国分寺 坦々麺。 担担麺

国分寺 オトメ(国分寺/中華)

国分寺 坦々麺

名称、表記 [ ] 「担担」または「担担兒」は成都方言でを意味し 、元来、天秤棒に道具をぶら提げ、担いで売り歩いたのためにこの名が付いた。 本来ので書くと「 擔擔麪」である。 「担」は「擔」の、「麵」は「麪」のを示す部品を取り替えて生まれたである。 「」は「麵」の偏を崩している。 では「担担面」と書くが、「面」は「麵」の偏を取った字である。 なお、日本においては「担」および「麺」がであり、一般に使われている。 日本語では「担担麺」と書くのが最も一般的だが、を使って「担々麺」と書く事も多い。 日本では、店のメニューに「坦坦麺」もしくは「坦々麺」と書いてある例も少なくないが(正:担、誤:坦)、中国で「坦」の字は使われない。 中国の担担麺 [ ] ごろ、四川省の陳包包というあだ名の男性が考案 して、で売り歩いたと言われる。 もともとは、天秤棒の片側にを使うと鍋を、もう一方に、、、洗い桶などを吊して、担いで売り歩いた。 鍋はまん中に区切りがあり、片方には具を、片方には湯を入れるようにしていた。 温かく、辛い麺を出したのが受けて流行ったという。 上海の担担麺である。 日本の担担麺に近い。 本場の中国では、日本で言うところの「」が食べられている。 もともと、天秤棒を担いで売り歩いていた料理であり、スープを大量に持ち歩くのは困難であったことから、「汁なし」が原型である。 日本の汁椀からご飯茶碗程度の小さな碗に入れて売られる事が多く、一杯あたりの量は少ない。 小腹が空いたときに食べる中国式の一種と考えられている。 麺は一般的にストレートの細麺で、は使わないので色は白い。 そぼろは、豚肉をでにし、を入れたで、料理酒、、、を加えてぱらぱらになるまで炒める。 味付けは、、の粉または花椒油(辣油の華北山椒版)、がベースで、少量の、などを合わせる。 日本の担担麺でよく用いられるやはあまり用いられない。 この辛い液が入った碗に、ゆでた麺を入れてから、具を載せる。 具は一般的にので、薬味には刻み、、刻んだ「(四川〈四川では単に「川」〉地域の冬菜〈カラシナ〉)の、の芽、煎り、刻んだ、揚げたなどが添えられる。 混ぜてから食べる。 近年は中国各地の店や専門店で食べられるが、など、辛いものを食べ慣れていない地域では、辛さを控えて出す例がある。 また、スープが十分に入ったものは、後述のように日本においてアレンジされて普及した担担麺であるが、現在では中国大陸の四川料理店でも、スープのある汁麺を用意しているところも増えつつある。 担担麺と称しないが風味や具が似た麺料理として、四川省成都市羊馬鎮の「査渣麺」 、四川省成都市の「甜水麺」 、の「康家脆臊麺」 などがある。 また、の「」は天秤棒で担いで売り歩いた麺料理という点で共通する。 日本の担担麺 [ ] 日本の担々麺 日本の担担麺は、と同様に、四川省出身の料理人が、日本人向けに改良した作り方を紹介して、各地に広まった。 一般に中国のものと比べて直径で1. 5倍以上、場合によっては3倍ほどの碗で出され、スープが付き、のように、一杯で一食が事足りるようになっている。 そして、辛さを抑えるために、との風味を効かせたを合わせ、汁麺として出されることが多い。 汁の味や辛さは中国のものよりも薄く、飲める程度になっている。 麺は店によって異なるが、一般的に中国のものよりも少し太く、鹹水を使ったがほとんどである点も異なる。 太麺になると、スープにからみにくくなることもあり、一部の店では、縮れ麺を使用し、スープとからませるようにさせている。 日本では、担担麺の定義が決められていないため、店によってまちまちの味付けと具材になっており、たとえば肉のそぼろはを用いるのが普通で、豚肉ではなく、合い挽き肉、のものだったり、や煮豚などを載せたりと店によって様々である。 また、、、、などのが少し添えられたり、みじん切りのなどがそぼろに加えられたりする場合もある。 薬味は刻みやの細切りなどが多い。 また近年、一部の日本国内のが、次項のようなの担担麺をまねた味を出す店もあり、干し海老の味がするものもある。 また、には、ベースの激辛スープを使ったが存在し、周辺では専門店が多くあり、最後にご飯を入れるといった独特の食べ方、黒ごまやを使ったものを出す店もあるなど、地域や店舗独特の風味のものもある。 さらに、小田原市には1975年に上曽我で発祥した、ひき肉・ザーサイ・ニンニク・豆板醤などをベースとした、とろみの強いあんかけ風甘辛スープの担々麺も見られ、「」と呼称されている。 インスタント食品 [ ] の一種として、日本では袋麺もしくはカップ麺の形態で多くの種類の担担麺が販売されている。 また、の麺に代えて、やを用いた製品も近年増えてきている。 また、にはが「日清のどん兵衛 担担うどん」を、には「日清の小生粋 担担うどん」を発売した。 担担麺を主題にした作品 [ ]• 麥兜的擔擔麵 - が主人公の、香港の謝立文と麥家碧によるシリーズの一作品(2009年)。 脚注 [ ] []• 王文虎、張一舟、周家筠編、『四川方言詞典』pp69-70、1987年、四川人民出版社、成都、• 広辞苑 第六版【担担麺】• 王文虎、張一舟、周家筠編、『四川方言詞典』pp69、1987年、四川人民出版社、成都、• 典尚文化工作室編、『麻辣誘惑 川味小吃』p26、2011年、青島出版社、青島、• 鄭春博編、「担担面」『成都小吃』、p9、2010年、化学工業出版社、北京、• 梁正超編、「担担面」『地道小吃 成都小吃』、p30、2012年、化学工業出版社、北京、• 典尚文化工作室編、「査渣麺」『麻辣誘惑 川味小吃』p27、2011年、青島出版社、青島、• 典尚文化工作室編、「甜水面」『麻辣誘惑 川味小吃』p29、2011年、青島出版社、青島、• 張生良 主編,「甜水面」『中国小吃搜索 引擎』p105,2010年,山西経済出版社,太原• 張生良 主編,「康家脆臊面」『中国小吃搜索 引擎』p116,2010年,山西経済出版社,太原• 、、、、、• ラーメン王国神奈川. 西東社. 20101101 2019 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

担担麺 紅麗(クレイ)|国分寺にほん田監修のラーメン店がオープン!

国分寺 坦々麺

お天気の良い平日にドライブを兼ねて行って来ました!今回はこの日朝から決めていた「濃厚坦々つけそば」です。 スポンサーリンク アクセスと店内の雰囲気 「麺処 いし川」さんは東京都あきる野市、秋川駅から歩いて10分、あきる野市役所の近くにあります。 あきる野方面には美味しいパン屋さん目当てで時々訪れていますが、いし川さんは以前から気になっていたラーメン屋さん。 いろいろな行き方があると思いますが、ワタシはこの道が結構好き。 道路が空いていれば多摩市からあきる野まで40分くらいでしょうか。 駐車場はお店の前に数台、横にも2台くらい、そして裏にもあり計14台と大型です。 これだけ広いと安心して車で行くことができますね。 入口付近に「お品書き」。 やっぱり基本は醤油。 他にも塩や油そばもあり、油そばは人気沸騰中!うーん・・やっぱり悩むな~。 初訪なのに醤油ではなく「つけそば」しかも「濃厚坦々」を選ぶ??と自分に問いながらちょっとモヤモヤした気持ちで店内へ。 券売機。 つけそばの並盛800円の食券を購入し、カウンター越しに食券と150円を渡し「坦々つけそばで」と注文。 つけそばは「あつもり」にもできるようですが、ワタシはデフォルトの「ひやもり」で。 カウンター奥の席に着席。 目の前にお冷とコップが用意されていたのでセルフでお水を注ぎます。 コップに文字。 Wチャーシューですね!そして水菜。 一面のラー油。 結構ラー油の色が濃いですね。 中にはネギとメンマが入っています。 キョロキョロ見渡してもどこにもレンゲが見当たらない。 ちょっと離れた場所に座っていた男性客もつけそばを注文していたのでこっそり見てみるとやはりレンゲらしきものはない。 そうか、レンゲはないんだ。 かなりの旨さに後で楽しみに食べることにして豚チャーシューも一口。 こちらもとても美味しいですが、鶏チャーシューの方が好き。 辛いけど、旨味もたっぷり!辛さはヒリヒリするものではなく、花椒の痺れる辛さ。 このラー油・・美味しいなぁ~。 ネット情報に「自家製ラー油」を使っていると書いてあったような気もするけどそうなのかな。 そして、このめちゃウマスープにもっちりむちっとした太麺が合う!!!怒涛の旨味と辛みとコクと香りで一気に食べてしまいます。 と妙に納得しながら美味しさの余韻に浸りました。

次の

麻辣チャオ(麻辣麻婆豆腐と汁無し坦々麺の専門店)の求人情報 求人@飲食店.COM

国分寺 坦々麺

名称、表記 [ ] 「担担」または「担担兒」は成都方言でを意味し 、元来、天秤棒に道具をぶら提げ、担いで売り歩いたのためにこの名が付いた。 本来ので書くと「 擔擔麪」である。 「担」は「擔」の、「麵」は「麪」のを示す部品を取り替えて生まれたである。 「」は「麵」の偏を崩している。 では「担担面」と書くが、「面」は「麵」の偏を取った字である。 なお、日本においては「担」および「麺」がであり、一般に使われている。 日本語では「担担麺」と書くのが最も一般的だが、を使って「担々麺」と書く事も多い。 日本では、店のメニューに「坦坦麺」もしくは「坦々麺」と書いてある例も少なくないが(正:担、誤:坦)、中国で「坦」の字は使われない。 中国の担担麺 [ ] ごろ、四川省の陳包包というあだ名の男性が考案 して、で売り歩いたと言われる。 もともとは、天秤棒の片側にを使うと鍋を、もう一方に、、、洗い桶などを吊して、担いで売り歩いた。 鍋はまん中に区切りがあり、片方には具を、片方には湯を入れるようにしていた。 温かく、辛い麺を出したのが受けて流行ったという。 上海の担担麺である。 日本の担担麺に近い。 本場の中国では、日本で言うところの「」が食べられている。 もともと、天秤棒を担いで売り歩いていた料理であり、スープを大量に持ち歩くのは困難であったことから、「汁なし」が原型である。 日本の汁椀からご飯茶碗程度の小さな碗に入れて売られる事が多く、一杯あたりの量は少ない。 小腹が空いたときに食べる中国式の一種と考えられている。 麺は一般的にストレートの細麺で、は使わないので色は白い。 そぼろは、豚肉をでにし、を入れたで、料理酒、、、を加えてぱらぱらになるまで炒める。 味付けは、、の粉または花椒油(辣油の華北山椒版)、がベースで、少量の、などを合わせる。 日本の担担麺でよく用いられるやはあまり用いられない。 この辛い液が入った碗に、ゆでた麺を入れてから、具を載せる。 具は一般的にので、薬味には刻み、、刻んだ「(四川〈四川では単に「川」〉地域の冬菜〈カラシナ〉)の、の芽、煎り、刻んだ、揚げたなどが添えられる。 混ぜてから食べる。 近年は中国各地の店や専門店で食べられるが、など、辛いものを食べ慣れていない地域では、辛さを控えて出す例がある。 また、スープが十分に入ったものは、後述のように日本においてアレンジされて普及した担担麺であるが、現在では中国大陸の四川料理店でも、スープのある汁麺を用意しているところも増えつつある。 担担麺と称しないが風味や具が似た麺料理として、四川省成都市羊馬鎮の「査渣麺」 、四川省成都市の「甜水麺」 、の「康家脆臊麺」 などがある。 また、の「」は天秤棒で担いで売り歩いた麺料理という点で共通する。 日本の担担麺 [ ] 日本の担々麺 日本の担担麺は、と同様に、四川省出身の料理人が、日本人向けに改良した作り方を紹介して、各地に広まった。 一般に中国のものと比べて直径で1. 5倍以上、場合によっては3倍ほどの碗で出され、スープが付き、のように、一杯で一食が事足りるようになっている。 そして、辛さを抑えるために、との風味を効かせたを合わせ、汁麺として出されることが多い。 汁の味や辛さは中国のものよりも薄く、飲める程度になっている。 麺は店によって異なるが、一般的に中国のものよりも少し太く、鹹水を使ったがほとんどである点も異なる。 太麺になると、スープにからみにくくなることもあり、一部の店では、縮れ麺を使用し、スープとからませるようにさせている。 日本では、担担麺の定義が決められていないため、店によってまちまちの味付けと具材になっており、たとえば肉のそぼろはを用いるのが普通で、豚肉ではなく、合い挽き肉、のものだったり、や煮豚などを載せたりと店によって様々である。 また、、、、などのが少し添えられたり、みじん切りのなどがそぼろに加えられたりする場合もある。 薬味は刻みやの細切りなどが多い。 また近年、一部の日本国内のが、次項のようなの担担麺をまねた味を出す店もあり、干し海老の味がするものもある。 また、には、ベースの激辛スープを使ったが存在し、周辺では専門店が多くあり、最後にご飯を入れるといった独特の食べ方、黒ごまやを使ったものを出す店もあるなど、地域や店舗独特の風味のものもある。 さらに、小田原市には1975年に上曽我で発祥した、ひき肉・ザーサイ・ニンニク・豆板醤などをベースとした、とろみの強いあんかけ風甘辛スープの担々麺も見られ、「」と呼称されている。 インスタント食品 [ ] の一種として、日本では袋麺もしくはカップ麺の形態で多くの種類の担担麺が販売されている。 また、の麺に代えて、やを用いた製品も近年増えてきている。 また、にはが「日清のどん兵衛 担担うどん」を、には「日清の小生粋 担担うどん」を発売した。 担担麺を主題にした作品 [ ]• 麥兜的擔擔麵 - が主人公の、香港の謝立文と麥家碧によるシリーズの一作品(2009年)。 脚注 [ ] []• 王文虎、張一舟、周家筠編、『四川方言詞典』pp69-70、1987年、四川人民出版社、成都、• 広辞苑 第六版【担担麺】• 王文虎、張一舟、周家筠編、『四川方言詞典』pp69、1987年、四川人民出版社、成都、• 典尚文化工作室編、『麻辣誘惑 川味小吃』p26、2011年、青島出版社、青島、• 鄭春博編、「担担面」『成都小吃』、p9、2010年、化学工業出版社、北京、• 梁正超編、「担担面」『地道小吃 成都小吃』、p30、2012年、化学工業出版社、北京、• 典尚文化工作室編、「査渣麺」『麻辣誘惑 川味小吃』p27、2011年、青島出版社、青島、• 典尚文化工作室編、「甜水面」『麻辣誘惑 川味小吃』p29、2011年、青島出版社、青島、• 張生良 主編,「甜水面」『中国小吃搜索 引擎』p105,2010年,山西経済出版社,太原• 張生良 主編,「康家脆臊面」『中国小吃搜索 引擎』p116,2010年,山西経済出版社,太原• 、、、、、• ラーメン王国神奈川. 西東社. 20101101 2019 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の