このサイトは安全ではありません。 お使いの PC はこの Web サイトのセキュリティ証明書を信頼しません。の原因

このサイトは安全ではありません。この接続ではプライバシーが保護されません。安全な接続ではありません。について

このサイトは安全ではありません

IE11で、『このサイトは安全ではありません』と表示されてしまいます。 ホームページを公開しているのですが、最近添付図のような表示がされてしまいます。 サービス会社に問い合わせると、「〔S〕取り除けば大丈夫だ。 」と言いますが、要領をえません。 しかし、他のどのサイトにも、〔S〕が付いているが、問題はありません。 この〔S〕は、IE11が付けるのでしょうか? それとも、プロバイダーでしょうか? 並行に使用していた、他のプロバイダーでは全く問題がありませんでした。 ----------------------------------- 『〔アイコン〕このタブを閉じる 詳細情報 詳細情報 Web サイトのセキュリティ証明書のホスト名が、参照しようとしている Web サイトと異なります。 断定はできませんが、Googleの検索エンジンは新しいサイトを「コンテンツの無断複製」と判断してしまっているのかもしれません。 Google検索順位が突然圏外に!? 「httpのサイトよりhttpsのサイトの方が検索順位を優遇しますよ」というものです。 しかし現状では、おまけ的な扱いで検索順位に大きな影響を与えるほどのシグナルでは無いと言われています。 Googleは、サイト運営者に対しHTTPからHTTPSへの移行を推奨するためにこれらの検索エンジンにおける優遇措置を講じています。 なるほど「https」の方が多少 優遇されるようですね。 ただし、「http」だからと言って致命的と言う訳ではありません、「https」をサポートしていない地上波のテレビ局のサイト「TBS」、「テレビ朝日」でも普通に検索できます。

次の

富士通Q&A

このサイトは安全ではありません

Windows10 で Google や Youtube を見ている時に突然「このサイトは安全ではありません」というエラーが出たというトラブルを相談されました。 こんなエラーが出ていました。 このサイトは安全ではありません だれかがユーザーを騙そうとしているか、サーバーに送信されたデータを盗み取ろうとしている可能性があります。 このサイトをすぐに閉じてください。 通常このエラーはウェブサイトのセキュリティ証明書の有効期限が切れている時に表示されるエラーです。 ウェブサイトの担当者がうっかり証明書の更新を忘れてしまった場合などに出ます。 しかしあの天下の Google や Youtube でそんなミスは考えられません。 切り分けに他のブラウザで見てみました。 すると、正常に見る事ができたので Edge だけの問題という事がわかりました。 対処方法 色々試行錯誤してわかった原因は キャッシュでした。 溜まりすぎたキャッシュは時折様々な不思議な不具合を引き起こします。 そのキャッシュをきれいさっぱり削除しましょう。 画面右上の「…」ボタンを押してメニューを開き、設定を選択します。 左メニューより「プライバシーとセキュリティ」を選択し、「クリアするデータの選択ボタン」を押します。 Cookie と保存済みのWebサイトデータ• キャッシュされたデータとファイル この2つにチェックマークを入れてクリアボタンを押します。

次の

保護されていない通信。この接続は安全ではありません。注意してください。とブラウザに警告が出る理由

このサイトは安全ではありません

もう何年もアクセスしているサイトが昨日までは何の問題なかったのに、今日 突然アクセスできなくなり、下記のメッセージが表示されます。 IE10 「このサイトは安全ではありません。 だれかが利用者を騙そうとしているか、サーバーに送信されたデータを盗み取ろうとしている可能性があります。 このサイトをすぐに閉じてください。 」~詳細情報をクリックすると「Web サイトのセキュリティ証明書はまだ有効になっていないか、有効期限が切れています。 Google Chrome 「この接続ではプライバシーが保護されません。 ・・・以下省略」 Firefox 「安全な接続ではありません。 www. fruitmail. net の所有者によるウェブサイトの設定が不適切です。 あなたの情報が盗まれることを防ぐため、このウェブサイトへの接続は確立されません。 」 3つのブラウザすべてが同じ状態でアクセス不可!ただ、他のサイトは問題ありません。 なぜ突然、このようなメッセージが表示されるのでしょうか? PCは東芝Dynabookで、OSはWindows8. 1を10にアップグレードしています。 そのせいかどうかは分かりませんが、最近PCの調子がメチャ悪いです。 これも何か関係があるのでしょうか? PCの知識に乏しい私は解説を読んでも全く理解できません。 なので、難しい専門用語とかは省いて、こんな私でも解かり易い解答をお願い致します。 Firefoxが出しているメッセージが一番わかり易いんですが… インターネットの仕組みを知っていないとナンノコッチャですよね。 まず、ログインするためにhttpsで始まるURLへ移動するわけですが、httpsというのは通信が暗号化されます。 IDとパスワードが暗号に変換されると思ってください。 暗号に変換されていないと悪意のある第三者 いわゆる泥棒 が意図的に盗むことが可能な状態であるということです。 ログイン後にhttpで始まるURLだった場合はパスワードが覗き見られる状態になっている可能性が高いです。 そして、サイト側の設定が不適切で暗号化が適切に行われない可能性があるとブラウザが表示しているのですが、暗号変換を第三者機関が適切であると保証しているのがhttpsというものになります。 第三者機関ではサイトごとに申請を受け付け、暗号化が適切であるという証明書を発行しているのですが、証明書には有効期限があります。 今回の場合はその有効期限が過ぎているということになります。 接続しようとしているサイト管理者が更新手続きを怠ったのが原因です。 利用者である貴方ご自身ではどうすることもできません。 その段階で、コンピュータウイルスチェックも、ウイルス対策ソフトウェアも、 実は毎日のように、改訂・改良を繰り返している訳ですから、分からなくても その時・そのコンピュータシステムのメッセージに従えば、ただ、それだけでよいのでしょう。

次の