『アカウントの引っ越し』になるかと思います。 例えば兄と弟で1台のニンテンドースイッチを使っていて、弟が自分専用の2台目を購入したとすれば、1台目のニンテンドースイッチから弟のアカウントを2台目に引っ越しさせる事ができます。 しかし、 引っ越しできるのはあくまで『セーブデータ』だけであり、『ゲームデータ』はまた少し事情が違ってきます。 例えば、1台目のニンテンドースイッチでは兄のアカウントでダウンロードソフトを購入していた場合、2台目の弟のニンテンドースイッチには兄が購入したゲームは引き継がれません。 1台目で兄の購入したゲームを弟が遊んでいた場合、セーブデータだけは引っ越しできますが、続きから遊ぶには 2台目にも弟のアカウントでソフトを買い直す必要があり、ゲーム2本分の費用が必要になります。 逆に1台目のニンテンドースイッチから弟のアカウントで購入していた場合は、2台目のニンテンドースイッチでも弟は無料でソフトを再ダウンロードできますが、1台目のニンテンドースイッチではそのゲームを遊べなくなるので、こちらも兄は自分のアカウントでソフトを再購入しなければなりません。 1人1本ずつと考えれば当然なのですが、これまで1本のゲームを共有して2人で遊べていたのに、もう1本分買い直し…と考えると、少し費用の面でためらってしまいます。 インディー系のゲームであれば価格も安いタイトルが多いので、買い直しやすいのですが、例えば『スプラトゥーン2』や『スーパーマリオ オデッセイ』などをダウンロードで購入していた場合、改めて2台目を買って引っ越しさせるかはよく考える必要があるかもしれません。 もし2台目の購入を考えている方は、ダウンロード版ではなく パッケージ版であれば1本のゲームカードを共有できるので、できるだけパッケージ版での購入を心掛けると出費を抑えられそうです。 例えば兄と弟で遊びたいゲームが違った場合でも、各々が遊びたいゲームをプレイできますし、テレビが無くても遊べるので取り合いにもなりません。 また、『マインクラフト』などのゲームを2人で遊ぶ時に、1台のニンテンドースイッチでは画面を分割して遊ぶ事になりますが、1人1台ニンテンドースイッチがあればローカル通信により広い画面で協力プレイが可能です。 この時に前述した『1人に1本ずつソフトが必要』も響いてくるので、結果的にソフト2本分の費用が必要にはなりますが、他にも例えば『スプラトゥーン2』で 家族と一緒に『サーモンラン』や『リーグマッチ』をプレイしたり、『スーパーマリオパーティ』で スイッチを2台使ったミニゲームを楽しめたり、得られるメリットも十分に大きいのではないかと思います。 また、この2台目の恩恵をもっとも得られるのが、なんといっても2019年11月15日に発売された『ポケットモンスター ソード・シールド』に他なりません。 ポケモンは2つのバージョンが同時に発売されるのが伝統になっていて、ソードとシールドに分かれて1人1台ずつプレイしていれば、兄弟や家族で対戦も交換も好きなだけ遊べるようになります。 もし他の家族がポケモンをしないとしても、自分で2つのバージョンを購入して交換できる環境が作れれば、お互いのソフトで必要なアイテムをシェアし合ったり、特定のポケモンを進化させるためにも役立ちます。 と、ダウンロードしたソフトを兄弟で遊ぶには2つ分のソフトが必要である事を紹介したのですが、ちょっとした設定で 1つのDLソフトを2人で遊ぶ手段があるそうです。 それは 『いつも遊ぶ本体の設定』というもので、任天堂の公式サイトにも詳しい手順が掲載されています。 しかし、この設定のページが少しややこしく、私も誤解をしていました。 『いつも遊ぶ本体の設定』とは、2台目のニンテンドースイッチを購入した際に、 1台目でも2台目でも同じゲームが遊べるようにするための設定です。 例えば1台目のニンテンドースイッチに兄と弟のアカウントがあった場合、新しい2台目のニンテンドースイッチにも兄のアカウントを引き継いで、1台目と2台目の両方のニンテンドースイッチに兄のアカウントがある状態にします。 すると、一度ダウンロードしたソフトはeショップで再ダウンロードできるので、兄のアカウントで購入したゲームであれば2台目のニンテンドースイッチでも無料でダウンロードできます。 これによって両方のニンテンドースイッチに同じゲームがインストールされますが、2台目のニンテンドースイッチでゲームをプレイするには制約があって、まず必ずインターネットに接続されている必要があります。 そして、1台目のニンテンドースイッチで兄のアカウントがなにかゲームを起動していた場合、2台目のニンテンドースイッチでは兄のアカウントでゲームを起動する事ができません。 その為、結局本体が2台あっても同時にゲームを起動する事ができず、DLソフトも2本必要になる…と、思い込んでいました。 switch liteを2台目に検討されてる方へ スイッチはファミリー機能を用いるとDL版ソフト1本買えば別々のアカウントで2台で起動できて2台同時起動もできます。 というのも、確かに兄のアカウントで2つのニンテンドースイッチを同時に起動する事はできませんが、片方のニンテンドースイッチを弟のアカウントで起動すれば、1つのゲームを2人で同時に遊ぶ事ができます。 これは少し手順が複雑なので、順番に説明すると…• 兄と弟のアカウントが登録されたニンテンドースイッチがある• 兄のアカウントでゲーム(例としてスプラトゥーン2)をダウンロードしている• 2台目のニンテンドースイッチに『ユーザーの追加』で『ほかのNintendo Switchから引き継ぐ』を選び、兄のアカウントを登録する• 1台目に兄と弟のアカウントが、2台目に兄のアカウントがある状態になる• 2台目の兄のアカウントで、スプラトゥーン2を再ダウンロードする• 1台目の兄のアカウントから、『セーブデータの引っ越し』で2台目にスプラトゥーン2のデータを移動させる• 2台目のニンテンドースイッチで、兄のアカウントでスプラトゥーン2を起動する• 1台目のニンテンドースイッチは、弟のアカウントでスプラトゥーン2を起動する これで1つのダウンロードソフトを兄弟で起動する事ができるようになります。 この手順を詳しく書いた記事を作りましたので、よく分からない!という方は参考にしてみてください。 ただし、この手段も万能ではなく、前述したように2台目のニンテンドースイッチはインターネットに接続されていなければゲームが起動できませんし、2台目で遊べばセーブデータも2台目に保存されるので、場合によってはその後、改めて1台目にセーブデータをまた戻す必要もあるかもしれません。 また、2人で1本のダウンロードソフトを同時に起動している兼ね合いか、ローカル通信で遊ぶ事はできないようです。 なので例えば『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』であれば、1台目と2台目でローカル通信プレイをするのではなく、1台目がオンラインで部屋を作って、2台目はその部屋に入って遊ぶ…といったように、インターネットを経由して遊ぶ事になるかと思います。 公式以外で購入するメリットと罠 話を戻して、2台目が欲しいけどもう少し安くならないかしら…という場合は、 中古で探すという選択肢もあります。 私の身近では、長野市で有名なリサイクルショップ『万代書店』にて、ニンテンドースイッチとジョイコンだけのセットが販売されていました。 ジョイコングリップやACアダプターはおろか、ストラップや箱すらない本当に裸の状態のニンテンドースイッチですが、2台目の選択肢としては十分考えられるかもしれません。 その時見つけた価格は税込み22,000円で、任天堂公式の2台目セットよりも5,000円ほど安く購入できます。 しかし、公式の2台目セットよりお買い得なのは間違いありませんが、まず 中古なので保証書が付かず、もし故障や不具合があった場合は買ったばかりであっても 有料で修理に出す必要があります。 それに対して、『マイニンテンドーストア』で販売されているニンテンドースイッチは自分で左右のジョイコンやストラップの色を選択可能で、1,000通り以上の組み合わせから自分好みにカスタマイズできます。 他にも、ニンテンドースイッチは長時間使い続ける事で『曲がる』などの不具合も報告されており、動作に問題はないとしても、中古品は価格とリスクを天秤にかけて検討する必要がありそうです。 (とはいえ私もニンテンドースイッチはかなり長く使っていますが、今のところ曲がったりなどの不具合は見られないので、そこまで深く注意する必要はないかもしれません。 ) とにかく安く数を揃えるには中古も考えられますが、それより多少高いとしても 『安全を買う』気持ちでストアから新品を購入した方がメリットは大きいかもしれません。 やっぱり自分専用がそろそろ欲しいかも? 2台目を購入すれば楽しみも広がりますが、それにはゲームの引っ越しだったり買い直しだったり、共有するにも色々と設定が必要だったり…、今すぐ踏み出すには少しためらってしまう…という話でした。 しかし、据置ゲームでありながら携帯ゲームの一面も持つニンテンドースイッチは、家族で使うとすると、今後はやっぱり1人1台ずつ欲しくなってきそうです。 2018年秋から始まったオンラインサービスは、本体が違ってもアカウントをファミリーに設定すればお得なファミリープランに入れるようになっているので、可能であれば思い切って早いうちに1人1台の環境を整えた方がお得…なのかもしれません。 特にポケモンとニンテンドースイッチを同時に購入しようと考えているご家庭では、後々ソフトを買い直さなくても良いようにパッケージ版を購入するか、『いつも遊ぶ本体の設定』の活用も視野に入れてダウンロード版を購入するか…、予め考えてから決めた方が良さそうです。

次の