プルームテックプラス 種類。 プルームテックプラスの味の人気ランキングは?新作レビューと全種類の感想

プルームテックプラスの味の人気ランキングは?新作レビューと全種類の感想

プルームテックプラス 種類

愛用の白プルームテック(上)と、黒プルームテックプラス(下) そしてこの記事で特に注目するのは、こういった変化は、更に相乗効果というか、 相乗変化を起こしているという点です。 例えば、• 利用シーン• 気軽さ• 加熱式タバコならではの「わかりづらさ」 は、明らかに「プルームテック」と「プルームテックプラス」で異なっていると思います。 プルームテックプラスを一ヶ月使った上での、真の比較を以下にまとめていきます。 「プルームテック」と「プルームテックプラス」はここが違う スペックで比較する まず、「プルームテック」と「プルームテックプラス」のスペックを比較してみましょう。 これらのスペックの違いは、利用してみて変化を強く感じる点と感じない点がありました。 以下使ってみた上での感想で比較してみます。 しっかり比べちゃうと「全然違う」という領域にまで達する勢いです。 「プルームテックプラス」を吸った後に「プルームテック」を吸うと、 薄っすい! ってなります。 そのくらい、プルームテックプラスの味わいは 強くなっています。 タバコの吸いごたえは煙と濃さで変わってくるというのは喫煙者にとっては馴染み深いと思いますが、プルームテックプラスは、それが愚直に高まっています。 こちらがプルームテックのたばこカプセル解剖の図 — あまり量に違いはない? 結果としてわかったのは、たばこカプセル内のたばこ葉量はほぼ同様。 もしくはプラスの方が若干多いかな?という程度の違いしかありませんでした。 たばこカプセル葉量• カートリッジの内容 全てが最適に調整されることで、この強い吸いごたえを実現しているということがわかりました。 なぜなら、プルームテックプラスの方が場所を取るから。 プルームテックプラスの良いところ プルームテックプラスを一ヶ月使った上で、見えてきた良いところをまとめます。 プルームテックプラスはまさに クリーンに強い味わいに仕上がっています。 「強いタバコ」 と聞くと、煙っぽいとか、喉がやられるとか、そういう強さをイメージしませんか? プルームテックプラスの「強い」はそういった害のある強さを感じることがありません。 「クリーンに強い」という説明がぴっったりくると思います。 プルームテックのニオイや有害性の少なさをそのままに、強い味わいになったのが「プルームテックプラス」なので、その絶妙な味わいは本当に大満足です。 ボタンがやっぱり便利 プルームテックプラスの「電源ボタン」がやっぱりなんだかんだいって便利でした。 というか、加熱式タバコにボタンはやっぱり必須なのか…と思ったほどです。 かゆいところに手が届く感が強い。 ボタン押下でできる動作は大きく3つあります。 電源を入れる• 状態を確認する• 電源を切る それぞれ便利ですが、例えば、今「電池はどれだけ残っているか?」は、ボタンを押せば一発でわかります。 吸っていてもカートリッジ残量がわかって便利! その分、見た目が少しガジェット感が出ているのですが、それもまた一興…。 非常に便利になりました。 プルームテックプラスの悪いところ 良いところあれば、悪いところも見えてきちゃいました…。 ここからはプルームテックプラスを一ヶ月使った上でのbadポイントを挙げていきます。 カプセルを買うのがめんどくさい! なんといってもまずはコレ。 プルームテックプラスの専用たばこカプセルを補充するのが面倒です。 プルームテックプラスは、現在コンビニでの取り扱いがないので、専用タバコを購入するにはインターネット通販でわざわざ買わなければいけません。 この問題は、全国展開が進むことで段階的に解決します。。。 が、それまではやっぱり面倒!はやく全国展開して欲しいですね。 電源オンオフがわかりづらい プルームテックプラスの「電源ボタン」は、確かに便利です。 ただ、たまに これ、どういうこと…。 みたいな状態になることがあります。 はっきり言って、けっこうあります。 使ってたら絶対誰でも経験すると思います。 まず、電源オンの動作が「ボタンを三回押す」なんですが、 本当に押せてるのかわからない。 今、これはどういう状態なのか。 がわかりづらい なんとなく経験的に、ボタンを二回連続で押すのはわかるんです。 でも三回押すという行為が、 これちゃんとできてるの?と初めはやっぱり思いました。 また、逆に電源を落とす時の動作が「ボタンを長押し」なんですが、思ったより長押しが必要で、「 え、この感じで本当に電源落ちてるの?」と、 よくなります。 電源落ちてるのに、吸って確認したことが何度があります!(絶対プルームテックの名残…) というか、電源落とすのが長押しなら、電源つけるのも長押しにしてくれ。 もしくはどちらも3回押しにしてくれ! 特に、アイコスやグローの長押しに慣れていると、初めは違和感を覚えると思います。 カプセルの(気軽な)替えが面倒 これはもうどうしようもないんですが、カプセルの気軽な替えが少し面倒です。 どういうことかというと、(素晴らしい話なんですが)プルームテックプラスのフレーバーは全て、 たばこカプセルとカートリッジがフレーバーに合わせてセットになっています。 つまり、カプセルに合わせてカートリッジが異なっているんです。 プルームテックプラスは、フレーバーに合わせてカートリッジが全て異なっている 見てきた通り、プルームテックプラスの味わいを高めるためにこのようになっているのですが、 これが逆に少し面倒だったりもします…。 だって、プルームテックの味って替えたくなるんです。 レギュラーのマイルドブレンド吸ってたら、ローストブレンドも吸ってみたくなるんです。 そんな時に、カプセルだけの交換なら「ササッ」と出来るんですが、カートリッジの交換も一緒にしないとならないので、少し面倒です。 ここばっかりは気軽ではありません。 最近「プルームテック」も、フレーバー毎にカートリッジが専用のものになってきました。 でも、メンソールはメンソール統一カートリッジ、レギュラーはレギュラー統一カートリッジが基本です。 「プルームテックプラス」は味わいにとことんこだわる代わりに、この少しの面倒が発生しています。 机の上で邪魔になることがある — スタンドが欲しい これは完全に個人的要望なんですが、「プルームテックプラス対応スタンド」が欲しい…! プルームテックプラス専用アクセサリーの「転がらない輪っか」も便利です。 コロコロしないので重宝します。 プルームテックプラスを青空の下で持つ ここまでプルームテックプラスを一ヶ月使った感想をお伝えしてきました。 最後、悪いところを考え始めたら使ってるだけあって結構出てきてしまいました。 ですが、それらを差し引いてもかなりおすすめな加熱式タバコデバイスだと思います。 アイコスやグロー、そしてプルームテックにも出せない「吸いごたえ」をプルームテックプラスはしっかりと作り出しています。 JTはユーザーリサーチを徹底した上で見事なデバイスを作り上げましたね。 プルームテックプラスは全国展開間近 プルームテックは、もうすぐ全国展開を果たそうとしています。 それにあたって、段階的に購入も簡単になってきました。 2020年には加熱式タバコが前提となる、受動喫煙防止法が施行されます。 まさに、この法律は加熱式タバコ時代の喫煙ルールと呼べるもので、その中でもこのプルームテックプラスは、かなりの利用者を獲得していくでしょう。 今後も使い続けた上でなにか発見があったり、詳しい使い方をまとめ次第、お伝えしていきたいと思います。

次の

プルームテックプラス(PloomTECH+)全4種類のたばこカプセルのフレーバーを徹底比較レビュー!

プルームテックプラス 種類

初代プルームテックよりはマシだけどプルームテックプラスのキック感に満足していない方は是非お試ししていただきたい事があります。 まず始めに私は現在、プルームテックプラスをメインに吸っているプルームテッカーです。 元々紙巻たばこやアイコスを1日に2箱吸うような割とヘビースモーカーでしたので正直最初からプルームテックプラスに満足していた訳ではありません。 しかし今ではプルームテックプラスにはすっかり慣れたもので正直ホッとしています。 この記事にたどり着いた方は恐らくプルームテックプラスはどうなのか?移行出来るのか?慣れるのか?といったような疑問を持っている方が多いと思います。 そんな悩みを持つ方の参考になればいいなと思い記事を書きました。 初めてプルームテックプラスを使った時の感想 プルームテックプラスを購入して間もなく、過去にで詳しい感想を記事にしていますが、プラスを初めて試した時の評価は低いものでした。 なぜ個人的な評価が低かったというと、当時メインで吸っていたのがアイコスと初代プルームテックの互換機だったから単純に煙(水蒸気)が少なかったからだというのが大きな理由です。 また、プルームテックプラスそのものに期待がかなり大きかった分、拍子抜けしてしまった事も理由に挙げられます。 一通り4種類のフレーバーを味見した後、いくらも使わないうちに実はヤフオクで売ってしまったのです。 これがプルームテックプラスを初めて吸った時の正直な感想と結果です。 最近プルームテックプラスを再度購入 そういえば収納箱が変わりましたね。 私が前に買った時の発売当初はこんな感じの箱に入っていましたけど、やはり四角い箱の方がしまうときに収まりがいいものです。 発売当初の収納箱 デバイスカラーはブラックです。 ホワイトも良かったんですけど前回がホワイトだったので今回はデバイスカラーをブラックに変えてみました。 さて、なぜ評価の低かったプルームテックプラスをまた購入したかというと理由は単純で、 プルームテックプラスに慣れるためです。 思えば今まで加熱式電子たばこやVAPEを手当たり次第試してきました。 その結果、総合的に考えて自分にとって最高のデバイスはプルームテックプラスだったという事に気付いたのです。 人によって 電子たばこに何を求めるかによって人それぞれ自分に合う電子たばこは違ってきますが少なくとも私がプルームテックプラスが一番だという理由を少し書いてみたいと思います。 プルームテックプラスは無臭だから 加熱式電子たばこの3大ブランドといえばアイコス・グロー・プルームテックです。 中でもアイコスが最も「吸った感」を提供してくれるデバイスだという事は周知の通りです。 しかし周囲の人に対する「においの不快感を与える順」ではアイコスが一番臭く、プルームテックはほぼ無臭で周りの人にニオイで迷惑をかけません。 紙巻たばこの副流煙の害が問題視された時、紙巻たばこ喫煙者が肩身を狭い思いをしたあげく多くの人がアイコスなどといった加熱式電子たばこに移行しました。 しかし今はどうでしょう。 今度はアイコスの副流煙が臭い・口が臭い・副流煙にも害があるとか言われる始末です。 結局、アイコスやグローにしたって副流煙が臭いから周囲には煙たがられるのです。 なので副流煙のニオイもほぼ無く、吸った直後の口臭もないプルームテックじゃないと駄目なんだと思ったのです。 「ニオイが無い」というのがこれからの時代、喫煙者が生き残る唯一の道だと気付いたのです。 周囲の人の為に生きている訳ではありませんが、これも時代の流れで周囲の人に嫌な顔をされない為には「無臭」が一番なのです。 プルームテックプラスはカスやゴミがなく衛生的 アイコスを吸っていた時は車内も家も使用済みヒートスティックから出るたばこ葉の黒いカスがあっちこっちに落ちていました。 またホルダーをいじったりしてると手が黒くなったり臭くなったりと結構不快でした。 一方、プルームテックプラスはゴミ・カスは一切出ません。 出るとしたら使用済のカプセルだけですよね。 プルームテックプラスは使っていてストレスが一切無いところが他のデバイスよりも優れているところ。 それにアイコスみたいに面倒なホルダー内部や加熱ブレードの掃除といったメンテナンスをしなくていいのがとてもいい。 もうあのサイクルには戻れません。 今(プルームテック)のメンテナンスは吸い口を除菌シートでサッと拭上げるくらい。 掃除をしないと吸い心地が悪くなるとか今考えると本当に面倒な事をしていたな~と思いますね。 プルームテックプラスに慣れたきっかけ このようにプルームテックプラスがいいと頭では分かっていてもなかなか移行出来ない方って多いと思うんですよね。 移行コツを簡単に言うととことんニコチン切れした状態からプルームテックを吸うこと。 ちなみに2度目のプルームテックプラス購入してから今、プルームテックプラスをメインに変えられたのはある出来事がきっかけなのです。 それは 丸一日、プルームテックプラスしか吸えない状況を過ごしたこと。 詳しくは言えませんが、ちょっと病院で一日過ごす機会がありまして、アイコスは吸えないけどプルームテックプラスなら吸えるような環境だったんです。 9:00~18:00くらいでしたかね、時間にして約9時間ですがその間一服はプルームテックプラスのみだったのですが全然イライラしませんでしたね。 人間の対応力って凄いなって思います。 これが仮にアイコスを吸える状況になってアイコスを吸ってしまえば、自分のからだはその瞬間からアイコスのニコチン量じゃないと満足出来ない体質に戻ってしまったでしょう。 これが私のプルームテックプラスに慣れた体験談ですね。 プルームテックプラスに慣れる為の準備 この記事を読んでもしプルームテックプラス移行にチャレンジしたいと思ったなら個人的なアドバイスを送りたいと思いますのでご参考にしてみてください。 まず先ほども言った通り、プルームテックプラスに移行する前は 限界までからだをニコチン切れ状態にすること。 究極に吸いたくなるまでニコチンは摂取しない事です。 フレーバーはこちらのメンソール・クリヤーミントの1択です。 これが一番吸った感がありますし、ニコチンが足りない時でもメンソールが喉を刺激してくれるのである程度自分の脳をごまかす事が出来ます。 そしてもし吸い口キャップを持っていたらセットした方がいいでしょう。 よく売っているシリコン製は柔らかくて頼りないしほこりやごみが付着しやすくて駄目です。 プルームテックの純正品のように固いハードタイプがおすすめです。 マウスピースもシリコンタイプとハードタイプが販売されていますが、私は純正寄りの堅めのマウスピースがしっくりときます。 私も最初は満足のいくキック感を得られずイライラしていた時期もありましたが、自分なりに色んな吸い方を試し続けた結果、 普通に吸うよりキック感を倍増する吸い方のコツを見つけました。 するとどうでしょう、1口分のニコチン量が少ないプルームテック+でも2口分のニコチン量が肺に入るのでキック感は倍増します。 この方法は理にかなっている方法で且つ簡単なので私は毎回この方法で吸って満足しています。 この 吸い方、名付けて「ダブル吸い」です。 プルームテック+を上手に使うコツ とはいえ、プルームテックプラスはカプセル交換後初回5口目くらいまではダブル吸いしなくても十分な満足感を得られます。 毎回このダブル吸いをすると通常のプルームテックプラスに慣れないのでなるべく普通に吸って慣らしていくことをおすすめします。 カプセルが残り少なくなったり、ちょっとキック感を得たい時だけ先ほど説明した「ダブル吸い」をするといいのではないでしょうか。 最後になりましたがプルームテックプラスに慣れた生活はとても心地がいいものです。 アイコス時代はカスで部屋や車内は汚くなるし、手は黒くなるうえやっぱり臭い。 それに加えてヒートスティックのハズレ問題もあるしアイコスを使っているとストレスが溜まってましたからね。 プルームテックプラスはアイコスやグローとは違い次世代型の電子たばこだと思っています。 プルームテック+に移行したいと考えている方にはこの記事でお教えした「ダブル吸い」を活用しながらプルームテックプラスに慣れる事を心よりお祈りしています。 お読みいただきまして、ありがとうございました。

次の

プルームテックプラスの色の種類は?本体のカラーバリエーション

プルームテックプラス 種類

この記事を2行でまとめると• プルームテック向けに現在販売されているのは12銘柄。 銘柄ブランドは「メビウス」と「ピアニッシモ」の二択 PloomTECH用フレーバーは現在11種類! メンソール系 レギュラー系 ピアニッシモ(Pianissimo) 「ピアニッシモ・アリアメンソール」 「ピアニッシモ・ストロベリー・マンゴーピンク・クーラー」 「 ピアニッシモ・パイナップル・ピーチイエロー・クーラー」(販売中止) 「 ピアニッシモ・ブルーベリー・ヨーグルト・クーラー」(販売中止) 「ピアニッシモ・サクラ・クーラー」(期間限定) 「 ピアニッシモ・レモンティー・ゴールドアロマ」(販売中止) メビウス(MEVIUS) 「メビウス・ミックス・グリーンクーラー」 「メビウス・レッド・クーラー」 「メビウス・パープル・クーラー」 「メビウス・メンソール」 「メビウス・マッチャ・クーラー」(期間限定) 「メビウス・ブラウン・アロマ」 「メビウス・レギュラー」 「 メビウス・バニラ・アロマ」(販売中止) 「メビウス・アズキ」(期間限定) ということで、現状販売されている2個の期間限定銘柄を含めると、現状は「レギュラー系4種類、メンソール系8種類」の銘柄が販売されています。 どんな種類がある? 銘柄ブランドは「メビウス」と「ピアニッシモ」の2種類 ピアニッシモ(Pianissimo) メビウス(MEVIUS) 価格 490円 490円 銘柄数 5種類 7種類 カートリッジ 白色 黒色 ということでプルームテック専用のたばこカプセルのブランドは「 ピアニッシモ(Pianissimo)」および「 メビウス(MEVIUS)」です。 値段は同じで、中身は独自のカプセルとカートリッジが入っています。 当然カプセルは全ての銘柄で異なりますが、カートリッジは一部に互換性があったりなかったりします。 (色はメビウスが黒、ピアニッシモが白ですが、特に意味はありません。 ) カートリッジの互換性について カートリッジの互換性が少しややこしいので、簡単に解説しておくと。。。 レギュラー系はメビウスもピアニッシモも他のカートリッジと互換性なく、メンソール系であればメビウスとピアニッシモのカートリッジは相互互換! ということです。 通期販売銘柄と、期間限定銘柄がある ということで、プルームテックは期間限定販売が大好きなんですよね。 これまでにも上記以外の夏限定銘柄などを販売してきました。 というわけで現在の冬シーズンで期間限定で販売されている銘柄は上記の3銘柄です。 プルームお兄さん 曰く 開発めちゃめちゃ難しかったらしい。 でもしっかり最後まで吸い込むと、最後に レモンティーの渋さ残ってる。 もう少し、やりようがあったのではないか??これは酷い💧一年で一番まずいタバコです。 どれも個人的には非常に美味しく感じました。 上記同様のレビューは以下の記事にて行なっているので、ぜひご覧ください!• ピアニッシモ・ブルーベリー・ヨーグルト・クーラー・フォー・プルーム・テック• ピアニッシモ・パイナップル・ピーチイエロー・クーラー・フォー・プルーム・テック• メビウス・パープル・クーラーフォー・プルーム・テック ということになりました。 正直一位の「 ピアニッシモ・ブルーベリー・ヨーグルト・クーラー・フォー・プルーム・テック」に関しては、ヨーグルト味のタバコって如何なものか。 と思っていましたが、これが意外と美味しいんですよね。 続いての 二位の「 ピアニッシモ・パイナップル・ピーチイエロー・クーラー・フォー・プルーム・テック」。 これもタバコというよりもVapeに似た楽しみ方になってしまうのですが、しっかりと桃の旨味が感じられて美味しかったです。 第三位の「 メビウス・パープル・クーラーフォー・プルーム・テック」は、やはりどのタバコでも外せない「パープルメンソール系銘柄」ということでランキングに入れておきました。 とはいえ基本的にどの銘柄も美味しく、ハズレだなと思った銘柄はありませんでした。 上のレビューを参考にしながら、自分に一番あった銘柄を探してみてください!.

次の