小柳 ルミ子 宝塚。 小柳ルミ子が“猫可愛がりぶり”を公開した意外な「宝塚の後輩」

小柳ルミ子さんの宝塚時代は主席だった?美しい画像も!

小柳 ルミ子 宝塚

小柳ルミ子の若い頃画像 小柳ルミ子さんは、1952年7月2日福岡県福岡市早良区で生まれました。 小柳ルミ子さんの母親は小さい頃から娘を歌手にさせたいという夢をもっており その期待から日本武芸・クラシックバレエ・ジャスダンスやタップダンスなど計8つも習い事に通っていたんですよ。 そして中学卒業後、小柳ルミ子さんはその期待からか宝塚音楽学校に入学し それ以降毎日朝9時~夜10時までと寮の門限すれすれまで学ぶという多忙な年月を過ごしていったんです。 ここで生涯の友人となる当時先輩の梓みちよさんと出会い在学中に歌手になりたいと打ち明けました。 ちなみ歌手として所属を希望したのが渡辺プロダクションであり、 渡辺プロ側も「宝塚学校を首席で卒業したら歌手としてデビューさせてあげる。 」と回答したんですよ。 なんと、小柳ルミ子さんはその言葉通り1970年(昭45年)に宝塚音楽学校を首席で卒業したんですよ、すごすぎますね! ちなみに、歌手デビューは約束されたのですが、せめて宝塚女優として初舞台は踏みなさいと言われ、 そのまま「夏川るみ」という芸名で宝塚歌劇団に約2か月間入団しました。 その後は退団し、そのまま歌手という職業につきます。 当時、宝塚歌劇団で活躍していた若い頃の小柳ルミ子さんの画像をのせておりますのでご覧ください。 女優&歌手デビュー! 小柳ルミ子の若い頃画像 宝塚歌劇団を退団した年、歌手デビュー前に顔を売る為NHK連続テレビ小説「虹」で女優として芸能界にデビューした小柳ルミ子さん、 翌年にはワーナー・ブラザーズ・パイオニアの邦楽部門初の歌手として契約したんです。 そして作曲家である平尾昌晃さんプロデュースの元「わたしの城下町」で歌手デビューを果たしました。 なんとこのレコード・・160万枚の大ヒットとなり、さらにオリコン年間シングル売上チャートで第一位を記録し その結果第13回日本レコード大賞最優秀新人賞をも獲得したんですよ。 芸能界デビューしたての小柳ルミ子さんの画像を載せておりますがめちゃくちゃ綺麗ですね。 1970年代前半を代表するアイドル時代! 小柳ルミ子の若い頃画像 女優・歌手として芸能界デビューを果たした小柳ルミ子さん。 若い頃から美しすぎる容姿、そしてすばらしい歌唱力を持ち合わせていたのですぐさま話題となり、 当時同じく人気があった天地真理さん・南沙織さんと共に「三人娘」と呼ばれる1970年前半を代表するアイドルになったんです。 ちなみに1972年(昭和47年)にリリースした「瀬戸の花嫁」という楽曲は、第3回日本歌謡賞を受賞したのでした。 若い頃から宝塚学校で学び首席として卒業した小柳ルミ子さん、さすがですね! ここでは、三人娘と呼ばれていたアイドル時代の小柳ルミ子さんの画像を載せておりますが 三人ともめちゃくちゃかわいい、こんな綺麗で可愛い三人組がいたなんてびっくりです! 小柳ルミ子の若い頃画像 アイドル路線で歌手活動をしていた小柳ルミ子さんなのですが1970年代後半~1980年前半に入ってからは、 持ち前の歌唱力を生かし正統派歌手として活動を開始するためアイドルというジャンルを卒業しました。 「冬の駅」「星の砂」「お久しぶりね」など正統派歌手として活動しはじめてすぐヒット曲を飛ばしました。 当時歌手してどのくらい活躍していたかをご紹介しておくとなんとデビューしてから1988年まで NHK紅白歌合戦に18年連続出場という実績を残すくらいなんですよ!すごいですよね。 ここでは、正統派歌手の小柳ルミ子さんの画像を載せておりますが たしかにアイドル時代と比べると雰囲気が違いますね、どこかクールな感じがしませんか? 現在までの活躍とは! 小柳ルミ子の若い頃画像 若い頃から宝塚に歌手・女優と様々な分野で活躍してきている小柳ルミ子さん。 2010年には芸能生活40周年記念パーティー(誕生日会を含め)を開催し親友や芸能関係者など なんと700人が集まるくらい盛大に行われたんですよ。 小柳ルミ子さんがどのくらい周りから愛されているかが分かりますよね。 また2014年には大人の女性が身に着けるのに相応しいエレガントで華やかなハイジュエリーを企画した ブランド「dancequeen」をプロデュースして販売するなど、芸能界とはまた違った分野でも活躍しているんですよ。 現在活躍する小柳ルミ子さんの画像を載せておりますがやはり若い頃から変わらない美しさです。 まとめ 今回は、小柳ルミ子さんについて若い頃に活躍していた宝塚歌劇団時代から現在までの画像を交えながら 振り返っていきましたがいかがでしたでしょうか。 こうやってふりえっていくと本当に小柳ルミ子さんは様々な場所で活躍してきたことがわかりますよね。 そして本当に若い頃から現在までうつくしさは一切衰えていないとこもすごいです。

次の

小柳ルミ子 宝塚時代の写真が可愛い! サッカー愛がスゴイ

小柳 ルミ子 宝塚

宝塚だった? 小柳さんは、中学卒業後、40倍の難関を突破して、 宝塚音楽学校に入学されるのですが、 もともと、歌手を目指されていたことで、宝塚音楽学校の先輩で、 すでに歌手として活動されていた、梓みちよさんの口利きで、 「渡辺プロダクション」に、歌手になりたいと願い出ます。 渡辺プロは、 「宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる」 と、答えたそうで、 小柳さんは、1970年、 見事、宝塚音楽学校を首席で卒業。 こうして、小柳さんは、 歌手デビューへの切符を手にされると、 渡辺プロから、初舞台だけは踏むように言われ、 宝塚歌劇団に入団されると、その言葉どおり、 初舞台を踏むと、2ヶ月で退団されたのでした。 多くの方が宝塚で燃え尽きるなか、小柳さんにとって、宝塚は、 あくまで、歌手になるための修行の場だった、ということで、凄すぎますね! デビュー曲「わたしの城下町」でブレイク 1970年に宝塚を退団された小柳さんは、 まずは、顔を売るために、NHK連続テレビ小説 「虹」で女優デビュー。 そして、翌年の1971年、シングル 「わたしの城下町」で、念願の歌手デビューを果たすと、 レコード売上160万という大ヒットを記録したのでした。 「わたしの城下町」 この曲は、オリコン年間シングル売上チャートで第1位に輝き、 この年の 「第13回日本レコード大賞最優秀新人賞」も獲得。 その後も、翌年の1972年には、 4枚目のシングル 「瀬戸の花嫁」が大ヒットを記録し、 同年の 「第3回日本歌謡大賞」を受賞するなど、 「瀬戸の花嫁」 以降、小柳さんは、次々とヒット曲を連発。 さんや、さんとともに、 1970年代前半を代表する、アイドルとなられたのでした。 正統派歌手へ そして、1970年代後半からは、 アイドルを卒業し、正統派歌手として活動を開始されると、 1976年 「逢いたくて北国へ」 1977年 「星の砂」 1980年 「来夢来人(ライムライト)」 1983年 「お久しぶりね」 と、アイドルの時と同様に、ヒット曲を連発。 その後も、歌手、女優、タレントとして、様々な分野で活動されています。 元旦那は大澄賢也 そんな小柳さんは、1989年、36歳の時、 当時、まだ無名で、13歳年下だった、ダンサーの大澄賢也さんと電撃結婚。 結婚当時の小柳さんと大澄さん。 なんと、交際してから10日というスピード婚で、 大澄さんは、お二人の出会いについて、 小柳さんのバックにつくって、 男性のダンサーからすると、すごいステータスなんですよ。 憧れですし。 小柳ルミ子さんのディナーショーの仕事が入ってきて、23歳ですね。 (1988年)11月の終わりくらいにリハーサルがあって。 そこで初めて会って、クリスマスイブからつき合いだして、 翌年の1月6日に結婚しました。 と、明かされていました。 また、大澄さんは、1988年の 「NHK紅白歌合戦」に出場された、 小柳さんの後ろで踊っておられたそうですが、 このとき、とても強い高揚感があり、 大澄さんのほうから、結婚を申し込まれたのだとか。 そして、結婚後は、夫婦揃っての、テレビ、ステージ、 イベント出演が多かったことで、おしどり夫婦といわれましたが、 結婚から12年後の、 2000年、離婚されています。 離婚の理由は? 気になる離婚の理由ですが、小柳さんは、2016年、 離婚原因が、大澄さんの浮気だったことを明かされ、話題となりました。 そして、小柳さんは、仕事場でも家でも 大澄さんを立てていたとおっしゃっていましたが、 大澄さんは、以前、テレビ番組で、 月収300~400万円を稼いでいる時に、小柳さんから、 「あなたの稼ぎだけでは、やっていけない」 と、言われたことを明かされているので、 こういう言動が、 大澄さんを浮気に走らせたのかもしれませんね。 また、お子さんを望む大澄さんに対し、 望まない小柳さんとの間に、溝ができてしまったとも言われています。 離婚の条件 そして、小柳さんは、離婚の条件として、 高額(1億円)の慰謝料を支払うこと 以前の無名のバックダンサーに戻ること のいずれかと要求されたそうで、大澄さんは前者を選択。 大澄さんはすでに、1億円を払い終えたと言われていますが、 1億円を請求した理由については、小柳さんは、 本当にごめんなさい、 それは墓場にまで持っていきたいんです。 人のことだし、いいじゃない。 と、にごしておられたことから、分かりませんでした。 Sponsored Link 現在は独身 そんな小柳さんは、2007年7月、 27歳年下の俳優・石橋正高さんと婚約を発表。 しかし、その3ヶ月後、 入籍直前に婚約を破棄されています。 「一生ついていきたい」 と、おっしゃっていた石橋さんに対し、小柳さんは、 「甘えられる事に疲れた」 と、おっしゃっていました。 確かに、いくら肉食系の小柳さんでも、 その当時、すでに55歳。 あからさまに、「一生ついていきたい」と言われても、 厳しいものがあったのでしょうね。 さて、いかがでしたでしょうか? いつまでも、若々しく美しい小柳さんですが、もう60代も半ば。 このまま独身を続けられるのでしょうか? 今後の小柳さんの恋愛事情にも注目ですね!! (60代で恋愛が話題になるなんて凄すぎ!).

次の

小柳ルミ子若い頃 芸能界デビュー宝塚仕込みの歌唱力がスゴ過ぎる: 気になるトピックス

小柳 ルミ子 宝塚

とても透き通った綺麗な声ですね。 歌手になりたかったというのも納得してしまします。 舞台の上で、一人で歌い、ダンスや大した振り付けもないのに、本当に歌だけで魅了されてしまいますね。 その後、 「お祭りの夜」「京のにわか雨」「漁火恋唄」 なども大ヒットしました。 小柳ルミ子さんは、 天地真理さん、 南沙織さんらとともに当時 『新三人娘』と呼ばれ、1970年代前半を代表するアイドルとなりました。 スポンサーリンク その後、1970年代後半~1980年代前半に入ってからは、 小柳ルミ子さんは、アイドルというジャンルを卒業し、持ち前の歌唱力を活かした正統派歌手として 「冬の駅」「逢いたくて北国へ」「星の砂」「来夢来人(ライムライト)」「お久しぶりね」など、 数々のヒット曲を飛ばしました。 まるで一人宝塚を見ているようです。 ダンスのスゴく激しく踊っているにもかかわらず、それでもキチンと歌っているところに感動してしまいました。 デビューの1971年(昭和46年)から1988年(昭和63年)まで、 NHK紅白歌合戦に18年連続出場という実績を残しています。 そして、小柳ルミ子さんは、女優として数多くの作品に出演し、多くの賞を受賞しています。 1982年 『誘拐報道』でキネマ旬報賞助演女優賞、 第6回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、 1983年 『白蛇抄』で見せた迫真の演技により、 第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞 1994年(平成6年)日本テレビ系連続ドラマ『家なき子』に安達祐実演じる主人公・相沢すずを執拗に苛める伯母・園田京子役で出演 2000年(平成12年)ドラマ『明日を抱きしめて』に出演主要キャストとして出演していた三田佳子が息子の不祥事により降板した際、三田とも親しい小柳に白羽の矢が立てらました。 まだまだありますが、、書ききれませんでした。 小柳ルミ子さんは、沢山の作品に女優としても出演しています。 幼少のころから、様々なものを習い、その後宝塚音楽学校で学ぶなど、小柳ルミ子さんには、歌にしても、演技にしても、しっかりとした基礎に裏付けられたものがあるのでしょうね。 芸能界デビューしたての頃の小柳ルミ子さん、本当に清純派という感じでかわいらしいですね。 小柳ルミ子さん、2017年現在65歳ということですが、とても綺麗ですね。 とても良い年の重ねられ方をしてると思います。 小柳ルミ子さんみたいに、いつまでも若々しくいられたらいいですね。

次の